レバナスは今後、どうなるのか-今後レバナスへと投資する際の注意点も解説

この記事のまとめ

今後、レバナスに対して投資する場合、ナスダック100指数の推移次第で、様々なメリットが期待できる
  • 今後、ナスダック100指数が上昇すれば、同指数に対して2倍レバレッジで運用されるレバナスの基準価額は、大幅に値上がりしていくことが期待できる
  • 少なくとも、直近十数年間程度の間に限って言えば、ナスダック100指数の上昇程度は、他の人気インデックス(S&P500指数等)を、大きく凌駕している
  • 今後の値動き次第では、比較的短期のトレードでも、ある程度大きなキャピタル・ゲインを得られる可能性がある。
一方で、今後のナスダック100指数の推移等によっては、諸々のリスクも無視できない
  • 仮に今後、ナスダック100指数が下落すれば、レバナスの基準価額は、大幅に下落してしまうリスクがある
  • 今後、ナスダック100指数が「ボックス相場」に入った場合、レバナスの基準価額は、「逓減効果」によって徐々に目減りしてしまう可能性がある
  • 今後、既存の大和レバナスや楽天レバナスよりも、更に信託報酬料率の低い投資信託が登場したとしても、その時点で手持ち投信に含み益が生じていれば、投信の乗り換えにあたり、課税関係が生じる恐れもある
今後、よりコンスタントに不労所得を得ていく手法として、レバナスではなく、クラウドファンディング系の投資を推す声もある
  • クラウドファンディング系投資の場合、そもそも期待利回り(5%前後~10%程度)が事業者側から提示されている(一方でレバナスの場合、リターンがプラスとなるか、マイナスとなるか、は、未知数)
  • 運用期間は事前に定められているため、投資家自身で、買い時・売り時の判断をする必要が無い(レバナスの場合、投資家自身でテクニカル分析をし、基準価額の安値・高値を判断する必要がある)
  • そもそも「値動き」というものがないため、日々のチャート監視も不要。投資家自身で値動きに応じた投資判断を行う必要が無い(レバナスの場合、日々の値動きが大きいため、値上がり・値下がりが気になり、一喜一憂することとなる)
投資初心者から特に人気の高いクラウドファンディング事業者は下記
  • COZUCHI(公式サイト)
    東京都内・首都圏の不動産に対して、1口最低1万円から、ネットで気軽に分散投資をすることが出来る。運営会社による共同出資で、投資家の出資元本を保護する「優先劣後スキーム」が採用されている。
  • クラウドバンク(公式サイト)
    累計応募総額は、1,648億円強(2022年1月時点)。実績平均利回り6.80パーセント。国内の投資型クラウドファンディング業界では最大手クラス。タレントのトリンドル玲奈さんを起用したテレビCMも。
  • Funds(ファンズ)(公式サイト)
    日本国内の上場企業へと融資するファンドに、最低1円から投資可。これまでの融資先には、メルカリ(東証マザーズ)やアイフル(東証一部)、タカラレーベン(東証一部)など、有名・有力企業が多数。

※クラウドファンディング投資についてより詳しくは、下記の別記事も参照:
ソーシャルレンディングおすすめ9社&危ない3社比較ランキング【投資初心者必見】

今後レバナスに投資して行くメリット

昨今、個人投資家を中心に、高い関心・注目を集めている、レバナス。
そんなレバナスに対して、今後、積立投資や一括投資などで投資して行く場合、どのようなメリットが見込まれるのでしょうか。

今後、ナスダック100指数が順調に成長していけば、大きな含み益を期待できる

「レバナス」とは、「レバレッジをかけて、ナスダック100指数に対して投資する」こと。
日本では、基本的に、

  • 大和アセットマネジメントが運用委託する、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」(以下、大和レバナス)か、
  • 楽天投信投資顧問が運用委託する、「楽天レバレッジNASDAQ-100」(以下、楽天レバナス)の、

いずれかの投資信託に対して投資することを指します。

大和レバナスも、楽天レバナスも、(信託報酬料率など、細かな違いはあるものの)双方、米国・ナスダック市場のインデックスのひとつである、「ナスダック100指数」に対して、2倍の値動きをするように設計されている投資信託です。

このため、仮に、今後、ナスダック100指数が大幅に上昇した場合、それに連動し、大きな含み益(キャピタル・ゲイン)を得ることが出来る可能性があります。

今後、ナスダック100指数が順調に成長していけば、大きな含み益を期待できる
レバナスと同様、ナスダック100指数に対して2倍の値動きをするETFに、2007年に1万ドルを投資し、その後2021年まで保有を続けた場合の、評価額の推移。

上の図は、2007年1月に、(レバナスと同様、)ナスダック100指数に対して2倍の値動きをするように設計されたETFに対して、1万ドルを一括投資し、その後、2021年末まで、保有を続けた場合の、資産評価額の推移を表現したものです。

2007年から2021年にかけて、ナスダック100指数は、複数の下落局面(リーマン・ショックや、2018年の世界同時株安、2020年のコロナ・ショックなど)を迎えましたが、長期的に見れば成長しており、2007年1月時点で投資した1万ドル(約100万円)は、その後、2021年末の時点では、37万ドル以上(日本円で3,700万円以上)にまで成長しています。


参考:
レバナス積立をシミュレーション-10年積立の平均年利はどのくらい?

ナスダック100指数は(少なくとも長期的には)今後も成長する可能性がある

ナスダック100指数を構成しているのは、ナスダック市場に上場している約3,000社の中から、金融関連銘柄を除外した、時価総額上位100社です。
その具体的な内訳(上位)としては、下記のようになっています。

銘柄 産業分野 ポートフォリオに占めるシェア(%)
アップル IT(情報技術) 11.678
マイクロソフト IT(情報技術) 9.752
アマゾン 一般消費財 6.853
メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック) コミュニケーション・サービス 4.875
テスラ 一般消費財 4.425
エヌビディア IT(情報技術) 4.103


ナスダック100指数に対して連動した投資成果を目指すETFのポートフォリオから引用

上記した以外にも、検索サービス大手「Google」の親会社にあたる、アルファベット社や、シスコ・システムズ、動画ストリーミング・サービスで有名なネットフリックス、ペイパル、インテル社など、米国を代表する様々な企業群が、ナスダック100指数のポートフォリオに含まれています。

今後、ナスダック100指数が一時的に下落したとしても、投資口のまとめ買いの機会と出来る

基準価額(1万口あたり) 1万円で買える口数
50,000円 2,000口
45,000円 2,222口
40,000円 2,500口
35,000円 2,857口
30,000円 3,333口
25,000円 4,000口
20,000円 5,000口
15,000円 6,667口
10,000円 10,000口


数値は仮定

上記の表は、

  • ファンドの基準価額と、
  • 1万円の追加投資で取得できる口数との、

関係を示したものです。

今後、ナスダック100指数の構成銘柄の株価下落等によって、レバナス・ファンドの基準価額が下落した場合、勿論、既にレバナスに投資している投資家の資産評価額は落ち込むこととなりますが、その反面、同じ追加投資資金で買い付け出来る、レバナス・ファンドの投資口数は、むしろ増大することが分かります。

一時的な基準価額に悩まされたとしても、その後、もしも、ナスダック100指数が回復し、上昇していった場合、基準価額が安い間に「仕込んでおいた」投資口が、大きなキャピタル・ゲインを生み出してくれる可能性があります。


参考:
レバナスのチャートから読み解く、レバナスの強み、そして弱点とは

今後の値動きによっては、短期運用でも、比較的大きなキャピタル・ゲインを得られる可能性がある

昨今、インデックス投資が大きな関心を集めていますが、そんなインデックス投資の弱点として指摘されているのが、「短期では大きな利益を得ることが難しい」という点。
実際問題として、インデックス投資の場合、個別の株式銘柄への投資と違い、「インデックス・ファンド」(=パッシブ・ファンド)を用いて、多数の株式銘柄へと分散投資を行う関係上、個別銘柄ごとの値動きは互いに相殺され、ポートフォリオ全体の値動きは、比較的小さなものとなるように設計されています。

このため、ボラティリティ(値動き)が小さく、「たとえ、指数が上昇したとしても、短期的に期待できるキャピタル・ゲインには、限度がある」という難点がありました。

その点、ナスダック100指数に対してレバレッジをかけた運用が為される、レバナス・ファンドを利用すれば、今後、ナスダック100指数が急伸した場合、たとえ、実際の投資信託保有期間(=投資期間)は短期であったとしても、(市場へのエントリー、及びエグジットのタイミングが良ければ)比較的大きなキャピタル・ゲインを得られる可能性があります。

レバナスに今後投資する場合の注意点

このように、今後レバナスに投資する場合、これからの値動きによっては、大きなメリット(主にキャピタル・ゲイン)を享受できる可能性があります。
しかしながら、その一方で、下記するようなデメリットに対しても、十分な留意が必要です。

今後、ナスダック100指数が急落した場合、レバナスの基準価額は(少なくとも一時的には)暴落する恐れがある

レバナスに今後投資する場合の注意点
元指数が下落局面に入った場合の、レバレッジなしファンドと、2倍レバレッジファンドの、基準価額の値動きの違い

上の図は、元指数(インデックス)が、継続的な下落局面に入った場合の、

  • 元指数に対してレバレッジ無で運用されるファンドの、基準価額と、
  • 元指数に対してレバレッジ2倍で運用される投資信託の、基準価額の、

値動きの違いを、簡易的に表現したものです。

元指数(及び、元指数に対してレバレッジなしで運用されている投資信託の基準価額)が、約30%程度下落している間に、元指数に対して2倍レバレッジで運用されるファンドの基準価額は、半額以下にまで下落しています。

仮に今後、ナスダック100指数が急落するようなシーンがあれば、その間、同指数に対して2倍の値動きをするレバナス・ファンドの基準価額は、暴落する恐れがあります。

なお、過去に、ナスダック100指数は、複数の下落局面を経験していますが、その際のおおよその下落幅としては、下記の通りです。

主な下落期間 下落幅(概算)
ドットコム・バブル崩壊 2000年4月頃~2002年10月頃 約82%
リーマン・ショック 2007年末~2008年末 約54%
チャイナ・ショック 2015年7月~8月 約19%
欧州金融危機 2016年1月~2月 約17%
世界同時株安 2018年10月~12月 約23%
コロナ・ショック 2020年2月~3月 約29%


数値は概算

理論上、仮に、ナスダック100指数が50パーセント下落した場合、レバナス・ファンドの基準価額は(少なくとも一時的には)、ほぼゼロ円となる危険があります。


参考:
「レバナス」の意味とは-レバナス・ファンドへの投資は「無意味」なのか

今後、さらに信託報酬等の安いファンドが登場したとしても、投資信託の乗り換えには、コストが生じる恐れがある

一般的なインデックス投資に用いられている、パッシブ・ファンドの場合、その信託報酬等コストは、概ね、年率換算で0.5パーセント未満、とされています。

例えば、レバナスと同様、ナスダック100指数に対して連動した投資成果の獲得を目指す、非上場投資信託(ただし、レバレッジなし)としては、

  • 大和アセットマネジメントが運用委託する、iFreeNEXT NASDAQ100インデックス
  • 三菱UFJ国際投信の、eMAXIS NASDAQ100インデックス
  • 日興アセットマネジメントの、インデックスファンドNASDAQ100

などがありますが、いずれの投資信託の場合も、信託報酬料率は0.5パーセント未満(年率)です。

これに対して、レバナスの場合、

  • 大和レバナスの場合で、0.99パーセント、
  • 楽天レバナスの場合で、0.77パーセント、と、

やや割高な信託報酬設定が為されています。

そして、今後、既存のレバナス・ファンドと同様、ナスダック100指数に対して2倍レバレッジで運用されつつ、同時に、既存の投資信託よりも信託報酬等コストが安い新ファンドが登場したとしても、投資信託の乗り換えには、下記のようなコストが生じる可能性(※)があります。

  • 含み益の確定による税金コスト:
    投資信託の乗り換えを行うタイミングで、既に投資・保有しているレバナス・ファンドに含み益が生じている場合、乗り換えのために既存ファンドの解約・換金を行うと、含み益が実現し、その値上がり益に対し、所得税・住民税といった、税金コストが生じる恐れがあります(ただし、非課税口座でレバナスを保有・運用している場合は、その限りではありません)。
  • 含み損の確定(損失確定):
    逆に、既存のレバナス・ファンドに、含み損が生じていた場合、「含み損」として保有している限りにおいては、損失は確定しておらず、今後、ナスダック100指数が上昇すれば、含み損は解消し、含み益へと転じる可能性があります。
    しかしながら、投資信託の乗り換えのため、既有の投資口を売却してしまえば、含み損が確定し、「実損」となってしまいます。

(※)なお、投資信託の解約に伴うコストとしては、「信託財産留保額」が有名ですが、「大和レバナス」も「楽天レバナス」も、信託財産留保額の設定はありません。

ナスダック100指数が、今後も(これまで同様の)高成長を持続できる保証はない

レバナス・ファンドが実質的な連動対象(ただし、2倍レバレッジ)とする、ナスダック100指数は、直近十数年間の間に、極めて高い成長率を見せてきました。

しかしながら、今後、ナスダック100指数の成長継続に対しては、下記のような逆風の存在が指摘されています。

  • FRB(連邦準備制度理事会)の金融引き締め・利上げ:
    FRBは昨今、コロナ・ショックの期間中も含めて継続されてきた、金融緩和政策を、段階的に終了していく方針を明確にしており、特に今後、2022年中には、金融引き締めを目的とした、複数回の利上げを行う公算が大きい、とされています。
    仮に、想定通りに利上げが実施されれば、株式系の資産クラスから、債券系の資産クラスに対して、資金が流出していく可能性があり、ナスダック100指数を含めた株式相場・インデックスにとっては、逆風となります。
  • IT企業に対する、各国の税制包囲網の構築:
    ナスダック100指数のポートフォリオの大半(時価総額ベース)を占めるのはIT企業群ですが、昨今、そうした多国籍・グローバル型のIT企業に対する、世界各国の課税当局の包囲網が、徐々に強化されつつあります。
    主要IT企業において、かつては当然のように活用されてきた、「法人向けの実効税率の低い国・地域に法人を設立し、その法人に対して、商標権や特許の利用料を支払うことで、高税率国での税支払いを軽減する」というスキームは、今後、通用しなくなる恐れがあります。
  • IT企業のビジネスモデルへの批判:
    昨今、主要IT企業の個人情報の取り扱い方や、そうした情報を売買するビジネスモデルの在り方に対して、規制当局や世論からの反感が強まりつつあります。
    中には、実際に企業内部に勤めていた人物が、退職後、元勤務先であるIT企業の内幕を暴露・告発するようなケースもあり、企業CEOが釈明に追われる、等といった事態も生じています。

ナスダック100指数の構成銘柄・企業群が、今後、こうした逆風をはねのけ、これまで同様の高成長を維持・継続できるか、どうかは、未知数です。


参考:
レバナスは「おすすめ」なのか-レバナスを「おすすめしない」のはこんな人

今後、ナスダック100指数が「ボックス相場」入りした場合、逓減リスクが生じる恐れがある

元指数に対して、レバレッジなしで運用されている、通常型ファンド(パッシブ・ファンド)の場合、仮に、元指数が、一定の範囲内で値上がり・値下がりを繰り返し、横ばいしていく、いわゆる「ボックス相場」に入ったとしても、最終的に元指数が当初の値に戻れば、利益も、損失も生じません(より正確には、投資信託の保有期間中の信託報酬等コストの分だけ、損をすることになりますが、ここでは割愛します)。

これに対し、レバナスのような、いわゆる「レバレッジ型」ファンドの場合、元指数がボックス相場入りすると、基準価額が徐々に目減りしていってしまう、いわゆる「逓減リスク」に対して、配慮が必要となります。

今後、ナスダック100指数が「ボックス相場」入りした場合、逓減リスクが生じる恐れがある
元指数がボックス相場に入ったときの、「レバレッジなし」ファンドと、「2倍レバレッジ」ファンドの、基準価額の値動きの違い

上の図は、元指数が「値上がり→値下がり→値下がり→値上がり」と推移して、結局元の値に復帰した場合の、

  • レバレッジ無の通常型ファンドと、
  • 元指数に対して2倍レバレッジで運用されるファンドとの、

基準価額の値動きの違いを表現したものです。

運用最終日の時点で、「レバレッジなし」ファンドの基準価額は、スタート時点の値(1万円)へと復帰するのに対して、「2倍レバレッジ」ファンドの基準価額は、同日時点で、9,600円程度までしか回復できていません。

これが、レバレッジ型ファンド特有の「逓減効果」と呼ばれるものであり、仮に、今後、ナスダック100指数が、同様の「ヨコヨコ相場」に入った場合、ナスダック100指数に対して2倍の値動きをするように調整・設計されているレバナス・ファンドにおいても、この「逓減効果」による基準価額下落が生じる恐れがあります。

今後、為替が「円安・ドル高」方向に推移しても、レバナスの場合、為替差益は得られない

通常のインデックス・ファンド(レバレッジ無)の場合、為替ヘッジが行われないケースが多く、

  • 為替が、円高・ドル安方向へと推移した場合、為替差損が生じるリスクがあるものの、
  • 逆に、為替が「円安・ドル高」方向へと推移すれば、為替差益を享受できることとなります。

しかしながら、「大和レバナス」や「楽天レバナス」といったレバナス・ファンドの場合、基準価額の値動きを、元指数(ナスダック100指数)の値動きと可能な限りシンクロさせるために、為替の値動きの影響を排除すべく、為替ヘッジが行われています。

このため、仮に、今後、為替が「円安・ドル高」方向へと推移したとしても、レバナス・ファンドに限っては、(他の、レバレッジ無のインデックス・ファンドとは異なり、)為替差益を享受できないこととなります。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

レバナス投資検証チーム
ソーシャルレンディング・ラボは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

レバナス投資検証チームでは、昨今、投資家の間で大きな関心を集めている、ナスダック100指数へとレバレッジをかけて投資する、いわゆる「レバナス」に関して、その長所・短所を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。