ソーシャルレンディングとは

まずは、当サイトが情報をお届けしている、「ソーシャルレンディング」に関し、その概要を、簡単に記載させて頂きます。

ソーシャルレンディングの基本構造

ソーシャルレンディングの基本的な流れを時系列に沿って記すと、下記のようになります。

  1. 第二種金融商品取引業(※第一種の場合もある)登録事業者である、ソーシャルレンディング事業者が、ファンドを組成。自社のホームページを通し、投資家から出資を募る。
  2. 投資家は、ソーシャルレンディング事業者のホームページを経由し、ファンドへと出資申込を行う(※正確には、ソーシャルレンディング事業者との間で、匿名組合契約を締結)。
  3. ソーシャルレンディング事業者は、第三者借り手企業に対して、金銭消費貸借契約により、資金融資を行う(※このため、ソーシャルレンディング事業者は、貸金業の登録も有していることが一般的です)。
  4. 借り手企業が、ソーシャルレンディング事業者に対し、元利金の返済を行う。
  5. 借り手企業から収受した返済元利金を原資にして、ソーシャルレンディング事業者が、投資家に対し、分配を行う。

ソーシャルレンディングのメリット

投資家、及び、ソーシャルレンディング事業者から資金融資を受ける借り手企業、それぞれにとって、ソーシャルレンディングのメリットとしては、下記のようなものが考えられます。

投資家にとってのメリット

  • 提示されている期待利回りが高い。
  • 1万円程度の、少額から、出資を行うことが出来る。
  • 投資にまつわる諸手続きが、基本的にインターネットを介して完結するため、簡便。

借り手企業にとってのメリット

  • ソーシャルレンディング事業者からの資金調達の場合、銀行等金融機関からの資金調達時と比べて、担保掛け目が大きいことが期待できる(=同じ担保物でも、比較的多額の資金調達が出来る場合がある)。
  • 借り入れ元本部分については、期中の分割返済を求められず、満期一括返済が許容される可能性がある(=借入期間中のキャッシュフローに、ポジティブな影響をもたらします)。

ソーシャルレンディングのデメリット

上掲したように、複数のメリットがある、ソーシャルレンディングですが、同時に、デメリットをも有しています。

投資家にとってのデメリット

  • 元本割れのリスクがある。
  • 出資の途中解約が出来ない。
  • 借り手企業からソーシャルレンディング事業者への返済が遅延した場合、資金の償還が予定よりも遅れることとなる場合がある。
  • ソーシャルレンディング事業者が経営破綻し、破産手続きを執り行った場合、投資家の出資元本等に棄損が生じる恐れがある。

借り手企業にとってのデメリット

  • ソーシャルレンディング事業者からの調達金利は、銀行等金融機関と比し、高利である。
  • ソーシャルレンディング事業者が行政処分を受ける等した場合、その後のリファイナンス等が、急遽、不調となる場合がある。

ソーシャルレンディング・ラボとは

高い期待利回りが呈示されているとして、主に個人投資家を中心に、大きな注目を集めている、ソーシャルレンディング。
企業等の資金需要者からも、新たな資金調達手法として、関心を寄せられつつあります。

しかしながら、日本国内のソーシャルレンディング業界においては、まだまだ、未成熟の部分も少なくありません。
現に、ここ数年、一部のソーシャルレンディング事業者が、監督官庁から、行政処分を受けるケースが、複数、発生しています。
あわせて、主に行政処分を受けたソーシャルレンディング事業者のファンドを中心に、投資家への償還に遅延が生じるケースも、多数、生じているのが現状です。

ソーシャルレンディング・ラボの役割

上掲致しましたような現状を踏まえ、

  • ソーシャルレンディング情報専門メディアとして、
  • ソーシャルレンディングに関する有益、かつ最新の情報を、
  • 可能な限り公正、かつ正確にお届けしてまいることが、

わたしたちソーシャルレンディング・ラボの使命であると、考えています。

サイト概要情報