LCレンディングがファンドの募集の休止を発表、maneoマーケット社からの申し出によるものであることを公表



LCレンディングホームページ上に掲載された公表資料。資金募集中のローンファンドもゼロ件と表示されている。
引用元:LCレンディング

株式会社LCレンディング(東京都港区赤坂。代表取締役 山中健司氏。以下、同社)は7月25日、同社が貸金業分野を担当するソーシャルレンディング・サービス「LCレンディング」において、新規ファンドの募集を休止する旨を発表した。
同社の公表資料によると、今回のファンド募集休止は、同サービスにおいて第二種金融商品取引業分野を担当する、maneoマーケット株式会社からの申し出による物だという。

同社によると、同社の業務運営体制に関しては、外部の監査法人による定期監査を受けている他、2018年春には、監督官庁の立入検査も受けたが、いずれの監査・検査においても、特段の指摘は受けておらず、健全であるとのこと。
併せて、同社が関連している諸ファンドにおいても、事業の稼働状況等において、問題視される事象の存在は確認されておらず、融資先の事業会社等の業況についても、堅調であるとのこと。

そうした状況下であるにも関わらず、ファンドの新規募集を休止することについて、同社としては「本意ではありません」(※同社公表資料より。掲載URLは下記)としつつも、maneoマーケット株式会社からの申し出を容れ、デポジット資金の返金等の処理を進めるとしている。


参考:
LCレンディング投資家の皆様へ|LCレンディング


LCレンディングとは

株式会社LCレンディングが貸金業分野を担当し、maneoマーケット株式会社が第二種金融商品取引業分野を担当する、ソーシャルレンディング・サービス。
同サービスホームページ上の情報によれば、登録ユーザー数は7,862名。累積成立額は307億9,515万円(※左記数値情報引用日は2019年7月28日)。
株式会社LCレンディングは、ジャスダック上場企業であるLCホールディングス株式会社の100パーセント子会社。


参考:
LCレンディング(公式サイト)

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

LCレンディングがファンドの募集の休止を発表、maneoマーケット社からの申し出によるものであることを公表” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 不思議ちゃん より:

    不思議なことにマネオマーケットからは、何も発表がないんだよね。

    1. ソーシャルレンディング・ラボ より:

      コメントをいただき、誠にありがとうございます。
      引き続き、お気づきの点や、追加情報等ございましたら、是非、コメント等にてお寄せくださいますよう、お願い致します。

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。