SBIソーシャルレンディングとSBI証券の連携について、電話で質問してみました。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

SBIソーシャルレンディングもSBI証券も、SBIグループのメンバーです。

SBIソーシャルレンディングもSBI証券も、SBIグループのメンバーです。

日本を代表する金融サービサー、SBIグループ。
SBIホールディングス株式会社、という持ち株会社を通し、様々な金融サービス、アセットマネージメントサービスなどを展開しています。

SBIグループ傘下の主要企業一覧を見るだけで、いかに錚々たる顔ぶれか、よくわかります。
ほんの一部、抜粋するだけで、

  • SBI証券
    →誰もが知る、日本有数のオンライン総合証券サービサーです。
  • 住信SBIネット銀行
    →ネット銀行大手。住宅ローンまで展開しています。
  • SBIベネフィット・システムズ
    →企業型、及び個人型の、確定拠出年金関連のサービスを提供しています。
    IDECOの関係で、名前を聞いた事のある方も、多いでしょう。
  • モーニングスター
    →金融商品に関する評価サービスで有名ですよね。
    ここもSBIグループなんですね。

これでもか、というくらいに、強力な陣営が並びます。

※なお、SBIグループの企業一覧については、こちらのサイトからご確認下さい。

SBIグループ主要企業のご紹介

SBIソーシャルレンディングとSBI証券が連携してくれれば、投資はもっと楽しくなる(はず)。

SBIソーシャルレンディングとSBI証券が連携してくれれば、投資はもっと楽しくなるはずです。

読者の皆様は、SBI証券の証券口座は、既にお持ちですか?
私は本記事執筆本日現在、個別株式の売買等の投資からは、手を引いていますが、SBI証券の証券口座、一応、持ってます。
つみたてNISAのためだけに、使っている、という状況です。

そんな私のようなライトユーザーは別として、SBI証券を日頃から積極的にご活用為さっておられるヘビーユーザー様にとっては、もし、SBIソーシャルレンディングとSBI証券が連携可能となれば、いろいろと、便利な機能が実現するはずです。

たとえば、

  • SBI証券の口座に入れっぱなしにしていて、特に投資に回していない資金について、SBIソーシャルレンディングのファンドへと、同一画面から簡単に出資できるようになったり、
  • SBIソーシャルレンディングのファンド詳細画面で、SBI証券が提供する、「同程度の配当利回りが期待できる高配当株式一覧」みたいな情報を閲覧出来たり…

妄想は膨らむばかりです。

というわけで、居てもたってもいられず、SBIソーシャルレンディングとSBI証券の連携について、SBIソーシャルレンディングへと、電話にて問い合わせをしてみました。

お電話をさせて頂いたのは、こちらの窓口。

SBIソーシャルレンディングとSBI証券の連携について、電話で尋ねてみました。
引用元:SBIソーシャルレンディングのマイページ内より引用。

お電話に応対してくださったのは、女性のスタッフさんでした。
お忙しいなか、大変丁寧にご対応下さいました。

SBIソーシャルレンディングとSBI証券は、【現在、連携可能なのか?】

残念ながら、現在、SBIソーシャルレンディングとSBI証券とを連携させる機能は、具備されていない、とのこと。
んー、残念!

SBIソーシャルレンディングとSBI証券との連携について、【具体的な将来予定はあるのか?】

こちらについても、残念ながら、今のところ、確たる予定はない、とのこと。
ただし、
「ほかのお客様からも、お声を頂いているので、担当部署へは、お伝えはしている」
とのお言葉もございましたので、もしかしたら、いつかの日か…! という淡い期待は、持ち続けてもいいのかも知れません。

SBIソーシャルレンディングとSBI証券の連携に関するお話まとめ

SBIソーシャルレンディングとSBI証券の連携は、まだ先の話のようです。

ポジティブな情報をお伝えすることが出来ず、残念ではありますが、とりあえず、本記事執筆本日現在の状況としては、上記の通りでした。
また何か続報などが出てきましたら、取り上げていきたいと思います。

なお、私は現在、国内23社のソーシャルレンディング事業者に、資金を分散投資しておりますが、
その中でも、SBIソーシャルレンディングは、他のソーシャルレンディング事業者と比べて、私が多くの資金を投資させて頂いている事業者のひとつです。

SBIソーシャルレンディングのホームページ画像
引用元:SBIソーシャルレンディング

  • 日本を代表する金融サービサー、SBIグループが提供するソーシャルレンディングサービス。
  • 1万円からいつでも出資可能な「常時募集型ファンド」が提供されている。

等と言った特長のある事業者ですが、その分、個人投資家からの人気が高く、
ファンドによっては、資金募集開始から、あっという間に、資金枠が埋まってしまう、というケースが多く見られます。

「いざ」という時の投資機会を逃さぬためにも、
あらかじめ、投資口座開設だけでも、済ませておくことをお勧めします。

同社の投資口座開設は、こちらの公式ページから手続き可能です。

SBIソーシャルレンディング(公式)

なお、同社の投資口座開設手続きは、いたってシンプルですが、
「初めてで不安」という方は、あらかじめ、こちらの別記事もご参照下さい。

SBIソーシャルレンディングの投資家登録方法。写真付きで徹底解説致します。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう。

追伸:
私は、現在、国内23社のソーシャルレンディング事業者に、資金を分散投資していますが、
私の周りの人々に、最低限、ある程度の自信をもっておすすめできるソーシャルレンディング会社、というのは、かなしいかな、限られます。
下記の記事では、私の、数少ない、おすすめソーシャルレンディング会社を、紹介させて頂いております。是非、ご覧下さい。
SBIソーシャルレンディングも、記事中に登場します。

【おすすめソーシャルレンディングサービサー大公開】ソーシャルレンディング事業者23社に分散投資中の筆者がおすすめする、厳選3社はこちらです。


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞