ネクストシフト代表 伊藤 慎佐仁 氏が著書発表『インパクト投資 資産運用で社会貢献』

ソーシャルレンディング・サービス、Nextshift Fund(ネクストシフトファンド)を運営するネクストシフト株式会社(鳥取県八頭郡八頭町)の代表取締役を務める伊藤 慎佐仁 氏(以下、同氏)の執筆した書籍『インパクト投資 資産運用で社会貢献』の取り扱いが10月5日、Amazonにて開始された。

同氏は、鳥取県八頭町出身(1967年生まれ)。同志社大学卒業後の1991年に三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。為替資金部などに勤務した後、当時新興企業であったソフトバンクに転職。財務部にて大型の資金調達などに従事した。
その後、複数回の起業、SBIホールディングス㈱取締役常務執行役員などを経て、2012年より、ヤフーの金融事業の立ち上げを担当。2013年からはワイジェイFXの代表取締役社長CEOを務め、2016年、現在のネクストシフト株式会社を創業した。

◆伊藤 慎佐仁 氏 著『インパクト投資 資産運用で社会貢献』目次

  • 第1章 金融を通じて多くの人を幸せにするのが自分のミッション
  • 第2章 豊かさの変化~富から社会貢献へ~
  • 第3章 フラットな社会を生むマイクロファイナンス
  • 第4章 縁でつながれたネクストシフト創業
  • 第5章 社会課題の解決と投資
  • 第6章 マイクロファイナンス投資の実践

上掲情報引用元:
インパクト投資 資産運用で社会貢献 (LISTEN library)|Amazon

Nextshift Fund(ネクストシフトファンド)とは



引用元:Nextshift Fund

鳥取県八頭郡に所在する、ネクストシフト株式会社(2016年10月設立。代表取締役 伊藤 慎佐仁 氏)が運営する、ソーシャルレンディング・サービス。


参考:
Nextshift Fund(ネクストシフトファンド)|公式サイト


「社会的インパクト投資」を標榜し、投資としての収益性と社会性の両立を目指す。
2019年7月には、融資総額が5,000万円を超えたことを明らかにした。
運営会社であるネクストシフト株式会社の株主には、鳥取県を地盤とする地方銀行「鳥取銀行」等が名を連ねている他、代表者を務める伊藤 慎佐仁 氏は、国内金融大手「SBIホールディングス株式会社」取締役常務執行役員等の経歴を持つ。


関連記事:
【2019年10月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ5社&危ない3社【初心者必見】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。