国内証券市場の【不動産クラウドファンディング銘柄】一覧|その他のクラウドファンディング銘柄情報も

不動産クラウドファンディングとは

不動産事業者が、不動産特定共同事業法の許可を取得し、インターネットを介したクラウドファンディング形式で、新たな不動産取得のための資金調達を行うことを、「不動産クラウドファンディング」と言います。

不動産クラウドファンディングの仕組み

不動産クラウドファンディングの基本的な仕組みを、フロー上で表すと、下記のようになります。

  1. 不動産事業者(宅地建物取引業者)が、国道交通省、ないしは、都道府県知事から、不動産特定共同事業法の許可・登録を取得する。また、サービスサイト等のシステム開発を行う。
  2. 不動産事業者が、自身のサービスサイト上で、ファンドを公開する。
  3. 投資家が、不動産事業者の公開しているファンド情報を閲覧し、出資申込を行う。出資が成立した場合、不動産事業者と投資家は、互いに、匿名組合契約を締結する。
  4. 不動産事業者は、投資家から集めた資金を利用して、不動産を取得する。
  5. 不動産事業者は、ファンドの運用期間中、取得した不動産が生み出す賃料収入を原資に、出資者に対し、利益分配(配当)を行う。
  6. 最終的には、不動産を第三者に売却し、その売却代金を原資に、出資者に対し、元本償還を行う。

不動産クラウドファンディングのメリット・デメリット

メリット デメリット
不動産クラウドファンディング事業者
  • 不動産取得資金をクラウドファンディングで調達することで、自身のリスクを限定し、不動産プロジェクトを実施することが出来る。
  • 築年数が経過して担保価値が見込めない案件や、現状赤字の物件の再生プロジェクトなど、銀行からの資金調達(融資)がしづらい案件の場合でも、クラウドファンディングで有志を募ることにより、資金調達を実現出来る場合がある。
  • 「すぐに多額の投資資金を用意することは出来ないが、少額出資が可能なら、不動産投資に興味がある」という投資家層・ユーザーに対し、自社のブランディング・知名度向上を図ることが出来る。
  • 自己資金で不動産事業を行う場合と比較し、(出資者へと配当を行う関係上)利幅が小さい。
  • 不動産特定共同事業法上の許可・登録取得に、コストがかかる。また、システム開発にも費用を要する。
  • 長期運用ファンドには資金が集まりづらいため、現実的には、短期的な資金調達となるケースが多く、長い運用期間を要する不動産プロジェクトには活用しづらい。
投資家
  • 1口1万円程度の少額から、不動産投資を行うことが出来る(一般的に、実物不動産投資の場合、数百万円~数千万円程度の投資資金を要するケースが多い)。
  • 提示されている想定利回りが高く、投資妙味がある。
  • 不動産投資につきものの、様々な実務(入居者募集や、その管理等)については、不動産クラウドファンディング事業者側に一任できる。
  • 運営会社による劣後出資で、投資家の優先出資元本が保護される、「優先劣後方式」が採用されているケースがある。
  • 上場企業が直接運営しているサービスも複数存在する。
  • 元本割れのリスクがある(優先劣後方式が採用されていても、ファンドの損失が劣後出資幅を超過すれば、優先出資元本が毀損する可能性がある)。
  • 不動産の売却が奏功しない場合、不動産事業者が元本償還原資を確保できず、結果として、ファンドの運用期間が延長となるリスクがある。
  • 出資の中途解約は、原則として、認められていない。
  • 税制上の優遇措置が講じられていない。

代表的な「不動産クラウドファンディング銘柄」の種類

東証一部上場銘柄

プロパティエージェント株式会社(銘柄コード:3464)



引用元:プロパティエージェント株式会社

プロパティエージェント株式会社( 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階。証券コード3464)は、東証一部上場企業。
不動産クラウドファンディング・サービス「Rimple」の運営企業としても知られています。

穴吹興産株式会社(銘柄コード:8928)



引用元:穴吹興産株式会社

穴吹興産株式会社(香川県高松市鍛冶屋町7-12。証券コード8928)も、上掲のプロパティエージェント社と同様、東証一部上場銘柄。
不動産クラウドファンディング・サービスとして、「ジョイントアルファ」の運営を行っています。

トーセイ株式会社(銘柄コード:8923)



引用元:トーセイ株式会社

1950年(昭和25年)設立の老舗不動産事業者、トーセイ株式会社(東京都港区芝浦四丁目5番4号 田町トーセイビル。証券コード8923)は、東京証券取引所第一部と併せて、シンガポール証券取引所メインボードにも上場している企業です。
不動産クラウドファンディング・サービスとして、「TREC FUNDING」を運営しています。

株式会社インテリックス(銘柄コード:8940)



引用元:株式会社インテリックス

株式会社インテリックス(東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル11F。証券コード8940)は、東証一部上場の不動産事業者。
不動産クラウドファンディング・サービスとしては、「X-Crowd」を運営しています。

ジャスダック上場銘柄

株式会社マリオン(銘柄コード:3494)



引用元:株式会社マリオン

東京証券取引所JASDAQスタンダード市場上場企業である、株式会社マリオン(東京都新宿区富久町9番11号。証券コード3494)は、不動産クラウドファンディング・サービス「i-Bond(アイボンド)」の運営会社でもあります。

株式会社ウッドフレンズ(銘柄コード:8886)



引用元:株式会社ウッドフレンズ

株式会社ウッドフレンズ(名古屋市中区栄四丁目5番3号 KDX名古屋栄ビル2F。証券コード8886)は、東京証券取引所ジャスダック市場のほか、名古屋証券取引所市場第二部にも上場している不動産事業者です。
不動産クラウドファンディング・サービス「信長ファンディング」の運営会社としても知られています。

マザーズ上場銘柄

株式会社AMBITION(銘柄コード:3300)



引用元:株式会社AMBITION

株式会社AMBITION(東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル18F。証券コード3300)は、東京証券取引所マザーズ市場上場の不動産関連事業者。
不動産クラウドファンディング・サービスとして「A funding」を展開しています。

株式会社GA technologies(銘柄コード:3491)



引用元:株式会社GA technologies

東京証券取引所マザーズ市場の上場企業である、株式会社GA technologies(東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F。証券コード3491)は、不動産クラウドファンディング・サービス「RENOSYクラウドファンディング」の運営会社でもあります。

不動産クラウドファンディング銘柄一覧

ここまで挙げてきた、不動産クラウドファンディング銘柄を一覧にすると、下図のようになります。

企業名 銘柄コード 上場市場 不動産クラウドファンディング・サービス名
プロパティエージェント株式会社 3464 東京証券取引所市場第一部 Rimple
穴吹興産株式会社 8928 東京証券取引所市場第一部 ジョイントアルファ
トーセイ株式会社 8923 東京証券取引所市場第一部 TREC FUNDING
株式会社インテリックス 8940 東京証券取引所市場第一部 X-Crowd
株式会社マリオン 3494 東京証券取引所JASDAQ市場 i-Bond
株式会社ウッドフレンズ 8886 東京証券取引所JASDAQ市場 信長ファンディング
株式会社AMBITION 3300 東京証券取引所マザーズ市場 A funding
株式会社GA technologies 3491 東京証券取引所マザーズ市場 RENOSYクラウドファンディング

その他のクラウドファンディング銘柄

購入型クラウドファンディング銘柄

株式会社マクアケ(銘柄コード:4479)



引用元:株式会社マクアケ

購入型クラウドファンディング・サービス「Makuake(マクアケ)」の運営会社と知られる、株式会社マクアケ(東京都渋谷区渋谷2-16-1 Daiwa渋谷宮益坂ビル 10F)は、東京証券取引所マザーズ市場の上場企業(証券コード:4479)。
東京証券取引所市場第一部上場企業である、株式会社サイバーエージェント(東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers)の関連会社でもあります。

融資型クラウドファンディング銘柄

「オンラインでの小口出資」という出資形態や、「匿名組合契約」スキームが採用されている点等、融資型クラウドファンディング、すなわち、ソーシャルレンディングの仕組みには、不動産クラウドファンディングとの類似点が複数あります。

SBIホールディングス株式会社(銘柄コード:8473)



引用元:SBIホールディングス株式会社

大手金融サービス・グループ、SBIホールディングス株式会社(東京都港区六本木一丁目6番1号。証券コード:8473)は、東京証券取引所の上場銘柄。
傘下グループ企業である、SBIソーシャルレンディング株式会社(東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー14F)を通じて、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)事業を展開しています。

株式会社ZUU(銘柄コード:4387)



引用元:株式会社ZUU

金融情報メディア「ZUU online」の運営などで知られる株式会社ZUU(東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F。証券コード:4387)は、東京証券取引所市場マザーズ上場銘柄。
グループ企業である株式会社COOL(東京都世田谷区太子堂2-8-7太子堂ハイランドビル2階)を通じて、融資型クラウドファンディング・サービス「COOL」を運営しているほか、同じくグループ企業である株式会社ユニコーン(東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH 3F)を通じ、株式投資型クラウドファンディング「ユニコーン」の運営にも参与しています。

Nexus Bank株式会社(銘柄コード:4764)



引用元:Nexus Bank株式会社

2020年11月、旧社名「SAMURAI&J PARTNERS株式会社」から商号変更した、Nexus Bank株式会社(東京都港区赤坂一丁目7番1号 赤坂榎坂ビル11階。証券コード4764)は、JASDAQグロース市場の上場銘柄。
100パーセント子会社である、SAMURAI証券株式会社を通じ、融資型クラウドファンディング・サービス「SAMURAI FUND(サムライ ファンド)」を運営しています。

ロードスターキャピタル株式会社(銘柄コード:3482)



引用元:ロードスターキャピタル株式会社

東証マザーズ市場の上場銘柄である、ロードスターキャピタル株式会社(東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀座ファーストビル2F。証券コード3482)は、融資型クラウドファンディング・サービス「オーナーズブック」の運営会社にあたります。

株式会社シーアールイー(銘柄コード:3458)



引用元:株式会社シーアールイー

物流施設開発等を手掛ける、東証一部上場、株式会社シーアールイー(東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 東棟19階。証券コード3458)は、FUEL株式会社(東京都渋谷区道玄坂1-22-9 AD-O渋谷道玄坂2階)との資本業務提携を通して、融資型クラウドファンディング事業「CRE Funding」にも参与しています。

JALCOホールディングス株式会社(銘柄コード:6625)



引用元:JALCOホールディングス株式会社

東京証券取引所JASDAQスタンダード市場の上場銘柄である、JALCOホールディングス株式会社(東京都中央区日本橋2丁目16番11号 日本橋セントラルスクエア8階)は、子会社である株式会社ジャルコを通じて、融資型クラウドファンディング・サービス「J.LENDING」を展開しています。

株式会社髙島屋(銘柄コード:8233)



引用元:株式会社髙島屋

1831年創業、老舗デパート運営会社である株式会社髙島屋(大阪府大阪市中央区)の子会社、高島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社(東京都中央区日本橋2-4-1)は、上述のFUEL株式会社との業務提携を通じ、新たな融資型クラウドファンディング・サービスの開発に取り組む旨を明らかにしています。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

不動産クラウドファンディング検証チーム
ソーシャルレンディング・ラボは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業界情報の検証メディア。
不動産クラウドファンディング(不動産投資型クラウドファンディング)専門の検証チームでは、日本国内で展開されている不動産クラウドファンディング(不動産特定共同事業)サービスに関する最新情報を提供するほか、不動産クラウドファンディング業界の市場調査、各社の公開済ファンドの検証などを実施する。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。