Hivemapper(ハイブマッパー)とは-運転で地図作成に協力し仮想通貨を稼ぐDrive to Earnプロジェクト

Hivemapper(ハイブマッパー)概要・公式サイト等

公式サイト
https://hivemapper.com/
Twitterアカウント
https://twitter.com/Hivemapper
iOS版アプリ
https://apps.apple.com/us/app/hivemapper/id1568223145
アンドロイド版アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hivemapper.companion
ホワイトペーパー
https://docs.hivemapper.com/welcome/introduction

Hivemapper(ハイブマッパー)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Hivemapper(ハイブマッパー)運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているHivemapper(ハイブマッパー)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://docs.hivemapper.com/welcome/introduction

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、Hivemapper(ハイブマッパー)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Hivemapper(ハイブマッパー)とは

すべての人のためのグローバルな分散型地図ネットワークを目指します。
世界中の何十億もの人々が、毎日地図に依存しています。
地図は世界の技術インフラに不可欠なものであり、物流、保険、不動産、公共事業、政府など、さまざまな業界の企業で利用されています。
Hivemapper(ハイブマッパー)の運営会社は、地図API、GIS、ジオ分析、データ収集サービスなどを考慮した場合の試算を行っています。
Hivemapper(ハイブマッパー)のネットワークは、オープンかつグローバルで、貢献者によって構築された、高品質でストリートレベルの画像を使用して、最先端のグローバルマップを作成します。

先進的な企業や組織は、Hivemapper(ハイブマッパー)のAPIを通じて、地図画像や位置情報にアクセスすることができます。
まあ、Hivemapper(ハイブマッパー)に参加する人は、Hivemapperのトークンで報酬を得ることができます。

このモデルにより、グローバルな地図ネットワークがもたらす経済的利益を、地図を作る人々と共有することができます。

Hivemapper(ハイブマッパー)は、ゼロから設計されています。

分散型
分散型はデータ収集とデータ消費を切り離し、Hivemapperネットワークが公正でオープンであり続けることを支援します。
また、Hivemapperはコミュニティと連携し、オープンなマッピング技術を維持することができます。
パーミッションレス
誰でも、どこでも、Hivemapper(ハイブマッパー)のネットワークに貢献したり、そこからデータを消費することができます。
その際、許可は必要ありません。
報酬型
グローバルマップへの貢献者は、HivemapperのトークンであるHONEYを通じて、その経済的利益を共有することができます。

このプロジェクトドキュメントでは、Hivemapper(ハイブマッパー)についてより詳しく知るために必要なリソースを提供しています。
目的は、コントリビューターやお客様がマッピングネットワークに価値を与え、報酬を獲得し、Hivemapperのマッピングデータを消費する方法を理解できるようにすることです。
もし、必要なものが見つからない場合は、私たちの連絡先までご連絡いただくか、メールを送ってください。
Hivemapper(ハイブマッパー)ネットワークの一員であることに感謝します。

Hivemapper(ハイブマッパー)の分散型マッピングネットワーク

地図は人類にとって最も重要な発明の一つであり、私たちが環境を理解し、その中を移動することを可能にしています。
洞窟画から始まった地図は、技術革新により、より複雑な世界を表現できるようになり、急速に発展してきました。

Hivemapper(ハイブマッパー)の分散型マッピングネットワークにより、人類はこれまで以上に完全で新鮮、かつアクセスしやすい高品質な地図に貢献し、それを消費することが可能になりました。

Hivemapper(ハイブマッパー)の分散型マッピングネットワークは、マッピングの次の進化形です。

現在の地図には問題がある

現在の地図は素晴らしいものですが、完璧というには程遠いものです。

企業にとって高価
一般的に消費者向けの地図は無料ですが、企業は自社製品に地図を組み込むために費用を支払っています。
信頼できる地図の選択肢が少ないため、独占的な価格設定により、組織や独立した開発者がビジネスを実行するために必要な地図データを購入することが困難になっています。
地図データの範囲と鮮度が均一でない
地図作成に高いコストがかかるため、世界規模で地図データを構築することは、資金力のある企業でも困難です。
その結果、地図はすぐに古くなり、発展途上国の市場は地図不足になりがちです。
報酬のないデータ
今日の地図は、ユーザーによって生成された大量のデータに依存しています。
残念ながら、個人的な位置情報は対価を得ずに黙々と利用されています。
検閲を受けやすい
地図メーカーのビジネス利益を保護し、政府をなだめるために、操作や検閲が行われます。

Hivemapper(ハイブマッパー)のアプローチ

Hivemapper(ハイブマッパー)は新しい地図インフラを構築し、私たちの世界をよりよく理解し、他の人に経済的な機会を提供できるようにします。
誰でも、どこでも、無許可で、匿名で、世界の現状を反映した公平な世界地図の作成に参加できます。
貢献者は、新鮮で高品質な地図データと引き換えに、報酬を得ます。
その結果、世界中の組織にとって、地図はよりアクセスしやすく、信頼できるものになるのです。

Hivemapper(ハイブマッパー)は、ハードウェアやソフトウェアプロジェクトのソースコードや資料の公開など、オープンソースのエコシステムをサポートすることに尽力しています。

地図タイル

世界地図は、地図タイルと呼ばれる何兆個もの小さな六角形のタイルに分割されています。
これはHivemapper(ハイブマッパー)のマップの原子単位であり、H3セルをベースにしています。
Hivemapper(ハイブマッパー)のマップタイルのベースとして意図的に使われているのは、タイルの「部分的」な提供による問題を回避するためです。
コントリビューターはマップタイルに沿って車を走らせ、4Kのストリートレベル画像を撮影します。
撮影された画像と関連するメタデータは、Hivemapper(ハイブマッパー)のネットワークにアップロードされ、高品質でダイナミックなマップが作成されます。

Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカムの購入方法

Hivemapperネットワークに貢献する主な方法の1つは、ドライブ中に高品質の画像を収集することです。

これらの貢献は、分散型マッピングネットワークのカバレッジと鮮度を高めるのに役立ちます。
貢献し、収入を得るには、準拠したOpen Dashcam(「ODC」)デバイスとサポートされている車両が必要です。
現在サポートされているデバイスには、Hivemapper DashcamまたはHivemapper Dashcam Sが含まれます。
安定した高品質の画像を生成できるのは、少なくとも4つの車輪を持つ車両だけです。

購入可能なダッシュカム

以下は、現在購入可能な Open Dashcam です。

Hivemapper社製ダッシュカム
  • Hivemapper Dashcam(以下、HDC)は、購入可能です。
  • Hivemapper Dashcam S (以下、HDC-S) が販売されています。

後者モデルは、一部の投稿者にとって便利な機能を追加しています。

他メーカーのダッシュカム

今後、他社製のダッシュカムを追加していく予定です。
ODC対応機器の製作にご興味のある方は、Hivemapper(ハイブマッパー)までご連絡ください。

Hivemapper(ハイブマッパー)のカメラの取り付け

Hivemapper(ハイブマッパー)のカメラデバイスの設置方法について説明します。
Hivemapperのカメラの取り付けは、車種を問わず、すばやく簡単に行うことができます。
ダッシュカムの車への取り付けに関する2分間のビデオを見るか、以下の記事を読み進めてください。

箱の中身

HDCの箱には以下のものが入っています。

  • Hivemapper(ハイブマッパー)のカメラ
  • 自動車用補助電源コンセント(シガーライター)用アダプター
  • ピール&スティックマウント
  • デバイス取扱説明書

マウントの位置を決める

ダッシュカムには4つの取り付け位置があります。
どれが自分に合っているかを判断することができます。
ダッシュカムは、少なくとも4つの車輪のある車両に取り付ける必要があります。
マウント位置を決定する際に考慮してください。

ダッシュカムは、1台につき前方向きと側方向きの2台まで取り付け可能です。
ダッシュカムを横向きに取り付ける場合は、歩道や建物に面していなければなりません(つまり、車の助手席側に取り付ける)。

ダッシュカムの取り付け

取り付け位置を決めたら、箱に入っているピールアンドスティックマウントを使用して、ダッシュカムを希望の取り付け位置に配置します。
粘着性のある接着剤で、フロントガラス、窓、車の表面にマウントを取り付けることができます。

ダッシュカムの調整

前方向マウントの場合、ダッシュカムは車の中央に取り付け、水平線と水平になるようにします。
ダッシュカムは、車のダッシュボードやボンネットがフレームに写り込まないよう、十分な高さに取り付ける必要があります。
横向きに設置する場合、ダッシュカムは歩道や建物に近い車両側(つまり助手席側)に設置します。
この場合も、ダッシュカムは地平線に対して水平にし、車両の外側や内側がフレームに写らないようにマウントします。
ダッシュカムを10~15度傾けて、車ではなく環境を撮影する必要がある場合があります。

カメラとHivemapper(ハイブマッパー)アプリを接続する

HivemapperアプリはiOSとAndroidデバイスで利用可能です。

スマートフォンにHivemapperアプリをインストールする

ダッシュカムをペアリングする前に、Hivemapperのコントリビューターアプリをインストールする必要があります。
このアプリは、iOSとAndroidの両方で利用できます。

  • https://apps.apple.com/us/app/hivemapper/id1568223145
  • https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hivemapper.companion

アプリはダッシュカムとペアリングし、一緒に地図データを収集し、Hivemapper(ハイブマッパー)のネットワークにアップロードするために動作します。
モバイルデバイスにアプリをダウンロードしたら、次のステップに進み、ダッシュカムをアプリとペアリングします。

なお、1台のダッシュカムにつき1台のモバイルデバイスが登録できます。
仮に、複数のHivemapperカメラを同時に実行する場合(例:前面および側面)、それぞれをモバイルデバイスとペアリングする必要があります。

Dashcamを初めてペアリングする

手順は以下の通りです。

  1. モバイルデバイスで Hivemapperのアプリを開きます。
  2. アプリのイントロメニューから「ダッシュカムの設定」をタップします。
  3. ハードウェアの温度警告を確認したら、「セットアップを開始」をタップします。
  4. まだの場合は、Hivemapperカメラの電源コードをデバイスに接続し、車の補助電源コンセント(シガーライターとも呼ばれる)に差し込んで、電源を入れます。
  5. ダッシュカムの背面にある3つのランプがすべて点灯するまで待ちます。最大で60秒かかる場合があります。
  6. 位置情報サービスと通知を許可するよう促されたら、許可します。
  7. モバイルデバイスのWi-Fiがオンになっていることを確認します。
  8. Hivemapperダッシュカムは独自のネットワーク(例:「dashcam-2ed44f49」)を使用して、Wi-Fi経由でモバイルデバイスに接続します。
  9. アプリの指示に従って、Wi-Fi経由でダッシュカムをモバイルデバイスとペアリングします。ダッシュカムのWi-Fiのパスワードは「hivemapper」(すべて小文字)です。
  10. アプリに「成功」画面が表示されたら完了です。
  11. これでダッシュカムとモバイルデバイスのペアリングが完了し、マッピングを開始することができます。

ウォレットを接続する

ダッシュカムをペアリングすると、ウォレットを接続するよう促されますので、ウォレットを接続してください。
Hivemapperアプリは、HONEYトークンの報酬をあなたの財布にシームレスに入金するために統合されています。

Phantomは、Solanaブロックチェーン上でトークンの受信、保存、送信を容易にします。

すでにPhantomウォレットがインストールされている場合
  1. Hivemapperアプリの「ウォレットを接続する」ボタンを押します。
  2. 自動的にPhantomに誘導され、ログインします
  3. Phantomで「Conncect」をタップし、Hivemapperアプリとの接続を確立します。
  4. これでログインが完了し、Hivemapperアプリにリダイレクトされるはずです。
Phantom がインストールされていない場合
  1. Phantomアプリをダウンロードし、新しいウォレットを作成します。
  2. Phantomウォレットの作成に問題がある場合、またはPhantomの使用方法についてより詳細なチュートリアルが必要な場合は、外部の手順に従ってください。
  3. アプリをダウンロードしてPhantomウォレットを作成したら、上記の手順に従ってHivemapperアプリとの接続を確立してください。

Hivemapper(ハイブマッパー)に地図情報を投稿する

Hivemapperアプリがあなたのコントリビューションをネットワークにアップロードします。

Hivemapperアプリは、Hivemapperネットワークへの投稿をシームレスに行えるように設計されています。
運転中、Hivemapperアプリはダッシュカムからマッピングデータをモバイルデバイスにダウンロードします。
そこから、マッピングデータがHivemapperのネットワークに送信されます。

デフォルトでは、Wi-Fiが利用可能な場合、アップロードは「自動」に設定されています。
これは、投稿者がマッピング中にモバイルデータの制限を超えることを心配する必要がないように選択されたものです。

設定メニューで、自動アップロードのオン/オフ、携帯電話データ経由のアップロードのオン/オフを切り替えることができます。
Hivemapperのネットワークは古い地図データを受け入れないので、地図画像を撮影してから3日以内にアップロードするようにしてください。

自動Wi-Fiアップロード

Hivemapperのネットワークにアップロードする際のデフォルトの状態です。
マッピングを終了して信頼できるWi-Fiネットワーク(自宅やオフィスなど)に戻ると、アプリはバックグラウンドでHivemapper Networkへのアップロードを開始します。
地図データのアップロード中も、携帯電話の全機能を使用することができます。
必要に応じて、アプリの「アクティビティ」セクションに移動し、”アップロードを一時停止 “を押すことで、進行中のアップロードを一時停止することができます。
Hivemapperアプリがフォアグラウンドで実行されている場合、通常アップロードはより高速になります。

セルラーデータアップロードを有効にする

Wi-Fiネットワーク外やマッピング中にアップロードしたい投稿者のために、携帯電話のデータアップロードを有効にすることが可能です。
「設定」タブの「ダッシュカム設定」をタップし、「ダッシュカムデータアップロード」メニューをタップします。
そこから「アプリで携帯電話データの使用を許可」すれば、今後の投稿はWiFi接続を待つことなく携帯電話データでアップロードされるようになります。
また、すでに収集した地図画像のアップロードを待っている場合は、「アクティビティ」画面で携帯電話のアップロードを有効にすることができます。
携帯電話データアップロードを有効にすることは、携帯電話のデータプランが限られている投稿者にはお勧めできません。

投稿の表示

投稿が Hivemapper(ハイブマッパー)ネットワーク上で処理されるまでには時間がかかるため、すぐに地図上で自分の投稿を確認することはできません。

Hivemapper(ハイブマッパー)のHONEYリワードを受け取る

HONEYの報酬は、前週の月曜日から日曜日までの間にHivemapper(ハイブマッパー)に貢献した分として、毎週あなたの暗号化ウォレットに振り込まれます。
報酬は、1週間の締め日から約3日後(水曜日遅く)に入金されます。
HONEYの報酬を受け取るには、Hivemapperのモバイルアプリケーションにアクセスする必要があります。
現在、HivemapperはPhantomウォレットのみサポートしています。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。