Hivemapper(ハイブマッパー)とは-運転で地図作成に協力し仮想通貨を稼ぐDrive to Earnプロジェクト

「ダッシュカムを付けて車を運転するだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになるかもしれない、と話題の、Hivemapper(ハイブマッパー)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなHivemapper(ハイブマッパー)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったATOMトークンは、コイントレード独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカム購入等のためのノーリスクの原資を確保しておく

    ※2024年7月19日現在、掲載キャンペーン で獲得できるAmazonギフト券や仮想通貨、日本円等の合計は、20,000円相当。締め切りが近いキャンペーンもあるので、お早めに

  3. 諸々の準備が整ったら、Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカム購入等を進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

Hivemapper(ハイブマッパー)を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

Hivemapper(ハイブマッパー)の利用で、仮に今後、報酬が得られるようになった場合、その報酬は、日本円建てではなく、トークン、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、CoinTrade(コイントレード) 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、Hivemapper(ハイブマッパー)の利用で仮に収益が得られた場合、その収益はトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はHivemapper(ハイブマッパー)。アプリの利用等で収益が得られるようになった場合、その収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、Hivemapper(ハイブマッパー)への参加で得た収益を(必要に応じ、間に他のトークンを挟んだうえで、)換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
東証プライム市場上場企業の子会社が運営し、口座開設はもちろん無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったATOMトークンは、コイントレード独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、Hivemapper(ハイブマッパー)ダッシュカム購入等のための原資を確保する

Hivemapper(ハイブマッパー)に参加するためには、同社が提供する「ダッシュカム」を購入することが必要です。

そして、ダッシュカムの実質的な価値(=ダッシュカムの利用によって得られる収益の、円建てでの価値)は、今後、Hivemapper(ハイブマッパー)のエコシステムが拡大していけば、上昇していくこともありましょうが、逆に、プロジェクトの人気が低迷すれば、その価値は低下してしまう可能性が否めません。
そのような高リスクなアセットを入手するために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

2024年7月19日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、20,000円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)がもれなく全員にプレゼント。もらったATOMは、同社独自のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年9月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

COZUCHI

2024年7月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から投資家登録完了(無料)で、Amazonギフト2,000円分プレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

プレファン

2024年8月2日までに公式サイト から新規本会員登録完了でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年7月31日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

Funds(ファンズ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、新規口座開設完了で、500円分のAmazonギフト券をプレゼント。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のATOMをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年9月18日まで
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック、ATOM等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、2024年9月18日までの期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分の仮想通貨(ATOM)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったATOMは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年9月30日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

COZUCHI(Amazonギフト2,000円分プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規投資家登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト2,000円分プレゼント
キャンペーン期限
2024年7月31日まで
サイトURL
COZUCHI (公式)

不動産クラウドファンディング業界の有名企業。
1口1万円から、現物不動産を投資対象とするファンドに小口投資できるサービスを展開中。
新規の投資家登録者限定で、Amazonギフト2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

プレファン(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録完了(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月2日
サイトURL
プレファン (公式)

東京証券取引所スタンダード市場上場の株式会社プレサンスコーポレーションのグループ企業にあたる、株式会社プレサンスリアルタが運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
期間限定で、新規会員登録者向けに、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年7月31日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funds(Amazonギフト券500円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
Amazonギフト券500円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日まで
サイトURL
Funds (公式)

累計募集額400億円を突破した、「1円から投資できる」と話題の、ソーシャルレンディング・サービス。
期間限定で、新規口座開設を完了したユーザー全員に、500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

Hivemapper(ハイブマッパー)の始め方・仮想通貨の稼ぎ方

ここからは、Hivemapper(ハイブマッパー)の具体的な始め方や、ダッシュカムの購入方法等について、確認を進めて参ります。

Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカムの買い方

Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカムの購入を進める場合、その具体的な手順・方法としては、主に以下の通りです。

なお、以下の内容は、Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカムの購入方法を、一般的な情報提供を目的に綴るものであり、その購入を推奨等するものではありません。

ダッシュカムをカートに入れる

まずは、任意のダッシュカムをカートに入れるところから始まります。
手順は以下の通りです。

Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカム購入サイトへ

最初に、Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカム購入サイト にアクセスします。

「カートに入れる」をクリック

「Add to Cart」のバナーをクリックします。

カート内アイテムの確認

カートに入っている商品(ダッシュカム)の内容を確認したうえで、「Check out」のバナーをクリックします。

10%割引コードの入力

続いて、割引コードの入力を行います。
手順は以下の通りです。

コード入力欄をクリック

「Gift card our discount code」のフォームにカーソルを合わせ、クリックします。

正しい割引コードの入力

割引コードとして、以下を入力します。

FM10

入力が済んだら「Apply」のボタンをクリックします。

値引きが適用される

10%の割引が適用されればOKです。

配送先住所や、支払い方法の指定

続いて、以下の手順で、配送先のアドレス、及び、支払い方法の指定等を進めます。

メールアドレス、及び、配送先住所の指定

「Contact」の箇所には、メールアドレスを入力します。
続いて、「Shipping Address」の箇所に、配送先住所の入力を進めていきます。

入力が済んだら、「Continue to shipping」のバナーをクリックします。

発送方法の確認

表示されている「Shipping method」(=配送方法)の内容を確認したうえで、「Continue to payment」(=支払いへ)のバナーをクリックします。

支払い方法の選択

Hivemapper(ハイブマッパー)では、

  • クレジットカード決済
  • Klama
  • コインベース・コマース

による決済に対応しています。

送料を含めた支払い総額の確認

改めて、送料を含めた支払いの総額を確認します。

請求先住所の確認

配送先住所と同一で構わなければ、「Same as shipping address」でOKです。
あとは、「Pay now」のボタンをクリックすると、決済を進めることが可能です。

Hivemapper(ハイブマッパー)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Hivemapper(ハイブマッパー)運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているHivemapper(ハイブマッパー)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://docs.hivemapper.com/welcome/introduction

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、Hivemapper(ハイブマッパー)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Hivemapper(ハイブマッパー)とは

すべての人のためのグローバルな分散型地図ネットワークを目指します。
世界中の何十億もの人々が、毎日地図に依存しています。
地図は世界の技術インフラに不可欠なものであり、物流、保険、不動産、公共事業、政府など、さまざまな業界の企業で利用されています。
Hivemapper(ハイブマッパー)の運営会社は、地図API、GIS、ジオ分析、データ収集サービスなどを考慮した場合の試算を行っています。
Hivemapper(ハイブマッパー)のネットワークは、オープンかつグローバルで、貢献者によって構築された、高品質でストリートレベルの画像を使用して、最先端のグローバルマップを作成します。

先進的な企業や組織は、Hivemapper(ハイブマッパー)のAPIを通じて、地図画像や位置情報にアクセスすることができます。
まあ、Hivemapper(ハイブマッパー)に参加する人は、Hivemapperのトークンで報酬を得ることができます。

このモデルにより、グローバルな地図ネットワークがもたらす経済的利益を、地図を作る人々と共有することができます。

Hivemapper(ハイブマッパー)は、ゼロから設計されています。

分散型
分散型はデータ収集とデータ消費を切り離し、Hivemapperネットワークが公正でオープンであり続けることを支援します。
また、Hivemapperはコミュニティと連携し、オープンなマッピング技術を維持することができます。
パーミッションレス
誰でも、どこでも、Hivemapper(ハイブマッパー)のネットワークに貢献したり、そこからデータを消費することができます。
その際、許可は必要ありません。
報酬型
グローバルマップへの貢献者は、HivemapperのトークンであるHONEYを通じて、その経済的利益を共有することができます。

このプロジェクトドキュメントでは、Hivemapper(ハイブマッパー)についてより詳しく知るために必要なリソースを提供しています。
目的は、コントリビューターやお客様がマッピングネットワークに価値を与え、報酬を獲得し、Hivemapperのマッピングデータを消費する方法を理解できるようにすることです。
もし、必要なものが見つからない場合は、私たちの連絡先までご連絡いただくか、メールを送ってください。
Hivemapper(ハイブマッパー)ネットワークの一員であることに感謝します。

Hivemapper(ハイブマッパー)の分散型マッピングネットワーク

地図は人類にとって最も重要な発明の一つであり、私たちが環境を理解し、その中を移動することを可能にしています。
洞窟画から始まった地図は、技術革新により、より複雑な世界を表現できるようになり、急速に発展してきました。

Hivemapper(ハイブマッパー)の分散型マッピングネットワークにより、人類はこれまで以上に完全で新鮮、かつアクセスしやすい高品質な地図に貢献し、それを消費することが可能になりました。

Hivemapper(ハイブマッパー)の分散型マッピングネットワークは、マッピングの次の進化形です。

現在の地図には問題がある

現在の地図は素晴らしいものですが、完璧というには程遠いものです。

企業にとって高価
一般的に消費者向けの地図は無料ですが、企業は自社製品に地図を組み込むために費用を支払っています。
信頼できる地図の選択肢が少ないため、独占的な価格設定により、組織や独立した開発者がビジネスを実行するために必要な地図データを購入することが困難になっています。
地図データの範囲と鮮度が均一でない
地図作成に高いコストがかかるため、世界規模で地図データを構築することは、資金力のある企業でも困難です。
その結果、地図はすぐに古くなり、発展途上国の市場は地図不足になりがちです。
報酬のないデータ
今日の地図は、ユーザーによって生成された大量のデータに依存しています。
残念ながら、個人的な位置情報は対価を得ずに黙々と利用されています。
検閲を受けやすい
地図メーカーのビジネス利益を保護し、政府をなだめるために、操作や検閲が行われます。

Hivemapper(ハイブマッパー)のアプローチ

Hivemapper(ハイブマッパー)は新しい地図インフラを構築し、私たちの世界をよりよく理解し、他の人に経済的な機会を提供できるようにします。
誰でも、どこでも、無許可で、匿名で、世界の現状を反映した公平な世界地図の作成に参加できます。
貢献者は、新鮮で高品質な地図データと引き換えに、報酬を得ます。
その結果、世界中の組織にとって、地図はよりアクセスしやすく、信頼できるものになるのです。

Hivemapper(ハイブマッパー)は、ハードウェアやソフトウェアプロジェクトのソースコードや資料の公開など、オープンソースのエコシステムをサポートすることに尽力しています。

地図タイル

世界地図は、地図タイルと呼ばれる何兆個もの小さな六角形のタイルに分割されています。
これはHivemapper(ハイブマッパー)のマップの原子単位であり、H3セルをベースにしています。
Hivemapper(ハイブマッパー)のマップタイルのベースとして意図的に使われているのは、タイルの「部分的」な提供による問題を回避するためです。
コントリビューターはマップタイルに沿って車を走らせ、4Kのストリートレベル画像を撮影します。
撮影された画像と関連するメタデータは、Hivemapper(ハイブマッパー)のネットワークにアップロードされ、高品質でダイナミックなマップが作成されます。

Hivemapper(ハイブマッパー)のダッシュカムの購入方法

Hivemapperネットワークに貢献する主な方法の1つは、ドライブ中に高品質の画像を収集することです。

これらの貢献は、分散型マッピングネットワークのカバレッジと鮮度を高めるのに役立ちます。
貢献し、収入を得るには、準拠したOpen Dashcam(「ODC」)デバイスとサポートされている車両が必要です。
現在サポートされているデバイスには、Hivemapper DashcamまたはHivemapper Dashcam Sが含まれます。
安定した高品質の画像を生成できるのは、少なくとも4つの車輪を持つ車両だけです。

購入可能なダッシュカム

以下は、現在購入可能な Open Dashcam です。

Hivemapper社製ダッシュカム
  • Hivemapper Dashcam(以下、HDC)は、購入可能です。
  • Hivemapper Dashcam S (以下、HDC-S) が販売されています。

後者モデルは、一部の投稿者にとって便利な機能を追加しています。

他メーカーのダッシュカム

今後、他社製のダッシュカムを追加していく予定です。
ODC対応機器の製作にご興味のある方は、Hivemapper(ハイブマッパー)までご連絡ください。

Hivemapper(ハイブマッパー)のカメラの取り付け

Hivemapper(ハイブマッパー)のカメラデバイスの設置方法について説明します。
Hivemapperのカメラの取り付けは、車種を問わず、すばやく簡単に行うことができます。
ダッシュカムの車への取り付けに関する2分間のビデオを見るか、以下の記事を読み進めてください。

箱の中身

HDCの箱には以下のものが入っています。

  • Hivemapper(ハイブマッパー)のカメラ
  • 自動車用補助電源コンセント(シガーライター)用アダプター
  • ピール&スティックマウント
  • デバイス取扱説明書

マウントの位置を決める

ダッシュカムには4つの取り付け位置があります。
どれが自分に合っているかを判断することができます。
ダッシュカムは、少なくとも4つの車輪のある車両に取り付ける必要があります。
マウント位置を決定する際に考慮してください。

ダッシュカムは、1台につき前方向きと側方向きの2台まで取り付け可能です。
ダッシュカムを横向きに取り付ける場合は、歩道や建物に面していなければなりません(つまり、車の助手席側に取り付ける)。

ダッシュカムの取り付け

取り付け位置を決めたら、箱に入っているピールアンドスティックマウントを使用して、ダッシュカムを希望の取り付け位置に配置します。
粘着性のある接着剤で、フロントガラス、窓、車の表面にマウントを取り付けることができます。

ダッシュカムの調整

前方向マウントの場合、ダッシュカムは車の中央に取り付け、水平線と水平になるようにします。
ダッシュカムは、車のダッシュボードやボンネットがフレームに写り込まないよう、十分な高さに取り付ける必要があります。
横向きに設置する場合、ダッシュカムは歩道や建物に近い車両側(つまり助手席側)に設置します。
この場合も、ダッシュカムは地平線に対して水平にし、車両の外側や内側がフレームに写らないようにマウントします。
ダッシュカムを10~15度傾けて、車ではなく環境を撮影する必要がある場合があります。

カメラとHivemapper(ハイブマッパー)アプリを接続する

HivemapperアプリはiOSとAndroidデバイスで利用可能です。

スマートフォンにHivemapperアプリをインストールする

ダッシュカムをペアリングする前に、Hivemapperのコントリビューターアプリをインストールする必要があります。
このアプリは、iOSとAndroidの両方で利用できます。

  • https://apps.apple.com/us/app/hivemapper/id1568223145
  • https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hivemapper.companion

アプリはダッシュカムとペアリングし、一緒に地図データを収集し、Hivemapper(ハイブマッパー)のネットワークにアップロードするために動作します。
モバイルデバイスにアプリをダウンロードしたら、次のステップに進み、ダッシュカムをアプリとペアリングします。

なお、1台のダッシュカムにつき1台のモバイルデバイスが登録できます。
仮に、複数のHivemapperカメラを同時に実行する場合(例:前面および側面)、それぞれをモバイルデバイスとペアリングする必要があります。

Dashcamを初めてペアリングする

手順は以下の通りです。

  1. モバイルデバイスで Hivemapperのアプリを開きます。
  2. アプリのイントロメニューから「ダッシュカムの設定」をタップします。
  3. ハードウェアの温度警告を確認したら、「セットアップを開始」をタップします。
  4. まだの場合は、Hivemapperカメラの電源コードをデバイスに接続し、車の補助電源コンセント(シガーライターとも呼ばれる)に差し込んで、電源を入れます。
  5. ダッシュカムの背面にある3つのランプがすべて点灯するまで待ちます。最大で60秒かかる場合があります。
  6. 位置情報サービスと通知を許可するよう促されたら、許可します。
  7. モバイルデバイスのWi-Fiがオンになっていることを確認します。
  8. Hivemapperダッシュカムは独自のネットワーク(例:「dashcam-2ed44f49」)を使用して、Wi-Fi経由でモバイルデバイスに接続します。
  9. アプリの指示に従って、Wi-Fi経由でダッシュカムをモバイルデバイスとペアリングします。ダッシュカムのWi-Fiのパスワードは「hivemapper」(すべて小文字)です。
  10. アプリに「成功」画面が表示されたら完了です。
  11. これでダッシュカムとモバイルデバイスのペアリングが完了し、マッピングを開始することができます。

ウォレットを接続する

ダッシュカムをペアリングすると、ウォレットを接続するよう促されますので、ウォレットを接続してください。
Hivemapperアプリは、HONEYトークンの報酬をあなたの財布にシームレスに入金するために統合されています。

Phantomは、Solanaブロックチェーン上でトークンの受信、保存、送信を容易にします。

すでにPhantomウォレットがインストールされている場合
  1. Hivemapperアプリの「ウォレットを接続する」ボタンを押します。
  2. 自動的にPhantomに誘導され、ログインします
  3. Phantomで「Conncect」をタップし、Hivemapperアプリとの接続を確立します。
  4. これでログインが完了し、Hivemapperアプリにリダイレクトされるはずです。
Phantom がインストールされていない場合
  1. Phantomアプリをダウンロードし、新しいウォレットを作成します。
  2. Phantomウォレットの作成に問題がある場合、またはPhantomの使用方法についてより詳細なチュートリアルが必要な場合は、外部の手順に従ってください。
  3. アプリをダウンロードしてPhantomウォレットを作成したら、上記の手順に従ってHivemapperアプリとの接続を確立してください。

Hivemapper(ハイブマッパー)に地図情報を投稿する

Hivemapperアプリがあなたのコントリビューションをネットワークにアップロードします。

Hivemapperアプリは、Hivemapperネットワークへの投稿をシームレスに行えるように設計されています。
運転中、Hivemapperアプリはダッシュカムからマッピングデータをモバイルデバイスにダウンロードします。
そこから、マッピングデータがHivemapperのネットワークに送信されます。

デフォルトでは、Wi-Fiが利用可能な場合、アップロードは「自動」に設定されています。
これは、投稿者がマッピング中にモバイルデータの制限を超えることを心配する必要がないように選択されたものです。

設定メニューで、自動アップロードのオン/オフ、携帯電話データ経由のアップロードのオン/オフを切り替えることができます。
Hivemapperのネットワークは古い地図データを受け入れないので、地図画像を撮影してから3日以内にアップロードするようにしてください。

自動Wi-Fiアップロード

Hivemapperのネットワークにアップロードする際のデフォルトの状態です。
マッピングを終了して信頼できるWi-Fiネットワーク(自宅やオフィスなど)に戻ると、アプリはバックグラウンドでHivemapper Networkへのアップロードを開始します。
地図データのアップロード中も、携帯電話の全機能を使用することができます。
必要に応じて、アプリの「アクティビティ」セクションに移動し、”アップロードを一時停止 “を押すことで、進行中のアップロードを一時停止することができます。
Hivemapperアプリがフォアグラウンドで実行されている場合、通常アップロードはより高速になります。

セルラーデータアップロードを有効にする

Wi-Fiネットワーク外やマッピング中にアップロードしたい投稿者のために、携帯電話のデータアップロードを有効にすることが可能です。
「設定」タブの「ダッシュカム設定」をタップし、「ダッシュカムデータアップロード」メニューをタップします。
そこから「アプリで携帯電話データの使用を許可」すれば、今後の投稿はWiFi接続を待つことなく携帯電話データでアップロードされるようになります。
また、すでに収集した地図画像のアップロードを待っている場合は、「アクティビティ」画面で携帯電話のアップロードを有効にすることができます。
携帯電話データアップロードを有効にすることは、携帯電話のデータプランが限られている投稿者にはお勧めできません。

投稿の表示

投稿が Hivemapper(ハイブマッパー)ネットワーク上で処理されるまでには時間がかかるため、すぐに地図上で自分の投稿を確認することはできません。

Hivemapper(ハイブマッパー)のHONEYリワードを受け取る

HONEYの報酬は、前週の月曜日から日曜日までの間にHivemapper(ハイブマッパー)に貢献した分として、毎週あなたの暗号化ウォレットに振り込まれます。
報酬は、1週間の締め日から約3日後(水曜日遅く)に入金されます。
HONEYの報酬を受け取るには、Hivemapperのモバイルアプリケーションにアクセスする必要があります。
現在、HivemapperはPhantomウォレットのみサポートしています。

Hivemapper(ハイブマッパー)のHONEYとは?

HONEYはHivemapperネットワークのトークンです。
Hivemapperネットワークに貢献すると、HONEYトークンを獲得できます。
HONEYはブロックチェーン上に構築された暗号通貨です。
最初のHONEYは、2022年11月1日にミントされました。

HONEYトークンの使用方法

HONEYトークンは、Hivemapperネットワークのエコシステムにおける2つの主要な関係者のニーズに対応するように設計されています。

地図データ提供者
地図データや画像の提供、地図データの編集、品質保証を行うことで、Hivemapperネットワークの構築に貢献する貢献者。
企業や開発者
企業や開発者は、マッピング、地理情報システム(「GIS」)、コンピュータビジョン、スマートシティ、オペレーション、ロジスティクスなど、幅広い分野の研究開発のためにHivemapperネットワークからデータを消費します。

HONEYトークンの経済概念

Hivemapperネットワークは、HONEYの供給がネットワークの需要を満たすために利用可能であると同時に、最大値がわかっている比較的希少なものであることを保証するために、個別のトークンエコノミックコンセプトを使用しています。

100億トークンという最大供給量

HONEYトークンの最大供給数は100億枚と決まっています。
トークンは当初、以下のように配分されました。

  • Hivemapperネットワークの改善への継続的な参加に対する報酬として40%。
  • 20%は、Hivemapperネットワークの立ち上げに必要なスタートアップ資金として提供されます。
  • 20%はHivemapperネットワークの運営に必要な技術・運営システムの構築のためにHivemapper運営会社に提供されます。
  • Hivemapperネットワークの研究開発と運用を継続的にサポートするために、Hivemapper運営会社に15%出資します。
  • 5%は、Hivemapperネットワークの継続的な成功を管理・促進するための組織に寄付されます。

Hivemapperネットワークは、ネットワーク立ち上げ時に、40億HONEYトークンのミントを開始し、貢献者に報酬として配布しています。
トークンンの正確なミント量は、毎週決定されます。

トークンの再分配

貢献者が獲得するトークンの量は、40億HONEYという上限があるわけではありません。
ネットワークからデータを消費する(Hivemapper社のMap Image APIなど)には、Mapクレジットと引き換えにHONEYトークンをバーン必要があります。
バーンされたトークン分は、改めてミントされ、貢献者に配布されます。
より多くのデータが消費されれば、より多くのHONEYが消費され、より多くのトークンが貢献者に再分配されます。

Hivemapper(ハイブマッパー)のHONEYを稼ぐ方法

地図の消費者が地図を評価する主要な3つの側面、すなわちカバレッジ、新鮮さ、品質があり、それに応じて投稿者の収入額が計算されます。
特定の重み付けと機能は、ネットワークの経済的なバランスを取るために調整することができます。
このようなインセンティブシステムは、地図データの消費者と貢献者の両方にとって、健全で価値のあるネットワークを長期にわたって維持するために重要です。
Hivemapperの哲学は、すべての貢献者が公正な報酬を得ることです。
公平性とは、実用性とアクセスの組み合わせです。
誰でも、どこでも、Hivemapperネットワークで利用できる質の高い貢献をすることで、HONEYの分け前にあずかることができます。

報酬の期間
報酬は、月曜日から日曜日までの1週間の貢献に対して分配されます。
期間終了の約3日後に、各地域の貢献の合計が集計され、各貢献者は貢献の有用性に応じて報酬の一部を受け取ります。
報酬額
ある期間にどれだけのHONEYを獲得できるかを計算する正確な公式はありませんが、HONEYの報酬がどのように分配されるかを説明するのに役立つ、より高いレベルの概念と規則がいくつかあります。
報酬の地域
HONEYの報酬プールは、Hivemapperネットワークごとに個別の報酬プールに分けられています。

Hivemapper(ハイブマッパー)に貢献する方法

Hivemapperネットワークに貢献するには、様々な方法があります。
貢献者は、以下の活動のいずれかを行うことで収入を得ることができます。

マップカバレッジ
Open Dashcam がサポートするデバイスを使用する。
マップカバレッジの品質保証
収集した画像の品質を検証する。
マップアノテーション
アノテーションやアノテーションの修正を提供する。
マップ処理と検証
ネットワークインフラの運用と品質信号の検証のためのリソースの提供。

HONEYは、当初はマップカバレッジに最も多く割り当てられ、これらの貢献によって鋳造される報酬の90%が獲得されます。
マップが成熟するにつれて、トークン報酬は品質保証とマップアノテーションにシフトすることが予想されます。
毎週、貢献者への報酬としてミントされるHONEYトークンの正確な数は、グローバル・マップの進捗状況に依存します。
個々の貢献者がある週に受け取ることが期待されるHONEYトークンの量もまた、同上です。

Hivemapper(ハイブマッパー)のグローバルマッププログレス

毎週、Hivemapper Networkの貢献者に対して、白紙の状態から完全で最新の世界地図になるまでの地図の進捗に応じて、報酬がミントされます。
グローバルな報酬の正確な金額は、正確な進捗量に依存します。

40億HONEYトークンは、Global Map Progressの進捗に応じて、すべて鋳造されます。
グローバルマップの進捗は、Hivemapperネットワーク内の各地域のマップの進捗に基づきます。
最大限の進捗を達成するためには、地域が確実にカバーされ、アクティブである必要があります。

これらの要素により、Hivemapper Networkは継続的に完全で新鮮、かつ高品質なマップを構築するための道を歩んでいます。
このダイナミックなアプローチは、報酬が特定の地域に過度に集中することなく、またマップの進捗が不十分な地域に集中することがないように設計されています。

HONEYは、各地域のマップの進捗に対するそれぞれの貢献度に応じて、各地域の貢献者に分配されます。

リージョンの仕組み

リージョンは、Hivemapper Networkによって定義された地理的なエリアです。
地域の境界はHivemapper Networkの責任で決定され、変更される可能性があります。
すべての地域の境界線がまだ描かれているわけではありません。

圏が最初に描かれましたが、最終的には全ての地域が定義されたリージョンの一部となる予定です。
デフォルトでは、まだ定義されていない地域は、キャッチオール地域に分類されます。

地域倍率

地図が最も重要なのは、大きな成長や変化が起きている地域で、地図データに対する商業的需要が現在または将来的に見込まれる地域です。
したがって、HiveMapper Networkでは、収集したデータの有用性が高い地域にマッピングを集中させるため、地域別乗数を使用しています。

各地域には乗数が割り当てられ、グローバルマップ進捗ユニットの計算や、一定期間にその地域で獲得したハニーリワードにその地域が加味されます。
乗数は、道路の数、道路の密度、そしてGDPのデータを考慮に入れています。

また、マップの商業的成立に重要な特定の地域をさらに押し上げる「優先」係数も決定されます。
地域倍率はHivemapper Foundationによって変更されることがあります。
「地域」セクションで、倍率は全体に対するパーセンテージで表示されます。

例えば、サンフランシスコの倍率は1.7776%と表示され、グローバルマップの進捗と関連するハニーリワードを計算するときに、このパーセントで地域が重み付けされることを意味します。

わかりやすくするために、賞金と賞品は地域の倍率の影響を受けません。

地域の地図の進歩

ある期間における地域の地図の進捗状況を決定する主な要因は、カバレッジ、アクティビティ、およびレジリエンスの3つです。
カバレッジプログレスは、週間カバレッジの90日平均で計算され、地域の推定総路面数に対して達成されたユニークな路面カバレッジの量です。
報酬を得るためには、少なくとも10%のカバレッジ進捗を達成する必要があります。
また、カバレッジが10%未満の場合、報酬は0%から100%の間で調整されます。

アクティビティは、地域の道路密度や道路の総量に対して、最低限のアクティビティレベルを達成している貢献者の数に比例します。
高密度または大規模な地域では、より多くの活動的な貢献者が必要とされます。

レジリエンス(resilience)とは、カバー率に対するアクティビティの分布の度合いを示すグラデーションです。
弾力性のある地域は、個々の貢献者に過度に依存しないので、弾力性はデータ利用者に、観測されたカバレッジとアクティビティの傾向が継続すると確信させる尺度を提供するはずです。

マッププログレスユニット(以下、MPU)

ある報酬期間において、地域はその地域のマッププログレスに基づいて0から1のマッププログレスユニット(以下「MPU」)を生成します。
MPUの計算は、0未満または1以上の数値になることはありません。
各リージョンのMPUの加重平均は、その期間のグローバルMPUと等しくなります。
グローバルMPUは、その期間に貢献者のために鋳造されたHONEYの量を計算するために使用されます。

グローバルMPUの計算例

簡単のために、世界には3つの地域しかないと仮定しましょう。
この場合、地域別倍率によってウェイトが決定されます。

  • 地域1:60%の重み、報酬期間の地域MPUは0.25です。
  • 地域2:30%で重み付け、報酬期間の地域MPUは0.16です。
  • 地域3:10%で重み付け、報酬期間中の地域別MPUは0.82

グローバルMPU = (0.60 * 0.25) + (0.30 * 0.16) + (0.10 * 0.82) = 0.28 となります。

グローバルMPUの合計

Hivemapper Networkは、堅牢なネットワークを構築し、長期的に維持するために、貢献者に割り当てられた40億のHONEYを鋳造するために達成しなければならないグローバルMPUの総数を設定しました。

HONEYは、520MPUを達成するごとにミントされます。

1週間の報酬期間に獲得できるMPUは1つまでなので、40億トークンを完全にミントするには、520週間または10年(= 520 MPU / 1.00 MPU per week)が最低限必要となります。

さらに説明するために、上記の例からグローバルMPUを0.28とし、それが時間と共に一定であると仮定してみましょう。
ハチミツ(=総量520MPU÷1週間0.28MPU)をすべて採掘するには、約1,857週間、約36年かかることになります。

これらの例のシナリオはどちらも非常に低いものですが、実際のGlobal Map Progressがどれくらいのスピードで行われるかを予測することは困難です。
Hivemapperの各領域がよりカバーされ、よりアクティブになり、よりレジリエントになるにつれて、Global MPUの計算は常に1に近づくでしょう。

HONEYのミントと流通

ある週にミントされるHONEYの量は、その期間のグローバルMPUの計算と、過去の期間に計算されたグローバルMPUの合計量に関連しています。
一般的に、早い段階での進歩は、遅い段階での進歩よりも多くのHONEYで報われます。
MPUは、貢献者のために指定された40億HONEYがいつミントされるかを決定しますが、貢献者がマップ消費リワードを通じて獲得するHONEYを制限したり考慮したりすることはありません。

地域別HONEY獲得量

ある期間のグローバルレベルでのHONEY報酬の合計が計算されると、HONEYはグローバルMPUの計算における重みに比例して、各地域の報酬プールにドロップされます(地域マッププログレスと地域マルチプライヤーを加味)。

この方法は、消費された特定のデータを提供した貢献者に直接与えられるマップ消費リワードには適用されません。

地域別HONEY計算の例

先ほどの例と同じ3つの地域があり、グローバルMPUが0.28で、現在の報酬期間に1,000,000HONEYがミントされたと仮定します。

  • 地域 1: 60% の重み付け、報酬期間の地域 MPU は 0.25
  • (0.60 * 0.25) / グローバルMPU 0.280 * 1,000,000 = 536k HONEY
  • 地域2:30%で重み付け、報酬期間 地域MPU = 0.16
  • (0.30 * 0.16) / グローバルMPU 0.280 * 1,000,000 = 171k HONEY
  • 地域3:10%で重み付け、報酬期間 地域MPU = 0.82
  • (0.10 * 0.82) / グローバルMPU 0.280 * 1,000,000 = 293k HONEY
コントリビューターが獲得するHONEY

地域のHONEY報酬プールは、与えられた報酬期間中に地域に貢献したネットワークメンバーの間で分割されます。
個人の正確な収益は、期間中に地域に対して行った貢献の相対的な量と、その他の個人の報酬要因に依存します。

Hivemapper(ハイブマッパー)のマップ消費リワードの仕組み

Hivemapper Networkへの有用な貢献に対して、より多くのHONEYを獲得することができます。
Hivemapper Networkのデータが消費されると(Hivemapper Inc.のMap Image APIなど)、トークンが消費され、Map Consumption rewardsとして貢献者に再分配されます。

燃やされたトークンの純数は、再ミントされ、貢献者に配布されます。
このように、貢献者のためにミントされるHONEYの総量は、40億トークンに限定されるものではありません。
HONEYの供給量は100億トークンに固定されていますが、貢献者のためにミントされるHONEYトークンの量に制限はなく、時間が経過してもミントされ続けるのです。
マップクレジット(つまりHONEY)の需要が高まるにつれ、HONEYのバーンや再ミントの速度も上がり、HONEYの価値はHivemapper Networkが提供する効用と密接に関連するようになります。

マップ消費報酬は、消費された特定のデータを提供した貢献者に直接与えられるものであります。

Hivemapper(ハイブマッパー)の個人報酬に影響を及ぼす諸要素

Hivemapper(ハイブマッパー)は、カバレッジ、鮮度、品質に焦点を当てることで、グローバルマップの作成にインセンティブを与えるように設計されています。
これらの要素によって、お客様にとってより便利な地図ができ、その結果、貢献者への報酬がより多くなります。

カバレッジ
貢献者は、完全なカバレッジの達成を支援することで報酬を得ます。完全なマップはHivemapper Networkにとって価値があり、顧客にとって最も多くの潜在的なユースケースに対応するのに役立つからです。
Hivemapper Networkは、ドライバーにルートやマウント位置を変えてアクセスするよう促すことで、カバー率を高めるインセンティブを与えています。
さらに、地図データの利用者は、特定のエリアを完成させることで報奨金を得ることができます。
その地域の地図作成に協力するすべての貢献者は、特別な報酬を受け取ることができます。
新鮮さ
貢献者は、マップの鮮度を維持することで報酬を得られます。
Hivemapper ネットワークのユーザーは、現在の世界の現実を反映したマップを望んでいるため、新鮮なマップは価値があります。
HiveMapper Network では、マップの鮮度に関する動的な報酬によって、定期的な更新を奨励しています。
飽和状態のマップは、非飽和状態のマップよりも有用性が低いため、飽和状態の低いエリアへの貢献はより大きく報われます。
品質
貢献者からのマッピングデータは、顧客に有用であるために高品質である必要があります。
大まかに言えば、適切な方法で収集され、反射や障害物がなく、正しい照明が施されていることです。
Hivemapper Networkには、データの品質を評価するための複数のメカニズムがあります。
品質保証
Hivemapper Network に提供される画像の品質を保証するために、人間と機械の両方のメカニズムが用意されています。
投稿者は品質保証に協力することで、報酬を得ることができます。
レピュテーションスコア
各コントリビューターはレピュテーションスコアを持っており、最初は中立で、コントリビューターの品質に応じて上昇または下降します。評判のスコアは壊れやすく、良いものを構築するのは難しく、ネットワークへの質の悪い貢献でそれにマイナスの影響を与えるのは簡単です。
高いレピュテーションスコアは利益につながり、低いレピュテーションスコアは結果をもたらします。明確な不正行為の試みの場合には、最終的に貢献者が得ることができるHONEYの量に影響を与えます。

マップタイルの飽和状態

マップタイルの飽和度は、その時点でどれだけ飽和しているかに基づいて、動的にスコア化されます。
よくカバーされるマップタイルは飽和度が高く、一度もカバーされたことのないタイルは完全に飽和していると言えます。
このスコアは、ある時点で特定のマップタイルをカバーした場合の報酬額に影響し、定期的に地域をより均一にカバーすることを促します。

飽和度と報酬の関係

飽和している地域のマッピングは、飽和していない地域のマッピングよりも有用性が低く、したがって、飽和していない地域への貢献はより大きく報われることになります。

  • 飽和度が高い=マップタイルを再び覆うことで得られるハニー報酬が相対的に少ない
  • 低飽和度=マップタイルを再び覆った場合(または初めて覆った場合)、比較的多くのハニーが報酬として支払われます。

ダッシュカムの報酬は別途計算されます。

報酬の補充

マップタイルの報酬倍率は、0から1の間で動的に変化します。
マップタイルの画像の鮮度が落ちると、倍率は0から1に戻り、ドライバーにマップタイルを再びカバーするインセンティブを与えます。そのエリアがマップされるたびに、乗数は0にリセットされ、貢献者はマップタイルをカバーした時点で存在していた乗数を獲得します。

デフォルトでは、各地域の補充間隔は7日に設定されていますが、Hivemapper Foundationはこの間隔を変更することができます。

最も多くマップされたルートに対する報酬は、エリアが飽和状態になるにつれて減少します。
マップが少ないエリアでは、マップの追加を促進するために報酬が増加します。
このダイナミックなインセンティブにより、ドライバーはルートを変更し、地図データ利用者にとって有用な画像を収集し、より多くのHONEYを獲得することができるようになります。

使用可能な画像

HONEYは使用可能な画像に対してのみ獲得されます。
コントリビューターから提供される地図データが有用であるためには、その画像は高品質でなければなりません。
高品質な画像には、以下のような特徴があります。

適切な画像
水平線に中心を合わせ、整列している
まぶしさや障害物がないこと
車のボンネット、ダッシュボード、アンテナなどが見えないこと。
正しい照明
日中の明るい時間帯で、影が最小限であること。
街路灯
大雨や雪が降っていない状態で、カメラの焦点を合わせる。
本物であること
撮影場所が正確であること、同じ地域にアップロードされた画像と整合していること。

使用できない画像の例としては、日没後に撮影された画像や、フロントガラスからの照り返しが強い画像などがあります。
使用不可能なデータはHivemapper Networkによって拒否され、報酬を得ることはできません。
画像の品質は、機械と人間の両方のフィードバックによって評価されます。

ダッシュカムに写る視野の広さ

高品質な地図データを作成するためには、視界の明瞭さが大きく影響します。
低品質なデータは、通常2つの問題に起因しています。

ダッシュカムが適切に設置または装着されていない
ダッシュカムがダッシュボードまたはフロントガラスの側面が見える場所に装着されている。
正しく取り付けられているが、画像が悪い
画像が夜間や激しい雨の中で収集されている、または他の車両が道路の視界を妨げている。

それでは、良い画像と悪い画像の例をいくつか見てみましょう。

カメラの向きが、「前面、外向き」である場合
良い例:道路と建物の視界を遮るものがない。
カメラは道路の中央にあり、障害物(車のボンネット、ダッシュボード、アンテナなど)はない。
悪い例:車のボンネットが画像に見えている
カメラが下を向いていて、車のボンネットが画像に写り込んでいる。
これはかなり一般的な問題で、カメラを上方に傾けて周囲の環境にもっと顔を向けることで簡単に対処できます。
カメラが車内にあり、正面を向いている場合
良い例:視界を遮るものがない
フロントガラスのガラスがきれいで、フロントガラスにダッシュボードの反射がなく、カメラが道路の中央にあり、障害物(車のボンネット、ダッシュボード、アンテナなど)がないこと。
悪い例:車内が画像に写っている
車両のダッシュボードが下部の角とフロントガラスの反射で見えています。
映像に車内が写っている場合、高品質の地図には使用できません。
これはかなり一般的な問題で、カメラを上向きに傾けて、より多くの環境に向けることで簡単に対処できます。
カメラが車外にあり、横向きに設置されている場合

カメラは建物ではなく、車の側面をフレームに入れてしまっている場合、カメラを上向きに傾けて、より多くの環境に面するようにすることで簡単に対処できます。

カメラが車内に設置されており、横向きの場合

カメラが歩道や建物に向いているのではなく、交通(他の車両など)に向いているケースがあります。
右側通行の国に住んでいる場合、Hivemapperのダッシュカムは車の右側に設置する必要があります。
逆に、左側通行の国に住んでいる場合、Hivemapper Dashcamは車の左側に設置する必要があります。

Hivemapper(ハイブマッパー)のDrive to Earnのメイン・コンセプト

ここからは、Hivemapper(ハイブマッパー)の「運転で稼ぐ」すなわち「Drive to Earn」のメイン・コンセプトを確認していきます。

Hivemapper(ハイブマッパー)の「エクスプローラー」機能

エクスプローラーは、Hivemapperネットワークの進捗状況を追跡できる地図アプリケーションです。
Hivemapperネットワークによって構築・維持されているグローバルマップは、ヘックスと呼ばれる何兆もの小さな六角形のタイルに分割されています。
ヘックスはさらに、より大きな領域にグループ化されています。
ヘクスはマップの原子単位であり、H3セルに基づいています。
小さなH3セルは、タイルの「部分的な」寄与の問題を避けるため、Hivemapperネットワークのマップタイルの基礎として意図的に使用されています。

Hivemapper(ハイブマッパー)の投稿者は、ダッシュカムを使用してストリートレベルの画像を撮影し、位置確認用のメタデータとともにHivemapperネットワークにアップロードして、高品質でダイナミックな地図を作成します。
指定された場所の画像が送信されると、マッピングされたエリアを表すピンクのヘックスが表示されます。
画像が新しいほど、ピンクの色合いも鮮やかになります。
画像が送信されてからピンクの六角形が表示されるまでにはタイムラグがありますが、これにより、コミュニティのメンバーは世界のどの地域でもマップのカバー範囲を視覚化することができます。
エクスプローラーはまた、Hivemapperネットワークに関する主要な指標を表示します。
マップされた総キロメートル数、ユニークキロメートル数、貢献者数、HONEYトランザクション数などです。
どの指標をタップしても、さらに詳細を見ることができます。
「地域」をタップすると、各地域のマップの進捗状況を他の地域と比較して調べることができます。
特定の地域をクリックすると、その地域のカバー率、活動、回復力の指標が表示されます。

Hivemapper(ハイブマッパー)によるデータの作成と移動

Hivemapperがサポートするダッシュカムは、毎秒10フレームで高品質な画像(2k~4k)をキャプチャすることを目標としています。
さらに、ダッシュカムは高精度のGNSSとIMUデータをキャプチャします。
Open Dashcam APIは、Hivemapperコントリビューターアプリを介して、画像と関連するセンサーデータをモバイルデバイスに転送します。

ダッシュカム映像からの情報収集

Hivemapperアプリは、Hivemapperネットワークに送信する画像の収集に重要な役割を果たしています。
平均して、画像は8メートルごとに収集されます。
モバイルデバイスはこれらの画像をバンドルにまとめ、より効率的な方法でシステムを通じて情報を送信するために使用されます。
通常、これらのバンドルには一度に10~100の画像が含まれます。
ネットワークのユーザビリティ基準を満たさない画像はフィルタリングされます(例:照明条件が悪い、場所が確認できない)。
アプリがアップロードデータにアクセスできる場合は、画像のバンドルでもアップロードされます。

アップロードされた情報の検証

データがHivemapperネットワークにアップロードされると、処理されるキューに入ります。
評判の悪い投稿者からのデータは、処理キューで優先順位を下げられます。
画像の処理では、画像が破損していないこと、画像とその場所が本物であること、画像が高品質であることを確認します。
さらに、マウントの位置、ぼやけ具合、まぶしさ、障害物などに関する品質チェックも行われます。
システムによってデータが検証された後、画像は投稿者によって行われる手動品質保証プロセスを通過することとなります。

Hivemapper(ハイブマッパー)とプライバシー、個人情報の関係

Hivemapperネットワークはプライバシー保護のために設計されています。
ユーザーの個人情報や位置情報は、収益化される商品ではありません。
Hivemapperネットワークは、プライベートで匿名性の高いマッピングネットワークを構築しています。

ユーザー名の匿名性

Hivemapperは、投稿者の身元を保護するためにランダムな3単語のユーザー名を生成します。
また、投稿者に自分のユーザー名をどこにも公開しないよう求めています。
こうすることで、「Pumping Grey Shoveler」や「Awesome Tomato Actor」のような匿名ユーザー名を持つ投稿者がアップロードした地図以外は、その場所の地図情報を誰が提供したかを知ることはありません。

Hivemapper(ハイブマッパー)は個人情報の収集を志向しない

Hivemapperネットワークは、投稿者にパスワードやシークレット・リカバリー・フレーズ、電話番号、クレジットカード番号、住所などの個人情報の共有を求めることはありません。
必要なのは、ユーザーがダッシュカメラで運転中に収集した画像だけです。
Hivemapperがユーザーの個人情報を求めたり、販売したりすることはありません。

位置情報の匿名化

Hivemapper(ハイブマッパー)で収集された位置情報は、ユーザー名と関連付けられていません。
Hivemapperは投稿者のユーザー名やマッピングした場所を共有しません。
Hivemapperは様々な手段を使って、ユーザーの位置情報を確認しながら、匿名での投稿を可能にしています。

個人情報取り扱い方法の透明性

Hivemapperは、貢献者が収集しているデータと、それがHivemapperネットワークを構築するためにどのように活用されているかについて、透明性を保っています。
さらに、Hivemapperのダッシュカムは、オープンソースデバイスであり、誰でも収集される情報内容を決定するコードを閲覧することができます。

ナンバープレートと、人物の顔の不鮮明化

Hivemapperは、コンピュータビジョンアルゴリズムを使用してナンバープレートや顔をぼかし、マッピング画像に偶然写り込んだ人のプライバシーを保護します。

個人情報保護に関するリクエストの送信

Hivemapperは、ネットワークによって不用意に収集された個人情報のぼかしや削除をサポートします。
ご要望がある場合は、Hivemapperが関連資料を特定できるよう、以下の情報をメッセージに含めてください。

  • 投稿者の3単語のユーザー名と、収集が行われた時間帯
  • 収集が行われた住所と、隣接するストリートとの位置関係などの目印を含む正確な地域の説明。
  • 収集された個人情報の種類
ブロックチェーンとウォレット

ブロックチェーン技術は、新しいレベルの暗号化、プライバシー、匿名性を促進します。
HivemapperネットワークはSolanaブロックチェーン上に構築されています。
HONEYを受け取るには、Hivemapperアプリに接続する暗号資産ウォレットが必要です。
一般的に、ウォレットは個人を特定できる情報を追跡せず、必ずしもあなたの身元とリンクしているわけではありません。

Hivemapper(ハイブマッパー)概要・公式サイト等

公式サイト
https://hivemapper.com/
Twitterアカウント
https://twitter.com/Hivemapper
iOS版アプリ
https://apps.apple.com/us/app/hivemapper/id1568223145
アンドロイド版アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hivemapper.companion
ホワイトペーパー
https://docs.hivemapper.com/welcome/introduction
Hivemapper(HONEY)トークン価格チャート
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/hivemapper/
SolScan
https://solscan.io/token/4vMsoUT2BWatFweudnQM1xedRLfJgJ7hswhcpz4xgBTy

※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

<!–

–>

Hivemapper(ハイブマッパー)に関する「よくある質問」

ここでは、Drive to Earnプロジェクト「Hivemapper(ハイブマッパー)」に関して想定される「よくある質問」を、質疑応答の形式で、確認して参ります。

Hivemapper(ハイブマッパー)初心者向けの「よくある質問」

まずは、Hivemapper(ハイブマッパー)初心者の方向けの「よくある質問」から、確認を進めて参りましょう。

Hivemapper(ハイブマッパー)の仮想通貨は、どこの暗号資産取引所に上場していますか?

Hivemapper(ハイブマッパー)の仮想通貨「HONEY」は、下記のような分散型取引所に上場(流動性提供)しています。

  • Raydium
  • Orca
  • Jupiter

なお、fillメディア編集部の把握している限り、HONEYトークンは、中央集権型取引所には上場していません。
大半の暗号資産銘柄が、中央集権型取引所への上場を目指すことが多い中、敢えて、分散型取引所への流動性提供に徹している、というのは、Hivemapper(ハイブマッパー)の分散化への理念に関係するものなのかも知れません。

Hivemapper(ハイブマッパー)の仮想通貨の、コントラクトアドレスを教えて下さい

Hivemapper(ハイブマッパー)の暗号資産「HONEY」のコントラクトアドレスは、以下の通りです。

4vMsoUT2BWatFweudnQM1xedRLfJgJ7hswhcpz4xgBTy

Solanaチェーンのブロックチェーン・エクスプローラー、「SolScan」にて同トークンを確認したい場合、URLは以下の通りです。

https://solscan.io/token/4vMsoUT2BWatFweudnQM1xedRLfJgJ7hswhcpz4xgBTy

Hivemapper(ハイブマッパー)で稼いだ仮想通貨は、日本の暗号資産取引所で、日本円に交換(円転)することは出来ますか?

Hivemapper(ハイブマッパー)で稼ぐことの出来る暗号資産「HONEY」は、日本の暗号資産取引所に上場していません。
このため、Hivemapper(ハイブマッパー)の利用で稼いだ仮想通貨を、そのまま直接、日本の暗号資産取引所に送金して円転(日本円に交換)することは、出来ません。

HONEYトークンを、日本円に交換するためには、

  1. Solanaチェーン上の分散型取引所で、HONEYトークンを、SOL等、他のチェーンへのブリッジが比較的容易なトークン銘柄に交換したうえで、
  2. ブリッジ・プロトコルを用いて、当該トークンを、イーサリアム・メインネット上のETH等に、ブリッジ&スワップして、日本の暗号資産取引所にトランスファー出来るトークンに交換してから、
  3. 日本国の取引所アカウントに送金し、
  4. その後、日本円に交換する、

という手順を辿る必要があります。
※ソラナ・チェーン上のガス・トークンである「SOL」を直接取り扱うことの出来る暗号資産取引所に口座開設をすれば、手数を節約できる可能性はあります。

HONEYトークンの価格チャートは、どこで閲覧できますか?

Hivemapper(ハイブマッパー)のリワード・トークン「HONEY」の価格チャートは、様々なチャートサイトにて閲覧できます。
日本人の暗号資産ユーザーの間で馴染みの深い価格チャート・サイトとしては、以下のようなものが挙げられます。

コインマーケットキャップ
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/hivemapper/
Dex Screener
https://dexscreener.com/solana/4vMsoUT2BWatFweudnQM1xedRLfJgJ7hswhcpz4xgBTy

Hivemapper(ハイブマッパー)は、日本でも利用されていますか?

Hivemapper(ハイブマッパー)の公式サイトに掲載されている地図によれば、日本でも、地域によっては、Hivemapperのダッシュカムを用いた地図作成が行われている模様です。
また、X(旧:Twitter)などのソーシャル・メディアでは、実際にHivemapperを日々利用しているものと思しきユーザーからのツイート・ポストが、複数、投稿されています。

Hivemapper(ハイブマッパー)の概要に関するよくある質問

Hivemapper(ハイブマッパー)プロジェクトの基本的な情報について理解することは、競争力のある最新の地図データを手に入れるための最初のステップです。
本セクションでは、Hivemapperの概要について、よくある質問を取り上げ、それに回答します。例えば、「Hivemapperとは何ですか?」や、「Hivemapperはどのように機能しますか?」などの基本的な問いから始め、プロジェクトの目的やHivemapper参加の手続きを詳しく解説します。
さらに、Hivemapperのユニークなネットワーク構造・機能、参加するために必要な手順やツール(ダッシュカム、スマートフォンアプリなど)の設定方法についても触れます。
このセクションを読むことで、読者の皆様はHivemapperの基礎を理解し、どのようにしてこのプロジェクトに参加し、貢献できるかを知ることができます。

Hivemapper(ハイブマッパー)の基本情報に関する質問

本セクションでは、Hivemapperの基本情報について、よく寄せられる質問を取り上げます。
ここでは、Hivemapperとは何か、そのプロジェクトの目的、そしてその仕組みについて詳しく解説します。
例えば、「Hivemapperとは何ですか?」という基本的な問いから、「Hivemapperはどのようにして機能しますか?」といった具体的な技術的側面までカバーします。
また、Hivemapperが解決を目指す問題点や、どのようにしてコミュニティが協力して高品質な地図データを作り上げるかについても触れます。
このセクションを読むことで、Hivemapperの核心とその独自の価値提案を理解することができます。

Hivemapperとは何ですか?

Hivemapperは、新しい形の地図作成プラットフォームです。
このプロジェクトは、様々な地域のドライバーや歩行者から得られたデータを元に、高精度で最新の地図データを提供することを目的としています。
以下の特徴と要素があります。

  • 共同作業による地図生成: Hivemapperは、数千人の人々が協力して高品質の地図を作成します。特別なカメラを車に取り付けて運転中に撮影した画像や、歩行者モードで収集したデータを使用します。
  • AIを活用: マップAIが画像を解析し、速度制限標識や信号、停止標識などを認識して地図に反映します。
  • デジタルトークンの報酬:貢献者には、HONEYトークンが報酬として付与されます。これらのトークンは地図データの消費に使うことができ、経済的な価値を持ちます。

Hivemapperのプロジェクトには以下のような利点があります。

  1. 最新データの提供: 通常の地図更新よりも迅速なデータ更新が可能で、自動運転やADAS(先進運転支援システム)などの需要に対応します。
  2. 価格の競争力: 従来の少数の大企業による地図提供と比べ、より多くの企業やユーザーにとって手頃な価格で地図データを提供します。
  3. ユーザー報酬: 貢献者に対して明示的な報酬を提供することによって、透明性と公正さが保たれます。

このプラットフォームを活用することにより、全てのユーザーが得たデータを元に、新鮮で詳細な地図が生成され、それが様々な用途で活用されることが期待されています。

例えば、あなたが普段の運転中に地図データを収集し、それをHivemapperネットワークにアップロードするだけで、全体のマップ精度と詳細度が向上します。
その貢献に対してHONEYトークンが報酬として付与されるため、直接的な経済的メリットも享受できます。

それによって、Hivemapperは地図データ市場のアイデアとアプローチに革命をもたらし、すべての参加者が公平に報われる新しいエコシステムを作り上げています。

Hivemapperプロジェクトの目的は何ですか?

Hivemapperプロジェクトの主な目的は、地図データ収集の新しい形を提供することです。
従来の地図作成方法は、少数の大企業によって独占され、高額な費用がかかることが多く、新鮮なデータを提供するのが難しい場合が多いです。
Hivemapperは、この問題を解決するために、以下の目的を達成しようとしています。

  • 地図データの新鮮さとカバレッジの均一化: 従来の方法では高額な費用がかかるため、地図データの更新が遅れがちです。Hivemapperは、多数の貢献者から収集されるデータにより、新鮮で均一なカバレッジを提供します。
  • 自動運転やADASに必要な最新地図データの提供: 現代の地図はヒューマンドライバー向けに設計されていますが、自動運転車や先進運転支援システム(ADAS)には、より新鮮で詳細なデータが必要です。Hivemapperは、このニーズに対応するためのデータを提供します。
  • 経済的なインセンティブの提供: Hivemapperは、貢献者に対してHONEYトークンを報酬として付与し、公平かつ透明な方法で貢献者を報います。これにより、経済的なインセンティブが整い、より多くの人々が地図作成に参加することが期待されます。
  • 費用対効果の高い地図データの提供: ビジネスやその他のユースケースに対して、競争力のある価格で地図データを提供します。

Hivemapperプロジェクトは、その独自のアプローチにより、地域ごとの地図カバレッジの均一性とデータの新鮮さを保つだけでなく、貢献者に対して公正な報酬を与えることで、持続可能なエコシステムを構築しようとしています。
これにより、全世界の地図データが常に最新であることを目指しています。

Hivemapperはどのように機能しますか?

Hivemapperは、共同で地図データを生成するための分散型ネットワークです。
ドライバーや歩行者など、多数の利用者がデバイスを使用してデータを収集し、そのデータを基に最新の高精度地図を作成します。
Hivemapperがどのように機能するかについて、具体的なプロセスを以下に示します。

  • データ収集:
    • ドライバーや歩行者はHivemapperの専用ダッシュカムを使用して、車両の運転中や歩行中に画像データを収集します。
    • 収集された画像データにはGPS情報が含まれ、これにより位置情報と視覚情報が統合されます。
  • データのUPLOAD:
    • 収集された画像データは、ユーザーのスマートフォンを介してHivemapperネットワークにアップロードされます。
    • データはWiFiまたはセルラー通信を使用してアップロードされ、ネットワーク上のサーバーに保存されます。
  • データの処理:
    • アップロードされた画像データは、HivemapperのAIシステムによって解析されます。AIは道路標識、信号機、車線などの交通要素を認識します。
    • 認識された要素は地図データベースに統合され、これにより最新で高精度な地図が生成されます。
  • 報酬の管理:
    • データを提供したユーザーは、HONEYトークンというデジタル報酬を受け取ります。トークンは地図データの消費に使用できる他、他のユーザーとのトークンの交換も可能です。

Hivemapperは、以下の特徴を持つことで、従来の地図作成方法に革新をもたらしています。

  1. 分散型ネットワーク: データ収集と処理が一箇所に集中するのではなく、世界中のユーザーが共同で新鮮なデータを提供します。
  2. リアルタイムデータ更新: Hivemapperネットワークは、常に新しいデータを収集し、迅速に更新することで、最新の地図情報を提供します。
  3. 経済的インセンティブ: Hivemapperは、貢献者に対してHONEYトークンという報酬を提供することで、持続可能なデータ収集を実現します。

このように、Hivemapperは人工知能と分散型ネットワーク技術を駆使して、地図データの生成と更新を行っています。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞