EtherMail(イーサメール)の始め方・利用方法-資金調達&仮想通貨のエアドロップ期待で噂のWEB3メールプラットフォーム

毎日のデイリーログインなどの必要タスクをこなしておくだけで、将来、仮想通貨のエアドロップを受け取ることが出来るかもしれない、と話題の、EtherMail(イーサメール)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなEtherMail(イーサメール)への取り組みを始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったATOMトークンは、コイントレード独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 主に国内企業が開催しているキャンペーン をうまく活用し、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などを貰ってみる

    ※2024年7月20日現在、掲載キャンペーン で獲得できるAmazonギフト券や仮想通貨、日本円等の合計は、20,000円相当。締め切りが近いキャンペーンもあるので、お早めに

  3. 諸々の準備が整ったら、本記事で、EtherMail(イーサメール)の詳しい始め方・取り組み方を確認し、アカウント開設等を進めてみる

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

EtherMail(イーサメール)のエアドロップ案件への取り組みを始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

EtherMail(イーサメール)のデイリータスク等への取り組みで、仮に将来、仮想通貨(トークン)のエアドロップを受け取ることが出来た場合、その仮想通貨を日本円に交換するためには、CoinTrade(コイントレード) 等、国内の暗号資産取引所の口座・アカウントが必要となります。

現在、日本国内に、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • 運営会社、もしくはその親会社が上場している、いわゆる「大手」企業が良い、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
東証プライム市場上場企業の子会社が運営し、口座開設はもちろん無料。
さらに、口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったATOMトークンは、コイントレード独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

EtherMail(イーサメール)とは別に、無料で仮想通貨やギフト券が入手できるキャンペーンを利活用してみる

将来的な仮想通貨エアドロップの話題で盛り上がりを見せる、EtherMail(イーサメール)ではありますが、

  • 実際に、いつ頃、仮想通貨のエアドロップが実施されるのか、という点や、
  • エアドロップで受け取ることの出来る、トークンの量、
  • さらには、エアドロップされたトークンを、どの取引所を用いて利確(ステーブル・コイン等に交換)するのか、

といった点等に関しては、まだまだ、不透明な箇所が少なくありません。

実際に、他の仮想通貨エアドロップ案件の場合、
「多額のガス代(トランザクション手数料)を投資して、プロトコルへの忠誠心を示してきたが、実際にエアドロップされたトークンは、些少なものだった」
「エアドロップされたトークンの上場戦に、仕事の都合で参加できず、結局、大口のエアドロ・ハンターたちが利確を済ませた後のタイミングで、二束三文の値段で、トークンを売り抜けることになってしまった」
等といったケースが、少なくありません。

スキマ時間などを有効活用して(=さほど時間を費やす必要なく)、ある程度高い確度で、まとまった額の仮想通貨やポイント、Amazonギフト券等を稼ぎたい、と考えている場合、PortalCoin(ポータルコイン)のエアドロップ案件への取り組みとは並行しつつ、併せて、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンをチェックしてみることがおススメです。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

2024年7月20日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、20,000円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)がもれなく全員にプレゼント。もらったATOMは、同社独自のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年9月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

COZUCHI

2024年7月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から投資家登録完了(無料)で、Amazonギフト2,000円分プレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

プレファン

2024年8月2日までに公式サイト から新規本会員登録完了でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年7月31日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

Funds(ファンズ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、新規口座開設完了で、500円分のAmazonギフト券をプレゼント。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のATOMをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年9月18日まで
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック、ATOM等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、2024年9月18日までの期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分の仮想通貨(ATOM)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったATOMは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年9月30日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

COZUCHI(Amazonギフト2,000円分プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規投資家登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト2,000円分プレゼント
キャンペーン期限
2024年7月31日まで
サイトURL
COZUCHI (公式)

不動産クラウドファンディング業界の有名企業。
1口1万円から、現物不動産を投資対象とするファンドに小口投資できるサービスを展開中。
新規の投資家登録者限定で、Amazonギフト2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

プレファン(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録完了(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月2日
サイトURL
プレファン (公式)

東京証券取引所スタンダード市場上場の株式会社プレサンスコーポレーションのグループ企業にあたる、株式会社プレサンスリアルタが運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
期間限定で、新規会員登録者向けに、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年7月31日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funds(Amazonギフト券500円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
Amazonギフト券500円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日まで
サイトURL
Funds (公式)

累計募集額400億円を突破した、「1円から投資できる」と話題の、ソーシャルレンディング・サービス。
期間限定で、新規口座開設を完了したユーザー全員に、500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

EtherMail(イーサメール)の始め方・使い方

ここでは、EtherMail(イーサメール)の具体的な利用方法等について、確認を進めて参ります。

EtherMail(イーサメール)の始め方

EtherMail(イーサメール)公式サイト から、EtherMail(イーサメール)のアカウント開設を進める場合、その手順は、主に以下の通りです。

  1. EtherMail(イーサメール)公式サイト にて、ウォレットのコネクトを済ませる
  2. アカウントの初期設定を行う(バックアップ用のメールアドレスの登録等)

それぞれ、スクリーンショットで確認して参りましょう。

EtherMail(イーサメール)サイトでウォレットコネクトを済ませる

最初に、EtherMail(イーサメール)公式サイト にて、ウォレットのコネクトを済ませます。
手順は以下の通りです。

EtherMail(イーサメール)公式サイトにアクセス

まずは、EtherMail(イーサメール)公式サイト にアクセスします。

「無料でサインアップ」をタップ

「Sign up for free」のバナーをタップします。

ウォレット接続に用いたいソフトウェア・ウォレットの選択

任意のソフトウェア・ウォレットを選択します。
なお、fillメディア編集部では、メタマスクを選択しています。

ウォレット側でコネクトを承認

前段で選択したソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がるので、コネクトを承認します。

ウォレットを用いたサインの実施

続いて、ウォレットを用いて、EtherMail(イーサメール)の利用規約、及び、プライバシーポリシーへの同意処理を進めます。

内容に同意する場合は、「署名」をタップします。

EtherMail(イーサメール)のアカウントの初期設定を行う

引き続き、EtherMail(イーサメール)アカウントの諸々の初期設定を進めます。

バックアップ用のセカンダリー・メールアドレスの登録

バックアップ用の、セカンダリー・メールアドレスの設定を行います。
なお、この作業は必須ではありませんが、行っておくと、200 EMCを入手することが出来る、とされています。

250 EMCの獲得

「250 EMCを獲得した」旨が表示されます。
※ただし、実際に受け取ることが出来るのは、アカウント認証を済ませた後、とも記載されています。

プライバシー設定等の確認

メールのフィルタリング設定や、言語設定、ロケーション設定等を済ませます。

EtherMail(イーサメール)の初期登録作業の完了

このようなポップアップが表示されれば、EtherMail(イーサメール)の初期登録作業は完了です。
「受信トレイに移動する」のバナーをタップします。

暗号化キーの取得を進める

「暗号化キーの取得」のバナーをタップします。

内容を確認したうえで、署名を済ませます。

このようなポップアップが表示されれば、必要な処理は完了です。

EtherMail(イーサメール)の受信ボックスが表示される

最終的に、このような、EtherMail(イーサメール)の受信トレイの様子が表示されればOKです。

EtherMail(イーサメール)概要・公式サイト等

公式サイト
EtherMail(イーサメール)公式サイト
Twitterアカウント
https://twitter.com/ethermail_io
公式リンク集
https://linktr.ee/EtherMail

※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

EtherMail(イーサメール)の仕組み・概要・詳細

ここでは、EtherMail(イーサメール)の仕組みや詳細、将来性、といったポイントについて、1つずつ、確認・検証を進めて参ります。

EtherMail(イーサメール):Web3時代の新たなメール体験

イーサメールは、ブロックチェーン技術を駆使した、従来のメールサービスとは一線を画す革新的なサービスです。
セキュリティ、プライバシー、そしてユーザーコントロールを重視するWeb3時代のユーザーに、安全で信頼できる、そして革新的なメール体験を提供することを目指しています。
イーサメールは、従来のメールサービスが抱える課題を克服し、ユーザーがWeb3エコシステムにシームレスにアクセスし、暗号資産を管理し、安全にコミュニケーションを取ることができる環境を提供します。

EtherMail(イーサメール)の革新的な機能

イーサメールは、従来のメールサービスにはない、独自の機能を備えています。
ブロックチェーン技術を活用することで、メールのセキュリティと信頼性を高め、ユーザーのプライバシーを保護する機能が実装されています。
さらに、匿名のP2P通信機能により、安全かつ匿名でメールを送信することが可能です。

ブロックチェーン技術の活用

イーサメールは、メールの送受信プロセスにブロックチェーン技術を組み込むことで、従来のメールサービスでは実現できなかった高いセキュリティと信頼性を実現しています。
ブロックチェーン技術は、改ざんが不可能な分散型台帳技術であり、イーサメールでは、この技術を活用して、メールの送信記録をブロックチェーン上に永続的に保存することで、メールの改ざんを防ぎ、送受信履歴を透明化しています。
さらに、ブロックチェーン上の記録は、誰でも確認することができるため、メールの送信者と受信者を明確に特定することができ、従来のメールサービスに見られた偽装やなりすましのリスクを大幅に軽減することができます。

具体的には、イーサメールは、以下の点でブロックチェーン技術を活用しています。

1. 送信履歴の記録
イーサメールでは、メールの送信記録がブロックチェーン上に記録されます。
これにより、メールの改ざんが不可能となり、送受信履歴を確実に追跡することができます。
2. メールコンテンツの暗号化
イーサメールでは、メールのコンテンツがブロックチェーン技術を用いて暗号化されます。
これにより、第三者がメールの内容を盗み見したり、改ざんしたりすることが不可能になります。
3. 送信者と受信者の認証
イーサメールでは、ブロックチェーン上の公開鍵を用いて、送信者と受信者の身元を認証します。
これにより、偽装やなりすましのリスクを最小限に抑えることができます。

イーサメールが採用するブロックチェーン技術は、メールのセキュリティと信頼性を大幅に向上させ、ユーザーが安心してメールを利用できる環境を提供します。
また、ブロックチェーン技術を活用することで、メールの送受信履歴を透明化し、従来のメールサービスに見られた信頼性の問題を解消しています。

暗号化された通信

イーサメールは、ユーザーのプライバシーとセキュリティを保護するため、すべての通信をエンドツーエンドで暗号化しています。
エンドツーエンド暗号化とは、メールの送信者から受信者までの間、すべての通信内容が暗号化され、第三者がその内容を解読できないようにする技術です。
従来のメールサービスでは、メールサーバーがメールの内容を解読できる可能性がありましたが、イーサメールでは、送信者と受信者のみがメールの内容を解読できるため、より高いセキュリティが確保されています。

具体的には、イーサメールは、以下の点で暗号化された通信を実現しています。

  • TLS/SSL暗号化:イーサメールは、メールサーバーとの通信にTLS/SSL暗号化を用いています。
    これにより、メールサーバーとの間の通信内容が第三者に盗み見されるのを防ぎます。
  • S/MIME暗号化:イーサメールは、メールのコンテンツそのものを暗号化するために、S/MIME暗号化をサポートしています。
    S/MIME暗号化は、送信者と受信者がそれぞれデジタル証明書を発行することで、メールのコンテンツを暗号化し、第三者がその内容を解読できないようにします。

イーサメールの暗号化された通信は、ユーザーが安心して機密情報をやり取りできる環境を提供します。
さらに、S/MIME暗号化をサポートすることで、ユーザーはメールのコンテンツをより安全に保護することができます。

匿名のP2P通信

イーサメールは、ユーザーのプライバシーを最大限に保護するため、匿名のP2P通信機能を提供しています。
P2P通信とは、メールの送信者と受信者が直接通信を行う方式で、従来のメールサービスのように、メールサーバーを経由せずに通信を行うため、第三者にメールの内容が漏洩するリスクを大幅に軽減することができます。
さらに、イーサメールでは、ユーザーのIPアドレスなどの個人情報は隠蔽され、送信者と受信者の身元を特定することが困難な仕組みを採用しています。

具体的には、イーサメールは、以下の点で匿名のP2P通信を実現しています。

  • IPアドレスの隠蔽:イーサメールは、ユーザーのIPアドレスを隠蔽することで、第三者がユーザーの身元を特定することを困難にします。
    これにより、ユーザーは安心してメールを送受信することができます。
  • 匿名のアカウント作成:イーサメールでは、ユーザーは匿名でアカウントを作成することができます。
    ユーザーは、メールアドレスやパスワードなどの個人情報を公開することなく、イーサメールのサービスを利用できます。
  • エンドツーエンド暗号化:イーサメールは、すべての通信をエンドツーエンドで暗号化することで、通信内容が第三者に盗み見されるのを防ぎます。
    これにより、ユーザーは安心して機密情報をやり取りすることができます。

イーサメールの匿名のP2P通信は、ユーザーのプライバシーを最大限に尊重し、安全なコミュニケーション環境を提供します。
ユーザーは、自分の身元を隠しながらも、安心してメールを送受信することができます。

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞