SBIソーシャルレンディングのエネルギー関連ファンド一覧

SBIソーシャルレンディングとは

SBIソーシャルレンディングのエネルギー関連ファンド一覧01

引用元:SBIソーシャルレンディング(https://www.sbi-sociallending.jp/)

SBIソーシャルレンディング株式会社が運営するソーシャルレンディングサービス。
2019年2月末時点で、融資残高は約319億円、投資家登録数は3万人を突破。

上掲情報引用元:SBIソーシャルレンディング「最新の実績」https://www.sbi-sociallending.jp/total_results

国内ソーシャルレンディング業界のリーディングカンパニーの一つといえます。

SBIソーシャルレンディングのエネルギー関連ファンド

そんなSBIソーシャルレンディングにおいては、太陽光やバイオマスといった、再生可能エネルギー関連のソーシャルレンディングファンドが、多数、組成・公開されています。

①SBISLメガソーラーブリッジローンファンド

SBIソーシャルレンディングのエネルギー関連ファンド一覧02

引用元:SBIソーシャルレンディング「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド実績」https://www.sbi-sociallending.jp/pages/fund_results_msbl

SBIソーシャルレンディングの「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド」シリーズは、累計20号以上のファンド組成実績を誇る、SBIソーシャルレンディングの人気ファンドシリーズのひとつです。

当ファンドシリーズの特徴

SBISLメガソーラーブリッジローンファンドは、SBIソーシャルレンディングと、「玄海インベストメントアドバイザー社」との間での、「協業ローンファンド」にあたり、投資家向けには、「かけはし」との愛称を付けて、シリーズ化されています。
なお、この「かけはし」の愛称には、投資家から出資された資金が、

  • 再生可能エネルギーの普及・拡大や、社会全体の環境負荷低減への貢献による、現在から未来への「かけはし」、
  • 増加する高齢者住宅・介護施設の供給ニーズに応えることによる、健康と、豊かな人生への「かけはし」、
  • 観光立国の実現や、2020年東京オリンピックを目前に高まる海外から日本へのインバウンド観光ニーズに対する、「かけはし」

として、有効活用されることへの、願いが込められている、とのこと。

上掲情報引用元:SBIソーシャルレンディング「SBISLメガソーラーブリッジローンファンドコンセプト」https://www.sbi-sociallending.jp/pages/msbl_fundconcept

当ファンドシリーズの実績

  • 貸付総額(累計):16,491,450,000円
  • 償還済み元本額(累計):8,629,100,000円
  • 運用中元本額:7,862,350,000円
  • 延滞中の貸付元本:0円
  • デフォルトした貸付元本(累計):0円
  • 同一シリーズ累積組成ファンド数:22本
  • うち、終了済みファンド数:11本
  • 運用中ファンド数:10本
  • 不成立ファンド数:1本

なお、借り手事業者に対する平均貸付金利は、7パーセント~10.5パーセントの間にて推移しています。
管理手数料は、概ね、1パーセント、ないしは1.5パーセントにて推移(※ただし、第1号ファンドは2パーセント、第2号ファンドは4パーセントの管理手数料)しており、投資家の予定金利については、5パーセント~9パーセントの範囲内にて設定されています。

上掲情報引用元:SBIソーシャルレンディング「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド実績」(※情報引用日:2019年3月18日)https://www.sbi-sociallending.jp/pages/fund_results_msbl

②SBISLバイオマスブリッジローンファンド

SBIソーシャルレンディングのエネルギー関連ファンド一覧03

引用元:SBIソーシャルレンディング「SBISLバイオマスブリッジローンファンドコンセプト」https://www.sbi-sociallending.jp/pages/bbl6_fund_3

↑SBISLバイオマスブリッジローンファンドシリーズもまた、SBIソーシャルレンディングの、エネルギー関連ファンドシリーズのひとつです。

当ファンドシリーズの特徴

上掲の「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド」シリーズと同様、SBIソーシャルレンディングと「玄海インベストメントアドバイザー社」との協業ローンファンドにあたり、「かけはし」シリーズの一種とされています。
「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド」シリーズと比較すると、後発組にあたり、第1号ファンド組成は2017年5月(※SBISLメガソーラーブリッジローンファンドシリーズの場合、第1号ファンドは、2016年7月組成)となっています。

当ファンドシリーズの実績

状況 貸付総額 投資家予定年利
1号 償還済み 636,300,000円 7%
2号 償還済み 1,163,000,000円 7%
3号 償還済み 1,998,050,000円 7%
4号 運用中 819,000,000円 7%
5号 運用中 681,000,000円 8.5%
6号 運用中 2,178,750,000円 9%

※ソーシャルレンディング・ラボ調べ。

上掲情報引用元:SBIソーシャルレンディング「最新の実績」(※情報引用日:2019年3月18日)https://www.sbi-sociallending.jp/fund_results

③SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド

SBIソーシャルレンディングのエネルギー関連ファンド一覧03

引用元:SBIソーシャルレンディング(https://www.sbi-sociallending.jp/)

「SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド」シリーズは、SBIソーシャルレンディングが2019年3月から組成を開始した、同社の新ファンドシリーズ。
本記事執筆本日現在、第1号ファンドが資金募集中、という状況にあり、過去号の実績情報等はありません。
投資家向けの予定年間利回りは、3パーセントを想定している、とのこと。

上掲情報引用元:SBIソーシャルレンディング「SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド1号」https://www.sbi-sociallending.jp/pages/msba1_fund

まとめ

本記事におきましては、国内ソーシャルレンディング業界大手「SBIソーシャルレンディング」の、エネルギー関連ファンドについての情報を、取りまとめ致しました。
私たちソーシャルレンディング・ラボでは、今後とも、ソーシャルレンディング関連の有益情報の継続的発信に、努めて参ります。

SBIソーシャルレンディングに関する当ラボの記事一式については、こちらからご覧下さい。

ソーシャルレンディング・ラボ【SBIソーシャルレンディング関連記事一覧】

関連記事のご案内

ソーシャルレンディング会社ごとの資本金額や、各案件の年利リターン、初心者へのおすすめランキング等、様々なアングルから、国内大手ソーシャルレンディング事業者をランキング形式で検証した、こちらの過去記事も、是非、ご参照下さい。

ソーシャルレンディング事業者ランキング【最新版】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞