不動産クラウドファンディング業界の求人情報まとめ|上場企業中心に採用情報サイトをご紹介

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からクラウドファンディング投資(主に融資型)を始め、約3年が経過。
合計20社以上のクラウドファンディング投資事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

不動産クラウドファンディングとは

不動産クラウドファンディングは、

  • 新たに不動産を取得し、事業を行いたい、と考える、不動産事業者が、
  • 不動産特定共同事業法の許可・登録(※)を受けたうえで、
  • クラウドファンディング形式により、広く投資家から資金投資を募り、
  • 集めた資金を原資に、不動産の取得や、リノベーション等を実施、
  • ファンドの運用期間中に生じた利益を、
  • 出資持分に応じて、投資家に対して分配する、

という仕組みです。

(※)不動産クラウドファンディングに必要な許可・登録とは

企業が不動産クラウドファンディングを事業として展開したい場合、不動産特定共同事業法に基づく許可を事前に取得する必要があります。
そして、その前提条件として、当該企業は、宅地建物取引業の登録企業である必要があります(=宅地建物取引業の登録を受けていない企業は、不動産特定共同事業法の許可を取得することが出来ません)。

不動産特定共同事業法の許可を取得申請するにあたっては、まずは、自社が展開したい不動産クラウドファンディングのビジネスモデルを精査したうえで、取得が必要な許認可を慎重に検討する必要があります。
というのも、「不動産特定共同事業法に基づく許可」と一言にいったところで、実際には、下記の4類型があるためです。

  • 第1号事業許可:
    不動産特定共同事業者自身が、ファンドの募集を行い、かつ、募った資金を活用して、不動産の取得・運用を行いたい場合に必要な許可です(自己募集・自己運用)。
    国内の不動産クラウドファンディング・サービスの大半が、この「1号事業許可」に基づいて運営されています。
  • 第2号事業許可:
    他の不動産特定共同事業者(1号事業者)から、ファンドの募集業務を受託する際に必要な許可となります。
  • 第3号事業許可:
    SPC(特別目的会社)から、不動産の運用業務を受託する際に必要な許可です。特例事業型の不動産クラウドファンディング・サービスを展開したい場合に必要となります。
  • 第4号事業許可:
    SPCから、ファンドの募集業務を受託する際に必要な許可です。上記の3号事業許可と同様、特例事業型の不動産クラウドファンディング展開に必要な許認可となります。

また、投資家との間での書面交付・締結手続きを、(紙ベース・郵送ベースではなく)オンラインで済ませたい場合、上記の許可申請を行う際に、併せて、「電子取引業務を行う」旨を、申請用紙にて記入する必要があります(勿論、電子取引業務実施に必要な態勢をしっかり構築することも必須です)。


参考:
不動産クラウドファンディング事業参入に必要な免許とは

不動産クラウドファンディング活用のメリット

私たち個人投資家、並びに、不動産クラウドファンディングへと参入する不動産事業者各社にとり、不動産クラウドファンディングには、主に下記のようなメリットがあります。

投資家目線から見た、不動産クラウドファンディングのメリット

  • 1万円程度の少額から、不動産投資(=より正確には、不動産へと投資を行うファンドへの持分出資)を行うことが出来る。
  • 大半の不動産クラウドファンディング・サービスで、運営会社の共同・劣後出資によって、投資家の優先出資元本を保護する、「優先劣後スキーム」が採用されている。
  • 年率換算で数パーセント~10パーセント弱程度の、高い利回り(ただし、税引き前)を期待することが出来る。税引き前のリターンを単純に見れば、アパート経営・マンション投資、といった現物不動産投資と比較しても遜色が無く、かつ、REIT(上場リート)投資と比較すると、やや高利と言える。
  • 実際の不動産投資・運用は、全て、不動産クラウドファンディング事業者(ないしは、同社から委託を受けた企業)が行うため、投資家としては、運用期間中の「ほったらかし」が可能
  • 不動産特定共同事業法第26条に基づき、出資後、一定の期間中は、クーリングオフによる解約が出来る。
  • 現物不動産投資(=数十年をかけて、投資コストを回収していく)と比較し、運用期間が短い(=数ヶ月~1年未満程度)。
  • 外部企業が、ファンドが取得する不動産に対し、買取り保証を付しているケースがある(=ただし、買取り保証額は、ファンドの不動産取得額を下回っているケースがある)。
  • 投資家同士の間で、出資持分の譲渡を行う機能が提供されている不動産クラウドファンディング・サービスも存在する。また、投資家の出資持分を対外的に担保するため、ブロックチェーン技術を用いたSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)スキームが採用・提供されているケースもある。
  • 「モッピー」や「ハピタス」等といった、外部のポイントサイト(=ポイ活サイト)で貯めたポイントや、クレジットカードの利用額に応じて貯まったポイントを、投資に利活用できるサービスもある。
  • 匿名組合型の不動産クラウドファンディング・サービスの場合、投資家の有限責任性が確保されている(※)。
  • 投資対象不動産の情報が公開されている。投資対象となる貸付債権の実質的な融資先(借り手)に関して、情報が匿名化されていることもあるソーシャルレンディングと単純比較すると、情報の透明性において優位である。
  • 上場企業が運営する不動産クラウドファンディング・サービスも多数ある。

(※)参考:
不動産クラウドファンディングにおける「匿名組合」「任意組合」とは

不動産事業者から見た、不動産クラウドファンディング活用のメリット

  • 借地権付きの土地物件や、底地物件、既存不適格物件の建物物件等、銀行融資を受けることが難しい案件の場合でも、クラウドファンディング形式で支援者を募ることで、資金調達を行うことが出来る場合がある。
  • 不動産投資に興味を持つ個人投資家に対して、自社の知名度向上・ブランディングを図ることが出来る。
  • 匿名組合型のファンド組成とする場合、(ファンドの事業の執行権は、匿名組合の営業者が独占するため、)投資家の反対表明に憂慮せず、自身の裁量で、ファンド運営を進めることが出来る。
  • 既存の不動産投資家層に販売することが難しくなった投資用不動産を、ファンドに売却出来る場合がある。
  • ファンドが不動産を取得する時や、売却する時に、仲介業務を担うことで、売買仲介手数料を収受できることがある。また、選択するスキームに応じて、ファンドから、AM報酬(アセット・マネジメント報酬)やPM報酬(ポートフォリオ・マネジメント報酬)を徴収できる。
  • (特例事業スキームを利用する場合)目下、自社の貸借対照表に計上されている不動産を、オフバランスすることが出来、その結果、ROA(総資産利益率)等の経営指標を改善することが出来る。

2017年の不動産特定共同事業法改正以降、各社の新規参入が相次いでおり、比例するようにして、昨今、投資家の間での認知も、急速に高まりつつあります。


参考:
「株式会社良栄」運営の不動産クラウドファンディング「ちょこっと不動産」がサービス開始|第1号ファンドは5月募集予定

不動産クラウドファンディング業界の求人情報

そんな不動産クラウドファンディング業界に参入している、国内の上場企業としては、

  • プロパティエージェント株式会社(東証一部)や、
  • 穴吹興産株式会社(東証一部)、
  • トーセイ株式会社(東証一部)、
  • 株式会社AMBITION(マザーズ)

などがあります。

それぞれの求人情報・求人サイトは、下記のようになっています。

不動産クラウドファンディング「Rimple」運営のプロパティエージェント社の求人情報



引用元:https://www.propertyagent.co.jp/recruit/index.html

プロパティエージェント株式会社(東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階)は、平成16年2月設立。

  • 不動産開発販売事業や、
  • プロパティマネジメント事業等を営む、

不動産事業者です。
2021年3月期 第3四半期決算発表資料によれば、同期の売上高は15,186百万円。
不動産クラウドファンディング・サービス「Rimple」の運営会社としても知られています。

そんなプロパティエージェント社では、採用・求人専用サイトを立ち上げ、中途採用、並びに、新卒採用のエントリー受付を行っています。
募集要項に掲載されている主たる求人内容としては、下記の通り。

求人職種 投資用不動産営業職
勤務地 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー41階
勤務時間 平日:10:00~19:00(休憩60分含む)
※残業は月20~30時間程度
給与 月給:267,638円(一律諸手当含)
+成果インセンティブ+期間インセンティブ
諸手当 交通費支給(上限5万円まで)
資格手当(宅建保持者は2万円/月) 等
休日・休暇 年間124日
完全週休二日制(土曜日、日曜日、祝日/配属される部門によって曜日に変更あり)
年末年始、会社が指定する日
各大型休暇実績有、有給(入社半年後より10日付与)、慶弔等
入社から半年間のみ取得可能な3日間の特別休暇取得制度あり


引用元:https://www.propertyagent.co.jp/recruit/recruit.html

不動産クラウドファンディング「ジョイントアルファ」運営企業、穴吹興産の求人情報



引用元:https://www.anabuki.ne.jp/recruit/

穴吹興産株式会社(香川県高松市鍛冶屋町7-12)は、不動産クラウドファンディング・サービス「ジョイントアルファ」の運営企業にあたります。
設立は昭和39年5月、2020年6月30日現在の連結従業員数は3,257名(契約社員及びパート社員数を含む)。

穴吹興産の場合も、求人情報サイトを公開し、新卒採用・キャリア採用(中途採用)を実施しています。

公開されている募集要項内容は、下記の通り。

求人職種 総合職(営業、開発、業務、建設、IT部門)
※建設、IT部門は技術職のため、応募条件・採用条件有。
勤務地 香川県、徳島県、愛媛県、高知県、岡山県、鳥取県、島根県、
広島県、山口県、兵庫県、大阪府、東京都、静岡県、長野県、
新潟県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、
鹿児島県、沖縄県
勤務時間 (営業系)10:00~18:40 (内勤・技術系)9:20~18:00
初任給 大卒・院卒:242,400円 短大・専門卒:222,000円
※営業手当を含む(2020年実績)
諸手当 営業手当、技能手当、職責手当、通勤手当、時間外勤務手当
休日・休暇 (営業系)火・水 (内勤・技術系)土・日・祝
(共通)夏期休暇・年末年始休暇・有給休暇・慶弔特別休暇


引用元:https://recruit.anabuki-kosan.co.jp/shinsotsu/recruitment/requirements.html

不動産クラウドファンディング「TREC FUNDING」運営、トーセイの求人情報



引用元:https://www.toseicorp.co.jp/recruit/

東証一部上場のトーセイ株式会社(東京都港区虎ノ門四丁目2番3号)は、1950年(昭和25年)設立。
不動産流動化事業や、開発事業、賃貸事業のほか、コンサルティング事業やホテル事業まで営む、総合不動産企業です。
2020年からは、不動産クラウドファンディング・サービス「TREC FUNDING」の運営を行っています。


参考:
東証一部上場トーセイ運営の不動産クラウドファンディング「TREC FUNDING」とは


そんなトーセイは、採用情報ページを公開し、求人関係の情報を提供しています。

現在、営業職、及び事務職の求人情報が掲載されており、募集の要項は下記の通りです。

勤務時間 営業職 9:00~18:00 ※第一週目の土曜出勤日は9:30~16:00
事務職 9:00~18:00
(いずれも昼休み12:00~13:00含む)
給与 2020年4月実績
月給 23万5000円
諸手当 営業手当 20,000円*営業職一律支給
時間外(残業)手当 通勤・交通費
給与改定 年1回(2月)
勤務地 本社/東京都港区虎ノ門四丁目2番3号 虎ノ門トーセイビル
採用実績校 青山学院大学、学習院大学、神奈川大学、共立女子大学、慶應義塾大学、国学院大学、国士舘大学、等


引用元:https://www.toseicorp.co.jp/recruit/fresh_job/

不動産クラウドファンディング「A funding」運営、株式会社AMBITIONの求人情報



引用元:株式会社AMBITION

株式会社AMBITION(東京都渋谷区神宮前2丁目34‐17住友不動産原宿ビル18F)は、

  • プロパティマネジメント事業
  • インベスト事業
  • 賃貸仲介事業
  • 不動産DX事業

などを手掛ける、東証マザーズ上場の不動産事業者。
2020年1月からは、不動産クラウドファンディング・サービス「A funding」の運営を行っています。

そんなAMBITION社では、現在、下記4職種の求人を行っています。

  1. ルームアドバイザー:
    賃貸営業での接客等を担当
  2. プロパティマネジメント:
    賃貸管理物件の担当者
  3. コンサルティング営業:
    土地取得・リノベーション等、不動産の売却・購入に関わる業務
  4. システムエンジニア:
    社内システムの開発や運用、保守など

公開されている募集要項は、下記の通り。

基本給 月給221,000円(固定残業40時間分49,533円含む)+業績賞与+インセンティブ(2019年実績)
※固定残業時間を越えた場合は、超過分の割り増し分を支給
給与 2020年4月実績
月給 23万5000円
待遇 ・通勤交通費支給(上限30,000円/月)
・営業交通費(全額支給)
・役職手当
・資格手当(宅地建物取引士:30,000円/月)
・家賃手当
・昇格有(半年ごと見直し)
・業績賞与
・インセンティブ
福利厚生・社内制度 ・社会保険完備(健康保険/厚生年金保険/雇用保険/労災保険)
・通勤手当 (上限3万円/月)
・宅地建物取引士資格手当(3万円/月)
・役職手当
・確定拠出年金
・従業員持株会制度
・時短勤務制度
・社内ベンチャー制
・自社物件社員割引制度
・提携リゾートホテル利用可能(軽井沢、箱根、京都など)
・ベネフィットステーション
・食事会(誕生日、成績優秀者、女子会など)
・定期健康診断
休日休暇 ・完全週休2日制(店舗で定めるシフトによる)
・夏季休暇
・年末年始休暇
・有給休暇(入社半年経過後10日~)
・慶弔休暇
・産前・産後・育児休暇


引用元:https://www.am-bition.jp/recruit/summary/

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

不動産クラウドファンディング検証チーム
ソーシャルレンディング・ラボは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業界情報の検証メディア。
不動産クラウドファンディング(不動産投資型クラウドファンディング)専門の検証チームでは、日本国内で展開されている不動産クラウドファンディング(不動産特定共同事業)サービスに関する最新情報を提供するほか、不動産クラウドファンディング業界の市場調査、各社の公開済ファンドの検証などを実施する。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。