ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いを考える。

「ソーシャルレンディングと、クラウドファンディングの、違いは、何ですか?」

ソーシャルレンディング・ラボの読者様から、
「ソーシャルレンディングと、クラウドファンディングは、違うのでしょうか?」
「ソーシャルレンディングと、クラウドファンディングの、違いは、どのような点なのでしょうか?」
といった趣意のご質問を頂戴することがあります。

本記事においては、ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの関係・違い、といった点について、ソーシャルレンディング・ラボの見解を述べさせて頂きます。

クラウドファンディングは、「資金の集め方」

クラウドファンディング、という言葉を、英語表記すると、”Crowd Funding”となります。
“Crowd”という単語は、直訳すれば、「群集」すなわち、たくさんの人々の集まり、を意味します。

※「クラウドコンピューティング」の「クラウド」は、「雲」を意味する”Cloud”です。
クラウドファンディングの「クラウド」と、クラウドコンピューティング(もしくは、「クラウド技術」など)の「クラウド」とは、全く異なりますので、この点、留意が必要です。

また、”Funding”という単語を敢えて直訳すると、「資金調達」「資金財源」等と言った意味があることが分かります。

すなわち、クラウドファンディング(Crowd Funding)とは、

  • たくさんの人々(群集)から、
  • 資金を募り、調達する。

という行為、すなわち、ひとつの資金調達手法、より簡単に言えば、「資金の集め方」を示す言葉であることが分かります。

ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングの一種、と考えることが妥当

一言に「クラウドファンディング」といっても、下記、いくつかの類型に分かれています。

購入型クラウドファンディング

企業や個人事業主が、新商品の開発を計画し、その計画の実現のために資金を募る、という際に、よく用いられるのが、この「購入型クラウドファンディング」です。
資金を出資した側としては、開発される新商品について、予約購入等を行うことが出来、他の一般エンドユーザーよりも早く、当該新商品を手にできる(=計画が実現した場合)、といったメリットがあります。

購入型クラウドファンディングの有名サービサーとしては、kickstarter(キックスターター)が挙げられるでしょう。

購入型クラウドファンディング大手、キックスターター
引用元:https://www.kickstarter.com/

寄付型クラウドファンディング

前掲の購入型クラウドファンディングの場合、出資者としては、出資の見返りに、商品購入等のメリットを期待します。
しかし、寄付型クラウドファンディングの場合、そうした、分かりやすい形態でのメリット・見返りは、提供されません。
出資した資金は、あくまでも、寄付金として、資金募集者へと提供されます。

なかには、寄付金控除等のスキームにより、税務面でのメリットを享受できることを提唱する、寄付型クラウドファンディングサービスもあるようです。

一部例としては、「返礼品無」タイプのふるさと納税も、ある種、寄付型クラウドファンディング、と類型することも、出来るかもしれません。

ファンド型クラウドファンディング

事業投資型クラウドファンディング、とも呼ばれるのが、こちらの「ファンド型クラウドファンディング」です。
資金を募る事業者は、純粋に営利目的な新規事業(不動産の取得、等の場合も、ひとつの”事業”としてカウントされます)を立ち上げ、当該新規事業への出資を広く募ります。
例えばそれが、不動産の信託受益権をファンドとして購入し、後程売却する、という事業の場合、広く出資者から集めた資金により、不動産信託受益権等をバリュー価格で購入し、リブランド等を通して価値を高めたうえで転売、その後、出資者に対して、利益を配当します。

株式型クラウドファンディング

前掲のファンド型クラウドファンディングと比較的類似していますが、ファンド型クラウドファンディングの場合、出資者はあくまでも、”ファンド”という事業への出資を行っている立場であるのと違い、株式型クラウドファンディングの場合、出資者は、出資を受ける企業の「株式」の間接的なホルダーという立場を得ることとなり、ひいては当然、出資先企業のIR情報等についても、株式型クラウドファンディング事業者を介し、一部公開を受けることが可能となります。

貸付型クラウドファンディング

出資者が出資した資金は、クラウドファンディング事業者を経由して、第三者事業者へと、金銭消費貸借契約に基づき、貸し付けられることとなります。
貸付型クラウドファンディング事業者としては、貸付先から貸付金債権を利息含め回収したうえで、出資者へと償還します。
まさにこの類型こそが、ソーシャルレンディングとなります。

ソーシャルレンディング=貸付型クラウドファンディング

  • 広く群集(=クラウド)から資金を集め(=ファンディング)、
  • そうして集めた資金を、第三者債務者へと貸し付ける(=レンデイング)、

こうして読み解いていくと、ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングの一類型、「貸付型クラウドファンディング」に該当することが分かります。

このことは、実際に、ソーシャルレンディング事業者の許認可形態を見てみると、よく実感できます。
一例として、大手ソーシャルレンディング事業者、SBIソーシャルレンディングのホームページを見てみると、下記が明記されています。


引用元:https://www.sbi-sociallending.jp/

このように、

  • 投資家から資金を募る、「第二種金融商品取引業」事業者としての立場と、
  • 集めた資金を第三者に貸し付ける、「貸金業登録」事業者としての立場を有し、

ソーシャルレンディング事業を営んでいることが分かります。
※なお、ソーシャルレンディング事業者によっては、第二種金融商品取引業を担う法人と、貸金業務を担う法人を分離し、経営しているケースも見られます。

ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの関係のまとめ

いかがでしたでしょうか。
少しでも、読者様にとって、有益な情報をお届けできたのであれば、幸甚です。

なお、投資家、資金需要者、双方から、高い注目を集めている、ソーシャルレンディングではありますが、当ラボの私的見解と致しましては、業界にまだ未成熟の部分も多く、いくつかの「危険会社」の存在も気にかかります。
ソーシャルレンディング投資開始にあたっては、こちらの過去記事も、是非、ご参照下さい。

ソーシャルレンディング・ラボの考える、【ソーシャルレンディング危険会社ランキング】はこちら

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会いいたしましょう。

※本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。