沖縄の路線価、伸び率日本一。ポケットファンディングには追風か。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

日経新聞からの記事がこちら

平均路線価は前年比で5パーセント増。全国で最大の伸び率。
平均路線価の上昇は4年連続とのこと。


引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32498590S8A700C1LXC000/

沖縄地元のニュースメディアも大きく報道

ローカル系のニュースメディア「琉球新報」も、同報を大きく取り上げています。


引用元:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-750719.html

「ゆいレール」の駅前路線価は、なんと全駅上昇

報道資料がこちら。


引用元:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-751395.html

「ゆいレール」とは


引用元:https://www.yui-rail.co.jp/

那覇空港と沖縄本島内各所を結ぶ、モノレール路線。
路線図はこちらです。


引用元:https://www.yui-rail.co.jp/stationinfo/station

ところで、これまで、「沖縄には電車が無い」という噂(?)、聞いた事ありませんか?
グーグルのサジェストワードでも、この通り。


引用元:https://www.google.co.jp/

でも、ちゃんとあるのです。ゆいレールが。
改めて、勉強になりました。

路線価資料がこちら


引用元:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-751395.html

牧志駅前に至っては、前年比21パーセント増し。
御土地を持っているだけで(何をせずとも)資産が2割増えるわけですから、
すさまじいことです。

乗降客数も順調に伸びてます。

乗降客数データも公開されています。


引用元:https://www.yui-rail.co.jp/images/HP%E7%94%A8%E4%B9%97%E9%99%8D%E5%AE%A2%E6%95%B0-1.pdf

全駅合計の乗客数の推移を見ていると、順調な伸びが伺えます。


引用元:引用元:https://www.yui-rail.co.jp/images/HP%E7%94%A8%E4%B9%97%E9%99%8D%E5%AE%A2%E6%95%B0-1.pdf

平成30年はついに5万人突破でしょうか。続報が楽しみなところです。

沖縄に強いソーシャルレンディング会社といえば

こちらの2社でしょう。

ポケットファンディング


引用元:https://pocket-funding.jp/

沖縄出身のソーシャルレンディング会社さんです。


引用元:https://pocket-funding.jp/pages/company

不動産担保付きのファンドも多数組成されていますが、
担保権が設定される不動産の所在地が、まさに、沖縄、というケースが多くあります。


引用元:https://pocket-funding.jp/funds/detail/79

沖縄の路線価が上昇すれば、担保物となる不動産の評価額も上昇しやすくなりますので、

  • ボロワーとしては、資金を借りやすくなり、
  • ソーシャルレンディング会社としては、わたしたち個人投資家を説得しやすくなりますから、

市場にとっては、プラスの材料となるでしょう。

ボロワーとしても、
「所有している土地を売ってしまって資金に代えるより、(多少金利が高くても)土地を担保に入れてお金を借りたほうがいい。
土地は将来、値上がりする可能性があるから」
と考えるでしょうから、
ファンド組成数も向上してくる可能性があります。

※ポケットファンディング詳細・口座開設はこちら。

PocketFunding(公式)

沖縄の今後に更なる期待

路線価上昇率ベースでは、文字通り、日本をリードする存在となった、沖縄県。
同県の今後ますますの発展に、一(いち)個人投資家として、注目して参りたいと思います。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう。

追伸:
私は現在、23社の国内ソーシャルレンディング会社に、資金を分散出資していますが、
周りの人々(=本ブログの読者様を含めて)に、最低限、自信をもってお勧めできる会社、というのは、正直、限られます。
下記の別記事では、私の、数少ない、おすすめソーシャルレンディング会社に関する情報を、記載させて頂いております。
ぜひ、ご覧になってみてください。

【おすすめのソーシャルレンディング業者はどこですか?】国内23社分散投資中の筆者が、ソーシャルレンディング初心者様におすすめする、厳選3社がこちら。


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞