【さくらソーシャルレンディング】関連情報まとめ

さくらソーシャルレンディング株式会社とは

ソーシャルレンディングサービス「さくらソーシャルレンディング」を運営しているのが、「さくらソーシャルレンディング株式会社」。
福岡県福岡市に本社を構える法人です。

企業概要

  • 本社所在地:
    福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル3階
  • 代表番号:
    TEL:092-686-8495 FAX:092-686-8761
  • 事業内容:
    ソーシャルレンディングサービスサイト『さくらソーシャルレンディング』の運営、管理
  • 創立:
    2016年9月21日
  • 資本金:
    30,000,000円
  • 代表者:
    代表取締役 岩田 直樹

※以上、情報引用元は、下記URLとなります。

https://www.sociallending.co.jp/company/

役員構成・代表者

さくらソーシャルレンディング株式会社の代表者は、代表取締役を務める岩田直樹氏。
さくらソーシャルレンディングのホームページには、同氏の挨拶文が掲載されています。

さくらソーシャルレンディング株式会社の代表者は、代表取締役を務める岩田直樹氏。

引用元:さくらソーシャルレンディング株式会社 代表者挨拶(https://www.sociallending.co.jp/company/Greeting)

親会社・株主

さくらソーシャルレンディング株式会社の親会社に関する情報や、出資者・株主等に関する情報は、当ラボが確認した限り、公式掲載が見当たりませんでした。

株価・財務・決算関係情報

同社は非上場企業ですので、公開市場における株価は定められておりません。
財務・決算関係情報についても、同社ホームページにおいて、公開・掲載はされておりません。

さくらソーシャルレンディングの株価・財務・決算関係情報

引用元:さくらソーシャルレンディング株式会社「財務情報」(https://www.sociallending.co.jp/company/Ir)

さくらソーシャルレンディングとは

さくらソーシャルレンディングとは

引用元:さくらソーシャルレンディングHP(https://www.sociallending.co.jp/)

「さくらソーシャルレンディング」は、上掲の「さくらソーシャルレンディング株式会社」が運営するソーシャルレンディングサービスです。

「さくらソーシャルレンディング」サービス概要

  • 成立ローン総額:14億2,732万円
  • 登録ユーザー数: 3,503人
  • 分配金総額: 9億6476万円

※上掲情報の引用元は、さくらソーシャルレンディングHP(https://www.sociallending.co.jp/)です。
※情報引用日は、2019年2月26日です。

「さくらソーシャルレンディング」サービス時期

「さくらソーシャルレンディング」サービス時期

引用元:さくらソーシャルレンディングニュース一覧「「さくらソーシャルレンディング」サービス開始!」

2016年12月19日に、さくらソーシャルレンディングのサービスがスタートした旨が、同社ホームページにて記載されています。

さくらソーシャルレンディングの公式ブログ

さくらソーシャルレンディングの公式ブログ

引用元:さくらソーシャルレンディング” Official blog(http://blog.sociallending.co.jp/)

さくらソーシャルレンディングは、公式ブログを開設しています。

さくらソーシャルレンディングの公式ブログ02

引用元:さくらソーシャルレンディング” Official blog(http://blog.sociallending.co.jp/)

同社代表取締役である岩田氏による、新規ファンドに係る解説記事も、提供されています。

さくらソーシャルレンディングの評判

ソーシャルレンディング投資家(レンダー)の情報共有サイト「レンダータウン」では、さくらソーシャルレンディングに関して、投稿・情報掲載が為されています。
いくつか、引用致します。

公式ブログを拝見しました。
さくらは前々からブログで情報発信を続けているので特に。
12/29で最後のご挨拶と農業法人の記事が書かれています。
個人的に、さくらはトレーラーハウスだったり興味深い事例に着目している印象です。
無理やり悪い面を探すのであれば、一つの事に集中していないことにより専門性が薄れ、価値評価・審査が甘くなるかもしれないという懸念です。
これはキャッシュフローファイナンスで私以外でも多くの方が持っていたであろう懸念です。
でも、今のところ、事故が無いんですよね。
利率も6~7%だから、決して低くはないと思われます。

頑張っていただきたいな、と思いました。

私の無知無理解による事実誤認などがありましたらご指摘ください。

引用元:レンダータウン「さくらソーシャルレンディング 掲示板」(https://render-town.com/forums/topic/sakura-s-l/

さくらは先日のセミナーで心配をかけている事を投資家に謝罪し、ブログでもマネマファミリーの問題に触れる記事を唯一書いてた事業者さんで、自分は関係ないと言わんばかりの他のファミリーとは異なり良心を持っているようには見えます。まあ瀧本も問題発覚までは頻繁にセミナーに来て、一生懸命やってる様には見えていたんで、さくらのコレも単なるリップサービスの可能性は捨てきれません。
なによりマネマのプラットフォームに乗っている以上は今からさくらに投資を始める必要は全くないでしょう。マネマからの離脱後、もしくはマネマが問題を解決してからで十分です。


引用元:レンダータウン「さくらソーシャルレンディング 掲示板」(https://render-town.com/forums/topic/sakura-s-l/

さくらソーシャルレンディングの5ch(旧2ch)上情報

さくらソーシャルレンディングに関しては、2ch(現5ch)においても、複数のレスが投稿されています。
いくつか、引用致します。

829 : 名無しさん [] 投稿日:2019/02/05(火) 22:50:04.90 ID:gip0hF5q0.net [2/2回]
マネマで生き残れそうなのはプレリ、さくら、LCぐらいか
典型的な鳴かず飛ばず、スレでたった一度の話題すら出えへんこともあるさくらやけど
意外としぶといかもしれん


引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/money/1548601346/

857 : 名無しさん [] 投稿日:2019/02/06(水) 07:27:05.36 ID:Gzq2P8Mx0.net [1/4回]
>>853
なんの根拠もあらへんけどさくらはしぶとそうに思えるで
あっこは案件が全然埋まらんから事故る前に会社そのものがイくのが最大のリスクやろな
ブログもLCの真似とはいえ結構分かりやすく丁寧に解説しとるで
マネマの大量事故発生も微レ存で触れとるし


引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/money/1548601346/

まとめ

本記事においては、さくらソーシャルレンディング株式会社、及び、同社が運営するソーシャルレンディングサービス、「さくらソーシャルレンディング」に関する基本情報をまとめました。
ご参考と為さって頂ける内容と出来たのであれば、幸甚です。

さくらソーシャルレンディングに関連する全記事は、こちらから御確認いただけます。

ソーシャルレンディング・ラボ「さくらソーシャルレンディング関連記事一覧」

ファンドの平均利回りや、資本金額や投資家登録数といった「規模」、投資初心者へのおすすめ程度等々、いろいろな確度から、国内の有力ソーシャルレンディング事業者をランク付けした、こちらの過去記事も、是非ご参照下さい。

大手ソーシャルレンディング会社を厳選ランキング。ファンドリターン&グローバル度&不動産担保設定状況、投資家登録数等々、複数の角度からソーシャルレンディング事業者を徹底検証。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会いいたしましょう。

※本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞