大手ソーシャルレンディング事業者【Ownersbook】(オーナーズブック)に、キャンペーンの予定等について電話で確認してみました。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

Ownersbook(オーナーズブック)のホームページには、キャンペーン情報等が見当たらない。

Ownersbook(オーナーズブック)のホームページには、キャンペーン情報が見当たりません。

Ownersbook(オーナーズブック)のホームページをくまなく確認してみたのですが、キャンペーンに関する情報は一切見当たりませんでした。
ただし、それだけでは確認が不十分だと思いましたので、念のため、Ownersbook(オーナーズブック)に直接電話をして、各種キャンペーンの実施有無、及び、実施予定の有無について、確認をしてみました。

Ownersbook(オーナーズブック)は、現在、新規口座開設者向けのキャンペーンを行っているか。

Ownersbook(オーナーズブック)側でお電話に出て下さったのは、女性のご担当者様でした。
現在、新規口座開設者に向けたキャンペーンを実施しているか、どうか、確認してみましたところ、
「Ownersbook(オーナーズブック)では、そのようなキャンペーンは実施しておりません」
との御回答でした。
(※文字にするとちょっと素っ気ない印象ですが、実際はとても丁寧な受け答えを為さっておられました)

Ownersbook(オーナーズブック)は、過去、新規口座開設者向けのキャンペーンを行っていたことがあるか。

「現在はやっていないが、過去はやっていたことがあるのでは」と思いましたので、念のため、尋ねてみたのですが、過去の時点においても、Ownersbook(オーナーズブック)がそのようなキャンペーンを実施していたことは、無いそうです。

Ownersbook(オーナーズブック)は、今後、新規口座開設者向けのキャンペーンを行う予定があるか。

せっかくなので、(しつこいようですが)今後、Ownersbook(オーナーズブック)として、そのようなキャンペーンを行うご予定があるのか、どうか、についても、尋ねてみました。
しかし、(少なくとも現段階においては、)そのような予定はない、との御回答でした。

Ownersbook(オーナーズブック)は、口座開設を済ませ、投資を行っている投資家向けに、何かキャンペーンを行う予定はあるか。

少々番外編とはなりますが、本ブログ管理人のように、既に口座開設を済ませ、実際にOwnersbook(オーナーズブック)を通して投資を行っている個人投資家向けに、何かキャンペーンなどを行う予定があるか、どうか、についても、尋ねてみたのですが、
「そうしたキャンペーンの予定は、ありません」
との御回答でした。

まとめ。Ownersbook(オーナーズブック)は、キャンペーンとは原則無縁なようです。

Ownersbook(オーナーズブック)は、キャンペーンとは原則無縁なようです。

少なくともキャンペーンに関しては、ありとあらゆる角度から、ご質問差し上げてみたのですが、どうやら、Ownersbook(オーナーズブック)の場合、各種キャンペーンとは、原則、無縁なようです。
実際、現時点で既に、各ソーシャルレンディング投資家の中で、Ownersbook(オーナーズブック)の人気は、非常に根強いものがあります。
ファンドが資金募集を開始すると、あっという間に資金枠が一杯に、などというケースもざらです。
このため、Ownersbook(オーナーズブック)としては、「わざわざキャンペーンなど実施せずとも…」という思いがあるのかもしれません。

なお、私は現在、国内23社のソーシャルレンディング事業者に、資金を分散投資しておりますが、
その中でも、OwnersBookは、他のソーシャルレンディング事業者と比べて、私が多くの資金を投資させて頂いている事業者のひとつです。

Ownersbook(オーナーズブック)は、キャンペーンこそ実施していないものの、口座開設の価値があるソーシャルレンディング会社です。
引用元:OwnersBook

  • 東証マザーズ上場企業、ロードスターキャピタル株式会社による運営。
  • 全案件(ファンド)に、不動産担保がセッティングされている。

等と言った特長のある事業者ですが、その分、個人投資家からの人気が高く、
ファンドによっては、資金募集開始から、あっという間に、資金枠が埋まってしまう、というケースが多く見られます。

「いざ」という時の投資機会を逃さぬためにも、
あらかじめ、投資口座開設だけでも、済ませておくことをお勧めします。

同社の投資口座開設は、こちらの公式ページから手続き可能です。

OwnersBook(公式)

なお、同社の投資口座開設手続きは、いたってシンプルですが、
「初めてで不安」という方は、あらかじめ、こちらの別記事もご参照下さい。

OwnersBook(オーナーズブック)の口座開設方法まとめ【写真付き】

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう。

追伸:
主要ソーシャルレンディング事業者各社を、事業者としての規模や、利回り、手数料、といった複数の視座から比較検証した、こちらの過去記事も、ぜひ、ご覧下さい。おすすめです。

【ソーシャルレンディング徹底比較】ファンド利回り、ユーザー数、規模…。国内主要ソーシャルレンディング事業者を横断比較してみた結果をまとめました。


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、各ソーシャルレンディン事業者に関する最新情報、マーケットインフォメーション等をお届けします。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks