【図説】クラウドバンク(Crowd Bank)のソーシャルレンディング投資申込方法まとめ

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

まずは事前準備。

投資申込の前に、クラウドバンク(Crowd Bank)の投資口座の開設と、クラウドバンク(Crowd Bank)への投資用資金の入金が、完了している必要があります。

「まだ口座開設していない」という方は、こちらの記事をご参照下さい。

【図説】クラウドバンク(Crowd Bank)口座開設方法まとめ

「投資資金をまだクラウドバンクに入金していない」という方は、こちらの記事を御覧下さい。

クラウドバンク(Crowd Bank)に初めて入金を行いました。

クラウドバンク(Crowd Bank)のトップページから、気に入ったファンドを選びます。

クラウドバンク(Crowd Bank)のトップページはこちら→ https://crowdbank.jp/

クラウドバンク(Crowd Bank)01

気に入ったファンドのサムネイルのあたり(ファンド名でもOK)をクリックします。

「この商品に投資する」をクリック。

クラウドバンク(Crowd Bank)02

ぽちっと。

投資希望金額入力。

クラウドバンク(Crowd Bank)03

入力や確認が済んだら、「次へ」をクリック。

確認画面で、「投資する」をクリック。

クラウドバンク(Crowd Bank)04

ぽちっと。

こちらが申込完了画面。

クラウドバンク(Crowd Bank)05

こんな画面が出れば、投資申込完了です。

クラウドバンク(Crowd Bank)から確認メールが届きます。

クラウドバンク(Crowd Bank)06

↑こんな確認メールも届きます。

以上で、投資申込手続きとしては、完了です。

まとめ

今回は短い記事となりましたが、
少しでも、「これからソーシャルレンディング投資を始めてみよう」とお考えの読者様にとり、ご参考になさって頂ける内容と出来たのであれば、嬉しい限りです。

なお、私は現在、国内23社のソーシャルレンディング事業者に、資金を分散投資中であり、
本記事にて取り上げた業者のファンドにも、出資をしています。
そんな私が、国内23社中、厳選した3社のみ、「おすすめ事業者」としてご紹介しておりますのが、下記の別記事となります。
お時間ございましたら、ぜひご覧ください。

【ソーシャルレンディングのおすすめ会社はどこですか?】23社分散投資中の筆者が、ソーシャルレンディング投資初心者の読者様におすすめする、厳選3社がこちら。

ソーシャルレンディング各社をランキング形式で分析したこちらの過去記事もおすすめです。

ソーシャルレンディング会社ランキングの決定版。複数の視座から、国内人気ソーシャルレンディング事業者を、徹底ランキング致しました。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう。


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞