ソーシャルレンディング「CRE Funding」の第11号案件が満額調達完了|予定年利2.5パーセント、1年運用

FUEL株式会社(東京都渋谷区道玄坂1-22-9 AD-O渋谷道玄坂2階)の運営するソーシャルレンディング・サービス「CRE Funding」において、6月16日午後7時から先着方式(※)募集開始となった新ファンド「CRE物流ファンド11号羽生」が、元来の募集終了期限(6月23日午後3時)を待たずして、募集額上限1億100万円分、満額の投資申込を集め、成立した。

ソーシャルレンディング・サービス「CRE Funding」とは

ソーシャルレンディング・サービス「CRE Funding」とは

画像引用元:CRE Funding

FUEL株式会社(代表取締役 細澤 聡希。第二種金融商品取引業[関東財務局長(金商)第2123号])が2020年2月(第1号ファンドの募集開始)から運営する、物流施設関連案件特化型のソーシャルレンディング・サービス。
サービス開始来、これまでに、延べ11本のファンド募集が為されているが、いずれも、満額の資金調達を完了しているほか、全てのファンドにおいて、東証一部上場企業である株式会社シーアールイーが、融資先の返済義務を保証しているという特徴がある。

なお、FUEL社では、第二種金融商品取引業の登録を持つテック企業として、現在、下記4つのソーシャルレンディング・サービスを並行展開している。

  • CRE Funding:
    株式会社シーアールイーや、そのグループ企業等が関係する、物流施設(倉庫等)に関連する案件を中心に募集。
  • FUELオンラインファンド:
    東証一部上場の日本商業開発株式会社や、同じく東証一部上場の株式会社ADワークスグループのグループ会社などに融資するファンドを組成。
  • DL FUNDING:
    東証一部上場の株式会社ディア・ライフ(及びその子会社)がファンド組成。
  • 高島屋ソーシャルレンディング:
    株式会社高島屋のグループ会社にあたる、高島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社が参与。6月17日にサイトオープン。

「CRE物流ファンド11号羽生」概要

予定利回り(年率換算・税引き前)は2.5パーセント。
ファンドの最低成立金額は5千万円と設定していたが、これを超過したため、この後、6月25日から来年6月末まで、約1年間の運用期間に入る。
利益配当については、半年毎に実施を予定しており、初回分配は来年2月を見込む(元本についてはファンド運用終了時の一括償還)。

同ファンドの営業者(資金の貸し手)となるのは、東証一部上場の株式会社シーアールイーの100%子会社にあたる、株式会社CREアライアンス。
融資先となるのは、株式会社シーアールイー内に所在を置く合同会社、CREオンラインファンド。

投資対象となるのは、埼玉県羽生市に所在する、1995年5月竣工の倉庫物件、羽生倉庫1号(延べ床面積1,343.82平方メートル)。
同物件については、株式会社シーアールイーが、2020年6月から10年間、マスターリース契約にて借り上げている。
また、外部鑑定機関にあたるインリックス株式会社によれば、同物件の鑑定評価額は141百万円(2021年5月31日時点)。

なお、同ファンドの資金は、過去ファンドにあたる、「CRE物流ファンド羽生5号」及び同6号の借換資金に充てられるという。

(※)ソーシャルレンディング・ファンドの、「先着募集」「抽選募集」に関して

ソーシャルレンディング事業者が、ファンドへの出資を募集する際、「先着方式」にて募集する場合と、「抽選方式」にて募集する場合がある。

国内ソーシャルレンディング業界では、長きに渡り、「先着方式」一択が業界標準だったが、投資家からの人気の過熱により、投資家同士の間での「クリック合戦」」が頻発するように。
特に人気のソーシャルレンディング事業者がファンド募集をする場合、投資家からのアクセスが殺到し、サーバーに過負荷がかかるような事態も常態化していた。

こうした事態を避けるべく、一部のソーシャルレンディング事業者が、抽選方式によるファンド募集をスタート。
今では、募集額全体の一部を抽選方式、残りを後日先着方式で募集するなど、ハイブリッド型での活用も散見されるようになった。

クラウドバンク 先着方式
CRE Funding 先着方式
SAMURAI FUND 先着方式
Funds 先着方式・抽選方式・ハイブリッド方式
クラウドクレジット 先着方式
CAMPFIRE Owners 先着方式
LENDEX 先着方式
OwnersBook 先着方式・抽選方式
COOL 先着方式
FUELオンラインファンド 先着方式
バンカーズ 先着方式
ポケットファンディング 先着方式
J.LENDING 先着方式

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。