不動産投資型クラウドファンディングASSECLI(アセクリ)の「千葉県我孫子市#6ファンド」、募集額の190%強の投資応募を集め募集完了|想定分配率6.0パーセント

株式会社エボルゾーン(東京都港区北青山3-2-5 NH青山ビル4階。以下、エボルゾーン社)の運営する不動産投資型クラウドファンディング「ASSECLI」において、2月5日正午から先着方式による募集を開始した新ファンド「千葉県我孫子市#6ファンド」(以下、同ファンド)が、募集金額(2,160万円)の190%強に相当する、4,151万円の投資応募を集め、募集終了、ファンド成立となった。

同ファンドの想定分配率(年率換算・税引き前)は6.0パーセント。実際の運用は、今月15日から8月中旬まで、約半年間を予定する。
同ファンドの投資対象は、JR常磐線「我孫子」駅から徒歩14分に位置する、単身向け1Kタイプ・全10戸で構成された木造アパート(物件名称=パレティファニー。木造スレート葺2階建て。昭和63年5月竣工。以下、投資対象物件)。
エボルゾーン社としては、投資対象物件を取得したうえで、全10戸のうち4戸の空室に対しリニューアル工事を行うことで、投資対象物件のバリューアップ、並びに、稼働率の向上を図る。

なお、同ファンドにおいては、投資家から集めた優先出資のほかに、エボルゾーン社が、全体の10パーセント相当額の劣後出資を行う。
最終的な分配の原資としては、ファンド運用期間中の賃料収入と、投資対象物件の売却益を見込んでおり、出資口数(持分)に応じて分配を行う(分配予定日は今年8月27日)。


参考:
千葉県我孫子市#6ファンド|ASSECLI(アセクリ)

不動産投資型クラウドファンディング「ASSECLI(アセクリ)」とは



引用元:ASSECLI(アセクリ)

株式会社エボルゾーン(東京都港区北青山三丁目2番5号 NH青山ビル4階。不動産特定共同事業許可番号 : 東京都知事 第115号)運営の、不動産投資型クラウドファンディング・サービス。
会員登録、及び、投資家申請の受付開始は、2019年10月。
各ファンドには、最低1口1万円から出資でき、いずれの案件の場合も、投資家による優先出資のほかに、運営会社が劣後出資を行う(セイムボート方式)。
サービス開始来、実際に募集された6ファンドにおいては、いずれも、満額募集を達成。
なお、運営会社にあたる株式会社エボルゾーンは、一棟収益不動産(マンション・アパート・商業ビル)を中心に、創業以来、1,000件以上の取引実績を有するという。


関連記事:
【2021年2月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ8社&危ない3社比較ランキング【投資初心者必見】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。