大東建託子会社の株式会社インヴァランス、不動産クラウドファンディング「72CROWD」を公開|初号ファンドは7月12日募集開始

大東建託株式会社(東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー21~24階)の100パーセント子会社、株式会社インヴァランス(東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー 17階)は7月1日、優先劣後スキームを採用し、最低1口1万円から出資を行える不動産クラウドファンディング・サービス「72CROWD」の提供を開始した。併せて、新規会員登録の受付も開始、7月12日募集開始の第1号ファンドの情報も先行公開されている。

不動産クラウドファンディング「72CROWD」概要

不動産クラウドファンディング「72CROWD」概要

サービス名 72CROWD(ナナニー クラウド)
運営会社 株式会社インヴァランス
運営会社住所 (本社)東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー 17階
(大阪支店)大阪府大阪市中央区南船場1-13-14 南船場スクエアビル3階
運営会社設立 平成16年5月
上場/非上場 非上場
運営会社経営体制 代表取締役 小暮 学
取締役副社長 高橋 由崇
取締役・コーポレート統括本部長 井上 克美
取締役・デベロップメント事業本部長 鈴木 淳也
取締役・ソリューション事業本部長 福田 健一
取締役・アセットコンサルティング事業本部長 山田 渉
取締役(非常勤)小石川 正幸
取締役(非常勤)天野 豊
常勤監査役 増田 直
社外監査役 辻 英人
社外監査役 瀧本 文浩
運営会社資本金 1億4300万円(143,000,000円)
主要株主 大東建託株式会社(100%)
事業内容
  • アセットマネジメント&コンサルティング
  • ディベロップメント事業
  • 不動産売買・仲介事業
  • 賃貸管理業
  • 建物管理業
  • 建築設計業
  • 不動産流動化事業
  • 建築工事および内装仕上工事業
  • 損害保険代理業
許認可
  • 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9837号
  • 一級建築士事務所 東京都知事登録 第59096号
  • マンション管理業 国土交通大臣(3)第033674号
  • 賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第3393号
  • 不動産特定共同事業者許可 東京都知事 第151号
運営会社加盟団体 公益社団法人全日本不動産協会
公益社団法人不動産保証協会
サービス開始 2021年7月1日
1口あたりの最低投資額 1万円
ファンドへの出資の中途解約 原則として不可。ただし、72CROWDユーザー同士の間であれば、手数料を支払い、互いに出資持分を譲渡することが出来る。
募集形態 公開されている第1号ファンドは抽選方式


情報引用日:2021年7月4日

72CROWD(ナナニー クラウド)は、株式会社インヴァランスが2021年7月1日に運営を開始した、不動産クラウドファンディング・サービス。
投資家は、各ファンドに、1口1万円から投資できるほか、運営会社の共同・劣後出資によって投資家の優先出資元本を一定程度まで保護する「優先劣後スキーム」も採用されている。
他の一般的な不動産クラウドファンディング・サービスと同様、出資の中途解約は、原則として不可、とされているが、72CROWDの投資家同士の間に限り、別途所定の手数料を支払えば、出資持分の譲渡を行うことが出来る。

サービス運営会社にあたるインヴァランス社は、平成16年設立。
東京都23区を中心に、首都圏の土地(最寄駅から徒歩10分以内)を取得し、自社ブランドのマンションを開発、その後、各戸を投資用不動産として顧客(投資家)に販売する、投資用不動産開発・販売事業者。

自社ブランド・マンションとしては、LUXUDEAR(ラグディア)とCREVISTA(クレヴィスタ)があり、IoT機器を室内に設置することでスマートホーム化し、物件価値を高めているという。
同社が開発した「ラグディア高輪」は2017年度グッドデザイン賞を受賞しているほか、目下インヴァランス社が賃貸管理を行っている物件では、入居率が96.15%(2021年6月現在)という実績を有しているという。

2020年10月には、賃貸住宅建設大手の大東建託が、株式取得による連結子会社化を発表し、注目を集めた。

第1号案件「72CROWD.高輪ファンド」概要

第1号案件「72CROWD.高輪ファンド」概要

画像引用元:72CROWD.高輪ファンド

ファンドの予定分配率(年率換算・税引き前)は5.0パーセント。
投資家からの募集総額は3,200万円とし、7月12日午前10時から28日まで、抽選方式にて応募を受け付ける。
1口あたりの投資額は1万円とし、最低10口(10万円)から投資可とする。
ファンドが成立した場合、8月16日から11月15日まで、約3か月間の運用期間に入る。

同ファンドの投資対象となるのは、インヴァランス社の自社開発物件(デザイナーズ・マンション)、LUXUDEAR高輪(東京都港区高輪2丁目307番4。地上4階建て)の1階部分居室(専有面積25.69平方メートル)。令和2年7月10日から令和4年7月9日まで、月額賃料139,000円の住宅賃貸借契約が締結される(物件の貸主は株式会社インヴァランス、借り手は個人)。

インヴァランス社としては、ファンド運用期間中に賃借人から得られる賃料を原資として、投資家に分配を行い、最終的には同物件を売却することにより、投資家への元本償還原資を確保する予定。
なお、同案件における運営会社の劣後出資割合は、出資総額全体の20パーセント相当を予定する。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

不動産クラウドファンディング検証チーム
ソーシャルレンディング・ラボは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業界情報の検証メディア。
不動産クラウドファンディング(不動産投資型クラウドファンディング)専門の検証チームでは、日本国内で展開されている不動産クラウドファンディング(不動産特定共同事業)サービスに関する最新情報を提供するほか、不動産クラウドファンディング業界の市場調査、各社の公開済ファンドの検証などを実施する。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。