【ソーシャルレンディングポートフォリオ・運用実績】2018年12月24日時点の投資記録・銘柄情報

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

ソーシャルレンディング事業者出資額ランキング(運用実績)

※本記事執筆時点の累計値となります。

事業者名(公式ページ) 出資額(累積投資記録)
SBIソーシャルレンディング 620,000円
クラウドクレジット 580,000円
OwnersBook 550,000円
トラストレンディング 500,000円
maneo 430,000円
ラッキーバンク 400,000円
LENDEX 150,000円
Crowd Realty 150,000円
グリーンインフラ 120,000円
PocketFunding 100,000円
ガイアファンディング 100,000円
さくらソーシャル 100,000円
CFファイナンス 100,000円
クラウドリース 100,000円
スマートレンド 100,000円
LCレンディング 100,000円
アメリカンFunding 100,000円
プレリートファンド 30,000円
アップルバンク 20,000円
NextShiftFund 20,000円
TATERU FUNDING 10,000円
SAMURAI 10,000円
クラウドバンク 10,000円

全ソーシャルレンディング事業者出資額合計(累計投資記録)

4,400,000円となりました。

変わらず引き続き、順調に成長してきていると考えています。

分散投資中のソーシャルレンディング事業者総数(運用実績)

本日現在、23社のソーシャルレンディング事業者に分散投資中です。

前回のポートフォリオ(11月3日)の時点から、新たなソーシャルレンディング事業者への出資は行っていません。

新規事業者が参入するたびに、情報収集自体は行っていますが、

  • ソーシャルレンディング事業者としての実績が乏しく、
  • 当然、ファンドの償還実績もない、

という新規ソーシャルレンディング事業者に対しては、
なかなか、積極的に投資する気分にはなりません…。

もっとも、よほど興味を引く新規ソーシャルレンディング事業者が出現してきた場合は、
試験的な少額出資等、検討したいと思います。

ソーシャルレンディング事業者1社あたりの出資額平均(運用実績ベース)

1つのソーシャルレンディング事業者に対して、
平均で、191,304円を出資しています。
もちろん、これまで同様、一部のソーシャルレンディング事業者に資金は比較的集中しています。
具体的には、

といったあたりに、引き続き、投資資金が集中しており、それぞれ、平均の2.5倍~3倍以上の資金を投資しています。
従前同様、これは、わたしが個人的に試行錯誤をしてきた結果の”偏り”なので、あまり気にしてはいません。

なお、1社あたりの平均出資額そのものは、前回のポートフォリオと比べ、さらに増加しました。
新しいソーシャルレンディング事業者に少額の投資を行うのではなく、これまでの投資歴を経て私が個人的に十分信用しているソーシャルレンディング事業者に、資金を追加投資したため、です。

1つのソーシャルレンディングファンド銘柄あたりの出資額平均

これまでに、77件のファンドに分散投資をしており、
1ファンドあたりの出資平均額は、57,895円となっています。

1ファンドあたりの出資平均額は、これまでのポートフォリオと比べても、おおむね横ばい、というところです。

投資しているソーシャルレンディングファンド銘柄の、運用利回り(年利)の平均

7.3パーセントとなっております。

前回のポートフォリオでも同様程度でした。
やはり、単純な利回りについては、ちょっとずつ落ち着いてきている、という印象です。

前回ポートフォリオ時と同様、高利回りの案件というよりは、SBIソーシャルレンディングの常設型ファンドなど、「手堅め」の投資先に、資金を振り分ける機会が多くなってきている結果だと、考えています。

投資しているソーシャルレンディングファンド銘柄の、運用期間日数の平均

353日となっております。

これまでのポートフォリオ全体において、この点は基本的に横ばいです。
平均値としては、長くても1年以内(=365日以内)にとどめておきたい、と考えています。

投資しているソーシャルレンディングファンド銘柄1つあたりの、運用利息総額平均

4,820円です。

前回時点のポートフォリオ同様、落ち着いた内容となりました。
総じて、極端に高い利回りは追わなくなってきているので、必然的に、運用利息総額の平均も穏やかな物となります。

以後投資注力予定のソーシャルレンディング事業者

引き続き、わたしにとってのビッグ3、すなわち、

上記3社に、追加資金を集中させていく予定です。
新興のソーシャルレンディング事業者でも、特に面白そうなところがあれば、勉強・情報収集のためにも、口座開設&少額出資は行ってみる考えですが、
純粋に投資リターン目的での出資、としては、引き続き、上記3社に絞る考えです。

まとめ

少しでも、「これからソーシャルレンディング投資を始めてみよう」とお考えの読者様にとり、ご参考になさって頂ける内容と出来たのであれば、嬉しい限りです。

国内のソーシャルレンディング事業者各社を、筆者がランキング形式で検証した、こちらの過去記事も、おすすめです。是非ご一読ください。

【ソーシャルレンディング事業者ランキング保存版】ファンド平均利回り・投資対象国分散具合・不動産担保設定状況・出資時利便性(=投資のしやすさ)。複数の視座から、国内人気ソーシャルレンディング事業者を、徹底ランキング。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう。

本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞