KaratDAO(カラットダオ)とは-「クレーマー」と「バリデータ」それぞれのNFTを保有して報酬を稼ぐ仮想通貨関連プロジェクト

「エコシステムに参加したり、友達を招待するだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになるかもしれない、と話題の、KaratDAO(カラットダオ)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなKaratDAO(カラットダオ)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. ビットポイント 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,500円相当のOSHIトークンをプレゼントするキャンペーン開催中

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、NFT購入等のためのノーリスクの原資を確保しておく
  3. fillメディア公式Zealyに参加し、限定NFTの無料エアドロップを受け取る→受け取ったNFTは抽選イベントへの参加チケット等になるほか、OpenSea(オープンシー)等で出品も可
    ※参加の手順はこちらから
  4. KaratDAO(カラットダオ)のアカウント開設等を進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

KaratDAO(カラットダオ)を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:ビットポイント公式サイト

KaratDAO(カラットダオ)のエコシステムに参加し、仮に今後、報酬が得られるようになった場合、その報酬は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、ビットポイント 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、KaratDAO(カラットダオ)への参加で仮に収益が得られた場合、その収益はトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はKaratDAO(カラットダオ)。エコシステムへの参加等で収益が得られるようになった場合、その収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、KaratDAO(カラットダオ)参加で得た収益を(必要に応じ、間に他のトークンを挟んだうえで、)換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイント に口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント公式サイト

※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,500円相当のOSHIトークンをプレゼントするキャンペーン開催中


なお、ビットポイントでの口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、BITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、KaratDAO(カラットダオ)本格参入のための原資を確保する

KaratDAO(カラットダオ)のようなブロックチェーン・プロジェクトの場合、本格的なプレイを始めるためには、何らかのNFTやトークンの事前購入が必要となるケースが一般的です。
※無料で始めることが出来るNFTゲームや、無料でもある程度のトークンを稼ぐことが出来るブロックチェーン・プロジェクトも存在しますが、その場合でも、本格的な参画のためには、NFT購入等が必要となるケースが大半です。

そして、NFTやトークンの価値は、プロジェクトの人気が高まれば、上昇していくこととなりますが、逆に、ゲームの人気が低迷すると、その価値は低下してしまうことが多くあります。
そのような高リスクなアセットを入手するために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

2024年4月13日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、19,000円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当のETH(イーサリアム)がもれなく全員にプレゼント。もらったETHは、同社のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年9月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

COZUCHI

2024年4月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から投資家登録完了(無料)で、Amazonギフト2,000円分プレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年4月30日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

利回り不動産

2024年4月30日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

Funds(ファンズ)

2024年5月31日までに、公式サイト から、新規口座開設完了で、500円分のAmazonギフト券をプレゼント。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のETHをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼント
キャンペーン期限
本日現在、期間限定にて開催中
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、本日現在、期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分のETH(イーサリアム)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったイーサは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年9月30日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

COZUCHI(Amazonギフト2,000円分プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規投資家登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト2,000円分プレゼント
キャンペーン期限
2024年4月30日まで
サイトURL
COZUCHI (公式)

不動産クラウドファンディング業界の有名企業。
1口1万円から、現物不動産を投資対象とするファンドに小口投資できるサービスを展開中。
新規の投資家登録者限定で、Amazonギフト2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年4月30日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月28日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funds(Amazonギフト券500円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
Amazonギフト券500円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年5月31日まで
サイトURL
Funds (公式)

累計募集額400億円を突破した、「1円から投資できる」と話題の、ソーシャルレンディング・サービス。
期間限定で、新規口座開設を完了したユーザー全員に、500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

fillメディアの公式Zealyに参加し、各種限定NFT&エアドロップを受け取る

fill.mediaフレンズ(公式Zealy)は、ツイートの拡散や、動画の評価等を通じて、国内外の様々なWEB2/WEB3プロジェクトの認知度向上等を支援することが出来るプロジェクトです。
メタマスク等のウォレットか、ディスコードのアカウントがあれば、誰でも無料で参加することが出来ます。

ツイートへのリアクション等、シンプルなミッション達成ごとに、EXP(経験値)が獲得でき、経験値を貯めることで、自動的にアカウントがレベルアップします。
そして、レベルが上がると、レベルに応じたバッジNFTのエアドロップを受け取ることが出来ます。
※中には、アプリダウンロード等の特別ミッションを達成することで入手できる、限定NFTも存在します。

そうしたNFTの保有者には、仮想通貨や、別のNFTのエアドロップ等が提供されることがあります。
各バッジNFTは、そのまま保有しておいても良いですし、OpenSea(オープンシー)などのNFTマーケットプレイスで出品・販売することも自由です。

参加の具体的な手順については、こちらの記事 をご覧下さい。

KaratDAO(カラットダオ)概要・公式サイト等



画像引用元:KaratDAO(カラットダオ)公式サイト

公式サイト
https://karatdao.com/
Twitterアカウント
https://twitter.com/KaratDAO
ディスコード
https://discord.com/invite/Mq6mB8bjVD
ミディアム
https://medium.com/@karatdao

Karat DAO(カラットダオ)ドキュメント和訳



画像引用元:KaratDAO(カラットダオ)公式サイト

下記の内容は、KaratDAO(カラットダオ)運営元からの承諾に基づき、公開されているKaratDAO(カラットダオ)のドキュメント等の一部、ないしは全部の和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://docs.karatdao.com/

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、KaratDAO(カラットダオ)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、ドキュメント等の記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

KaratDAO(カラットダオ)とは



画像引用元:KaratDAO(カラットダオ)公式サイト

Karat DAO(カラットダオ)は、Web3における革新的な暗号ネイティブエンジンであり、ユーザーが報酬を得ながらWeb2とWeb3のデータをコントロールできるようにする、双方向サービスのデータマーケットプレイスを提供します。
その分散型データ・アイデンティティ・プロトコルであるKarat Networkにより、ユーザーは自分のデータを所有、管理、コントロールすることができ、同時にパーミッションレスで安全なデータ取引プラットフォームのメリットを享受することができます。
私たちのビジョンは、ユーザーが自分のデジタルIDとデータをコントロールできるようにすること、データ取引のための安全で分散化されたプラットフォームを提供すること、分散化されたデータIDプロトコルの上でdAppsの開発を奨励することにあります。

KaratDAOのターゲットユーザーは、Web3プロジェクト、革新的なWeb3冒険者、デジタルIDとデータを安全に管理したい個人など、多岐にわたります。
イベント用のウォレットアドレスの収集と管理、ウォレットダッシュボードでの洞察に満ちたデータへのアクセス、トークンやNFTのエアドロップの開始など、これらのユーザーが抱えるペインポイントを解決するための様々なサービスを提供しています。

KaratDAOが提供する4つの製品の生態系は相互に関連し、補完し合っています。

中核製品であるKarat Networkは、ユーザーがデジタルIDを作成・管理できるようにすることで、他の製品の基盤を提供します。
Karat Formはウォレットアドレスを収集・管理し、ウォレット分析、ユーザーグループ管理、フォローアップキャンペーンをユーザーに提供します。
ウォレットダッシュボードにより、ユーザーは自分の要求を満たすウォレットに関する洞察に満ちたデータにアクセスすることができます。
エアドロップのローンチパッドにより、ユーザーはコミュニティや潜在的なオーディエンスに対してトークンやNFTのエアドロップを開始することができます。

KaratDAOの価値は、デジタル資産、すなわちIDやデータを管理するための包括的かつ分散化されたプラットフォームを提供する能力にあります。KaratDAOは、分散型データ・アイデンティティ・プロトコル上に構築された相互接続された製品群を提供することで、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現し、ユーザーは自分のデジタルアイデンティティとデータを管理することができ、同時に無許可で安全なデータ取引プラットフォームのメリットを享受することができます。

Karat Network(カラットネットワーク)とは



画像引用元:KaratDAO(カラットダオ)公式サイト

Karat Networkは、分散型データアイデンティティプロトコルであり、ユーザーが自分のWeb2およびWeb3データをコントロールしながら、ネットワークに参加することで報酬を得ることができます。
完全にオンチェーンである唯一のデータ・ミドルウェアであり、ユーザーにデータを共有しコントロールする能力を提供します。
このネットワークは、パーソナルデータマーケットプレイスという形で無限の可能性を開き、その上に構築するdAppsを奨励しています。

今日のデータインフラの問題点

今日のインターネットの状況は、プライバシーへの懸念、限られた選択肢、偏ったアルゴリズム、セキュリティリスク、ユーザーによるコントロールの欠如によって特徴付けられています。
大規模で中央集権的なインターネット企業は、ユーザーの膨大なデータにアクセスしています。
これらの企業がそのデータを悪用したり、誤用したりすることで、プライバシーの侵害につながるリスクがあります。
ユーザーは、自分たちがコントロールできないことに苛立ち、解決策を見つける力を失っています。
彼らの個人データは、彼らの同意なしに商業的利益のために悪用されているのです。

しかし、Karat Networkを使えば、ユーザーは自分のWeb2とWeb3のデータをコントロールする力を持ち、同時にネットワークに参加することで報酬を得ることができます。
最先端のMPCとZKテクノロジーを利用することで、Karat Networkは、完全にオンチェーンである分散型データ・アイデンティティ・プロトコルを作り出し、全てのユーザーのプライバシーとセキュリティを保証します。
これにより、中央集権的なデータ収集と保存が不要となり、セキュリティ侵害のリスクを最小限に抑え、ユーザーのプライバシーを保護することができます。

さらに、カラット・ネットワークは、ユーザーが報酬と引き換えに自分のデータを他者と共有することを選択できるパーソナル・データ・マーケットプレイスなど、無限の可能性を開きます。
これにより、中小企業や開発者が製品やサービスを構築するために、より幅広いデータにアクセスできるようになり、より多様で革新的なオンライン・エコシステムが促進されるでしょう。

Karat Network(カラットネットワーク)のビジョン



画像引用元:KaratDAO(カラットダオ)公式サイト

KaratDAOの使命は、1億人のユーザーをブロックチェーンに乗せ、Web 2と3のIDを接続し、社会的、医療的、金融的側面において、すべてのデジタルフットプリント、IDデータへのアクセスを真に所有し、コントロールするためのインフラを提供することです。

カラット・ネットワークは、データを共有し管理する能力をユーザーに提供することで、ユーザーが現在中央集権的なインターネット企業で経験している管理の欠如に対処します。
これにより、ユーザーは自分の個人データを所有し、大企業に無断で利用されるのではなく、自分自身の利益のために利用することができます。

まとめると、カラット・ネットワークは、ユーザーにプライバシー、セキュリティ、コントロール、そしてデータを共有し収益化する新たな機会を提供することで、中央集権的なデータ・インフラの問題を解決します。

Karat Network(カラットネットワーク)の概要



画像引用元:KaratDAO(カラットダオ)公式サイト

Karatネットワークは、すべてのユーザーにとって、Web2.0とWeb3.0のギャップを埋めるものです。
エコシステムの成功のためには、広く普及させることが重要です。
参加を促し、貢献を奨励するために、私たちはデュアルNFTによってサポートされる魅力的なGame-Fiメカニズムを開発しました。
これにより参入障壁が低くなり、ユーザーがKarat Networkに参加する動機付けとなります。

ゲームプレイの方法である「Verify to Earn」には、2つの異なる役割があります。
「バリデータ」と、「クレーマー」です。
それぞれがNFTによって表現されます。

「Verify to Earn」システムでは、ユーザーはウェブ2.0およびウェブ3.0の認証情報(ウォレットアドレス、ツイッター、フェイスブック、電子メールなど)を検証して固有の「Karat ID」を作成し、クレーマーパスNFTを受け取ります。
このKarat IDにより、将来$KATトークンをエアドロップする資格が与えられ、エコシステムに参加するための追加特典がアンロックされます。

Claimerの役割は全てのWeb3ユーザーを対象としており、希望するValidatorを選択し、「Verify to Earn」システムに参加するだけです。

Validatorの役割は、多くのユーザーをネットワークに参加させることに関心のある個人のために設計されています。
バリデーターがより多くのユーザーを招待し、自分のカラットIDを作成すればするほど、より多くの報酬を受け取ることができます。

Karat Network(カラットネットワーク)の「バリデータ」とは



画像引用元:KaratDAO(カラットダオ)公式サイト

フェーズIでは、バリデーターの総供給量は、

  • ジェネシス・バリデータ 30個
  • オリジナル・バリデータ 300個

です。

各バリデーターのミント価格は、ジェネシス・バリデーターが1E、オリジナル・バリデーターが0.2Eです。
ミント日は5月初旬です。

バリデーターになると、クレーマーの紹介に応じて大量のカラットスコアを獲得することができます。
あなたのノードでClaimers Passをミントした人が多ければ多いほど、あなたのカラットスコアは上がります。
これにより$KATのエアドロップを受けることができます。

「バリデーター」とはどういう意味ですか?

スペースオデッセイのバリデーターになると、あなたのバリデーターのリンクからクレーマーを招待し、彼らのソーシャルを確認することができます。
ユーザーフレンドリーであるために、バリデーターはKarat Labに物理ノードの運営を委任し、検証リンクを共有する以外は何もする必要がありません。

どのように収入を得るのですか?

バリデーターが収入を得る方法は主に2つあります。

アップフロントは、バリデーターのリンクを通じて新規登録者がサインアップするたびに発生します。
この場合、バリデーターのKATスコアが加算されます。
各新規クレーマーに対して、そのクレーマーのKATスコアの5%がバリデーターのKATスコアに加算されます。
クレーマーのKATスコアはウォレットの価値と年齢に基づいています。
その上、ユーザーはKarat Space Odysseyと交流することで、ZKsyncのエアドロップを得ることができます。

バリデーターはまた、データ販売から将来得られる収益を共有するという形で、永続的な収益を得ることができます。
バリデーターに該当する検証済みデータに対するデータ要求がある場合はいつでも、データ要求開始者のKAT支払いは、個々のデータ所有者とバリデーターの間で分配されます。

バリデーターとしてのリターンはどの程度になりますか?

バリデーターに100人以上のクレーマーがいる場合、そのバリデーターは1000米ドル以上のKATトークンのエアドロップを受け取ることが期待されます。この数字はクレーマーのKATスコアによって変動します。

各クレイマーのデータが少なくとも月に1回リクエストされた場合、Validatorはその後毎月200ドル以上のパッシブ報酬を受け取ることができます。

Karat Network(カラットネットワーク)の「クレーマー」とは



画像引用元:KaratDAO(カラットダオ)公式サイト

クレーマー・パスは無制限に供給されます。
クレーマーになるには、お好きなバリデーターを選択し、ノードの下でWeb2/Web3クレデンシャルを確認するだけです。
これによりクレーマーズ・パスが無料で発行され、独自のベリファイ・トゥ・アーニング・プログラムの資格を得ることができます。

年齢やETH残高など、あなたのウォレットのステータスに基づいたカラットスコアを獲得すると、$KATのエアドロップの対象となります。

ミントデートは、バリデータのミントデートの後、5月初旬です。
ロードマップは近日公開予定です。

Karat Network(カラットネットワーク)の「スペース・オデッセイ」とは

KaratDAOは、ユーザーやプロジェクト関係者にネットワークへの参加を促すため、バリデーターとクレーマーの両方が参加する「スペース・オデッセイ」を開始しました。
ValidatorはBunny Captain NFTを購入する必要があり、ClaimerはValidatorの下で無料ミントを行い、SBT Bunny NFTを入手することができます。

無料ミントにより、ClaimerはClaimerのウォレット年齢と保有ウォレットに基づくKATスコアも獲得できます。
NFTを取得すると、ユーザーはネットワークとやり取りできるようになります。

Validatorが自分のノードで新しいClaimerを認証するたびに、ValidatorはClaimerのスコアに基づいてスコアを増やすことができます。
各ウォレットはKATのスコアに応じてKATトークンをエアドロップします。

「スペース・オデッセイ」に参加するには?

私たちのユニークな「Verify to Earn」システムは、ETHとKARATの残高とその日の合計分配額に基づいてKATトークン報酬を提供することで、ユーザーがIDを検証するインセンティブを与えます。

バリデーターは、Karatチームに物理ノードを運営するよう指定したキャプテンです。
バリデーターはその固有のリンクをクレーマーと共有します。
クレーマーはソーシャルIDを確認した後、SBT NFTバニーをミントすることができます。

Karat Network(カラットネットワーク)のスコア、及びロールの仕組み

ここでは、Karat Network の採点システム、クレーマーの役割、バリデーターの詳細について概説します。
クレーマーのカラットスコアの計算方法、カラットスコアに基づくクレーマーの役割、ネットワーク内でバリデーターになるメリットと条件についての情報が記載されています。

クレーマーのカラットスコアの計算

カラットスコアは以下の計算式で求められます。
Karat Score = 1000 * Wallet Holdings_Coefficient * Wallet Age_Coefficient

この表はクレーマーのウォレットの価値と年齢が係数にどのように対応するかを説明しています。
例えば、ウォレットの価値が3ETHで、ウォレット年齢が15日のクレーマーは、Karatスコアが450になります。

シビルアタックを防ぐため、KaratはKarat Claimer NFTキャンペーンがライブになった時点で、イーサリアムのウォレット保有額と年齢のスナップショットを保持しています。

スナップショットのブロックの高さは、クレーム状況に応じて断続的に更新されます。

クレーマーのロールについて

ユーザーのロールは、各ユーザーのカラットスコアに基づいて割り当てられます。

  • サイエンティスト
  • アーティスト
  • エンジニア
  • ドクター
  • セキュリティ

という、5つのロールがあります。

バリデーターとルテナント

ユーザーはNFTをミントすることでValidatorになることができます。
Validatorの紹介リンクを通じてClaimerがネットワークに参加すると、そのClaimerは自動的にValidatorのルテナントとなります。

Karat Network(カラットネットワーク)のトーケノミクスについて

獲得したトークンの一部は、エアドロップによって最初はロックされた状態になります。
これらのトークンのロックを解除するには、Karatネットワーク内での積極的な参加が必要です。
これには、当社のデータマーケットプレイス内でのデータリクエストの受信や、より多くの将来のキャンペーンなど、オンチェーン活動への参加が含まれます。

Karat Verifiable Credentialの導入により、私たちはweb2とweb3のID間のギャップを埋めました。
各ユーザーのクレデンシャルは完全にオンチェーン化され、完全な管理と所有権を維持できるようになりました。
これには、ユーザが指定したアクセス許可に基づいて他者が自分のデータにアクセスすることを許可し、必要に応じて補償を要求する能力も含まれます。
ユーザーのデータへの各リクエストは、そのウォレットアドレスの重要性と価値を強調します。
その後、リクエストごとにロックされたトークンの30%が解除され、Karatエコシステム内での積極的な参加の利点がさらに強調されます。

Kファンアプリでは、ユーザー同士の親密なつながりを築くことができます。
アプリリリースの第1弾は、「チームマッチングカーニバル」です。
このカーニバルでは、それぞれの役割のバニーとチームを組み(仲良しになり)、5人のチームを作ることができます。
3人以上のKfans/Close Friendsリクエストで、すべてのトークンをアンロックすることができます。
また、Onlyfansの人気インフルエンサーや株式・トークン投資の専門家などによるKfans限定コンテンツを発見することもできます。

KaratDAOネットワークの開発ロードマップ

KaratDAOの、Karatネットワークの開発ロードマップとしては、以下の通りです。

W3Auth

Karatは、W3Authと呼ばれる認証と認可の新しいWeb3標準を開発しています。
この新しい標準によって、ユーザーはイーサリアムでサインインし、Karat Network上でデータをホストし、データの完全な所有権と制御を維持することができます。

W3Auth開発の背景

Web2の世界では、OAuth 2.0はほとんど全てのアプリケーションで使用されています。
OAuth2.0は、認可と委任されたアクセス制御に使用されるオープンスタンダードなプロトコルです。
これにより、クライアントアプリケーションは、ユーザーの認証情報をクライアントアプリケーションと共有することなく、別のウェブアプリケーション上のユーザーのリソースにアクセスすることができます。
OAuth 2.0は、サードパーティのウェブアプリケーションでホストされているリソースにアクセスするために、ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションで広く使用されています。
Gmail、Facebook、Twitterからサインインできるログイン画面が表示されたら、OAuth 2.0が使用されている認証の標準です。

Web3における認証

従来のOAuth 2.0フローと比較して、Karat Networkが実装するW3Authフローは完全にオンチェーンであり、ユーザーデータに対するより高い透明性とコントロールを提供します。
OAuth 2.0がユーザーに代わってリソースへのアクセスを許可する中央集権的な認証サーバーに依存しているのに対して、W3Authフローは分散化されたアイデンティティ標準とスマートコントラクトを利用し、ユーザーデータがユーザーによって所有されコントロールされることを保証します。
これにより、信頼できるサードパーティが不要になり、ユーザーが自信を持って自分のデータへのアクセスを承認できるトラストレスな環境が構築されます。
さらに、Karat Networkのアプローチは、データへのアクセスを提供することで報酬を得ることで、ユーザーがネットワークに参加するインセンティブを与え、より協力的で有益なエコシステムを作り出しています。

W3Authのフロー

W3Authのフローは、以下のステップを含みます。

ユーザー認証
ユーザーは、MetaMaskやWalletConnectなど、好みのイーサリアムウォレットでサインインすることで本人認証を行います。
ユーザーのウォレットアドレスは一意の識別子として機能します。
Karat Networkにデータをアップロードする
ユーザーのデータはMPCテクノロジーを使って暗号化され、Ceramicのような分散型ストレージ・ソリューションにアップロードされます。
Karat Network上のスマートコントラクトは、ユーザーによって付与された権限に基づいて、ユーザーのデータへのアクセスを制御します。
データの認可
ユーザーがdAppにアクセスすると、dAppはユーザーのデータへのアクセスを要求できます。
ユーザーは、リクエストする側に許可を与えることで、自分のデータへのアクセスを承認することができます。
このアクセス許可はブロックチェーン上に保存され、透過的かつ監査可能です。
報酬
ユーザーは自分のデータへのアクセスを提供することでネットワークに参加し、報酬を得ることができます。
この報酬はカラット・トークンやその他のインセンティブという形で受け取ることができます。

KaratDAO(カラットダオ)の様々なプロダクトについて

ここからは、Karat DAO(カラットダオ)のその他のプロダクトについて情報を確認していきます。

カラットフォーム

現在のWeb3やNFTの世界では、AMAやツイッタースペースを行う際、私たちはオーディエンスについてもっと知りたいと思うものです。
私のオーディエンスは誰だろう?
ダイヤモンドハンドなのか、クジラなのか、それともフリッパーなのか?
KaratFormはその答えを教えてくれる素晴らしいツールです。
このような情報を知ることで、プロジェクトチームは、現在のコミュニティグループを維持しながら、同じようなオーディエンスを引き付けるためにマーケティング戦略を簡単に調整することができます。

KaratDAOのユーザーダッシュボードは、スマートコントラクトの接続や取引履歴を分析することで、ユーザーのオンチェーンでの功績をハイライト表示します。
この情報は、ユーザーが特定のドロップに適格または不適格である理由を理解するのに役立ちます。

Karatの目標は、コミュニティを立ち上げ、参加させ、成長させるための様々なツールをプロジェクトに提供することです。
AMA、NFTプレミント、トークンセール、アクティビティなど、プロジェクトオーナーがイベント用のウォレットアドレスを収集・管理するためのシンプルなツールが存在するべきだと考えています。

ウォレット統合、CRM、分析機能を備えたフォームのようなものだと考えてください。
私たちはウォレットアドレスを収集し、ウォレット分析、ユーザーグループ管理、フォローアップキャンペーンなどKaratだけが提供できる付加価値を提供します。

カラットフォームを選ぶ理由
簡単であること
1分以内にKaratFormを作成し、コミュニティのオンボーディングを開始することができます。
サインアップ、招待コード、承認なしで誰でもカラットフォームを作成できます。
この参入障壁の低さは、ウェブ3をより身近なものにするための重要な要素です。
無料であること
カラットフォームの作成は無料です。
ユーザーから収集した情報をエクスポートするのも無料です。
詳細な分析結果を見るのも無料です。
私たちは、このような時期に予算が厳しくなることを知っています。
やりがい
抽選会、景品、POAPのようなNFT、その他の魅力的なリワードでコミュニティを参加させましょう。
リワードは参加者を増やし、ユーザーの注目を集めるのに役立ちます。
コミュニティのユーザー行動パターンに基づいて戦略を最適化できます。
パワフルなウォレット分析
ダッシュボードには様々な重要情報が一目でわかります。
ETH残高、ホルダー資格、優良NFT、ソーシャルメディアアカウント、などといった情報です。
このデータは、コミュニティにとって価値のある潜在的なユーザーを特定するのに役立ちます。
さらに、MLベースのタグシステムは、ユーザーのウォレットに関するさらなる洞察を提供し、彼らを転換させるために取るべき行動を推奨することができます。
オールインワン・コミュニティ・アグリゲーション
さまざまなソースからコミュニティデータを集約することができます。
スマートコントラクトのアドレスを入力し、トークンとNFTホルダーのアドレスをインポートするだけです。
また、既存のデータをエクセルやcsvファイルの形式でアップロードすることもできます。
KaratFormはコミュニティの全体像を把握するのに役立ちます。

全体的に、KaratFormはあなたのコミュニティからtwitter、discord、telegramなどのweb3ユーザーをオンボードする最良の方法であり、web3とのエンゲージメントを向上させる最も費用対効果の高い方法の一つでもあります。

エアドロップ・ローンチパッド

トークンやNFTをあなたのコミュニティや潜在的なオーディエンスにエアドロップします。

現在のローンチパッドの問題点

今日、IEOの許可リストや限定販売ソリューションの大部分はボットで占められており、プロジェクトと正当なユーザーの両方のエコシステムを台無しにしています。

KaratDAO以前は、プライベート・ラウンド/ICOを実施しようとするプロジェクトは、選択したオーディエンスを見つけ、ターゲットにするために、1つ以上のスマート・コントラクトを書くのに何時間も費やさなければなりませんでした。
新しいプロジェクトや小規模のプロジェクトは、そのようなコントラクトを作成する資金的・時間的リソースを持っていない可能性があり、その結果、製品の品質に関係なく、確立されたプロジェクトが競争に打ち勝つことができるというフィードバック・ループが生じます。

さらに、既存の初歩的なソリューションはパーミッションレスではないため、そもそも小規模なプロジェクトがエコシステムに参加し、そこから利益を得ることを制限しています。
別のアプローチを採用することで、KaratDAOは、プロジェクトマネージャーが個人販売、リワードベースのキャンペーン、イベントチケットやその他のアプリケーションを簡単に実行できる無限の機会を提供します。

Karatのローンチパッドが提供するソリューション

Karatは、貴重なブロックチェーンデータにアクセスし、分類するプラットフォームを提供することで、全てのブロックチェーンプロジェクトと革新的なWeb3の冒険者に力を与えます。
プロジェクトは、ブロックチェーン上で行動が重複する1つまたは複数のユーザーグループのために、特定のDappsやWeb3ツールを構築することができ、同時に個人売買や請求のために事前に選択したアドレスのCSVをアップロードすることができます。

KaratDAOは、ブロックチェーンデータをインデックス化し、パフォーマントで効率的なクエリを可能にするパーミッションレスプロトコルでこの問題を解決します。
自動マッチングエンジン(AME)の目的は、各ウォレットアドレスの履歴からオンチェーンデータを収集することです。
その後、AMEはユーザーの嗜好に基づいてユーザープロファイルを引き出し、重複する条件を含むキャンペーンに適切なアドレスをマッチングします。


※ビットポイント以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、ビットポイントでは一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。