元素騎士オンライン(Gensokishi)の始め方-クローズドベータ体験談

※本記事は、元素騎士オンライン(Gensokishi)運営陣の確認・承諾のもと、掲載・公開しているものです。
本記事の内容の無断転載はご遠慮下さい。

元素騎士オンライン(Gensokishi)クローズドβ(ベータ)体験記

  • クローズドβのサインアップ方法
  • キャラクター作成の方法
  • 一連の基本操作

といったところを、スクリーンショットとともに確認してみましょう。

元素騎士オンライン(Gensokishi)クローズドβのサインアップ方法

①「クローズドベータ開催中」のスタートボタンをクリック

②「日本リージョンでプレイする」をクリック

③クローズドベータの参加チケットを確認する

④チケットを保有しているウォレットにログイン

⑤メタマスク側で承認

⑥「ゲームにログインする」をクリック

⑦ログイン方法(アカウント開設方法)を選択

今回のクローズドベータ版では、

  • メールアドレスによるログイン
  • Twitterアカウントとの紐づけによるログイン
  • LineIDによるログイン
  • Googleアカウントによるログイン

が選択肢として提示されていました。

LINEでログインができる、という点は、既存のブロックチェーン・ゲームの中では、特徴的と言えます。

⑧確認メール受信後、ログイン

⑨アカウントに名前を設定

※このアカウント・ネームは、ゲーム内のキャラクターの名前とは異なります。

⑩ウォレットアドレスとの紐づけ

⑪メタマスク側で再度の承認

⑫ゲームのスタート

元素騎士オンライン(Gensokishi)クローズドβのキャラクター作成

①キャラクター作成の方法を選択

  • 男性キャラクターを「おまかせ」で作成
  • 女性キャラクターを「おまかせ」で作成
  • 自分で細かく作成

という3通りがあります。
以下は、「自分で作成する」を選択した場合となります。

②性別の選択

※以下は、「男性」を選択した場合です。

③顔の選択

④髪型、及び、髪の色を選択

⑤職業の選択

職業の選択肢としては、下記の通りです。

ファイター
剣と盾を扱う接近戦に長けた屈強な戦士。扱いやすい職業なのではじめての冒険者におすすめ。ガーディアン・マジックナイトに転職可能。
クレリック
聖なる魔法で仲間の傷を癒し光の力で悪しきを浄化する聖職者。仲間の支援が得意な縁の下の力持ち。ビショップ・モンクに転職可能。
シーフ
多彩な技と素早い攻撃が特徴の短剣使い。攻撃は得意だが守りが弱いので回復剤をこまめに使い立ち回ろう。アサシン・モンクに転職可能。
ウィザード
強力な元素魔法で敵を圧倒する魔道士。体力の低さを補うため守りに長けた仲間と組んで戦おう。ウォーロック・マジックナイトに転職可能。

⑥名前の入力

⑦「冒険を始める」をクリック

ここまで行けば、キャラクターの作成は完了です。

⑧プロローグのあと、ストーリーがスタート

プロローグ映像が再生されたあと、ストーリーが始まります。

元素騎士オンライン(Gensokishi)クローズドβの各種基本操作

キャラクターの能力強化

レベルアップによって獲得できる「強化ポイント」を割り振ることにより、自身のキャラクターの基本能力を強化することが出来ます。
各基本能力の詳細は下記の通りです。

腕力
攻撃力と「クリティカル耐性値」が増加。
武器による物理攻撃を得意とする、「ファイター」「シーフ」「アサシン」「モンク」といった職業のキャラクターが強化すべき能力です。
体力
キャラクターのHPの最大値(Max HP)、及び、防御力を増加させる能力です。
「ファイター」や「ガーディアン」といった職業に推奨される基本能力です。
知力
MPの最大値、及び、魔法攻撃力を強化するポイント。
スキルを扱うケースの多い職業(クレリックやウィザード、ビショップなど)に、強化推奨される基本能力です。
精神
MPの最大値はもとより、「回復魔法力」を強化するポイントです。
他キャラクターの補助などを得意とするキャラクター(クレリックなど)は、高めておくべき能力と言えます。
速さ
モンスターからの攻撃をよけるための「回避値」と、「防御力」の増加につながるポイント。
「シーフ」「アサシン」などに推奨される基本能力です。
器用
自分の攻撃の「命中値」と「物理クリティカル値」、そして「魔法クリティカル値」に影響します。
ファイターやシーフ、ウィザードなどの職業におすすめです。

なお、画面左上での「おすすめ」をクリックすると、各キャラクターの職業にあったパワーアップを自動で実施してもらえます。

「スキルツリー」での新スキル獲得

戦闘等を通じて獲得した「スキルポイント」を消費して、新たなスキルの獲得や、獲得済スキルの「強化」を行うことが可能です。

新スキルの「修得」

ラインで繋がっているスキルを追っていくことにより、新スキルの獲得(=修得)を行うことが出来ます。
修得条件はスキルによって異なり、中には、特定のクエストをクリアすることが、修得条件とされているケースもあります。

スキルの強化

新スキルの修得ではなく、既存スキルの「強化」にスキルポイントを利用することも可能です。

なお、先程の基本能力アップのケースと同様、「おすすめ」をクリックすると、職業などに見合った、推奨スキルを選択してくれます。

モンスターの戦闘(バトル)

マップ上で敵と出会い、画面右下に表示されるアイコンをクリックすると、モンスターとのバトルが始まります。
戦闘は基本的に自動で進行しますが、

  • スキル
  • アイテム

については、プレイヤー自身が手動で使用することが出来ます。
また、画面上部の「戦闘解除」をクリックすると、バトルを途中で中断することも可能です。

アイテムの売買

ショップに立ち寄ることで、

  • 保有しているアイテムや装備品の売却
  • 新たなアイテムの購入

などを行うことが出来ます。

「クエスト」の選択

元素騎士オンライン(Gensokishi)クローズドβは、基本的に

  • 「クエスト」を引き受け、
  • そのクエストを「クリア」することを重ねて、
  • 「チャプター」をクリアしていくこと

によって進行していきます。

「クエストを追跡」すれば、

↑このように、画面上に進むべき方向が矢印で表示されますので、ゲーム初心者でも、比較的スムーズに進めていくことが出来ましょう。

武具装備、及びその強化

元素騎士オンライン(Gensokishi)では、

  • 右手
  • 左手
  • 胴体
  • 背中

に武具装備をセットできるほか、「アーティファクト」と呼ばれるアイテムも存在します。

また、「武具強化」や「限界突破」によって、装備品を強化することも可能です。

元素騎士オンライン(Gensokishi)のキャラクター・ステータス

元素騎士オンライン(Gensokishi)では、各キャラクターに、下記のようなステータスが存在します。

攻撃
通常攻撃や物理攻撃系のスキルを使った時に、敵キャラクターに対して与えるダメージ量に影響。
防御
防御力を高めておけば、モンスターから攻撃を受けた場合のダメージを減らす効果が期待できます。
しかし、モンスターからの攻撃が「クリティカルヒット」した場合は、その限りではありません。
回避値
敵からの攻撃をよける(回避する)ことのできる確率に影響。
うまく敵の攻撃を回避できれば、ダメージは一切受けずに済みます。
魔法攻撃力
魔法攻撃関係のスキルを利用した時の威力に影響。
基礎能力として「知力」などを高めておくことで、魔法攻撃力を増すことが出来ます。
命中値
通常攻撃が敵にヒットする確率を表します。
物理クリティカル値
物理攻撃が、敵に対してクリティカル・ヒットする確率。
もしも攻撃がクリティカル・ヒットすれば、敵の防御力に対して無関係に、大きなダメージを与えることが出来ます。
物理クリティカル倍率
クリティカル・ヒットが生じた場合の、敵に対して与えるダメージの増量幅を指します。
通常は、3割~5割の範囲内、とされていますが、スキルによって上限を高めていくことが可能です。
魔法クリティカル値、及び倍率
上記の「魔法攻撃版」に相当します。
詠唱速度
この能力が高ければ、スキルが発動するまでの詠唱時間を短縮する効果が期待できます。
回復魔法力
回復スキルを利用した時の、実際のHP回復量を左右する数値です。
防御効率
防御の活用により、敵モンスターから被るダメージを効率的に減らす能力を指します。
ガード値
この数値が高いと、敵から攻撃を受けた際に「ガード」の効果が生じる可能性が高まります。
上手く「ガード」が発動すれば、攻撃によって被るダメージを軽減する効果が期待できます。
ガード効果
ガード発動時の、ダメージの軽減程度に影響します。

敵に倒されてしまうと…?

↑もしもモンスターに倒されてしまうと、このように、

  • 経験値
  • スキル経験値

の1パーセントダウンを了承したうえで、安全な場所に戻る必要があります。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。