【無料で使える?】Midjourney(ミッドジャーニー)の使い方-料金や商用利用の可否、プロンプトの作り方も検証

AI(人工知能)を活用した、画像生成ツールとして話題の、Midjourney(ミッドジャーニー)。
国内外のAI情報系のインフルエンサー達による情報発信・拡散もあり、昨今、関心は日に日に高まるばかりです。

何より、

  1. AIでコンテンツ生成(プロンプトを効率的に使用すれば、ほぼ自動化可能)
  2. 生成したコンテンツをNFT化(適切なチェーンを選択すれば、コストは数円程度)
  3. 大手マーケットプレイスに出品・販売(NFTが売れれば、手数料以外はほぼ全額が自分の収入になる)
  4. 事前にクリエイター手数料の設定を済ませておけば、NFTが転売されるごとに、ロイヤルティ収入が貰える(NFTの二次流通も収益化できる)

という流れで、収益化・副業化が期待できる、という点も、昨今、Midjourney(ミッドジャーニー)のような生成AIが大きな注目を集めている理由のひとつ。

そんなMidjourney(ミッドジャーニー)を利用したコンテンツ生成、そして、NFT化を通じた収益化等を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. 生成画像のNFT販売に向け、あらかじめ、CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。本日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 無料でデジタルマネーやAmazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、Midjourney(ミッドジャーニー)への課金等のための、ノーリスクの原資を確保しておく

    ※本日現在、掲載キャンペーン で獲得できるAmazonギフト券や仮想通貨、日本円等の合計は、15,500円相当。締め切りが近いキャンペーンもあるので、お早めに

  3. 諸々の準備が整ったら、本記事で、Midjourney(ミッドジャーニー)の始め方等を確認し、実際の取り組みを進めてみる

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

Midjourney(ミッドジャーニー)によるAI画像生成を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

Midjourney(ミッドジャーニー)を用いて生成したコンテンツをNFT化し、その販売等で今後、何らかの収益が得られるようになった場合、その収益は、日本円建てではなく、トークン、すなわち、仮想通貨で支払われることとなります。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、CoinTrade(コイントレード) 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。

また、Midjourney(ミッドジャーニー)で生成したコンテンツをNFT化したり、コレクションを公開するためには、少額ながら(チェーンによって、最低で数円程度)、ガス代、すなわちトランザクション手数料を支払う必要があります。
そして、その手数料支払いは、日本円ではなく、「MATIC」や「ETH」といった、仮想通貨建てで行う必要があります。
そうした仮想通貨の入手にもまた、CoinTrade(コイントレード) 等の国内仮想通貨取引所の口座が必要です。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • 運営元(運営会社の親会社等)が上場している、いわゆる「大手」が良い、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
東証プライム市場上場企業の子会社が運営し、口座開設はもちろん無料。
さらに、口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。本日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、Midjourney(ミッドジャーニー)への課金のための原資を確保する

Midjourney(ミッドジャーニー)のようなAIツールの場合、本格的な利用を始めるためには、一定の利用料の支払いを求められるケースが大半です
※AIを用いた「生成」までは無料で出来ても、生成したコンテンツのダウンロードや商用利用のためには、コストの支払いが必要、というケースも多く散見されます。

また近年、AIツールを用いた副業や在宅ワークには、大きなビジネス・チャンスがある、とされていますが、その一方で、

  • 有料版を使ってみたが、いざ、本格的な用途に使用してみると、AIツールとの相性が合わない
  • 期待・想定していたコンテンツと、全く異なる結果が出力されて、使い物にならない
  • GPT-3.5を用いた、似たようなサービスが数多く出回っており、どれが優れたサービスなのか、見分けがつきづらい

等といったリスク・デメリットも、否定できません。

こうした事情を考慮すると、まだあまり使い慣れていないAIツールの有料利用に、最初から、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。

目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

※いずれも、新規口座開設等(無料)が条件として設定されているキャンペーンであり、課金や支払いを求められることはありません。

キャンペーンご利用はお早めに

本日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、15,500円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当のETH(イーサリアム)がもれなく全員にプレゼント。もらったETHは、同社のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年3月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年4月30日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のETHをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼント
キャンペーン期限
本日現在、期間限定にて開催中
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、本日現在、期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分のETH(イーサリアム)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったイーサは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年3月31日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月28日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

諸々のキャンペーンの利活用を含め、準備が済んだら、いよいよ、以下から、Midjourney(ミッドジャーニー)の詳細を確認し、実際の取り組みを始めてみましょう。

Midjourney(ミッドジャーニー)の始め方・使い方

ここでは、画像生成AI、Midjourney(ミッドジャーニー)の具体的な始め方や、利用の手順、といった内容について、1つずつ、確認を進めて参ります。

※なお、既にMidjourney(ミッドジャーニー)の使用に慣れており、「Midjourneyで生成した画像コンテンツのNFT化・出品の方法を知りたい」という人は、以下の別記事をご覧下さい。


参考:
生成AIを用いて作成したコンテンツをNFT化し、OpenSea等のマーケットプレイスに出品する方法

Midjourney(ミッドジャーニー)の始め方(事前準備編)

Midjourney(ミッドジャーニー)の利用を始める際の手順としては、主に以下の通りです。

  1. Midjourney(ミッドジャーニー)の月額課金(サブスク)を済ませる
  2. Midjourney(ミッドジャーニー)使用のための、自分専用のディスコード・サーバーを立ち上げておく
  3. 立ち上げた自分専用サーバーに、Midjourney(ミッドジャーニー)のボット(アプリ)を導入する

それぞれ、詳しく確認して参りましょう。

Midjourney(ミッドジャーニー)へのサブスク(月額課金)を済ませる

2024年1月現在、Midjourney(ミッドジャーニー)の利用を始めるためには、同社の提供する有料のサブスクリプション・プランに加入しておく必要があります。

サブスクへの課金の手順は以下の通りです。

Midjourney(ミッドジャーニー)のアカウント・ページにアクセス

ディスコードにログインした状態で、Midjourney(ミッドジャーニー)のアカウント・ページにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://www.midjourney.com/account/

右側の、「ログイン」のほうをクリックします。

「認証」をクリック

Midjourney(ミッドジャーニー)に対して許可することとなる内容をよく確認したうえで、同意する場合は、「認証」のバナーをクリックします。

年間契約とするか、単月の登録とするか、の選択

「年払い」を選択すると、1か月あたりの料金は安くなります。
一方、「まずは1か月だけ試したい」という場合は、「月払い」を選択したほうが無難です。

サブスクリプション・プランの選択

続いて、課金するプランを選択します。
最も安いプランの場合で、月額10ドルです。
※ただし、1か月ごとの課金の場合。年払いの場合、多少安くなります。

連絡先・支払い方法の選択

プランを選択すると、決済サービス「Stripe」(ストライプ)のサービスに遷移します。
まずは、連絡先のメールアドレス、及び、支払い方法を選択します。
※以下では、クレジットカードを選択しています。

クレジットカード番号等の入力

続いて、クレジットカード番号や、有効期限、セキュリティ・コードの入力等を進めます。

請求先住所の入力

最後に、請求先住所を入力し、「申し込む」のバナーをクリックします。

Midjourney(ミッドジャーニー)への課金完了

このような画面が表示されれば、Midjourney(ミッドジャーニー)の月額プランへの課金は完了です。

Midjourney(ミッドジャーニー)使用のための専用サーバーを事前に立ち上げておく

Midjourney(ミッドジャーニー)は、同社の公式ディスコード・サーバー内からでも、画像の生成を行うことが出来ますが、基本的には、

  1. あらかじめ、自分の専用のサーバーを立ち上げておいて、
  2. そのサーバーに、Midjourney(ミッドジャーニー)のアプリ(ボット)を導入し、
  3. 自分のサーバー内で、画像の生成を行ったほうが、

何かと簡便です。

実際の手順は以下の通りです。

Discord(ディスコード)の「+」アイコンをクリック

まずは、Discord(ディスコード)の画面左側(※ただし、PCブラウザからディスコードを利用している場合)に表示されている、「+」のアイコンをクリックします。

「オリジナルの作成」を選択

続いて、「オリジナルを選択」をクリックします。

「自分と友達のため」を選択

Midjourney(ミッドジャーニー)を個人的に使用するためのサーバー、ということであれば、「自分と友達のため」を選択します。

サーバー名とアイコンの設定

アイコンについては、指定しないでも構いません。
サーバー名に関しては、後から自分で分かりやすいように、「Midjourney使用専用サーバー」とでも名付けておけば良いでしょう。
入力が済んだら「新規作成」のバナーをクリックします。

Midjourney使用専用サーバーの立ち上げ完了

このような画面が表示されれば、Midjourney使用専用サーバーの立ち上げは完了です。

Midjourney(ミッドジャーニー)のBotアプリを、自分の専用サーバーに追加する

専用サーバーの立ち上げが済んだら、続いて、Midjourney(ミッドジャーニー)のボットアプリを、自分のサーバーに導入します。
手順は以下の通りです。

Midjourney(ミッドジャーニー)のディスコード・サーバーにアクセス

まずは、Midjourney(ミッドジャーニー)のディスコード・サーバーにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://discord.com/invite/midjourney

アクセスしたら、「招待を受ける」のバナーをクリックします。

Midjourney(ミッドジャーニー)のBot(ボット)を探す

Midjourney(ミッドジャーニー)のディスコード・サーバーに入ると、このような画面が表示されます。

続いて、Midjourney(ミッドジャーニー)のBot(ボット)を探すべく、「Newbies」(初心者)チャンネル等にアクセスします。

画像生成を行っている、「Midjourney Bot」という公式ボットを見つけたら、クリックします。

「アプリを追加」をクリック

「アプリを追加」のバナーをクリックします。

専用サーバーを選択する

先ほど自分が作成した専用サーバーをプルダウンから選択し、「はい」のバナーをクリックします。

Midjourney(ミッドジャーニー)のボットに与える権限内容を確認

Midjourney(ミッドジャーニー)のBotに与えることとなる権限の内容をよく確認し、同意する場合は、「認証」のボタンをクリックします。

認証をクリア

認証を求められたら、クリアします。

Midjourney(ミッドジャーニー)ボットの追加完了

このような画面が表示されれば、先程立ち上げた専用サーバーへの、Midjourney(ミッドジャーニー)のBotの追加は完了です。

Midjourney(ミッドジャーニー)を使った画像生成や編集の手順

前述までの準備が整ったら、Midjourney(ミッドジャーニー)を使った画像生成を実際に行うことが出来ます。

また、生成された画像に対して、諸々の編集を行うことも可能です。

手順は以下の通りです。

Midjourney(ミッドジャーニー)で最初の画像生成をやってみる

まずは、Midjourney(ミッドジャーニー)を使った最初のAI画像生成にチャレンジしてみましょう。

ディスコードのテキストチャンネルにアクセス

事前に作成しておいた、自分のMidjourney(ミッドジャーニー)専用サーバーの、テキストチャンネルにアクセスします。
※デフォルトでは、「一般」というテキストチャンネルが1つ、存在するはずです。

メッセージ入力フォームへ

ディスコード画面下部の、メッセージ入力フォームに移動します。

「/imagine」及びプロンプトの入力

最初に「/imagine」を入力し、続いて、任意のプロンプトを入力します。

Midjourney(ミッドジャーニー)の利用規約への同意処理

Midjourney(ミッドジャーニー)のToS(利用規約)への同意がまだ、という場合、このようなエラー画面が表示されます。
内容をよく確認したうえで、同意する場合は、「Accept ToS」のバナーをクリックします。

課金(サブスク)が未払の場合

Midjourney(ミッドジャーニー)の有料プランへの課金(サブスク)がまだ、という場合、このようなエラー画面が表示されます。
「Manage Account」のバナーをクリックすると、

このように、ディスコード・サーバーから離れ、Midjourney(ミッドジャーニー)のアカウント管理ページへ移動することが出来ますので、そちらで、サブスクリプション・プランへの有料課金を済ませます。

生成した画像が出力される

Midjourney(ミッドジャーニー)ではまず最初に、プロンプトに沿った、4つの画像が自動生成されます。
画像には、

  1. 左上
  2. 右上
  3. 左下
  4. 右下

の順番で、番号が付けられています。

画像の追加編集を行う

生成された4つの画像のうち、任意の物に関して、追加編集等を行うことが可能です。

気に入った画像の「U」をクリック

生成された画像の中で、気に入ったものがあれば、「U」のボタン(+番号)で指定します。

ズームアウトやパンなどの操作が可能

例えば、「2倍ズームアウト」を選択した場合、上掲スクリーンショットの要領で、元画像から2倍分、ズームアウトした画像が自動生成されます。

画像のダウンロード・保存も可能

最終的に気に入った画像が完成したら、(PCの場合であれば)画像を右クリックし、「画像を保存」を選択することで、当該画像のダウンロード・保存が可能となります。

画像の「バリエーション」の作成

最初に生成された画像に対して、「V」ボタンを使用することにより、元画像の「バリエーション」を追加生成することも可能です。

「V」行のボタンを使用

まずは、元画像の下に表示されている2行のボタンの中から、「V」行のものを選択します。

実際に生成されたバリエーション画像がこちら

実際にMidjourney(ミッドジャーニー)から出力されたバリエーション画像がこちら。
元画像をベースにしながら、風合いの変化した画像が出力されていることが分かります。

Midjourney(ミッドジャーニー)概要・公式サイト等

公式サイト
https://www.midjourney.com/
ディスコード
https://discord.com/invite/midjourney
生成された画像例(ShowCase)
https://legacy.midjourney.com/showcase/recent/
利用規約
https://docs.midjourney.com/docs/terms-of-service
公式ドキュメント
https://docs.midjourney.com/


※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

人工知能・AI情報検証チーム
fill.mediaは、NFTや暗号資産(仮想通貨)、不動産クラウドファンディング、ソーシャルレンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

人工知能・AI情報検証チームでは、昨今、大きな話題・関心を集めている人工知能・AI分野に関し、その仕組みや最新情報を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。