SAMURAI証券親会社が、さくらソーシャルレンディング社筆頭株主「ビー・アイ・ジー・キャピタル」及び日本保証と3社間業務提携

ソーシャルレンディング・サービス「SAMURAI」を運営するSAMURAI証券株式会社(東京都港区虎ノ門)の100パーセント親会社、SAMURAI&J PARTNERS株式会社(東京都港区虎ノ門。JASDAQグロース上場。証券コード4764。以下、同社)は、ビー・アイ・ジー・キャピタル株式会社、および、株式会社日本保証との間での、3社間業務提携を締結することを決定した旨を明らかにした。

同社のプレスリリース(※)によれば、ビー・アイ・ジー・キャピタル株式会社は、ソーシャルレンディング・サービス「さくらソーシャルレンディング」の運営会社、さくらソーシャルレンディング株式会社の筆頭株主にあたる。同社によれば、

  • ビー・アイ・ジー・キャピタルの有する、資金調達ニーズのある地方優良企業のネットワーク
  • 日本保証の有する金融機関ネットワーク
  • 同社子会社「SAMURAI証券株式会社」の運営するクラウドファンディングプラットフォーム「SAMURAI」

の融合によるシナジー効果に期待し、今回の業務提携合意に至ったという。


(※)
ビー・アイ・ジー・キャピタル株式会社及び株式会社日本保証との業務提携に関するお知らせ|SAMURAI&J PARTNERS株式会社

さくらソーシャルレンディングとは



引用元:さくらソーシャルレンディング

さくらソーシャルレンディング株式会社(福岡県福岡市博多区)が運営に関与していたソーシャルレンディング・サービス。
成立ローン総額は15億3,942万円。登録ユーザー数は3,595人。(◆)
関連会社を経由して、売掛債権買取事業者に対し貸付を行うファンド(※1)や、関連会社に対し不動産仕入れ資金を融資するファンド(※2)などを提供していた。
2019年7月に募集を行ったファンド(※1)を最後に、ファンドの新規募集は行っていない。


(※1)さくら北海道(札幌)セレクトファンド134号
(※2)【不動産担保付き】さくら九州(大分)セレクトファンド83号
(◆)情報引用元:さくらソーシャルレンディング

SAMURAIとは



引用元:SAMURAI

ジャスダック上場企業「SAMURAI&J PARTNERS 株式会社」の100パーセント子会社である、SAMURAI証券株式会社が運営する、ソーシャルレンディング・サービス。


参考:
SAMURAI証券|公式サイト


国内ソーシャルレンディング事業者の多くが登録を取得している、「第二種」金融商品取引業よりも、資本要件等の厳しい、「第一種」金融商品取引業の登録事業者(SAMURAI証券株式会社)が運営にあたっているという点に、特色がある。
親会社であるSAMURAI&J PARTNERS 株式会社と業務提携をしている「株式会社日本保証」が、債務保証を行うファンドなど、シリーズごとに特色のある案件が複数組成・公開されている。
2019年6月には、新社長、中山幹之氏が就任。同7月以降を「第2創業期」と位置づけ、画期的な商品・サービスの創造に努めるという。


関連記事:
【2019年9月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ5社&危ない3社【初心者必見】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。