ネクストシフトファンドが新案件「カンボジア農家さん応援ファンド2号」を公開



ネクストシフトファンド上にて公開された、「カンボジア農家さん応援ファンド2号」。
画像引用元:ネクストシフトファンド

ネクストシフト株式会社(鳥取県八頭郡。代表取締役 伊藤 慎佐仁 氏。以下、同社)は、同社が運営するソーシャルレンディング・サービス「ネクストシフトファンド」において、新ファンド「カンボジア農家さん応援ファンド2号」を公開し、投資募集を開始した。

同ファンドを通し、カンボジアの首都、プノンペンに本拠を構える、JC FINANCE PLC.社へと融資を行うという。同社によれば、JC FINANCE PLC.社は、「カンボジア中央銀行からマイクロファイナンスの事業免許を取得した、正式に認可された機関」であるとされ、「農機ローンをはじめとした農家向けの融資事業を展開し、カンボジア国内の経済発展に貢献」している事業者であるという。

投資家向けの目標利回り(年率)は5.0パーセントとされ、2019年9月中旬からの、1年間の運用を予定する。

なお、貸付に際し、物的・人的担保の設定は為されない。また、貸付がアメリカ・ドル建てで行われる関係上、投資家としては、為替の変動リスクを許容する必要がある。


参考:
カンボジア農家さん応援ファンド2号|ネクストシフトファンド


ネクストシフトファンドとは



引用元:ネクストシフトファンド

鳥取県発のスタートアップ企業、ネクストシフト株式会社が運営するソーシャルレンディング・サービス。
「社会的インパクト投資」を標榜し、国外のマイクロファイナンス機関へと融資する案件組成等を得意とする。
国内ソーシャルレンディング事業者の中では、新興事業者の一つと言え、累計融資総額は、2019年7月に、5,000万円を超えたばかり。
数百億円規模の累計融資総額を誇る事業者も少なくない中、その実績・事業規模は比較的小規模といえるが、サービス運営会社の代表取締役社長CEOを務める伊藤慎佐仁氏は、ワイジェイFXの代表取締役社長CEO歴等、ベンチャー・ビジネスの舵取りに造詣を持つ。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。