国外向けソーシャルレンディング「クラウドクレジット」が、新たに2ファンドシリーズの貸付先を公開。匿名化解除済ファンドシリーズは合計12本に

クラウドクレジット株式会社(東京都中央区日本橋。代表取締役 杉山 智行 氏。以下、同社)は、8月5日、同社が展開するソーシャルレンディング・サービス「クラウドクレジット」において、新たに2件のファンド・シリーズの、実質的な借り手事業者に関する情報を公開した。

「東南アジア未電化地域支援プロジェクト」シリーズ



引用元:【匿名化解除】「東南アジア未電化地域支援プロジェクト」シリーズ貸付先公開のお知らせ|クラウドクレジット

同ファンド・シリーズの実質的な貸付先は、シンガポールに所在する持ち株会社、Solar Home Pte. Ltd.社。
2016年7月に設立された事業者であり、家庭用太陽光発電ユニットの割賦販売事業を行う、ミャンマー現地法人を保有しているという。


参考:
【匿名化解除】「東南アジア未電化地域支援プロジェクト」シリーズ貸付先公開のお知らせ|クラウドクレジット

「東アフリカ金融事業者支援ファンド」シリーズ



引用元:【匿名化解除】「東アフリカ金融事業者支援ファンド」シリーズ貸付先公開のお知らせ|クラウドクレジット

同ファンドシリーズの実質的な資金融資先は、インド洋に位置する島国、モーリシャスに本拠を持つ、Platcorp Holdings Ltd社。
設立は2004年11月、傘下のグループ会社を通じて、ケニア、タンザニア、ウガンダ、といった地域に、事業展開をしているという。


参考:
【匿名化解除】「東アフリカ金融事業者支援ファンド」シリーズ貸付先公開のお知らせ|クラウドクレジット

クラウドクレジットの、匿名化解除済ファンドシリーズ

クラウドクレジットの貸付先匿名化解除は、先月来、堅調に推移している。
既に、

  • シンガポール広告代理店ベンチャー企業支援ファンド
  • 中東地域ソーラー事業者支援ファンド
  • 欧州フィンテック事業者支援ファンド
  • マイクロローン事業者ファンド
  • ブルガリア中小企業向けローンファンド
  • 東欧金融事業者支援ファンド
  • モンゴル金融事業者支援ファンド
  • インドネシア小水力発電支援ファンド
  • モンゴル中小企業支援プロジェクト

上記9件のファンド・シリーズの借り手企業実名を公開している他、2019年7月末には、匿名化解除済の新ファンド、「キルギスマイクロファイナンス事業者支援ファンド」をリリース。
これらに加えて、今回の2ファンドシリーズの匿名化解除により、実質的な貸付先情報が公開されているファンドシリーズの総数は、12件に達した。
同社としては、「今後も投資家の皆様が安心して資産形成および資産運用の一助となるソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)をご活用いただける環境を作るため、積極的な情報公開を推進して」(※)いく考えであるという。

(※)引用元:【匿名化解除】「東アフリカ金融事業者支援ファンド」シリーズ貸付先公開のお知らせ|クラウドクレジット


参考:
クラウドクレジット|公式サイト

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。