LENDEXにて、ソーシャルレンディングファンド「不動産担保付きローンファンド 32号」が公開されています。

本ソーシャルレンディングファンドの概要

同社のホームページから確認した、本ファンドの概要としては、下記の通りです。
なお、案件1、及び案件2のうち、資金の大半を融資する「案件1」のほうに関してのみ、下記、詳説をさせて頂きます。

※なお、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

本ソーシャルレンディングファンドの詳細情報ページのURL

こちらです。

https://lendex.jp/main/fund_detail/47/

本ソーシャルレンディングファンドのスキーム図


引用元:https://lendex.jp/main/fund_detail/47/

資金の借り手

東京都内の不動産事業者T、との表記が確認できます。
同社の事業歴等に関するその他情報は、表記を確認できませんでした。

貸付資金の総額

1,800万円とのこと。

借り手の資金使途

不動産事業者Tが新たに購入する不動産の仕入資金、との記載があります。

貸付・運用の期間

期間12カ月の貸付・運用となります。

設定担保

LENDEXは、不動産事業者Tへの融資に際し、不動産事業者Tが新たに取得する不動産(東京都品川区内の区分マンション一室)を担保として、抵当権「第一順位」に設定する、とのこと。

返済原資

当該不動産の売却による売却代金、借入人の事業収益、又は他の金融機関からの借り入れによって、返済原資が確保される計画である、とのこと。

本ソーシャルレンディングファンドの期待利回り

7.50パーセント、とのこと。

本ソーシャルレンディングファンドの最低投資額

2万円以上から投資可能、となっております。

本ソーシャルレンディングファンドの検証ポイント

当ラボの考える、本ファンドのポイントは、下記の通りです。
なお、いずれも、当ラボの私的見解です。
実際の投資是非の判断においては、必ず、各投資家様それぞれ、皆様ご自身において、ご検討・ご判断を為さって頂きますよう、お願い致します。

LTVは一応8割以下

※融資額は、①LENDEX独自の査定額と②第三者の調査価格とを比較して、低い方の80%を上限に設定しております。
引用元:https://lendex.jp/main/fund_detail/47/


上掲の表記がありますので、LTV(Loan to Value)値としては、一応、8割以下であることが分かります。
ごく平易に考えれば、

  • LTV8割以下で、
  • シニアローン案件(=第一順位抵当権案件)、

ということであれば、本ファンドの期待利回り(7.50パーセント)は、他のソーシャルレンディング事業者のファンドと比しても、高利と言えます。

マンションの評価額について

LENDEX独自の査定額と、第三者の調査価格のうち、低いほうであったとしても、2,250万円以上の評価額であったことが類推されます(1,800万円÷0.8=2,250万円)。
本件担保物となるマンションについては、築年数が記載されていないため、正確な価値推定は難しいのですが、「at home 投資」によると、3DK間取りであれば、


引用元:https://toushi-athome.jp/bklist

築後40年以上経過している物件でも、2,480万円、


引用元:https://toushi-athome.jp/bklist

面積が比較的近しい物件(=3DKとしては比較的小規模な物件)でも、3,280万円など、強気な価格設定が散見されます。

※あくまでも、当ラボによる簡易調査の結果です。
実際の、本ファンドに対する投資是非の判断につきましては、必ず、各投資家様皆様個々人にて、執り行って頂きますよう、お願い致します。

本記事執筆現在の資金応募状況は


引用元:https://lendex.jp/main/fund_detail/47/

2019年2月6日15時の公開直後から、出資が集中し、既に100パーセントの資金募集を達成しています。

まとめ

記事中には、当ラボの私的見解が含まれておりますが、
あくまでも、その限りにおいて、
少しでも、「これからソーシャルレンディング投資を始めてみよう」とお考えの読者様にとり、ご参考になさって頂ける内容と出来たのであれば、幸甚です。

国内のソーシャルレンディング事業者各社を、筆者がランキング形式で検証した、こちらの過去記事も、おすすめです。是非、ご覧になってみてください。

国内ソーシャルレンディング事業者を徹底ランキング。利回り&グローバル度&担保メリット、資本金額規模等、異なるアングルから人気ソーシャルレンディング事業者を徹底分析。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、各ソーシャルレンディン事業者に関する最新情報、マーケットインフォメーション等をお届けします。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks