ソーシャルレンディングとインデックス投資を比較

ソーシャルレンディングとは

銀行定期預金等と比較し、高い期待利回りが呈示されているとして、個人投資家を中心に、高い注目を集めている、新たな投資手法、ソーシャルレンディング。
企業を中心とする資金需要者からも、新たな資金調達手法として、関心を寄せられつつあります。

投資家・資金需要者、双方にとってメリットがある一方で、元本割れのリスクや、ファンドの延滞リスク等、ソーシャルレンディング投資スタートにあたっては、複数のリスク要素にも、注意が必要です。

※ソーシャルレンディングの概要・詳細については、こちらのコンテンツをご参照下さい。

ソーシャルレンディングとは

※ソーシャルレンディングに関する「よくある質問・回答」は、こちらのページから御確認下さい。

ソーシャルレンディングFAQ

インデックス投資とは

日経平均株価等、代表的な経済指数(=インデックス)に沿った投資成績を目指すのが、インデックス投資です。
なお、投資家がインデックス投資を行う場合、

  • 非上場のインデックス投資信託を購入するか、
  • 上場投資信託(ETF)を購入するか、

という選択を行うことが一般的ですが、本記事においては、便宜上、後者(ETF購入によるインデックス投資)を前提として記述をさせて頂きます。

インデックス投資のメリット

上場インデックス投資信託を利用した投資には、主に、下記のようなメリットが考えられます。

  • 市場が開いている時間帯であれば、いつでも売買が可能:
    上場しているインデックス投資信託(ETF)は、一般の上場企業株式等と同様、まさに文字通り、証券市場に上場しています。
    このため、市場が動いている時間帯であれば、上場株式等と同様、いつでも、リアルタイムで、売買が可能です。
  • 手軽に分散投資ができる:
    経済指標である「指数(=インデックス)」に対し投資を行うために、インデックス投資信託には、様々な上場企業株式等が、ポートフォリトとして、組み入れられています。
    このため、投資家としては、インデックス投資を行う場合、単一企業の株式を保有するのとは異なり、至極手軽に、実質的な分散投資を行うことが可能となります。
  • 値動きの把握が容易:
    インデックス投資は、文字通り、日経平均株価等の指数(インデックス)に連動した運用成績を目指す投資信託商品ですので、当該投資信託が連動対象としている指数の値動きを確認することによって、比較的容易に、投資信託本体の値動きを把握することが可能です。
  • 保有コストが安い:
    信託報酬等の保有コストが安いことも、上場インデックス投資信託(ETF)活用のメリットの一つと言えます。
    一般的に、ヘッジファンド等のアクティブ型投資信託と比較し、インデックス投資信託(=アクティブ型に対し、パッシブ型、とも呼ばれます)の信託報酬は、廉価な設定となっています。
  • 様々な商品が提供されている:
    日本の株式関連指数に連動する商品だけでなく、外国株式指数に連動する物や、コモディティ価格指数に連動する投資信託など、様々な商品が提供されています。

インデックス投資信託のデメリット・リスク

  • 価格の変動リスク:
    上場インデックス投資信託(ETF)の場合、組み入れている有価証券の価格が変動すれば、それに連動し、投資信託本体の価格も、変動してしまうリスクがあります。
  • 市場価格と基準価額の乖離:
    上場インデックス投資信託(ETF)には、当該投資信託が上場している証券市場における、投資信託本体の価格(市場価格)が存在します。
    それと同時に、投資信託に組み込まれている株式の価格等から計算した、基準価額も存在します。
    このうち前者は、市場の需給バランスによって決することとなるため、後者(基準価額)との間で、乖離が生じる場合があります。

ソーシャルレンディングとインデックス投資を比較

それぞれに長所・短所のある、ソーシャルレンディングと、インデックス投資。
ここからは、両者を、複数の視座から、比較してみます。

①最低投資額で比較

最低投資額が小さければ、その分、投資家としては、少額の資金から、ごく気軽に投資しやすくなる、と言えます。

ソーシャルレンディングの場合、1ファンドあたりの最低投資額は、ソーシャルレンディング事業者、及び、ファンドによって、ケースバイケースとなります。
一般的には、1ファンドあたり「最低1万円」から投資可能、としているソーシャルレンディング事業者が、大半となります。

※2019年初旬にローンチされた新サービス「Funds」の場合は、最低投資額を「1円」と定めています。

これに対し、上場インデックス投資信託(ETF)の場合、最低投資額は、「(当該ETFの)現在値」×「売買単位」によって求められます。

例えば、同じTOPIXを連動対象指数とする、「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」(コード1475)と、「上場インデックスファンドTOPIX」(コード1308)を比較すると、

  • iシェアーズ・コア TOPIX ETF:
    最低投資金額=現在値1,584円(※)×売買単位1株=1,584円
  • 上場インデックスファンドTOPIX:
    最低投資金額=現在値1,604円(※)×売買単位100株=16万400円

上掲のように、最低投資金額には、大きな差が生じ得ることが分かります。

※現在値は、2019年5月9日時点数値。

最低投資額でソーシャルレンディングとインデックス投資とを比較する場合、

  • ソーシャルレンディングの一般的な最低投資額(1万円)よりも少額から、投資をスタートできるインデックス投資信託も、存在するが、
  • その反面、必要な最低投資額が、ソーシャルレンディングの一般的な最低投資額を大きく超えているインデックス投資信託もまた、存在する、

と言えるでしょう。

②流動性で比較

ソーシャルレンディングの場合、一旦、特定のファンドへと出資し、そのファンドが運用期間に入れば、その後、投資家側からの申し出により、出資契約を途中解約することは、原則として、出来ません。
このため、ソーシャルレンディング投資においては、ファンドが満期償還(※ただし、早期償還の場合もある)するまでの間、投資家が出資した資金は、投資家の元へと返ってくることは、ありません。

これに対し、上場インデックス投資信託(ETF)の場合、市場が開いている時間内であれば、投資家は、いつでも、当該インデックス投資信託を、市場を経由し、売買することが出来ます。

このため、資金の流動性という点に着眼し、ソーシャルレンディング投資とインデックス投資信託(※上場しているもの)とを比較する場合、後者に、大きな優位性がある、と言えます。

③期待利回りで比較

ソーシャルレンディング投資の場合、各ファンドごとに、期待利回り(年利。ソーシャルレンディング事業者の手数料控除後。税引き前)が提示されていることが一般的です。
また、呈示されている期待利回りの相場としては、

  • 借り手の所有する不動産に、第一順位抵当権が設定されるファンドの場合で、年率5パーセント前後、
  • 無担保・無保証型ファンドの場合で、年率10パーセント、

となっています。

これに対し、インデックス投資信託の場合、各投資信託の期待利回りは、呈示されていません。
各インデックス投資信託が連動対象とする指数の、今後の実際の先行きについては、あくまでも、未知数なわけですから、当然です。
投資家としては、インデックス投資を行うにあたり、その期待利回りを推測するためには、当該インデックス投資信託が連動対象とする指数の、過去の騰落率等を勘案する必要があります。

関連記事のご案内

高利回りを狙える新たな投資手法として、広く耳目を集めている、ソーシャルレンディング。
しかし、業界にはまだ、未成熟な部分も多く、複数の「危険会社」の存在も気にかかります。
ソーシャルレンディング投資スタートにあたりましては、あらかじめ、こちらの過去記事も、ご覧になってみてください。

ソーシャルレンディング【おすすめ会社&危険会社ランキング】最新版

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、各ソーシャルレンディン事業者に関する最新情報、マーケットインフォメーション等をお届けします。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。