TroublePunk(CyberGalz)の始め方-注目の新興Play to Earnゲームの稼ぎ方や仕組みを検証

TroublePunk (CyberGalz)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、TroublePunk (CyberGalz)運営側からの依頼/承諾に基づき、公開されているTroublePunk (CyberGalz)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://cyber-galz.gitbook.io/yooldo-whitepaper/trouble-punk-yooldo-whitepaper/release-note

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、TroublePunk (CyberGalz)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

TroublePunk (CyberGalz)のリリースノート



引用元:TroublePunk (CyberGalz)公式サイト

このホワイトペーパーは、ゲームプレイ、ゲームエコシステム、トークン経済など、P2Eゲーム関連の機能を含むYooldoプラットフォームに関する包括的な情報を提供するためにリリースされました。
また、このホワイトペーパーは、ゲームプレイの参加者がYooldoのさらなる発展について最新情報を得るのに役立ちます。
このように、プロジェクトの持続的な成長を達成する目的のもと、ホワイトペーパーはプロジェクトチームによって常に更新されることが可能です。

TroublePunk (CyberGalz)のYooldoプラットフォーム

Yooldoは、ゲーム愛好家がメタバースで自分のキャリアパスを構築できる多元的なP2Eゲームプラットフォームです。
Yooldoというプラットフォーム名は、韓国の古典小説からインスピレーションを受けたもので、小説の中で主人公ギルドンは、正義が勝ち、すべての人間に公平に成功の機会が与えられるユートピア国Yooldoを設立しました。

TroublePunk (CyberGalz)のビジョン

マルチバースコンテンツ&P2EゲームプラットフォームであるYooldoは、ユーザーが楽しい経験をしながら社会的・経済的利益を得て共有できる、持続可能なP2Eゲームエコシステムを構築するために設立されました。
また、このプラットフォームは、ゲーム愛好家がゲームプレイヤーとしてキャリアを築くことができるメタバースワークプレイスになることを目指しています。
Yooldoは、ゲーマーが自身のゲームスキルで生活費を稼ぐために旅する際に出会う新しい世界です。
この新しい世界は、複数のゲーム空間から構成されており、ユーザーはプラットフォーム上の1つのNFTで、複数のゲーム空間にアクセスすることができます。
参加形態は様々です。
ユーザーは、NFTを使ってゲームをプレイし、報酬を得るプレーヤーになることができます。
また、NFTを他のプレイヤーに貸し出し、プレイヤーの報酬を共有するパトロンとして、エコシステムに参加することもできます。
これらの役割以外にも、ユーザーがゲームプレイに参加するための様々なオプションがあります。
このような形式により、ゲームスキルに自信がなくても、より多くのプラットフォームユーザーがゲーム経済に参加できるようになります。
最終的にYooldoは、トークンエコノミーシステムのリスクを軽減し、ゲーマーはゲームスキルに応じた報酬を得ることができ、パトロンはゲーマーを支援し続けながら、プラットフォーム経済の構造的欠陥から参加者を守ることができる、持続可能なトークン経済を構築することを目指しているのです。

様々な戦略的取り組みについて

マルチバース

スケーラビリティはNFTとメタバースにとって重要な特性の1つです。
人々はデジタルウォレットに入れたNFTを使って、複数のプラットフォームを行き来することができます。
これまでのところ、開発リソースにいくつかの障壁があるため、ほとんどのNFTはNFTが生成されたプラットフォームで使用することができます。
この点、Yooldoは開発者に優しい環境をサポートし、我々のプラットフォームのメタバースを拡大することで、プラットフォームがより質の高い、興味深いコンテンツをユーザーに提供できるようにします。
一方、Yooldoは1つのNFTに複数のユーティリティを割り当てるので、プラットフォームNFTのユーティリティをスケーリングすることに繋がります。

新しいP2Eトークノミクス、Play to Earnの仕組み

CoinGeckoによると、2021年11月6日時点で$AXSは10,485,977USDでATHに到達し、トークン価格は初期トークン価格$0.1から1649倍に急騰しています。
Axie Infinityが数あるP2Eゲームの中で瞬く間にトップに立ったため、ほとんどのP2EゲームがAxie Infinityのトークノミクスに追随しています。
これらのプロジェクトは、トークン投入当初はトークン価値が急上昇していましたが、新規ユーザー数の減少に伴い、トークン価値が下落する傾向にありました。
そこで、Yooldoは、新規ユーザーが既存ユーザーのトークンを購入しない場合に、トークン価値が下がるというケースから脱却することを目指します。
そして、これらの仕組みは、Yooldoのすべてのゲームに適用されます。
例えば、Yooldoの最初のゲーム「Trouble Punk: Cyber Galz」は、報酬トークンエコノミーにデフレ型トークンエコノミー構造を採用しています。
リワードトークンの循環供給が制限されているため、ゲームの結果によってユーザーが増加し、TROBリワードトークンが配布されても、リワードトークンエコノミーにインフレは起こりません。
Yooldoプラットフォームは、YOOLトークンとプラットフォームのゲームトークンで構成されるマルチトークンシステムによって運営されています。
プラットフォームは、新規ユーザーの獲得に努める一方、新規ユーザーがトークンを市場で取得しないことによるトークン価値の下落リスクを防ぎます。

ガバナンス

Yooldoプラットフォームは、P2Eゲーム・コンテンツプラットフォームの他に、マルチバースのガバナンスを保有します。
したがって、$YOOL保有者はYooldoプラットフォームの新しい機能/パラメータに投票することができ、プラットフォームへの積極的な関与に対して報酬を得ることができます。
インセンティブ・プールには、ゲーム内課金、マーケットプレイス課金、NFT販売等の一部が含まれます。

TroublePunk (CyberGalz)のパートナー

Immutable X
主要なイーサリアムレイヤー2ソリューション
Arweave
世界的に高く評価されている分散型ストレージネットワーク
Chainlink
分散型オラクルネットワークのパイオニアとリーダー
Oasys
ゲームコミュニティのために構築された環境に優しいブロックチェーン

Yooldoのマルチメタバースの支援者

  • Mask Network
  • mintable_app
  • Mintverse
  • DeFine
  • Matrix World
  • Solarmy
  • davaprojectNFT
  • Jungle Cats
  • GreenPark

TroublePunk (CyberGalz)とは



引用元:TroublePunk (CyberGalz)公式サイト

Trouble Punk: Cyber Galzは、バトルロワイヤル形式のカジュアルアクションゲームです。
プレイヤーは3Dで物理的なアクションを駆使して様々なイベントを作り、新たなバトルプレイを進めることができます。
ゲームモードは、1時間ごとに行われる「リーグプレイ」、プレイヤーが自分の空間を装飾してゲームプレイに活かす「ビルディングモード」、ゲームプレイヤーがゲームルールに違反していないかを判断する「陪審裁判セッション」などがあります。
数あるゲームモードの中で、リーグ戦モードはゲーム発売時に最初に実装され、ゲーム形式の中心になる予定です。

TroublePunk (CyberGalz)のゲームプロット

Trouble Punk(Cyber Galz)の世界は、Immutable X($IMX), Ethereum($ETH), Oasys($OAS), Klaytn($Klay), Solana($SOL) など複数のブロックチェーンユニバース群が舞台となります。
これらの宇宙では、各ブロックチェーンが独立して独自の宇宙を形成しており、各宇宙は他の宇宙が存在することすら知りません。
しかし、マッドサイエンティストの悪党BCがユニバースの形を発見し、その平和な状態を脅かそうとしたのです。
彼は、すべての宇宙をルールも秩序もなく混在させるワームホールを発明し、その結果、すべてのシステムが機能不全に陥る統合連鎖を作り出しました。
ゲームプレイヤーは、自分の宇宙を守るために、他の宇宙から来たNFTを排除する使命を負っています。

TroublePunk (CyberGalz)の主な特徴

NFTアセットレンディングシステム

ゲーム「TROUBLE PUNK」では、Galz NFTを所有していなくてもゲームプレイが可能なNFTアセットレンディングシステムを導入します。
プレイヤーはゲームプレイのためにパトロンからGalz NFTを借りることができ、パトロンは直接ゲームに参加しなくてもNFTを貸し出すことで収益を得ることができます。
つまり、プレイヤーはパトロンから手数料やNFTを借りることで収益を得る機会を得ることができるのに対し、パトロンは共有することで資産を増やすことができるのです。
そうすることで、プレイヤーは自分のゲームスキルを活用することができるのです。
さらに、NFTの資産貸し出しシステムにより、パトロンはNFTに対して自律性を発揮することができます。
ゲーム参加費の代理支払いや、プレイヤーの実績に応じてNFTを貸し出すランクを決めること、パトロンがプレイヤーにGalz NFTを貸し出す際の手数料比率を設定することが可能です。

スキルベースのゲーム結果

リーグに参加するためには、ゲーム参加費が必要です。
1リーグのプレイ時間は30分~1時間程度です。
リーグ戦終了後、プレイヤーはゲームの結果によってランキングされ、プレイヤー全体はリーグランキングの結果に基づいて報酬を得ることができます。
他のP2Eゲームと比較して、「トラブルパンク」のゲーム結果は、プレイヤーのゲームスキルに大きく依存します。
プレイヤーは定期的にリーグに参加することで、自分のパフォーマンスを向上させ、証明する必要があり、それによってより多くのゲームプレイの報酬を得ることができます。

ゲーム内ガバナンス

ゲームのエコシステムで発生するすべての料金はYooldoプラットフォームのガバナンスに回されますが、TROBトークン保有者はTrouble Punkゲームに関連する議題に対する投票権を持つことになります。
議題には、ゲームバランスの調整、コンテンツの更新、Trouble Punkの重要な変更/更新のためのその他のトピックが含まれます。
また、$TROBトークンはゲーム内のアイテムやアセットを購入する際にも使用することができます。

TroublePunk (CyberGalz)のゲームプレイ



引用元:TroublePunk (CyberGalz)公式サイト

P2Eゲームの現場では、上位10%を除く全てのプレイヤーが不平等な状態でゲームプレイをスタートさせていると言えます。
この不平等を防ぐため、Trouble PunkはYooldoのPlay to Earn戦略的イニシアチブをトークン報酬システムに導入し、すべてのプレイヤーに平等なスタートラインを提供することを目的としています。
また、様々なゲーム参加モードがあり、様々なタイプのユーザーがゲームのエコシステムに参加することができ、ユーザーは自分でゲーム参加タイプを選択することもできます。

ゲームプレイのエコシステム参加者

リーグ戦参加者
プレイヤー
リーグに参加するには、プレイヤーはGalz NFTを賭け、$TROBと$USDCの組み合わせでゲーム参加費を支払う必要があります。
各リーグは30分~1時間程度で行われる予定です。
ゲーム参加費やGalz NFTが不足している場合、プレイヤーはパトロンからゲーム参加費やGalz NFTを借りることができます。
その代わり、プレイヤーは自分のスキルで獲得したリーグ戦の結果に応じて、パトロンとゲーム報酬を共有します。
パトロン
パトロンはゲームプレイのエコシステムにおいて重要な役割を担っています。
リーグに直接参加するわけではありませんが、Galz NFTやゲーム参加費($TROB、$USDC)をプレイヤーに貸し出すことでリーグに参加することができます。
その見返りとして、パトロンは、リーグに参加し、プレイヤー自身のゲームスキルや努力で結果を出したプレイヤーからゲーム内報酬の分配を受けることができます。
つまり、パトロンはGalz NFTやTROBトークン、USDCを所有していないプレイヤーと資産を共有し、エコシステム内で循環/活用させることで、プラットフォームのエコシステムを拡大することができるのです。
ビルディングモード参加者(ビルダー)

ビルダーは、Trouble Punkゲームエコノミーのゲーム内コンテンツプロバイダーです。
ビルダーは、ゲームマップをプラットフォームに提供し、プレイヤーによって使用されたゲームマップの数に応じて報酬を得ることができます。
ビルダーは、3Dモデリングをマーケットプレイスで他のエコシステム参加者に販売することができます。

審査員体験会参加者
審査員(陪審員)
審査員(陪審員)は、Trouble Punkのユニークなユーザーカテゴリーの1つです。
陪審員は、告発者が主張するリーグプレイを審査し、評決を決定することができます。
この陪審員裁判セッションのためにリーグに参加するプレイヤーを除くすべてのプラットフォーム参加者は、$TROBと$USDCの組み合わせで同じ価値のゲーム参加費をステーキングすることで陪審員に応募することができます。
陪審員は、裁判が始まる前に裁判の勝者を選ぶことができ、裁判の結果に応じて報酬を得ることができます。
裁判前の陪審員の判断が正しければ、賭けられた$TROBと$USDCは返却され、陪審員は報酬を得ることができます。
陪審員の公判前決定が誤っていた場合、あるいは陪審員がデューディリジェンスを怠った場合、ステーキングした資金は没収されます。
告発者
告発者は、主張されたリーグ戦に参加しているプレイヤーです。
すべてのプレイヤーは、リーグ戦の結果について陪審裁判のセッションを要求することができます。
陪審裁判セッションを要求するには、告発者はリーグ終了後すぐに告発者のゲーム参加費の合計額をステーキングする必要があります。
勝訴した場合、ステーキングした資金は返還され、被告人の対局参加費の一部が報酬として支払われます。
被告人
被告人は、裁判員裁判の被告人の相手であり、また、主張されたリーグ戦のプレーヤーの相手でもあります。
裁判員裁判のセッションでプレーが請求された場合、被告のゲーム報酬はロックされます。
ゲーム参加費と同額の追加料金のステーキングに加え、陪審員の審査のために指定時間内に録画したゲームプレイビデオを提供することが求められる。
被告人は、陪審員裁判のセッションで勝利すると報酬を得ることができます。

TroublePunk (CyberGalz)のトークン報酬制度とインフレについて



引用元:TroublePunk (CyberGalz)公式サイト

リーグ参加と報酬の仕組み

リーグが終了し、そのリーグの陪審員裁判が終了した後、リーグ参加者全員にリーグ報酬プールから報酬が支払われます。
上位80名(リーグ1位~80位)のプレイヤーは、ステーキングしたNFTとゲーム参加費の返還を受け、リーグの順位に応じてゲーム報酬を受け取ることができます。
報酬額は各プレイヤーのゲーム参加費の1%から2.5%の範囲となり、すぐに引き出すことができます。
下位20名(リーグ81位から100位)のプレイヤーは、ゲーム報酬に加えて、ステーキングしたNFTとゲーム参加費の返還を受けることができます。
ゲーム報酬は、プレイヤーのゲーム参加費の2-5%で、$TROBで提供される予定です。
賭けられたゲーム参加費とゲーム報酬は出金できず、Trouble Punkのゲーム内資産やアイテムの購入など、Trouble Punkのゲーム経済において使用することができます。
これらの出金不可の$TROBは、Yooldoプラットフォーム上の他のゲームに使用することができます。
その結果、ゲーム参加費としてステーキングされた$TROBの総数(リーグ開始時)と出金可能な$TROBの数(リーグ終了時)は等しくなります。
つまり、インフレにより$TROBトークンの発行枚数は増加しますが、$TROBの流通供給総量は変わりません。

ユーザーゲームへの参加と報酬の請求

プレイヤーAは、ゲーム参加費200TROBでリーグに参加したいと考えています。
しかし、200TROBを持っていないため、パトロンからGalz NFTとゲーム参加費を借りて支援を受けます。
プレイヤーAは支援の見返りとして、支援を受ける際にデジタルアセットオーナーが指定したゲーム報酬の一部を(事前に合意した上で)分配します。
プレイヤーAがリーグ1位を獲得したため、プレイヤーAとそのアセットオーナーは204TROB(ゲーム参加費200TROB+参加費の2%を報酬として獲得)を獲得します。

プレイヤーBもNFTとゲーム参加費200TROBをバッカーから借ります。
プレイヤーBは、プレイヤーAとは異なり、リーグ戦100位を獲得します。
その結果、ゲーム報酬として引き出し不可の$TROBを受け取り、プレイヤーBのバッカーが支援したゲーム参加費の5%は、トラブルパンクゲーム経済圏でのみ使用可能なようにロックされます。
一方、プレイヤーBの達成レベルは下がり、プレイヤーBは少ないゲーム参加費でリーグ戦に参加することになります。

つまり、プレイヤーBがパトロンから借りた200TROBは、引き出し可能な170TROBと引き出し不能な30TROBに変換されることになります。
また、リーグ戦の結果はプレイヤーBの棋譜に反映されるため、Yooldoプラットフォームの他のパトロンは、優秀なプレイヤーよりもプレイヤーBを優先しなくなります。
その結果、パトロンから支援される選手Bの参加費が減少します。

まとめると、(引き出し可能な$TROB総額+引き出し不可能な$TROB総額)* 1.02 = リーグ戦のゲーム参加費総額+ゲーム報酬総額、引き出し不可能な$TROB(リーグ81位~100位の選手) = 引き出し可能な$TROB(リーグ1位~80位の選手)* 0.025 となります。

なお、上記の記述は参考であり、実際の比率や試合結果は実装時に異なる場合があります。

TroublePunk (CyberGalz)の裁判員制度

裁判員裁判は、選手の不正行為を防止するためのものです。
リーグ戦終了後、審査員裁判を実施します。
審査員は、リーグ戦の録画映像を確認し、不正を行ったプレイヤーの試合参加費を没収し、不正を明らかにします。
告発者は、相手の不正を検証するために、陪審員裁判を要請することができます。

裁判員裁判を依頼する際、告発者はゲーム参加費の全額を担保として差し入れる必要があります。
これは告発者が虚偽の報告を行うことを防止するためのものです。

裁判に勝てば、ステーキングされた資金は告発者に返却され、告発者は被告人のゲーム参加費の一部を受け取ることで報酬を得ることができます。

リーグ戦終了後、リーグ戦の不正行為で被告人として裁判員裁判にかけられると、プレイヤーにその旨が通知されます。
プレイヤーは、陪審員が検討するために、指定された時間内に録画されたゲームプレイビデオを提供する必要があります。
制限時間内に提出されない場合は、不正行為を認めたものとみなされ、裁判に負けることになります。
裁判の結果に不服がある場合、被告側は裁判の担保として設定した追加料金を加算して、2回まで再審を申請することができます。

最後の場合は、運営チームが審判として介入することができます。
裁判に勝利した場合、被告人は試合参加費の返還とリーグの試合報酬を受け取ることができます。
逆に、セッションに負けた場合は、ステーキングしたゲーム参加費と担保をすべて失うことになります。

陪審員は、告発者が主張するリーグ戦のプレーを検討し、リーグ戦のプレーヤーがゲームルールに違反しているかどうかを判断する役割を果たします。
裁判のためにリーグに参加するプレイヤーを除き、プラットフォーム参加者は、リーグ参加者がゲーム参加に賭けるのと同額を賭けた後、陪審員に申し込むことができます。
また、陪審員は、裁判の前に、告発者と被告人の間で裁判の勝者を選ぶことができます。
陪審員の裁判前の判断が正しければ、ステーキングされたトークンは陪審員に返却され、陪審員は勝者側と報酬を共有することになります。

陪審員の裁判前の判断が誤っていた場合、または陪審員が適切な注意を払わなかった場合は、ステーキングした資金が全額没収されます。

TroublePunk (CyberGalz)のリーグの種類



引用元:TroublePunk (CyberGalz)公式サイト

一定の高いゲームスキルに達したプレイヤーを対象に、1日3回のプロリーグを開催する予定です。
このハイレベルなリーグは、一定のゲームスキルを満たした有資格者が参加することになります。
エコシステム開発計画の一環として、P2Eゲームのエコシステムではあまり活発ではない地域コミュニティからの参加を促すために、プロリーグのイベントが計画されています。
また、プレイヤーがチームとしてリーグに参加できるギルド戦も開催される予定です。
このリーグ戦は季節ごとに開催され、一般的なリーグ戦とは異なり、勝利したチームにはゲーム報酬として、相手のステーキングしたたゲーム参加費が全て支払われます。

フリープレイ
参加費
なし
プレーヤーの種類
全プレイヤー
時間帯
常時開催
プレースメントリワード
なし
ゼネラルリーグ
参加費
参加にはトラブルパンクのNFT、$TROB、$USDCが必要。
(参加費総額の30%以上を$TROBとしてステーキングすることが必要)
プレイヤーの種類
全プレイヤー
時間帯
常時開催
TROB プレースメントリワード
上位80%の勝者は$TROBリワードを即座に請求可。
リワードは順位によって異なる(参加費の1%~2.5%)。
下位20%の勝者にはステーキング資金と$TROB報酬がロックされ、引き出し不可の$TROB報酬は参加費の2~5%。

プロリーグ

参加費
ゼネラル・リーグと同じ
プレーヤーの種類
熟練者
時間帯
なし
TROB プレースメントリワード
一般的なリーグ戦の報酬方針を適用
報酬は月単位で提供

ギルドウォーズ

参加費
ゼネラル・リーグと同じ
プレーヤーの種類
チーム(ギルド)
時間帯
なし
TROB プレースメントリワード
勝利チームは相手チームのステーク報酬をすべて獲得する

プレイヤーのマッチングシステム

一般リーグ、プロリーグ、ギルドウォーズの各リーグごとに、プレイヤーマッチングを実施します。
スキルに応じたマッチングシステムを採用し、同じレベルのプレイヤー同士で競い合うことが可能となります。
参加費はリーグのレベルに応じて変動し、レベルの高いリーグほど参加費が高くなり、報酬も高くなります。
また、スキルベースのマッチメイキングシステムを採用し、最も近いスキルレベルのプレイヤーとの対戦を可能にする予定です。
MMR(Matchmaking Rate)は、以下の要素を含む統計的なデータに基づいて推定されます。

  • 同レベルのプレイヤーとのリーグ戦
  • オフタイムにプレイヤーのスキルが低下する可能性
  • 複数のゲームアカウントでプレイしている可能性
  • プレイヤーのスキルレートを最適化するためのプレイ回数

NFTステーキング

パトロンは、トラブルパンクのNFTをステーキングし、プレイヤーにNFTを貸し出すことが出来ます。
NFTのステーキングには、プラットフォームへの$YOOLの出資が必要です。
その代わり、ゲームの結果に応じて、プレイヤーのゲーム報酬からいくらかの手数料を徴収することができます。
トラブルパンクNFTは、NFTのレアリティにより、その効果が異なります。

TroublePunk (CyberGalz)のトークン・エコノミー



引用元:TroublePunk (CyberGalz)公式サイト

YOOLトークン

Yooldoプラットフォームのネイティブ暗号セキュアなカンジブルプロトコルトークン(ティッカーシンボル$YOOL)は、Yooldoプラットフォームのプロトコル/コードで指定された帰属ガバナンスとユーティリティ機能の譲渡可能な表現であり、その上で相互運用可能なユーティリティトークンとしてのみ使用するように設計されています。
YOOLトークンのユーティリティは次のとおりです。

ガバナンス・ステーキング

YOOLは、保有者がYooldoプラットフォームの将来の機能、アップグレード、パラメータを決定するガバナンスの提案と投票、またはフィードバックを提供することを可能にし、投票の重みはステークされたトークンに比例して計算されます。
投票権は、Yooldoプラットフォームの機能に関する投票にのみ制限されています。
$YOOLの保有者は、当社、その関連会社、またはそれらの資産の運営や管理、あるいはトークン保有者へのそのような資産の処分、これらの事業体の取締役会の選出、またはこれらの事業体の開発方向の決定について投票する権利を有するものではなく、$YOOLはこれらの事業体のいかなる持分または集団投資スキームをも構成しません。
この取り決めはいかなる形態の共同事業またはパートナーシップを目的とするものではありません。
Yooldoプラットフォームの開発を維持し推進するのはコミュニティメンバーであり、$YOOLインセンティブは、コミュニティガバナンスへの熱意を促進し、コミュニティの活動を高め、彼らの時間、専門知識、努力に報いるために配布される必要があります。
提案の提出、コメント、レビュー、および/または投票に参加したユーザーのみが、$YOOLトークンのガバナンス報酬を受け取る権利を有します。
これらのガバナンス報酬には、ゲーム内課金、マーケットプレイス課金、NFT販売等のプラットフォームで発生する全ての利益が含まれます。

プラットフォーム資産の購入

YOOLは機能的なマルチユーティリティトークンで、Yooldoプラットフォームの参加者間の交換媒体として分散型方式で使用される予定です。
YOOLを導入する目的は、Yooldoプラットフォームのエコシステム内で交流する参加者の間で、中央集権的な第三者機関/組織/クレジットなどの仲介者なしに、便利で安全な支払いと決済のモードを提供することです。
また、発行者が独占的に提供していない商品やサービスに対する支払いとして、いかなる人物によっても使用されることを意図していません。
また、$YOOLは、トークン所有者に手数料、配当、収入、利益、投資収益を約束するものではなく、シンガポールまたは関連法域における証券を構成することを意図したものではありません。
YOOLはYooldoプラットフォームでのみ利用でき、その所有には、Yooldoプラットフォームの利用およびプラットフォーム内での対話を可能にする手段として$YOOLを使用する権利以外には、明示または暗示のいかなる権利も伴わないものとします。
YOOLの流通市場価格はYooldoチームの努力に依存するものではなく、そのような流通価格を制御または操作するために設計されたトークン機能やスキームは存在しません。
プラットフォーム固有の通貨である$YOOLは、PFPやPartz NFTを含むすべてのプラットフォームコンテンツおよびゲーム関連資産を購入するための交換媒体として機能します。
購入によって集められた$YOOLは、インセンティブプールに含まれ、プラットフォームで活躍する貢献者やユーザーのインセンティブとして確保されます。

プラットフォームインセンティブプール

YOOLは、ユーザーがYooldoプラットフォームのエコシステムに貢献し参加するための努力を促すための経済的インセンティブを提供し、それによってすべての参加者がその努力に対して公正に補償される相互利益のシステムを構築します。
なぜなら、$YOOLがなければ、ユーザーがYooldoプラットフォームのエコシステム全体の利益のために、活動に参加したりサービスを提供したりするためのリソースを消費するインセンティブがなくなるからです。
追加の$YOOLは、Yooldoプラットフォームでの実際の使用、活動、努力にのみ基づいて、および/または取引の頻度と量に比例してユーザーに与えられるため、積極的に参加しなかったYooldoプラットフォームのユーザーや$YOOLの保有者は、$YOOLインセンティブを受け取ることはありません。

YOOLインセンティブ・プールは、例えば、サポートされているゲームのプレイ、NFTの購入または取引、ガバナンス投票への参加、または特別なイベント/活動への参加など、プラットフォーム上のすべてのアクティブな参加者にインセンティブを与えるために分配される予定です。
このプールには、ゲーム内コンテンツ手数料、マーケットプレイス手数料、NFTの販売収益の一部が含まれます。

Yooldoコンテンツコミッション

Yooldoプラットフォームでコンテンツを購入、提供する際の手数料として$YOOLを使用することができます。
これらのコンテンツには、YooldoコンテンツブランドのNFT、商品、ゲームアイテムなどが含まれる予定です。
また、コンテンツ手数料の一部は、プラットフォーム上の他のコンテンツをサポートするためのエコシステムの開発に割り当てることができます。

YOOLトークンの割り当て(アロケーション)
カテゴリー 供給 権利確定
プラットフォーム・インセンティブ 200,000,000 20% 3ヶ月クリフ
36ヶ月リニア
マーケティング&エコシステム開発 100,000,000 10% 5% TGE
24ヶ月リニア
チーム 200,000,000 20% 12ヶ月クリフ
60ヶ月リニア
アドバイザリーとパートナー 50,000,000 5% 12ヶ月クリフ
36ヶ月リニア
流動性 100,000,000 10% 12ヶ月リニア
リザーブ 100,000,000 10% 3ヶ月クリフ
36ヶ月リニア
シードセール 50,000,000 5% 4ヶ月クリフ
20ヶ月リニア
プライベートセールA 100,000,000 10% 4ヶ月クリフ
14ヶ月リニア
プライベートセールB 70,000,000 7% 5% TGE 3ヶ月クリフ
14ヶ月リニア
プリセール 30,000,000 3% 50% TGE
3ヶ月リニア
全体 10,000,000,000 100% 別記
  • クリフは、ステーキングプール開設時に変更される場合があります。
  • クリフは上場時に変更される可能性があります。

TROBトークン

TROBは、Yooldoマルチバースプラットフォーム上のTrouble Punkゲームのゲームトークンです。
ユーティリティに使用された$TROBの一部は$YOOL報酬庫に入り、アクティブなプラットフォーム参加者に配布されます。
TROBトークンのユーティリティは以下の通りです。

ゲーム内リワード

TROBトークンは、各ゲームプレイの結果に応じて、ゲーム参加者にゲーム報酬として配布されます。
ゲーム報酬がすべてのリーグ参加者に提供される場合、上位80%のランキングは引き出し可能な$TROBを受け取ることができ、下位20%のランキングは引き出し不可能な$TROBを受け取り、ゲーム内資産やアイテムの購入に使用することが可能です。

ゲーム内アイテムの購入

TROBは、キャラクタースキン、パーツ、ポーションなどのゲーム内アイテムを購入する際の交換材料として使用できます。
ゲーム内アイテムの購入に使用されたTROBトークンについては、ステーキングリワードのトレジャーとデベロッパーリワードに振り分けられることになります。

ゲームプレイ&審査員体験会

リーグや陪審員裁判セッションに参加するためには、$TROBと$USDCの組み合わせでステークすることが必要になります。
デジタル資産所有者がYooldo上のTrouble Punk NFTステーキングプールに参加し、自分のTrouble Punk NFTをプレーヤーに貸し、そのNFTがリーグに参加すると、パトロンが各ゲーム料金の中から受け取ることになります。

ガバナンスとローンチパッド

TROB保有者は、Trouble Punkゲームのガバナンスに参加することができます。
ゲームバランスの調整、ゲーム内コンテンツの更新など、$TROBゲームの重要なアップデートに投票することができます。
また、プラットフォームのローンチパッドにも参加することができます。

TROBトークンのアロケーション(割当)
カテゴリー 初期供給量
引当金 900,000,000 30%
P2Eゲームインセンティブとエアドロップ 2,100,000,000 70%
全体 3,000,000,000 100%

なお、P2Eゲームインセンティブトークンは、プレイヤーがゲームに参加するためのトークンです。
プレイヤーは、リーグ戦ごとに$USDCと$TROBの組み合わせでゲーム参加費を支払う必要があります。
プレイヤーが1つのリーグ戦に参加するために支払ったゲーム参加費の総額は、以下のように使用されます。

0.23%
開発者報酬
0.30%
ガバメントリワードのトレジャー
0.06%
トラブルパンクNFT報酬

TroublePunk (CyberGalz)を支えているテクノロジー



引用元:TroublePunk (CyberGalz)公式サイト

ゲームプレイのためのNFTの実装

YooldoのNFTは、ERC721標準と互換性を持ちながら、Ethereumレイヤー2におけるスピード、スケーラビリティ、取引手数料について最高の技術的メリットを提示するERC721XXで展開されます。
これにより、プラットフォームは、改善されたユーザー体験を提供するとともに、新規ユーザーに対する障壁を低減することができます。
プレイヤーは、リーグに参加するためにYooldoのNFTといくつかのトークンを出資する必要があります。
NFTやトークンを所有していない場合、プレイヤーはプラットフォーム上の貸出システムを通じてパトロンからそれらを借りることができます。
この過程で、Yooldoのシステムは、ユーザーの接続されたウォレットを介してプレーヤーの参加資格を確認します。
参加資格が確認されると、ウォレット上のすべてのNFT情報が読み取られ、プレイヤーは賭けたNFTに応じてゲームキャラクターを選択し、リーグ戦に参加することができるようになります。
リーグ戦の結果は、NFT形式で作成され、プレイヤーのウォレットに保存されます。
この機能により、プレイヤーは自分のゲームスキルを確認することができ、支援者はプレイヤーへの支援結果を分析することができるため、ゲームのエコシステムにおいて重要な役割を果たすことが期待されます。

オンチェーン・オフチェーンの複合的な運用

オンチェーンネットワークは、YooldoのNFT、トークン、プラットフォームのゲームに関する重要な情報を保存します。
一方、リアルタイムの取引を必要とする情報/データは、オフチェーンネットワークで転送されます。
「Axie Infinity」や「Gods Unchained」といった既存のターン制P2Eゲームと比較すると、Yooldo初のP2Eゲーム「Trouble Punk」はリアルタイム戦闘ゲームであり、システム構造がより複雑でバックエンドでの処理も多く必要になります。
また、100%オンチェーンでの運用は通信の遅延を招き、結果としてゲーム運用がうまくいかなくなります。

そこで、オンチェーンネットワークとオフチェーンネットワークを併用し、効率的かつ柔軟で安定した運用を実現するとしています。
ゲームのロジックや計算はオフチェーンネットワークで処理され、その結果はオンチェーンネットワークにアップロードされることになります。
この構造により、データの同期を非同期で行うことができ、ゲームシステムの運用の柔軟性を高めるとともに、トランザクションが完了するまでの待ち時間を短縮することができます。
また、オンチェーンネットワークとオフチェーンネットワークを組み合わせて運用することで、特にゲームシステムの更新を予定している場合の運用の柔軟性を高めることができます。
ユーザーは、ゲームの重要なアップデートについてオンチェーン投票を行うことができ、チームはオンチェーン投票の結果に従って、より迅速かつ効率的にシステムをアップデートすることができます。

一方、すべてのゲーム操作がブロックチェーン上で処理されないため、ガス料金を削減することができます。
ガス代のかかるブロックチェーンプラットフォームのNFTの保有者は、Yooldoのゲームに参加してNFTをステーキングし、ゲームプレイに参加できるので、これはマルチバースコンテンツ&P2EゲームプラットフォームとしてのYooldoの強みの1つになり得ます。

陪審員によるゲームの不正評決と、DAO

オンラインゲームの中には、ユーザーの不正行為やチート行為が横行することで問題が発生するものも少なくありません。
例えば、伝説のゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」は、サービス開始から10年が経過しているにもかかわらず、いまだに荒らしとの戦いが続いています。
「PlayerUnknown’s BattleGrounds」も、発見されていないチートによって何千人ものユーザーを失いました。
ゲーム会社は、チート対策システムの更新により、こうしたユーザーの悪行を防止し、禁止しようとしていますが、こうしたチーターとの戦いは、槍と盾の戦いに過ぎないのです。
Yooldoチームは、チートと悪用問題への理解を基に、既存のセキュリティソリューションにDAO形式を追加することで、新しいセキュリティシステム「Jury Trial Session」を設計しています。
Jury Trial Sessionは、ユーザーの貢献によって、多くの不正行為報告システムやセキュリティモデルの機能を向上させ、公正なプレイを実現するものです。

多くの不正行為報告システムでは、ユーザは自分の不正行為報告が処理され、システムに適用されているかどうかを確認することが困難です。
また、ほとんどのユーザーは不正行為報告から報酬を受け取ることができず、一部のユーザーは不正行為報告システムを悪用さえしています。
このようなユーザーの不正行為に関する問題を解決するために、Yooldoチームは技術的な解決策に焦点を当てるのではなく、ユーザーの不正行為を抑制するための戦略をとっています。
多くの場合、ユーザーの不正行為に対するリスクは低すぎるため、ユーザーはゲームに勝つため、より良い報酬を得るために、ゲーム中に不正行為を試みる可能性があります。
したがって、特に金銭的な観点から、このようなユーザーリスクを高めています。

すべてのリーグ戦は、陪審員裁判セッションを通過することになります。
そして、ゲーム中に不正行為や不祥事を起こしたと判断されたユーザー、相手の罵倒行為を通報したユーザーは、担保としてトークンを提供する必要があります。
もし、Jury DAOセッションでユーザーの不正行為が発覚したり、ユーザーの報告が偽物と判断された場合、ユーザーは不正行為としてトークンを失うことになります。
また、Juryは自分のトークンを担保に設定する必要があるため、Juryも正しい判断をすることで自身のリスクを軽減し、フェアプレイ環境を構築することができます。

出金時間ロック

DAppのハックイベントの大半は、スマートコントラクトの欠陥ではなく、DApp運用のセキュリティリスクに起因しています。
2020年と2022年のDefi flask loan攻撃のほとんどは、非常に短時間で単一のトランザクションによって行われました。
一方、Ronin Networkは、大規模なハッカー攻撃によって導かれた異常な引き出しを検出しませんでした。
Yooldoチームは、ハッキング攻撃は常に起こりうると考えていました。
DAOは陪審員裁判セッションの間、不正行為を監視することができますが、DAOが決定を下す前に不正者がトークンを引き出した場合、ユーザーのリスクは依然として変わりません。
そこでYooldoは、ハッキング攻撃やユーザーの不正行為による問題を防ぐために、トークンの引き出しにタイムロックをかけます。
トークンの引き出しは、すべてのコントラクトで8時間ごとに行われ、引き出しのリクエストは引き出し予定の1時間前まで受け付けることができます。
これにより、Yooldoの開発チームはユーザーの不正行為に対応する十分な時間を確保することができ、このポリシーはより説得力のあるセキュリティポリシーが開発されるまで実施されます。

TroublePunk (CyberGalz)のプロジェクトロードマップ



引用元:TroublePunk (CyberGalz)公式サイト

2022年1月~2月

  • CyberGalzのNFTジェネシスミント
  • 新パーツNFTのドロップ
  • ゲーム内キャラクターの開発
  • ゲーム内アイテムファーミングシステム開発

2022年3月~4月

  • ゲームモード開発
  • TroublePunkのアルファデモ公開

2022年5月~6月

  • ガバナンストークン$YOOL、リワードトークン$TROB開発
  • ブロックチェーンAPIとの連携

2022年7月

  • ゲーム運営の最適化・安定化
  • ゲーム内キャラクター開発

2022年8月

  • Trouble Punkクローズβリリース

2022年3Q~4Q

  • YOOLと$TROBのローンチ
  • Yooldoで2番目のp2eゲーム発売
  • Trouble Punkゲーム関連コンテンツ更新(ビルダーモード、ギルド戦開始など)

TroublePunk (CyberGalz)のコミュニティ

ウェブサイト
https://cybergalznft.com/
ツイッター
https://twitter.com/CybergalzNFT
ディスコード
https://discord.com/invite/cybergalznft
ミディアム
https://medium.com/yooldo-cyber-galz
リンクツリー
https://linktr.ee/cybergalz

TroublePunk (CyberGalz)の免責事項

この「法的免責事項」の全内容を注意深くお読みください。
ここに記載されている内容は、法律、金融、ビジネス、税務に関する助言ではなく、これに関連する活動を行う前に、あなた自身の法律、金融、税務、またはその他の専門アドバイザーに相談する必要があります。

yooldo ltd(当社)、yooldoプラットフォーム(ここに定義)またはyooldoプラットフォームを開発するプロジェクトに従事したプロジェクトチームのメンバー(yooldoチーム)、$yoolトークンの販売業者/ベンダー(販売業者)、およびサービスプロバイダは、あなたがhttpsでウェブサイト上で利用できる$yoolに関する文書、デッキまたは資料(トークン文書)にアクセスすることに関連して被る可能性があるいかなる種類の直接または間接損害または損失に対しても責任を負わないものとします。

当社が発行するウェブサイトや資料にアクセスすることに関連して発生するいかなる損害も負いません。
このホワイトペーパーは、YooldoプラットフォームとそのトークンYOOL(以下、総称して「Yooldoトークン」)]に関心を持つ人に、ビジネスモデル、技術、チームに関する情報を提供することを目的としています。
このホワイトペーパーは、執筆時点の状況(As-is)に基づいており、Yooldoチームがいかなる内容においても正しいか適切かどうか、将来のロードマップに現れるプロジェクトの結論、スケジュール、パフォーマンスも含めて保証されるものではありません。

このホワイトペーパーはYooldoチームの方針と決定により変更される可能性があり、最終版が優先されるものとします。
このホワイトペーパーの情報や分析には、このプロジェクトに参加することを勧めるような内容は含まれていません。
このホワイトペーパーは、投資助言でもなければ、証券や金融商品への投資を推奨する文書でもありません。
本ホワイトペーパーに含まれる情報に加え、リスク評価、適用される法律や税制の適用については、専門家の助言を受けることをお勧めします。
このホワイトペーパーを参照し、あるいは使用した結果、いかなる損害、損失、出費が生じたとしても、その責任はすべてお客様が負うものとします。
Yooldo チームはそのような決定や行為に対して一切の責任を負いません。

このホワイトペーパーには、第三者や出版物に関する情報が含まれています。
Yooldo チームは、そのような情報の正確性や完全性を保証するものではなく、そのような情報が変更されたとしても、このホワイトペーパーを更新、修正、変更する義務を負うものではありません。
本ホワイトペーパーは、規制当局による審査や承認を受けておらず、また本ホワイトペーパーの発行、配布、普及は、本ホワイトペーパーがすべての適用法令を遵守していることを意味するものではありません。
場合によっては、本ホワイトペーパーの公表、配布、普及は、適用される法律や規制によって禁止または制限されることがあります。
さらに、規制当局はYooldoトークンの販売、所持、使用、保持を制限する可能性があり、これらの規制措置はYooldoトークンの販売や使用に影響を与える可能性があります。
Yooldoトークンには、このホワイトペーパーに概説されているYooldoプラットフォームでの使用以外の目的はなく、その価値と機能は保証されていません。Yooldo トークンは証券や投資商品ではありません。
Yooldoトークンの所有は、Yooldoチームへの利益等の分配や返済を請求する権利として構築されるものではなく、また、いかなる知的財産権を有するものとして構築されるものでもないものとします。
YOOLは利用されるために設計されており、それが$YOOLの配布の目的です。
特に、$YOOLが次のようなものであることを強調しています。

  • 払い戻しはできず、現金(または他のデジタル資産における同等の価値)または当社、販売店またはそれぞれの関連会社による支払い義務に交換することはできません。
  • トークン保有者は、当社、販売会社(またはそれぞれの関連会社)、またはその収益や資産に関するいかなる形式の権利(将来の配当、収益、株式、所有権または持分、株式または証券、あらゆる投票、分配、償還、清算、所有権(あらゆる形式の知的財産権またはライセンス権を含む)を受け取る権利を含むがこれに限定されない)を表したり付与したりしないものとします。
  • 口座、財務諸表またはその他の財務データを受け取る権利、株主総会に請求または参加する権利、取締役を指名する権利、その他の金融または法的権利または同等の権利、知的財産権またはYooldoプラットフォーム、当社、販売店および/またはそれらのサービスプロバイダーへの参加または関連するその他のあらゆる形態の権利を得ることは、出来ません。
  • 差金決済契約、または利益の確保や損失の回避を目的とした、またはそのように見せかけたその他の契約に基づく権利を表すことを意図していません。
  • 金銭(電子マネー含む)、証券、商品、債券、負債証券、集団投資スキームのユニット、またはその他の種類の金融商品または投資を表すことを意図していません。
  • 当社、販売会社またはそれぞれの関連会社に対する貸付ではなく、当社、販売会社またはそれぞれの関連会社が負う債務を表すことを意図しておらず、利益を期待するものではありません。
  • トークン保有者に、当社、販売会社またはそれぞれの関連会社の所有権またはその他の利益を与えるものではありません。

YOOLの配布にかかわらず、ユーザーは、トークン配布後の当社、販売会社またはその関連会社の資産に対する経済的または法的権利または受益権を有しません。
YOOLを取引するための流通市場または取引所が発展する場合、それは当社、販売業者、$YOOLの配布およびYooldoプラットフォームから完全に独立して運営および管理されることになります。
当社および販売会社は、そのような流通市場を作ることも、$YOOLの取引所として機能することもありません。
トークンを購入することは大きなリスクを伴います。
あなたはトークンの購入に使用した資金の全てまたはかなりの部分を失う可能性があり、Yooldoチームは購入価格またはYooldoトークンの価値に関していかなる保証も行いません。このホワイトペーパーを参照してYooldoトークンを購入する場合は、これらのリスクを理解し、受け入れるようにしてください。

みなし表現と保証

トークン文書またはウェブサイト(またはその一部)にアクセスすることにより、あなたは当社、販売会社、それぞれの関連会社、およびYooldoチームに対して、以下のように表明し保証したものとみなされます。

  • いかなる$YOOLを取得する決定においても、あなたはトークン文書またはウェブサイトに記載されたいかなる声明にも依存せず、依存しないものとします。
  • あなたは自己の費用で、あなたに適用される全ての法律、規制要件および制限(場合により)の遵守を確保するものとします。
  • あなたは、$YOOLには価値がないかもしれないこと、$YOOLの価値または流動性を保証または表明するものはないこと、$YOOLは投資商品ではなく、いかなる投機投資のためのものでもないことを認め、理解し、同意します。
  • 当社、販売会社、それぞれの関連会社およびYooldoチームメンバーは、$YOOLの価値、$YOOLの譲渡可能性および流動性および第三者による$YOOLまたはその他の市場の有効性について責任または義務を負わないものとします。
  • お客様が、(i) $YOOLの配布が証券(名称は問わない)の販売と解釈される可能性が高い地域または国の市民、国民、居住者(税制上またはその他の)、居住者またはグリーンカード保持者である場合は、$YOOLの配布に参加する資格がないことを認め、理解し、同意すること。
    (ii)トークン配布への参加が適用法、法令、規制、条約、行政行為により禁止されている国(アメリカ合衆国、カナダ、中華人民共和国を含みますが、これらに限定されません)。このため、あなたは、関連するチェックが行われるために要求された場合、そのような身元確認書類をすべて提供することに同意します。
  • 当社、販売店及び Yooldo チームは、いかなる団体又は個人に対しても、一切の表明、保証又は約束(トークン文書、ウェブサイト、 又は当社若しくは販売店が発行するその他の資料の内容の正確性、完全性、適時性又は信頼性に関する保証を含むが、これに限定 されない)を行わず、行うことを意図せず、ここに放棄するものとする。
  • 法律が許容する最大限の範囲において、当社、販売会社、それぞれの関連会社およびサービス・プロバイダーは、不法行為、契約その他による間接的、特別、付随的、派生的またはその他の損失(それらのいずれかの側の不履行または過失から生じる責任を含みますが、これに限定されるものではありません)に対して責任を負うものではありません。
  • または収益、収入または利益の損失、使用またはデータの損失を含む)、トークン ドキュメントまたはウェブサイト、または公開されたその他の資料、またはその内容(あらゆる誤りまたは省略を含むがこれに限らない) の使用から生じる、またはその他これらに関連して生じる、あらゆる種類の不法行為または契約上の損失。
  • YOOLの取得希望者は、$YOOLの流通、当社、販売会社及びYooldoチームに関連する全てのリスク及び不確実性(財務的及び法的リスク及び不確実性を含む)を慎重に検討し評価する必要があります。

免責事項

このホワイトペーパーの情報は、随時他の言語に翻訳され、あるいは複数の参加者とのコミュニケーション・プロセスで使用される可能性があります。
そのような翻訳やコミュニケーションの過程で、変更や誤訳が生じる可能性があることを認めます。
ホームページに掲載されている韓国語のホワイトペーパーが最も優先的な効力を持つため、ホワイトペーパーの確認はお客様の責任で行ってください。
Yooldoチームは以下のようなリスクを告知・説明します。
Yooldoチームは、Yooldoチームが説明する以下のリスクについて、いかなる表明も保証も行いません。
以下のリスクは、Yooldoトークン購入者及びYooldoプラットフォームへの参加者が全て負担するものです。

未来予測的な記述に関する警告

このホワイトペーパーには、現時点での計画や実践(「将来の計画」)に関する情報が含まれています。
これらの計画は、「できる」「やる」「期待する」「予想する」「目標」「予測」「意図する」「計画」「探す」「信じる」「可能性」「続ける」「あるだろう」などの言葉やフレーズで表現されており、これらの言葉はYooldoチームの経験、現在の状況、将来の発展の予測、その他の要因に照らして妥当と考えられる仮定と分析に基づいて使用されていました。
しかし、コンテストにはリスクや不確実性があり、Yooldoプロジェクトの実際の結果や成果は計画とは異なる可能性があります。

潜在的なリスク

Yooldoトークンの購入と参加を決定する前に、関連する要素とリスクを注意深く読み、理解することを強くお勧めします。
リスクには以下のものが含まれますが、これらに限定されるものではありません。
トークンまたはコインは、SECを含む世界中の様々な規制機関によって厳密に監視されており、Yooldoトークンは米国を含む多くの国で証券と見なされる可能性があります。
この場合、証券法の条項により、一定量以上のYooldoトークンの保有が制限されたり、Yooldoトークンの譲渡が制限されたり、Yooldoトークンの売却に一定の条件が付加されたり、その他交換や譲渡を容易にする関連事業が制限される可能性があります。
デジタル・ウォレットの秘密鍵の紛失により、Yooldoトークンを失う可能性があります。
秘密鍵の紛失、破壊、損傷により秘密鍵にアクセスできない場合、保有者はYooldoトークンなどのブロックチェーンベースのデジタル資産にアクセスできず、Yooldoチームはそれを復元できない可能性があります。
スマートコントラクト技術はまだ開発の初期段階にあり、その適用には、運用、技術、規制、および財務的要因に関連する重大なリスクが含まれます。
スマートコントラクトは本来の目的に適さない場合があり、スマートコントラクトに内在しうる欠陥、脆弱性、その他の問題は、技術的な問題やYooldoトークンの損失を引き起こす可能性があります。
個人や企業などの潜在的参加者は、発売後にYooldoに参加しない、またはYooldoトークンを使用しないことを選択する可能性があります。
そのようなコイン/トークンやその潜在的な使用に対する彼らの認知度は高くないかもしれません。
また、Yooldosが運用されていない可能性もあります。
そのような場合、Yooldoトークン等の価値が著しく低下したり、失われたりする可能性があります。
Yooldoの機能には、参加者の個人情報の保管や送信も含まれ、サイバーテロなど様々な方法によるセキュリティ上の問題から、個人情報が流出する危険性にさらされています。Yooldoチームは、データベースへの不正アクセスを防止するなどの様々なセキュリティ対策を講じますが、それでもいくつかの理由によりプライバシー侵害が発生する可能性があります。
その結果、法的・経済的損失、Yooldoトークンの評判が下がるなど信頼が失われ、Yooldoプロジェクトに悪影響を与える可能性があります。
ブロックチェーン関連産業に対する政府の規制のリスクは高まっています。
ブロックチェーン業界に対する政府の規制の有無及びそのレベルによっては、直接的又は間接的に、当該企業の事業に大きな影響を与える可能性があります。
Yooldoチームは、ブロックチェーン技術の健全な発展のため、関連する法令を遵守し、法令で認められた範囲内で安定した運営を行うよう努めています。

TroublePunk (CyberGalz)公式ブログ和訳

下記の内容は、TroublePunk (CyberGalz)運営側からの依頼/承諾に基づき、公開されているTroublePunk (CyberGalz)の公式ブログの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://cybergalznft.medium.com/

ブログ記事は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、TroublePunk (CyberGalz)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

TroublePunk(CyberGalz)のミント概要

いよいよ、ミントイベントが近づいてきました!
1月23日に行われるジェネシス・ミントを前に、ミントのプロセスとクラフト・ソリューションの話をさせてください。

ImmutableX-Cyber Galzのためのハイテク工場

ImmutableXは、ちょうどCyber Galzのハイテク工場のようなものです。
詳しく説明すると、ユーザーがGalzの外観を好みに応じて変更する際、このハイテク工場ではETHチェーンと比較してガス代がほぼゼロになるのだそうです。
IMXでは、IMXマーケットプレイスでGalzのアイテム(パーツ)をガス代ゼロで購入したり、Cyber GalzのWebサイトでクラフトソリューションを使って自分のGalzをカスタマイズしたり、Galzの機能を実現することができます。
これらの機能をブロックチェーンネットワーク上に実装すると、ブロックチェーン上で多くのトランザクションが発生します。
そのため、ETHで自分のGalzをクラフトしようとすると、Galzの5つの項目を追加・削除するのに1,000米ドル以上の費用がかかります。
IMXの場合は?すべて無料です。
そのため、IMXを「Galzのハイテク工場」と呼んでいます。

ETH&レイヤー1:CyberGalzのためのショールーム&SNS

IMXを「Galzのためのハイテク工場」と表現しましたが、ETHをはじめとするレイヤー1を「Galzのショールーム&SNS」と表現したいと思います。
IMXの工場でアイテムコレクションを適用して、世界に一つだけの自分だけのGalzを作り終えたら、OpenSeaやOnCyberなどのショールームでGalzを披露する準備が整いました。
必要なのは、IMX-レイヤー1ブリッジを経由して、ETHまたはレイヤー1でGalzをショールームに送ることです。
Galzがショールームに到着するまでには、24時間程度かかると思われます。
IMX-layer1ブリッジを通じてGalzがショールームに到着したら、GalzをTwitterの写真に投稿したり、OpenSeaやOnCyberのGalzコレクションに追加したりすることができます。

OpenSeaのような、より活発なマーケットプレイスがImmutableXをサポートしたらどうでしょう?
もしそうなら、あなたのGalzはレイヤー1とレイヤー2の間のブリッジを渡る必要はありません。
Immutable X のショールームや SNS に置くだけでよいのです。
昨年4月、OpenSeaは、マーケットプレイスがIMXをサポートする予定であることを発表しました。
うまくいけば、この統合は今年すぐにでも実施できるでしょう。

Cyber Galzは、IMX上で初めてクラフトに対応したPFP NFTです。
IMXでのGalzの取引量が増えるにつれ、Cyber Galzは我々のクラフトと自己インスピレーションによるカスタマイズ可能なNFTに関連してより多くのスポットライトを浴びることになるでしょう。

では、ミントはどうなるのでしょうか?

TroublePunk(CyberGalz)のジェネシス・ミント

ジェネシス・ミントは1月23日12:00PM UTC / 9:00PM KST (UTC+9) から24時間だけ開催される予定です。
この後、セカンダリーセール(2月5日)、パブリックセール(2月6日)が開催される予定です。
これらのセールを通じて、Galz VM(Galz自動販売機)、Galz revealを購入することができます。

ミントすべきブロックチェーンは、ETHかIMXか?

私たちのコミュニティがクレイジーなETHガス価格を体験できるように、約2,000台のGalz VM(購入可能な正確な数量は、本当にすぐに確認されます)がETHチェーン上に配備される予定です。
ユーザーは販売日までに、自分のGalz VMをミントするためにイーサリアムまたはImitable Xチェーンのいずれかを選択する必要があります。
ミントのためのホワイトリストチケットを持っている場合、Discordチャンネルでフォームを提出するよう要求されるでしょう。
Galz VM ミント・チェーンの回答は、このフォームから送信してくださいね。
参考までに、ガス代が気になる方はIMXを選択するのがおすすめです。
また、Gleamイベントのホワイトリスト受賞者はIMXでのみミントが可能ですので、ご注意ください。

イーサリアムでのGalz VMのミントプロセス

  1. Galz VMをイーサリアム上でミントする場合、プロセスは他のイーサリアムNFTのミントと同じになります。
  2. ETH上でミントされたGalz VMは、マイグレーションによりIMXに移行することが可能です。
    GalzのNFT開封イベントの前にGalz VM_ETHからGalz VM_IMXに移行してください。
    本移行機能はGalzのNFTリビールイベント前に稼動します。
  3. MetaMaskをウェブサイトまたはIMXマーケットプレイスに接続後、Cyber Galz公式ウェブサイトからGalz VMのマイグレーションを進めることができます。
  4. ETHでのミントの場合、OpenSeaでのミントと取引、Immutable XへのGalz VMの移行には、ガス代が発生します。

Immitable XでのGalz VMのNFTミントプロセス

まず、ETHを入金したMetaMaskをIMXマーケットプレイス(https://market.x.immutable.com/inventory)または弊社Cyber Galz公式サイトのいずれかに接続し、IMXにETHを入金する必要があります。
この作業は、レイヤー1のETHをレイヤー2(当社の場合はImmutable X)に転送するためのものです。
約30秒程度で完了します。

  1. その後、当サイトの「ミント」をクリックする必要があります。
  2. GalzのNFTリビール・イベント当日は、Galz VMを搭載したウォレットを弊社ウェブサイトに接続し、公開ボタンをクリックするだけで、Galz NFTの公開が進行します。
  3. ImmutableXでのミントの場合、ミント前にETHをレイヤー1からレイヤー2に転送する際、またはGalz NFTをレイヤー1に転送してOpenseaでNFTをトレードする際にガス代が発生します。
    Immutable XからETHのレイヤー1への転送が完了するまでに24~48時間かかりますので、ご注意ください。
  4. ただし、ミントとクラフトの工程では、ガス代はかかりません。

Cyber Galzは、愛するGalz famのためにSFメタバースな遊び場を提供することを目指し、あらゆる側面から楽しくてエキサイティングな体験を提供できるように努めてまいります。
今回の技術特集もその一環で、面白くて便利な技術をどんどん取り入れて、よりエキサイティングなメタバース体験を創造していきます。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。