SNPIT(スナップイット)の始め方・遊び方-カメラNFTを使った写真撮影で仮想通貨を稼ぐ「Snap to Earn」プロジェクト

「専用のスマホアプリで、写真を撮影するだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになるかもしれない、と話題の、SNPIT(スナップイット)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなSNPIT(スナップイット)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年4月24日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、SNPIT(スナップイット)への本格参入等のための、ノーリスクの原資を確保しておく

    ※2024年4月24日現在、掲載キャンペーン で獲得できるAmazonギフト券や仮想通貨、日本円等の合計は、19,000円相当。締め切りが近いキャンペーンもあるので、お早めに

  3. SNPIT(スナップイット)のアプリダウンロード等を進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

SNPIT(スナップイット)を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

SNPIT(スナップイット)のプレイで、仮に今後、報酬が得られるようになった場合、その報酬は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、CoinTrade(コイントレード) 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、SNPIT(スナップイット)のプレイで仮に収益が得られた場合、その収益はトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はSNPIT(スナップイット)。ゲームのプレイや、アプリの利用で収益が得られるようになった場合、その収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、ゲームで得た収益を(必要に応じ、間に他のトークンを挟んだうえで、)換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
東証プライム市場上場企業の子会社が運営し、口座開設はもちろん無料。
さらに、口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年4月24日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、SNPIT(スナップイット)本格参入のための原資を確保する

SNPIT(スナップイット)のようなブロックチェーン・ゲームの場合、本格的なプレイを始めるためには、何らかのNFTやトークンの事前購入が必要となるケースが一般的です。
※無料で始めることが出来るNFTゲームや、無料でもある程度のトークンを稼ぐことが出来るブロックチェーン・ゲームも存在しますが、その場合でも、本格的なゲームプレイのためには、NFT購入等が必要となるケースが大半です。

そして、NFTやトークンの価値は、ゲームの人気が高まれば、上昇していくこととなりますが、逆に、ゲームの人気が低迷すると、その価値は低下してしまうことが多くあります。
そのような高リスクなアセットを入手するために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

2024年4月24日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、19,000円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当のETH(イーサリアム)がもれなく全員にプレゼント。もらったETHは、同社のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年9月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

COZUCHI

2024年4月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から投資家登録完了(無料)で、Amazonギフト2,000円分プレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年4月30日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

利回り不動産

2024年4月30日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

Funds(ファンズ)

2024年5月31日までに、公式サイト から、新規口座開設完了で、500円分のAmazonギフト券をプレゼント。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のETHをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼント
キャンペーン期限
本日現在、期間限定にて開催中
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、本日現在、期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分のETH(イーサリアム)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったイーサは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年9月30日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

COZUCHI(Amazonギフト2,000円分プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規投資家登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト2,000円分プレゼント
キャンペーン期限
2024年4月30日まで
サイトURL
COZUCHI (公式)

不動産クラウドファンディング業界の有名企業。
1口1万円から、現物不動産を投資対象とするファンドに小口投資できるサービスを展開中。
新規の投資家登録者限定で、Amazonギフト2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年4月30日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月28日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funds(Amazonギフト券500円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
Amazonギフト券500円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年5月31日まで
サイトURL
Funds (公式)

累計募集額400億円を突破した、「1円から投資できる」と話題の、ソーシャルレンディング・サービス。
期間限定で、新規口座開設を完了したユーザー全員に、500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

SNPIT(スナップイット)の始め方・遊び方・仮想通貨の稼ぎ方

ここでは、SNPIT(スナップイット)の具体的なプレイ方法・遊び方等について、確認を進めて参ります。

SNPIT(スナップイット)のベータ版アプリの始め方

SNPIT(スナップイット)のベータ版アプリのプレイを始める場合、その手順は、以下の通りです。

SNPIT(スナップイット)のベータ版アプリのダウンロード・インストール

まずは、SNPIT(スナップイット)の公式ディスコード に参加し、ベータ版アプリのダウンロード・インストールを行います。

メールアドレスの登録



画像引用元:SNPIT(スナップイット)

任意のメールアドレスを入力し、「認証コードを送る」のバナーをタップします。

SNPIT(スナップイット)から届く認証コードの入力



画像引用元:SNPIT(スナップイット)

すぐに、SNPIT(スナップイット)から、数字4桁の認証コードが届くので、入力のうえ、「ベリファイ」をタップします。

招待コードの入力



画像引用元:SNPIT(スナップイット)

続いて、SNPIT(スナップイット)の公式ディスコードにて受け取った、招待コードを入力し、「コンファーム」をタップします。

SNPIT(スナップイット)ベータ版のホーム画面がこちら



画像引用元:SNPIT(スナップイット)

このようなホーム画面が表示されれば、SNPIT(スナップイット)のベータ版のプレイを始める準備は完了です。

SNPIT(スナップイット)の写真への「投票」で仮想通貨を稼ぐ手順

SNPIT(スナップイット)のアプリ内で、他ユーザーの撮影した写真同士の「バトル」に投票し、結果に応じて仮想通貨を稼ぐ手順としては、以下の通りです。

「レート」(評価)アイコンをタップ

まずは、SNPIT(スナップイット)のアプリ画面最下部のメニューバーから、「Rate」のアイコンをタップします。

2つの写真から、より人気を集めそうな写真を選択



画像引用元:SNPIT(スナップイット)アプリ内から引用

2枚の写真が表示されるので、そのうち、よりユーザーの人気・投票を集めそうな写真を、タップで選択します。

連続して評価・投票を行うことも可能



画像引用元:SNPIT(スナップイット)アプリ内から引用

1組の写真に対する評価・投票が終わると、続いて別の写真ペアが表示されます。
そのまま連続して、複数の評価・投票を行うことも可能です。

アプリ画面上部の通知アイコンをタップ

自分が投票・評価したほうの写真が「勝者」となると(=先に10票を集めると)、アプリ内トークンである「STP」を受け取ることが出来ます。
受取状況等を確認したい場合は、SNPIT(スナップイット)のアプリ画面左上の通知アイコンをタップします。

投票結果が的中すると、STPトークンを受け取ることが出来る

無事に投票結果が的中していると、このように、SNPIT(スナップイット)の「STP」トークンを受け取ることが出来ます。

PREMINTで開催されている、SNPIT(スナップイット)のNFT抽選イベントに参加する方法

PREMINT上で開催されている、SNPIT(スナップイット)の抽選イベントに参加登録をしたい場合、その手順は以下の通りです。

PREMINT上の、SNPIT(スナップイット)イベント・ページにアクセス

まずは、PREMINT上の、SNPIT(スナップイット)イベント・ページにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://www.premint.xyz/snpit/

「ログインして登録」をタップ

「Login to Register」のバナーをクリックします。

PREMINTとのコネクトに利用するソフトウェア・ウォレットの選択

なお、以下の記事では、MetaMask(メタマスク)を選択しています。

ソフトウェア・ウォレットで署名を済ませる

前段で選択したソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がるので、署名内容を確認し、同意する場合、署名を済ませます。

Twitter関係タスクをこなす

  • SNPIT(スナップイット)の公式Twitterアカウントのフォロー、及び、
  • 指定されたツイートの「ライク&リツーイト」、

といったタスクをこなします。

アップデートを受け取りたいメールアドレスの入力(任意)

PREMINTからの更新情報を受け取りたい場合、メールアドレスを入力します(ただし、入力は任意です)。

登録するウォレットアドレスの確認

抽選に参加登録するウォレットアドレスを改めて確認し、「Click to Register」のバナーをクリックします。

抽選申し込みの完了

このような画面が表示されれば、抽選申し込みは完了です。

SNPIT(スナップイット)のパブリック・セールで、ジェネシス・カメラNFTボックスを購入する方法

SNPIT(スナップイット)の公式サイトにて開催される「パブリック・セール」に参加し、同アプリの「ジェネシス版カメラNFT」の入った「ボックス」を購入する際の手順としては、以下の通りです。
※ただし、2023年10月31日現在、既に、ジェネシス・ボックス・NFTは、完売済です。

パブリック・セールの開催ページにアクセス

まずは、SNPIT(スナップイット)のパブリック・セール会場(=サイト)にアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://shop.snpit.xyz/

購入したいカメラNFT(ボックス)の数量、ウォレットアドレスの入力

  • パブリック・セールで購入したいカメラNFTの数量(※ただし、1ウォレットアドレスあたりの購入可能台数には、上限設定あり)
  • NFTを受け取りたいウォレットアドレス

を入力・ペーストします。

NFT購入時の支払い方法の選択

SNPIT(スナップイット)のジェネシスNFTのパブリック・セールでは、決済・支払い方法として、

  • 暗号資産(MATIC)による支払い
  • クレジットカード払い

上記の2択が提供されています。
仮想通貨(マティック)による支払いを選択する場合は、「ウォレットをコネクト」のバナーをクリックします。

MetaMask(メタマスク)でコネクトを承認

前段で、暗号資産による支払いを選択した場合、ソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がるので、コネクトを承認します。

NFTボックスの「購入」バナーをクリック

ウォレット接続が完了すると、先程の「コネクト」のバナーが「Buy」の表記に切り替わります。

ウォレット・アプリで決済を承認

改めて、ウォレット・アプリが立ち上がるので、

  • ジェネシス・カメラNFTの購入代金、及び、
  • ガス代(トランザクション手数料)

の決済を承認します。

トランザクション提出の完了

このようなポップアップが表示されれば、決済トランザクションの提出は完了です。

パブリックセールで買ったSNPIT(スナップイット)のジェネシス・ボックスNFTを、OpenSea(オープンシー)から確認する手順

SNPIT(スナップイット)のパブリック・セールで購入した、ジェネシス・ボックスNFTの受取・トランスファー履歴については、実務上は、ポリゴン・スキャン上で確認すれば事足ります。
仮に、「ボックスNFTの受け取りを、ビジュアルでしっかりと確認したい」という場合、以下の手順でOpenSea(オープンシー)経由で確認することが簡便です。

OpenSea(オープンシー)公式サイトにアクセス

まずは、OpenSea(オープンシー)公式サイトにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://opensea.io/

OpenSeaへの「ログイン」バナーをクリック

続いて、OpenSeaへの「ログイン」アイコンをタップします。

OpenSeaとのコネクトに利用したいソフトウェア・ウォレットの選択

NFTマーケットプレイス「OpenSea」とのコネクトに利用したいソフトウェア・ウォレットを選択します。
その後、選択したソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がるので、コネクト承認、及び、署名を進めます。

「プロフィール」ページにアクセス

OpenSea(オープンシー)へのログインが済んだら、続いて、自身の「プロフィール」ページへ移動します。

SNPIT(スナップイット)のカメラ・ボックスNFTが表示される

上掲スクリーンショットの要領で、パブリック・セールにて購入したジェネシス・ボックスNFTが表示されれば、OKです。

OpenSea(オープンシー)での「出品」(リスト)は出来ない

上掲の手順で、OpenSeaにて、SNPIT(スナップイット)のボックスNFTを表示・確認することは出来ますが、OpenSeaでは、当該NFTを出品(=リスト)することは出来ません。

SNPIT(スナップイット)に関する「よくある質問」

ここからは、SNPIT(スナップイット)に関係する「よくある質問」について、質疑応答の形式で、確認を進めて参ります。

SNPIT(スナップイット)の運営会社は、どこの会社ですか?

SNPIT(スナップイット)は、株式会社GALLUSYS(※概要は下記)と、チューリンガム株式会社(※同左)が共同開発にあたっている、WEB3プロジェクトです。
なお、SNPIT(スナップイット)のパブリッシングについては、ZEAL NOVA DMCC(所在地:UAE ドバイ、CEO:Tomoe Mizutani)が担う、とされています。

各社の概要は、以下の通りです。

株式会社GALLUSYSの概要

商号
株式会社GALLUSYS
会社設立
2020年9月
資本金
5,000万円(ただし、2021年1月21日時点において)
本社所在地
東京都新宿区西新宿3丁目2番9号
代表者
大塚 敏之 氏
親会社等
ギグワークス株式会社(東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング東棟10階)が、完全親会社
会社HP
https://gallusys.com/

チューリンガム株式会社の概要

商号
チューリンガム株式会社
会社設立
2019年6月7日
資本金
5,150万円
所在地
東京都港区南青山六丁目7番2号
代表者
田原 弘貴 氏
親会社等
東証スタンダード上場 株式会社クシムの連結子会社にあたる
会社HP
https://turingum.com/

ZEAL NOVA DMCC社の概要

所在地
UAE ドバイ
代表者
CEO:Tomoe Mizutani
会社HP
https://zealnova.ae/

ギグワークス株式会社の概要

商号
ギグワークス株式会社
設立
1977年1月20日
資本金
1,060百万円
本店所在地
東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング東棟10階
子会社等
株式会社GALLUSYS等、複数の子会社の親会社にあたる
会社HP
https://www.gig.co.jp/

SNPIT(スナップイット)と、秋元康氏の関係を教えて下さい

2023年9月、ギグワークス株式会社のプレスリリースにて、音楽プロデューサー等として著名な秋元康氏が、SNPIT(スナップイット)のストラテジックアドバイザーに就任したことが発表されました。

SNPIT(スナップイット)のカメラNFTは、どこのマーケットプレイスで購入できますか?OpenSea(オープンシー)でも購入できますか?

fillメディア編集部にて確認した時点(2023年10月7日)においては、SNPIT(スナップイット)のカメラNFTは、OpenSea(オープンシー)では出品・売買が出来ない模様です。
代わりに、NFTマーケットプレイス「Rarible」では、比較的頻繁に、カメラNFTの出品、及び売買が為されています。
※各NFTマーケットプレイスのURLについては、本記事末尾の、「概要・公式サイト等」の箇所をご確認下さい。

SNPIT(スナップイット)のパブセに参加する場合、仮想通貨支払いと、クレジットカード払いは、どちらがお得ですか?

SNPIT(スナップイット)のジェネシス・ボックスNFTのパブセで、クレジットカード決済を選択する場合、決済代行会社に対して支払う「システム手数料」の負担が生じます。
仮に、「少しでも安く、ボックスNFTを入手したい」と考えている場合、手数料の節約、という観点では、仮想通貨決済のほうが、お得、と言えるでしょう。

SNPIT(スナップイット)ホワイトペーパー日本語訳

下記の内容は、SNPIT(スナップイット)運営元からの承諾に基づき、公開されているSNPIT(スナップイット)のホワイトペーパー等の一部、ないしは全部の日本語訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://wp.snpit.xyz/

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、SNPIT(スナップイット)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、日本語への翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

SNPIT(スナップイット)とは

SNPIT(スナップイット)は、カメラNFTを活用して写真を撮影すると報酬がもらえる、Game-Fiプラットフォームです。
ユーザーはカメラNFTを最大限に活用して貴重な写真を撮影し、SNPITトークンという形で報酬を受け取ることができます。
このトークンは、カメラNFTの性能向上やアプリ内のフォトコンテストへの投稿などに使用できます。
さらに、アプリ内でMATICと交換することもできます。
SNPIT(スナップイット)は、息をのむような美しい風景を記録することで地球の美しさを再発見し、環境保護や文化遺産に対するユーザーの意識を高めることを目指しています。

SNPIT(スナップイット)の使い方

  1. スマートフォンにSNPIT(スナップイット)のアプリをインストールします。
  2. アプリ内のウォレットにMATICを送金します。
  3. アプリ内のストアでMATICを使ってカメラNFTまたはカメラボックスを購入します。
  4. 購入したカメラNFT、または、カメラボックスからミントされたカメラNFTを使って、写真を撮る。
  5. 撮影することで、SNPITトークンを獲得することができます。
  6. 獲得したSNPITトークンを使って、カメラの性能アップや、投稿枚数の増加、写真の保存容量の増加、既存のカメラ2台から新しいカメラをミントすることができます。

SNPIT(スナップイット)のNFT

ここからは、SNPIT(スナップイット)のNFTについて確認していきます。

カメラNFT

カメラNFTには4つの性能ステータスがあり、カメラのレアリティによって初期値が異なります。
性能の低いカメラで撮影すると、解像度の低い写真しか撮影できません。

画質
数値を上げることで、撮影した写真の画質が向上します。30以上の画質でバトルに参加できます。
効率
数値を上げると、写真を撮影して獲得できるSTが増加します。
数値を上げると宝箱のドロップ率が上がります。
バッテリー
数値を上げることで、写真撮影時のバッテリー消費を抑えることができます。
レアリティ別のステータス初期値
コモン
1~10
アンコモン
8~18
レア
15~25
エピック
23~33
レジェンダリー
30~40

カメラNFTをレベルアップさせることで、性能向上に必要なポイントを獲得できます。
また、カメラNFTのレアリティによって、レベルを上げるたびに獲得できるポイント数が異なります。
このポイントをカメラNFTに割り振ることで、カメラの性能が向上し、より高画質な写真を撮影できるようになったり、獲得できるSNPITトークンの量が増えたりします。

レアリティ別の、レベル上げ時の獲得ポイント(=性能向上のために割り振り可)は、以下の通りです。

コモン
2
アンコモン
4
レア
6
エピック
8
レジェンダリー
10

写真を撮るたびに、カメラの耐久度が減っていきます。
耐久度を回復させるには、SNPITトークンを消費して、カメラNFTを修理する必要があります。

カメラNFTのミント

  • SNPITトークンと
  • カメラ・ミント・スクロール

を消費し、レベル10以上のカメラNFTを2つ組み合わせると、新しいカメラ・ボックスが生成されます。
カメラボックスとカメラにはそれぞれレアリティがあります。
レアリティの高いカメラボックスからは、よりレアリティの高いカメラNFTがミントされます。

※カメラ・ボックスのレアリティ別のドロップ率等については、SNPIT(スナップイット)のホワイトペーパーの該当ページ をご覧下さい。

アイテムNFT

撮影時にドロップする宝箱のチケットや、「いいね!」を獲得することで手に入る「ミント・スクロール」を使って「ガチャ」を回すことで、アイテムを入手することができます。
アイテムには、「ガチャ」で入手できるレンズ、フラッシュ、フィルム、バッテリーの4種類の通常アイテムと、コンテストなどの特別な条件で入手できるアクセサリーがあります。
アイテムをアイテムスロットに装着することで、カメラの性能が向上します。
また、アイテムにはレアリティがあり、レアリティの高いアイテムを装着することで性能アップが期待できます。

レンズ
実際のカメラレンズに近い性能で撮影できる。
フラッシュ
写真編集が可能になる。
フィルム
撮影数の上限を増やす。
バッテリー
バッテリーの消費を抑える。
アクセサリー
キーホルダー、カメラケースなど。それぞれの効果はユニークです。

なお、「アイテムNFT」は、2023年末実装予定です。

アイテムNFTのミント

レンズ、フラッシュ、フィルム、バッテリーの4つのアイテムは、宝箱から入手できるチケット、「いいね!」で獲得できるアイテム・ミント・スクロール、SNPITトークンを消費して、ミントすることができます。
アイテム・ミント・スクロールや、SNPITトークンの必要数は、チケットのレアリティによって異なります。

なお、アイテムNFTのミント機能についても、2023年末実装予定です。

SNPIT(スナップイット)のゲームファイの仕組み

ここからは、SNPIT(スナップイット)のゲームの具体的な仕組みについて確認します。

写真の投稿・保管

撮影された写真はすべてサーバーに保存され、世界中の人が見ることができます。
解像度が低い写真は、後述するバトルやフォトコンテストには参加できません。
写真を投稿して「いいね!」をもらうと、アイテム「ミントスクロール」を獲得できます。
また、撮影した写真は自動的に個人ページに保存されます。
初期状態では解像度の低い写真も、SNPITトークンを消費することで、撮影に使用したカメラNFTの性能に応じた画質まで向上させることができます。
写真の投稿やフォルダ容量の拡張にはSNPITトークンを消費します。

撮影上限と、日毎のトークン獲得上限

SNPIT(スナップイット)には、

  • 日毎の撮影数上限と、
  • 日毎のトークン獲得上限という、

2つの要素があります。
カメラNFTを搭載したSNPITアプリで写真を撮影すると、SNPITトークンを獲得できます。
撮影できる枚数はフィルムによって制限されます。
所有するカメラの台数に応じてフィルムの上限が設定され、6時間ごとに上限の25%が回復します。
カメラ保有台数に応じた1日の撮影上限枚数は以下の通りです。

カメラNFTの数 1日の撮影数上限
1 2
3 4
9 8
15 16


引用元:SNPIT(スナップイット)ホワイトペーパー

撮影によって獲得できるSNPITトークンの量は、カメラの性能によって異なります。
獲得したSNPITトークンを使ってカメラをレベルアップすると、1回の撮影で獲得できるSNPITトークンの量が増えます。
撮影によって獲得できるトークンには、1日の上限があります。
効率パラメータや所有するカメラの台数を増やすことで、この上限を引き上げることができます。

フォト・バトルの仕組み

SNPIT(スナップイット)では、自分が撮影した写真を使ってバトルをすることができます。
バトルでは、他のユーザーが自分の好きな写真に投票し、最も多く投票された写真が勝者となります。
バトルに勝利すると、タイムラインに自分の写真が表示されます。
また、バトルの履歴や対戦した写真は、写真のステータスページで確認できます。
バトルに参加するには、写真のクオリティパラメータが30以上である必要があります。

投票(写真評価)
写真の評価はバトルページから行います。
2枚の写真が比較のために上に表示されます。
より良いと思う写真を選んで投票します。
投票は1日5回まで可能です。
投票した写真がバトルに勝利した場合、勝利した写真に投票したユーザーにもSNPITトークンが贈られます。
バトルエントリー
バトルはバトルページからエントリーできます。
エントリーには基本的に料金はかかりませんが、一度負けた写真に再度エントリーする場合は、SNPITトークンが必要となります。
バトルの結果
ユーザーがエントリーした写真をもとに、システムが自動的にバトル(1vs1)を決定します。
最初に10票を獲得した写真が勝利となり、勝利者はSNPITトークンを獲得することができます。
バトルランク
バトルに勝利すると、スターを獲得することができます。
星の数はバトルにおける写真のランクを表し、同じランクの写真同士でバトルが行われます。
最初はスターがない状態からスタートし、ランクが上がるにつれて対戦相手の数が減っていきます。
バトルでマッチングする相手を探すのに時間がかかることもありますが、ランクが上がるほど獲得できるSNPITトークンの数も増えます。

ジャックポット

ユーザーが写真を撮るたびに、0.01SNPITトークンが賞金プールに加算されます。
どの賞金プールに入るかは、「空、食べ物、建物、花、水、人、動物、街、自然、その他」のうち、撮影した写真の被写体によって決まります。
「空」から「自然」までの賞品プールでは、それぞれ100枚のジャックポットチケットを使ってジャックポットを引くことができ、賞品プールのSTの最大50%を獲得することができます。
「その他」の賞金プールは、各期間のランキング上位者に賞金が振り分けられます。

ジャックポットチケット

写真を撮るとドロップする、宝箱の中に入っています。
「空」「食べ物」「建物」「花」「水」「人」「動物」「街」「自然」のチケットがあり、撮影した写真の被写体によってもらえるチケットが決まります。
100枚集めるとジャックポットを引くことができます。

アイテムスロット(カメラバッグとアクセサリースロット)

カメラNFTには、レンズ、フラッシュ、フィルム、バッテリーの4つのアイテムを収納できるカメラバッグと、アクセサリーを装着できるアクセサリースロットがあります。
各スロットにアイテムを装着することで、アイテムによるバフ効果が得られます。
スロットの数はカメラNFTのレアリティによって決まります。
カメラバッグの場合、どのアイテムスロットがあるかは、ミント結果を確認するまで分かりません。
なお、アイテムスロット機能は、2023年末実装予定です。

カメラNFTのレアリティ カメラバッグのスロット数 アクセサリー・スロット数
コモン 2 0
アンコモン 4 1
レア 6 2
エピック 8 3
レジェンダリー 10 4


引用元:SNPIT(スナップイット)ホワイトペーパー

トレジャー・チェスト

写真を撮ると、トレジャー・チェスト(宝箱)を手に入れるチャンスがあります。
チェストの中には、カメラバッグに装着するアイテム(2023年末までに実装予定)やジャックポットチケットをミントするためのチケットが入っています。
チェストのレア度はさまざまで、レア度の高いチェストほど、貴重なアイテムが入っています。
チェストの入手率やレア度は「運」のステータスに影響されます。

ユーザーランキング

カメラデッキの全パラメーターの合計と、シーズンバトルで獲得した「★」の合計数でランキングされます。
ランキング上位のユーザーには、シーズンごとにSTやアイテムなどの報酬が贈られます。

カメラデッキ

デッキ内のカメラのパラメーターの合計値がユーザーランキングに反映されます。
最初は5台のカメラデッキからスタートし、SNPITトークンを消費してデッキを拡張することができます。
デッキ構成によってはバフ効果も期待できます。

ギルド機能

特定の条件を満たし、SNPITトークンを消費することで、ギルドを設立することができます。
ギルド内では、メンバー同士でカメラをレンタルすることができます。
ギルドは、メンバー全員のカメラデッキの合計値と、ギルドメンバー全員のバトル勝利数の合計値で競い合います。
なお、ギルド機能は、2023年末実装予定です。

戦利品ボックス(ルートボックス)

獲得したチェストは、4つある戦利品箱のいずれかに収納されます。
戦利品箱の数だけチェストを持つことができ、戦利品箱がいっぱいになると獲得したチェストは消えてしまいます。
チェストを開けるには時間がかかり、レアリティの高いチェストほど時間がかかります。
STを使えば開ける時間を短縮できます。
一部のアクセサリーには、チェストを開ける時間を短縮するスキルがあります。

フォトコンテスト

ゲーム運営会社や提携企業がフォトコンテストを開催します。
SNPITトークンを消費してフォトコンテストに参加することができ、入賞者にはカメラボックスやアイテムなどの特典が贈られます。

ARトレジャー・チェスト

世界中に点在するバーチャル宝箱です。
ARモードのカメラを通して、AR宝箱を発見できるかもしれません。
撮影や収集には「SNPITトークン」が必要で、未回収のAR宝箱は一定時間後に別の場所に移動します。
SNPITトークンを消費することで、AR宝箱がある特定のエリアに範囲を絞ることができます。

なお、同機能は、2024年実装予定です。

スポンサー制度

一定の条件を満たすことで、投稿写真に広告を掲載することができます。
契約スポンサーは入札により決定します。

SNPIT(スナップイット)のトーケノミクス(トークン・エコノミクス)

ここでは、SNPIT(スナップイット)のトーケノミクスについて確認します。

マティック

NFTの売買には、マティックが使用されます。

SNPITトークン

SNPITトークンは様々なシーンで獲得・消費されます。

SNPITトークンの獲得タイミング
  • 写真を撮る
  • フォトバトルで勝利する(10票先取)
  • フォトバトルで勝利した側に投票する。
SNPITトークンの使用タイミング
  • カメラNFTのレベルアップ
  • カメラNFTの修理
  • カメラボックスのミント
  • アイテムNFTのミント
  • フォトバトルで負けた写真の再エントリー
  • チェストの開封時間のスキップ
  • フォトコンテストへの応募
  • 撮影済み写真の画質向上
  • フォトバトルで使用できる写真の最大枚数を増やす。

※なお、別途、SNPIT(スナップイット)のガバナンストークンが作成される可能性があります。

SNPIT(スナップイット)利用規約日本語訳

下記の内容は、SNPIT(スナップイット)運営元からの承諾に基づき、公開されているSNPIT(スナップイット)の利用規約等の一部、ないしは全部の日本語訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://lp.snpit.xyz/terms

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち、当社、弊社)は、SNPIT(スナップイット)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、日本語への翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

なお、文中の太字箇所は、fillメディア編集部にて太字としたものです。

SNPIT(スナップイット)の利用規約概略

SNPIT利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社GALLUSYS(以下「当社」といいます)が提供するGame-Fiプラットフォーム「SNPIT」(以下「SNPIT」といい、SNPITを提供するアプリケーションを「本アプリ」といいます)の利用について定めるものです。
利用者は、本アプリを利用するにあたり、本規約に同意するものとします。

SNPIT(スナップイット)の概要

ユーザーは、カメラNFTを最大限に活用して価値ある写真(以下、「コンテンツ」といいます)を撮影し、SNPITトークン(以下、「トークン」といいます)という形で報酬を受け取ることができます。
トークンは、カメラ性能の向上やアプリ内のフォトコンテストへの投稿などに利用できます。
また、アプリ内でMATICと交換することもできます。
SNPITは、息をのむような風景を記録することで地球の美しさを再発見し、環境保護や文化遺産に対するユーザーの意識を高めることを目的としています。

SNPIT(スナップイット)使用上の注意点

本アプリを利用するには、18歳以上、または居住国において成年に達している必要があります。
利用者は、本アプリの利用に際し、自ら注意し、安全と健康を確保するものとします。
当社は、本アプリの利用に起因する損害、損失、傷害、健康問題等について、一切の責任を負いません。

また、利用者は、本アプリを利用するにあたり、以下の事項を表明・確認するものとします。

  • 現在、アメリカ合衆国、中華人民共和国、キューバ、クリミア半島、セバストポリ、イラン、アフガニスタン、シリア、北朝鮮、アンティグア・バーブーダ、香港、タイ、マレーシア、インド、カナダ(特にオンタリオ州)、アラブ首長国連邦に居住していないこと。
  • 本アプリへのアクセスおよびその使用が居住国において合法であること。
  • 当社は、本アプリの利用がユーザーの居住国において合法であることを保証しません。万一、利用者の居住国において本アプリの利用が違法であることが判明した場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

SNPIT(スナップイット)のアプリの提供

利用者による本アプリへのアクセスは、厳密には暫定的かつ一時的なものです。
当社は、利用者に通知することなく、本アプリの提供を中止し、またはその内容を変更する権利を留保します。
したがって、利用者は、当社が本アプリの全部または一部へのアクセスを制限する場合があることを了承し、これに同意するものとします。
当社は、本アプリが長期間利用できなくなった場合であっても、その理由の如何を問わず、いかなる補償義務および責任も負わないものとします。
当社は、ユーザーが本アプリを利用することにより獲得できるトークンの数および付与率を適宜変更することができるものとします。

当社は、以下の各号に定める場合において、諸般の事情を考慮し、当社が適当と判断したときは、利用者が獲得した利益又は便益を取り消すことができるものとします。

  • トークンその他の利益を誤って付与した場合。
  • ユーザーが本アプリまたは本サービスを悪用または不正利用して利益を得たことが判明した場合。
  • ユーザーまたは第三者が、不正行為、承認されていない行為、その他当社が不適切と判断する方法により利益を得た場合。

利用者は、トークンを管理・保管するためにデジタルウォレットへの接続を求められる場合があります。
この場合、利用者はデジタルウォレットのセキュリティに単独で責任を負うものとします。
当社は、デジタルウォレットの管理不備により利用者が被った損害について一切の責任を負いません。

料金と支払い(※カメラNFTの購入)

利用者は、別途定める当社の定める方法により支払うことにより、当社の定めるカメラNFTを購入することができます。
当社は、当社が適当と判断する方法で利用者に通知することにより、本条に定める料金および支払方法を変更することができるものとします。
ただし、料金および支払方法の変更内容については、利用者への通知方法として、当社ホームページへの掲載をもって代えることができるものとします。

なお、当社は、原則として、利用者から受領した料金の払い戻しには応じません。

トークンの取得及び利用

利用者は、購入したカメラNFTまたはカメラボックスからミントされたカメラNFTを使用して写真を撮影することにより、トークンを獲得することができます。
ユーザーは獲得したトークンを使って、カメラの性能向上、投稿数やストレージ容量の増加、既存のカメラNFT2台から新しいカメラを製造することができます。

SNPIT(スナップイット)の定める禁止行為

本コンテンツを利用した撮影において、以下の行為を禁止します。
禁止行為に該当するかどうか不明な場合は、ご相談ください。

  • 法令または公序良俗に反する撮影。
  • 法令・公序良俗に違反するか否かを問わず、ポルノコンテンツ、風俗営業、欺瞞的商法、アダルトサイト、出会い系サイト、暴力団関係者等への利用。
  • 著作権者であるかのような印象を与える使用方法。
  • 弊社もしくは第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、または弊社もしくは第三者に対する不当な差別を助長し、もしくは弊社もしくは第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
  • 著作権、商標権、特許権、意匠権、実用新案権、営業秘密、名誉権、肖像権、プライバシー権、パブリシティ権等の第三者の権利を侵害する態様で利用する行為。
  • 商標権や意匠権などの権利につながる可能性のある創作に利用すること。
  • 本アプリと同様のサービスを提供するための再利用。
  • 購入したコンテンツおよびその利用権を第三者に譲渡、貸与する行為。
  • 第三者がコンテンツをダウンロードまたはアクセスすることが可能な状態での利用。
  • その他、当社が不適切と判断する行為。

知的財産権等について

本コンテンツの著作権を含む一切の知的財産権は、本コンテンツの利用者または利用者が許諾を得た権利者に帰属します。
購入したコンテンツを利用する場合、利用者はクレジットを表示する必要はありません。

SNPIT(スナップイット)概要・公式サイト等

公式サイト
https://lp.snpit.xyz/
Twitterアカウント(日本語)
https://twitter.com/SNPIT_BCG
Twitterアカウント(英語)
https://twitter.com/snpit_global
ディスコード
https://discord.com/invite/Wh8j7eE66b
ホワイトペーパー
https://wp.snpit.xyz/
開発元
株式会社GALLUSYS(公式サイト
OpenSea(オープンシー)
https://opensea.io/collection/snpitcameranft
Rarible(ラリブル)
tofuNFT
https://tofunft.com/collection/snpit/items
ジェネシス・カメラNFTホルダー一覧
https://polygonscan.com/token/0x8703e7509774A13f6C5516a6e60965B7eec68B5D#balances
Product Hunt
https://www.producthunt.com/posts/snpit

※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。