Runnerland(ランナーランド)は稼げるのか-始め方や攻略のコツまで徹底検証

「ブロックチェーンゲームをプレイするだけで、暗号資産を稼げる」と話題の、Runnerland(ランナーランド)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は日に日に高まりつつあります。

そんなRunnerland(ランナーランド)を、現在、最もスピーディー&効率的に始めるためには、下記のようなステップを辿ることが、目下、「鉄板」とされています。

  1. 仮想通貨取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. Runnerland(ランナーランド)のアカウント開設等を進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

ビットポイントの口座開設

Runnerland(ランナーランド)で得られる報酬は、日本円建てではなく、トークンで支払われます。
そして、その収益を実際に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。
また、トークンは、そのまま直接日本円に換えることは出来ませんから、

  1. 当該トークンを、他の仮想通貨に交換し、
  2. 交換先の暗号資産を、日本円に換える、

というプロセスが必要です。

この手続きを行うには、あらかじめ、仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、Runnerland(ランナーランド)の収益がトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、仮想通貨口座が必要となります。

※日本国内には、仮想通貨交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、Runnerland(ランナーランド)の収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

Runnerland(ランナーランド)開始の時点で仮想通貨口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

Runnerland(ランナーランド)を始めて、早速トークンを稼ぐことが出来た場合、稼いだトークンを、Runnerland(ランナーランド)のゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、Runnerland(ランナーランド)が大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

Runnerland(ランナーランド)のようなPlay to Earnゲームのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、仮想通貨取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、Runnerland(ランナーランド)のアカウント開設等の諸作業を始める前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

仮想通貨の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

Runnerland(ランナーランド)を通じて得ることの出来る報酬は、ブロックチェーン上で流通しているトークンであり、日々、値動きがあります。
Runnerland(ランナーランド)でトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」(※数値はあくまでも例示に過ぎません)というタイミングで、Runnerland(ランナーランド)を通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに他の暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、Runnerland(ランナーランド)で100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンのレートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、仮想通貨口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

Runnerland(ランナーランド)のようなNFTゲーム(ブロックチェーン・ゲーム)をプレイする場合、初期投資した原資の回収は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、こうしたNFTゲームの先行プレイヤーの中には、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとトークン建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とするプレイヤーも存在します。

そのためには、実際にRunnerland(ランナーランド)で稼ぎ始める前に、トークンを(間に他の暗号資産を挟んで)比較的スムースに換金できるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

仮想通貨取引口座の開設方法

仮想通貨取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はRunnerland(ランナーランド)。Runnerland(ランナーランド)のプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、Runnerland(ランナーランド)で得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、Runnerland(ランナーランド)収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
Runnerland(ランナーランド)の収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。

Runnerland(ランナーランド)の具体的な始め方について

Runnerland(ランナーランド)の始め方を1記事にまとめたコンテンツを公開致しました。

  1. Runnerland(ランナーランド)のプレイに必要な、ランナーの購入方法
  2. ランナーの出撃方法
  3. タバーン(ランナーの休息場所)の利用方法
  4. 一旦取得したランナーの、売却方法

といった内容について、スクリーンショット付きで取りまとめております。

下記ステップを踏んで頂くことで、当該記事を無料でお読み頂けますので、是非ご活用ください。

記事URLの取得ページへアクセス

記事URLの取得ページはこちら

タスクをクリア

  • YouTubeチャンネル登録
  • LINE公式アカウントの友達登録
  • Twitterフォロー

をお済ませ下さい。

「受け取る」から、当該記事へアクセス

タスクを済ませて頂くと、真ん中に「受け取る」のボタンが出現します。
そちらをクリック(タップ)して頂くと、「Runnerland(ランナーランド)の始め方」の解説記事へと遷移します。


記事URLの取得ページはこちら

Runnerland(ランナーランド)のホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Runnerland(ランナーランド)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Runnerland(ランナーランド)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


Runnerland(ランナーランド)の物語

遠い国、Runnerland(ランナーランド)は密林の中にある村で、住民は平和に、そして急いで暮らしています。
村の長老たちはいつも、森の資源が徐々になくなってきているので、いつか森から出る方法を見つける必要がある、そのためには、横断を生き残るために訓練する必要があると言っています。
しかし、このような現象が起こるのは、森に生息するモンスターが原因です。
モンスターたちは、無防備な冒険者を捕まえることだけが目的で、彼らの生命力はこの土地に究極の悪をもたらすために必要だからです。
このような事態を受け、長老たちは住民の中からランナーとなる可能性のある者を選出し、毎日コンテストを行うことにしました。
ランナーとは、優れた属性を持ち、生き残る可能性のある人々のことです。
果たして、ランナーたちは森を抜けることができるのか?
森の外はどうなっているのか?
モンスターはどこからやってくるのか?

Runnerland(ランナーランド)のゲームプレイ

ランナーランドは、プレイヤーが酒場のオーナーとなり、ランナーたちの冒険、仕事、使命を管理する世界です。
チームとコミュニティは、時間とともに拡張される一連の体験を開発し、カジュアルなプレイヤーから競技志向のプレイヤーまで、あらゆるタイプのプレイヤーにとって、より没入感のある魅力的なゲームにします。
当初はアドベンチャーモードのみでスタートし、ストーリーやPvPなどの他のモードはロードマップに従って挿入される予定です。

Runnerland(ランナーランド)のモンスターたち

冒険中、各モンスターを倒すと、プレイヤーは報酬として$LPTとスピードパワーの量を受け取ります。
量はモンスターの強さによって異なり、モンスターはレベルによってランク付けされ、レベルが低いほど見つけやすく、倒しやすく、報酬も少なくなります。
すべてのモンスターは倒した後、宝箱の鍵を渡すチャンスがありますが、それぞれレベルに相当するチャンスがあります。

Runnerland(ランナーランド)のタバーン(酒場)

酒場は、戦いに敗れたランナーが休息する場所であり、酒場ではランナーの体力が回復します。

ストーリーモードでのミッションクリア、PvPモードでの高ランク、マーケットプレイスでの購入などで入手したNFTで装飾することができるようになる予定です。
装飾機能は今後リリース予定ですので、ロードマップにご期待ください。
酒場には5つの大きさがあり、大きさはランナーの体力チャージ時間に影響するため、大きな酒場を利用すれば、ランナーを常に冒険させることができます。
酒場は、マーケットで購入できる数量に制限があります。
在庫がなくなると、マーケットプレイスからしか購入できなくなります。
タバーンのサイズが大きくなればなるほど、限界値が低くなり、希少価値が高くなります。

酒場がランナーのHPを回復させるためには、常にビールのストックが必要です。
そのため、酒場のビールの在庫は毎日更新する必要があります。
酒場のビールは、ランナーの量とレアリティによって価格が変わります。

Runnerland(ランナーランド)のブリード・システム

繁殖は、2頭のランナーが成体(15日)になると生殖が可能になり、親の特徴を受け継ぎ、ランダムでステータスを獲得することができるようになります。
また、繁殖には手数料がかかり、親の繁殖量とゲームの経済シナリオによって変動します。
手数料は$RLTと$LPTで支払われます。

ランナーを選ぶと、それぞれの報酬額とブリード量が表示されますが、どのランナーが生成されるかはブリードが完了するまで知る由もなく、提供される情報は、生成されたランナーが75%の確率で両親から視覚特性を引き継ぐが、25%の確率でランダムであることのみとなっています。

Runnerland(ランナーランド)の開発ロードマップ

ステージ0 – 2022年第1四半期

  • ゲームコンセプト作成
  • ホワイトペーパーの作成
  • プロジェクト発表
  • ソーシャルネットワークでの公開
  • ゲームデモ
  • runner.landサイトの立ち上げ

ステージ1 – 2022年第2四半期

  • ソーシャルメディアマーケティングの拡大
  • ランナーNFTボックス先行販売 – 2022年04月09日
  • CG、CMCでの発売開始
  • プロジェクト監査
  • エアドロップ – 2022年05月19日
  • 市場投入 – 2022年04月09日
  • トークン販売開始 – パンケーキスワップ – 2022年5月25日
  • ゲーム発売 – アドベンチャーモード – 2022年05月26日
  • ブリード
  • キャラクターのアップグレード

ステージ2 – 2022年第3四半期

  • 新米ランナーズ ハロウィン編
  • ストーリーモード
  • プロモーションイベント
  • ランナー用アイテムの作成

ステージ3 – 2022年第4四半期

  • ニューランナーズ – クリスマス・エディション
  • ステッカーアルバム
  • 酒場のデコレーション
  • アドベンチャーモードの新エリア
  • PvPモード用スキルカード
  • PvPモードの開始 – マルチプレイヤー
  • デイリーイベント

ステージ4 – 2023年第1四半期

  • 新規ランナー
  • ギルドシステム
  • ランキングシステム – PVP
  • PvPのバランス調整
  • 第1回PvP大会

ステージ5 – 2023年第2四半期

  • 新型ランナー
  • 新しい機材
  • 新しい装飾品
  • グローバルチャット

Runnerland(ランナーランド)のランナーとは

ランナーとはランナーランドの特別な居住者のことで、他のランナーランドの居住者よりも高い属性を持っている居住者のことです。
このように、長老たちはランナーをコモン、アンコモン、レア、エピック、レジェンドと階層的にランク付けしており、この階層によって冒険の成功率が決定されます。
ランナーは、頭、体、装備の3つのパーツで構成されており、810,000,000通りの組み合わせで生成されます。

ランナーの最大年齢は15日齢で、成人に達すると繁殖が可能になります。

Runnerland(ランナーランド)のランナーの入手方法

ランナーの入手方法は、マーケットで直接買う、他のプレイヤーから買う、冒険中に救出する、ブリードで入手する、の4種類です。

ミミックを倒す

冒険の途中でミミックを見つけると、その隣に必ずチェストがあり、その中にはロックされたランナーが入っています。
宝箱の鍵は、冒険中にモンスターを倒したり、マーケットで購入したりすると、ランダムで入手することができます。

マーケット

マーケットでプレイヤーはランナーを購入することができます。
最初は制限がないので、ランナー1枚だけ、またはランナー5枚入りのパックを手に入れることができます。

マーケットプレイス

他のプレイヤーからランナーを購入することができます。
そうすることで、欲しいランナーを選別することができ、価格はランナーを販売しているプレイヤーによって決定されるので、購入しようとしているランナーのすべての情報を把握することができます。

繁殖

成体のランナーが2体いると、繁殖して新たなランナーを生み出すことができます。

Runnerland(ランナーランド)のランナーのステータス

ステータスとは、ランナーの階層を分類するための決定的な属性です。
このステータスは以下の通りです。
攻撃力はランナーが持つ破壊力で、大きいほど早くモンスターを倒すことができます。
ライフはランナーがモンスターから受けるダメージの大きさを決めるポイントで、防御力は攻撃をかわすチャンスです。
ステータスが高いほど、レアリティも高くなります。

各レアリティには、ステータスの最大値と最小値が設定されています。

ゲームでのステータスの最終的な値を計算する具体的な方法があります。
この計算結果は、ゲーム内のステータスの合計を表します。

そのため、ランナーのレアリティが高いほど強くなります。

Runnerland(ランナーランド)のランナーのレーティング

各パーツにはランナーのタイプを示す分類があり、ディフェンス、アタック、サポート、ハイブリッドに分類され、これらのパーツの組み合わせでプレイヤーのランナーのタイプが分かります。

各パーツのタイプは、完成したランナーによって決定され、現在、各タイプのランナーは25人います。
例えば、サポートパーツが2つ、アタックパーツが1つしかないランナーは、サポートパーツとみなされます。

ハイブリッドには生成方法があり、ハイブリッド分類の完全なもの、2つのパーツを持つものに加え、例えば、攻撃用ヘッド、サポート用ボディ、防御用装備の3つの異なるパーツを持つ場合もこの分類を受けます。

Ps: レーティングはPvPモードでのみ有効です。
Ps: 体の部位ごとに異なるスキルカードが割り当てられ、PvPモードでのみ使用されます。

Runnerland(ランナーランド)のランナーのアップグレード(レベル上げ)

ランナーはアップグレードすることで、その能力を最大限に発揮することができます。
アップグレードする場合、プレイヤーは他のランナーをアップグレード素材として選択し、そのランナーのレベルとレアリティに応じた$RLTと$LPTの手数料を支払うことになります。
素材となるランナーは、ベースとなるランナーと同等以上のレアリティで、同じレベルである必要があります。

ランナーのスタッツは合計され、ベースランナーはこの値を受け取ります。

Runnerland(ランナーランド)のスピードパワー

スピードパワーは、日々の$RLTを獲得するためのアカウントパワーの指標として、私たちがつけた名前です。

お客様のスピードパワー

スピードパワーの合計は、NFTやステイキングボーナスなどによる固定スピードパワーと、その日にプレイしたスピードパワーの合計です。
そのため、この数値は、ゲーム内の移動距離や倒したモンスターによって毎日変動します。

Global Speed Power(グローバル・スピード・パワー)

ゲームに参加しているすべてのプレイヤーのスピードパワーの合計です。

デイリー$RLTプール

デイリーRLTプールは、プロジェクトがその日に配布するRLTの数です。
この数値は、スピードパワーグローバルの量によって変化します。

$RLT入手量を知る方法

Runnerland(ランナーランド)のDappの中で、あなたが受け取ることができるRLTのおおよその金額が知らされます。
しかし、どのように動作するかを説明しましょう。
例えば、グローバルスピードパワーが50,000SPであるとします。
この場合、RLTは30,000枚になります。
あなたのスピードパワーの合計は、2,715SPです。
つまり、あなたの「スピードパワー」は、「グローバルスピードパワー」の5,43%に相当します。
ということは、あなたは、3万ドルのRLTのうち、ちょうど5,43%の配分を受けることになります。
すなわち、あなたは1,629RLTを獲得します。

固定ハッシュパワーのルール

NFTの固定速度は、タバーンのライフがランまたはリチャージされている場合のみ、毎日の報酬として考慮されます。

Runnerland(ランナーランド)のグローバル・インベステッド・リワード

グローバル投資報酬は、ボックスの購入、繁殖、アップグレードなど、プロジェクトに$RLTを費やしたすべての人に毎日$RLTが配布されます。

Runnerland(ランナーランド)のステッカー・アルバム

すべてを懐かしむために、シールアルバムのようなシステムを使い、完走者を集めることで、アルバムの各ページを完成させるごとに報酬を獲得することができます。
ただし、これにはルールがあり、コンプリートランナーのみが有効で、ミックスランナーはアルバムに入れることができず、リピートランナーも入れることができません。
現在80体の完全なランナーがあり、入手するには、$RLTがランダムに入ってくるマーケットから直接購入する方法、マーケットで他のプレイヤーから購入する方法、同じような特徴を持つランナーで繁殖する方法の3つがあります。

各ページには10枚のランナーがあり、完成したページごとの報酬はゲームに直接影響し、ゲーム中にバフやアドバンテージを得ることができます。

注意:ランナーをアルバムに入れると、永久に無効になり、引き出しができなくなります。

Runnerland(ランナーランド)のステーキング

RunnerLandプロジェクトでは、コミュニティに利益をもたらす$RLT Stakingを提供しています。
ステイクをすればするほど、より多くのベネフィットが得られます。

ステーキングのメリットには、下記のようなものがあります。

  • 引き出し手数料の軽減
  • $RLGTの入手
  • 日毎の引き出し上限額の引き上げ
  • スピードパワー・ボーナスの付与

Runnerland(ランナーランド)のリファラル・ブースト

すでにプレイされている皆様には、RunnerLandを世界に広めていただくための感謝の気持ちとして、リファラル・ブーストを作成しました。

リファラル・ブーストの仕組み

各プレイヤーは、紹介者として最大3人の新規会員を招待することができ、紹介ブーストの特典を享受することができます。
紹介するためには、紹介コードをお友達にシェアし、お友達は紹介ブーストタブでコードを登録する必要があります。

注:紹介は、メンバー全員がウォレットにランナーランドNFTを持っている場合のみ有効です。

リファラル・ブーストのメリット

  • リファラルを提供した人
  • リファラル経由で登録した人

双方に、ブースト・ボーナスが付与されます。

重要なお知らせ:システムは、被紹介者の財布にランナーランドNFTが残っているかどうかを不定期にチェックします。
そうでない場合、Boostの特典を失う可能性があります。

Runnerland(ランナーランド)のマケプレ

ランナー、酒場、装飾品、鍵、ゲーム内で入手したNFTなど、ゲームの構成要素をマーケットで他のプレイヤーに売買することが可能です。
この取引で使用される通貨はBUSDですが、これはチャートに直接大きな影響を与えないようにするための決定で、したがって取引に直接$RLTを使用する必要はありません。
マーケットでの取引には7%の手数料が発生し、この手数料で得た金額は買い戻し、開発、マーケティングに使用されます。

Runnerland(ランナーランド)のウォーショップ

ウォーショップはRunnerland(ランナーランド)の中の特別なお店です。
ここにアクセスすることで、他のプロジェクトのトークンを使ってスペシャルオーブをオープンすることができます。

私たちがウォーショップで意図しているのは、残念ながら今日では以前ほど価値がなくなってしまった他のプロジェクトのトークンに実用性を持たせることです。
そうすることで、Runnerland(ランナーランド)のプレイヤーは古いプロジェクト・トークンを「リサイクル」することができるようになるのです。

Runnerland(ランナーランド)のスペシャル・レジェンダリー・リング

5月25日までの期間限定アイテムです。
各リングはアカウント全体に3%のスピードブーストを与えます。
ユニークリングを3つ持っている場合、さらに3%のスピードブーストが追加されます。
5つのリングをお持ちの場合は、さらに3%のスピードブーストがかかります。
つまり、5つのリングを所持していれば、最大で21%のスピードブーストを得ることができます。
注意:同じ色のリングを2つ以上購入しても、スピードブーストボーナスは加算されません。

Runnerland(ランナーランド)のアドベンチャー・モード

冒険モードでは、プレイヤーは1~5人のランナーを選んで森に送り込み、そこで多くのモンスターと戦います。
ランナーは自律的に戦い、戦闘中にプレイヤーに複雑なアクションを求めないアイドルバトルシステムを採用しています。
モンスターを倒すと、プレイヤーは報酬として$LPTを受け取りますが、この報酬はモンスターによって異なります。
モンスターを倒すには、モンスターのライフカウンターをリセットする必要がありますが、最初の攻撃は常にモンスターから受けることを忘れないでください。
モンスターと同様に、ランナーが受けるダメージごとにヘルスポイントが減少し、カウンターがリセットされると、彼は自分の酒場でライフを回復して街に戻ります。
すべてのランナーがライフを失い、元の酒場よりも大きな酒場を手に入れたら、前のチームを休ませて、2番目のチームを新しい冒険に送り出すことができます。

Runnerland(ランナーランド)のストーリー・モード

ストーリーモードでは、プレイヤーはプレイするランナーを選びます。
このモードでは、プレイヤーは多くのシナリオを経験し、モンスターに立ち向かい、ランナーランドの住民を助け、ミッションをクリアしていきます。
ストーリーモードでは、各章をクリアするごとに、初回プレイ時の報酬として$RLTが、もう一度プレイする場合は$LPTがもらえます。
アドベンチャーモードとは異なり、ストーリーモードでは出現するモンスターがランダムではありません。
このモードでは、ボスとの戦いの前に、$LPTを使ってランナーの体力を回復させることができます。
戦闘中にランナーのライフカウンターがリセットされると、村に戻り酒場で体力を回復します。
クリアまたは敗北すると、そのチャプターは12時間の間ロックされ、プレイヤーは再挑戦するのを待たなければなりません。

Runnerland(ランナーランド)のPvPモード

PVPモードでは、スキルカードに基づく仕組みで、ランナーランドは複雑で完全な戦略ゲームとなっており、競技志向のプレイヤーには最適なオプションです。
このポイントは月間ランキングのために非常に重要で、順位が高いほど、勝つたびに多くのポイントを獲得でき、その結果、負けるたびに多くのポイントを失うことになるので、使用する戦略について慎重に考えることが重要です。
月間ランキングシステムでは、毎月ランキングがリセットされ、最も良い順位のプレイヤーに報酬が与えられます。
報酬は常に$RLTとNFTで、新しいランナー、酒場の装飾、新しいスキルカードなどがあります。

能力カード

PvPモードでは、アドベンチャーモードとは異なり、プレイヤーはランナーとそのランナーに割り当てられるスキルカードについて研究する必要があります。
このカードは、ランナーの体の各部位に適用することができます。
スキルカードは、ランナーの「頭」「体」「装備」の各部位に割り当てることができます。
ボディには「防御」「攻撃」「支援」「ハイブリッド」のタイプがあり、このタイプによって割り当てられるスキルカードが決まります(例:防御タイプのヘッドは防御スキルカードのみ使用可能)。

ハイブリッドランナーはどのような種類のスキルカードでも使用することができます。
スキルカードはマーケットやオークションで他のプレイヤーから購入したり、毎月のシーズン終了時にPVPモードで入手することができます。

ランナーポジション

バトル前に、5人のランナーで構成されるチームを9つのスロットに配置し、戦略やコンボを組み立て、敵を倒すことができます。

選択後は、戦場に勝利するチームが1つになるまで自動的にバトルが行われます。

Runnerland(ランナーランド)のトークン

現在、ゲーム内には$RLTと$LPTの2種類のトークンがあり、それぞれに機能と入手方法があります。

RLTトークン

RMTトークンは、Runnerland Tokenの頭文字をとったもので、PancakeSwapを通じて購入できるほか、すべてのゲームモードでの報酬として購入することが可能です。

LPTトークン

LPTトークンは、Life Point Tokenの頭文字をとったものです。
これはオフチェーン・トークンとして、アドベンチャー・モードで使用され、将来的にはゲームの他のモードでも報酬として使用される予定です。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。