MetaBomb(メタボム)は稼げるのか-ゲームの始め方や攻略のコツまで徹底検証

Heros(ヒーロー)と呼ばれる、ブロック採掘・収集用のキャラクターNFTを購入し、あとは放置しておくだけで、ゲーム内暗号資産を稼ぐことが出来る、として、昨今、大きな話題となっている、MetaBomb(メタボム)。
先日、ついにゲームも正式にローンチされ、Twitter・YouTubeなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まっています。

そんなMetaBomb(メタボム)の始め方としては、目下、以下のような流れを辿ることが、鉄板とされています。

  1. 暗号資産取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. ビットポイントで、送金スピードの速いXRP(リップル)等の暗号資産を購入
  3. 購入した暗号資産を、「バイナンス」に送金
  4. バイナンスに着金した暗号資産を、BNB等のトークンに交換し、メタマスク(Metamask)に送金する
  5. メタマスクとパンケーキスワップを接続し、BNB等のトークンを、MetaBomb(メタボム)のNFTキャラクター購入に必要な、MTBというトークンに交換する
  6. MetaBomb(メタボム)とメタマスク・ウォレットを接続し、ウォレット内のMTBを使って、キャラクターNFTを購入する

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

ビットポイントでの口座開設

MetaBomb(メタボム)で得られる報酬は、日本円建てではなく、MTBというトークンで支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、暗号資産取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、MetaBomb(メタボム)の収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、MetaBomb(メタボム)の収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

ゲーム開始の時点で暗号資産口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

MetaBomb(メタボム)のゲーム・プレイを始め、早速、トークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、MetaBomb(メタボム)のゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、MetaBomb(メタボム)が大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

MetaBomb(メタボム)のようなPlay to Earnゲームのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、MetaBomb(メタボム)のプレイ開始前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

MetaBomb(メタボム)を通じて得ることの出来る報酬は暗号資産(トークン)であり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
MetaBomb(メタボム)でトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくゲームでトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、MetaBomb(メタボム)を通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、MetaBomb(メタボム)で100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

MetaBomb(メタボム)のようなPlay to Earnゲームをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、Play to Earnゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際にMetaBomb(メタボム)で稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はMetaBomb(メタボム)。ゲームプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、MetaBomb(メタボム)で得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、MetaBomb(メタボム)収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
MetaBomb(メタボム)の収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。

MetaBomb(メタボム)ホワイトペーパー日本語訳

下記の内容は、MetaBomb(メタボム)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、MetaBomb(メタボム)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


MetaBombは、GameFi 2.0のアイデアを念頭に置き、プレイヤーがMetaverseの真の可能性に没頭できるゲームになるよう、最終製作段階へと近づいています。
MetaBombでは、プレイヤーは他のプレイヤーとの無数の楽しくて激しい試合に身を投じることができ、また、どんなプレイヤーの名声も変えることができる巨大な宝物を守っている手ごわいボスを倒すためにお互いに協力し合うことができます。
また、「家」や「ホテル」では、次の戦いに向けて体力を回復するために、最高のサービスを受けることができます。
一方、メタボンバーはマーケットプレイスで交渉術を発揮します。
そこでは冒険に役立つものなら何でも買えますが、あなたはその代償を払う気があるでしょうか?
リメンバーズ、サメ、カットスロート、そしてチンピラたちが、あなたの稼いだお金を奪いにやってくるのです。
これから始まるMetaBombでの冒険の準備はできていますか?

MetaBomb(メタボム)のヒーローの入手方法

あなたは誰になるつもりですか?
あなたはどのようなプレイヤーですか?
あなたの美徳は何ですか?
ヒーローが誕生するまで、私たちは知ることができないかもしれません。
すべての冒険の始まりは、あなた自身から始まるのです。
MetaBombでは3つの方法でヒーローを集めることができます。
「ヒーローボックスを開ける」「メタチェストを壊す」「マーケットプレイスでヒーローオークションに参加する」です。

ヒーローボックスを開封する

Open Hero Boxは、ヒーローを最も早く入手できる方法であり、より高いレアリティのヒーローを入手するチャンスでもあります。
ボックスは3種類あります。
ノーマルボックス、プレミアムボックス、ウルトラボックスの3種類があります。

メタチェストを壊す

チェストファームモードに参加すると、「メタチェスト」に遭遇するチャンスがあります。
メタチェストを1つ破壊すると、3種類のヒーローボックス(ノーマルボックス、プレミアムボックス、ウルトラボックス)の中からランダムで1つ、レアリティに応じたヒーローを獲得することができます。

マーケットプレイスで購入する

マーケットプレイスは、冒険者がゲーム内のあらゆるアイテムを取引できる場所です。
ゲーム内で必要な取引量と流動性を提供する、ゲームの中核機能の1つです。
MTBトークンは、MetaBombマーケットプレイスで唯一の取引通貨です。

MetaBomb(メタボム)のヒーローのアトリビュート

メタボムワールドの冒険者であるあなたのヒーローの強さは、あなたの評判と同じくらい重要です。
この3つの属性に注目してください。

ヒーローの「スタッツ」

ヒーローは6つの基本ステータスを持ちます。

  • パワー(1〜18): 爆弾のダメージを決定します。大ダメージを与えられます。
  • ヘルス(1-18) : ヘルスバーの耐久度を表し、戦いの前衛となります。
  • Speed (1-18) : 移動速度です。ヒーローの移動速度です。
  • スタミナ(1-18): 爆弾を設置するにはマナを消費します。このスタミナは戦場でどれくらい持ちこたえられるかを表します。家やホテルで休んで補給しましょう。
  • 爆弾数(1-4):一度に設置できる爆弾の数です。
  • 爆弾の範囲(1-4) : ブロックはこれを嫌いますが、あなたはこれを気に入るでしょう。爆弾がどこまで届くかを決定します。

ヒーローのクラス

ヒーローは5つのクラスに分けられ、各クラスを象徴する特徴的なステータスがヒーローに直接付加されます。
例えば、コモンヒーローで、クラスがメイジの場合、以下のようなステータスとなります。

  • パワー:2
  • ヘルス 3
  • スピード: 1
  • スタミナ: 3 (+1) = 4
  • 爆弾数: 1
  • 爆弾の範囲 1

ヒーローのレアリティ

レアリティは6段階あります。

  • コモン
  • レア
  • エピック
  • レジェンド
  • 神話
  • メタ

MetaBomb(メタボム)のヒーローのレベルアップ

ヒーローはレベルアップすることで、その能力を最大限に発揮することができます。
ヒーローのレベルアップには、素材と同じレアリティのレベル1ヒーローと、手数料としてMTBが少し必要です。
レアリティの異なるヒーローは、最大レベルが異なります。

MetaBomb(メタボム)のヒーロー合体(フュージョン)

同じレアリティのヒーロー2体を融合して、より高いレアリティのヒーロー1体を手に入れることができる機能です。
Fusion Heroは、同じレアリティの最大レベルのヒーロー2体と、手数料としてMTBが少し必要です。

Bomb(ボム)アイテム

ボムはゲーム内で非常に重要なNFTアイテムです。
プレイヤーはBomb Boxを開くか、Mystery Boxを開くか、Boss Huntモードに参加することでBombを所有することができます。
また、ボムにはヒーローと同じレアリティがあり、そのレアリティに応じてボムの威力が変化します。
ヒーローがボムを装備すると、パワーが大幅にアップします。

Bomb(ボム)のアトリビュート

レアリティ

ボムはヒーローと同じように6つのレアリティに分かれています。
レアリティの違いは、ボムが持っているスキルの数です。
レアリティが高いほど、ボムの持つスキルが多くなります。
特別なボムを装備していないヒーローは、デフォルトのボムを設定することができますが、デフォルトのボムにはスキルやエレメントがありません。
ヒーローはそのヒーローのレアリティと同じか低いレアリティのボムしか装備できず、高いレアリティのボムは装備できません。
例えば、レアリティの高いヒーローはコモンボムやレアボムを装備できますが、エピックボムを装備することはできません。

スキル

ボムを装備したヒーローは、チェストファームモードでボムの持つスキルを使用することができます。
ボムには7つのスキルのうち、最大で6つのスキルが入っています。

  • ゴールドチェストで+2ダメージ
  • メタチェストへのダメージ+5
  • 爆発によるブロックへのダメージ
  • ボム設置時、+20%の確率でマナを失わない。
  • 休息時、+0.5マナ/分
  • ブロックを通過する
  • 爆弾を通過する
エレメント

爆弾は火、木、雷、土、水の5元素に分類されます。
その中で 火は木に、木は雷に、雷は土に、土は水に、水は火に打ち勝ちます。
ボスハントモードでは、ボスのエレメントに対応したボムを装備することで、より多くのダメージをボスに与えることができます。

Bomb(ボム)のボックス

ボムアイテムの最速入手方法は、ボムボックスを開けることです。

Bomb(ボム)の合体

ボムを融合させることで、より高いレアリティのボムを入手することができます。
ボムを融合させることで、手持ちの資源を利用してパワーアップできるほか、NFTの有効な燃焼メカニズムになります。
ボムの融合には、同じレアリティのボム2個と、手数料として少量のMTBが必要です。
融合に成功した場合、プレイヤーはより高いレアリティの新しいボムを1個獲得し、素材として使用された2個のボムは燃やされます。
融合に失敗した場合、素材となった2個のボムのうち1個が燃やされます。

MetaBomb(メタボム)のミステリー・フラグメント、及び、ミステリー・ボックス

モード中のウッドチェストを破壊すると一定確率でMystery Fragmentをドロップし、Mystery Fragmentを1000個集めるとMystery Boxを鋳造することができるようになります。
Mystery Boxを開けると、価値と数量が異なるアイテムが手に入ります。

MetaBomb(メタボム)のレンガ

レンガは、建物の建設やアップグレードに重要な材料であり、オープン時にランダムにドロップされます。
ブリックはNFTのアイテムであり、プレイヤーはマーケットプレイスで取引することができます。
また、ブリックはゲーム内通貨として、現在開発中のミニゲームに参加することができます。

MetaBomb(メタボム)のハウス

家とは、私たちが毎日仕事を終えて帰る場所です。
MetaBombのヒーローにとっても、同じです。
各ヒーローは一定のマナを持ち、マナはヒーローが爆弾を設置するたびに消費され、マナを使い切るとヒーローは活動を続ける前にマナを回復するために休息する必要があります。
家を所有している場合、家のレベルに応じてヒーローのマナの再生速度が上昇します。
家の購入には、MTBトークンを使用します。
また、プレイヤーは1000レンガを貯めて最下層のハウスを1つ建て、それを使って次のレベルへハウスをアップグレードすることができます。
ハウスはNFTの限定アイテムで、ストアでは表示価格、限定販売イベント時にはマーケットプレイスのオークションで購入することができます。

MetaBomb(メタボム)のホテル

ホテルには多くの部屋があり、各部屋は上記のハウスと同じような機能を持っています。
ホテルは、プレイヤー間の共生関係を提供します。
ヒーローを所有しているが、ハウスを所有していないプレイヤーは、ホテルを所有している他のプレイヤーから部屋を借りることができます。
Hotelは、MTBトークンを使用して購入します。
また、プレイヤーは10.000レンガを貯めて最下層のホテルを1つ建設し、それを使って次のレベルのホテルをアップグレードすることができます。
ホテルは、特別なイベント時にのみ購入または建設できる、極めて限定的なNFTアイテムです。

MetaBomb(メタボム)のゲームモード

チェストファームモード

最大5人のヒーローを採掘場に送り込み、爆弾を投下してチェストブロックを破壊し、19×11ブロックのマップにあるMTBトークンやNFTを収集するモードです。
ヒーローは手動で操作することなく自動で動作するため、プレイヤーは他の作業を行う時間を大幅に短縮することができます。
ヒーローは爆弾を設置するたびにマナを消費します(1爆弾=1マナ)。
ヒーローはマナを使い果たすと、プレイを中断して休息状態に入り、マナを回復します(0.5マナ/分)。
ヒーローがハウスやホテルで休んでいるとき、マナの再生速度が増加します。
マップ内のチェストをすべて消すと、ランダムな地形とチェストを持つ新しいマップが出現します。

ボスハント・モード

ボスハントモードは、MetaBombの数あるデイリーアクティビティのうちの1つです。
あなたのヒーローはボスアリーナに配置され、あなたの使命は、限られた時間内にできるだけ多くのダメージをボスに与えることです。
報酬は、サーバーリセット時のボスへのダメージに応じて絶妙に分配されます。
ボスは火、木、雷、土、水の5種類の元素を持っています。
ボスのエレメントが強すぎると、より高いダメージを受けることになります。

  • 最大プレイ人数:4人
  • ボスの種類 5

アリーナバトルモード

自分のヒーローを操作して、毎日無料で他のプレイヤーとアリーナバトルをすることができます。
プレイヤーのランキングは勝敗に影響されます。
プレイヤーは勝つとポイントを獲得し、負けるとポイントを失います。
また、対戦相手のランキングも勝敗に影響します。
プレイヤーはランキングに応じて、毎日、毎月報酬を受け取ることができます。

PvPモード

1vs1、2vs2で他のプレイヤーと対戦し、自分のバトルスキルを見せつけよう。
プレイヤーは賭けをし、勝者がすべてを手にするのです。

トーナメントモード

シングルエリミネーショントーナメントは、毎週開催されるスペシャルイベントです。
優勝して、MetaBombの地を支配するための報酬を受け取りましょう。

MetaBomb(メタボム)のMTBトークン

MTBトークンは主なゲーム内通貨です。
主に第1フェーズで、融合とヒーローレベルのアップグレードに使用されます。
MTBトークンはBinanceスマートチェーンプラットフォームに基づいてリリースされ、BEP-20標準に完全に準拠しています。

トークン情報

  • シンボル MTB
  • 総供給量 1,000,000,000
  • ブロックチェーン バイナンス・スマートチェーン

MetaBomb(メタボム)のPlay to Earn2.0

プレイヤーの収入レベルは自然に変化するため、収入を安定させたい場合は、継続的にゲームに再投資する必要があります。
現実世界の金のように資産価値を保存し、インフレに強いNFTアイテムシステムを開発中で、間もなく発売される予定です。
ゲームには様々なゲームモードがあり、ゲーム活動から発生する様々な種類の報酬やアイテムのアップグレードにより、プレイヤーのプール報酬を安定的かつ健全に保つことができるように設計されています。

私たちは、現実社会における経済ルールを注意深く研究し、MetaBombのエコシステムにおいてそれを模倣するよう努めました。
そこから、MetaBombの世界に参加するすべてのプレイヤーの投資価値と利益は、常に最適化され、公正なものとなります。

MetaBomb(メタボム)の開発チーム

Cuong Vu

CEO。
オンラインビジネス、オンラインマーケティング、テクノロジー製品の開発で10年の経験を持つ。

グエン・キャップ

CTO。
ベトナムの技術産業における最大手企業のソリューションアーキテクト。
15年のキャリアを持つ。
日夜コーディングに励むNguyenは、ITのほぼすべての分野で経験を積んでいます。

トアン グエン

CMO。
オンラインマーケティング(SEO、広告、コミュニティ)10年の経験、ブロックチェーンアナリスト(04年)、投資家、NFTゲームプレイヤー。

カン・トラン

ブロックチェーンデベロッパー。
VTCスタジオでゲーム開発および暗号プログラミングの分野で10年。
VTCゲームエコシステムでアイテム取引市場を開発。

ルイス

ビジネスデベロッパー。
Web3が大好きで、会社の発展に貢献するために幅広いアイデアや取り組みを行っています。

キエン・ヴー

グラフィックデザイナー。
モーションデザイン、2D、3Dグラフィックデザイン、UI/UXデザインの分野で4年の経験を持つ。

MetaBomb(メタボム)のロードマップ

このように進化の早いブロックチェーンゲーム市場の現在では、どのような計画も時代遅れになる可能性があります。
我々は、現時点での機能と開発計画をリストアップしているだけで、今後、市場や参加者に合わせて調整・変更することが可能です。

2022年3月

  • ウェブサイト、ホワイトペーパー、ピッチデッキ、ドキュメントを公開する
  • チェストファームモード体験版
  • アドバイザー、バッカー
  • ソーシャルチャンネル、ローカルコミュニティの構築
  • IDOの準備、パートナーやバッカーのリストアップ、IDOのホワイトリスト

2022年4月

  • スマートコントラクト監査
  • IDO
  • 分散型取引所への上場
  • マーケットプレイス
  • NFT販売
  • イベントとステーキング

2022年5月

  • BSCテストネットでのテストゲーム
  • BSCメインネットでのオープンベータ版
  • ウェブ版
  • チェストファームモード、ボスハントモード
  • 正式サービス開始
  • ビルディングプロパティとレンタル
  • NFTオークション

2022年6月

  • Android版
  • IOS版
  • アリーナバトルモード
  • PVPモード
  • ミニゲーム

2022年第3四半期

  • トーナメントモード
  • ギルド機能
  • ミニゲームの追加
  • マルチチェーンテストネット
  • NFTクロスチェーン

2022年第4四半期

  • マルチチェーンメインネット
  • ギルド戦争機能
  • 都市や王国の建設機能
  • マルチチェーンテストネット
  • メタバース経済

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。