Crypto Legions(CryptoLegions)は稼げるのか-ゲームの始め方や、キャラクター召喚方法などを検証

※重要情報

Crypto Legions(CryptoLegions)のネイティブ・トークンの大幅な下落に伴い、Crypto Legions(CryptoLegions)の運営元から、注意喚起が為されています。
同ゲームの公式ディスコード・サーバー(https://cryptolegions.app/d)等にて提供されている情報をご確認のうえ、慎重にご対応下さい。

Crypto Legions(CryptoLegions)の始め方・稼ぎ方

既に、

  • 暗号資産口座の開設を済ませており、
  • メタマスク・ウォレットの作成や、
  • メタマスクへの、BNBチェーンのネットワーク追加まで、

すっかり済ませている、という場合、Crypto Legions(CryptoLegions)をプレイするための次のステップは、下記の通りです。

  1. Warrior(ウォリアー)を取得する
  2. Beast(ビースト)を取得する
  3. 取得したWarriorとBeastを組み合わせて、Legion(一種の「チーム」のようなもの)を構成する
  4. モンスター・ハント(Hunt)を行う
  5. Huntによって得た収益を、クレームする(=引き出す)

それぞれ、スクリーンショットを交えつつ、詳しく見て参りましょう。

Crypto Legions(CryptoLegions)の「Warrior」(ウォリアー)の獲得

Crypto Legions(CryptoLegions)の戦闘チーム(Legion)は、

  • Warrior(戦士)
  • Beast(ビースト)

の組み合わせです。
そして、Legionを構成するためには、最低でも、2,000ポイント以上のAP(アタック・ポイント)が必要です。
APを決めるのは、ビーストではなく、ウォリアーです。
具体的には、各ウォリアーに付与されているAPの総和は、LegionのAP、となります。

このため、どれだけ多量のビーストを獲得したとしても、ウォリアーを1体も取得できなければ、Legionは構成できず、当然、Huntを行うことも出来ません。

Warrior(ウォリアー)の獲得方法としては、

  • Summon(召喚。いわゆる、ガチャ)
  • マーケットプレイスでの購入

という2通りがあります。

ウォリアーのSummon(召喚)の仕方

①左側メニューの「Play」から、「Warriors」を選択

②「Summon Quantity」の箇所をクリック

③召喚したいWarriorの数量を選択

Warrior1体のSummon(召喚)コストは、20USDになるように調整されています。
※実際の表示は、BLSTトークン建て、となっていますが、

  • BLSTトークンが、USDに対して、高くなれば、必要なBLSTトークンの量が減り、
  • 逆に、USDに対して、安くなれば、必要なBLSTトークンの量が増える、

という仕組みで調整されています。

そして、一度に多数のウォリアーを召喚すれば、1体あたりの召喚コストには、数パーセント程度の割引が適用されます。

あとは、召喚したいウォリアーの人数を指定し、メタマスクで承認を行えば、ウォリアーのSummonは完了です。

ウォリアーを、CryptoLegionsのマーケットプレイスで購入する方法

各ウォリアーの能力値などを見極めながら、ウォリアー取得を進めたい、という方は、マーケットプレイスを利用することも一案です。

「マーケット」→「ウォリアー」をクリック

フィルタリング、及びソート機能を使って、用途に見合ったウォリアーを探す

CryptoLegionsのマーケットプレイスでは、下記のようなフィルタリング、及びソート(任意の項目に基づく並び替え)が可能です。

  • ウォリアーのレベルに応じたフィルタリング
  • AP(アタック・ポイント)によるフィルタリング
  • APの大小、及び、値段の上下による並び替え
  • 新着のウォリアーのみを表示する機能

任意のウォリアーを選択し、メタマスクでの承認を進めれば、ウォリアーの購入は完了です。

Crypto Legions(CryptoLegions)の「Beast」(ビースト)の獲得

ウォリアーを獲得出来たら、次は、Beastの獲得です(※もっとも、順番は、基本的に、どちらからでも大丈夫です)。
CryptoLegionsの場合、Legionに組み込むことのできるウォリアーの数は、実は、ビーストに依存しています。
例えば、ケンタウロスは、ウォリアー1体しかサポート出来ないのに対して、フェニックスは、20体ものウォリアーをカバーできます。
勿論、カバーできるウォリアーの人数が多いビーストは、それだけレアリティが高く、入手は困難です。

なお、ビーストを1体も配備しないと、Legionの構成は出来ません。
Legionを構成して、モンスターのハントを実施する場合、少なくとも1体のビーストの取得が必要となります。

ビーストの種類ごとの、(召喚による)出現確率、及び、カバーできるウォリアーの数は、以下の通りです。

ビーストの名称 召喚(Summon)による出現確率 カバーできるウォリアーの数
ケンタウロス 42.6% 1
バーゲスト 30% 2
ペガサス 18% 3
グリフィン 8% 4
ドラゴン 1% 5
フェニックス 0.4% 20


引用元:Crypto Legions

また、1つのLegionに、ビーストは、10体までしか配置出来ません。
例えば、ケンタウロスを10体配置したとすると、そのLegionには、ウォリアーを、最大で10体までしか、配置出来ません。

一方、1つのLegionにドラゴンを10体、配備できれば、そのLegionには、ウォリアーを50体配置出来ることとなります。

なお、ウォリアーのケースと同様、ビーストの取得にも、

  • Summon(召喚)、ないしは、
  • マーケットプレイスでの購入、という、

2通りの手法があります。

ビーストのSummon(召喚)の仕方

ビーストのSummon(召喚)の仕方は、前述したウォリアーのケースと、ほぼ同じです。

ダッシュボード内、画面左側のメニューから、「Play」→「Beasts」と進み、召喚したいビーストの数量を選んで、メタマスクで承認を進めれば、Summonは完了します。
なお、ウォリアーの場合と同様、一度に多量のビーストを召喚すれば、数パーセント程度の割引が適用されます。

ビーストを、CryptoLegionsのマーケットプレイスで購入する方法

先程の「ウォリアー」の場合と同様、「Market」から、「Beasts」を選択すれば、現在マーケットプレイスに出品されているビーストを閲覧することが出来ます。
なお、ウォリアーのマーケットプレイスとは、フィルタリング・ソートの仕様が些か異なり、

  • フィルタリングは、そのビーストのキャパシティ(=どれだけの数のウォリアーをカバーできるか)によって行うことが出来、
  • ソート(並び替え)に関しては、値段の高い順・安い順で行う、

という仕様になっています。

Crypto Legions(CryptoLegions)のチーム(=Legion)の構成

Summon(召喚)機能やマーケットプレイスをうまく利用して、

  • ウォリアーと
  • ビーストを集めることが出来たら、

次はいよいよ、チーム(※)を構成していきます。


(※)RPGゲームなどでいうところの、「パーティー」に相当します。
CryptoLegionsでは、軍団、すなわち、Legion、と呼称されています。

CryptoLegionsのLegion(チーム)に関する豆知識

実際にLegionの構成・取得を行う前に、いくつか、CryptoLegionsの軍団、すなわち、Legionに関する知識を整理しておく必要があります。

  • Legionとして構成・出撃するためには、AP(アタック・ポイント)が、最低でも2,000は必要です。
  • 現状、保有できるLegionの数に、上限設定はありません。
  • Legionを新たに構成する場合、各チームに、好きな名前を付けることが出来ます。
  • 1つのチーム(Legion)は、24時間に一度だけ、Hunt(狩猟。詳しくは後述)に出撃させることが出来ます(=一度出撃させると、次回のHuntまで、24時間のクールダウンが必要です)。
  • 一度のHuntで、LegionのAPは、2%低下します。そして、APが2,000を下回ると、huntは不可となります。

なお、CryptoLegionsの場合、Legionの取得方法としては、

  • 自分で集めたウォリアー、及びビーストを使って、自分の好きなLegionを構成するか、
  • もしくは、マーケットプレイスで、Legionそのものを購入してしまう、という、

2通りがあります。

Legionを自分で構成・組成する方法

画面左側のメニューから「Legions」を選択

「Create Legion」をクリック

あとは、任意のウォリアー、及びビーストを配置していけば、Legionの構成を進めることが可能です。

Legionを、CryptoLegionsのマーケットプレイスで購入する方法

マケプレでLegionを直接購入する場合、ウォリアーやビーストの時と同様、画面左側のメニューから「Market」→「Legions」と選択します。
使用できるフィルタリング、及びソート(並び替え)としては、下記のような物があります。

APでのフィルタリング
Legionの持つAPの大小によって、フィルタリングを行うことが可能です。
※最低でも、2,000APは確保されています。
APや価格での並び替え
LegionごとのAP、及び出品されている価格によって、並び替えを行うことも可能です。
残りのHunt可能回数でのフィルタリング
CryptoLegionsの場合、モンスターのHuntを実施するためには、狩猟用品(Supply)が必要です(※詳しくは後述します)。
保有している狩猟用品の数量、より端的には、残りのHunt可能回数によって、Legionをフィルタリングすることが可能です。

Crypto Legions(CryptoLegions)の狩猟用品(Supply)の購入

ウォリアーやビーストを取得し、Legionを構成(ないしは、マーケットプレイスで購入)したら、Huntの実施まで、あと一息です。
最後のステップは、Supply(サプライ。直訳すれば、狩猟用品)の購入です。
イメージとしては、Hunt(モンスターの狩猟)を行うための、「チケット」のようなものに該当します。

CryptoLegionsの「Supply」に関する豆知識

Huntチケットの価格は、ウォリアー1体あたり1USD

まず、押さえておきたい、重要なポイントとしては、チケット(Supply)のコストは、「ウォリアー1体の1回のHunt実行あたり、1ドル」である、という点です。

↑例えば、こちらは、ウォリアーを「5体」配置したLegionの、Suppy購入画面です。
5体のウォリアー×7回のHuntチケット×1ドル=35ドルが、最低購入コストにあたります。
そして、スクリーンショットを撮影した時点での、BLSTトークンの対USDのレートは、「1BLST=7.32ドル」程度でした。
7.32USD×4.79BLST≒35ドル前後、ということで、チケットの価格が自動調整されていることが分かります。

多数のSupplyを同時購入すれば、単価が安くなる

先程のスクリーンショットにもあるように、

  • チケット7枚:4.79BLST
  • チケット14枚:8.90BLST
  • チケット28枚:17.11BLST

といった具合に、多数のチケットをまとめ買いすればするほど、チケット1枚あたりの単価には割引が効く、という特徴があります。

チケット購入には、ウォレット残高、ないしは、未請求のリワードが利用できる

Supply購入の際には、

  • CryptoLegionsに接続したウォレットに入っている、BLSTトークン残高、もしくは、
  • 未クレームのBLSTリワード

のいずれかを利用することが出来ます。

Huntチケット(Supply)が余っていたとしても、実際の狩猟(Hunt)は24時間に一度だけ

ひとつのLegion(チーム)は、あくまでも、24時間に一度だけ、Huntを実施することが出来ます(一度出撃すると、24時間のクールダウンが必要です)。
チケットが大量に余っていたとしても、「1日で全部使い切る」等と言った施策は取れませんので、注意が必要です。

Supply(Huntのためのチケット)の購入方法

Supplyの購入画面への遷移方法はいくつかありますが、シンプルな物としては、下記の通りです。

画面左のメニューから「Hunt」をクリック

残りのHunt可能回数の箇所をクリック

購入するチケットの数量を選択する

チケットの支払い方法を選択する
  • ウォレットの中のBLSTトークンで購入するか、
  • 未クレームのBLST報酬で購入するか、を、

選択します。

あとは、適宜メタマスク等の承認を進めれば、チケット購入を完了することが可能です。

Crypto Legions(CryptoLegions)の「Hunt」(狩猟)実施

Supply(狩猟用品)の取得も済んだら、あとはいよいよ、Hunt(モンスター狩り)を進めることが出来ます。

CryptoLegionsのHuntの基礎知識

モンスターごとに、「最低AP」が定められている

↑このように、各モンスターには、「Min AP」、すなわち、そのモンスターに対してHuntを試みるために必要な、最低AP、というものが定められています。
上掲画像の場合、プレイヤーの手持ちのLegionのAPが3,000であれば、

  • MIN APが2,000である、「#1 Bat」のHuntは実施できます(※ただし、成功確率は100%ではない)が、
  • MIN APが5,000である、「#2 Wereshark」を相手に、Huntを試みることは、出来ません。
「勝率」の見方(勝率ボーナスについて)

各Huntには、

  • 基本となる、「ベース勝率」と、
  • 各LegionのAPに応じた、独自の勝率

という、2つの勝率があります。

↑例えば、上掲画像の例の場合、

  • 「Base 85%」の部分は、LegionのAPの大小に無関係な、基本となるベース勝率であり、
  • 左下の「87%」の箇所は、LegionのAPの大きさを考慮に入れた、「実際の勝率」、

となります。

「実際の勝率」は、「ベース勝率」に対して、APの大きさ(より正確には、そのLegionのAPの値と、モンスターごとのMin APとの間の、差分)に基づいたボーナスが加算されたものです。

CryptoLegionsの場合、

  • モンスター別の最低APに対して、
  • そのLegionのAPが、2,000ポイント上回るごとに、
  • 1パーセント分の、勝率加算ボーナスが発生します。

上掲の「87%」という勝率は、総APが「6,322ポイント」のLegionで、「#1 Bat」のHuntを試みる際のものです。

「6,322ポイント」-「2,000ポイント」(BatをHuntするための最低AP)=4,322ポイントですから、2%分のボーナス勝率が付与されている、という計算となります。

ただし、この勝率ボーナスについては、下記のような点に注意が必要です。

  • (ボーナスが加算された)勝率には、最大89%、という、上限設定があります。
  • ナンバー21以降のモンスターに関しては、勝率ボーナスが付与されません。
勝敗に関わらず、リワードの2%相当額の手数料が徴収される

Huntに成功しても、しなくても、そのHuntによって得る可能性のあるリワードの2.5%相当額が、手数料として徴収されます。
Huntに失敗した場合、

  • Supply(≒チケット)の代金が無駄になる
  • LegionのAPが、2%、減少する
  • 勝利した場合のリワードの2.5%相当額が(負けても)徴収される

といった要領で、デメリットが重なることとなるため、注意が必要です。

Huntで得た報酬を、急いで引き出す(=クレームする)と、手数料がかかる

Huntによって入手したBLSTトークンは、一旦、未クレームのゲーム内残高に加わることとなります。
※このゲーム内残高を利用して、Suppy(Hunt実施のためのチケット)を購入することが可能です。

そして、このリワードを、プレイヤー自身のメタマスクなどに引き出したい場合、クレームの処理をする必要があります。
このとき、以下のような要領で、手数料が徴収・控除されます。

  • 入手したリワードを、その日のうちに引き出す場合、最大で40%の手数料がかかる
  • 引き出し手数料は、その後、1日あたり2%ずつ、減少していく
  • 報酬入手日から20日間待てば、その報酬については、手数料なしで引き出すことが可能となる
未クレームのBLSTトークン(=Huntの報酬)の残高は、BLSTトークンの対USDレートに応じて変化する

この点は、CryptoLegionsの大きな特徴の一つです。
ゲーム内にとどめ置かれている、未クレーム(引き出しされていない)BLSTトークンの額は、

  • BLSTトークンと、
  • USDの、

互いのレートの上下によって、変化します(=逆に言うと、USD建てで、固定されています)。

BLSTトークンのレートが、対USDで上昇すれば、未クレームのBLSTトークンの残高は、減少します(=USD建てで考えれば、価値は同じ)。
一方で、BLSTトークンのレートが、対USDで下落すれば、未クレームのBLSTトークンの残高は、増大します(=USD建てで考えれば、同じく、価値は変わらない)。

CryptoLegionsのHuntの具体的な方法

メニュー画面左側の「Hunt」をクリック

モンスターを選び、「Hunt」をクリック

メタマスクで、ガス代の承認を行う

Huntが終了すると、結果閲覧へ進むことが出来る

↑こちらの「Reveal Result」をクリックすると、Hunt(ハント)の結果を確認できます。

CryptoLegionsがBUSDに対してアクセスすることへの許可提供

ガス代の支払い

Huntの最終結果画面がこちら

↑勝利し、1.82 $BLSTを入手したことが分かります。

これまでのHuntの履歴の確認

Hunt画面右上の「Hunt History」をクリックすると、

↑このように、これまでのHunt履歴の確認を行うことが可能です。

Crypto Legions(CryptoLegions)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Crypto Legions側からの依頼・承認に基づき、公開されているCrypto Legionsのホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
ホワイトペーパーは不定期で更新・変更される可能性があり、かつ、誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。

※CryptoLegionsのホワイトペーパーの原文は、下記リンクから確認できます。

https://docs.cryptolegions.app/

また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Crypto Legions、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


Crypto Legions(CryptoLegions)のユニークな点

私たちの野望は、BSCネットワークで最も長く愛され、プレイヤーに有利なROIをもたらすNFTゲームを作ることです。

Crypto LegionsはPlay-to-Earn NFTゲームの「長続きしない」という問題を解決していきます

問題点

プレイ・トゥ・アーンのNFTゲームは、通常、経済が持続不可能になったときに破綻します。これは通常、既存のプレイヤーが長持ちするNFTをため込み、何も貢献せずに報酬を大量に引き出し始めると起こります。十分な新規プレイヤーが参加しなければ、経済は停滞します。報酬はすべてクジラに食われてしまい、他のプレイヤーにはほとんどインセンティブが残らないのです。このような場合、ゲームクリエイターはパニックに陥り、残りのプレイヤーを油断させるような緊急措置を取り、信頼を損ない、状況を悪化させる傾向があります。

解決策

Crypto Legionsは、ゲーム経済の長寿を保護し、継続するプレイヤーに報酬を与える、画期的な数学的ソリューションを開発しました。
Nadodoは、Crypto LegionsのOmni-Balanced Oracle(オムニバランスオラクル)です。Nadodoは経済を監視し、ゲームの報酬が長期的な価値を保つことができるよう、積極的なシステムを採用しています。未請求の報酬は米ドルと連動しているだけでなく、Nadodoは持続可能なゲーム経済を作り出すために、インタラクティブで調整可能な税制を採用しています。
ゲーム経済が健全であれば、Nadodoはゲーム内の税金を引き下げ、現在のプレイヤーが報酬を得ることができるようにします。ゲーム経済が停滞すれば、Nadodoは緩やかに増税し、ゲーム内トークンの価値を高め、その収益の一部をマーケティング予算に充当して、より多くのプレイヤーをゲームに引き込むのです。
Nadodoは賢明であるだけでなく、透明性があります。プレイヤーは常にインセンティブと税制について十分な情報を得ることができ、それに応じてプレイスタイルを調整することができます。

リザーブプールを開発

オムニバランス・オラクルシステムに加え、私たちはリザーブプールという革新的な概念を導入しました。

リザーブプール導入の理由

ご存知のように、暗号通貨市場は非常に変動が激しいのです。
私たちがあらゆる分野で優れた仕事をし、多くの新しいプレイヤーが参加し続けたとしても、私たちのゲームトークンは突然の中長期の弱気相場に影響される可能性があります。
つまり、BTC、BNB、その他の暗号通貨が下がり続ければ、私たちの$Bloodstoneトークンも影響を受け、投資家の不確実性からその価値を大きく失うかもしれないのです。
ダウンマーケットが持続すれば、報酬はドルにペッグされているため、私たちの報酬プールはあまりにも早く流出してしまうかもしれません。
そのため、私たちは積極的にバックアップメカニズムを実装し、プレイヤーにさらなる安全性を提供するために、BUSDの別のマルチシグウォレットに一定額を確保しています。
リザーブプールは、売却税の調整可能なパーセンテージを使用して、好調な時期に補充されます。
リザーブプールは、リワードプール総額の10%(良い時)から最大30%(潜在的にリスクの高い時)の間で維持されています。当社のReserve Poolは、他のすべての暗号通貨が価値を失ったとしても、その価値が失われることはありません。

リザーブプール導入の結果

暗号通貨市場が崩壊しても、BUSDのReserve Poolには相当な額が確保されています。
報酬プールが枯渇しても、まだゲームオーバーにはなりません。
暗号通貨市場が回復した後(通常は数日、最悪の場合は数週間)、バックアップしたBUSDをReserve Poolから交換して$Bloodstoneトークンを保存し、ゲームを再開することができます。
このシステムによって、私たちはゲームを長く続けるための勝利の方程式を手に入れたと感じています。

他のどのゲームもこのようなことはしていません。彼らは「悪い時代」を考慮していなかったので、他のほとんどのゲームは最初の暗号通貨の寒風で一掃されました。
リスが冬を乗り切るために木の実を蓄えるように、私たちは暗号通貨市場の崩壊を乗り切るためにBUSDをReserve Poolに蓄えているのです。

発売前に100%完成し、テストされたゲーム

私たちのトークンとともに、100%完成し、ユーザーテスト済みのゲームがローンチされます。
私たちは自己資金を投じてゲームを開発したため、最初から完全に機能的で安全なゲームをプレイすることができます。
このため、予期せぬ遅延や問題に直面し、投資家の資金を失い、経済の成長に支障をきたす可能性は一切ありません。

Crypto Legions(CryptoLegions)が考える、10のレッドフラッグ・チェックリスト

私たちの使命のひとつは、”Play-to-Earn “ゲームのあらゆる側面について、人々に理解を深めてもらうことです。
ここでは、新しい “Play-to-Earn “ゲームについて調べたり、参加する際に注意すべき10のレッドフラッグのチェックリストをご紹介します。
以下の質問に対する答えが「いいえ」であれば、それはレッドフラッグです。

ゲームはトークンと同時に開始されますか?

トークンを先に発行し、数週間後に「ゲーム」を発行するゲームもあります。
これは、ゲームのプログラミングに自己資金を投入する必要がないようにするためです。
その代わり、トークンのプライベートセールやパブリックセールで得た資金をゲームのプログラミングに充てたり、時にはトークン発売後にゼロからゲーム開発を始めることもあります。
彼らは、新しいゲームのプログラミングを短時間で急がなければならない開発者を10人ほど雇います。
このような大規模で真新しいチームの内部で、ミスコミュニケーション、タイムプレッシャー、混乱が起こり、その結果バグ等が大量に発生する可能性があります。
Crypto Legionsは、トークン発売前に100%完成し、バトルテストを行っています。
創設者たちは、発売前の数ヶ月間、私財を投じて専門的にゲームをプログラミングしています。

ローンチ前に自分でゲームをテストできますか?

上記で説明したように、トークンのローンチ後に急いでゲームをプログラミングするチームもあるため、ゲームをテストする時間がありません。
その結果、プレイヤーが投資し、すでにゲームをプレイしている間に、多くのバグが出現します。
場合によっては、ハッカーがエクスプロイトを見つけ、プレイヤーの投資で実行する機会を開いてしまうのです。
Crypto Legionsは、発売前に少なくとも2週間、ユーザーによるテストが行われました。
また、ハッカー向けのコンテストを開催し、バグやエクスプロイトを発見した場合は報酬が支払われました。

チームは、ホワイトペーパーやロードマップの約束を果たしているか?

いくつか例を挙げます。
あるゲームで、ホワイトペーパーに「確率的環境シミュレーションソフト」を使って「シミュレーションと数学的テスト」を行ったと書いているものがありました。
しかし、発売から数日後、「NFTを大量に作ることで得られる利益を考慮し忘れていたため、経済ルール全体を変更しなければならなくなった」という発表がありました。
確率論的なシミュレーションならともかく、シミュレーションの結果で予測できたはずではないか。
しかも、1週間後には全員がゲームオーバーになっていたのです。
また、ゲームの準備ができていない状態で発売されたプロジェクトは、遅延が続き、市場に投棄され、投資家の資金を失い、プロジェクトの成長に深刻なダメージを与えたケースは枚挙に暇がありません。
多くのプロジェクトが、買い手を引き付けるためにホワイトペーパーに何でも書いていますが、実際はすべてでたらめです。
開発チームの行動が書面で約束されたものと一致しているかどうかを確認することをお勧めします。
そうでなければ、それは赤信号です。

Crypto LegionsはOmni-Balanced Oracleを作成し、ゲームの長寿命化のために、経済を途中で少し調整することができるという明確な境界をプレイヤーに積極的に伝えています。
ホワイトペーパーは透明性があり、チームが提供するものと一致しています。

グラフィック、ウェブサイト、ホワイトペーパーはプロフェッショナルか?

多くのゲームでは、ホワイトペーパーに多くの文法の間違いがあり、また、新しいプレイヤーにとって非常に理解しにくいホワイトペーパーがあります。
年配者が書いたようなウェブサイトもあります。
Crypto Legionsは、新規プレイヤーにも理解しやすいホワイトペーパーを作成し、すべてのゲーム要素を積極的にカバーするために必要な注意を払いました。
このゲームは最初から10ヶ国語でリリースされています。
私たちの経済システムは、英国のトップ5大学の1つであるゲームと数学の博士号教授によってレビューされています。
予告編でさえ、ハリウッド映画の予告編のような映像になっています。

ゲーム発売前にNFTの販売はあったのでしょうか?

多くのP2Eゲームは、ゲームが稼動する前に、ゲーム内NFTの大規模なプレセールを開催しています。
これは、プレイヤーの資金が経済に注入されるのではなく、開発チームに渡されることを意味し、非常に大きなダメージとなります。
最初から(NFT生成報酬による)巨大な売り圧力を生み出し、人々はNFTをミントするためにトークンを購入する必要がないため、初期の買い圧力の大部分を奪うことになるのです。
Crypto LegionsにはNFTのプレセールがありません。
プレイヤーがゲームを楽しむ唯一の方法は、ローンチ後にトークンを購入してNFTをミントし、私たちの経済に流動性と報酬を注入することでしょう。

開発者が報酬の引き出しをブロックできないオンチェーンゲームか?

多くのP2Eゲームは現在、オフチェーンで開発されています。
これは、プレイヤーがゲーム内の資産に対する所有権を持っていないプライベートサーバーでプロジェクトをホストしていることを意味します。
その結果、ゲーム機能はいつでも停止でき、プレイヤーは獲得した報酬の引き出しをブロックされ、重要なデータは破壊され、ブロックチェーンに取引が記録されないため、プレイヤーにとって透明性はゼロとなります。
Crypto Legionsは完全にオンチェーンです。
プレイヤーはゲームアセットの完全な所有権を持ち、データを削除する方法はなく、すべての取引はブロックチェーン上で完全に透明ですべてのプレイヤーに見えるようになります。

プロジェクトはKYCを済ませていますか?

新しいプロジェクトの潜在的な警告サインは、チームが身元の確認を拒否し、匿名のままであることを選択した場合です。
誰も彼らが誰であるかを知らないので、彼らが詐欺を行い、約束を果たす代わりに投資家の資金を持ち逃げする可能性がある場合、彼らの行動に対して責任を負うことは不可能です。
Crypto Legionsは、専門の監査会社によるKYC認証を受け、無事に合格しています。
その証明はホワイトペーパーにあります。

開発チームはコミュニティとうまくコミュニケーションをとっていますか?

多くのゲームでは、開発者は連絡が取れず、言い訳の後ろに隠れ、DiscordやTelegramを通じてコミュニティと直接コミュニケーションを取らないことがあります。
プレイヤーはゲームで実際に何が起こっているのかを知ることができないし、隠れることで開発者が姿を消しやすくなるので、明らかにこれは赤信号です。
また、チームが過去にどのようにコミュニケーションをとってきたか、特にストレスの多い状況でどのようにコミュニケーションをとってきたかを調査することで、今後どのようにコミュニケーションをとっていくかを予測することができるかもしれません。

Crypto Legions(CryptoLegions)には、英語のネイティブスピーカーとコミュニケーショントレーニングの専門家を含む2人の創設者が中心となっています。
それに加えて、大規模な言語グループの大半を担当するコミュニティマネージャーも加わり、チームは拡大されています。
毎週、定期的な進捗状況の報告、ボイスチャットでのAMA、新しいYoutube動画の記録など、私たちがプレイヤーやコミュニティを大切にしていることを示す行動をしています。
さらに、コミュニティに対してアンケートを実施し、コミュニケーションやアプローチで改善できる点を尋ねました。

リワードプールの所有権は責任を持って管理されていますか?

P2Eゲームのリワードプールは、ほとんどの場合、最も多くのトークンを含んでいます。
このウォレットの所有権は、専門の監査会社とKYCを完了した少なくとも2、3人の信頼できる個人の認証を必要とするマルチシグネチャウォレットの保護を使用して、非常に責任を持って管理する必要があります。
Crypto Legionsリワードプールウォレットは、トップ監査会社SolidProofで完全なKYCを完了した3人の個人とのマルチシグネチャ認証チェックを使用して保護されています。
これは、プロジェクトオーナーのウォレットの1つが悪意を持ってハッキングされたとしても、リワードプールウォレットは安全であることを意味します。

スマートコントラクトはすべて監査され、悪意のある機能から解放されていますか?

他のプレイ・トゥ・アーンの中には、開発者がトークンを無限にミントしたり、売却税を高い数値に変更して事実上「ハニーポット」を作り、人々がトークンを売却するのを止めることができるような機能がスマートコントラクトに隠されているものがあります。
また、チームがエクスプロイトに対する特別な予防策をとっていないのであれば、明らかに投資するのはリスクです。
Crypto Legionsは、トークン、ゲーム、NFTの契約について、CertiKからの監査に合格することに成功しました。
ハッカーや多数のデベロッパーがエクスプロイトを探しながら実戦テストを重ねてきました。
悪意のある機能は一切なく、ゲームはカスタマイズされたテスト環境でエクスプロイトに対するテストが行われ、ハッキングの可能性がある場合はゲームを保存する緊急プランも用意されています。

結果について

ゲームを調査して、上記の質問にすべて「はい」と答えられたら、それは良い兆候です。
自分で調べてみると、Crypto Legionsは上記のチェックリストで10/10のスコアを獲得していることがわかるでしょう。

Crypto Legions(CryptoLegions)の物語

生命の危険を感じた人類は星々に飛び出し、絶望的な希望を抱かせる資源を偶然発見した。ブラッドストーンだ。
コルブ太陽系にある惑星ニカにのみ存在するブラッドストーンは、紫外線に対する免疫を獲得し、人間の寿命を飛躍的に延ばすことができる。
このお宝に関連する暗号通貨「$BLOODSTONE」は、ブロックチェーンエコシステム上で最も人気のある通貨となっています。
ブラッドストーンの狩猟は、想像を絶する富と長寿をもたらすが、同時に危険でもある。
ニカは凶暴なモンスターが生息する敵対的な惑星です。
生き残るためには、あなたの側で戦う戦士や獣の軍団を募集する必要があります。
そして彼らは$BLOODSTONEでの支払いしか受け付けません。
BLOODSTONEを手に入れれば入れるほど、より多くの軍団を作ることができ、より多くのブラッドストーンを狩ることができるようになります。
あなたは永遠に生きられるだけのものを手に入れることができるでしょうか?

Crypto Legionsの紹介

Crypto Legionsは、Binanceスマートチェーン上の神話的なPlay to Earnゲームです。
プレイヤーは戦士や獣から強力な軍団を作り、それらを使ってコルブ銀河にある惑星ニカにいる最凶のモンスターを狩る必要があります。
最強の軍団は、最凶のモンスターを退治し、貴重な$BLOODSTONEを大量に収集することができます。
この貴重な資源は、すべての軍団の創設、生存、強化に不可欠なものです。

Crypto Legionsはブロックチェーン技術を活用し、ERC-721規格でミントされた貴重なプレイヤー所有のNFTを作成、開発することができ、ゲーム内のマーケットプレイスで簡単に取引したり、ブロックチェーン経由で転送したりすることができます。
これらの資産は、プレイヤーにとって一貫した信頼性の高い受動的な収入源となることを目的としています。

なお、Crypto Legionsでは、ストーリーに合わせるため、「ミント」プロセスは「召喚」と呼ばれています。
そのため、このホワイトペーパーでは今後、戦士や獣をミントする文脈で「ミント」ではなく「召喚」と表記することになります。

Crypto Legionsの目標は、ユーザーにとって持続可能で有利な収入源となり、常に楽しくて没入感のあるゲーム体験を提供することです。
Crypto Legionsは、革命的なOmni-Balanced Oracle持続性システムを備えた初のPlay-to-Earn NFTゲームです。
このシステムは「ナドド」と呼ばれ、すべてのプレイヤーにとって公平なゲームプレイを常に監視しています。

基本的なゲームロジックの概要としては、戦士や獣を召喚し、レギオンに編成してモンスターを狩り、「BLOODSTONE」を獲得します。

Crypto Legions(CryptoLegions)のゲームプレイ

Crypto Legionsで稼ぐ方法

Crypto Legionsでは、惑星Nicahの最も危険なモンスターを狩るために使用できる、獰猛なチームを作成し、開発することができるようになります。
Crypto Legionsのエコシステムから利益を得る方法はたくさんありますが、主な方法としては、貴重なNFT資産の召喚と取引、チームを使ってNicahのモンスターを狩ること、そして$BLOODSTONEトークンの取引の3つが挙げられます。

モンスターの狩猟と討伐に成功すると、全宇宙で最も貴重な資源である$BLOODSTONE($BLST)を獲得することができます。
また、チームに必要な狩猟用品を購入するためにも欠かせません。

しかし、これらのモンスターを倒すのは非常に難しく、最も危険なモンスターと戦おうとすることさえできるのは、最も強いチームだけです。
難易度とリスクが上がれば上がるほど、$BLOODSTONEの報酬も増えていきます。

狩りをするためには、プレイヤーは戦士とビーストから軍団を作り、戦いに必要な狩猟用品を確保する必要があります。
各チームは、必要な狩猟用品が揃っていれば、24時間に1回、狩りをすることができます。
例えば、あなたの軍団の最初の狩りが月曜日の10時45分に行われた場合、火曜日の10時45分以降、このチームで再び狩りができるようになります。

最も重要な情報とボタンはすべてダッシュボードにあります。
ダッシュボードは、ゲームにログインするたびに表示されます。
ダッシュボードはどのページからでも、左上の暗号チームのロゴをクリックするか、右上の自分のウォレットアドレスをクリックすれば、いつでも表示させることができます。

Crypto Legions(CryptoLegions)の戦士(ウォリアー)について

戦士はすべての軍団を支える存在です。
彼らは命がけでモンスターを退治し、リーダーであるあなたのために貴重な$BLOODSTONEを確保します。
戦士は、プレイヤーが一定のUSDで召喚(=ミント)することができ、召喚者の運によって一定の強さを持つようになります。
戦士の強さが高ければ高いほど、軍団の攻撃力が上がり、危険なモンスターを狩ることができるようになり、$BLOODSTONEの獲得に成功する確率が高くなります。

召喚手数料は通常、戦士1人につき20米ドルです。
召喚料は、オムニバランスオラクルに基づいて調整される場合があります。

また、召喚ボタンにカーソルを合わせた際に表示されるドロップダウンメニューで選択することで、複数の戦士を一度に召喚することも可能です。
複数の戦士を召喚する場合、下記の要領で、割引が適用されます。

同時の召喚人数 割引率
10 1%
50 2%
100 3%
150 5%


引用元:Crypto Legions

戦士を召喚してから約30秒後、「Reveal Warriors」ボタン(ボタンがオレンジ色になったら)をクリックすると、新しい戦士がインベントリに表示されるのを確認できます。
戦士は無効化することができ、その場合、現在の召喚料金の20%が$BLOODSTONEとしてプレイヤーに還元されます。
戦士を無効化するには、その戦士の攻撃力に不満がある場合、「無効化」ボタン(Xの形)をクリックします。

戦士のページでは、フィルター、「すべて選択」ボタン、「大量実行」ボタンを使って、フィルターに基づいた複数の戦士を同時に実行することもできます。
大量実行を行うと、戦士を1人ずつ実行した場合と比較して、ガス代が若干異なる場合があります。

召喚できる戦士の数に制限はありません。
各戦士の召喚確率は以下の通りです。

Crypto Legions(CryptoLegions)のビーストについて

ビーストはあらゆる狩りに欠かせない存在です。
多くのモンスターは非常に速く、狩りをするのが難しいため、ここでビーストの出番となります。
ビーストは戦士のために狩りの道具(食料、武器など)を運び、そのスピードと感覚を駆使してモンスターを探し出し、追い詰めます。
戦士と同様に、ビーストも一定のUSD値で召喚(=ミント)することができ、召喚者の運によって一定の強さを持つようになります。
強度の高いビーストほど強く、1回の狩りでより多くの戦士をサポートすることができます。

通常、召喚手数料は1体につき20米ドル(BLOODSTONEで支払います)です。
召喚料は「オムニバランスオラクル」に基づいて調整される場合があります。

また、召喚ボタンにカーソルを合わせた際に表示されるドロップダウンメニューで選択することで、複数のビーストを一度に召喚することも可能です。
複数のビーストを召喚した場合、合計金額から割引が適用されます。
割引の料率は下記の通りです。

ビーストを召喚してから約30秒後、「ビーストを公開」ボタンをクリックすると(ボタンがオレンジ色になったら)、新しいビーストがインベントリに表示されます。
各軍団は最大10体のビーストを持つことができ、それによって支援できる戦士の数が決まります。
戦士の総合力によって、軍団が利用できる狩りと、各狩りの成功率が決まるため、多くの戦士をサポートし、モンスターを狩ることができる最強のビーストを持つ軍団を作ることが重要です。
ビーストは除隊させることができ、その場合、現在の召喚料の20%が$BLOODSTONEでプレイヤーに還元されます。
ビーストを除隊させるには、通常、ビーストの能力に満足していない場合、「除隊」ボタン(Xの形)をクリックします。

ビーストのページでは、フィルター、「すべて選択」ボタン、「大量実行」ボタンを使って、フィルターに基づいた複数のビーストを同時に実行することも可能です。
大量実行を行うと、ビーストを1匹ずつ実行した場合と比較して、ガス代が若干異なる場合があります。

召喚できるビーストの数に制限はありません。
各ビーストタイプの召喚確率は以下の通りです。

Crypto Legions(CryptoLegions)の部隊について

ダッシュボードまたは軍団ページで「部隊作成」ボタンをクリックすると、戦士とビーストを組み合わせて軍団を構成することができます。
軍団には最大10体のビーストを入れることができ、これらのビーストの強さによって軍団に入れることができる戦士の数が決まります。
ビーストが10匹に達していなければ、いつでも軍団に戦士やビーストを追加することができますが、軍団を解散したり、軍団から戦士やビーストを削除したりすることは不可能です。

軍団を作ると攻撃力が一定になるため、明確な戦略を持って軍団を編成することが重要です。
軍団が毎日狩りをするためには、適切な狩猟用品が必要であり、これは$BLOODSTONEで支払われます。

軍団を作るための訓練は、戦士や獣を一人加えるごとに0.5ドルかかります($BLOODSTONEで支払います)。
軍団内のビーストが10体以下であり、かつ戦士に余裕がある場合、既存の軍団に戦士やビーストを追加することができます。
狩猟用品の追加料金は、$BLOODSTONEで支払われます。
正確な計算方法は、狩猟用品のセクションで説明します。
プレイヤーは自分のウォレットに好きなだけ軍団を持つことができ、1日にできる狩りの数に制限はありません。

軍団の右下にある赤いショッピングカートのアイコンは、マーケットプレイスのセクションで説明されています。

Crypto Legions(CryptoLegions)の「狩猟」について

ご存知のように、危険なモンスターを狩るためには、戦士と獣(ビースト)からなる強力な軍団を作る必要があります。
軍団は24時間に一度、モンスターを狩ることができ、成功すると「BLOODSTONE」を獲得することができます。

あなたの軍団が狩るモンスターが強ければ強いほど、そのモンスターを倒すのは難しくなります。
最も危険なモンスターを倒すことができるのは、最も強い軍団だけですが、成功すれば莫大な$BLOODSTONEの報酬を得ることができます。

狩りをするたびに、勝ち負けに関わらず、その狩りで得られる可能性のある賞金の2.5%の税金をBUSDで支払い、流動性プールに投入されるのが一般的です。
狩猟税はオムニバランスオラクルに基づいて若干調整されることがあります。

「マスハント」ボタンを使用すると、利用可能な軍団に各軍団の到達可能な最高値のモンスターを同時に狩らせることができます。
この機能は、各レギオンの到達可能な最高値のモンスターを、各レギオンで1体ずつ個別に狩るのと全く同じ結果になります。
モンスター25は個別に狩猟する必要があるため、”Mass hunt “では狩猟できません。

狩りのページで、画面右上の「狩りの履歴」をクリックすると、過去の全狩りの履歴を見ることができます。
モンスター25の結果は、狩猟履歴には含まれません。マスハントの結果は、狩猟履歴に反映されるまでに最大で30分程度かかる場合があります。

危険なモンスターを狩ることは容易ではなく、勝敗によって軍団に永久的なダメージが与えられますが、これについては次のセクションで説明します。

Legion側の被るダメージについて

危険なモンスター「ニカ」を狩るのは容易なことではなく、各軍団は一定量の狩りにしか耐えられません。
それぞれの狩りは、勝っても負けても、Legionに永久的なダメージを与えます。

各狩りは通常、軍団の総攻撃力を2%減少させます。
なお、ダメージの割合はOmni-Balanced Oracleに基づいて若干調整されることがあります。

レギオンの攻撃力が2000以下になったら、’hide weak legions’チェックボックスをマークしてインベントリから隠すことができます。
軍団を補充する唯一の方法は、戦士とビーストを増やすことです。
ただし、戦士とビーストを増やせるのは、軍団ごとにビーストが10匹になるまでで、それぞれのビーストがサポートできる戦士の最大数を考慮に入れておく必要があります。

軍団で狩りをしない場合、その軍団の総攻撃力は減少することはありません。
一度結成した軍団を解体することはできません。
また、軍団はマーケットで売却することも可能です。

Crypto Legions(CryptoLegions)の狩猟用品について

戦士とビーストで構成される部隊が狩りをするには、狩猟用品が必要です。
狩猟用品は軍団内の戦士ごとに購入する必要があり、最低7回、14回、最高28回分の狩猟用品を購入することができます。
狩猟用品がなくなると、さらに購入する必要があります。
狩猟用品の支払いは、未開封の報酬ウォレットから、またはMetaMaskウォレットから選択できます。
未開放の報酬ウォレットに十分な資金がない場合、未開放の報酬ウォレットから支払うボタンがグレーになり、狩猟用品代はMetaMaskウォレットからしか支払えません。
狩猟用品は、狩りをしなければ減りません。
例えば、6回分の狩猟用品を所持している軍団があったとして、休暇で2日間狩りをしなかった場合、休暇から戻った時にはまだ6回分の狩猟用品が残っていることになります。
狩猟用品のコストは戦士1人につき1ドルで、一度に多くの狩猟用品を購入すると大きな利益が得られます。

Crypto Legions(CryptoLegions)の軍団を更新する

既存の軍団に戦士やビーストを追加したい場合、軍団ページで軍団の左下にある「更新」ボタンをクリックすることができます。

その軍団の残りの狩りに必要な消耗品(戦士1体につき1米ドル)と、訓練料(追加された戦士・獣1体につき0.5米ドル)に相当する金額を支払う必要があります。
軍団を更新する際、14日間と28日間の消耗品に対する割引はありません。
軍団は最大10体のビーストを持つことができ、追加する予定の戦士に十分なキャパシティがあるようにビーストを追加する必要があることを忘れないでください。

例えば、残り5日の狩猟用品がある軍団で、新しい戦士を追加する場合、その戦士を軍団に加えるには、$BLOODSTONEで0.5 USD(訓練料)+ 5 USD(5回分の狩猟用品代)を支払う必要があります。

また、6回分の狩猟用消耗品が残っている軍団に、新たに戦士2人とビースト1人を加える場合、戦士2人とビースト1人を軍団に加えるために、$BLOODSTONEで1.5 USD(0.5 USD x 3 トレーニング費用、戦士2人とビースト1人を加えるため)+ 12 USD(6 狩猟分 x 戦士2人分) を支払う必要があります。

ハンティングの報酬について

プレイヤーが所属する軍団がモンスターを狩猟し、討伐に成功した場合、報酬が与えられます。
私たちは、プレイヤーに公平で安全な経済を提供するため、独自のオムニバランス・オラクル・システムを導入しており、上昇トレンドでは安定性を提供し、下降トレンドではプレイヤーを保護します。
他のゲームでは、ゲーム・トークンの価値が米ドルに比べて下がることを恐れて、すぐに報酬を受け取ろうとする人がいます。
そのため、私たちはオムニバランスオラクルを導入し、すべての報酬と経費のバランスを取り、未請求の報酬のドル価値を維持するようにしました。
これにより、報酬プールが急速に枯渇するのを防ぎ、プレイヤーに確実で持続可能な収入を提供することができます。
結果として、これはゲームの未請求の報酬ウォレット内でトークンを保持するインセンティブとなり、プレイヤーは長期的に報酬を計算し計画するユニークな可能性を得ることができます。

さらに、この施策は$BLOODSTONEトークンの増加にもメリットをもたらします。
報酬は、未請求の報酬ウォレットにUSDの値で維持されます。
これらの報酬は、いつでも同等のUSD額で$BLOODSTONEに交換することができます。
ただ、初期の請求は、手数料が徴収されることに注意してください。
未請求のUSDを$BLOODSTONEに交換するには、画面右上の「請求」ボタンをクリックするだけです。

例えば、モンスター20の狩りに成功したとき、490USドルを獲得します。
この例では、狩りの時点で400$BLOODSTONEと等しいと仮定します。
モンスター20の報酬を未開放の報酬ウォレットに15日間保管し、$BLOODSTONEの通貨価値がUSDと比較して半分になった場合でも、490 USDを引き出すことができます(この例では、引き出し時に800 $BLOODSTONEと等価になります)。

Crypto Legions(CryptoLegions)の報酬計算について

特定のモンスターを狩ることで、勝利のチャンスや必要な攻撃力を得ることができます。
例えば モンスター7を狩るには、軍団の攻撃力が20,000以上必要で、74米ドルを獲得する確率は65%です。
以下は、その当選確率が記載された報酬表の一部です。

7月3日より、他のどのモンスターよりも高い、特別に強力な報酬を持つ「サンデースペシャル」モンスター25が導入されました。
このモンスターを狩猟するための条件は、月曜日0:01(UTC)から6日間、一定量の召喚戦士を使用して新しい軍団を作成することです。
既存の軍団を更新することは、この条件には含まれません。
新しい軍団を作るには、必要な量の戦士を使用しなければなりません。

このモンスターを攻撃できるのは1つの軍団のみで、1週間に1度、日曜日にのみ攻撃できます。
モンスター25は個別に狩猟する必要があり、「集団狩猟」では狩猟できません。

Crypto Legions(CryptoLegions)にて加味される、パワーボーナスについて

攻撃力が必要最低値以上の軍団でモンスター(1〜20番)を狩ると、$BLOODSTONEを獲得する確率が上がります。
攻撃力が2000上がるごとに、確率は1%ずつ上昇します。
チャンスアップの上限は50%です。
つまり、軍団の勝率を50%上げるには、攻撃力を10万上げるのが上限となります。
モンスターの最低攻撃力である10万を超える攻撃力を追加しても、そのモンスターに対する勝率は上がりません。

モンスターを狩るには常にリスクが伴います。
例えば、軍団が矢を全て外してしまったり、武器が壊れてしまったりする可能性があるため、どのモンスターも狩る確率は最大で89%に制限されています。

例えば、モンスター7を狩るには、軍団の攻撃力が最低2万必要で、74米ドルを獲得する確率は65%です。
しかし、攻撃力3万の軍団でモンスター7を狩った場合、74ドルを獲得する確率は70%に上昇します。

別の例えで、攻撃力14万の軍団を持っているとします。
この場合でもモンスター7を攻撃することは可能で、この場合、74ドルを獲得する確率は89%になります。
しかし、勝率の上限は89%なので、攻撃力14万以上のモンスター14を狩ることをお勧めします。
そうすれば、89%の確率で215米ドルを獲得できます。

モンスター21~25は、狩りをするのが非常に危険なため、狩りをすることによるパワーボーナスがありません。
つまり、自分の軍団がモンスター21~25に必要な最低攻撃力以上の攻撃力を持っていても、勝率は上がらないのです。
同時に、これらの強力なモンスターは非常に高い報酬を与えてくれます。

例えば、あなたの軍団の攻撃力が26万であっても、モンスター21から1285米ドルを獲得する確率は37%です。
以下は、モンスター1~20のすべての当選確率が50%で増加し、かつ、または、89%で上限が設定された場合の報酬表の一部です。

報酬の早期クレーム時に生じる手数料について

最初の狩りに勝利した瞬間から、報酬は未請求の報酬ウォレットに直接入ります。
最初の狩りに成功した当日に報酬を請求する場合、$BLOODSTONEで報酬を請求する際に40%の早期引き出し税が発生します。
早期請求税の手数料は、狩りに勝利した最初の日から、毎日午前0時(UTC午前0時)に2%ずつ減少し、0%になると非課税で引き出しができるようになります。
この仕組みにより、$BLOODSTONEトークンを保有することがインセンティブとなり、ゲームの採用によりトークンの価格が上昇傾向を持つように動機付けされます。

例えば、あなたは1日目に最初の狩りに出かけ、勝利し、未所持の報酬ウォレットに490米ドルを受け取った、と仮定します。
同日中に引き出す場合、40%の税金を支払う必要があるため、正味294米ドル(=490米ドルの60%)を引き出すことができます。
196米ドル(490米ドルの40%)は未請求のリワードウォレットから差し引かれ、リワードプールに入ることになります。
7日間待つと、手数料は26%で済みますので、362.60米ドルを引き出すことができます。
20日待てば、490米ドルの全額を非課税で引き出すことができます。
早期請求によって支払われたすべての手数料は、リワードウォレットに入ります。

Crypto Legions(CryptoLegions)のアチーブメントについて

ゲームを進めると、特定のアチーブメントを達成することができ、Discordサーバーで特別な役割を得ることができ、専用のチャットチャンネルにアクセスすることができます。
アチーブメントを達成したら、すぐにダッシュボードでアチーブメントに関連するハイパーリンクをクリックし、Discordの役割を獲得してください。
Discordロールを取得するためのハイパーリンクは、達成条件を満たさない場合は消えてしまいます。
しかし、一度Achievementに関連したDiscordロールを集めたら、それはあなたから削除されず、永遠にDiscordロール/アクセス権を保持します。
例えば、レベル6の戦士を初めて召喚して、「戦士マスター」というDiscordロールを取得した場合、ダッシュボードに表示された「戦士マスター」リンクをクリックすれば、レベル6の戦士を売却しても、新しいDiscordロールを保持することができます。

Discordロールの回収は義務ではありません。
ダッシュボードに表示されるハイパーリンクは無視してもかまいません。

達成ロールを受け取る前に、必ずDiscordサーバー(https://cryptolegions.app/d)で認証されたメンバーになってください。
Discordロールを取得するための招待リンクは1度しか使用できませんので、説明に従って正確に取得してください。
特別なDiscordロールの招待リンクは誰にも教えないでください。
不正行為やハッキングを行ったプレイヤーは、BANされ、プレイヤーアカウントがブロックされる危険性があります。

収集可能なアチーブメントは下記の通りです。

ウォーリアマスター

レベル6のウォリアーを初めて所有した時点から、Discordで「ウォリアー・マスター」の役割を獲得し、専用のチャットチャンネル「マスターズ」を利用できるようになります。

ビーストマスター

能力値20のビーストを初めて所有した時点から、Discordで「ビーストマスター」ロールを取得し、専用のチャットチャンネル「マスターズ」にアクセスすることができるようになります。

レギオンマスター

攻撃力3万以上の軍団を10個以上所有すると、「Discord」で「軍団マスター」の称号を取得し、専用の「マスターズ」チャットチャンネルにアクセスできるようになります。

モンスターコンカー

モンスター23体の狩猟に成功した時点から、「Discord」で「Monster Conqueror」ロールを取得し、専用のチャットチャンネル「Royalty」にアクセスできるようになります。

ニカの王/女王

モンスター24の討伐に成功すると、「ディスコード」で「ニカの王」の称号を獲得し、専用のチャットチャンネル「ロイヤルティ」にアクセスできるようになります。
また、モンスター24の討伐に成功した際に表示される秘密の写真/動画が発見でき、「暗号軍団」で最高のAchievementを獲得した際の報酬として提供されます。
女性の方は、ゲーム内の「ヘルプ」からサポートチケットを作成していただければ、手動で「ニカの女王」に変更させていただきます。

なお、最初に「King of Nicah」Achievementを取得したプレイヤーには、Devsから10,000 USD ($Bloodstone トークン)のギフトが贈られる予定です。
このAchievementに到達したら、すぐにゲーム内の「ヘルプ」からサポートチケットを作成し、攻撃力50万以上の軍団のスクリーンショット、モンスター24を見事倒した後に表示される秘蔵写真/動画のスクリーンショット、ウォレットアドレスをお送りください。
開発者は、あなたの達成内容を確認した後、48時間以内にあなたのウォレットに10,000 USD ($Bloodstone トークン)を送金します。
この特別な報酬を得るために、不正行為やハッキングを行ったプレイヤーは、BANされ、プレイヤーアカウントがブロックされる危険性があります。

アチーブメント達成に伴う、Discordのロール獲得の方法

達成したアチーブメント実績は、ダッシュボードに表示されます。
達成すると、ダッシュボードのテキストがハイパーリンクになります。
ハイパーリンクをクリックすると、Discordで達成ロールを取得するための5つのステップを説明するページに移動します。
ロールの取得は、基本的に「continue」をクリックし、Discordのチェックボックスをクリックするだけなので、とても簡単です。

Crypto Legions(CryptoLegions)のマーケットプレイスについて

プレイヤーは、内部マーケットプレイスで戦士、ビースト、軍団全体を売買することができます。
各取引は$BLOODSTONEで行われ、売却時に売り手が支払う15%の税金は報酬プールに入ります。
マーケットプレイスの税金は、Omni-Balanced Oracleに基づいて若干調整される場合があります。
画面上部のフィルターを使って、レギオン全体のお買い得品を探したり、自分のレギオンを構築・強化するのに最適なウォリアーやビーストを簡単に見つけることができます。
過去24時間以内にマーケットプレイスに追加されたNFTは、左下に「新着」バッジが表示されます。

過去24時間以内に狩りを行った軍団には、赤いショッピングカートのアイコンが表示されます。
これは、24時間以内に狩りを行っていないレギオンのみがマーケットプレイスで販売できるためで、つまり、最後に狩りを行ってから24時間経過したレギオンしか出品することができないのです。
マーケットプレイスに出品する時点では、軍団は狩猟用品を持っていることができます。
もちろん、狩猟用品がない軍団や、狩猟用品を持ったことがない軍団も販売することができます。
購入者は、あなたの軍団が何日分の狩猟用品を持っているかを見ることができ、購入時にすべての狩猟用品を持った軍団を受け取ることができます。

マーケットプレイスで販売できるレギオンは、レギオンページのレギオンの右下に白いショッピングカートのアイコンが表示されます。
過去24時間以内に狩りを行ったため、売却できないレギオンには、赤いショッピングカートのアイコンが表示されます。
なお、端末の暗転・夜間モードによって、ショッピングカートのアイコンの色が赤くなる場合があります。

攻撃力が2000以下の軍団は、狩りをするには弱すぎるため、マーケットプレイスで販売することができません。
これらの軍団は、あなたと過ごした楽しい時間を思い出させてくれる、あなただけのトロフィーであり、あなたのために狩りをしたという遺産を、次の世代に伝えてくれるでしょう。
ゲームそのものとしては、戦士や獣を増やすスペースがあり、あなたが軍団を再び攻撃力2000以上に更新しない限り、彼らはもう何の役にも立たないのです。

Crypto Legions(CryptoLegions)のオムニ・バランス・オラクルについて

他のPlay-to-earnゲームでは経済的な破局が常態化していますが、Crypto Legionsはそのような悲劇的な運命から保護されています。
革命的な「オムニバランスオラクル」であるNadodoが常に存在し、長期プレイヤーのために繁栄と持続可能な経済を保証しています。
村人が眠っている間に夜警をするように、あるいは狩人が獲物の速度に応じて狙いを定めるように、Nadodoはゲーム経済に対する脅威をプレイヤーが気付く前に排除するために、慎重に調整されたアプローチを展開します。
Nadodoは、経済の防弾チョッキに似ています。
持っていてもあまり違いを感じないが、命を守ることができるわけです。
私たちの経済システムは、イギリスのトップ5大学の1つであるゲームと数学の博士号教授によってレビューされています。
毎日、少なくとも1人の経済学者によって経済状況が見直され、Nadodoは持続可能な経済のために必要な微妙な調整を定期的に行っています。
オムニバランス・オラクルシステムには、次のような要素があります。

  • モンスターを狩猟した際の$BLOODSTONEの報酬はUSD通貨に固定されています(同じモンスターには常に同じUSD報酬が支払われます)。
  • 狩りで獲得した報酬は、USDに固定されているため、未使用のウォレットに保管され、その価値を維持します。
  • マーケットプレイス税は5%から20%の間でスライド調整可能です。報酬プールの補充が必要な場合は税金が高くなり、報酬プールが増加した場合は税金が低くなります。
  • 狩猟税は0%から9%の間で調整可能です。狩りをするたびに、BUSDで手数料を払い、それがそのまま流動性プールに送られます。税金の額は、流動性プールへの補充が必要かどうかで決まります。
  • スライド式の調整可能な購入税(0%〜2%)で、Liquidity Poolに送られます。
  • スライド式で調整可能な売却税(0%~20%)。売却税に含まれる各項目のパーセンテージを調整できます。
  • 各狩りの軍団のダメージを1%~3%の間でスライド調整可能です。
  • 召喚手数料は、9ドルから40ドルの間で調整可能です。
  • 14日間と28日間の狩猟用品の割引料。

調整可能な手数料率は、週に2回程度、または緊急の場合はより頻繁に見直され、必要に応じて調整されます。
このように、プレイヤーに還元される税金は、プレイヤーに十分な報酬を与え、ゲームの長期運用を維持するための持続可能な経済を生み出す役割を担っています。
Nadodoは日々経済状況をモニターしており、調整可能な変数に積極的に緩やかな変更を加えることで、プレイヤーが最小限の変化しか感じないようにする予定です。
下の表は、Nadodoが実施可能な最小値と最大値を示しています。
Nadodoが通常の平均値より高い値を設定した場合、プレイヤーへの報酬(報酬プール、流動性プールなど)を奨励することになります。
通常の平均値よりも低い値を設定した場合、プレイヤーに直接インセンティブを与えます。

Crypto Legions(CryptoLegions)のNadodoの常用値

Nadodoで調整可能な変数の一覧と、その最小値、通常値、最大値の表です。

最初の24時間の値

最初の24時間の間に、オムニバランスオラクルは金額を決定しています。

発売後2日目からの数値

ゲーム開始後24時間から、オムニバランスオラクル「ナドド」は、以下の金額を徐々に作り始めます。

上記の変数は、ゲームにログインするたびに表示されるダッシュボードの右側にある「Nadodo is watching」のボックスで常に確認することができます。

Crypto Legions(CryptoLegions)のトーケノミクス(トークン・エコノミクス)

初期のトークン価格について

プライベートセール、PinkSaleでのパブリック・プレセール、そしてPancakeSwapでのトークン・ローンチ、それぞれのトークン価格は下記の通りです。

プライベートセール
1000ドルあたり2632ドルBLSTトークン(1ドルBLST=0.38ドル)
一般販売
1000米ドルあたり2500ドルBLSTトークン(1ドルBLST=0.4ドル)
PancakeSwap価格
1000米ドルあたり2273ドルBLSTトークン(1ドルBLST=0.44ドル)

Crypto Legions(CryptoLegions)の考える、トラストレス・エコノミー

私たちは、Crypto Legionsのプレイヤーや採用者が、一生懸命稼いだ資本でゲームをプレイする際に、できる限り安全だと感じてもらいたいと考えています。
このため、私たちはプレイヤーの安全を確保するために多くの措置を講じています。
これには以下のものが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

  • 流動性を12ヶ月間ロックし、ロック期間の延長はロック解除日の何ヶ月も前に行われます。
  • NFTの完全な所有権と管理権をプレイヤーに付与します。NFTはプレイヤーの財産であり、自由に使用することができます。NFTは、アクセスが遮断されるようなゲームサーバーに保管されることはありません。
  • 私たちのゲームはオンチェーンなので、ゲームサーバーが悪用されたり、ハッキングされたり、財産が盗まれたりすることはなく、より安全で信頼できるものとなっています。また、プレイヤーはゲームの仕組みに完全な透明性を持つことができます。

さらに、コミュニティとプレイヤーが安心してゲームに参加できるよう、さらなる対策を講じる予定です。

  • 私たちは、トップクラスの監査会社であるSolidProof社によるKYC認証を完了しました。
  • 私たちのスマートコントラクトとコーディングは、CertiK(https://cryptolegions.app/certik)によって完全に監査され、テストされています。

私たちの将来の目標は、完全に信頼し、信じることができる経済を作ることですが、私たちは自分たちがいる空間を理解し、初期のプレイヤーにできるだけ安全で安心だと感じてもらうことを目指します。

Crypto Legions(CryptoLegions)の開発チームについて

Crypto Legionsは、Crypto Games Agencyによって作られた画期的なゲームです。
Crypto Games Agencyの使命は、NFTゲームスペースに賢く参入する方法についてより多くの人々を教育することによって貧困と闘いながら、プレイヤーに確実な収益をもたらす持続可能なPlay to Earnのゲームを作成することです。
私たちのコアチームは、ブロックチェーン、ビジネス、マーケティング、開発において豊富な経験を有しています。

ダニー – 創業者

ダニーは、P2Eゲームの仕組みとBinanceスマートチェーンエコシステムに関する膨大な経験と知識を持つ、チームの暗号通貨専門家です。
彼は電子商取引の分野で数年の経験があり、Crypto Legionsのコミュニティ構築とマーケティングを担当します。

シャーク(Shark) – 共同創設者

シャークは、ビジネス、起業家精神、コーチング、ITセールス&マーケティング、ITリクルートにおいて20年以上の経験を持っています。
応用経済学の学士として、彼はいくつかの繁栄するビジネスを構築し、多くのコミュニケーション・トレーニング・プログラムを開発しました。
また、映画プロデューサー・監督として、資金調達の記録を塗り替え、トップストリーミングプラットフォーム向けの映画を開発し、数々の賞を受賞しています。
彼の目的は、この暗号通貨ゲームの具体的な結果をドキュメンタリーで取り上げ、NFTゲーム空間をナビゲートする方法を人々に伝えることです。

ジョン – CTO

30年以上の技術者経験と26年のオンライン経験を持つネットのパイオニア。
数々のWeb3スタートアップでCEOとCTOを務め、The New York Times, BCGDV, City of New York, Navient Shell Oil, First Republic Bankなどのフォーチュン500の有名企業とも仕事をしています。
レドンドビーチに住み、JavaScript、Rust、Unity3Dをこよなく愛する。

アルベルト – リードブロックチェーンデベロッパー

ブロックチェーンエンジニアとして5年以上、フロントエンドエンジニアとして8年の経験を持つ。
ブロックチェーンエンジニアとして、彼はすでにいくつかのブロックチェーン上でDApps、P2Eゲーム、NFTマーケットプレイスの形で多くのDefiエコシステムを構築しています。
過去2年間、多くのブロックチェーン暗号通貨企業でリードデベロッパーとして働いています。

Yuyake – ブロックチェーン開発者

ブロックチェーンエンジニアリングに4年間従事し、フルスタック開発で10年の経験を持っています。
シニアブロックチェーン開発者として、彼は多くのDApps、NFTスマートコントラクトとマーケットプレイス、暗号ゲーム、およびDAOsを構築してきました。
彼は常にプロジェクトに対して高い品質、速いスピード、優れたコミュニケーションと創造性を提供します。

Angel – ブロックチェーン開発者

Angelは、スクラッチからデプロイまで8年以上の経験を持つ、技術に精通したプロのフルスタックブロックチェーンエンジニアです。
彼はオラクルシステムとマルチチェーンの深い知識を持っており、Dexのような様々なDefiプロジェクトやオンチェーンアセットマーケットプレイス等を構築してきました。
クリーンでコメントの多いコード、そして優れたコミュニケーションスキルが彼の強みです。

ポール – ブロックチェーン開発者

Paul はブロックチェーンエンジニアで、フルスタック開発で7年、ブロックチェーンエンジニアとして3年の経験があります。
NFTミンティング、NFTマーケットプレイス、NFTゲーム、DAO、Defi、DAppsなど、多くのブロックチェーンプロジェクトを構築しました。
多くのプロジェクトをゼロから構築してきたほか、SPAフレームワークによるフロントエンド開発が主なスキルの1つです。

Rafal エンジニア

Rafalは、12年以上のクラウド使用経験と20年のIT経験を持つクラウドアーキテクトです。
この間、彼はいくつかの会社を成功させ、賞を獲得し、また、複数の他者と協力して彼らを成功に導いてきました。
自動化と無限の可能性を秘めたクラウドエンジニアリングをこよなく愛する。

その他のメンバー

  • ルーク – ウェブサイト開発
  • ルカ – グラフィック
  • Hamzah – Discordのカスタマイズ
  • Victoria – エグゼクティブアシスタント
  • Fenix – コミュニティマネージャー
  • Marian – コミュニティマネージャー

Crypto Legions(CryptoLegions)のミッション

Crypto Legionsは、世界をより良い場所にするために、3つのミッションを掲げています。

大きな豊かさ
必要な金融知識と経験を持ち、発展途上国に住む人々が信頼できる受動的収入源を構築するために、プレイ・トゥ・アーンのゲームがどのように潜在的な方法であるかを知ることです。
獲得型ゲームのあらゆる側面について人々を教育することで、貧困と戦います。
さらに、トークンの一部を、電話機や必要なトレーニングなど、裕福でない人々に提供することで、潜在的な副収入を得ることができるようにしています。
優れたエデュテインメント性
私たちは、暗号空間以外のプレイヤーでも簡単にプレイ・トゥ・アーンのゲームに参加できるよう、分かりやすい説明ビデオの作成、初心者向けの分かりやすい説明の提供、Youtubeチャンネルでの教育ビデオの共有、ゲーム内のサポートの提供などに努めています。
私たちは、教育すると同時に楽しませます。
素晴らしい環境
暗号通貨のマイニングが大きく寄与している過剰なエネルギー消費が、いかに気候変動や地球資源の枯渇に影響しているかを示すゲームストーリーを開発しました。
ゲームを通じてプレイヤーを教育し、持続可能な解決策の必要性を日々認識してもらうことで、地球環境の保護に貢献します。
私たちのミッションは、主に国連の以下の「持続可能な目標」に焦点をあてています。
30世紀の人類がニカ星に頼らなくても生きていけるように、みんなで世界を変えていきましょう。

Crypto Legions(CryptoLegions)の開発ロードマップ

フェーズ1

  • ゲームと経済性の開発
  • ソーシャルメディアアカウントの立ち上げ
  • 信頼できるテスターによるセキュリティテスト
  • SolidProofによるKYC認証
  • CertiKによる、スマートコントラクトの監査
  • プライベートセール
  • PinkSaleのプリセール出品

フェーズ2

  • トークンのローンチ
  • トークン発売時にゲーム本編をリリース
  • CoinMarketCap / CoinGeckoへの上場

フェーズ3

  • コミュニティ育成
  • コミュニティエアードロップの最初のラウンド
  • 初期マーケティングプランの実行
  • インフルエンサーとの提携、プレゼント大会の開催
  • 質の高いBSCプロジェクトとのコラボレーション
  • 取引所のリストアップ
  • より多くのプレイヤーに対応するための改善

フェーズ4

  • 新しいインタラクティブなゲームモードの追加
  • チャリティー支援
  • ドキュメンタリーの制作開始
  • コミュニティ・エアドロップの増加
  • マスマーケティング

フェーズ5

  • ゲームの継続的な開発
  • ドキュメンタリーの公開とプロモーションの推進
  • ゲームブランドのメタバース
  • 3Dモンスターハント(PvEモード)
  • コミュニティのアイデアをゲームに反映

Crypto Legions(CryptoLegions)のセキュリティ、及びリスクについて

私たちの経験に基づいて、私たちはCrypto Legionsを悪用/ハッキングから保護するために非常に重大な予防措置を講じました。

  • 緊急時に新しい財布や契約に報酬を移動できるように、報酬プールを放棄していません。
  • 緊急時に流動性プールを移行するシステムを構築しました。
  • 私たちは、マイニング/サモニングコードを一般から隠し、一般に見える/アクセスできないようにしました。 私たちは、ゲームのスマートコントラクトを放棄しなかったので、新機能やセキュリティ変更で更新することができます。
  • CertiKと共同で、発売前にスマートコントラクトに悪用や問題がないかをテストしました。
  • その他にも、私たちのコミュニティから推奨されたものを含む多くの予防措置を講じていますが、悪用やハッカーに私たちのセキュリティ対策を知られるのを防ぐため、公にリストアップすることはできません。

私たちは、Crypto Legionsが十分に安全であると確信しています。
同時に、ブロックチェーン上のPlay to Earゲームは一般的にエクスプロイト/ハッキングに対して脆弱であるため、損失が許されない資金は、決して投資しないようにしてください。
万が一、侵入やクラッシュが発生した場合、補償が全くない可能性があることをご承知おきください。

取引上のガイドライン

Bloodstoneトークン(または他の通貨)の価値を投機することは、非常にリスクが高いです。
以下は、取引する際に注意すべき基本的なガイドラインです。

  • 失ってはならない資金は、絶対に投資してはいけません(=余裕資金しか、投資してはいけません)
  • 常にチャートを見ること(またはアラームやシステムでチャートを見るように設定すること)。大きな売りはいつ起こるかわからない。
  • 分散投資する。すべての卵を同じカゴに入れてはいけない。
  • 危機や市場の暴落が起こったときのための計画を立てておく。
  • 私たちがCertiKの監査を受け、私たちのゲームが悪用・ハッキングされないように可能な限りのセキュリティ対策を講じたとしても、私たちのゲームがいつでも悪用・ハッキングされないという保証はどこにもありません。最も安全なゲームにさえ、悪用/ハッキングが起こっている。
  • 物事がうまくいかない場合、あなたの損失の補償がないことに注意してください。
  • 暗号通貨への投機は非常にリスクが高く、変動しやすいものです。
  • リスク=潜在的な利益/損失です。リスクが高ければ高いほど、より多くの利益を得られる可能性がありますが、より多くの損失を被る可能性もあります。

Crypto Legions(CryptoLegions)の倫理規定

私たちの野望は、プレイヤーに有利なROIを提供し、BSCネットワーク上で最も長く続くPlay to EarnのNFTゲームを作ることです。
Crypto Legionsは、素晴らしい豊かさ、エデュテインメント、環境など、世界をより良い場所にするための3つの使命を持っています。
Crypto Legionsの成功は、私たちのコミュニティ、プレイヤー、投資家から得る信頼と信用に依存しています。
私たちは、使命、コミットメントを守り、正直さと誠実さを示し、名誉ある行動のみによって目標を達成することで、信頼を得ることができるのです。
私たちがすべきことを言うのは簡単ですが、その証明は私たちの行動の中にあります。
最終的には、私たちの行動によって判断されるのです。
私たちは、ゲーム契約の所有権を保持し、報酬プールと流動性プールを保護するためにセキュリティシステムをどのように設定するかについて、大きな責任を負っていることを認識しています。

世界で見たい手本になること
もし私たちがあなたのようなプレイヤーやトレーダーであったなら、クリエイターチームが望んでいたように行動することを、あなたは私たちに期待することができます。
オープンで透明性のあるコミュニケーション
プレイヤーやトレーダーに関連するすべての出来事は、私たち自身が把握した時点で、即座にコミュニティへ報告します。
すべてのプレイヤーのためにゲームを保護する
私たちは、ゲームの安全性、流動性プール、報酬プール、ゲーム契約を常に保護し、すべてのプレイヤー/トレーダーのために、誠実さと正直さをもってそれらを扱います。

私たちのコミュニケーション、記録、行動、行為のすべてにおいて、上記の倫理規範のすべての原則を証明するものを感じ、見ることができます。

Crypto Legions(CryptoLegions)のリスクステートメント

暗号通貨とPlay to Earnゲームへの投資は、非常に投機的であり、本質的にリスクが高いです。
収益は、多数の人々によって影響される多くの変数に依存し、予測することができないので、どのようなプロジェクトの経済的成功の保証はありません。
当社は、いかなる種類の財務的保証または助言も行いません。
しかし、私たちはこのプロジェクトを成功させるために最大限の努力をすることを保証します。

Crypto Legions(CryptoLegions)の始め方

ここでは、Crypto Legions(CryptoLegions)を始めるために必要なことをステップバイステップでわかりやすく説明します。

Crypto Legionsを始めるための準備方法

これまでPlay to EarnのNFTゲームをプレイしたことがなく、暗号通貨ウォレットをお持ちでない場合、以下は最初から始めるための手順です。
これらのステップでは、Binance(オプションA)またはCrypto.com(オプションB)を使用することができます。

オプションA:Binanceを使用する

携帯電話のBinanceアプリをダウンロードするか、Binance.comのウェブサイトを使用して、Binanceのアカウントを作成します。
銀行口座やクレジットカードからBinanceのアカウントに資金を移動し、BNBを購入します。
Crypto Legionsのプレイを開始するには、最低100ドル以上を推奨します。
パソコンでChromeまたはBraveブラウザをダウンロードし、Chrome/Brave用のMetaMask拡張機能をインストールするか、または、モバイルにMetaMaskアプリをインストールし、新しいMetamaskウォレットを作成します(秘密のパスフレーズを安全に保存してください)。

スマホのMetaMaskウォレットアプリで左上の横線3本をクリック(パソコンの場合は右上の丸いアバターをクリック)し、「設定」→「ネットワーク」→「ネットワークの追加」をクリックし、以下の情報を追加してください。

  • ネットワーク名 BSCメインネット
  • RPC URL: https://bsc-dataseed1.binance.org/ または https://bsc-dataseed2.binance.org/
  • ChainID: 56 (56でうまくいかない場合は0x38)
  • シンボル BNB
  • ブロックエクスプローラーURL: https://bscscan.com/

BinanceからMetaMaskのウォレットにBNBを送金します。
なお、初めての場合は、少額を送金してすべてがうまくいくかをテストするのがよいでしょう(たとえば、10米ドルだけ)。

その後、Trust アプリをダウンロードし、MetaMask ウォレットの作成に使用したのと同じ秘密のパスフレーズを使用してログインします。
すると、あなたのBNBがTrustウォレットに表示されます(MetaMaskウォレットと同期しています)。

BNBをクリックし、「Swap」、「Swap to Smart Chain」をクリックします。
これでスマートチェーンのBNBが手に入り、PancakeSwapで使用できるようになります。

BNBスマートチェーンはMetaMaskにも表示されます。
MetaMaskのブラウザでpancakeswap.financeにアクセスし、PancakeSwapを使ってBNBを$BLOODSTONEに90ドル以上スワップしてください。
また、BNBを10ドルほどBUSDにスワップします。
BUSDは、ゲームプレイ時の狩猟料金の支払いに備えて、常に少額を財布に入れておいてください。(注意:BUSDを使って$Bloodstoneを購入する場合、取引手数料のために少量のBNBがウォレットに必要です。)

なお、BNBを$Bloodstoneにスワップする際に使用する$Bloodstoneトークンのアドレスはこちらです。
0x10cb66ce2969d8c8193707A9dCD559D2243B8b37

MetaMaskの「Import Tokens」をクリックし、上記の$Bloodstoneトークンアドレスを入力すると、あなたのウォレットに$Bloodstoneが表示されます。
MetaMaskのウォレット内にBUSDが表示されない場合(モンスター狩りに必要)、もう一度「トークンのインポート」をクリックし、「トークンのコントラクト・アドレス」欄に0xe9e7cea3dedca5984780bafc599bd69ad087d56を記入すると、BUSDが表示されるのを確認できます。
その後、BraveブラウザまたはMetaMaskモバイルアプリのブラウザでhttp://play.CryptoLegions.appにアクセスし、MetaMaskウォレットを接続します。

オプションB:Crypto.comを使用する場合

Crypto.comのアプリをダウンロードし、アカウントを作成します。
その際、画面に表示されるすべての検証を通過します。

クレジットカードからCrypto.comのアカウントに資金を移動し、BNBを購入します。
このBNBはすでに「スマートチェーンBNB」になっています。
Crypto Legionsのプレイを開始するには、BNBに少なくとも100 USDの価値があることをお勧めします。

その後、パソコンでChromeまたはBraveブラウザをダウンロードし、Chrome/Brave用のMetaMask拡張機能をインストールします。

続いて、MetaMaskの新しいウォレットを作成します。
この際、秘密のパスフレーズを安全に保存してください。
スマホのMetaMaskウォレットアプリで左上の横線3本をクリック(パソコンの場合は右上の丸いアバターをクリック)し、「設定」→「ネットワーク」→「ネットワークの追加」をクリックし、以下の情報を追加してください。

  • ネットワーク名 BSCメインネット
  • RPC URL: https://bsc-dataseed1.binance.org/ または https://bsc-dataseed2.binance.org/
  • ChainID: 56 (56でうまくいかない場合は0x38)
  • シンボル BNB
  • ブロックエクスプローラーURL: https://bscscan.com/

Crypto.com から MetaMask ウォレットに BNB (すでに ‘スマートチェーン BNB’ になっている) を転送します。
必ず BSC オプションを使用してください。

Crypto Legions(CryptoLegions)の遊び方

MetaMaskウォレットに$BLOODSTONEの通貨が入ったら、いよいよプレイを開始します。
以下、簡単な手順を説明します。

  1. ログイン後、ダッシュボードが表示されたら、「戦士召喚」と「ビースト召喚」を数回クリックして、戦士と獣を最低2体ずつ手に入れるか、マーケットプレイスで戦士や獣をいくつか購入します。
  2. 「軍団作成」をクリックします。軍団の中に、好きな戦士やビーストをクリックして追加します。
  3. 軍団のページで、軍団の右上にある「0H」をクリックし、軍団に必要な狩猟用品を購入します。
  4. メニューの「狩り」で、自分の軍団の攻撃力が許す最強のモンスターを攻撃してください。運とモンスターに対する勝率に応じて、たまに$BLOODSTONEを獲得し、右上の未所持のウォレットに入ります。
  5. ステップ3で示したように狩猟用品を常に用意し、最後の狩猟から24時間後に毎日ゲームをプレイしに来てください。
  6. 20日後、未請求の税金が0%になったら、「未請求の財布」をクリックし、「請求」をクリックすると、未請求の財布から獲得した$BLOODSTONE分が自分の$BLOODSTONE財布に振り込まれます。税金が0%になる前でも請求できますが、「請求する」ボタンをクリックすると記載されている割合の税金がかかります。
  7. これでウォレット内の$BLOODSTONEが増え、より多くプレイしてゲームを進めることができます。より多くの戦士/ビーストを召喚したり、マーケットプレイスで購入したりすることで、より強力なモンスターを攻撃できるようになり、より多くの$BLOODSTONEを獲得することができます。また、獲得したBLOODSTONEを任意の通貨に交換し、ゲームから賞金を引き出すことも可能です。

要約すると、Crypto Legions(CryptoLegions)の目的は、$BLOODSTONEで戦士やビーストを購入し、それらを組み合わせてレギオンにし、モンスターを攻撃してより多くの$BLOODSTONEを獲得することです。
そして、より強い軍団を作り、さらに多くの$BLOODSTONEを獲得し、いつでもゲームから撤退することができます。

Crypto Legions(CryptoLegions)ブログ投稿和訳

下記の内容は、Crypto Legions側からの依頼・承認に基づき、公開されているCrypto Legionsのブログ投稿の和訳を試みたものです。
実際の参照にあたっては、誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。

※CryptoLegionsの公開ブログの原文は、下記リンクから確認できます。

https://cryptolegions.medium.com/

また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Crypto Legions、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Crypto Legions(CryptoLegions)の公式サイトがオープン

Crypto Legionsの公式ミディアムページへようこそ。
私たちは、皆様に楽しんでいただけるよう一生懸命働いてきました。
まもなく惑星Nicahでの狩りが始まります!

私たちの野望は、BSCネットワークで最も長く遊べるNFTゲームを作り、プレイヤーに有利なROIを提供することです。

4月上旬のトークンローンチ(またはそれ以前)には、私たちのゲームが100%準備され、バトルテストされていることが重要であるため、すぐにゲームをテストしていただきたいと考えています。

ベータテストへの参加は、当社のウェブサイト https://cryptolegions.app からお申し込みください。

Crypto Legions(CryptoLegions)は、3Dグラフィックの最適化を行っています

本日は、コルブ銀河の惑星ニカのモンスターを狩る際のゲームの滑らかさを最適化する作業を行っています。

Crypto Legionsでは、様々なレベルのモンスターが存在し、中には倒すのが非常に困難なモンスターもいます。
強力な戦士とビーストで構成される最強のレギオンだけが、最も危険なモンスターと戦うことが出来ます。
難易度が上がれば上がるほど、$BLOODSTONEの報酬も増えていきます。

例えば、惑星ニカで最も危険なモンスター、フォレストドラゴンを倒すのは容易ではないでしょう。
モンスターの討伐に成功すると、「BLOODSTONE」を獲得できます。

今後数週間のCrypto Legions(CryptoLegions)に期待すること

こんにちは、皆さん、コミュニティに参加してくれてありがとう。

今日は、私たちの発売までの数週間に私たちに期待することを説明します。

今現在、私たちのゲームをテストしに来てくれる限られた数のプレイヤーの募集が始まっています。

まもなく応募は締め切られ、最初のテスターを迎え入れ、ゲームを直接体験してもらう予定です。

ハッカーやプレイヤーを招待し、総額1万ドルの賞金をかけてゲームの攻略を試みるものから、優勝者の作品がゲームの一部として惑星ニカに登場する芸術コンテストまで、様々なコミュニティコンテストを開催する予定です。

初期のマーケティング資金を確保し、人気のあるリスティングサイトでの迅速な承認を得るために、初期の支援者のためのホワイトリストのプライベートセールを行う予定です。

私たちは、常にゲームのアップデートと予告を提供し、また、あなたが選ばれた場合、どのようにプレイし、どのようにテストトークンを受け取るかの詳細な手順を提供する予定です。

ユニクリプトに上場する前に、ホワイトペーパーを含む完全なウェブサイトを公開しますので、当社のゲーム経済の内部構造を詳しくご覧いただくことができます。
また、Solidproof社による完全な監査とKYCチェックを受け、ユニクリプトに公開プレセールを掲載する予定です。

私たちは、特定のテスターとコミュニティのメンバーに、ユニクリプトトークンを保有せずにパブリックプリセールに参加できるホワイトリストスポットを提供する予定です。
私たちのゲームは、発売に向けて完全な準備とバトルテストを行い、パブリックセールが完了した後、しばらくして稼働する予定です。
そして、狩りが始まるのです。

Crypto Legions(CryptoLegions)では、早期支援者にベータテストログイン券をプレゼントしています

ベータテストに応募してくださった皆様に朗報です。

早期サポーターの皆様には大変感謝しております。
応募された方は、Crypto Legionsからテスト開始の手順が書かれたメールを受け取ったばかりです。

もしメールが見つからない場合は、迷惑メールフォルダを確認するか、私たちのDiscordサーバーでサポートチケットを開いてください。

テスターには賞金付きの大きなコンテストが予定されているので、選ばれたベータテスターは早く参加できてとてもラッキーです。
このコンテストの詳細については、近日中に公開する予定です。

Crypto Legions(CryptoLegions)に起こったこと

まず最初に、私たちのゲームのローンチ後に発生した出来事について、チーム全体からお詫びを申し上げたいと思います。
私たちの投資家、友人、そして家族までもが、ゲーム発売後に悪用される可能性があったためにお金を失ったことを、全責任を負い、深く反省しています。
私たちはチーム・トークンを売却しなかったため、現在、Crypto Legionsプロジェクトから、金銭的な面だけでなく、過去6カ月間に費やした時間やエネルギーの面でも大きな損失を抱えています。
しかし、コミュニティのためにベストを尽くすことは私たちにとって非常に重要であり、コミュニティからいただいた応援メッセージには本当に感謝しています。
多くの方が私たちをまだサポートしていると言ってくださり、DiscordやTelegramで、脆弱性の問題を解決したプロジェクトのバージョン2を作ってほしいとお願いしてくださいました。
この分野で素晴らしい経験を持つアドバイザーと話し合った結果、私たちがコミュニティのためにできる最善のことは、私たち自身の資金をさらに投資し、私たちのプロジェクトに取り組み続け、それが完全に安全でセキュリティ上の問題がないことを確認した上で、私たちのコミュニティのお金を取り戻すことができるようなバージョン2の発売で素晴らしい仕事をすることであるという結論に達しました。

この記事では、私たちのゲームの次のステップをお知らせします。
そして、あるユーザーが私たちのゲームを悪用して、最高レベルの戦士と獣のNFTを常に製造し、それを使って100%の勝率で最強のモンスターを狩り、その報酬を市場で売ることができたことを説明する、開発チームからの完全なレポートを提供します。

Crypto Legions(CryptoLegions)の脆弱性をついた攻撃に関するレポート

脆弱性をついた攻撃者は、ミントの結果を予測することができ、この情報を使って、各ミントで最高レベルのNFTをミントするスマートコントラクトを作成しました。
そして、レベル6のウォリアーとビーストを無制限にミントし、レギオンを構成し、トップモンスターを狩って、15000ドルの報酬を得たのです。
彼はまた、狩りの結果を予測することができたので、同じ脆弱性問題を使用して、15%ではなく、最高のモンスター24から、100%の勝利を得ることができました。

ゲームコントラクトのコードとその関連コントラクトはすべて検証され、ブロックチェーンに公に展開されました。

Solidityや一般的なプログラミングに詳しい方は、genRandと呼ばれる、いわば「サイコロの目」を生成する役割を担う関数を、そのソースコードの中に見ることができると思います。
この関数は、現在のブロックのタイムスタンプと、ブロックの採掘難易度を用いて、256ビットのハッシュを生成し、どのようなモンスターがミントされるかを決定する数値に変換しています。

この情報をもとに、あるブロックでの出目の結果を予測し、同じブロックに複数のミントトランザクションを投入したのです。
これらはすべて同じタイムスタンプを持つことになるため、出目の結果はすべて同じになります。
この結果、彼のミントはすべてレベル6の戦士(ドラゴン)になったわけです。

続けて、この攻撃者はこれらの手法を使って、最低攻撃力50万の軍団を作り、報酬15000ドルの最高レベルモンスターを狩ることに成功しました。

狩りのコードもブロックチェーン上で誰でも読めるように公開されており、狩りが成功したかどうかを判断するための乱数(ロール)を生成する方法と同じものを使っていました。

同じ予測技術を使って、この攻撃者は、どのブロックにハント・トランザクションを提出すれば成功するか予測することができました。
その結果、彼は15,000ドル相当のトークンを獲得し、オープンマーケットで販売することに成功したのです。

狩りの後、彼がすべきことは報酬(その時点で211,000BLST)をを請求し、軍団を売却するだけでした。

また、この悪用者は、私たちのスマートコントラクトと相互作用するスマートコントラクト/ボットを書き、上記のすべての機能を自動的に何度も行っていました。

この脆弱性問題が発生して以来、私たちは多くの有名でハイレベルな開発者と話し合い、バージョン2がプレイヤーにとって完全に安全であることを確認する方法について提案をしてもらっています。

  • アップグレード可能なプロキシ・コントラクトの使用
  • サードパーティによるオフチェーン乱数生成(チェーンリンク)
  • ゲーム停止、取引停止などの機能を備えた無通知型のコントラクト

次の展開と、Crypto Legions(CryptoLegions)が行う補償

チームトークンを販売しなかったために大赤字となり、利益目的で販売したトレーダーやゲームを搾取したユーザーによって経済的にお金が持ち去られたため、今すぐ出資者に金銭的な補償をするお金はございません。
プレイヤーやトレーダーへの補償に関しては、DiscordやTelegramでコミュニティから寄せられた提案に基づいて、以下のプランを考えました。
今回のような悲惨な事態が発生した場合に備えて、私たちが見習うべき事例となるつもりです。

私たちは、Crypto Legions v2のローンチが完全に安全で、今から約6~8週間後に大成功することを確認するために、私たちの資金をさらに投資するつもりです。
これは、私たちのコミュニティが求めていたことであり、大成功することが、私たちのコミュニティの損失を回復するための唯一の解決策だと信じています。
投資家の皆様に売却を促すアナウンスがなされた際、プレイヤーの皆様はゲーム内で売却することができず、「立ち往生」していたため、トレーダーの皆様への補償とは少し異なるプランとなります。

また、透明性を高めるため、トークン供給の2.5%を保有していた私たちのチームとドキュメンタリーウォレットへのbscscanリンクも提供させていただきます。

  • オリジナルのチームとドキュメンタリーウォレット: 0x99f54475d85fff799cb25a09892d84ec48ded07b
  • https://bscscan.com/token/0x340516b933597f131e827abdf0e3f700e24e84ff?a=0x99f54475d85fff799cb25a09892d84ec48ded07b

このウォレットから、私たちのチームのトークンがどこに送られたかを正確に見ることができます。
また、私たちのトークンを市場で販売したことはなく、計画は常にこれらのトークンでゲームをプレイすることだったという証拠も見ることができます。
私たちはこのトークンを使って、悪用したユーザーを利することなく、プレイヤーに何らかのリターンを還元しようと考えています。

Crypto Legions(CryptoLegions)のAMAに参加する

このレポートは、悪用が発覚してから36時間以内に作成されたものであり、おそらく多くの質問が未回答のままになっています。
4月4日(月)午後5時(UTC時間)にテレグラム(http://cryptolegions.app/t)で行われるAMAに参加してください。

改めて、このような事態を招いたことを心からお詫び申し上げます。

Crypto Legions(CryptoLegions)の補償プランについて

私たちの使命の一つは、私たちが世界で見たいと思う手本となることであり、これを行うことによって、私たちは、Play to Earnの空間における誠実さと責任感のための新しい基準を設定するのに役立ちます。
私たちの使命に従い、5月末に予定されているv2の立ち上げに影響を与えないよう、Crypto Legions v1のすべてのトレーダーとプレイヤーに可能な限りの補償を行うよう、多大な努力を行っています。
これにより、私たちの忠実なコミュニティのメンバーは、すべての損失を完全に回復するだけでなく、私たちのv2発売の成功から素晴らしい利益を得ることができるようになるのです。

私たちは、すべての報酬申請書を詳細に審査し、BSCscanですべての申請書のすべての取引を確認し、トリプルチェックするために非常に努力してきました。
その結果、NFTを購入したために売却できなかったすべてのプレイヤーに対し、ゲームへの初期投資の少なくとも50%、最大で85%を返金することができると結論づけました。
この補償は、主にCrypto Legions v1の流動性プールから行われる予定です。

さて、すべての取引を計算した結果、すべての申請を以下のカテゴリーに分類して補償を行いました。

BSCscanでCrypto Legions v1に関連する取引がウォレットにない人は、明らかに補償を受け取ることはありません。
v1に多額の投資を行ったトレーダーは、v2のホワイトリストのスポットを保証されます。
投資額の一部または大部分を回収できた、あるいは利益を得たため、損失が少額(250ドル未満)だったトレーダーは、v2のホワイトリスト候補に加えられます。
比較的少額の損失を出したプレイヤーには、今後12ヶ月の間に3段階で50%から85%の損失が返金されます。
多額の損失を出したすべてのプレイヤーは、今後12ヶ月の間に3段階で損失の50%から85%を払い戻され、さらにv2のホワイトリストへの登録が保証されます。
申請者全員(プレイヤーとトレーダーの両方)には、5月10日までに、上記のどのカテゴリーに属するかと、その理由を通知するメールが送られます。
また、プレイヤーの皆様には、おおよその支給予定額をお知らせいたします。

プレイヤーへの補償額は、v1から回収できる金額と、v2開始3週間後のトークン価値に部分的に依存するため、正確な金額をコントロールできないことにご注意ください。
そのため、3段階(6月末、8月初旬、来年3月末)に分けて、50%から85%の補償を行う予定です。

ただ、v1で回収された金額は、v1をサポートしてくれたプレイヤーに全額返金されます。
さらに、v2のコミュニティ・トークンは、ローンチから3週間後に少量だけ配布される予定です。

v1が悪用された直後、3週間の補償申請期間を逃してしまった方、申し訳ありません。
私たちは、新しい暗号プロジェクトへの今後の投資を3週間放置しないように助言することしかできません。

私たちの計算は、BSCscanで見つけることができた取引証明に基づいています。

もし、あなたの損失が私たちの結論よりはるかに大きいと思われる場合は、私たちの補償メールに、取引の詳細なリスト(イン/アウト、買い/売り)、あなたのウォレットアドレス(es)、および明確な証拠であなたの損失の計算/解説を返信してください。
しかし、私たちはBSCscanで見つけることができたものの計算は非常に正確であり、3人の異なる人物によってチェックされていることに非常に自信を持っています。

なお、プレイヤーは私たちの補償メールに返信する必要があります。

私たちは、補償金が正しいプレイヤーに送られることを確認したいのです。
5月4日までに全プレイヤーに補償メールを送ります。
補償金を受け取るためには、info@cryptolegions.app からの補償メールに返信し、メールアドレスとウォレットを確認する必要があります。

返信がない場合は、5月6日までにDiscordとTelegramにてご連絡いたします。
6月3日までにメール、Discord、Telegramのメッセージに返信がないプレイヤーは、報酬を受け取ることができず、報酬は他のプレイヤーに均等に分配されます。

これまでに補償金を請求されたプレイヤーの状況は、こちらで確認できます:https://cryptolegions.app/compensation-status
補償フォームに記入し、5月10日までに info@cryptolegions.app からメールが届かなかった場合は、迷惑メールフォルダを確認するか、Discordでサポートチケットを開いてください。

今回も、フォームに記入された方全員に補償状況をお知らせし、損失があったプレイヤー(そして私たちのメールに返信された方)全員に補償を行う予定です。

この取り組みは、皆様のサポートに感謝の意を示すとともに、他のプロジェクトが同様の状況下で同様の行動を取るよう促すことで、暗号の世界に変化をもたらすためのものです。

v2のローンチは、より強力で完全に安全なものになりますので、今後の発表にご注目ください。
5月末頃を予定しています。
正確な日付は、5月後半に発表される予定です。

5月末のv2ローンチについて最新情報を知りたい方は、私たちのすべてのソーシャルメディアプラットフォームに参加してください。

Crypto Legions(CryptoLegions)は6月7日にローンチします

CertiKの監査が順調に進み、6月7日の発売に向けて予定通りに進んでいることをお知らせします。

ここにすべてのプリセール情報を掲載しますので、十分にご準備ください。

  • プリセールは、6月7日(火)午後3時(UTC)にPinkSaleで開催されます。このリンクは、今週中に私たちのソーシャルメディア上で発表されます。
  • ハードキャップは300,000BUSDとなる予定です。
  • 1ウォレットあたりの最大貢献額は750BUSDです。
  • プリセール開始の48時間前に、ホワイトリスト入りウォレットの全リストをこのリンクに掲載する予定です: https://cryptolegions.app/whitelist

プリセールは4つのラウンドで構成されています。

ラウンド1
ホワイトリストのスポットを持つ人々が貢献することができる保証された割り当てラウンド。
「ラウンド1」には約350のウォレットがあり、6月7日(火)午後3時(UTC)に開始され、30分間継続される予定です。
ラウンド2
「ラウンド2」のホワイトリストウォレットは、「ラウンド1」開始の30分後に参加できるようになります。
「ラウンド2」のウォレットには必ず割り当てが残されています。
先着順のため、割り当てが保証されないので、参加者は素早く購入する必要があります。
「ラウンド2」の時間は15分です。
ラウンド3
「ラウンド3」のホワイトリスト・ウォレットは、「ラウンド2」の後にスポットが残っていれば、このラウンドで貢献することができます。ラウンド3」も先着順で、15分間行われます。
ラウンド4
このラウンドは「公開ラウンド」です。
3つのラウンドが終了した後、残席がある場合は、プリセールを一般に公開し、残りの割り当てを埋めます。

プリセール終了後まもなく、おそらく6月7日(火)午後4時(UTC)に、$Bloodstoneトークン($BLST)をローンチする予定です。
トークン発売後、24時間以内にゲームを開始することをお約束します。
ほとんどの場合、ゲームはもっと早くローンチされますので、準備を整えておいてください。

ホワイトリストへの申請

ホワイトリストへの応募がまだの方は、今すぐこちらから応募してください: https://cryptolegions.app/apply-whitelist
以前に応募したことがある、あるいはホワイトリストに関するメールを受け取ったことがある方は、再度応募しないようにお願いします。
ホワイトリストへの応募は、6月3日 23:59pm(UTC時間)に締め切られる予定です。
応募された方で、メールアドレスを希望された方には、6月5日午後3時(UTC)までに、ホワイトリストの状況(合格か不合格か)についてメールでお知らせします。

私たちは、私たちの素晴らしいコミュニティに、常にサポートをいただいていることに感謝したいと思います。

親愛なる皆さん、待ち時間はもう終わりです!

Crypto Legions(CryptoLegions)の67日目について

私たちは、8月12日にCrypto LegionsのBLSTトークンに起こったことの完全な分析を提供するために、このレポートを書いています。
この数日間、非常に大きなプレイヤーや投資家による大規模な売り越しが、私たちのプレイヤーの間で大規模なパニックを引き起こしました。
この大規模なパニックのために、私たちのプレイヤーやトークン保有者は、保有物やゲーム内報酬を容赦なく投棄し始め、それがさらなるパニックを引き起こしたのです。
この絶え間ない売り圧力により、チャートはもはや回復不可能な地点に達しています。
P2E投資家は、このような状況を何度も目にしてきました。
プレイヤーは報酬を捨て続け、トークンにデススパイラルが発生し、チームもNadodo(我々のオムニバランスオラクル)もこの流れを変えるために何もすることができないのです。

私たちは、初期の大口プレイヤーや投資家が短期間に報酬とトークンを継続的に投棄したことによって始まった価格下落の動きに驚き、非常に失望しています。

状況について

私たちは過去に何度か、ゲームを長期継続させるために、責任を持って(少量ずつ時間をかけて)売却するようお願いしましたが、ご覧の通り、多くの人がこの重要なお願いを無視しています。

Nadodoは毎日、すべてのトレーダー/プレイヤーに、責任を持って売却すること、そして5つの戒めを守ることを呼びかけています。

もし、皆が協力し合い、この5つの戒律を守れば、このゲームは非常に長い間存続することができます。
しかし、お気づきのように、多くのトレーダー/プレイヤーがこのガイドラインに従っていないのです。

Nadodoは、召喚手数料の割引、高い消費税、大きな再投資のインセンティブによって、プレイヤーに報酬を再投資させようとしましたが、それは役に立たなかったのです。

この売りが連鎖反応を引き起こし、他の多くの投資家やプレイヤーがパニックに陥り、報酬の請求やトークンの売却を始めて、さらに値下がりを引き起こしています。

私たちは、このような事態を目の当たりにし、非常に悔しい思いをしています。

私たちは、何週間も続いている現在の暗号の冬を考えると、投資家がなぜ恐れているのか理解しています。

私たちは2022年6月の残酷なプレセールダンプを乗り切り、それでも私たちのトークンの価格を底値0.18ドルからATH16.1ドル(90倍)まで上昇させることができたのです。
なんとかそこから立ち直ったものの、このプリセールダンプにより、多くのクジラが極端に安い価格で参入し、極端に早く巨額の利益を得て終わり、その多くが我々の再三の要請にもかかわらず無責任な方法で利益を得ることになったため、プロジェクトに大きな悪影響を与え続けています。

今回の事態の結果

プレイヤーの報酬はUSDの価値に固定されているため、トークン価格が下がれば下がるほど、プレイヤーはReward Poolからどんどんトークンを請求できるようになりました。

このため、Reward Poolが急速に枯渇し始め、より多くのプレイヤーがさらにパニックに陥り、報酬を請求したり、売却したりする事態が発生しています。

8月12日午前5時(UTC)、私たちのチームはトークンの回復不可能な状況を説明するアナウンスを行い、すべての保有者とプレイヤーにトークンやゲームリワードを売却するようアドバイスしました。
この発表が行われた時の価格は約0.22ドルで、8月10日水曜日午後5時(UTC)のAMAの時点では約1.70ドルでした(2日足らずで約773%の下落)。
また、過去12ヶ月間のプロジェクトに費やした時間と労力の一部を補うために、チームメンバーが個人的に保有している株式を売却することを発表しました。
私たちは、流動性はまだ完全に手つかずであり、マーケティングおよび開発用トークンは売却されていないことを明確にしたいと思います。
販売された唯一のトークンは、過去12ヶ月間のプロジェクトでの作業に対してチームの異なるメンバーに割り当てられたチームウォレットからのものです。

私たちはあなたのためにここにいる

私たちは、BTCがその価値の半分近くを失い、17,000ドルまで下落した6月中旬の暗号暴落をうまく乗り切り、BTCや暗号市場全体が下落しているときでさえ、私たちのコインは何週間もポンピングを続けています。
すべてのプレイヤーが、私たちの革命的な経済システムのパワーを実感しました。

同時に、厳しい暗号の冬が続いているため、私たちの大規模なマーケティング活動が通常得られるはずの効果を発揮できず、Nadodoは大量のパニック売りに対抗する力を持っていません。

私たちは、一部のプレイヤーが損失を被り、請求できない報酬を持っていることを認識しており、私たちのマーケティングおよび開発既得のトークンを使用して、資金を回復するために最善を尽くすつもりです(私たちは一度も売却したことがありません)。

私たちはあなたのためにここにいます。
私たちは、危機的状況にどのように対処するかについて、P2E空間における最良の例となりたいと考えています。

ご存知のように、私たちは以前のバージョンでプレイヤーへの補償に気を配り、今回もプレイヤーのために正しいこと、可能なことを行うつもりです。

次のステップ

私たちは、2022年8月12日(金)17:00 UTCにコミュニティとのAMAを開催し、プレイヤーを助けるために次に何ができるかを話し合います。
ライブに参加できない人のために、AMAのリプレイは私たちのウェブサイトでその直後に利用できます。

私たちはCrypto Legionsを愛していますし、今のような困難な時期にも、プレイヤーの皆さんのためになることを約束します。
Crypto Legionsは67日間開催されましたが、これは同様のゲームスタイルとROIを持つBSC上のP2Eゲームの99%以上よりも長く、また長年に渡る最も厳しい暗号の冬の間に行われたことを覚えておいてください。

また、過去10週間の間に、プレイヤーは合計3,787,129 BUSD以上のゲーム内報酬を獲得し、無数のトレーダーも非常に大きなリターンを得ています。
また、ゲーム内でご覧いただけるように、リーダーボードの上位20名のプレイヤーは、合計で860,000BUSD以上を獲得しています。

なぜなら、彼らのウォレットは、今後Crypto Games Agencyが他のプロジェクトや影響力のある人物のために作ったゲームに二度とホワイトリストされることがないからです。
私たちは、健全な経済に協力的に貢献するプレイヤー/トレーダーと一緒にゲームを作り続けられることを楽しみにしています。

免責事項

  • 本記事の内容は、各公式サイト等を参考に作成したものであり、内容の真偽等に関して、如何なる保証等も行うことは出来ません。
  • 記事内で言及しているサービス等に関する一次情報については、必ず、 当該サービス提供元のサイト等をご自身でご確認下さい。
  • 記事内の情報は、時間経過に伴い、有効性を失っている場合があります。最新情報に関しては、必ず、ご自身にてご確認下さい。
  • 当サイト、並びに各記事に関しましては、一般的な情報提供のみを目的として作成・運営しているものであり、いかなる暗号資産・有価証券・その他デジタルアセットの取得を勧誘するものではありません。また、取得しないように推奨する意図もありません。また、投資助言を目的としたものでもございません。
  • 掲載した情報によって起きた、いかなる直接的・間接的損害について、一切責任を負うことは出来かねます。
  • 暗号資産投資やその他の投資にはリスクが伴います。投資を行う際は、リスクを了承のうえ、ご自身の判断で行って頂きますよう、お願いを申し上げます。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。