1MOVEの始め方&トークンの稼ぎ方-M2Eアプリ&NFTの入手方法や、招待コードの入力方法等を検証

NFTやBCG(ブロックチェーン・ゲーム)の原資確保にも◎
本日現在開催中の、仮想通貨・暗号資産関連おすすめキャンペーンはこちら↓

ビットポイント
1月31日までに公式サイトから口座開設完了(無料)で、100万SHIB(日本の柴犬をモチーフにしたミームコイン。日本国内ではビットポイントが初の取扱)がもれなく貰えるキャンペーン開催中
DMMビットコイン
現在、公式サイトから新規口座開設完了(無料)で、現金(日本円)2,000円が即時全員にプレゼントされるキャンペーン実施中


※本記事は、暗号資産(仮想通貨)初心者の方向けに、ビットポイントでの暗号資産取引所口座のアカウント作成から、解説を行っています。

  • 既にビットポイント等にて取引所口座は開設済で、
  • 1MOVEの具体的な始め方・稼ぎ方等から確認を進めたい、

という方は、

↑こちらのボタンから記事をスキップしてご覧ください。

※暗号資産口座が未開設、という方は、このまま記事をご覧下さい。


「歩くだけ・ジョギングするだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになる、と話題の、1MOVE。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんな1MOVEを始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. 国内暗号資産取引所(例:ビットポイント)にて口座開設を済ませておく
  2. 1MOVEのアプリ入手等を進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

1MOVEを始める前の下準備-ビットポイントでの口座開設

1MOVEで得られる報酬は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、1MOVEの収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、1MOVEの収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

1MOVEを始める時点で暗号資産口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

1MOVEのプレイを始め、早速、他の暗号資産等に交換可能なトークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、1MOVEのゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、1MOVEが大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

1MOVEのようなブロックチェーン・プロジェクトのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、1MOVEのアカウント登録等の諸作業を始める前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

1MOVEを通じて得ることの出来る報酬は、仮想通貨市場で流通するトークンであり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
1MOVEでトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくゲームをプレイしてトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。
※以下の数値は、あくまでも、仮定・例示です。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、1MOVEを通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、1MOVEで100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

1MOVEのようなブロックチェーン・ゲームをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、ブロックチェーン・ゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際に1MOVEで稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイント等の取引所で、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

1MOVEを始めるその前に、暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的は1MOVE。ゲームのプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、ゲームで得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、そのまま以下の要領で手続きを進めます。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、ゲーム収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
ゲームの収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

1MOVE概要・公式サイト等



引用元:1MOVE

公式サイト
https://web.1move.io/
Twitterアカウント
https://twitter.com/1MoveApps
ディスコード
https://discord.com/invite/1moveapps
iOSアプリ
https://apps.apple.com/my/app/1move/id1636501544
アンドロイド版アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=io.onemove.app
ホワイトペーパー
https://docs.1move.io/1move/
ミディアム
https://1move.medium.com/
招待プログラムURL
https://1rt.io/
ユーティリティー・トークン(1MT)
0x7c56D81EcB5E1d287a1E22B89b01348f07bE3541
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/1move/
ガバナンス・トークン(1RT)
0x012a6A39eeC345A0Ea2B994B17875E721d17eE45

1MOVEの始め方

1MOVEを始める場合、以下のようなステップを辿ることとなります。

  1. 1MOVEのスマートフォン向けアプリのダウンロード・インストール
  2. アカウント開設(※)
  3. アプリ内からウォレットの作成
  4. 1MOVEの「スターターパック」の購入

それぞれ、具体的な手順としては、以下の通りです。


(※)現在、1MOVEアプリにおけるアカウント開設を進めるためには、リファラル・コード(招待コード)の入力が必要です。

55902388
19066510

上記のいずれかをご利用下さい。

1MOVEアプリの入手(iOS&Android双方提供済)

App StoreやGoogle Playにて「1MOVE」と検索し、「入手」の箇所をタップすれば、通常のスマホアプリと同様、1MOVEアプリをダウンロード・インストールすることが可能です。

App Store(iOS)
https://apps.apple.com/jp/app/1move/id1636501544
Google Play(Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=io.onemove.app

1MOVEアプリからサインアップ(=アカウント開設)

アプリを開き、任意のメールアドレスを入力し、「Send Code」をタップすると、1MOVEから認証コードが送られてきます。

リファラル・コード(紹介コード)の入力

現在、1MOVEアプリにおけるアカウント開設を進めるためには、リファラル・コード(招待コード)の入力が必要です。

55902388
19066510

上記のいずれかをご利用下さい。

1MOVEアプリのホーム画面がこちら

このようなホーム画面に入れれば、OKです。

1MOVEのウォレット開設の方法

この後、1MOVEのスターターパックを購入するためには、あらかじめ、1MOVEのアプリを通じて、ウォレットを開設しておく必要があります。
具体的な手順としては下記の通りです。

1MOVEアプリ画面の右上をタップ

1MOVEの各トークン保有残高が表示されている箇所をタップします。

「ウォレット」のタブをタップ

最初は「スペンディング」の残高が表示されているため、「ウォレット」のタブをタップします。

認証コードを取得し、ウォレット作成へ

まず、「Send Code」をタップし、登録メールアドレス宛に、認証コード(数字6桁)を発信してもらいます。
届いたコードを入力したうえで、「Create Wallet」(=ウォレット作成)をタップします。

シードフレーズの確認

12個の英単語で構成された、シークレット・リカバリー・フレーズ(シードフレーズ)が表示されますので、安全・確実な手法により保管・保存します。
そのうえで、「Next」(次へ)をタップします。

シークレット・リカバリー・フレーズの入力

前段で確認・保管したシークレット・リカバリー・フレーズを、順番通りに入力します。
入力し終わったら、「Confirm」をタップします。

ピンコードの作成へ

続いて、ウォレット機能を随時利用する際に入力する、ピンコードを作成します。
まずは、上段の空欄をタップします。

数字6桁でピンコード入力

その後、下段の空欄でも、ピンコードの再入力・確認を行います。

ウォレット作成の完了

このような画面が表示されれば、ウォレット作成は完了です。

1MOVEの「スターターパック」購入方法

現状、1MOVEで稼いだ仮想通貨を外部ウォレットに出金するためには、1MOVEの「スターターパック」を購入し、当該機能をアンロックする必要があります。
※「スターターパック」を購入していないと、1MOVEで稼いだトークンを外部に出金出来ません。

スターターパック購入の際の具体的な手順としては、下記の通りです。

1MOVEのオンチェーン・ウォレットに、スターターパック購入用のBNBトークンを送金する

事前に作成しておいた、1MOVEのBNBチェーンウォレットに、スターターパックを購入するために必要なBNBトークンを送金しておきます。
なお、自身のオンチェーン・ウォレットのアドレスは、下記要領で確認できます。

自身のウォレットの「レシーブ」をタップ

事前に1MOVEのアプリからウォレットを作成しておき、その「レシーブ」(=受け取り)の箇所をタップします。

ウォレットアドレス(及びQRコード)が表示される

このようにウォレットアドレス、及び対応するQRコードが表示されるので、そのアドレス宛に、スターターパック購入用のBNBトークンを送金します。

※なお、詳しくは後述しますが、1MOVEのスターターパックを購入する場合、

  • 1足のみの購入ならば、1 BNB、
  • 3足セットの購入の場合、3 BNB

が必要となります。

また、諸々のトランザクションのために、ガス代としても、小額のBNBトークンが必要です。

「ウォレット」から「スペンディング」にBNBをトランスファーする

続いて、1MOVEの「ウォレット」に着金したBNBトークンを、「スペンディング」側にトランスファーする必要があります。
具体的な手順は下記の通りです。

ウォレット側で「トランスファー」をタップ

(スペンディング側ではなく)ウォレット側から、「トランスファー」をタップします。

「スペンディングへ」を選択

ウォレット内にあるBNBの送付先として、

  • 「スペンディング」に送付するのか、
  • それとも、外部に送金するのか、という選択肢が表示されますので、

前者をタップします。

トランスファーするBNBトークンの金額を指定

この際、ガス代が発生しますので、

  • 「ウォレット」内のBNB残高と、
  • 「スペンディング」に送金するBNBトークンの金額との間には、

ある程度、差分を設けるようにする必要があります。
※差分幅がガス代に満たない場合、トランスファーが実行されません。

トランスファー内容の確認

差支えがなければ、「Confirm」をタップします。

トランスファー完了画面がこちら

このような画面が表示されれば、トランスファー完了です。
※この画面が表示されず、前画面に戻ってしまう場合、ガス代(BNB)不足の可能性があります。
スペンディングに転送したいBNBトークン量よりも、少し多めのBNBを、ウォレット内に入れたうえで、リトライしてみる必要があります。

無事にスペンディングにBNBが着金

このように、スペンディング側にBNBが着金すれば、OKです。

1MOVEの公式サイトから、スターターパック購入を行う

続いて、1MOVEの公式サイトにアクセスし、ブラウザ経由で、スターターパック購入を進めます。
ステップは下記の通りです。

スターターパック購入ページへ

まずは、1MOVEの公式サイトの、スターターパック購入ページにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://m.1move.io/login?type=starter-pack

メールアドレス、及び認証コードでログイン

メールアドレス欄に、1MOVEのアプリ側と同じメールアドレスを入力し、「OTP(ワンタイムパスワード)をリクエスト」をタップします。
そして、届いた認証コードを入力し「ログイン」をタップします。

先ほど「ウォレット」からトランスファーしたBNBが反映されていることを確認

ログイン後の画面右上のトークン残量欄には、1MOVEの「スペンディング」と同額の内容が表示されているはずですので、確認します。

1足購入か、3足のセット購入か、の選択

1足購入の場合で1BNB、そして、3足セット購入の場合でも、1足あたりのコストは変わらず、3足で3BNBがかかります。
どちらかを選び「ミント」の箇所をクリックします。

「ウォーカー」か「ジョガー」の選択

続いて、スニーカータイプの選択を行います。
1MOVEのホワイトペーパーによれば、「ウォーカー」と「ジョガー」の主な違いとしては、下記の通りです。

スニーカーNFTのタイプ 最適運動速度(時速/キロ) 1エナジー消費あたりのベース報酬
Walker(ウォーカー) 1-6 4 1MT
Jogger(ジョガー) 4-10 5 1MT


引用元:1MOVEホワイトペーパー

自身のニーズに合ったほうの数量を、矢印ボタンで増やしたうえで、画面下部の「ミント」をクリックします。

スターターパック購入後、1MOVEアプリを開く

スターターパック購入を終えてから、改めて、1MOVEアプリを開き、画面下部の「コレクション」タブを確認してみると、このように、「NEW」のマークがついた新スニーカーが表示されています。
これで、スターターパック購入の一連の作業は完了です。

1MOVEを使った仮想通貨の稼ぎ方&プレイ方法

ここからは、実際の1MOVEのプレイ方法等を確認して参りましょう。

  • 1MOVEの「Move to Earn」の仕方
  • スニーカーNFTのレベル上げ
  • リペア(修理)
  • 稼いだ仮想通貨の出金(及び、売却)

といった内容について、スクリーンショットを交えつつ解説して参ります。

1MOVEの「Move to Earn」のプレイ方法

「Start Running」の箇所をタップ

GPSの強度、及び運動速度(移動速度)に注意しながら、運動実施

「停止」ボタンの長押しで運動終了

運動によって入手したトークンは、「Spending」ウォレットへ

1MOVEのスニーカーNFTのレベルアップ方法

「レベルアップ」の箇所をタップ

レベルアップにかかるコスト、及び待ち時間を確認

レベルアップの完了を待つ

レベルアップによって得たポイントを、好きなアトリビュートに振り分ける

ポイントの振り分けが済んだら「セーブ」をタップ

「OK」をタップ

レベルアップ後のスニーカーNFTのアトリビュートがこちら

1MOVEのスニーカーNFTのリペア(修理)の方法

「リペア」の部分をタップ

リペアに必要なトークン・コストを確認

↑そのまま「Repair」をタップすると、スニーカーNFTのリペア(修理)を実行できます。

1MOVEで稼いだ仮想通貨の出金方法

1MOVEで入手した暗号資産を出金する場合、

  1. まずは、「スペンディング」から、「ウォレット」に資金をトランスファーしたうえで、
  2. 「ウォレット」から、(必要に応じて)外部の任意のウォレット・アドレスへと出金する、
  3. 出金先のウォレットに1MOVEのトークンをインポートし、着金を確認する

というステップを踏むこととなります。
具体的な手順は以下の通りです。

「スペンディング」から「ウォレット」へのトークン転送

まずは、1MOVEの「スペンディング」から、オンチェーン・ウォレットに、資金を転送します。
※ここでは、スペンディングに入っている「1RT」を、ウォレットに移動してみます。

ウォレットにトランスファーしたいトークン名をタップ

「スペンディング」に入っているトークンのうち、「ウォレット」にトランスファーしたい仮想通貨を選択します。

「自分のウォレットへ」をタップ

トークン名(ここでは、1RT)が正しいことを確認した上で、「To Own Wallet」(=自分のウォレットへトランスファー)をタップします。

トランスファーしたいトークン量を入力

入力が済んだら、「Confirm」をタップします。

トランスファー申請の完了画面がこちら

この画面が表示されれば、ひとまず、「スペンディング」から「ウォレット」へのトランスファー申請処理は完了です。

無事にウォレット側にトークンが移動された様子がこちら

処理が済むと、このように、オンチェーン・ウォレット側にトークン(※本例では、1RT)が着金します。

1MOVEの「ウォレット」から外部アドレスへのトークン出金

「スペンディング」から「ウォレット」に資金を移動出来たら、今度は、1MOVEの「ウォレット」から、外部のウォレット・アドレスに対して(必要に応じて)出金を行います。
その際の具体的な手順は以下の通りです。

外部ウォレットに出金したいトークンの「トランスファー」をタップ

本例では、1RTを出金します。

転送先としては「外部へ」を選択

  • 「スペンディング」に資金を戻したいのか、
  • それとも、外部(External)へと送金したいのか、

の選択箇所では、(出金したい場合は)後者を選択します。

送金先のウォレット・アドレス等を指定

宛先のウォレットアドレスを入力したうえで、「Amount」の箇所には、出金したいトークン量を入力したうえで「Confirm」をタップします。

推定されるガス代等を確認

ウォレットアドレスに間違いがないこと、及び想定されるガス代(BNB)について確認したうえで、「Confirm」をタップします。

あとは、トランザクション完了を待つ

このような画面が表示されれば、あとばBNBチェーン上のトランザクションが完了するのを待ちます。

出金先のウォレット側で1MOVEからの着金を確認する

1MOVEアプリ側の操作が完了したら、今度は、出金先のウォレットアドレス側で、

  1. 1MOVEから出金したトークン(の情報)をインポートしたうえで、
  2. 着金の確認を取ってみましょう。

具体的なステップは以下の通りです。
※今回は、メタマスクを利用します。

メタマスク側で「トークンをインポート」をクリック

メタマスクのデフォルト設定では、1MOVEの各種トークンは表示されません。
メタマスクで簡単に1MOVEのトークン残量を管理したい場合、あらかじめ、メタマスクに、当該トークンの情報をインポートする必要があります。

トークン情報の入力

続いて、1MOVEのトークン情報を入力します。
なお、1MOVEのスマートコントラクトに対して信頼を置けない場合、メタマスクに1MOVEトークンをインポートするべきではありません。
また、仮に信頼するとしても、あくまでも最低限度の資金だけを入れた、1MOVE専用のウォレットアドレスを用意し、利用するべきです。

本例では、1MOVEのガバナンス・トークンにあたる「1RT」を出金しましたので、当該トークンのコントラクトアドレス(0x012a6A39eeC345A0Ea2B994B17875E721d17eE45)を、「トークンコントラクトアドレス」の箇所に入力します。

すると、

  • トークンシンボル
  • 最小桁数

が自動的に表示されますので、「カスタムトークンを追加」をクリックし、次画面では「トークンをインポート」を選択します。

無事に1RTの残高が表示されている様子がこちら

トークンのインポートが無事に済めば、このように、1MOVEのトークンの残高がメタマスク側でも簡単に確認できるようになります。

出金した1MOVEのトークンを売却する方法

1MOVEで稼いだトークンを、外部ウォレットに出金した後、当該トークンを売却(=他の仮想通貨に交換)したい場合、下記のようなステップを踏むこととなります。

Biswapにアクセス

2022年11月現在、1MOVEのトークン(例:今回出金した、1RT)を他の仮想通貨に交換するためには、Biswapを利用する必要があります。
※今後、他の分散型取引所や中央集権型にトークンが上場する可能性もあります。

「ウォレットを接続」をクリック

Biswapの画面右上の「Connect Wallet」をクリックします。

接続したいウォレットの選択

Biswapでは、

  • メタマスク
  • トラストウォレット
  • ウォレットコネクト
  • ブレイブウォレット

等々、様々なウォレットアプリを接続することが出来ます。
※本例では、メタマスクを接続することとします。

メタマスク側でBiswapとの接続を承認

前段でメタマスクのアイコン・バナーを選択すると、自動的にメタマスクがポップアップしますので、Biswapとの接続承認を行います。

トークン交換を始める

「Trade Now」をクリックします。

交換元のトークンを指定

トークン交換画面の「From」横のトークン名の箇所をクリックします。

1MOVEのトークンのコントラクトアドレスをペーストする

トークン名等を入力する欄に、1MOVEのトークンのコントラクトアドレス(例えば、1RTの場合は、0x012a6A39eeC345A0Ea2B994B17875E721d17eE45)を入力します。

検索結果を確認してトークンを設定する

コントラクトアドレスの検索により、希望するトークンが表示されることを確認したうえで、「Add」をクリックします。

交換量を指定し、1RTへのアクセスを許可

他の暗号資産(上掲例では、BNB)に交換したいトークン量を指定したうえで、「Approve 1RT」(※1RTを交換する場合)をクリックします。
その後、メタマスクが立ち上がるので、承認を行います。

トークン交換の実行

「Swap」の箇所をクリックします。

すると、このような確認画面が表示されるので「Confirm Swap」をクリックします。
その後、メタマスクが立ち上がりますので、ガス代支払い等を含めて承認します。

トークン交換(売却)が完了した様子がこちら

無事にトークン交換が済むと、(本例の場合、)1MOVEの1RTトークンがウォレットアドレスから消えて、代わりにBNBトークンが増えていることが分かります。
これで、1MOVEのトークン売却は完了です。

1MOVEのトレジャー・チェスト(宝箱)の開封方法

1MOVEをプレイしていると、時折、運動終了後に、トレジャー・チェスト(宝箱)を入手出来る場合があります。
入手したトレジャー・チェスト(宝箱)の開封方法は、以下の通りです。

開封したいトレジャー・チェストの「オープン」をタップ

待機時間が終了し、開封が可能な状態となったトレジャーチェストには、上掲画像のように「オープン」のマークがついていますので、タップします。

開封するトレジャーチェストの確認

チェストが大写しになるため、確認のうえ、改めて「オープン」をタップします。

チェストの中身の確認

開封結果は即時に表示されます。
今回は、

  • 1MTトークンが1枚と
  • スニーカーのアトリビュートを強化する、「アーティファクト」が1点、

入手できたことが分かります。

1MOVEの「アーティファクト」の装着方法

1MOVEでは、スニーカーNFTのソケットに「アーティファクト」と呼ばれるアイテム(※STEPNでいうところの、「ジェム」に相当)を装着することで、スニーカーNFTのアトリビュートを強化することが可能です。
アーティファクトの具体的な装着の手順としては、以下の通りです。

アーティファクト装着用の「ソケット」のアンロック

アーティファクトを装着するにあたっては、あらかじめ、スニーカーNFTのソケット(=アーティファクトをセットするための場所)をアンロックする必要があります。

「コレクション」からスニーカーNFTページへ

まずは、1MOVEのスマホ向けアプリの最下部メニューから、スニーカーNFTの「コレクション」ページへ移動します。

任意のアーティファクト・ソケットをタップ

1MOVEの場合、1つのNFTスニーカーには、4つのアーティファクト・ソケットが付いています。
各ソケットの種類(セット出来るアーティファクトが異なります)を確認し、アンロックしたいソケットをタップします。

ソケットのアンロックのためのコストを確認

アーティファクト・ソケットのアンロックのためには、トークン・コストがかかります。
レアリティ「ベーシック」のNFTスニーカーの場合、各ソケットのアンロック・コスト(一番左のソケットから順番)は、2022年11月現在、以下の通りです。

  1. 10 MT
  2. 15 MT
  3. 20 MT
  4. 25 MT

また、必要なレベルに達していないと、そもそも、ソケットのアンロックを実施することが出来ません(例えば一番左のソケットの場合、スニーカーNFTのレベルが「5」以上でないと、アンロックが出来ない)。

「コンファーム」をタップします。

ソケットのアンロック完了

このような画面が表示されれば、ソケットのアンロックは完了です。

アンロックしたソケットに、適応するアーティファクトをセットする

ソケットのアンロックが済んだら、早速、種類が合致するアーティファクトをセットしてみます。

アンロック済みのソケットをタップする

アンロック済のソケットには「+」マークが表示されているため、タップします。

アーティファクトを選択する

表示される(=前段で選択したソケットにセット出来る)アーティファクトの中から、今回装着したいものをタップします。

アーティファクトの装着完了画面

このようなポップアップが表示されれば、アーティファクトの装着は完了です。

アーティファクトの効果で、アトリビュートにバフ効果が働く

装着したアーティファクトの効果として、特定のアトリビュートに、バフ効果が生じていることが分かります。

1MOVEのホワイトペーパー日本語訳

下記の内容は、1MOVEの運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されている1MOVEのホワイトペーパーの日本語訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://docs.1move.io/1move/

ホワイトペーパーは、随時変更・更新される可能性があり、かつ、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。

なお、翻訳の都合上、下記の文中の一人称(例:私、私たち)は、1MOVEの運営元を指しており、当サイトの運営者とは無関係です。

1move の紹介

1moveは、日々の活動に対して報酬を与える「move and earnモデル」を採用したWeb3ライフスタイルアプリです。
Game-FiとSocial-Fiの要素を取り入れ、ユーザーは楽しくてやりがいのあるプラットフォームで、ゲームとソーシャライジングの新しい体験をすることができます。
また、フィットネスやエクササイズを続けながら、貴重なトークンを獲得することができます。
1moveは、人間の日々の活動において重要な要素である「動く」ことを中心に構築されています。
ユーザーは1moveスニーカーNFTを装着し、屋外でウォーキング、ジョギング、ランニングをすることでトークンを獲得することができます。
このトークンは、アプリ内で使用することも、現金化して利益を得ることもできます。
1Moveは、より健康的なライフスタイルへの旅に何百万人もの人々を巻き込むことを目的としています。
私たちは、「動いて稼ぐ」というコンセプトに楽しさを加え、一人ひとりの願望を高めています。

1moveをスタートする方法

まずは、1moveアプリをダウンロードする必要があります。

1MOVEアプリをダウンロードする

各OS向けのアプリストアから、1MOVEのモバイルアプリをダウンロードします。

1moveにサインアップする

各デバイスでアプリにアクセスした後、メールアドレスを使用して1moveにサインアップしてください。
その後、登録したメールに認証コードが送られてきますので、それを使ってログインします。
最終的には、紹介者より提供された紹介リンク/コードを入力し、サインアップを完了します。

暗号資産ウォレットの作成 (TBC)

ホーム画面の右上にあるウォレットアイコンをクリックします。
これにより、12単語の秘密のフレーズが生成されます。
このフレーズコードは、パスワードを忘れたり、アプリをアンインストールした場合に、ウォレットを復元するために使用されます。

なお、フレーズコードをメモし、安全な場所に保存してください。

BNBをアプリ内ウォレットに移動する

ミンティング・パック、ないしは、NFTスニーカーを購入すべく、BNBをアプリ内のウォレットに移動します。
なお、ウォレット内のBNBを常に一定量のガスとして維持するようにしてください。

NFTの購入

アプリ内のスニーカースターター・ミンティング・パックに移動し、スニーカーを選びます。
BNBの残高があれば、好きなスニーカーを選ぶことができます。

おめでとうございます。
これで準備は完了です。
スニーカーを購入すると、6時間ごとに25%ずつエネルギーが回復します。
なお、エネルギーの回復時刻は、世界協定時(UTC)で

  • 00:00
  • 06:00
  • 12:00
  • 18:00

に固定されています。

最初の25%エネルギー回復後、すぐに1moveの旅を開始できます。

なお、スニーカーのクーリングダウン期間について注意してください。
Sneakers Minting Packで購入したすべてのスニーカーは、365日間ロックされます。
このクーリングダウン期間中は、スニーカーの譲渡や販売はできません。

1MOVEのゲーム概要

ユーザーは、それぞれのNFTスニーカーを装着し、移動することでトークンを獲得することができます。
移動にはエネルギーが必要で、移動すると1MOVEトークン(1MT)が発生します。
エネルギーがゼロの状態ではトークンを獲得できないので、必ずエネルギーを確保してから移動してください。
ユーザーは、好きなスニーカーを選び、スタートボタンを押すことでゲームを開始することができます。

GPS信号について

GPS信号は、ユーザーの動きによって1MTを発生させるために重要です。
緑または赤の信号は動きを検出しますが、赤(GPS不良)の状態では、緑(GPS強)の状態に比べて収益が減少する可能性があります。
信号が白の場合、移動は検出されず、トークンは生成されません。

移動(運動)

GPS/インターネット信号がない場合、またはユーザーが有機的に動いていない場合(例:電子スクーターを使用している、等)、1MTは獲得できず、状況に応じてユーザーはエネルギーを失う可能性もあります。
また、スニーカーの種類によって推奨される移動速度を下回ったり上回ったりすると、獲得量に大きな影響が出ます。
エネルギーが枯渇すると、トークンの獲得は停止します。
その際、移動の記録を継続するか、停止ボタンを押して手動で終了するかを選択できます。

エネルギーについて

エナジーは1MTを獲得するために必要な最も重要な要素の一つです。
エネルギーがあればこそ、ユーザーは動くことができ、トークンを獲得し始めることができます。
エネルギーは登録時とスニーカー購入時に0から始まり、6時間ごとに25%ずつ回復します(UTC時間 00:00, 06:00, 12:00, 18:00に固定されます)。
1エナジーは5分間の移動に使用でき、一定量の1MTを取得することに換算されます。
ユーザーは、最初の25%エネルギー回復後、すぐに移動とトークン獲得を開始することができます。

トークン獲得量

アプリを起動し、移動が検知されると1MTを獲得することができます。
獲得できる報酬は、スピード、エネルギー、スニーカー、属性、GPS信号などの要素に大きく影響されます。
ユーザーは、これらの要素を常に意識して、獲得できる可能性を最大化する必要があります。
集めた1MTは、アプリ内でレベルアップ、育成、修理などのイベントに使用したり、現金化することができます。

1MTは1分ごとに支払われ、以下の3つの要素によって決まります。

  • スニーカーの種類
  • スニーカーの種類&スニーカーの効率属性
  • 移動速度

1MOVEのスニーカーNFTについて

スニーカー(NFT)は、スターター・ミンティング・パックを購入すると、ユーザー限定でミントされます。
スターターパックは、1個または3個のスニーカーがセットになっており、ユーザーは異なる種類のスニーカーを選択することができます。
スニーカーにはそれぞれ速度が設定されており、その速度に合わせて運動することで1MTを獲得することができます。

1MOVEのスニーカーNFTのタイプについて

スニーカーは4種類あり、それぞれ運動強度やフィットネス習慣に合わせて設計されています。

スニーカーNFTのタイプ 最適運動速度(時速/キロ) 1エナジー消費あたりのベース報酬
Walker(ウォーカー) 1-6 4 1MT
Jogger(ジョガー) 4-10 5 1MT
Runner(ランナー) 8-20 6 1MT
Trainer(トレーナー) 1-20 4~6 1MT

また、スニーカーを購入する際には、それぞれのスニーカーに設定された最適な速度範囲に注意する必要があります。
トークンの獲得量に影響するため、最適な速度範囲内で動作させる必要があります。
また、最適な速度範囲内であっても、収益が変動する要因として、次のようなものがあります。

スニーカー効率
スニーカーの効率が0である場合、ユーザーは最大最適速度(歩行者の場合、時速6km)で最大4コインを獲得し、最小最適速度範囲(歩行者の場合、時速1km未満)では0コインを獲得することになります。しかし、効率性を高めると、指定された速度範囲内であれば、低速でも最大限のトークンを獲得することができます。
GPS信号
GPSの電波状況が悪いと、獲得できるトークンが少なくなります。
モバイルデータ通信の電波の強さと安定性
データ通信が不安定な場合、収入が減少する可能性があります。

1MOVEのスニーカーNFTのレアリティについて

スニーカーの品質は5つあります。
スニーカーの品質は、初回購入時のミント時は「BASIC」に設定されています。
より高い品質(レアリティ)のスニーカーは、マーケットプレイスでの購入や育成によってのみ手に入れることができます。
スニーカーの品質には、さまざまな属性ポイントが設定されています。
同じ品質のスニーカーを購入しても、それぞれのスニーカーに付与される属性ポイントは異なる場合があります。

スニーカーNFTのレアリティ アトリビュートの範囲
Basic(ベーシック) 1-9
Standard(スタンダード) 9-17
Athletics(アスレティック) 17-25
Pro(プロ) 25-41
Champion(チャンピオン) 41-74

1MOVEのスニーカーNFTのレベル

スニーカーはレベル0からスタートします。
レベルアップには1MTが必要で、それ以上のレベルでは1RTが必要になります。
レベルアップには一定の時間がかかり、スニーカーのレベルに応じて必要な1MTや1RTの量も増えていきます。
また、1MTの使用量を増やすことで、レベルアップのスピードを上げることができます。
レベルアップすると、4~12ポイントのポイントが追加され、自分の属性に割り当てることができます。

スニーカーNFTのレアリティ レベル上げに伴い付与されるポイントの量
Basic(ベーシック) 4
Standard(スタンダード) 6
Athletics(アスレティック) 8
Pro(プロ) 10
Champion(チャンピオン) 12
レベル上げに伴う追加機能のアンロック
レベル アンロックされる追加機能
5
  • ソケット1
  • ミント機能
10 ソケット1
15 ソケット3
20 ソケット4
Champion(チャンピオン) 12

また、スニーカーNFTのレベルをあげていくことで、1日あたりの獲得トークンの上限量をアンロックしていくことが可能です。

1MOVEのスニーカーの「コンディション」について

コンディションとは、スニーカーの「スタミナバー」のことです。
コンディションを確認しながら、次のエクササイズを行う必要があります。
コンディションは100/100から始まり、使用するにつれて徐々に減少していきます。
数値が減少した時点で修理することも可能ですが、20/100を下回らない限りはどの数値でも修理費用は変わりませんのでご注意ください。
20/100に近い状態であれば、それ以上の数値でも修理は可能です。
20/100を下回ると、スニーカーの効率は90%に減少します。
スニーカーのコンディションは属性に大きく左右されます。
属性には、スニーカーの減衰を抑えるものと、修理費用を抑えるものがあります。

1MOVEのスニーカーNFTの修理(リペア)について

スニーカーの修理は、スニーカーの状態が悪くなったときに行われます。
スニーカーは使い続けることで劣化し、最大獲得数に影響を及ぼします。
トークンの獲得量を維持するためには、スニーカーを修理する必要があり、その際、1MTが必要となります。
スニーカーのレベルや品質が高いほど、修理にかかる費用は高くなりますが、いくつかの属性は間接的にその費用を軽減するのに役立ちます。

スニーカーの属性値(アトリビュート)について

属性は、スニーカーの様々な側面に影響を与える要素を決定する上で重要な役割を果たします。
属性ポイントは、スニーカーの品質に応じてランダムに付与され、ユーザーはスニーカーに対する目的に応じて、好きな属性にポイントを追加することができます。
スニーカーには4つの属性があり、それぞれが異なる役割を担っています。

Efficiency(効率性)
スニーカーNFTのトークン獲得効率を表します。
効率属性が高いほど、消費エネルギーあたりの1MTの収益が良くなります。
Luck(運)
運は宝箱のドロップの頻度と質に影響します。
運が高ければ高いほど、より多くの、より質の高い宝箱を入手できる可能性が高くなります。
Firmness(堅さ)
Firmnessの値が高いほど、育成中の靴箱の品質が高くなります。
Durability(耐久性)
耐久性は、スニーカーの減衰率に影響する属性です。
耐久性が高いほど、スニーカーを使用した際の減りが少なくなり、修理のコストに影響します。

1MT/1RTでスニーカーの属性ポイントをリセットすることができるようになります。
リセットの回数が多いほどコストが高くなり、一定レベルまでコストに上限が設定されます(開発中)。

1MOVEのトレジャー・チェスト(宝箱)について

宝箱は、ユーザーにランダムで与えられる戦利品ボックスです。
効率、運、堅さ、耐久のアーティファクトが入っています。
各ユーザーは4つのトレジャーチェスト枠を持っています。
トレジャーチェストには5種類の品質があります。
各宝箱には待ち時間があり、宝箱を受け取った直後からカウントダウンタイマーが開始されます。
各宝箱の待ち時間は、宝箱の品質によって異なります。
宝箱の品質が高いほど、開封にかかる時間が長くなります。
宝箱の品質の種類は、下記の通りです。

  • ブロンズ
  • シルバー
  • ルビー
  • ゴールド
  • プラチナ

1MOVEのアーティファクトとソケット

スニーカーが一定のレベルに達するとソケットが開放され、開放されたソケットにアーティファクトを装着することでスニーカーの属性を強化することができます(効率化のアーティファクトのみ効率化のソケットに装着可能です)。
アーティファクトは宝箱から入手するか、マーケットで購入することができます。

アーティファクトの種類とレベル (開発中)

アーティファクトの種類としては、下記の通りです。

  • 緑:効率
  • 灰色:運
  • ブルー:堅さ
  • レッド:耐久度

宝箱から受け取れるアーティファクトはランダムで、それぞれのアーティファクトには異なるレベル(1star~6star)が設定されています。
初期段階では、宝箱から受け取れるアーティファクトは星1つまたは2つのみです。
1MT/1RTを消費して、星レベルやステージを上げることができます。
星やステージが高いほど、特定の属性を強化することができます。

また、スターレベル4以降のアーティファクトをアップグレードする際にも1RTが必要となります。
なお、低レベルのアーティファクトのスターアップグレードは、失敗する可能性があります。

ソケットの種類と品質

スニーカーには4種類のソケットがあり、アーティファクトの種類に応じた色で識別されます。
ユーザーは、このソケットにアーティファクトを挿入することで、スニーカーの属性を向上させることができます。
スニーカーがレベル5、10、15、20になると、それぞれ1つのソケットがアンロックされます。
ソケットの品質が高いほど、挿入したアーティファクトの属性はより強化されます。
ソケットの種類はアンロックしなくても確認できますが、ソケットの品質はスニーカーの品質によって決定されます。

1MOVEのカウントダウン・タイマーと、ブースターの仕組み

1MOVEでは、内容に応じて、下記のようなカウントダウン・タイマーが設定されています。

項目 待機時間
シューズボックス 72時間
Bronzeの宝箱 96時間
Silverの宝箱 120時間
Rubyの宝箱 144時間
Goldの宝箱 168時間
Platinumの宝箱 192時間
スニーカーNFTのレベル上げ レベルによって異なる

ブースター使用による待ち時間の短縮

ブースターは、カウントダウンタイマーを早めるために使用されます。
1MTs/1RTsを使用することで、待ち時間を短縮することができます。
トークンの量は、スニーカーのレベルや品質によって異なります。
ブースターが使用できる工程は以下の通りです。

  • シューズボックス
  • トレジャーチェスト
  • スニーカーレベルアップ

1MOVEのスニーカーNFTのミントについて

スニーカーNFTのミントは、ユーザーが所有している2足のスニーカーを設計図として「ブリード」させ、その過程でシューズボックスを生産するものです。
参考までに、2つのスニーカーは「親」と呼ばれます。
ミントを始めるには、2足のスニーカーNFTをユーザーが所有し、それぞれに耐久性があることが必要です。
ユーザーは、ミントタブでスニーカーを選択し、ブリードさせたいスニーカーを選んで、ミントボタンを押して次に進みます。
すると、すぐにシューズボックスが届き、開封することができます。

ユーザーは、1つのスニーカーにつき最大7回までミントを行うことができます。
これまでのミント回数が多いスニーカーほど、1MT/1RTのコストが高くなります。

ミントのためのコスト
ミントコストは、各スニーカーごとに計算され、最終的なミントコストとして合算されます。
ミントの結果誕生するシューズボックスのレアリティ
シューズボックスのクオリティは、親スニーカーの品質によって決まります。
新しいスニーカーの種類
新スニーカーNFTの種類は、親スニーカーの種類の影響を受けます。
新スニーカーのソケット
ミントの結果生成されるスニーカーNFTのソケットについても、同じ、親スニーカーの影響を受けます。

なお、スニーカーの属性値(アトリビュート)は、親スニーカーに関係なく、その品質に応じてランダムに決定されます。

1MOVEのエナジー上限・トークン獲得上限について

スターター・ミンティング・パックからスニーカーを購入すると同時に、デイリーエネルギーキャップとデイリートークンキャップが与えられます。
それぞれの上限は、ユーザーが1日に持てるエネルギーとトークンの最大量を制限するものです。
NFTの各スニーカーには特定のエネルギー容量があり、最大キャップに達すると同時にエネルギー回復がストップします。
これは1MTトークンにも適用され、収益の上限値に達するとすぐに収益獲得が停止されます。

エネルギー上限と1日のトークン上限は、所有するスニーカーの総数に対するものです。

1日のエネルギー上限
ユーザーは2/2のエネルギーでゲームを開始します。
エナジーの最大値は20/20です。
エネルギーは、より多くのスニーカーを手に入れることで増加します。
1日あたりのトークン獲得上限
ゲーム開始時の上限は、1日あたり5トークンまで、です。
最終的な上限は、1日あたり300トークンです。
スニーカーをレベルアップさせることで、1日あたりのトークン獲得上限を増やすことができます。

NFTスニーカーを追加購入したり、レベルアップすることで、エネルギーと1MTの容量を増加させることができます。

1MOVEのエナジーシステム

エネルギーは6時間ごとに25%ずつ補充され、最大エネルギー量に達します。
スニーカーを1個持っている場合は2個、3個持っている場合は4個が上限となります。
スニーカーをたくさん持っていると、エナジーの上限を増やすことができます。
また、より品質の高いスニーカーを所持している場合は、エナジーの上限が増加します。

  • Standardスニーカー:+1エナジー
  • Athleticsスニーカー:+2エナジー
  • Proスニーカー:+3エナジー
  • Championスニーカー::+4エナジー

例えば、Standardスニーカー+ベーシックスニーカー1個の場合、合計3エナジー(ベース2エナジー+ボーナス1エナジー)となります。
また、Athleticsスニーカー+ベーシックスニーカー1個の場合、合計8エナジー(ベースエナジー4個+ボーナス4個)となります。

1MOVEでトークンを稼ぐ仕組み

1分ごとに1MTが支払われますが、これは主に3つの要素に左右されます。

スニーカーの種類
スニーカーの種類によって、1MTのリターンが異なります。
スニーカーの効率属性
効率が高いほど、1分間に得られる1MTが多くなります。
移動速度
最大限の利益を得るためには、ユーザーは各スニーカーの最適な速度範囲内にいる必要があります。
この範囲を下回ったり上回ったりすると、最適な速度との差に応じて最大90%まで収入が減ります。

収益計算に影響を与える変数は、下記の通りです。

  • 総エネルギー
  • 移動速度
  • スニーカー(タイプ、属性、品質、レベル)
  • アーティファクト(種類、レベル、ソケットのクオリティ)

1MOVEのアトリビュート関係の計算式

効率性 (トークン獲得量)
各効率属性は、0.1%ずつコイン獲得量を増加させることができます。
例:効率に20の属性ポイントを置いた場合、コインの獲得量が2%増加します。
運 (開発中)
宝箱のドロップの頻度と質を決定します。
Firmness (開発中)
Firmness属性が高いと、ミントの際にシューズボックスの品質が良くなります。
耐久度(リペア関係)
耐久度は、スニーカーの劣化速度や状態に影響します。
耐久度が高いほど、スニーカーのコンディションの劣化が遅くなり、修理が必要になるまでの期間が長くなります。

耐久度が0になると、消費エネルギー1に対してコンディションが4減少します。
ただし、各耐久属性はコンディションの減少率を0.2%ずつ減少させることができます。
例えば、耐久度を20ポイント消費した場合、消費エネルギーあたり4%の減少率となり、1エネルギー消費するごとに4ではなく3.84だけコンディションが減少することになります。

1MOVEのトレジャー・チェスト(宝箱)の仕組み

宝箱の値は、宝箱がドロップするかどうかを決定します。
1回のセッションで消費するエネルギーが多いほど、上位の宝箱が手に入る確率が高くなります。
宝箱の値によって、宝箱のドロップ率が決まります。

つまり、トレジャーボックスのクオリティに影響を与える要素は、以下の通りです。

  • 1回のセッションで使用するエネルギー
  • スニーカーの運の値

1MOVEが導入する、不正防止の仕組み

不正行為者のアカウントが処罰されるなど、複数の仕組みでゲーム内の不正行為を阻止します。

  • GPSトラッキング
  • モーションセンサーとその他データ

あるアカウントから別のアカウントにスニーカーを転送すると、スニーカーはクールダウン期間に入り、クールダウン期間中はそのスニーカーを使用することができなくなります。
スニーカーをインベントリからウォレットに移動してエネルギーが失われた場合、そのユーザーのアカウントにある未開封の宝箱はすべてバーンされます。
なお、マーケットプレイスにスニーカーを出品してエネルギーを失った場合でも、宝箱のバーンは行われません。
Jailbroken、Root化された端末、OSが変更された端末を使用すると、1MOVEが正常に動作しなくなる場合があります。

1MOVEのマーケットプレイス

マーケットプレイスでは、ユーザーが所有するNFTスニーカー、バッジ、アーティファクトをレンタル/リース、販売/購入することができます。
マーケットプレイスでは、簡単なフィルタリングとソート機能を利用することができます。
なお、1MOVEの課す主な手数料、及びその料率は、下記の通りです。

  • マーケットプレイスでの取引手数料:2%
  • ロイヤルティ:4%
  • ミント時の手数料:6%

1MOVEのトーケノミクス(トークン・エコノミクス)

1MTトークン

供給量と獲得量

1MT は無制限に供給され、ソロモードまたはバックグラウンドモードで移動する際に獲得することができます。

1MTトークンのバーン(消費)の仕組み

1MTは以下の方法でバーンされます。

  • スニーカーNFTのミント
  • スニーカーのリペア
  • レベルアップ
  • アーティファクトのアップグレード
  • ソケットのアンロック

1RTトークン

供給量

1RTの総供給量は2,100,000,000枚です。

1RTトークンのバーン(消費)シーン

1RTトークンは、以下の方法でバーン(消費)されます。

  • スニーカーのミント
  • スニーカーの修理
  • スニーカーのレベルアップ
  • アーティファクトのアップグレード
  • ソケットのアンロック

1MOVEの提供する分散型ウォレット

ステージ1の非中央集権型ウォレット

  • ゲームに組み込まれている
  • BNBチェーンのアセットをサポートする。
  • 流動性のあるスワップ(トレード)機能あり
  • ウォレットのバックアップ機能

ステージ2分散型ウォレット(近日公開予定)

  • マルチチェーンでのアセット入出金が可能
  • NFTのPFP(プロフィール写真)表示BNBをサポートします。
  • 新しいUI/UX

1MOVE公式ブログ和訳

下記の内容は、1MOVEの運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されている1MOVEの公式ブログの日本語訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://medium.com/@1MOVE

ブログ記事の内容は、随時変更・更新される可能性があり、かつ、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。

なお、翻訳の都合上、下記の文中の一人称(例:私、私たち)は、1MOVEの運営元を指しており、当サイトの運営者とは無関係です。

1MOVEとは

2022年、待ちに待った夏、あるプロジェクトの構想が、具体化しはじめました。
世界をより住みやすくするために、何人かの個人の純粋な思いによって培われたプロジェクト。
境界線のない世界、誰もが平等に成功する機会を持ち、人口統計、人種、性別、年齢に関係なく、誰も排除されない世界。

そこで、1Moveが誕生しました。
人々が作った人々のための技術を組み合わせた独創的なソリューションです。
このプロジェクトは、「稼ぐために動く」というコンセプトといくつかの機能強化を融合させ、ユーザーに他では得られない体験を提供する、将来性のあるプロジェクトです。

1moveには、人々をより健康的なライフスタイルに導くというシンプルなビジョンがあります。
身体的な健康と経済的な健康を融合させるライフスタイルです。
この組み合わせは、より健康的な精神につながると私たちは強く信じています。

それは、多くの不確実性を抱える世界において、人々の問題を解決するシンプルなアプローチなのです。

1MOVEの仕組み

1Moveは、お金を払うランニングアプリ。
ウォーキングやジョギング、ランニングなどの運動による健康維持と、経済的な負担や制約を軽減するためのアプリケーションです。

私たちは、この2つの問題を解決するだけでは不十分だと考えました。
私たちは、普通とは違うものを作っているので、ゲームプラットフォームでの楽しみを入れ、社会的交流のためのコミュニティを作れば、ケーキの上のアイシングになると思い、私たちのミッションにつながりました。

私たちのミッション、すなわち、「走る、稼ぐ、交流する」というプロセスはすべて、ブロックチェーン、NFT、Web3、スマートコントラクト、Game-Fi、仮想通貨、といった現在の技術によって可能になったものです。

1MOVEで稼ぐ仕組みとは

1Moveは、毎日の活動に対してユーザーに報酬を与えるWeb3ライフスタイルアプリです。
私たちは、Web3テクノロジーを推進し、ゲームファイとソーシャルファイのコンセプトを組み込んだプラットフォームで、人々が運動しながら収入を得ることができる「Move to Earn」というコンセプトを導入することによって、コミュニティを作り、彼らのライフスタイルに革命を起こしたいと考えています。

1Moveは、「Move and Earn」というモデルで活動しています。
私たちの主な目的は、人々の健康に対する意識を変え、他の人々が彼らのようになるのを助け、もちろん、その過程できちんとした収入を得ることにあります。

私たちは、人口統計、性別、年齢に関係なく、すべての人をこのプロジェクトに参加させ、誰一人取り残さないことを約束することに誇りを持っています。
このアプリはすべての人のためのものであり、私たちはすべての人に平等な機会を与え、このタスクを達成するために、私たちのプロジェクトは、すべてのカテゴリのユーザーを満足させるサービスを提供することが要求されています。

Web3の技術を使うことで、このコンセプトを人々に伝え、人々がこのプロジェクトを所有することができるようになります。
私たちは、誰もが自分のアイデアや提案を共有し、他のユーザーにより良い体験を提供できるオープンなプラットフォームを作ります。
私たちは、人々のモチベーションを高め、楽しませながら、きちんとした収入を得る必要があるため、ゲームフィーの要素を取り入れています。

バックエンドでは、ゲーム内の経済性とトークノミクスやNFTの適切な取り扱いのバランスをとるという重要な任務を、適応力と革新性に富んだチームが担っています。

そして最後に、信頼と信用を維持するために、すべてがブロックチェーン技術上にあり、起こるすべての取引がスマートコントラクトで規定された範囲内であることを保証しています。

1MOVEのスニーカーNFTを装着し、屋外でウォーキング、ジョギング、ランニングをすることでトークンを獲得することができます。
このトークンは、アプリ内で使用することも、換金して利益を得ることもできます。

私たちは、より健康的なライフスタイルへの旅に何百万人もの人々を巻き込むことを目標としています。
私たちは、現実の世界からバーチャルの世界へと重要な側面を組み込み、一人ひとりの願望を高めていきます。
このアプリは、団塊の世代からミレニアル世代まで、すべての世代に楽しんでいただけるよう、使いやすく、わかりやすいものとなっています。

私たちは、このプロジェクトで複数の収入の流れを作ることで、今日の市場で他社を大きく引き離していることに大きな喜びを感じています。
さらに、このプロジェクトは継続的に進化しています。
他のユーザーのニーズも満たし、目標や目的を達成し、私たちの最終的なビジョンを実現するために、日々さらなる強化が行われています。

1MOVEの提唱する、Move to Earnの発想転換

暗号資産の領域で今、大きな勢いを見せているトレンドがあるとすれば、それは「Move to Earn」です。
ユーザーがアクティブに動くことで報酬を得るというコンセプトです。

このような風景は、あまりにも現実的でないように聞こえるかもしれませんが、多くのプロジェクトが大きな成功を収めており、現在進行中の不具合や課題が綿密な改良によって対処されていることから、今後も繁栄し続けるものと思われます。

Move-to-earnは、ゲーム関連の暗号資産領域を意味するGame-Fiのカテゴリから広く来ています。
ゲームプロジェクトは、多くのユーザーを引きつけることで利益を得ますが、疑問が残ります。

フィットネスアプリの成功のように、健康であることのメリットを享受するために参加しているのか、それとも単に収入を得るために参加しているのか?
2021年初頭に最初のmove-to-earnプロジェクトが開始されて以来、現在に至るまで、ユーザーの大半は後者のために見ています。

では、なぜなのでしょうか?
それは、このコンセプトの定義と関係があるのでしょうか?
収入を得るためだけに、運動をするのか?

マインドセットの転換を起こすために、コンセプトを調整する必要があるのでしょうか?
そもそも、運動によって稼ぐ、等というのは、現実的な話なのでしょうか?

コンセプトはマインドセット・シフトの一端を担っていますが、より大きな問題への対処はまだ残っています。
それは、適切なユーザーをプロジェクトに引きつけることです。
新しいプロジェクトに群がるユーザーは、その可能性に気づいているように見えます。
当然のことながら、これらの巨大なユーザー・コミュニティは、こうしたコンセプトや仮想通貨の領域に精通したオンライン・バックグラウンドの出身者です。
彼らは、これらのコンセプトで進行している経済とエコシステムについて十分な知識を持っているので、最高の利益とリターンをもたらす最高のプロジェクトを見つけるために、検索と精査を行うでしょう。

最高のプロジェクトは、最終的にこれらのユーザーを惹きつけるために、彼らの提供物を革新する方法を見つけ、働くので、それについて全く問題はありません。
実際、収益に関する限り、ユーザーのニーズが常に満たされるようにすることで、プロジェクトの足並みをそろえることができます。

しかし、その数が減り始めたらどうなるのでしょう?
このようなコンセプトに慣れたユーザーが、プロジェクトに参加しなくなったら、どうなるのでしょうか?

このときこそ、暗号資産コミュニティの外にいる大衆に届くように、移動して稼ぐというコンセプトが重要になるのです。
すでに自分の運動やフィットネスを日課にしている人たち。
毎日のウォーキングや夜のランニングで何かを稼ぐことにあまり関心がない人たちです。
フィットネス・アプリを成功させた人たちは、純粋に満足感を味わうため、そして健康法を維持するために運動をしているのです。

Move and Earnは、コミュニティが健康維持のための余分な利益と見なすならば、確かに大きな成功を収めるでしょう。
その逆で、完全にお金のために動くのではありません。
考え方を変えるのは大変なことですが、不可能ではありません。
プロジェクトにさらなる改良を加える必要はありますが、達成可能な課題です。
プロジェクトは、大衆を引きつける外的な方法だけでなく、ユーザーを維持するためのゲームプレイが重要な内的な方法を見つける必要があるのです。
だから、一緒に動いて、稼いで、自分の生活と周りの人の生活を変えましょう。
より健康的なライフスタイルを送り、他の人にも喜びを与えましょう。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。