Spring Game(SpringGame)は稼げるのか-「盆栽toEarn」として話題沸騰の新ゲームの始め方を徹底検証

※本記事は、暗号資産(仮想通貨)初心者の方向けに、ビットポイントでの暗号資産取引所口座のアカウント作成から、解説を行っています。

  • 既にビットポイント等にて取引所口座は開設済で、
  • Spring Game(SpringGame)の樹木NFTの取得から進めたい、

という方は、

↑こちらのボタンから記事をスキップしてご覧ください。

※暗号資産口座が未開設、という方は、このまま記事をご覧下さい。


「樹木の種(Seed)を買い、開封し、あとは放置するだけ」で、暗号資産を稼げるようになる、と話題の、Spring Game(SpringGame)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなSpringGameを、現在、最もスピーディー&効率的に始めるためには、下記のようなステップを辿ることが、目下、「鉄板」とされています。

  1. 国内暗号資産取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. SpringGameの樹木NFT(正確には、そのSeed=種)を入手

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

【SpringGame開始の下準備】ビットポイントでの口座開設

SpringGameで得られる報酬は、日本円建てではなく、SPRという、ゲーム内通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、SpringGameの収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、SpringGameの収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

SpringGame利用開始の時点で暗号資産口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

SpringGameの樹木NFTを入手し、早速、他の暗号資産等に交換可能なトークンを獲得することが出来た場合、稼いだトークンを、SpringGameのゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、SpringGameが大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

SpringGameのようなブロックチェーン・プロジェクトのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、SpringGameの樹木NFT取得等の諸作業を始める前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

SpringGameを通じて得ることの出来る報酬は、BNBスマートチェーンというブロックチェーン上で流通するトークンであり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
SpringGameでトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、SpringGameを通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、SpringGameで100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

SpringGameのようなブロックチェーン・プロジェクト(ゲーム)をプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、ブロックチェーン・ゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際にSpringGameで稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はSpringGame。SpringGameのプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、SpringGameで得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、SpringGame収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
SpringGameの収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

Spring Game(SpringGame)の始め方

※詳しくは後述しますが、Spring Game(SpringGame)を始める場合、Spring Gameのダッシュボードにて、ミステリー・シード(=樹木の種)を購入する必要があります。
その際、Creator Code(日本語表示の場合、「クーポン・コード」)として、

アルファベットで『 fill 』(エフ・アイ・エル・エル)

と入力頂くと、ミステリー・シードの購入代金が割引となります。

Spring Game(SpringGame)の公式サイトにアクセス



引用元:Spring Game(SpringGame)

※Spring Game(SpringGame)の公式サイトURLは下記の通りです。

https://spring.game/

「Launch Dapp」をクリック



引用元:Spring Game(SpringGame)

「CONNECT WALLET」をクリック



引用元:Spring Game(SpringGame)

利用しているウォレットを選択



引用元:Spring Game(SpringGame)

メタマスクを利用しているのであれば、「MetaMask」のほうをクリック。
なお、Spring Game(SpringGame)のスマートコントラクト内容等に不安がある場合は、最低限の資金を入れた専用ウォレット(サブ・アカウント)の秘密鍵を管理しているメタマスクと接続する、というのも一案です。

メタマスク側で承認を行う

メタマスク側で必要な承認処理を進めれば、Spring Game(SpringGame)とメタマスクの連携処理が完了します。

Spring Game(SpringGame)の樹木の購入方法

Spring Game(SpringGame)を実際にプレイするためには、樹木の種となる、「Mystery Seeds」を入手する必要があります。
また、「Mystery Seeds」を入手するためには、種の購入に必要な暗号資産(トークン)を、あらかじめ入手し、Spring Game(SpringGame)と接続したメタマスク(で秘密鍵を管理しているウォレット・アドレス)に、資金を送金しておく必要があります。

Spring Game(SpringGame)のMystery Seed購入に利用できる暗号資産(トークン)

現状、Spring Game(SpringGame)のMystery Seed購入に利用できる暗号資産(トークン)、及び、そのコントラクトアドレスは、下記の通りです。

SPRトークン
0xaf0bd10E1b6B995E54F342C78DACd25291e0d3B2
BUSD
0xe9e7CEA3DedcA5984780Bafc599bD69ADd087D56

SPRトークンは、Spring Game(SpringGame)のネイティブ・トークンに相当し、パンケーキスワップにて、交換・入手することが可能です。
BUSDについては、同じく、パンケーキスワップで交換・入手することが可能ですし、バイナンスなどの暗号資産取引所でも、入手をすることが可能です。

「BUY ITEM」をクリック



引用元:Spring Game(SpringGame)

「Mystery Seeds」を選択



引用元:Spring Game(SpringGame)

上掲画像のように、タブが、

  • Mystery Seeds
  • ITEMS
  • PLOTS

と分かれていますが、ひとまず、「Mystery Seeds」を選択します。

購入する種(Seed)を選択する

選択肢、及び価格(SPRトークン建て)は、下記の通りです。

Bonsai Seed
80SPR
Fir Seed
350SPR
Oak Seed
630SPR
Cherry Seed
940SPR

割引コードの入力



引用元:Spring Game(SpringGame)

上記要領にて、「Creator Code」の箇所に『fill』(エフ・アイ・エル・エル)と入力頂くと、2%オフで購入をすることが出来ます。
割引コードの入力が済んだら、「BUY」をクリックし、その後、メタマスクにて必要な承認を進めれば、購入を行うことが可能です。

購入したSeedのReveal(開封)



引用元:Spring Game(SpringGame)

購入できたSeed(種)は、上掲画像のように、「My Trees」のタブから、確認、及び、開封(Reveal)を行うことが可能です。

「Reveal Item」のクリック



引用元:Spring Game(SpringGame)

ガス代の確認

Seed(種)の開封の際にも、ガス代が生じることとなるので、留意を要します。

開封の完了



引用元:Spring Game(SpringGame)

無事に開封が済めば、このように、自分の樹木NFTを確認することが可能です。

Spring Game(SpringGame)のゲーム画面の見方

「My Collection」画面の見方



引用元:Spring Game(SpringGame)

My trees
自分のアカウントが保有している樹木NFTの本数が表示されます。
My Plots
Plotsは、樹木NFTを設置する(植樹する)土地・区画を指します。
樹木NFTのシード(種)を購入して開封すれば、土地が1区画付与されます。
1つの土地・区画には、樹木を10本まで、設置することが可能です。
それぞれの樹木NFTに合った、専用の土地・区画を購入すれば、バフ効果を得ることが可能となります。
Pending Rewards
未請求(クレームしていない)報酬の残高を示します。
SPRING Balance
Spring Game(SpringGame)に接続しているウォレットの中の、SPRトークンの残高を指します。

各樹木NFTの詳細画面の見方



引用元:Spring Game(SpringGame)

last Claim Date
当該樹木NFTについて、開封や報酬請求(クレーム)の為された日付を指します。
Purchase Date
樹木NFTが購入・入手された日付を指します。
ROI Date
SPRトークン建てで、投資資金が回収される予定日付を指します。
なお、あくまでも、「SPRトークン建て」でのROI Dateであることに注意が必要です。
トークン価格が、取得時と比較し、日本円等の法定通貨に対して下落すれば、原資回収完了日は遠のくこととなります。
ROI Per Day
初期投資額に対する、1日あたりの収益率を指します(=各樹木NFTや、その樹木NFTのライフサイクルによって異なります)。
Tax Before ROI
初期投資額の回収が、SPRトークン建てで完了する【前】に、報酬トークンをクレームした場合の税率(手数料率)です。
Spring Game(SpringGame)の場合、この期間中に報酬をクレームすると、比較的高率な手数料分を控除されてしまうこととなるため、注意が必要です。
Tax After ROI
初期投資額の(SPRトークン建てでの)回収が終わった【後】に、報酬トークンをクレームした場合の手数料率です。

Active Items



引用元:Spring Game(SpringGame)

Spring Game(SpringGame)では、樹木NFTの収益率を高めるための、様々なアイテムが提供されています。
各アイテムには効果の持続期間の定めがあります。
実際にアイテムを使用していると、ここに、使用中アイテムの効果持続の残り時間が表示されます。

Spring Game(SpringGame)のメリット&デメリット

Spring Game(SpringGame)のプレイメリット

森林再生に貢献できる

Spring Game(SpringGame)のホワイトペーパーによれば、

  • Spring Game(SpringGame)の運営チームは、ゲーム・コミュニティだけではなく、現実の世界に対してインパクトを与えることを重視している。
  • プレイヤーがミステリー・シードを購入し、新しいバーチャル・ツリーを誕生させるたびに、その収益の1パーセントが、OneTreePlanted財団に寄付され、現実世界に本物の樹木を誕生させることができる。

との記述があります。

SPRINGトークン建てでは、それなりの収益性が提唱されている

例えば、Genesis Firという樹木NFTの場合、樹木ライフサイクルの第1段階は54日間であり、その間、毎日、投資額の1.86パーセントの報酬が蓄積されていきます。
そして、1.86パーセント×54日間≒(初期投資額に対して、SPRトークン建てで)100%分の報酬蓄積が済んだ段階で、樹木ライフサイクルの第1段階は終了します。
この時点で、プレイヤーは、(SPRトークン建てでは)初期投資額の回収を完了することとなります(ただし、実際に報酬をクレームすると、3%の手数料が徴収されます。また、トークン価格が法定通貨に対して下落すると、法定通貨建てでは、原資回収が出来ないリスクがあります)。

また、続く、樹木ライフサイクルの第2段階は、Genesis Firの場合、第1段階の半分の期間、すなわち、27日間、続きます。
この間、プレイヤーは、日々、(SPRトークン建ての初期投資額の)1.86%相当額のトークンを、(第1段階の期間中と同様)受け取ることが出来ます。
この、樹木ライフサイクルの第2段階の期間中の報酬の合計は、1.86%×27日間≒(初期投資額に対して、SPRトークン建てで)50パーセントに相当します。

すなわち、Genesis Firの場合、ユーザーとしては、初期投資から81日間、樹木NFTの保有を続ければ、SPRトークン建てで、初期投資額の150パーセント相当額の収益を得られることとなります(原資回収+50パーセント利益)。

また、樹木NFTのライフサイクルの第3段階において、樹木NFTは少しずつ枯れ始め、収益力は低下しますが、それでも尚、第1段階や第2段階の期間中の半分の収益(Genesis Firの場合、シード取得額の0.93パーセント)を、(Genesis Firの場合)54日間、受け取り続けることが出来ます。
ライフサイクルの第3段階の期間中の収益合計は、(Genesis Firの場合)0.93パーセント×54日間≒(初期投資額に対して、SPRトークン建てで)50パーセントに相当します。

すなわち、Genesis Firの場合、ユーザーとしては、初期投資から135日間、樹木NFTを保有し続ければ、SPRトークン建てで、200%相当額の収益(=100%原資回収+100%利益=合計200%)を収受することが出来ます(クレームの手数料を考慮しない場合)。


※こうして考えると、Spring Game(SpringGame)は、樹木NFTの取得・手入れ、というゲーム要素を加えた、一種の、シングル・トークンのステーキング・プログラムである、とも換言出来るかもしれません。
一般的なPlay to Earnゲームとは異なり、Spring Game(SpringGame)の場合、プレイヤーは、実際の「ゲームプレイ」に、時間を割く必要はありません。
トークン価格を購入し、それを樹木NFTに交換して保有していれば、毎日コンスタントに、当該トークン建てで、報酬が付与されます。
一方で、報酬はあくまでも、SPRトークン建てでの取得価格に対し、一定の料率で、SPRトークン建てにて付与されますので、仮に、SPRトークンの対法定通貨レートが、トークン取得時点と比較して下落すれば、法定通貨建てでは、原資回収は遠のくこととなります。

こうした構図は、(複数のトークンをペアにして流動性を提供する、いわゆる流動性マイニングとは異なり、)単一のトークンをシンプルにステーキングする、シングル・トークン・ステーキングの収益構造(及びリスク構造)と、似通っています。

Spring Game(SpringGame)のデメリット

リワードのクレーム時の手数料には要注意

Spring Game(SpringGame)の場合、樹木NFTを保有していると、日々、SPRトークン建てで、報酬が付与されます(ゲーム内アカウントに蓄積されていきます)。
その報酬は、原則としていつでも、クレームする、すなわち、ゲーム外(メタマスクで秘密鍵を管理しているウォレット・アドレス)に引き出すことが可能ですが、クレームの際には、Spring Game(SpringGame)側に所定の手数料を支払う必要があります。

そして、樹木NFTのライフサイクルのうち、第1段階の期間中にクレームを行うと、15%という、高率な手数料を徴収されることとなります。
※ライフサイクルの第1段階終了後は、手数料率が3%に低下します。

SPRトークンの価格が下がると、収益力が大きく下がる恐れがある

Spring Game(SpringGame)の場合、プレイヤーへの報酬は、あくまでも、SPRトークン建てで支払われます。
すなわち、SPRトークンの対法定通貨レートが低下すれば、法定通貨建てで換算する場合、収益率が大幅に低下してしまう恐れがあります。

Spring Game(SpringGame)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Spring Game(SpringGame)に関する理解を深めることを目的に、Spring Game(SpringGame)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Spring Game(SpringGame)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。
なお、Spring Game(SpringGame)のホワイトペーパーの原文は、下記リンクから確認できます。

https://docs.spring.game/spring-game/introduction


Spring Game(SpringGame)とは

Spring Game(SpringGame)は、Binanceスマートチェーン上で動作する革新的なGameFiおよびPlay2Earnプロジェクトで、テクノロジーとエコロジーを融合しています。
各プレイヤーは、さまざまなゲームメカニズムを通じて仮想の木(NFT)の世話をする必要があり、これに対して毎日ゲーム報酬を受け取ります(木の種類に応じて毎日1.24%~3.50%の間)。
バーチャルツリー1本につき、現実の世界に本物の木が植えられ、地球の森林破壊に対抗することができます。
そのために、私たちのコミュニティは、アンケートを通じて、どの国に木を寄付したいかを決めることができます。
私たちは、すべてのプレイヤーにこのゲームで楽しい時間を過ごしてもらいたいと考えています。
そのため、『スプリング・ゲーム』は革新的なゲームプレイのメカニズムを持つ、さわやかなゲームとして設計されています。
私たちのエコシステムに実装されているこれらのさまざまなメカニズム、そして将来的に実装されるであろうメカニズムが、私たちの長期的な目標やビジョン(詳細は以下をご覧ください)の達成に役立つのです。

Spring Game(SpringGame)のゲームコンセプト

プレイヤーはまず、Spring Game(SpringGame)ストアで「謎の種」を入手し、木(盆栽、モミ、ナラ、サクラ)を育てることができます。
木の種類は、購入した「謎の種」によって異なり、より多くのゲーム報酬を得られるレアな木が採れる可能性があり、同じくストアで販売することができます。
購入した「謎の種」から新しい木が見つかると、プレイヤーはその木を「ジェネシス・プロット」に植えることができるようになります。
このプロットには特典やブーストはありませんが、完全に無料ですべてのプレイヤーが利用できます。
しかし、プレイヤーは自分の樹木の種類に応じたプロットを購入することもでき、そのプロットに樹木を植えることで特典を得ることができるようになります。
樹木の種類にはそれぞれ特徴があり(ゲーム報酬期間、デイリー報酬)、手入れをすればゲーム報酬($SPRINGトークン)を獲得することが可能です。

しかし、現実世界の樹木と同じように、樹木にも寿命があります。
もし、プレイヤーが木に適切な水やりをしなければ、毎日の報酬を失うようになります。
そこで、ウォーターパックが大活躍します。
また、5日間、木の収穫量を増加させる肥料パックを購入することができます。

これらは、このゲームの機能の最初の部分に過ぎません。
バージョン2では、さらに多くの機能とゲームメカニクスが実装される予定であり、チームはすでに取り組んでいます。
各機能は、プレイヤーにさらなる楽しみを提供し、プロジェクトの長期的な持続性を確保するために設計・作成されています。

Spring Game(SpringGame)の次の目標について

私たちは、このプロジェクトの可能性を強く信じていますが、これは私たちの中長期的な目標の第1段階に過ぎません。
中長期的な目標といえば、Move2EarnのメカニクスとVR体験を組み合わせたモバイル版ゲームを開発することが最終目標です。
STEPNとTamagochiとPokemon Goの間のようなものでしょうか。
このクロスプラットフォームのモバイル・アプリケーションによって、私たちは、$SPRINGトークンに真の実用性をもたらしながら、より幅広いオーディエンスにリーチしたいと考えています。

私たちは、今日のプレイヤーは明日の投資家であると考えています。
そのため、この第1期で調達した資金の一部は、私たちのモバイルアプリケーションの研究開発に投資するために使用されます。
もちろん、初期のプレイヤーには、大量の日次報酬を生み出す第一世代のツリーを獲得する機会が与えられます(ただし、これには限りがあります)。新世代のツリーは、長期的なビジョンに沿った低い日次報酬レベルとなり、プロトコルのサポートに役立つと同時に、すべての新しいプレイヤーにとって十分に興味深いものとなります。

Spring Game(SpringGame)

私たちは、長い目で見て、常にイノベーションを起こしながら進化していきます。
このページに記載されているデータや数値は、プロジェクト期間中に変更される可能性があります。

2022年第1四半期

  • ゲームコンセプト開発
  • 仕様の定義

2022年第2四半期

  • Discordサーバー作成
  • Twitterアカウント作成
  • ミステリーシード、ツリーNFTのリリース
  • ウェブサイトV1リリース
  • dApp V1開発
  • 森林再生団体と提携
  • コアチームKYC
  • 新資料公開
  • ウェブサイトV2リリース
  • DApp V2開発
  • 地域貢献イベント(153Kドルの資金調達)
  • プロジェクト立ち上げ
  • ブランド登録

2022年第3四半期

  • Move 2 Earnの開発開始(モバイルアプリあり)
  • トレジャリーの一部を使っての投資開始
  • プロトコールV2更新
  • スーパーマーケットの開設
  • ファンドレイジングの開始

2022年第4四半期

  • プロトコルV3アップデートによる機能追加
  • モバイルアプリの開発継続

2023年第1四半期

  • Spring Game(SpringGame)モバイルアプリV1リリース
  • フルタイムチームの採用
  • 自社で森林再生組織を設立

2023年第2四半期

Spring Game(SpringGame)モバイルアプリV2リリース(バーチャルリアリティ搭載)

Spring Game(SpringGame)の「ミステリー・シード」について

すべての木は種から生まれるので、「ミステリーシード」を手に入れることで、新しい木を育てることができます。
ミステリーシードは1種類につき1本の木に成長し、購入するミステリーシードの種類によって、特定の種類の木が手に入る確率が変わります。

  • ボンザイのミステリーシード:レベル1
  • モミの木のミステリーシード:レベル2
  • オークのミステリーシード:レベル3
  • チェリー(桜)のミステリー・シード:レベル4

Spring Game(SpringGame)のミステリー・シードからの、各樹木のドロップ・レート(出現確率)

下の表は、ミステリーシードのドロップ率と、各樹木のデイリーリワードです。
日毎の報酬は、入手した木の種類に対応したミステリーシードの価格に基づいています。

表の見方

「毎日のゲーム報酬」欄には、各樹種の毎日の報酬の割合が表示されています。
「シードの価格」列は、各ミステリーシードの価格を示しています。
残りの列は、購入したMystery Seedによって異なるドロップ率を示しています。

ケーススタディ

モミの木のミステリー・シードを350SPRINGで購入した場合、ドロップ率は以下のようになります。

  • モミの木:85%
  • オークの木:7.50%
  • モミの木(シルバー):5%
  • モミの木(ゴールド):2%
  • 桜の木:0.5%

幸運にも「モミの木のミステリーシード」で「ジェネシスオーク」を手に入れた場合、デイリーゲーム報酬は630ドル(「モミの木のミステリーシード」の価格)の2.14%となります。

Spring Game(SpringGame)のミステリーシードの入手方法

ミステリーシードは、2種類の方法で入手することができます。

SPRINGトークンを購入する。

PancakeSwapで$SPRINGトークンを購入し、入手したSPRINGトークンを使って、Mystery Seedを獲得することが可能です。

ゲーム内報酬を貯める

貯まった報酬でMystery Seedを購入することができます。

Spring Game(SpringGame)の樹木について

木の種類にはそれぞれ特徴があり(ゲーム報酬期間、デイリー報酬)、手入れをすれば毎日ゲーム報酬($SPRINGトークン)を獲得できるようになります。
しかし、現実世界の木と同じように、私たちの木にも寿命があります。
もしプレイヤーが木の適切な手入れをしなければ、デイリーリワードを失い始めてしまうでしょう。

第一世代の木は ボンザイ、モミ、オーク、チェリーです。
毎日の報酬が高く、特に長期的な視点でプロジェクトの持続性を確保するため、第一世代の木(Genesis & Rare)にはハードキャップが設定されます。

ジェネシスツリー

ジェネシスツリーは基本ツリーです。
レアNFTとは異なり、ジェネシスツリーのNFTはSpring Game(SpringGame)ショップで販売することができません。

ジェネシスボンザイ – レベル1
  • デイリー報酬:1.24%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 81日
ジェネシス モミ – Level 2
  • 1日の獲得報酬:1.86%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 54日
ジェネシス オーク – Level 3
  • 1日の平均報酬額: 2.14% (1日の平均報酬額)
  • ゲーム報酬期間(GRP): 47日
ジェネシス チェリー – Level 4
  • 1日の平均報酬額:2.87%。
  • ゲーム報酬期間(GRP): 35日

レアツリー

レアツリーはゲーム報酬がアップしています。
前述のジェネシス・ツリーのNFTとは異なり、レア樹のNFTはSpring Game(SpringGame)ショップで販売することができます。

シルバーボンザイ – レベル1
  • デイリー報酬:1.75%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 57日
ゴールドボンザイ – Level 1
  • デイリー報酬:1.90%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 53日
ダイヤモンド盆栽 – Level 1
  • デイリー報酬:2.10%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 48日
シルバーモミ – Level 2
  • 1日の獲得報酬:2.15%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 47日
ゴールドモミ – Level 2
  • 1日の獲得報酬:2.35%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 43日
ダイヤモンドモミ – Level 2
  • 1日の獲得報酬:2.55%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 39日
シルバーオーク – Level 3
  • 1日の獲得報酬: 2.55%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 39日
ゴールドオーク – Level 3
  • 1日の獲得報酬:2.80%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 36日
ダイアモンドオーク – Level 3
  • 1日の平均報酬額:3.10%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 32日
シルバーチェリー – Level 4
  • 1日あたりの報酬 3.15%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 32日
ゴールドチェリー – Level 4
  • 1日あたりの平均報酬額:3.30%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 30日
ダイヤモンドチェリー – Level 4
  • 1日当たりの報酬 3.50%
  • ゲーム報酬期間(GRP): 29日

Spring Game(SpringGame)の「プロット」について

木は土に根を張る必要があるため、品種ごとに最適な環境があり、ゲームの報酬を増加させることができます。
プロットとは、NFTツリーを植えることができる土地の一部です。
1区画につき、最大10本の木を植えることができます。

ジェネシスプロット

Genesis Plotは無料で、すべてのプレイヤーに与えられます。
どんな種類の木でも植えることができますが(ボンザイ、モミ、ナラ、サクラ)、プレイヤーは報酬やボーナスを得ることができません。

特定プロット

Spring Game(SpringGame)では、4つの特定プロットがあります。
各特定区画には1種類の樹木を植えることができます(例:Bonzai PlotにはBonzai Tree)。
プロットが埋まると、プレイヤーはあらゆる種類のボーナスを受けることができるようになります。

ボンザイ・プロット – レベル1

最大10本のBonzaiを植えることができます。

モミの木プロット(レベル2)

モミの木を10本まで置くことができます。

オークプロット・レベル3

10本までのOakの木が植えられます。

チェリープロット・レベル4

Cherryを10本まで植えられます。

Spring Game(SpringGame)のゲームの始め方

ミステリーシードを購入する

すべての木は種から生まれるので、ミステリーシードを手に入れることが、新しい木を育てる唯一の方法となります。
ミステリーシードは、dAppで購入することができます。
Mystery Seedの種類ごとに、1本の木に成長します。
購入したMystery Seedの種類によって、特定の種類の木が得られる確率が異なります。

魔法の木の発見

木は、愛情を注いで育てると、ゲーム報酬($SPRINGトークン)を得ることができます。
木には4つの種類があり、それぞれ毎日もらえる報酬の割合が異なります。
その中には、「ジェネシス」と呼ばれる基本的な木と、「レア」な木があります。
レアツリーは報酬がアップし、春のゲームショップで販売することができます。

プロットに木を植える

木は土にしっかりと根を張る必要があるため、それぞれの木に適した環境があり、ゲームの報酬を増やすことができます。
プロットとは、NFTツリーを植えることができる土地の一部です。
1区画につき、最大10本の木を植えることができます。

樹木の手入れをする

時間が経つと、木は葉を落とし、健康を失い始め、ゲームの報酬も減少します。
そのため、木の美しさや健康を維持し、報酬を最大化するために、木の手入れを始める必要があります。
それぞれの木にはライフサイクルがあり、異なるライフフェーズを経て進化していきます。

デイリー報酬を獲得する

4種類の木があり、それぞれ毎日もらえる報酬の割合が異なります。
デイリーゲーム報酬のパーセンテージは、購入したミステリーシードの価格に基づいています。

Spring Game(SpringGame)の、木のライフサイクルについて

第1段階:誕生とゲーム報酬期間

初めて植樹された樹木には、100ポイントのライフレベルが与えられます。
この期間中、プレイヤーはツリーを誕生させた「ミステリーシード」の$SPRINGに達するまで、ツリーの報酬を100%受け取ることができます。
この段階をGRP(Game Reward Period)と呼びます。

第2段階:成熟と成長

ゲーム報酬期間が終了すると、ツリーは成熟し、しっかりと根を張った状態になっています。
健全な状態であり、腐敗が始まるまであと半分のGRPは100%の報酬を生み出し続けるでしょう。

第3段階:脱水と葉の減少

このフェーズでは、GRPの間、木が脱水し、葉を失い始めます。
あなたの木の1日の報酬は50%に減少します。
行動するときが来ました。

第4段階:決定的な脱水

この時点で、樹木の健康状態は危機的な状態になります。
深刻な脱水症状に陥り、報酬の生産量が5%しか得られなくなります。
水がなければ、冬眠に近い状態になり、いつまでたっても5%しか生産できません。
心配しないでください、ウォーターパックを使えば、木を回復させることが出来ます。

ジェネシス版の「モミの木」の場合

ジェネシス版の「モミの木」のAPRは1日あたり1.86%で、ゲーム報酬期間(GRP)は54日です。
81日間、具体的には、

  • 1GRP(第1段階)=54日間
  • 1/2GRP(第2段階)=54×1/2=27日間

の間、1日あたり1.86%を獲得できます。
81日後、次の54日間は1日のAPRが0.93%(初期APRの50%に相当)に下がります(これが、第3段階の期間です)。
その後、アクションを起こすまで、ゲーム報酬は1日あたり0.093%(初期APRのわずか5%に相当)に下がります(これが、第4段階です)。

Spring Game(SpringGame)の様々なゲーム内要素について

プロット(土地区画)

木は土に根を張る必要があるため、品種ごとに最適な環境があり、ゲームの報酬を増加させることができます。
プロットとは、NFTツリーを植えることができる土地の一部です。
1区画につき、最大10本の木を植えることができます。

ジェネシスプロット

ジェネシスプロットは無料で、すべてのプレイヤーに与えられます。
すべての種類の木(ボンザイ、モミ、ナラ、サクラ)を植えることができますが、プレイヤーは報酬やボーナスを得ることができません。

特定区画

4つの特定区画があります。
各特定区画には、1種類の樹木を植えることができます(例:Bonzai PlotにはBonzai Tree)。
プロットが埋まると、プレイヤーは様々な種類のボーナスを得ることができます。

特定区画(プロット)のレベルについて
盆栽プロット (レベル1)
盆栽の木のみを配置することができます。
モミプロット(Level 2)
モミの木のみを植えることができます。
オークプロット(Level 3)
オークだけを植えることができます。
チェリー・プロット(Level 4)
桜の木のみを配置することができます。
プロットがもたらす特典について
ゲーム報酬期間(GPR)の延長
自然環境(特定区画)に植えることで、樹木がより健康になり、長生きするようになります(樹木のライフサイクルが長くなります)。
具体的には、ジェネシス・プロットではGPR(ゲーム報酬期間)×1.5倍の期間中100%報酬が得られるところ、特典として、GPR(ゲーム報酬期間)の2倍の期間、満額の報酬を受け取ることが出来るようになります。
この期間(木のライフサイクルのうち、第1段階、及び第2段階)を過ぎると、木は1日の報酬の50%しか生産できなくなりますので、ご注意ください。
ウォーターパックの期間延長
ウォーターパックの期間が+10%延長されます。
ウォーターパック+50% => +60%
水パック+100% => +110%
無料エアドロップ
特定プロットに同タイプのツリーが10個埋まると、プロットと同タイプのシルバーツリーをエアドロップでお届けします。

なお、各特定区画(プロット)の価格は下記の通りです。

ウォーターパック

木の健康状態が悪くなったら、水を与えて木の能力を回復させ、獲得報酬量を回復させる必要があります。
それが「ウォーターパック」です。
ウォーターパックは、ゲーム中いつでも使用することができます。
また、ウォーターパックを入手することで、樹木の寿命を延ばし、報酬を100%に保つことができます(予防的ゲームプレイ)。

ウォーターパックの種類

ウォーターパックは2種類あります。

ウォーターパック 0.5L = +50% GRP
GRP50%期間中、ツリーの初期報酬レベルが回復します。
ウォーターパック1.0L = +100% GRP
GRP100%期間中、ツリーは初期報酬レベルを回復します。

ウォーターパックを重ねることで、樹木の健康状態や報酬を延長することができます。
たとえば、「ジェネシス版のモミの木NFT」にウォーターパックを3つ重ねて使用すると、使用した時点のライフサイクルから162日(GRP期間54日×3倍)延長されることになります。

ウォーターパックの価格



引用元:https://docs.spring.game/game-guide/game-features/water-pack

ウォーターパックの価格は上掲の通りです。

また、ウォーターパックの活用例としては、以下のようなケースが想定されます。

  • モミの木のミステリーシードを、350$SPRINGで入手した、と仮定します。
  • その場合、「木のライフサイクル」の第1段階(54日間)で、350$SPRINGを入手することが出来ます。
  • また、「木のライフサイクル」の第2段階(27日間)では、175$SPRINGを入手します。
  • そして、モミの木が乾燥し始める前に(=「木のライフサイクル」の第3段階に入る前に)、105$SPRINGを投資して、「ウォーターパック+100%」を入手する、とします。
  • この場合、プレイヤーは、350$SPRING+175$SPRING-105$SPRING=420$SPRINGを所有していることとなります。
  • また、「木のライフサイクル」の第3段階(54日間)の間、本来であれば、1日あたり0.93%、トータルで初期投資額の50パーセントしか報酬を受け取れないはずですが、「ウォーターパック+100%」の効果で、ライフサイクル第3段階の間も、ゲーム報酬の100%を獲得することになります。
  • 結局、第3段階の終了後、このプレイヤーは、合計420$SPRING+350$SPRING=770$SPRINGを所有していることとなります。

肥料パック

肥料は木の最良の友です。
土に栄養を与え、木を成長させることができます。
肥料パックは、5日間、あなたの木のゲーム報酬にブースト効果を与えることができます。

肥料パックの種類

2種類の肥料パックが提供されています。

肥料パック:ミディアム
ブースト期間中、デイリー報酬が+50%になります。
肥料パック:スーパーブースト
ブースト期間中、デイリー報酬が+100%になります。

肥料パックは水パックの代わりになるものではありません。
5日間に渡って報酬を増やすことができます。
なお、肥料パックは数量限定で販売されます。

肥料パックによるブースト効果を最大化するためのポイント

例えば、「木のライフサイクル」の第1段階の期間中、ジェネシス版のモミの木NFTのデイリー報酬は、シード購入コストの1.86%です。
元気なモミの木に「肥料パック スーパーブースト」を使用すると、5日間、1日の収益率が3.72%に上昇します(「肥料パック ミディアム」を使用した場合は2.79%になります)。
同様に、ゲーム報酬の50%しか生産できない(=1日の収益率が0.93%)、「木のライフサイクル」の第3段階にあるジェネシス版のモミの木に、肥料パックを使用した場合、5日間、報酬が1.86%に上昇します。
同じ原理が肥料パック・ミディアムにも当てはまりますが、増加率は100%ではなく50%になります。

今後Spring Game(SpringGame)に追加される予定のゲーム機能について

私たちは、プレイヤーが楽しみながら木の世話をし、ゲームの報酬を得ることができるよう、革新的で新鮮なゲームとP2Eゲームの仕組みを定期的に実装することで、ゲームのインタラクティブ性と楽しさのレベルを高めることを常に目指しています。

ゲーム機能追加のロードマップ
V1
  • 水パック
  • 肥料パック
  • プロット V1
V2
  • プロットv2
  • ラッキーブースト:レアな木が採れる確率がアップします。
  • 接ぎ木の血清 少なくとも2つの低レベルの木を合成して、レベルアップした木を作る。
  • ツリーマーケット 一定期間、レアな木を販売することができるマーケットです。
  • XPポイント経験値。ゲーム中、全てのプレイヤーがXPを獲得することができます。
V3
  • 庭師。庭師は、木の世話をします。庭師がいると、現実世界での森林再生への分配率が上がります。
  • アクセサリーを追加して、木を飾る
  • ツリーコンテスト ツリーコンテストを随時開催し、各カテゴリーで最も美しいツリーを表彰する予定です。
コミュニティ主導の考え方

私たちはコミュニティのアイデアを大切にしています。
そのため、コミュニティのメンバーが独自の機能を提案するコンテストを定期的に開催します。
コミュニティから最も多くの票を集めた機能(技術的な実現が条件)は、次のバージョンで開発される予定です。

Spring Game(SpringGame)の報酬獲得(手数料制度)

保留中の報酬は、ツリーのライフサイクル中、いつでもクレームすることができます。
ゲームの安定性と長寿命を確保するために、保留中の報酬がクレームされると、手数料が適用されます。
なお、手数料は2種類あります。

  • ゲーム報酬期間(GRP)に達する前にリワードをクレームする場合
  • ゲーム報酬期間(GRP)に達した後に、リワードをクレームする場合



引用元:https://docs.spring.game/game-guide/collecting-rewards

手数料は最も楽しい部分ではありませんが、ゲームの持続性において中心的な役割を担っています。

Spring Game(SpringGame)とバイナンス・スマートチェーン(BNBチェーン)

Spring Game(SpringGame)はBinance Smart Chainで運用されるため、MetaMaskウォレットにBinance Smart Chainネットワークを追加し、BSCアカウントに資金を追加することが必要です。

Binanceスマートチェーンでは、ガス料金の支払いに$BNBを使用します。
コミュニティ貢献イベント(プライベートおよびパブリック)の参加者は、$BUSDトークンでMystery Seedsを獲得することができるようになります。

ローンチ後、プレイヤーはPancakeSwap DEXから直接$SPRINGトークンを購入できるようになります。

Binance Smart Chain (BSC) ネットワークをMetaMaskに追加する方法

  1. MetaMaskのウォレットに接続します。
  2. 右上のアカウントのロゴをクリックし、「設定」をクリックします。
  3. 設定メニューの「ネットワーク」をクリックします。
  4. ウィンドウの下部にある「ネットワークの追加」をクリックし、ネットワーク情報(※)を入力します。
  5. 「保存」をクリックします。

これでBinanceスマートチェーンが$BNBトークン(デフォルトで存在します)を含め、MetaMaskに設定されました。


(※)ネットワーク情報は、下記の通りです。

  • ネットワーク名: Binance Smart Chain(バイナンス・スマートチェーン
  • 新しいRPC URL: https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーンID:56
  • 通貨記号: BNB
  • ブロックエクスプローラーURL: https://bscscan.com/

ネットワーク設定後、MetaMaskをBSCネットワークに接続する方法

Binance Smart ChainネットワークをMetaMaskに追加したら、アセットを送信する前にMetaMaskウォレットをBinance Smart Chainネットワークに接続することを忘れないでください。
これを行うには、MetaMaskウォレットの上部にある現在のネットワークをクリックし、次に「Binance Smart Chain」をクリックします。

コミュニティ貢献イベントへの準備

BSCアカウントへの資金送金

MetaMask ウォレットに BSC ネットワークが追加されたので、使い慣れたプラットフォームやウォレットを使って、あなたのアドレスに資金を送ることができます。

  • KuCoin
  • バイビット
  • クリプトドットコム
  • Binance.com
  • Binance.us
  • トラストウォレット

あなたは$BUSDまたは$BNBのいずれかを選択することができます。
しかし、BSCネットワークを初めて利用される場合、ほとんどの取引所で利用可能であり、また今後のすべての取引(購入、送信、スワップなど)の手数料を支払うことができるため、$BNBトークンを送信することをお勧めします。

BSCウォレットに$BNBを送ることを選択した場合、DEXを使用して$BNBを$BUSDに非常に簡単にスワップすることができます(ちょうどAvalancheネットワークでTrader Joeを使用するようなものです)。

ガス代の支払いに、常にいくらかのBNBを残しておくことを忘れないでください。
これで準備はすべて整いましたので、あとは公式のスマートコントラクト・アドレスが発表されるのをじっと待つだけです。

Binanceスマートチェーンへのブリッジの使用

Binanceスマートチェーンとは別のネットワークで、すでに資金を持っている場合(例えば、Avalancheネットワークで10$AVAXを持っていて使いたい)、トレーダージョー、クイックスワップ、ユニスワップなどのDEXで、ERC20トークン(例えば、$AVAX、$MATIC、$ETH)と$BNBトークンを交換し、マルチチェーントラップを使い、BSC上のウォレットアドレスにブリッジすることで、$BNBのトークンを購入することができます。

Spring Game(SpringGame)のプロジェクト概要

プロジェクトのセキュリティについて

残念なことにラグやハックが多すぎるエコシステムにおいて、私たちはセキュリティを優先事項のひとつにすることにしました。
私たちの努力と仕事が台無しになるのは避けたいのです。

Assure DefiによるKYC

Spring Game(SpringGame)はAssure DefiによってKYCされることに成功しました。
Assure Defiのウェブサイトで直接公式発表を見ることができます。
CEO兼創設者のHashはAssure DefiによってKYCされました。

資金はマルチシグで確保される

ローンチ資金は、Spring GameとPolar ProtocolのEnorとの間のマルチシグによって確保されます。
マルチシグはGnosis Safeという評判の良い安全なプラットフォームで設定されます。
このマルチシグは起動資金と流動性を確保します。

流動性プールはロックされます

流動性プールは、ローンチ日(6月24日)から12ヶ月間ロックされます。
初期流動性は200.000ドル(10万ドルSPR / 10万ドルBUSD)です。
ロックされたことの証明はこちらで確認できます。
https://www.team.finance/view-coin/0xA29fbC10bF1c2E7B108E8704732F4bB0B10C0dA5?name=Spring&symbol=SPR&chainid=0x38

登録企業

Spring Gameは登録制の会社となります。
現在、このプロセスは進行中で、私たちのプロジェクトに最適な構造を定義するために弁護士と話し合っています。
もちろん、登録の進捗状況については、コミュニティの皆様にお伝えしていきます。

  • 法律顧問との構造定義
  • 正式な申請と書類の提出
  • 書類の確認と検証
  • Spring Gameは正式に登録された会社です。

Spring Game(SpringGame)のトークン・エコノミクス

  • トークン名称:Spring
  • ティッカー:$SPR
  • ネットワーク:Binance Smart Chain
  • ローンチ・ペア:$SPR / $BUSD
  • 総供給量:10,000,000枚

Spring Game(SpringGame)のプロジェクト・ローンチについて

フェアローンチについて

私たちはローンチを可能な限りフェアにしたいと考えています。
そのため、PancakeSwap DEXでの$SPRINGトークンのローンチ前にトークン販売を行わず、チームへのトークン割り当てを行わないことにしました。

  • プライベートプレセール(ホワイトリスト)価格:0.80ドル/$SPR
  • パブリックプレセール価格:0.90ドル/SPR
  • パブリックローンチ価格:1ドル/SPR
ゼロチームトークン

チームのために特別な割り当てを確保することは、時に問題になることがあります。
チームメンバーが最初のポンプでトークンを売却する問題が発生する可能性があります。
このようなプロジェクトにとって有害な状況を避け、貢献者を保護するために、チームのためにトークンを確保することはありません。

重要な日程
  • プライベートコミュニティコントリビューションイベント 6月3日、5日
  • パブリックコミュニティコントリビューションイベント 6月5日、7日
  • 一般公開 6月24日
配布方法

ローンチの際の分配は以下の通りです。

  • 65% 流動性プール
  • 34% 自己資金
  • 1% 植林

チームは、プロジェクトの安全性と持続可能性を確保するために、分配を変更する権利を有します。

重要なお知らせ

プレセールで集めた金額は、$153.000で、確認済のコントラクトアドレスは下記の通りです。
https://bscscan.com/address/0xA29fbC10bF1c2E7B108E8704732F4bB0B10C0dA5#code

初期流動性$200.000 ($100K $SPR / $100K $BUSD)は1年間ロックされます。
ロックされた証明はこちらで確認できます。
https://www.team.finance/view-coin/0xA29fbC10bF1c2E7B108E8704732F4bB0B10C0dA5?name=Spring&symbol=SPR&chainid=0x38
発売当初は、以下の取引所で$SPRトークンを取引することが可能です。

  • パンケーキスワップ(PancakeSwap)
  • PooCoin

Spring Game(SpringGame)のゲーム収益の分配について

  • 7% 流動性プール
  • 1% 惑星の再植林
  • 14% ゲームトレジャリー
  • 65% ゲーム報酬プール
  • 13% チーム
流動性プール

流動性プールは、分散型取引所(DEX)での取引を容易にする分散型金融(DeFi)のゲームを変えるイノベーションであり、スマートコントラクトにロックされた資金の集合体を通じて流動性を提供します。

惑星の森林再生

ご存知の通り、Spring Gameチームは現実の世界にインパクトを与えることに重きを置いています。
そのため、私たちの仮想ゲームで購入されたNFTごとに、地球の森林再生に投資する最初のプロトコルになることを目標としています。
いくつかの財団に問い合わせた結果、最終的にOneTreePlantedを選びました。
この財団は、私たちが同じ精神と考えを共有し、長期的にコミットできることを嬉しく思っています。
ミステリーシードを購入し、新しいバーチャルツリーを誕生させるたびに、その1%がOneTreePlanted財団に寄付され、本物のツリーを誕生させることができるのです。
バーチャルなゲームの世界と現実の世界の完璧な融合です。

私たちのコミュニティは、どの国に木を寄付するかを決めることができます。

ゲームトレジャリー

ゲームトレジャリーは、運営費とゲーム拡張のために使用されます。
また、将来のモバイルアプリケーションの開発を可能にし、私たちの意思と開発能力をブロックチェーンファンドに安心させるための資金を構成します。
分散投資のために、トレジャリーは随時、外部資産を保有することがあります。

ゲーム・リワード・プール

ゲームリワードプールは、ゲームのすべての報酬がプレイヤーに分配されることを保証するために使用されます。

チーム

プロトコルの健全性を保つために、チームの分配を一時的に縮小することがあります。

Spring Game(SpringGame)の考えるサスティナビリティ

短期的なスパン
  • 私たちは、高い報酬を得られるさまざまなプロトコルに投資したいと考えています。
  • Solidityによって開発されるプロジェクトに投資したい、と考えています。
長期的なスパン

Spring Game(SpringGame)は野心的なプロジェクトです。
そのため、ノードシステムからP2Eに移行することにしました。
これは冒険の始まりに過ぎず、私たちの長期的なビジョンは、世界中の他のユーザーをターゲットにし、真のダイナミックさを生み出すために、P2Moveモバイルアプリケーションに移行することです。
そのために、まずは基本的なP2Eでコミュニティを作り、その後、いくつかの機能を追加してゲームをより複雑なものにしていく予定です。
最終的には、投資家から資金を募り、モバイル版「Spring Game(SpringGame)」のV1をリリースしたいと考えています。

自律分散型組織(DAO)について

コミュニティはDAOとして分散型ガバナンスモデルに従い、トレジャリーの資金がどのように投資され、開発チームがゲームと製品自体の持続可能性を革新し構築するためにどこに時間を集中させるべきかを決定することになります。
NFTツリーに$SPRINGを投入するごとに、投票権が付与されます。
すべての提案はスナップショットで行われます。

Spring Game(SpringGame)の運営チーム

コアチーム・メンバー
Hash(CEO・創業者)
GAFAの戦略部門に2年間勤務した後、投資ファンドに3年間勤務。ブロックチェーンプロジェクトに融資していた時に、この分野とその課題に情熱を傾けるようになりました。彼女は、トレジャリーのために良い投資先を選ぶ手助けをする大きな役割を担っています。
Thresh(CTO・創業者)
Threshは、長年の経験を持つリード開発者です。彼はいくつかのブロックチェーンプロジェクトを作成してきました。Threshは業界と新しいトレンドについて非常に優れた知識を持っています。
Link(コミュニティリーダー)
Linkは暗号資産界隈に3年間います。Discordのモデレーターとしての経験があり、この役割で多くのプロジェクトに携わってきました。また、ソーシャルメディアマーケティングや投資家との交流の経験もあります。
Sc0rpo
マーケティング責任者
アドバイザー
法律顧問
チームは法律顧問を雇い、プロジェクトの規制と安全性を確保しています。

Spring Game(SpringGame)の各公式サイト等

Twitter
https://twitter.com/spring_gamefi
Discord
https://discord.gg/GUfNCHPsxv
ウェブサイト
https://spring.game/
Telegram
https://t.me/springgame

免責事項

  • 本記事の内容は、各公式サイト等を参考に作成したものであり、内容の真偽等に関して、如何なる保証等も行うことは出来ません。
  • 各サービス・プロジェクト等に関する一次情報については、必ず、 当該サービス提供元のサイト等をご自身でご確認下さい。
  • 記事内の情報は、時間経過に伴い、有効性を失っている場合があります。最新情報に関しては、必ず、ご自身にてご確認下さい。
  • 当サイト、及び各記事に関しましては、一般的な情報提供のみを目的として作成・運営しているものであり、いかなる暗号資産・有価証券・その他デジタルアセットの取得を勧誘するものではありません。また、取得しないように推奨する意図もありません。また、投資助言を目的としたものでもございません。
  • 当サイトに掲載されている情報によって起きた、いかなる直接的・間接的損害について、一切責任を負うことは出来かねます。
  • 暗号資産投資やその他の投資にはリスクが伴います。投資を行う際は、リスクを了承のうえ、ご自身の判断で行って頂きますよう、お願いを申し上げます。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。