OwnersBook初の実名化案件が即日満額成立-応募総額は1億2,000万円

OwnersBook初の実名化案件が即日満額成立-応募総額は1億2,000万円

1億2,000万円を集め即日成立した、OwnersBookの「杉並区レジデンス第1号ファンド第1回」。
引用元:https://www.ownersbook.jp/project-detail/index/1155/

ロードスターキャピタル株式会社(東京都中央区)が運営するソーシャルレンディング・サービス「OwnersBook」において、初めて、借り手企業の具体的商号(実名)が公開されたファンドとして注目された「杉並区レジデンス第1号ファンド第1回」は、ファンド公開当日中に、441名の投資家から、総額1億2,000万円の投資応募を受け、満額にて即日成立した。

参考:
杉並区レジデンス第1号ファンド第1回|OwnersBook

同ファンドに関するソーシャルレンディング・ラボからの取材に答え、ロードスターキャピタル株式会社は、下記のように答えた。


-本ファンドは、OwnersBookとしては初めての、実名化案件(ソーシャルレンディング)となった。公開に踏み切った理由は。

「6月21日募集開始の案件につきましては、貸付先である株式会社ニーズ・コーポレーションからの同意を得ることができたため、情報の開示をさせていただきました。今後の案件につきましては、先日のリリース(※)の方針で対応していく所存です。」

(※)『OwnersBook』の貸付型案件における情報開示の方針について|ロードスターキャピタル株式会社

-実名化案件第1号の公開に際して、借り手との折衝等は

「新ルールの趣旨をご説明することで、企業名及び財務情報を開示することにご同意いただけました。一方の物件情報の開示については、担保不動産の状況(既に所有しているのか、それとも新たに取得するのか等)もあり、今回は非開示をご選択されました。」

-ある程度ボリュームのある募集額(1億2,000万円)だったが、即日、全額の投資応募があった

「OwnersBookに引き続きご期待をいただいていることと受け止めており、良質な案件を継続してご提供できるよう努めてまいる所存です。」

-本ファンドは、募集開始時刻が非公開とされた。変則的な対応とした理由、及び、今後の予定は

「会員様にお送りしている新規案件のご紹介メールに記載しておりますが、ネットワークの混雑回避を主な目的として開始時間を非公開とさせていただきました。
今後の案件募集の時間帯や募集開始時間の公開・非公開につきましては、皆様からのご意見も踏まえ、引き続き最適な方法を検討してまいります。」

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。