Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方とは-アプリの設定方法や上場時期、将来性、日本円への換金方法等について検証

NFTやBCG(ブロックチェーン・ゲーム)の原資確保にも◎
本日現在開催中の、仮想通貨・暗号資産関連おすすめキャンペーンはこちら↓

ビットポイント
  • 「ビッグボス」こと、新庄剛志さんの起用で話題
  • 12月29日までに公式サイトから口座開設完了(無料)で、100万SHIB(日本の柴犬をモチーフにしたミームコイン。日本国内ではビットポイントが初の取扱)がもれなく貰えるキャンペーン開催中
DMMビットコイン
  • モデル・タレントとして人気のローラさんを起用
  • 現在、公式サイトから新規口座開設完了(無料)で、現金(日本円)2,000円が即時全員にプレゼントされるキャンペーン実施中

SweatCoin(スウェットコイン)アプリの無料入手はこちらから

https://bit.ly/SWEAT-COIN


「歩くだけ」「ジョギングするだけ」で稼げる、と話題のSweatCoin(スウェットコイン)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、実際に取り組みを始めているユーザーの中には、1日あたり数10コイン以上を稼ぐ、という強者も存在します。

そんなSweatCoin(スウェットコイン)を、現在、最もスピーディー&効率的に始めるためには、下記のようなステップを辿ることが、目下、「鉄板」とされています。

  1. 国内暗号資産取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. SweatCoin(スウェットコイン)アプリをダウンロード

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

Sweatcoin開始前の準備編-ビットポイントでの口座開設

Sweatcoin(スウェットコイン)で得られる報酬は、日本円建てではなく、SweatCoin(スウェットコイン)という、ゲーム内通貨で支払われます。
※今年の夏には、SWEAT(スウェット)というトークンがローンチ予定であり、その際には、それまでにアプリ内で貯めておいたSweatCoin(スウェットコイン)と同額分のSWEATトークンが、自動的に配布される予定です。

そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、SweatCoinの収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、SweatCoinの収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

夏のトークン・ローンチ開始の時点で暗号資産口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

SweatCoinのアプリを入手し、SweatCoinを始めて、夏のトークン・ローンチで、早速、トークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、SweatCoinのゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、SweatCoinが大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

SweatCoinのようなMove to Earnゲームのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、SweatCoinアプリのダウンロード等の諸作業を始める前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

SweatCoinを通じて得ることの出来る報酬(今夏ローンチされる、SWEATトークン)は、NEARプロトコルというブロックチェーン上で流通するトークンであり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
SweatCoinでトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくウォーキングやジョギングでトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、SweatCoinを通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、SweatCoinで100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

SweatCoinのようなMove to Earnゲームをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、Move to Earnゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際にSweatCoinで稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はSweatCoin。SweatCoinのプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、SweatCoinで得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、SweatCoin(スウェットコイン)収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
SweatCoin(スウェットコイン)の収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の概要

下記の内容は、Sweatcoin運営元からの依頼・承諾に基づき、Sweatcoin(スウェットコイン)の公式サイト(※URLは下記)の内容を翻訳し、再構成したものです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の公式サイトは、

https://sweatco.in/

↑こちらからご確認頂けます。

誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Sweatcoin(スウェットコイン)、SweatEconomy、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

なお、Sweatcoin(スウェットコイン)、及びSweatEconomyは、本記事の作成・翻訳作業に直接関与しておらず、その翻訳内容の正確性について、Sweatcoin(スウェットコイン)、及びSweatEconomyは保証する立場にありません。


Sweatcoin(スウェットコイン)のスマートフォン向けアプリ(※2022年4月現在、無料で入手可)をダウンロードすれば、日々の歩数に応じて、「Sweatcoin」というアプリ内通貨を入手することが出来ます。
2022年4月現在、歩数に応じて入手したSweatcoinは、

  • アプリ内マーケットプレイスでサービスや製品に交換したり、
  • チャリティー・寄付などに活用することが出来ます。

また、2022年夏には、独自トークン「SWEAT」のローンチも予定されており、TGE(トークン・ジェネレーティング・イベント)においては、それまでにアプリ内で貯めておいたSweatcoin(スウェットコイン)に関して、1Sweatcoin=1SWEATトークンの比率で、トークン付与が為される予定です(事前にアプリ内でウォレットを作成しておく必要があります)。

全世界で既に6,400万人以上の登録ユーザーがおり、Sweatcoin(スウェットコイン)公式サイトによれば、将来的には、1億人以上のユーザー数規模となることが予想されている、とのこと。

また、Sweatcoin公式サイト曰く、健康に対して留意することは、よりよい社会に資する(貢献する)ことに繋がる(=数十億ドルもの社会福祉関連コストの削減に貢献できる)ほか、その人自身も、より生産的になることが出来る、とのこと。
これらの事実により、Sweatcoinとしては、「健康に向けたユーザーの行動には、価値があり、それらのユーザーには、対価を受け取る権利がある」と考えている、とのことです。

Sweatcoin(スウェットコイン)に関する各大手メディアによる報道等

Sweatcoin公式サイトによれば、下記のような大手メディアが、Sweatcoinに関し、下記のように報じている、とのこと。

テレグラフ

運動することについてインセンティブが必要だ、と感じたことがあるのであれば、この新たなアプリ(=Sweatcoin)が最適である。

メンズジャーナル

Sweatcoinを活用すれば、運動やエクササイズで報酬を得ることが出来る。それに伴い、初期費用はかからない。

デイリーメール

Sweatcoinは、最も人気のあるアプリとして、Whatsapp(=人気SNSアプリ)を上回った。

Sweatcoin(スウェットコイン)の実績

Sweatcoin(スウェットコイン)の登録ユーザー数は既に6,400万人超え

Sweatcoin(スウェットコイン)公式サイトに掲載されている情報によれば、Sweatcoinの登録ユーザー数は、既に全世界で、6,400万人を超えています。
なお、各アプリストアにおけるレビュー数、評価は、Sweatcoin公式サイトによれば、下記の通り。

Apple

AppleのApp Storeにおいて、Sweatcoinは、20万以上のレビューを受けており、「4.6」の評価を得ている、とのこと。

Google

Google Playにおいて、Sweatcoinは、36万6千件の評価を受けており、「4.5」の評価を得ている、とのこと。

Sweatcoin(スウェットコイン)における多額の商品交換実績

2022年4月現在、Sweatcoin(スウェットコイン)では、歩数に応じて獲得したSweatcoinを、アプリ内で、様々な商品やサービスに交換することが出来ます。
SweatEconomyの公式Twitterからのツイート(https://twitter.com/SweatEconomy/status/1516834596184334346)によれば、2022年4月21日までの直近9ヶ月間で、187百万ドル、すなわち、1億8700万ドル、すなわち日本円で200億円以上の商品交換が実施された、とのこと。

Sweatcoin(スウェットコイン)アプリ内でのウォレット機能リリース後、早くも、数十万件単位でのウォレット作成実績

Sweatcoin(スウェットコイン)が、2022年夏のSWEATトークンローンチに向け、アプリ内でのウォレット作成機能を提供開始したところ、2022年4月19日までの1週間で、70万件ものウォレット作成が為された、とのこと(情報引用元:https://twitter.com/SweatEconomy/status/1516433853212151821?cxt=HHwWmsCyocOjuosqAAAA)。

世界30か国以上で、Sweatcoin(スウェットコイン)はナンバーワンアプリに

Sweatcoin公式サイトによれば、Sweatcoinは、下記の国・地域で、ナンバーワンアプリとなった実績がある、とのこと。

  • エストニア
  • フランス
  • ドイツ
  • ハンガリー
  • イスラエル
  • イタリア
  • ヨルダン
  • ラトビア
  • レバノン
  • ルクセンブルク
  • オランダ
  • ノルウェー
  • フィリンピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • カタール
  • ルーマニア
  • サウジアラビア
  • スペイン
  • スイス
  • アメリカ
  • UK
  • マルタ
  • アラブ首長国連邦
  • ウズベキスタン
  • アルジェリア
  • オーストリア
  • バーレーン
  • ベルギー
  • ブルガリア
  • カナダ
  • チェコ共和国

Sweatcoin(スウェットコイン)の利用によって運動習慣が身に付いた、という実例も

公開されている情報(https://bjsm.bmj.com/content/bjsports/early/2019/01/04/bjsports-2018-099739.full.pdf)によれば、Sweatcoinアプリをダウンロードしたユーザーにおいて、ダウンロードから半年間経過後もなお、ダウンロード前と比較し、約20%(19.5%)の運動量増加が、継続的に確認された、とのこと。

入手したSweatcoin(スウェットコイン)の使い方

①アプリ内マーケットプレイスでの利用

Sweatcoinのアプリ内マーケットプレイスには、(累計)1,000を超えるブランドやサービス(ハイテク・シューズからiphone、無重力体験のヨガクラスや、アップルウォッチ、等々)が並んでおり、その中から、Sweatcoinの交換先サービス・商品を選択することができる、とされています。

②寄付

環境問題や、人道支援、希少性の高い動物の保護などのプロジェクトに対して、Sweatcoinを寄付することも可能です。

③暗号資産(トークン)への交換

2022年夏以降、Sweatcoinを、「$SWEAT」というトークンに交換することも出来るようになる予定です。
既に、Sweatcoinアプリ内で、ウォレットは作成可能となっています(ウォレット作成機能提供開始以降、既に数十万人以上もユーザーが、ウォレットを作成した、とのこと)。

TGE(トークン・ジェネレーション・イベント)においては、ユーザーは、その時点で保有しているSweatcoinと同量のSWEATトークンを受け取ることが出来る、とのこと。
なお、SWEATトークンは、NEARプロトコルで動作するトークンとして発行される予定であり、その後、マルチチェーン展開も予定されている、とのことです。

他の「Move to Earn」プロジェクトと比較した、Sweatcoin(スウェットコイン)のメリット

Sweatcoin(スウェットコイン)は初期費用がかからない

最近の「Move to Earn」ブームの代名詞とも言われる、STEPNの場合、実際にゲームプレイをスタートするにあたっては、マーケットプレイス(主にアプリ内のマーケットプレイス)において、スニーカーNFTを購入する必要があります(STEPNの場合、将来的には、スニーカーのレンタルシステムが提供される予定ですが、2022年4月現在、レンタルシステムは未導入です)。

そして、昨今のSTEPN人気の高まりに伴い、スニーカーNFTは高値を付けており、2022年4月現在、日本円換算で、少なくとも10万円以上程度の初期投資が必要です。

その点、Sweatcoinの場合、アプリの利用を開始するにあたって、そのような初期費用は必要ありません。
無料のアプリをダウンロードし、アカウントを開設するだけで、すぐに、ウォーキング等の運動により、Sweatcoinと呼ばれるアプリ内通貨を入手し始めることが出来ます。

STEPNのように、原資回収に頭を悩ませる必要はない

Sweatcoin(スウェットコイン)の場合、初期投資が必要ありませんから、当然のことながら、STEPNのように、原資回収に頭を悩ませる必要はありません。

初期投資後の暴落を心配する必要がない

STEPNの場合、初期投資をしてゲームを開始して以降、

  • スニーカーNFTの価格下落リスクや、
  • ゲーム内トークンの値下がりリスクに

常に配慮する必要があります。
初期投資した資金を回収するまで(=原資回収を終えるまで)の間に、スニーカーNFTやトークンが急激に値下がりしてしまえば、自身の原資回収を完了することが、困難となるため、です。

一方で、Sweatcoinの場合、そもそも、初期投資を行う必要がありませんから、そのような心配とは、基本的に無縁です。

Sweatcoin(スウェットコイン)は、STEPN等の「Move to Earn」と併用することが出来る

Sweatcoin(スウェットコイン)は、アプリをインストールしておけば、後は基本的に、バックグラウンドで常時動作し、歩数をカウントしています。
このため、STEPNのような、人気の「Move to Earn」ゲームとも、特段の支障なく、同時併用することが可能です。

また、1日の間に20分間だけ、Sweatcoinの入手量を倍増できる、「デイリーブースト」機能も提供されています。
STEPN利用を行う際(=集中的にウォーキング等を行うタイミング)には、この「デイリーブースト」を起動させるようにすれば、より効率的に、Sweatcoin入手量を増やしていくことが出来ます。
なお、この「デイリーブースト」は、ちょうど20分間機能しますから、STEPNでスニーカーを3足保有している人(=デイリーエナジーが4であり、1日20分間運動出来る人)にとっては、ちょうどいい時間量と言えましょう。

アプリ内の広告閲覧で、Sweatcoin(スウェットコイン)を入手することも出来る

Sweatcoinのアプリ内で、所定の広告(動画)を閲覧すると、応じて、Sweatcoinボーナスを入手することが出来ます。

参考:https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012676432-What-are-daily-bonuses-

Sweatcoin(スウェットコイン)の歩数計測に任せておけば、日常生活に何か特別な変化を加える必要がない

Sweatcoinの場合、アプリをスマートフォンにインストールしておけば、あとは、スマートフォンを持ち歩いている限り、勝手にバックグラウンドで動作し、ユーザーの歩数をカウントし続けます。
そして、歩数に応じて、自動的に、Sweatcoinが付与されます。

すなわち、「Sweatcoinを始める」といっても、日常生活に、何か特別な変化を強いられることは、基本的に、有りません。
アプリを強制的に終了しない限り、普通に日常生活を過ごしているだけで、歩数がカウントされ、Sweatcoinが付与されていきます。
1日でも早くアプリをインストールしておけば、実質、その分だけ、得をする、と換言することも出来ましょう。

参考:https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012911431-Does-Sweatcoin-count-my-steps-when-it-s-in-the-background-

Sweatcoin(スウェットコイン)は始めるのが簡単

繰り返し述べている通り、Sweatcoinの場合、無料のスマートフォン・アプリを入手し、アカウントを開設すれば、後は自動的に、歩数のカウントが開始され、1日の歩数に応じて、Sweatcoinが付与されることとなります。

一方で、Move to Earnプロジェクトとして人気を誇るSTEPNの場合、実際にゲームプレイを始めるためには、以下のような手間暇がかかります。

  1. 国内の暗号資産取引所に口座を開設
  2. 国内暗号資産取引所にて、暗号資産(例えば、XRPなど)を購入
  3. 別途、海外の暗号資産交換所(バイナンスやバイビット等)に、アカウントを開設
  4. 海外の暗号資産交換所アカウントに、事前に購入しておいた暗号資産を送金
  5. 送金した暗号資産を、SOL(Solanaブロックチェーン上で動作する暗号資産)に交換する
  6. 入手したSOLを、STEPNのアプリ内ウォレットに送付する
  7. STEPNアプリ内のマーケットプレイスで、SOLを使い、スニーカーNFTを購入する

STEPNの場合、当然、スニーカー選びは、慎重に行う必要がありますし、そもそも、STEPNアカウントを開設するためには、2022年4月現在、アクティベーション・コード(招待コード)を事前に入手することが必要です。

一方で、Sweatcoinの場合、そのような手間暇は不要です。

わざわざ外に運動に出かける必要がない

STEPNの場合、2022年4月現在、屋内運動については推奨されておらず、ジョギングやウォーキング、ランニング、といった運動は、原則として、GPS感度の良い、屋外で行うことが推奨されています。
このため、仮に、外の天候が良くない日においても、
「STEPNのデイリー・エナジーを無駄にしないためにも、ジョギングに出かけなければ…」
という心理が働くこととなります。

一方で、Sweatcoinの場合、基本的には、スマートフォンにて計測される「歩数」をベースに、Sweatcoinが付与される仕組みとなっています。
必ずしも、移動(運動)の距離や時間、速度、といった要素が必要とされるわけではないため、STEPNのように、わざわざ運動のために外に出かける必要はありません。

天候の良くない日は、家の中で歩き回っていたとしても、歩数は計測され、その歩数に応じて、Sweatcoinが付与されます。

※なお、Sweatcoin(スウェットコイン)の場合、2019年までは、屋外運動のみが、Sweatcoin付与の対象でしたが、2019年のアップデートにより、屋内運動についても、Sweatcoin付与の対象となった、という経緯があります。

参考:
https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012752551-How-does-Sweatcoin-s-step-counting-algorithm-work-

なお、一部のスマートフォン(例:iPhone 6以前のスマートフォン)については、屋内運動がSweatcoinの付与対象とならないこともある、とされていますので、注意が必要です。

参考:
https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012907511-Does-Sweatcoin-count-indoor-steps-now-

Sweatcoin(スウェットコイン)ならば、ランニングマシーン(トレッドミル)もOK

2022年4月現在、STEPNの場合、位置情報の移動を伴う運動のみが、ゲーム内トークン(GSTやGMT)の付与対象とされています。
このためSTEPNでは、GPS上の位置情報の移動を伴わない、ランニング・マシーン(トレッドミル)上の運動の場合、ムーンウォーク判定の対象となり、トークンは付与されません。

これに対し、Sweatcoinの場合、繰り返し述べている通り、あくまでも、「歩数」に応じて、Sweatcoinが付与されます。
このため、ジムや、自宅に設置している、ランニング・マシーン上での運動についても、Sweatcoinの付与対象となります。

将来的には、より多くの種類の運動で、Sweatcoin(スウェットコイン)を入手できるように

あくまでも予定ではありますが、将来的には、水泳や、ジムでのワークアウト、自転車などでも、Sweatcoinを入手できるようになる計画があるそうです。

参考:
https://help.sweateconomy.com/hc/en-us/articles/4470446637073-What-is-SWEAT-

時間制限なし、エナジーシステムなし。

STEPNの場合、

  • 保有しているスニーカーの数量や、
  • クオリティに応じて、

付与されるデイリー・エナジーが定められており、仮に、デイリー・エナジーがゼロになると、どれだけ運動(ウォーキングやジョギング、ランニング)をしても、それ以上、ゲーム内トークンが付与されることは有りません。

また、STEPNのデイリー・エナジーは、上限値を超えて貯め続けることは出来ない(例えば、デイリー・エナジーが2のプレイヤーの場合、2が最大値)ため、日々付与されるデイリー・エナジーを無駄にしないよう、半ば強制的に、日々の運動に駆り出される、という印象を抱く人もいます。

その点、Sweatcoinの場合、2022年4月の時点では、STEPNのようなデイリー・エナジー・システムは導入されていません。
このため、特に時間制限を受けることなく、自分のペースで、歩数を稼ぎ、Sweatcoinを入手することが出来ます。

※なお、Sweatcoinの付与対象となる歩数には、「1日1万歩まで」という上限設定があります。
参考:
https://help.sweateconomy.com/hc/en-us/articles/4470658098577-Why-can-I-only-earn-SWEAT-for-my-first-5-000-steps-a-day-

Sweatcoin(スウェットコイン)には運動速度の制限がない

STEPNの場合、MOVEの際に選択するスニーカーの「タイプ」に応じて、下記のように「最適運動速度」が定められています。

  • Walker:時速1キロ~6キロ
  • Jogger:時速4キロ~10キロ
  • Runner:時速8キロ~20キロ
  • Trainer:時速1キロ~20キロ

仮に、最適運動速度から乖離した速度で運動してしまうと、ゲーム内トークンの獲得効率が低下してしまう、という難しさがあります。

その点、Sweatcoinの場合、STEPNのような「最適運動速度」の定めがありません。
※そもそも、スニーカーNFTの購入すら、必要ありません。

少なくとも現状、入手したSweatcoinがゲーム内で消費されることはない

STEPNの場合、ウォーキング等の運動によって、ゲーム内トークン(主にGST)を入手したとしても、そのトークンは、

  • スニーカーNFTのリペア(修理)や、
  • スニーカーNFTのレベルアップ
  • 新たなスニーカーのミント
  • GEMソケットの開封
  • GEMのアップグレード

といった用途で、ごく頻繁に消費(バーン)される仕組みとなっています。
このため、入手したゲーム内トークンを、なかなか、原資回収に回しにくく、一部のプレイヤーにおいては、STEPNのことを「沼」と表現しているケースもあります。

その点、Sweatcoinの場合、少なくとも2022年4月の時点では、アプリ内で入手したSweatcoinが、ゲームプレイのために消費される、という仕組みは、整備されていません(Sweatcoinを利用して、商品やサービスと交換する場合は別段)。

※なお、「to Earn」型のブロックチェーン・プロジェクトが、そのエコシステムを維持するためには、ゲーム内で、トークンが消費(バーン)されるシーンを、数多く設計することが、必要不可欠である、と言われています(=そうしないと、ゲーム内でプレイヤーが獲得したトークンが、どんどん市場で売られて、価値が下がってしまう)。
Sweatcoin(スウェットコイン)は、2022年夏に、SWEATトークンのTGE(トークン・ジェネレーション・イベント)を予定していますが、SWEATトークン実装後は、アプリ内で、SWEATトークンが消費(バーン)される仕組みが導入される可能性があります。

既に、Sweatcoin(スウェットコイン)自身の収益モデルは確立されている

Sweatcoinは2016年からスタートしたサービスであり、下記のような収益モデルが確立されている、とされています。

パートナー企業から受け取る収益(広告収入)

健康志向な顧客との間で接点を持つことを期待するブランドやサービサー、さらには、健康的なライフスタイルを促進したいと考える保険業界企業などからの広告収入等が、Sweatcoinのマネタイズの一助となっている、とされています。

行政・政府機関との協働

NHS(National Health Service)との協働も、Sweatcoin公式サイトにて公表されています。
特に、Sweatcoinユーザーにおいては、Sweatcoin利用開始後、半年経過後も、運動量は約20%増量を続けている、といった実証データもあり、公共医療を進化させる可能性を秘めている、とされています。
具体的には、運動習慣定着により、病気を予防する効果が期待されており、医療費コストの削減を目標にしている政府からも、注目されている、とのこと。

このように、STEPNにおいては長らく課題とされてきた、いわゆる「外貨獲得」の課題も、クリアされている、という点は、Sweatcoinの魅力のひとつと言えます。
※ただし、そのエコシステムが、独自トークン(暗号資産)ローンチ後も、長く機能するか、どうかは、未知数です。

Sweatcoin(スウェットコイン)アプリ内には、ウォレット機能が内蔵されている

いわゆるNFTゲームや、ブロックチェーン・ゲームの場合、プレイ開始にあたり、暗号資産ウォレット(有名な例としては、メタマスクや、ファントムなど)を作成し、そのウォレットを、ゲーム・アカウントに紐づける必要があるケースも散見されます。
その点、Sweatcoinの場合、既にアプリ内にウォレット機能が提供されていますので、別途外部ウォレットを作成し、それを紐づける必要はありません。

アプリ内で、Sweatcoin(スウェットコイン)を友達に送付することもできる

Sweatcoinで入手したSweatcoinについては、アプリ内で、友達に送付することも可能です(その際、メッセージも添付できます)。
※なお、2022年夏にローンチされるSWEATトークンが、同様に送金できるかは、現時点では分かりません。

Sweatcoin(スウェットコイン)アプリは日本語対応済

STEPN等のMove to Earnアプリの場合、アプリ内言語が「英語のみ」とされており、日本語対応が為されていないことが一般的です。
日常的な「Start」「Stop」程度の英語ならばまだしも、アプリアップデート後の注意事項等が英語で表示されても、
「どういう意味か分からない」
というトラブルを抱えるプレイヤーも少なくありません。

その点、Sweatcoinの場合、既にアプリは日本語対応が完了していますので、英語に不慣れな人でも、特に苦労なく、アプリを利用することが出来ます。

「ユーザーデータは販売しない」旨が明記されている

Sweatcoinの公式サイト等において、Sweatcoinは、「ユーザーデータを第三者に販売することはしない」旨が、明記されています。

Sweatcoinでは、アップルウォッチ(スマートウォッチ)を利用できる

2022年4月現在、Sweatcoinは、

  • iPhone
  • Androidのスマートフォン
  • Apple Watch(シリーズ1以外)

に対応している、とのこと。

参考:
https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012910111-Can-I-use-wearables-like-Fitbit-Apple-Watch-Garmin-or-Android-Wear-with-Sweatcoin-

チャレンジ・イベントなども企画されている

期間中に一定の歩数をクリアすれば、ボーナスSweatcoinが付与される、といったチャレンジ企画が、アプリ内で開催されていることがあります。

参考:
https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012912271-What-are-marathon-offers-

課金を厭わないユーザーには、プレミアムも提供されている

年間2700円(現在)で、プレミアム登録も可能です。
プレミアム登録をすれば、付与されるSweatcoinが2倍になる、とのこと。

SWEATトークンはデフレしていくトークンとして設計されているため、アーリーインが有利となる

2022年夏にローンチ予定のSWEATトークンは、ビットコインと同様、徐々に市場への供給量が減っていくように、トークン・エコノミクスが設計される予定です(=デフレしていくトークンとなる予定)。

例えば、2022年4月現在、1,000歩ごとに、1Sweatcoinが発行され(※正確には、5%の手数料が控除されます)、貯めておいたSweatcoinと同量のSWEATトークンが、ローンチに合わせて、ウォレットに付与される予定、とされています。

すなわち、簡略化すれば、1,000歩で1SWEATトークンが入手できる、とも換言できますが、このレートは、将来的には、厳しくなっていく(=より多く歩数を稼がないと、同量のSWEATトークンは入手できなくなる)ことが予定されています。
※正確には、2024年頃までに、1SWEATトークンが入手を入手するために必要な歩数は、2,400歩まで上がっていくことが予定されている、とのこと。

参考:
https://medium.com/sweat-economy/sweat-the-tokenomics-part-1-23288a5e566c

こうした点を考慮に入れれば、
「出来るだけ早めにSweatcoinアプリを入手し、Sweatcoinを獲得しておいたほうが得策」
である、と言えましょう。

参考:

また、SWEATトークンには、将来的に、

  • DAO(自律分散型組織)の投票機能や、
  • ステーキング、といった機能も

提供されてくる予定、とのことです。

参考:

STEPN等のMove to Earnと比較した際の、Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット・注意点

1Sweatcoin(=1SWEATトークン)が、仮想通貨として、いくらになるかは、未知数

STEPNの場合、ゲーム内で入手できるトークン(GSTやGMT)は、既に市場で売買されており、対円でのレートも、いつでもインターネットを介して確認することが出来ます。
一方で、Sweatcoinで入手することが出来るゲーム内通貨「Sweatcoin」は、暗号資産ではなく、他のクリプトのように、市場価格が付いていません(※)。
また、2022年夏にローンチされる予定のSWEATトークンについても、果たして、対日本円で、どの程度の価値が付くのかは、分かっていません。

このため、Sweatcoinのプレイによって、果たして、日本円換算で、どの程度稼げるようになるのか、については、現時点では、分かりません。

(※)Sweatcoinのアプリ内では、入手したSweatcoinを、サービスや製品に交換することが出来ます。
それらのサービスや製品の価格を別途確認すれば、Sweatcoinの大まかな価値については検討出来ますが、不正確である点は否めません。

Sweatcoin(スウェットコイン)の現金化は、まだ出来ない

前述の通り、Sweatcoinのアプリで入手したSweatcoinは、アプリ内のマーケットプレイスで製品やサービスに交換することが出来ますが、直接(日本円などに)現金化することは出来ません。
また、暗号資産(クリプト)に交換することも、2022年4月の時点では、まだ、出来ません。

2022年夏に、TGE(トークン・ジェネレーション・イベント)が予定されており、その時点でのSweatcoinと同量のSWEATトークンが、ウォレットに付与される予定です。
それまでは、Sweatcoinをしっかりと、ウォレット内に貯めておく必要があります。

SWEATトークンの入手対象となる歩数には限度がある

2022年4月現在、Sweatcoinを入手することが出来る「歩数」には、「1日1万歩」という上限設定が為されています。
そして、2022年夏に予定されているTGE(トークン・ジェネレーション・イベント)以降においては、

  • 1日の中の、最初の5,000歩については、SWEATトークンが付与され、
  • それ以降の5,000歩については、Sweatcoinが付与される

という仕組みが導入される予定です(事前オプトインが必要となる可能性あり)。

無制限にトークンを稼ぐことが出来るわけではない、という点に、あらかじめ留意が必要です。

参考:
https://help.sweateconomy.com/hc/en-us/articles/4470664712593-Will-it-cost-me-anything-to-get-SWEAT-for-my-sweatcoins-
https://help.sweateconomy.com/hc/en-us/articles/4470658098577-Why-can-I-only-earn-SWEAT-for-my-first-5-000-steps-a-day-

歩数が正常に取り込まれないこともある

アンチ・チーティング(不正行為防止)機能の影響の可能性もありますが、
「しっかりと歩いたのに、歩数が正常に取り込まれない」
「歩数は取り込まれているが、応じたSweatcoinが付与されない」
というケースが散見されます。
※特に後者は、不正行為防止機能の影響の可能性があります。

NFTの値上がりによるキャピタルゲインは期待できない可能性がある

早期からSTEPNに取り組んでいるプレイヤーの場合、安値で取得したスニーカーNFTの「値上がり益」も、得ているケースが多くあります。
一方で、Sweatcoinの場合、少なくとも2022年4月時点では、アプリ内にNFT発行機能はありません。
このため、「早期参入しておいて、NFTのキャピタルゲインを狙いたい」というプレイヤーには、今のところ、Sweatcoinは不向きと言えます。

トークン・エコノミクスが成立するかは未知数

「to Earn」型のブロックチェーン・プロジェクトにおいて、ゲーム内でユーザーが入手できるトークンの「価値・価格」を適正に保つことは、極めて重要なポイントとなります。
ゲーム内トークンの価値が急落していけば、結局「稼げないブロックチェーン・プロジェクト」と見做され、ユーザーが離脱していく可能性が高いため、です。

こうした事情を踏まえ、2022年4月現在では「成功したMove to Earnプロジェクトの一例」と見做されているSTEPNの場合、ゲーム内で入手したGSTについて、様々なゲーム内消費(バーン)シーンが組み込まれています。
具体的には、

  • スニーカーNFTのリペアや、
  • レベル上げ、
  • ミント、

といったゲーム内行為に、都度、ゲーム内トークンが消費されるように、ゲームシステムが設計されているため、トークンが売りに出されにくく、結果的に、トークン価格が値下がりしづらいように、エコシステムが設計されている、と言われています(もっとも、今後、値下がりしていく可能性はあります)。

その点、Sweatcoinの場合、暗号資産(SWEAT)の正式ローンチは、まだ先のことであり、

  • 今後、具体的にはどのようなトークン・エコノミクスが設計されていくのか、
  • ゲーム内では、トークンはバーンされ得るのか
  • バーンされるとすれば、どのような仕組みが設計されるのか

といった点については、まだ未知数です。

果たして、SWEATトークンを中心としたエコシステムが、うまく成長していけるのか、どうか、は、まだ判断することが出来ません。

チート行為は基本的に難しい

スマートフォン向けの振り子などを活用したチート行為は、基本的に、機能しない可能性があります。

日本語のカスタマー・サポートなどは受けられない

Sweatcoinの場合、既にアプリ自体は日本語対応が為されていますが、日本人向けの日本語カスタマー・サポートは、特段、設けられている様子はありません。
この点は、STEPNなどのMove to Earnプロジェクトの場合でも同様ですが、
「運営側とコミュニケーションを取る際は、基本的に、英語」
となる旨は、あらかじめ理解しておきましょう。

アップルウォッチ以外のウェアラブル端末・スマートウォッチは基本的に使えない

Sweatcoinでは、iPhone、及び、Androidスマートフォン、及び、Apple Watch(シリーズ1を除く)に対応していますが、その他のウェアラブル端末については、2022年現在、対応していない、とされています。

参考:
https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012910111-Can-I-use-wearables-like-Fitbit-Apple-Watch-Garmin-or-Android-Wear-with-Sweatcoin-

その他のウェアラブル端末の場合、「不正行為対策が難しい」というのが、その理由のようです。

現状、自転車には正式対応はしていない

Sweatcoinによれば、
「自転車での運動・移動には、現在、対応していない」
「ただし、一部のユーザーからは、ズボンのポケットにスマートフォンを入れていれば、カウントされる、との報告もある」
という状況とのこと。

参考:
https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012909331-Does-Sweatcoin-work-when-riding-a-bike-

STEPNのスニーカー育成のような「シミュレーションゲーム」感が期待できるかは、分からない

少なくとも2022年4月現在、Sweatcoinでは、STEPNのような「スニーカーNFT」といった概念は存在しません。
STEPNの場合、入手したスニーカーNFTをレベル上げし、プレイヤー自身が、スニーカーNFTのステータス値を向上させていくことが出来る、一種の「育成ゲーム」「シミュレーション・ゲーム」要素が組み込まれていますが、トークン・ローンチ後、Sweatcoinにそのような仕組みが導入されるのか、どうかは、現時点では、未知数です。

※もっとも、Sweatcoinにおいても、ゲーム内トークをバーンさせる仕組みを導入することを目的に、何らかのNFTアイテムが投入されてくる可能性はあります。

Sweatcoin(スウェットコイン)アプリのバックグラウンド動作によるバッテリー消費には要注意

繰り返し述べている通り、Sweatcoinは、一旦スマートフォンにアプリをインストールしておくと、あとは勝手にバックグラウンドで動作し続け、ユーザーの歩数情報を収集しています。
Sweatcoinによれば、これまでに実施してきたアプリ・アップデートにより、バッテリー消費については軽減されている、とされていますが、実際にどの程度バッテリー・充電が消費されてしまうか、には、注意を払う必要があります。

なお、iphoneユーザーの場合は、「設定」→「バッテリー」から、Sweatcoinがバックグラウンド動作によりどの程度バッテリーを消費しているか、チェックすることが出来ます。

参考:
https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012674092-Does-Sweatcoin-impact-battery-life-

Sweatcoin(スウェットコイン)は、スマホが無いと利用できない

Sweatcoinを利用するには、スマートフォンが必要となります。
「パソコンは持っているが、スマートフォンは持っていない」
という人や、
「携帯電話は、今もガラケーを利用している」
という人の場合、少なくとも現時点では、Sweatcoinを利用することが出来ません。

Sweatcoin(スウェットコイン)入手には、それなりの歩数が必要

2022年4月現在、1Sweatcoinの入手には、1,000歩が必要、とされています(※5%が手数料で控除される)。
手数料を計算に入れると、1日1万歩で、9.5sweatcoinが入手できる、という計算となります。
在宅ワークなどで歩数が少ない人の場合、
「思ったよりも、Sweatcoinが入手できない」
というギャップを感じるケースもあり得ます。

参考:
https://help.sweatco.in/hc/en-us/articles/360012673992-How-many-steps-does-it-take-to-earn-1-Sweatcoin-

Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方

Sweatcoin(スウェットコイン)アプリを入手する

Sweatcoin(スウェットコイン)アプリの入手はこちらから

https://bit.ly/SWEAT-COIN

「Accept Invite」をタップします。

Sweatcoin(スウェットコイン)アプリのダウンロード&インストール

↑通常のスマートフォン向けアプリと同様、ダウンロード&インストールを進めます。

「Appleでサインアップ」をタップ

「モーションとフィットネスを許可」をタップ

Sweatcoin(スウェットコイン)のアプリによるデータアクセスを許可

「Health Kit」の有効化

Sweatcoinが歩数情報にアクセスすることの許可

Sweatcoinアプリからの通知に関する設定

Sweatcoinアプリのホーム画面がこちら

Sweatcoin(スウェットコイン)のライトペーパー和訳

下記の内容は、Sweatcoin運営元からの依頼・承諾に基づき、Sweatcoin(スウェットコイン)、正確には、SweatEconomyのライトペーパーの和訳を試みたものです。

当該ライトペーパの原文は、

https://drive.google.com/file/d/1IPklRcEQvgJkCaeYvGh43yjWl-Dj5_6i/view

↑こちらからご確認頂けます。

誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Sweatcoin(スウェットコイン)、SweatEconomy、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

なお、Sweatcoin(スウェットコイン)、及びSweatEconomyは、本記事の作成・翻訳作業に直接関与しておらず、その翻訳内容の正確性について、Sweatcoin(スウェットコイン)、及びSweatEconomyは保証する立場にありません。

※Sweatcoin(スウェットコイン)の公式サイト等

  • Sweatcoin公式サイト:https://sweatco.in/
  • Sweatエコノミーの公式サイト:https://sweateconomy.com/

Sweat Economy は Sweatcoin の自然な進化です。
グローバル、オープン、フェアなSWEATは次世代暗号通貨です。
次世代暗号通貨であり、次の10億人をWeb3.0に導き、ムーブメントを世界のGDPの一部にします。
Web3.0に参加させ、ムーブメントを世界のGDPの一部にする次世代の暗号通貨です。

Sweatcoin(スウェットコイン)の提唱するMove to Earnとは

私たちは、「動く」という事に対してインセンティブを与えるためにSweatcoinをデザインしました。
76M以上のユーザーが、Sweatcoinをダウンロードした後、20%多く歩いています。
600のパートナーが、2022年の第1四半期だけで、7000万ドル相当の商品やサービスを提供しています。
歩数と引き換えに7000万ドル相当の商品とサービスを提供しており、「ミッション達成」と言えるでしょう。

私たちは、「まだ始まったばかりだ」と言います。

私たちの使命は、より健康で豊かな地球を実現するための運動に報いることです。
より健康で、より豊かな地球を実現するための運動に報いることです。
しかし、トークン化によって、すべてが変わります。
地域的だったものが、世界的になります。
中央集権的だったものが、無許可になります。
閉じた経済だったものが、世界となり、その中ですべてのステップがトークンを作り、それを交換し、換金し、多くの新しいユースケースに適用できるようになります。
私たちはこれを、運動のニューエコノミー、と呼んでいます。

小さな一歩だが…

私たちは、あなたのために、まったく新しい稼ぎ方、まったく新しい価値創造の仕組みを創り出しました。
まったく新しい価値創造の仕組みをつくりました。
誰もが等しく、新しい経済から収入を得、新しい経済に貢献する権利を持っています。
新しい経済に貢献する権利があります。

SWEATは運動量を増やしますが、私たちは「SWEATが健康な世界をもたらす」とは主張したくありません。
SWEATが健康な世界を「引き起こす」とは主張したくない。
健康と身体活動の関係は相関関係であり因果関係ではない。

人々がより身体的に活動的になると、他の分野でも健康が増進される可能性が高くなります。
他の分野でも健康が増進される可能性が高いのです。
SWEATは、そのような人々の身体的活動に対する人々の身体的・精神的健康のためのポジティブなフィードバックループを開始することができる。

それがSWEATの目的です。
私たちは、人々に体を動かしてもらいたいと考えています。
というのも、一般的な健康の要因のひとつを奨励することで、私たちがその一端を担えればと思うからです。
より多くの人に幸福をもたらす一助になればと願っているからです。

当初、SWEATは、Sweatcoinアプリをダウンロードできる対象ユーザーに提供されます。
2022年第1四半期初頭、Sweatcoinのユーザー数は65M、2022年5月初頭には76Mとなった。
2022年5月には76Mとなりました。
ユーザー数は急速に増加しており、アプリが利用可能な国を75カ国から160カ国に増やすなど、グローバル展開計画を開始したばかりなので、今後も継続する見込みです。

SWEATトークン生成イベントまでに、私たちは最低でも1億3700万人のユーザーを予測します。

SWEAT(スウェット)のトークン・ジェネレーション・イベント

Sweat Foundationは、すべてのSweatcoinユーザーに対して、以下のオファーを行います。
ウォレットにあるSweatcoin1枚につき、1Sweatを受け取ることができます。
スウェットコインを燃やすことなく、ウォレット内のスウェットコイン1枚につき1 SWEATを受け取ることができます。
TGEは2022年第3四半期に発生する予定です。
TGEでは、Sweat Foundationは、オプトインしたユーザーのスウェットコインに見合うだけのSWEATを鋳造する予定です。

スウェットコインを世に送り出したチームは、人々に愛されるアプリを作っただけではありません。
ユーザーの関心と動きをマネタイズする持続可能な方法を収益化する持続可能な方法を生み出しました。

プロダクト・マーケット・フィットは、スウェットコインの成功によって検証されました。
その中央集権的で、地域的で、「壁に囲まれた庭」のような、報酬の範囲が限定された通貨が、これほど人気を博したのは、製品の強さを証明しています。
人々は自分の歩数に応じて報酬を得ることが好きであるという単純な事実を証明しています。
これは、ブランド、機関、そしてユーザーを魅了するものです。

スウェットエコノミーについて

Sweat Economy は Sweatcoin の原則を共有しつつ、DeFi.NFT と分散型ガバナンスを活用することで、新たな価値を創出します。

トークンのデザイン

SWEATは、検証された動きによってのみ鋳造されます。
そのため、安定したユーザー数が増えることで、ミンティング「インプット」(ステップ)が増加します。
ユーザーが増えれば入力を増加させます。

各スウェットには、前回よりも多くのステップを必要とします。
世界をもっと身体的にアクティブにする」というビジョンを達成するために、SWEATは、時間が経つにつれて、ミントするのが難しくなります。
これによって今すぐ体を動かそうという気にさせるだけでなくSWEATの実用性を維持することができます。

生産限界費用が増加し続けることを表しています。

オープンエコノミーな動きをSWEATが実現します。
それは新しい市場であり 新しい経済です。
人々は、魅力的な方法で報酬を得ることができます。

自転車で通勤する。海で泳ぐ。
犬の散歩をする。公園をジョギングする。
公園をジョギングする。山歩き。
オープンエコノミーは、新しいパラダイムを確立します。

ムーブメントバリデーターは、ムーブメントの有効性を検証し、それに応じてブロックチェーンを更新する必要があります。
一貫性があり正確な動きの検証は、原資産の完全性を確保するための基本です。

Sweatcoinの現在のプロセス、そしてローンチクレームに適用されているプロセスは、次のようなものです。

  • 1,000歩が検証されるごとに1Sweatcoinが付与されます。
  • バリデーターは記録装置から生データを受け取る。
  • そして、不正な行動を検出するアルゴリズムを実装し、真の動きだけが報われるようにします。
  • バリデーターは、現時点ではSweatCo Ltd.のみです。

今後、アクティビティトラッカー、フィットネス機器メーカー、フィットネスアプリ開発者などのサードパーティがMovement Validatorとして活動できるよう、検証プロセスを分散化する予定です。
例えば、FitBit、Apple Watch、Pelotonなどです。
これらのトラッキングサービスは、Movement Validatorとして動作させるためにSWEATを出資する必要があります。

その見返りとして、彼らはすべてのトランザクションに対して%手数料を受け取ります。
分散化することで、さまざまな種類の身体活動のための新しい市場を可能にします。
また、運動というオープンエコノミーの幅を広げることができます。

データの取り扱いに関して

あなたのデータは、あなたのものです。
今も、そしてこれからも。

Sweatcoinはユーザーデータを販売したことはありません。
Sweat Foundationも同様です。

Sweat Foundationは、SWEAT保有者が自分のデータをマネタイズすることを選択できるプラットフォームを構築します。

このプラットフォームを通じて、SWEATホルダーは、例えば、次のような選択をすることができます。
自分の運動データにアクセスするための費用を負担する医療保険会社と契約する。
SWEATの保有者は、自分のデータを集合的なデータプールに提供することができます。
その結果、世界的な活動指数などの機能を得ることができます。
保険会社、医師、学術機関、投資家などがこのデータに対してお金を払うことになります。
そして、そのデータの作成者であり、所有者であるあなたが報酬を受け取ることになるのです。
そしてDAOはサービスを運営するための手数料を徴収します。

私たちは自律性を信じています。
これは原則であり、私たちのミッションの一部でもあります。
私たちは、各自が作成したデータを所有すべきだと信じています。
そして、そのデータを所有することで、自分自身が動くための報酬を増やすべきだと考えています。

スウェットのファンダメンタルズ

TGEは2022年第3四半期に発生する。
発表(2022年4月)からTGEまでの間、スウェットコインのすべての適格なユーザーは、スウェットコイン残高でオプトインすることができます。
スウェットコイン残高を1:1のレートでTGEに参加することができます。
参加するスウェットコインを消費することなく、1:1のレートでTGEに参加することができ、実質的なレートは1,000歩=1SWEATとなります。

TGE以降、新しいSWEATを鋳造する唯一の方法は、ムーブメントである。
ムーブメントバリデーターによって検証されます。

TGE以降、ユーザーが最初に歩いた5,000歩のみがSWEATを生成することができます。
それ以上の場合は、スウェットコインが生成されます。
この造幣の上限は、階層型造幣によって変更される可能性があります。
SWEATはNEARブロックチェーン上に構築されています。

TGEでは、SWEATはerc-20(Ethereum)トークンとnep-141(NEAR)トークンとして提供される予定です。

永続的な運動を促進するため、財団は活動休止料を導入する予定です。
これはこれは、一貫した習慣を促進するという私たちの使命と一致するだけでなく、指数関数的に減少するインフレ率に貢献することになります。
(手数料の正確な詳細は、DAOを管理するSWEATホルダーに委ねられます)

トークン・エコノミクスの紹介

下記の活動により得られた収益は、まず、Sweat Foundationに送られます。
Sweat Foundationはこの価値をSWEATに還元します。
その後、Sweat DAOに送られ、Sweat DAOはveSWEATによって統治されます。

NFT
  • サードパーティのNFTプロバイダーは、SWEATにお金を払ってNFTをユーザーに販売する必要があります。
  • ユーザーはNFTの購入やアップグレードをSWEATで行うか、さもなければ相当量のSWEATを賭けることができる。
DeFi機能

スウェットウォレットは、以下のようなDeFi機能を提供することで手数料を得ることができます。

  • 暗号資産の売買
  • SWEATと他の暗号との交換
  • 流動性の提供
  • ステーキング

ユーザー数が多いので、手数料の蓄積も大きくなります。

顧客へのアクセス

トークンの販売を希望するプロジェクト、またはNFTをSweatコミュニティに販売したいプロジェクトは、SWEATで手数料を支払う必要があります。
また、ユーザーに対して無料または大幅な割引価格で製品を提供する必要があります。

広告

7600万人のユーザーを数えるアプリ(SweatcoinとSweat Wallet App)は、広告を掲載します。
広告主は、この顧客基盤にアクセスするために SWEAT で支払う必要があります。

代替運動検証者

代替運動検証者は、この顧客基盤にアクセスするために SWEAT で支払わなければなりません。
代替Movement Validatorは、Movement Validatorとして活動するために、相当量のSWEATを出資する必要があります。

データ分析

Sweat DAO は、個人に自分のデータの所有権を与え、そのデータを収益化する機会を提供する。
そのため、あらゆる機関、投資家、医療機関、保険会社が、個人の SWEAT を購入し、そのデータを収益化することができます。

プレミアムサブスクリプションサービス

スウェットコイン・アプリのようなプレミアムサービスには、多くの特典があります。
プレミアムサービスには、独占市場、NFT、ソーシャルチャンネルなどへのアクセスが含まれます。
ユーザーは、プレミアムサブスクリプションを利用するために、SWEATで支払う必要があります。

トークン・エコノミクスのフェーズ1

以下のトークン・エコノミクスでは、SWEATの中核となる機能と実用性を示しています。
これを実現するために、Sweat Wallet Appを提供します。

TGE以降、SWEATは世界で最も人気のあるCEXやDEXで利用できるようになると予想されます。
実用化の第一段階は、以下の通りです。

  • ステーキング。SWEATで魅力的な%リターンを獲得しましょう。
  • 段階的なミンティングの制限。より多くのSWEATをステイク/アキュムレーションしたユーザーには、より高いミンティングリミットが与えられます。
  • リワード。報酬:オンチェーンおよびオフチェーンでの報酬は、SWEATの量に応じて、保有者に与えられます。
  • SWEATコミュニティのテレグラムとDiscordのプライベートチャンネルにアクセスすることができます。

トークン・エコノミクスのフェーズ2

ダイナミックなNFT

より進化したNFTは、ステーキングマルチプライヤー、1日の造幣限度額の引き上げ、オン/オフチェーン報酬など、より大きな報酬と効用をもたらします。
オン/オフチェーン報酬など、より大きな報酬と実用性が得られます。
NFTを進化させるためには、SWEATを供給する必要があります。

フィアット・オンランプ

ユーザーはフィアットで暗号資産を購入することができます。
カードや銀行口座を使って簡単にSWEATを購入できるよう、主要な支払処理業者と協働する予定です。

トークン・エコノミクスのフェーズ3

  • CEX/DEXと統合し、暗号資産の売買や交換を可能にします。
  • NFTマーケットプレイス。サードパーティのNFTマーケットプレイスとの統合。NFTマーケットプレイスとの統合により、ユーザーのNFT体験をより豊かなものにします。
  • 暗号資産マーケットプレイスで厳選されたオファーを提供します。段階的な取引手数料。取引手数料の階層化。DEX、入金、出金機能の取引手数料が安くなります。
  • 紹介料。SWEATの大口保有者には、より高い紹介料が発生します。
    現在、Sweatcoin Appの成長の20%は紹介によるものです。
  • Sweat DAO。財団は徐々にガバナンスをSweat DAOに委ねる。活動によって得られた収益は、Sweat DAOに送られ、Sweat DAOはveSWEATによって統治されます。

トークン・エコノミクスのフェーズ4

  • 動きのあるオープンな経済。当財団は、まったく新しい経済の創造と進化を支援します。
  • データ分析。Sweat DAOは、個人に自身の運動データを収益化する機会を提供します。
  • ムーブメントバリデーター。SweatCo Ltd.独自の運動検証アルゴリズムを他のアクティビティトラッキングと共有することで、運動検証を行うことができます。

スウェット・トークンの供給について

SWEATの供給には上限がなく、永続的に運動を奨励することができます。
しかし、これは、指数関数的に減少するコントロールされたインフレ率とのバランスです。
SWEATの鋳造難易度は指数関数的であるため、インフレ率はゼロに漸近します。

このことは、今日の動きが明日の動きより高い報酬を生むため、導入と移動を促進します。

新しい SWEAT の供給は、すでに提出された身体活動のみに依存します。
つまり、造幣されたトークンは身体活動の価値によって裏打ちされ、それ以外には何もありません。

指数関数的に減少するインフレを伴う無制限の供給は、身体的活動へのモチベーションを永続的に確保し、一貫して増加させます。

スウェットコインの考えるニュー・エコノミー

移動のオープンエコノミーは、交換について新しい考え方を導入しています。

他の何かを得るために、価値あるものを手放す必要はありません。
交換するムーブメントは、すでにあなたの利益になっているのです。
そして、さらに良いことに、それは簡単にアクセスでき、簡単に生産することができます。

また、それは自己実現的でもあります。
運動すると、エンドルフィンがポジティブな関連性を作り出します。
SWEATは、このポジティブなフィードバックの輪の中に入り込みます。

その結果、運動の継続と維持が促され、気分が良くなり、より多くの報酬を得ることができるのです。
運動が自己実現的であるなら、スウェットもそうです。

スキップ、水泳、サイクリング、ハイキング、または単にブロックを歩くなど。
その分、報酬を得ることができます。
自分自身、家族、雇用主、医療従事者、社会、そしてすべての人のためになる。
社会、そしてあなたが属する世界のためになるのです。

Sweatcoin(スウェットコイン)のFAQページ和訳

下記の内容は、Sweatcoin運営元からの依頼・承諾に基づき、公開されているSweatcoin(スウェットコイン)のFAQページの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。

なお、同FAQページの原文は、

https://help.sweatco.in/hc/en-us

↑こちらからご確認頂けます。

また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Sweatcoin(スウェットコイン)、SweatEconomy、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

なお、Sweatcoin(スウェットコイン)、及びSweatEconomyは、本記事の作成・翻訳作業に直接関与しておらず、その翻訳内容の正確性について、Sweatcoin(スウェットコイン)、及びSweatEconomyは保証する立場にありません。


Sweatcoin(スウェットコイン)の基礎知識

新しいデバイスにSweatcoin(スウェットコイン)のアカウントを移行する方法を教えてください(iOS > Android、またはその逆)

新しいデバイスを購入し、新しい携帯電話でSweatcoin(スウェットコイン)アカウントを設定する方法がわからない場合は、以下の手順を参考にしてください。

iOSからAndroidデバイスへの機種変更
  1. 旧iOS端末のSweatcoinアプリのプロフィール設定に移動します。
  2. 新しいAndroid端末で使用する新しいEメールを設定し、Sweatcoinのプロファイル設定で直接確認する
  3. 新しいAndroid端末でサインインする際は、新しいEメールを使用してください
アンドロイドから、iOSデバイスへの機種変更
  1. Android端末のSweatcoinアプリのプロフィール設定にアクセスする
  2. 新しいEメールを設定し、Sweatcoin Profile settingsで直接確認します。このメールはAppleIDとリンクしている必要があります。
  3. 新しいiOSデバイスでサインインする際、「Apple IDでサインイン」ボタンを使い、Eメールの共有を許可する(そうしないと動作しない)。

Sweatcoin(スウェットコイン)の「チャレンジ」企画について

コミュニティチャレンジの仕組みを教えてください。誰が参加できるのですか?

コミュニティ・チャレンジは、歩数目標に向かって歩くことを目的としたクラウドファンディング・キャンペーンです。
ユーザーが歩数目標に到達するのに十分な金額を寄付すると、キャンペーンのための資金がアンロックされます。

コミュニティチャレンジに参加すると、Sweatcoin(スウェットコイン)がもらえますか?

通常通り、歩数に応じてスウェットコインを獲得することができます。
コミュニティチャレンジに参加したからといって、追加でスウェットコインが付与されることはありません。

ウォーキングで獲得したSweatcoin(スウェットコイン)は、参加したコミュニティチャレンジに寄付されるのですか?

いいえ。コミュニティチャレンジに参加した場合、歩数で獲得したスウェットコインは寄付されません。
その代わり、あなたの歩数は全体の歩数目標にカウントされます。
スウェットコインを寄付したい場合は、マーケットプレイスでアクティブなSweatcoin for Goodキャンペーンを確認することができます。

レースとチャレンジに同時に参加できますか?

はい。レースとコミュニティ・チャレンジに同時に参加することができます。
また、アクティブで進行中のレースやコミュニティ チャレンジに好きなだけ参加することができます。

チャレンジの資金は誰が出すのですか?

Sweatcoinはコミュニティチャレンジに資金を提供しています。
私たちは、人々が関心を寄せる活動によって、より多く動くように動機づけることが重要だと考えています。

SweatCoin(スウェットコイン)の競争レースについて

SweatCoinのレースはどのように行われるのですか?誰が参加できるのですか?

レースとは、1ヶ月の間に歩数目標(例:250,000歩)を達成することを競うゲームです。
スウェットコインのアカウントを持っていれば、誰でもレースに参加することができます。

1ヶ月以内にレースを完走した(または歩数目標を達成した)すべてのユーザーは、歩数で獲得したスウェットコインに加え、ボーナススウェットコインを獲得できます。

いくつのレースに参加できますか?

アクティブで進行中のレース(およびコミュニティチャレンジ)には、お好きなだけ参加することができます。

後日参加した場合でも、レース開始時の歩数はカウントされますか?

はい。ある期間のアクティブで進行中のレースに参加すると、そのレースの開始時点から遡って歩数をカウントします。
たとえば、7月1日に始まったレースに7月3日に参加した場合、7月1日以降のすべての歩数がカウントされます。

レースを完走すると、どのような特典がありますか?

歩数によるスウェットコインの獲得に加え、レースを完走すると、ボーナススウェットコインとレース終了後の抽選で賞金を獲得するチャンスがあります。

レース終了後の抽選はどのように行われるのですか?

レースに参加し、時間内に歩数目標を達成して完走したすべてのユーザーは、自動的に賞品の抽選に参加することができます。
賞品抽選の当選者は、ランダムに選ばれます。

ステップゴールに達しなかった場合は、レース後の抽選に参加することはできません。
詳しくは、レースの賞金抽選条件をご確認ください。

レースで1位でゴールしないと賞品はもらえないのですか?

いいえ。ボーナススウェットコインを獲得したり、賞品の抽選に当選するために、誰よりも早くゴールする必要はありません。
ボーナスの対象となり、賞品の抽選に参加するには、その月内に目標歩数を達成する必要があります。
抽選の当選者はランダムに選ばれますので、レースでの順位に関係なく、どなたでも当選することができます。

詳しくは、レースの抽選条件をご覧ください。

抽選に当選したかどうかはどうすれば分かりますか?

抽選に当選した場合、スウェットコインアプリの残高やメールでのお知らせでご連絡します。
詳しくは、レースの抽選条件をご確認ください。

Sweatcoinを普及させるにはどうしたらいいですか?

時折、私たちはソーシャルメディアのインフルエンサーと協力して、Sweatcoinのミッションについて言葉を広める手助けをしています。

しかし現在、Sweatcoinを宣伝する最良の方法は、あなたの友達紹介リンクを使用して友達を招待することです。
30人の友達を招待することに成功すると、あなたはSweatcoinのインフルエンサーの一員となり、インフルエンサーマーケットプレイスに独占的にアクセスできるようになります。

データアクセスのリクエストはどのようにすればよいですか?

Sweatcoinは、人々をより健康に、より幸福にするサービスを提供することに専念しています。
私たちはあなたのデータを販売することはありませんし、今後も販売することはありませんが、今日の世界では、あなたのデータで何が起こっているかわからないことを理解しています。
私たちは、常にお客様に対して透明であることを目指し、お客様のデータを喜んで共有させていただきます。

あなたのデータを要求するメールを privacy@sweatco.in まで送ってください。
あなたの身元が確認され次第、データをお送りします。

なお、私たちは、より多くのバッテリーを節約し、ユーザーのセキュリティを向上させた新しいアルゴリズムの実装のため、2019年末にGPSデータの収集を停止しました。
この時期以降に参加された方は、私たち側からGPSデータを送ることはありません。

SweatCoin(スウェットコイン)の残高を確認するにはどうすればよいですか?

一度獲得したSweatCoinは、自動的に残高に加算されます。
現在のスウェットコインの残高は、残高画面(ホーム画面からアプリの右上の残高をクリックするだけ)で確認することができます。

SweatCoinは、自転車でも使えますか?

現在の歩数計算アルゴリズムでは、サイクリングのあらゆるケースに対応できていませんが、多くのユーザーから、ズボンのポケットに携帯電話を入れておくと効果的であるとの報告をいただいています。
私たちは、できるだけ多くの身体活動をスウェットコインに変換できるよう、常にアルゴリズムの改良に努めています。

より効果的な方法を見つけたら、ぜひ教えてください。

Sweatcoinの仕組み

Sweatcoinの仕組みは、検証アルゴリズムを使ってあなたの歩数を追跡・検証することです。
あなたの歩数は、私たちの通貨であるスウェットコインに変換されます。
このスウェットコインは、アプリ内の「使う」セクションで使用することができます。

1,000ステップ= 0.95スウェットコインです。
私たちは、作成されたスウェットコインごとに小さな5%の手数料を請求します。
これは、私たちが明かりを灯し続け、皆さんに楽しんでいただけるようなスウェットコインを提供し続けることができるようにするためです。

私たちは、人々がより多く動き、その過程でモチベーションを維持できるようにしたいという思いから、スウェットコインを作りました。
私たちは情熱的なチームであり、皆さんに最高の製品をお届けしたいと思っていますが、まだまだ改善すべき点があることも理解しています。

Fitbit、Apple Watch、Garmin、Android Wearなどのウェアラブル端末(スマートウォッチ)はSweatCoinで利用できますか?

現在、SweatcoinはiPhone、Androidスマートフォン、Apple Watch(シリーズ1以外)のみで歩数を記録しています。

現在、すべてのウェアラブル端末と連携していない理由のひとつは、不正の可能性を排除するために、直接運動によるものではないと思われる歩数(経験上、特定のウェアラブル端末の歩数の最大30%は他の手段によるものです)をアルゴリズムで除去しているためです。

しかし、現在、いくつかの主要なウェアラブルブランドと、Sweatcoinを製品に統合するための話し合いを行っています。

ご期待ください。

SweatCoinを始めるのに費用はかかるの?

トラブルメーカーメンバーシップ以外のメンバーシップレベルは全て無料です。

特典の中には、追加で費用が発生するものもありますが、特典を受けるかどうかはあなた次第です。
必要な場合は、追加の支払いをダブルチェックするために購入する前に、オファーの説明を確認するようにしてください。

1Sweatcoinを獲得するには、何ステップ必要ですか?

1,000歩が確認されると1スウェットコインに変換され、ビジネスが取る5%の手数料が差し引かれます。
つまり、1日に10,000歩を歩けば、9.5スウェットコインを獲得できます。
私たちの革新的なアルゴリズムは、あなたのデバイスからの揺れやバンプを検出し、変換からこれらを割り引くことに留意してください。

私たちは、時間をかけて変換率と各スウェットコインの価値を向上させるために懸命に働いています。

Sweatcoinに友達を探したり、招待するにはどうすればよいですか?

友達を追加したり招待したりすることで、フォロワーを増やし、知り合った人とアクティブに過ごすことができます(ちょっとした切磋琢磨も悪いことではありませんね)。

友達を招待するには、ホームページの「友達を招待する」の隣にある「今すぐ5SWCをゲットする」ボタンをクリックするだけです。
携帯電話のアドレス帳、Facebook Connect、またはソーシャルメディア、電子メール、テキストメッセージを介して独自の紹介リンクを共有することにより、友人を追加することができます。
あなたのリンクから参加した友達1人につき5スウェットコインがもらえます。

友達がすでにスウェットコインを利用している場合、友達のユーザー名を知っていれば、その友達にスウェットコインを送るというのも一つの方法です。
その際、正しいユーザーに送るよう注意してください。
まず少額を送るのがベストな方法です。正しいユーザーであることを確認したら、スウェットコインを送った後にそのユーザーのユーザー名をタップすると、その友人を今後フォローできるようになります。

Sweatcoinは暗号通貨なのですか?

スウェットコインは暗号通貨ではありませんし、今後もそうなることはありません。
しかし、スウェットコインアプリは独自の暗号通貨SWEATを立ち上げ、スウェットエコノミーを動かしています。

Sweatcoinはどのように使うのですか?

スウェットコインは、以下のことに使用できます。

  • アプリのマーケットプレイスでブランドから商品やサービスを購入する
  • 世界中の好きなチャリティーキャンペーンにスウェットコインを寄付する。

マーケットプレイスにアクセスし、使用オプションを確認するには、ハンドバッグのアイコンをクリックし、オプションをブラウズしてください。
マーケットプレイスで提供される商品は、少なくとも1日に1回変更されます。

気に入ったものが見つかったら、オファーをクリックしてより詳しい情報を入手してください。
多くのオファーが100%スウェットコインで支払われ(追加支払いなし)、一方いくつかは割引されています。

オファーを選択する準備ができたら、”購入 “ボタンをクリックし、sweatcoinで購入してください。
購入完了の手順が記載された購入領収書が届きます。
ブランドのサイトで直接購入を確定する必要があります。

SweatCoinはどうやって利益を得ているのですか?

私たちは、マーケットプレイスのブランドとのパートナーシップでお金を稼いでいます。
そして、大きなヘルスケアや保険のパートナーとのパートナーシップを確立し始めています。

長期的には、国や地方自治体と協力し、国民や住民をより身体的に活動的にするという目標の達成を支援することに尽力しています。

詳しくは、スウェットコインがどのようにお金を稼ぐかについての私たちのブログ記事をご覧ください。

Sweatcoinを強制終了(スワイプアウト)することはできますか?

Sweatcoinを強制終了すると、アプリが起動しなくなるため、歩数のカウントができなくなります。
残念ながら、アプリを終了させたときの歩数をカウントして確認する方法はありません。

これは、バックグラウンドでスウェットコインを起動している状態(他のアプリを使用したり、携帯電話のホーム画面に戻ったりしている状態)とは異なりますのでご注意ください。

バックグラウンドでスウェットコインを起動したままにしておいてください。
このアプリは非常にバッテリー効率が良くなるように設計されており、大きな電力を使用しないはずです。
Sweatcoinを強制終了しても、あなたやあなたのデバイスに何のメリットもありません。
アプリが動作していれば手に入るはずのスウェットコインを逃してしまうだけです。

友人や他のユーザーとSweatCoinを送受信することはできますか?

登録したユーザーなら誰でもスウェットコインを送ったり受け取ったりすることができます。
スウェットコインを送金するには、残高から’送金’を選択し、送金相手のユーザー名を入力します。
なお、これは単に名前ではないので、正しいユーザー名(例:johndoe342345)を入力してください。
また、お友達のプロフィールページから直接送金することも可能です(「送信」ボタンをクリックするだけ)。

送金先のユーザーネームが正しいかどうか、必ず3回確認してください。

Sweatcoin(スウェットコイン)の歩数カウントのアルゴリズムはどうなっているのですか?

2019年にアプリのバージョン2をローンチし、屋外の歩数だけでなく、屋内の歩数も検証するようになりました。
現在、平均90%の歩数をスウェットコインに変換しています。

すべてのSweatcoinが努力と移動によって獲得されたものであることを保証するために、検証アルゴリズムが導入されています。
もしそうでなければ、ユーザーは携帯電話を振ったり、車の中でアプリを使うなどして、システムをごまかすことができる可能性があります。

私たちのアルゴリズムは、あなたの携帯電話から直接収集した歩数を分析し、位置、速度、動きの一貫性、方向、加速度などの他のデータポイントと照合して、それらが本物であることを確認します。

私たちのアルゴリズムはまだ完璧ではなく、あなたの歩数はスウェットコインに変換されないかもしれませんが、これは誰に対しても同じなので、他のコミュニティに遅れをとることはありません。
アルゴリズムの改善に努めていますので、今後の更新にご期待ください。

Sweatcoin(スウェットコイン)からログアウトする方法を教えてください。

Sweatcoinは1つの番号/デバイスにつき1つのアカウントしかサポートしていません(詳細は利用規約をご覧ください)ので、ログアウトすることはできません。

もし、私たちが見逃している重要なユースケースがあり、私たちの立場を変更する必要がある場合は、お知らせください。

Sweatcoinを購入することはできますか?

スウェットコインは物理的な動きによってのみ獲得できるため、当社のアプリ内で購入することはできません。

スウェットコインを売買するための市場を提供する、規制されていないピアツーピアの取引所が多数存在します。

これらの取引所はSweatcoinの運営元とは一切関係がないため、このような取引所を利用することを検討されている場合はご注意ください。

ユーザー名、メールアドレス、プロフィール画像、プロフィールテキストを変更するにはどうすればよいですか?

メールアドレスやその他のアカウント/プロフィールの詳細を変更するには、アプリのプロフィール画面を開いてから行ってください。

  • Androidの場合、画面中央の「編集」ボタンをクリックします。
  • iPhoneの場合、「編集」ボタン(左上の鉛筆アイコン)をクリックします。

電話番号を除くすべての個人情報を編集することができます。

Sweatcoinはどの国で利用できますか?

現在、Sweatcoinは以下の国で利用することができます。

  • アフガニスタン
  • アルバニア
  • アルジェリア
  • アンゴラ
  • アンギラ
  • アンティグア・バーブーダ
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • アゼルバイジャン
  • バハマ
  • バーレーン
  • バングラデシュ
  • バルバドス
  • ベルギー
  • ベリーズ
  • ベナン
  • バミューダ
  • ブータン
  • ボリビア
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ブラジル
  • 英領バージン諸島
  • ブルネイ・ダルサラーム国
  • ブルガリア
  • ブルキナファソ
  • カンボジア
  • カナダ
  • カーボベルデ
  • ケイマン諸島
  • チャド
  • チリ
  • コロンビア
  • コンゴ民主共和国
  • コスタリカ
  • コートジボワール
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • エクアドル
  • エジプト
  • エルサルバドル
  • エストニア
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • ガボン
  • ガンビア
  • グルジア
  • ドイツ
  • ガーナ
  • ギリシャ
  • グレナダ
  • グアテマラ
  • ギニアビサウ
  • ガイアナ
  • ホンジュラス
  • 香港
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • イラク
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • 日本
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • クウェート
  • キルギスタン
  • ラオス人民民主共和国
  • ラトビア
  • レバノン
  • リベリア
  • リビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マカオ
  • マケドニア
  • マダガスカル
  • マラウイ
  • マレーシア
  • モルディブ
  • マリ
  • マルタ
  • モーリタニア
  • モーリシャス
  • メキシコ
  • ミクロネシア
  • モルドバ
  • モンゴル
  • モンテネグロ
  • モントセラト
  • モロッコ
  • モザンビーク
  • ナミビア
  • ナウル
  • ネパール
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ニジェール
  • ナイジェリア
  • ノルウェー
  • オマーン
  • パキスタン
  • パラオ
  • パプアニューギニア
  • パラグアイ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • カタール
  • ルーマニア
  • ルワンダ
  • サントメ・プリンシペ
  • サウジアラビア
  • セネガル
  • セルビア
  • セイシェル
  • シエラレオネ
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ソロモン諸島
  • 南アフリカ共和国
  • 韓国
  • スペイン
  • スリランカ
  • セントクリストファー・ネイビス
  • セントルシア
  • セントビンセントおよびグレナディーン諸島
  • スリナム
  • スワジランド
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • タイ
  • トンガ
  • トリニダード・トバゴ
  • チュニジア
  • トルコ
  • トルクメニスタン
  • タークス・カイコス諸島
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • イギリス
  • 米国
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • バヌアツ
  • ベネズエラ
  • ベトナム
  • ザンビア
  • ジンバブエ

リストにない場合でも、ご心配なく。
SweatCoin運営元の通知リストに登録すれば、あなたの国での発売準備が整い次第、すぐにお知らせします。

ぜひ、お早めにSweatcoinをご利用ください。

アプリ内でデビットカードやクレジットカードをリンクできないのはなぜですか?

Sweatcoinは、体を動かすことで獲得できるため、アプリ内で購入することはできません。
また、マーケットプレイスに表示されるオファーについても、各ブランドが直接管理しているため、代金を受け取ることはありません。このため、プリペイドカードやクレジットカードをリンクさせるオプションはありません。

私の端末はなぜサポートされていないのですか?機種変更をしたほうがいいですか?

歩数をSweatcoinに変換するアルゴリズムには、ハードウェア歩数計チップを内蔵したデバイスが必要です。

現在、Apple社のiPhone5S以降と、Android端末の約半分(人気のあるAndroid端末のほとんどをカバー)にしか対応していません。
しかし、できるだけ多くのデバイスに完全な互換性をもたらすために努力しています。

Sweatcoinはバックグラウンドでも歩数をカウントしてくれるの?

はい、アプリはバックグラウンドで実行されている間、歩数を記録し変換することができます。
ただし、アプリを強制終了してしまうと、スウェットコインを獲得することができなくなりますので、ご注意ください。

他のユーザーをブロックするにはどうすればよいですか?

Sweatcoinで他のユーザーをブロックするには、そのユーザーのプロフィールをクリック > 右上の3つの点を見つける > 「ブロック」をクリック > ポップアップメッセージを読む > 「ブロック」をもう一度クリックします。

ブロックされると、そのユーザーはあなたのプロフィール、統計、取引、スウェットコインの送付を見ることができなくなります。
また、あなたが相手をブロックしたことを相手に知らせることもありません。

スウェットコインではプライバシーをどのように保護していますか?

私たちは、すべてのユーザーのプライバシーを保護するために細心の注意を払っており、ユーザーデータを第三者に共有したり、販売したりすることはありません。

詳しくはプライバシーポリシーでご確認ください。

新しい電話番号を取得したのですが、どうすればいいですか?

実は古いアカウントは自分で移行することができます。

アプリを削除し、再インストールするだけです。
その後、新しい電話番号を使用してオンボーディングプロセスを完了します。

旧アカウントに登録されていたメールアドレスを使用することで、すべてのスウェットコインとデータが新しい番号の下で1つの場所に保管されます。

Sweatcoinが完全対応しているデバイスは?

Sweatcoinは正確な動きを追跡するために、高度なセンサー、特に歩数計(加速度計とジャイロスコープ)を備えたデバイスを必要とします。
AppleのiPhoneでは、アプリはM7モーションコプロセッサーを使用しています(それ以降のモデルも同様)。

私たちは以下のiOSデバイスを完全にサポートしています。

  • iPhone 5s およびそれ以降
  • Apple Watch 2およびそれ以降

Samsung、Google、LG、Motorolaなどの人気デバイスを含む、Google Playストアに掲載されている全Androidデバイスの約50%を完全にサポートしています。

間違った相手にSweatcoinを送ってしまいました。どうすればいいのでしょうか?

友人にスウェットコインを送ったが受け取られなかった場合、間違ったユーザー(通常は似たようなユーザー名)に送ってしまった可能性が非常に高いです。送金する際は必ずユーザー名を確認するか、少額を送金して正しい相手にスウェットコインを送金しているかどうかを確認してください。

このような場合、スウェットコインを取り戻す最も早い方法は、誤って送信してしまったユーザーに連絡することです。誤って送ったユーザーに0.01スウェットコインを送り、送り返すよう依頼することをお勧めします。ほとんどのユーザーはこれを実行します。このユーザーとうまくいかない場合、現在、私たちはあなたのために取引を取り消すことができます。取引を取り消すには、下記よりお問い合わせいただき、ドロップダウンリストから “My friend didn’t get sweatcoins I sent “を選択し、取り消す必要がある取引と、スウェットコインを送る予定のユーザー名を具体的に説明してください。

スウェットコインを送る際には常に注意を払い、誰かにお金を送るときと同じように、細部にまで注意を払った上でこれらの取引を行うようにしてください。

Sweatcoinのアプリを使用するには、モバイルデータを有効にする必要がありますか?

Sweatcoinはモバイルデータなしで動作します。アプリはバックグラウンドで動作し、歩数とジオロケーションを追跡します。

Sweatcoinはデータなしで機能しますが、携帯電話は1日に1回、サーバーに接続してデータを送信し、確認とSweatcoinの受け取りを行う必要があります。

携帯電話のデータ設定から、無線LANの電波が届いているときだけサーバーとデータを交換するように設定することができます。この場合、アプリのカウントは停止しませんが、スウェットコインの受け取りや、リアルタイムでマーケットプレイスを見ることができるようになるのが遅くなります。

アカウントを削除するにはどうすればよいですか?

アカウントを削除したいとのことですが、何か説得することは可能でしょうか?もしそうでなければ、私たちのアプリをダウンロードし、試していただきありがとうございます。またすぐにお会いできることを願っています。アカウントを削除する方法は以下の通りです。

  1. 弊社にご連絡ください。
  2. ドロップダウンリストから「アカウントの削除」を選択します。
  3. 退会理由を入力
  4. 右上の紙飛行機のアイコンをクリックします。
  5. その後、メールをお送りします。リンクをクリックすると、Sweatcoiningから退会できます。

何か問題がありましたら、お客様のアカウントにリンクされているメールから privacy@sweatco.in までご連絡ください。

スウェットコインに有効期限はあるのか?

シンプルに、スウェットコインに有効期限はありません。

詐欺に遭ったらどうすればいい?

他のユーザーから騙されてスウェットコインを送られ、それを盗まれたという報告が数名から寄せられています。稼いだスウェットコインを少額でも送る前に、未知のユーザーを信頼できるかどうか、十分に確認する必要があります。

スウェットコインを2倍、3倍に増やすと約束するユーザーは、詐欺師である可能性が高いです。たとえ少量のスウェットコインを送って、それが2倍になったとしても、それは詐欺の一部であることが多いのです。大きな金額を送ると、すぐに彼らはそれを保持します。

万が一、詐欺にあった場合は、私たちに連絡し、ドロップダウンリストから「他のユーザーに詐欺にあった」を選択し、何が起こったのか、他のユーザーは誰なのか、どうやって彼らに出会ったのかを明確に述べてください。私たちは詐欺師に対してゼロ・トレランス・アプローチをとっており、これらのユーザーが本当に私たちの利用規約に違反している場合は、そのユーザーを追放することになります。

しかし、より多くのスウェットコインを獲得するためのトリックやハッキングは存在しないことを常に念頭に置いてください。

Sweatcoinは電池(バッテリー)の寿命に影響しますか?

ほとんどのAndroidやiOSデバイスでは、バッテリーの使用に関する問題はありませんが、一部のデバイスでは問題が発生しています。iOSを使い始めた当初は、バッテリーの消耗が問題でした。この1年間は技術的な工夫により、iOSアプリがトップ10に入ることはめったにありません。

バッテリー消費の問題が発生した場合は、アプリを開かず、デバイスの画面をオフにした状態でバックグラウンドで動作するように設定してください。

これらの問題を解決するために、定期的にアップデートをリリースしていますので、半分くらいは目をつぶっておいてください。

Sweatcoinのインフルエンサーになるにはどうすればいいですか?

インフルエンサーになるにはどうすればいいのでしょうか?

あなたの個人招待リンク(Sweatcoinプロフィール > 設定 > 友達の検索と招待 > コピー)を使って紹介すると、無制限のPaypalキャッシュバウチャーやその他の魅力的なリワードを獲得することができます。

招待した30人目がアプリに登録されると同時に、あなたのアカウントは自動的にアップグレードされます。ウェルカムメールをお待ちください。

SweatcoinをPaypalや銀行口座にキャッシュアウトすることはできますか?

現在のところ、Paypalや銀行振込でスウェットコインをキャッシュアウトすることはできません。

スウェットコインの残高を実際のお金に換える方法は、PayPalやAmazonのクーポン券(オークションに定期的に登場します)を購入する以外にはありません。さらに、多くの友人を招待し、インフルエンサー・マーケットプレイスの一員であれば、そこでもPayPalのオファーが表示されます。

長期的なビジョンとしては、スウェットコインを本格的な通貨にし、取引所に上場することですが、当面は、ブランドパートナーとのマーケットプレイスでスウェットコインを使い、オークション機能でスウェットコインを使って素晴らしいアイテムに入札することを楽しんでください。

毎日新しいオファーが用意されていますので、ある日突然、あなたのためのものが見つからなければ、またチェックしてみてください。

もしあなたが寄付をしたい気分なら、Sweatcoins For Good機能を使って、あなたのスウェットコインを素晴らしい活動に寄付することもできます。環境保護から人道的活動まで、さまざまなNGOやチャリティーを定期的に紹介しています。

Sweatcoinの歩数計測の修正について(端末・OS別)

Samsung(サムスン)の端末でSweatcoinを使用する場合

お使いのデバイスの設定が問題を引き起こしている可能性があります。Samsungユーザーの皆様に役立つヒントを以下にご紹介します。

  1. 最新バージョンのSweatcoinをデバイスにインストールしていることを確認してください(弊社は常に製品の改善に努めているため、新しいバージョンを頻繁にリリースしています)。
  2. Sweatcoinの端末設定で、バッテリーの節約を制限していないことを確認してください。
  3. 少なくとも12時間に一度はアプリを開いてください。
  4. デバイスの時刻と日付の設定をいじらないでください。アルゴリズムに干渉し、ステップが変換されなくなる可能性があります。デバイスの時刻と日付の設定が自動であることを確認してください。
  5. デバイスを再起動し、最後にアプリをアンインストールして再インストールしてみてください。

これらの手順を行った後、最大24時間放置し、状況が改善されるかどうかを確認してください。

もし、改善されない場合は、弊社までご連絡ください。

Motorola(モトローラ)の端末でSweatcoinを使用する場合

お使いのデバイスの設定が問題を引き起こしている可能性があります。多くのMotorolaユーザーに支持されているヒントを以下にご紹介します。

  • 最新バージョンのSweatcoinがデバイスにインストールされていることを確認してください(私たちは常に製品の改善に取り組んでいるため、新しいバージョンを頻繁にリリースしています)。
  • 端末の「アプリを表示」→「設定」→「バッテリーセーバー」→バッテリーセーバーがオフになっていることを確認してください。
  • 時刻を変更すると、変換に影響を与える可能性があるため、デバイスの時刻と日付の設定を「自動」にしてください。
  • デバイスを再起動し、アプリをアンインストールして再インストールしてみてください。
  • デバイスにプリインストールされているフィットネス/歩数記録アプリは、当社のアルゴリズムに干渉する可能性があるため、削除してください。
  • 少なくとも1日に2回はアプリを開き、アルゴリズムを改善するようにしてください。
  • これらの手順を行った後、最大24時間放置し、状況が改善されるかどうかを確認してください。

もし、改善されない場合は、弊社までご連絡ください。

Huawei(ファーウェイ)の端末でSweatcoinを使用する場合

お使いのデバイスの設定が問題を引き起こしている可能性があります。Huaweiのユーザーの多くに役立つことが証明されているヒントを以下にご覧ください。

  • その前に、PlayStoreから最新バージョンのSweatcoinをインストールしたことを必ず確認してください(私たちは常に新しいバージョンをリリースしています!)。
  • デバイスの「設定」>「アプリ」>「Sweatcoin」を探し、省電力モードのトグルがオフであることを確認します。
  • 端末の「設定」→「アプリ」→上部の3つの点→「特別アクセス」→「バッテリー最適化」→「許可しない」を「すべてのアプリ」に切り替える→「Sweatcoin」を探す→Sweatcoinをクリック→「許可しない」を選択(これはSamsungのようにアプリからのリクエストで可能です。)
  • 設定>バッテリー>アプリ起動>Sweatcoinを探す>スイッチを無効にする>開いたポップアップのスイッチをすべて有効のままにする(自動起動、二次起動、バックグラウンドで実行)「OK」をクリック(これはアプリからは調整できない)。
  • 使用していない他の歩数記録/フィットネスアプリを携帯電話から削除していることを確認してください(特にデバイスに組み込まれているもので、あなたが気づいていない可能性のあるもの)。これがしばしば問題になることがあります。
  • 少なくとも1日に2回はアプリを開き、アルゴリズムを改善するようにしてください。

これらの手順を行った後、最大24時間放置し、状況が改善されるかどうかを確認してください。

もし、改善されない場合は、弊社までご連絡ください。

iOSの端末でSweatcoinを使用する場合

iPhone 7以降(新アルゴリズム)
  1. デバイスにスウェットコインの最新バージョンがインストールされていることを確認してください(現在、私たちは常に製品の改善に取り組んでいるため、新しいバージョンを頻繁にリリースしています)。
  2. iPhoneの「設定」→「一般」→「バックグラウンドアプリの更新」→「Sweatcoin」アプリまでスクロールし、オンになっていることを確認してください。オンになっている場合でも、オフにしてからもう一度オンにすると、不思議とうまくいくことがあるので、トグルしてください
  3. 「低電力モード」が邪魔をしていないか確認する。確認方法は、iPhoneの設定>「バッテリー」>「低電力モード」>トグルがONになっているかOFFになっているかを確認してください。低電力モードがオンになっていても大丈夫ですが、その場合、少なくとも12時間に一度はSweatcoinを開くようにして下さい。
  4. 最近、時刻と日付の設定を変更しましたか?これは我々のアルゴリズムに干渉する可能性があるので、時間と日付の設定を自動に設定し、我々のアプリを再インストールしてください。)
  5. アプリをアンインストールして再インストールしてみてください(再インストールの際には、最初に登録したのと同じ電子メールを使用してください
  6. 1日に2回以上アプリを開き、アルゴリズムを確認する。
iPhone6 以前の端末

iPhone 7より古いデバイスでは、屋内の歩数が認識されないので、屋内をたくさん歩くと、変換率が低くなります(約30-40%)。iPhone7からは、平均変換率は90%と、かなり高くなっています。

これらの手順がうまくいかない場合は、アプリ内のサポートチケットに、これらの手順がうまくいかなかったことと、ユーザー名を記入してご連絡ください。

Android(アンドロイド)の端末でSweatcoinを使用する場合

まず、Sweatcoinの最新バージョンをインストールしてください(現在、特に新しいアルゴリズムを改善するために、アプリを常に更新しています)。

次に、以下の方法をお試しいただき、24時間以内に改善が見られるかどうかご確認ください。

  1. 歩数を記録する他のアプリをお持ちで、それらを使用しない場合は、デバイスからアンインストールしてください(多くの場合、デバイスにはプリインストールされたアプリがあります。)
  2. 端末の歩数計を無効にする。ホーム画面 > 設定 > プライバシー > 画面ロックとパスワード > 歩数カウンター表示 > 無効化
  3. デバイスの設定から、バッテリー節約/最適化および省電力モードが「オフ」になっていることを確認します。
  4. デバイスの時刻と日付の設定が変更されていないことを確認してください。もし時間と日付を変更してしまった場合は、アプリを再インストールすれば、数日で元に戻るはずです。
  5. アプリをアンインストールし、新たに再インストールします。(アプリを再インストールする際には、同じ認証情報を使用し、すべてのスウェットコインが1つの場所にあることを確認してください!)
  6. デバイスを再起動する
  7. 少なくとも12時間に一度はアプリを開くようにしてください。

Sweatcoinは室内の歩数をカウントするようになった?

もちろんです。

Android端末、iPhone(7以降)をご利用の方は、屋内・屋外を問わず、歩数換算ができるようになりました。

iPhone 6以前の機種では、互換性の問題でご利用いただけませんのでご注意ください。

Sweatcoinのオファー、及び、マーケットプレイスに関して

なぜインフルエンサーのレート/要件が変わったのか?

急速に成長する企業として、私たちはインフルエンサーマーケットプレイスがさまざまな地域の成長をサポートするためにダイナミックであることを確認しています。つまり、地域内の需要と供給に基づいて、インフルエンサーのオファー価格が変更される可能性があるということです。

招待券を節約している方にとっては不満なことかもしれませんが、価格は定期的に上下しますので、インフルエンサーマーケットプレイスに目を光らせておいてください。

異なる国の友人を招待した場合でも、インフルエンサーオファーを利用することはできますか?

リワードを受け取るには、次のことを行う必要があります。

  • あなたの母国(あなたが現在住んでいる国)からのみユーザーを招待してください。
  • 自国にいるときにリワードを受け取る

インフルエンサーオファーを獲得するために友人を招待する場合、自国のマーケットからユーザーを招待した場合のみリワードを受け取ることができます。これは、不正行為に対抗し、スウェットコインの整合性、そして最も重要なことですが、あなたのスウェットコインを保護するために実施されています。

オファーを購入するには、銀行口座が必要ですか?

キャンペーンによっては、そのままスウェットコインで購入できるものもありますが、クレジットカードの詳細が必要なものもあります。

商品をすべてスウェットコインで購入する場合でも、割引クーポンを購入する場合でも、銀行口座の詳細が必要になる可能性があります。一部のベンダーでは、価格の残額(割引クーポンを購入した場合)や配送料の支払いが必要です。

デイリーボーナスとは何ですか?

デイリーリワードは、マーケットプレイス内の広告を見るだけで、スウェットコインを獲得できる別の方法を提供します。デイリーボーナスを受け取るには、トップページの「デイリーボーナス」セクションまでスクロールし、「運試し」をクリックします。広告を最初から最後まで見ると、報酬が自動的にあなたの残高に追加されます。あなたは1日に3つのボーナスがあるので、試してみてください。

マラソンオファーとは?

マラソンオファーとは、長期的に取り組むべきものです。iPhoneやキャッシュリワードなど、マラソンオファーが充実しています。
注意:マラソン・オファーは需要と供給に基づいて変更されることがあります。

現在、これらの特典はスウェットコインインフルエンサー(最低30人の友人を招待することに成功するとアクセスできるようになる別個のマーケットプレイス)のみが利用可能です。

マラソン大会の特典の中には、数学的に、歩くだけで何年もかけて貯めることができるものがあることを理解しています。そこで、マラソン大会への参加をより現実的なものにするために、次のような方法をお勧めします。

  1. 毎日20K歩以上歩くようにする。
  2. 友達や家族をスウェットコインに招待する(スウェットコイナーが1人増えるごとに5スウェットコインがもらえます)。
  3. デイリーボーナスを1日3回利用する
  4. すべての方法を組み合わせてください

オファー価格が変動することがあるのはなぜですか?

スウェットコインのマーケットプレイスでは、需要と供給の関係でオファー価格が変動することがあります。スウェットコインの価格は、すべてのユーザーに公平に商品を購入する機会を提供できるよう、十分な期間在庫を確保するために時々変更されることがあります – さもなければ、すぐになくなってしまいます。

達成不可能なオファーがあるのですが…

私たちは、達成可能なデイリーオファーと、オークション機能で見ることができる大きなチケットオファーの組み合わせを持つように努めています。

より高価なオファーは、長期的に取り組むべきものであり、世界をよりアクティブにするという私たちの目標に沿ったものです。

今後、規模が大きくなるにつれて、より多くの価格帯のオファーを提供できるようにしたいと考えています。

マーケットプレイスのオファーがどれも気に入らない時はどうしたらいいでしょうか

マーケットプレイスチームは、プラットフォームにより多くのオファーを提供するために懸命に働いています。毎日160以上のブランドから少なくとも1つの新しいオファーがあります。

毎日午前8時以降にアプリをチェックし、最新のオファーをご確認ください。入手しやすいデイリーオファーと、定期的に変わる素晴らしいオークションの組み合わせを心がけています。

オファーのスウェットコインでの価格は、一般的に、スウェットコインではなく、商品を提供するブランド側の好みによって決まることにご注意ください。

Sweatcoinでどのようなオファーやブランドを見たいかお知らせください。

特典を購入したが、引き換えの詳細を忘れてしまった場合はどうすればよいですか?

残高に移動して、購入したアイテムをクリックして、クーポンコードを取得してください。

購入したオファーを返金してもらうにはどうしたらいいですか?

購入したオファーが機能しない(コードが使えない)場合、弊社にご連絡いただき、ドロップダウンリストから「返金を希望する」を選択し、以下のものを必ず添付してください。

  1. 購入時のレシートのスクリーンショット(スウェットコイン残高の写真
  2. 返品の理由

その後、私たちはそれを調べ、早急に返信します。ブランドから受け取った製品に問題がある場合、またはまだ何かを受け取っていない場合、私たちはあなたを紹介するだけなので、直接ブランドと連絡を取ってください。

誤って購入されたキャンペーンは返金できません。ご購入の際は、十分にご注意いただき、必ずキャンペーン条件をご確認ください。

Sweatcoinで自分のブランドを紹介するには?

partners@sweatco.in までメッセージをいただければ、すぐにご連絡いたします。

Sweatcoin(スウェットコイン)のサブスクリプション・プランについて

プレミアムにアップグレードした後、解約する場合、元のプランを取り戻すことができますか?

はい。プレミアムを試したけれども、自分には合わないと判断した場合、以前のプランを取り戻すことができます。

2021年8月3日以降、新規ユーザーはMover、Shaker、Breaker、Quaker、Troublemakerの各プランを見ることができなくなり、加入することができなくなります。
代わりに、無料プランとプレミアムプランが表示されます。

ただし、以前からのユーザーであれば、Breaker、Quaker、Troublemakerの各プランへのアクセスはそのまま維持されます。(ムーバーズとシェイカーズは無料プランに移行し、より快適にご利用いただけます)。

プレミアムプランが気になる方は、リスクなくプレミアムプランを体験することができます。
プレミアムプランを解約する場合は、以前のプラン(Breaker、Quaker、Troublemaker)に戻すことができます。

Breaker、Quaker、Troublemakerの各プランをキャンセルする場合、毎日10スウェットコインを獲得できる無料体験ができます。
同様に、これらのプランに再加入するオプションも残されています。

なぜ、Sweatcoinは、定額制を変更するのですか?

シンプルにするために、2つのプランだけにしました。無料とプレミアムです。
Sweatcoinともっと歩くことのメリットをできるだけ多くの人と共有したいので、複数のレベルを廃止しました。

無料プランが最も多くのユーザーの健康づくりをサポートします。

私たちは、ムーバーが、毎日5スウェットコインまでしか獲得できないため、5,000歩以上歩くことを阻害する要因になっていることに気づきました。
私たちは、習慣を変えることは難しく、進歩が一直線でないことを知っています。
より活動的なライフスタイルの構築を目指す座りがちなユーザーにとって、シェイカーやクエーカーなどのプランに「アップグレード」するタイミングがいつなのかは、明らかではありません。

ウォーキングやランニングを主な身体活動としている人は、1日1万歩を目標にするとよいでしょう。
私たちは、このような目標を、アプリの体験に支障をきたすことなく、すべての人に目指してもらいたいと考えています。

そのため、新しい無料プランでは、ウォーキング(およびランニング、サイクリング)で毎日最大10スウェットコインを獲得することができます。

また、プレミアムプランでは、無制限にスウェットコインを獲得することができます。

より多くのスウェットコインを獲得したい、アクティブなライフスタイルを送りたいという方には、プレミアムプランがおすすめです。
Premiumプランは、Troublemakerと同様に歩数に応じて獲得できるスウェットコインが2倍になりますが、Troublemakerとは異なり、獲得できるスウェットコインを制限することはありません。(Troublemakerプランでは、1日に獲得できるスウェットコインを25枚に制限していました)。

また、スウェットコインを最大限に活用するために、プレミアムユーザーのための特別なマーケットプレイスを設け、ギフトカードなどの限定特典にアクセスできるようにしました。

プレミアムの特典については、スウェットコインアプリのプレミアムアップグレード画面をご確認ください。また、Premiumは7日間無料でお試しいただけます。

スウェットコインの定期購入プランにはどのようなものがありますか?

Sweatcoinは2種類のプランでご利用いただけます。

プレミアムプランは7日間無料で試すことができます。
無料体験後、Premiumは月単位または年単位で支払うことができます。
最新の価格については、スウェットコインアプリをご確認ください。
Premiumプランの年額料金には大幅な割引が適用されます。

*Premiumプランには公正使用ポリシーが適用されますのでご注意ください。
プレミアムプランの1日の上限は100スウェットコインで、これは52,000歩以上と同等です。
歩幅にもよりますが、これは毎日1~2回のマラソンを走ることに相当します。
健康に重点を置く企業として、私たちは何事もやりすぎは体に悪いと認識しています。
そこで私たちは、不正行為を抑止するだけでなく、ユーザーがスウェットコインを獲得するために健康を損なうことがないよう、公正な使用ポリシーを導入しました。

Sweatcoin(スウェットコイン)に関する技術的な質疑応答について

Sweatcoin(スウェットコイン)へのサインアップ時にSMSコードが送られてこない

Sweatcoinへの参加を希望していただきありがとうございます。

携帯電話番号を入力する際は、コピー&ペーストではなく、「+」と国番号(例:米国は「+1」、英国は「+44」)から始まり、ダッシュ、ドット、スペースなどを使わずに番号を入力するようにしてください。
これを正しく実行しても届かない場合は、しばらく時間をおいてからもう一度試してみてください。

弊社はTwilioとNexmoの技術を使用していますが、この2社はこのSMSサービスを提供する上で最高の企業です。
何度も(正しい番号に)トライしている場合、相手側に問題がある可能性があるため、簡単に解決できない場合があります。
しばらく時間をおいて、それでも問題がある場合は、弊社までご連絡ください。

Sweatcoinアプリの技術的な問題が発生した場合はどうすればよいですか?

アプリがフリーズしたり、クラッシュしたり、その他の技術的な問題が発生した場合は、次のことをお試しください。

  • アプリが最新版であることを確認してください。最新版でない場合は、最新版をインストールしてください。
  • アプリを強制終了し、再度開いてください。
  • デバイスを再起動する

これらの手順がうまくいかない場合は、アプリを削除してから再インストールしてください。
スウェットコインのアカウントやスウェットコインが失われることはありませんのでご安心ください(再インストールの際には同じEメール/番号を使用していることを確認してください)。
これでほとんどの問題が解決するはずですが、解決しない場合は弊社までご連絡ください。

Sweatcoinの実行を止めるには?

アプリを完全に停止してスウェットコインを生成しないようにしたい場合は、強制終了(ホームボタンをダブルタップしてアプリをフリックしたとき)することができます。

長期間アプリを停止したい場合は、端末の設定>プライバシー>位置情報サービス>Sweatcoin>スイッチオフ(端末によっては同様の操作)で停止することができます。

再びスウェットコインの生成を開始したいときは、オンに戻すことを忘れないでください。

アプリをアンインストールして、後で再インストールした場合はどうなりますか?スウェットコインはなくなるのですか?

アプリをアンインストールした場合(ただし、アプリからアカウント削除のリクエストを開始しない)、後日アプリを再インストールして以前のアカウントにアクセスすることは可能です。
初期登録時に使用したメールアドレスと電話番号が同じであれば、再ログインしても同じように使用できます。

紹介リンクで友達を招待したのですが、スウェットコインがもらえなかったのですが?

友達を紹介してもスウェットコインがもらえなかった場合は、次のことを行ってください。

  1. お友達があなたのリンクをクリックした後、アプリに登録されたかどうか確認してください。
  2. アプリ > 残高を開き、トランザクションがすでにあるかどうかを確認します(これはウォーキングによる収入のみに関連しているため、トラッキング画面には追加されません)。
  3. 登録されているにもかかわらず、取引が行われていない場合は、もう一度携帯電話であなたの紹介リンクをタップしてもらい、アプリを開き、スウェットコインを発行してもらいます。

Sweatcoin(SWEATチーム)公式ブログ和訳

下記の内容は、サービス運営元からの依頼/承諾に基づき、Sweat Economyの公式ブログの各投稿の翻訳を試みたものです。
原文の一覧は、下記URLからご覧いただけます。

https://medium.com/@SweatEconomy

なお、誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、文中の一人称(例:私たち、私)は、Sweatcoin(Sweat Economy)運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Sweatcoinの「SweatEconomy」の紹介

Sweat Economy は、暗号資産の初心者から上級者まで、すべての人のためのサイトです。
暗号資産が初めてで、この素晴らしい技術についてもっと知りたい方は、FAQページをご覧ください。

2016年にSweatcoinを始めた日から、私たちは暗号通貨を開発したいと思いました。
私たちは、暗号資産をうまく利用すれば、運動の価値を個人に還元できることを知っていました。
分散型、ボーダーレスなトークンであれば、動く人と動く人を真のインセンティブでつなぐことができると考えていました。

しかし、2016年当時、そのビジョンを実現できるテクノロジーは存在しませんでした。
今はあります。

Sweat Economyへようこそ。
あなたの動きに価値をもたらし、より健康で豊かな地球を鼓舞するために設計されたエコシステムです。

あなたの歩数に応じて収入を得ることを開始しましょう。

進化、そして革命

私たちは運動にインセンティブを与えることが大好きです。
それは、私たちが最も得意とするところです。
Sweatcoinでこれまでに達成したことを紹介します。

  • 6,000万人以上のユーザー(世界展開でさらに7,000万人増加の見込み)
  • 2021年第3四半期にアプリ内マーケットプレイスでSweatcoinが6,000万ドル交換されました。
  • アプリをダウンロードした後のユーザーのアクティブ度が20%アップ

しかし、これはまだ始まりに過ぎないことを私たちは知っています。
Sweat Economyでは、私たちのビジョンの可能性を最大限に引き出しています。

私たちは、政府、健康保険会社、お気に入りのブランドのいずれに対しても、運動には価値があることを知っていますが、その価値を測定し適用する普遍的な方法がこれまでなかっただけなのです。

Sweat Economyの主な特徴

SWEATを搭載

SWEATは、検証されたステップによってミントされます。
暗号通貨が真に魅力的であるためには、アプリケーション、ユーティリティ、ユースケースが必要です。
SWEATの場合、Sweat Economyによって実用性を実現しています。

オープンであること

私たちはよく「オープン」を「パーミッションレス」と表現しますが、これは誰も経済に参加するために私たちの許可を必要としないためです。

  • 原則的に、制限された領域外の人は誰でも自由にSWEATを移動しながらミントし、トークンに関連する報酬を得ることができます(報酬については、Aboutを参照してください)。
  • アップルウォッチ、FitBit、Technogym、その他のウェアラブルやアクティビティトラッカーなど、どのようなエンティティでも自由に動きを検証してSWEATを獲得することができます。動きを検証する主体は、Movement Validatorsと呼ばれます。
  • SWEATを購入してユーザー層に広告を出すブランドや、保険料を安くするために活動量を証明したい医療保険会社など、誰でも自由にビジネス目的で利用することができます。
グローバルであること

より健康でより豊かな地球を作るためには、経済がボーダーレスである必要があります。
現時点では法的な理由で制限されている地域がいくつかありますが、Sweatcoin、そしてスウェットエコノミーは基本的にボーダーレスです。

SWEATをミントする方法は現在Sweatcoinアプリのみですが、アプリはグローバルに展開しています。
やがて、SweatcoinアプリはSweat Economyの1つの断片となることでしょう。
SWEATのミントは、Sweatcoin Appが利用可能な国に依存せず、真のグローバルポテンシャルを発揮することができます。

非中央集権であること

新しい経済のルールを決定する中央集権的な組織は存在しません。
オープンで自由な市場は、より効果的、効率的、かつ有利であるというのが経済の基本原則です。

そのため、Sweat Economyのルールを決めるのは私たちではありません。
SWEATホルダーは、2023-24年に予定されているSweat DAOを通じて、重要な経済の決定について投票することになります。

Sweat Economyは中央集権的なアプリ(Sweatcoin)から立ち上がるかもしれませんが、私たちはコミュニティに権力を分散させます。
やがて、コミュニティの希望に応じて、他のマーケットプレイス、他の形態のムーブメント、ユースケース、アプリケーションを出現させることができます。
Sweatcoinアプリは、広く、自由で、オープンな経済の1つのセグメントに過ぎないでしょう。

Sweat Economyは、「運動は生活を向上させる」というシンプルな原則のもとに設立されました。
Sweatcoinで証明したように、運動はインセンティブを与えることができます。
そして、SWEATで、私たちは、あなたが稼ぐための新しい方法、経済的インセンティブの新しいモデル、より健康で豊かな地球をもたらすための新しい方法をもたらすために、ビジョンを拡張し、進化させていきます。

Sweatcoinのトーケノミクス【第1段階】について

私たちは、「SWEAT(スウェット)」を、「動くこと」に報酬を与えるために作りました。
子どもたちの通学路を歩いているとき、お店まで散歩しているとき、昼休みに公園を歩いているとき。
私たちは、毎日のムーブメントを祝福したいのです。
そして、より多くのムーブメントを奨励したいのです。

単純な事実として、あなたの動きには価値があります。

政府は職場までの自転車通勤を奨励し、保険会社はアクティブな顧客に対して割引を提供し、雇用主はジムの会員費を負担し、ブランドはあなたの身体活動を奨励しています。

このように、私たちは「動きの経済」の基礎を見ることができます。
しかし、どんな経済でもそうですが、価値を表し、交換する方法が必要です。

それが、SWEAT、そしてSweatcoin(スウェットコイン)の目的です。
新しい暗号通貨が、新しい経済を動かす。
そして、私たちの製品、仕事、パートナーシップを通じて、動きに新しいインセンティブをもたらす方法です。

以下、トークンの基礎知識、供給、トークノミクスプランのフェーズ1について説明します。
SWEATのミッションである「Making the world move more」を達成するために、SWEATはどのように貢献できるのか、一緒に考えていきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)がこれまで学んだこと

Sweatcoin(スウェットコイン)マーケットプレイスは、活発な経済活動であり、ユーザーの動きとエンゲージメントにインセンティブを与え、収益化するための新しい方法を示しています。
過去9ヶ月間で、ユーザーはスウェットコインを$187M相当の商品とサービスに交換しました。

2021年第3四半期
6,000万ドル
2021年第4四半期
5700万ドル
2022年第1四半期
7000万ドル

しかし、これはほんの始まりに過ぎません。
暗号通貨があれば、さらなる可能性が開けると信じています。
Sweatcoin(スウェットコイン)、そしてSWEATは、単一のアプリ、限られた地域、単一のマーケットプレイスから解放されます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトークンのファンダメンタルズ

  • SWEATはローンチ時にNEARで構築され、TGE(トークン・ジェネレーション・イベント)後に、ERC-20とNEP-141に対応する予定です。
  • SWEATは検証された動きによってのみミントされます。
  • 各SWEATは、前回よりも多くのステップを経てミントされることとなります(Bitcoinの半減期と同様)。
  • SWEATのインフレ率は減少し続けます。
  • TGE以降、ユーザーの最初の5,000歩のみがSWEATを生成し、それ以上はSweatcoinを生成します。
  • 今のところ、SWEATを生成する運動は、ランニングやウォーキングなどの歩数です。
  • FitBitやApple WatchなどのMovement Validatorは、ユーザーにMove to Earnを提供するためにSWEATを大量に出資し、出資したSWEATの5%の手数料を受け取ることができます。
Sweat DAO
私たちは、veSWEATによって統治されるDAOに権力を分散させます。
これは非常に重要なことで、発生した収益はDAOに行くので、SWEATホルダーは重要な財務の決定について投票することができるようになります。
Sweat Wallet App
あなたのSWEATを管理する場所です。
ステーキングなどの将来の機能は、アプリから利用できるようになる予定です。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトークン供給について

移動のインセンティブとなるSWEATは、永遠に無限に供給されます。
ただし、インフレ率は常に低下しており、各SWEATは前回よりもミントしづらくなっています。

  • TGE前の時点では、1,000歩=1SWEATですが、
  • 2024年までに、1,000歩=0.11SWEAT、となります。

Sweatcoin(スウェットコイン)トークノミクスの「フェーズ1」

以下の機能は、私たちのコミュニティに、SWEATを蓄積し、保有し続けるための魅力的な報酬を提供するものです。
Sweat Economyには長期的なビジョンがあることを忘れてはいけません。
移動の新しい、オープンな経済を確立することです。
これはその第一歩です。

ステーキング昨日
ユーザーはSWEATをステーキングすることで、魅力的なリターン率とWeb3リワードへのアクセスを得ることができます。
SWEAT の段階的なミント制限
より多くのSWEATをステークし、蓄積しているユーザーほど、より高いSWEATミンティングリミットが設定されます。
オンチェーンおよびオフチェーンでの報酬
SWEATトークンの保有者や、ステーキングの利用者には、そのSWEATトークンの量に比例して報酬が与えられます。
また、報酬は、ユーザーにより多くの価値をもたらすために継続的に改善されます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の「次のステップ」

次のブログポストでは、ダイナミックNFT、暗号資産同士の交換などのエキサイティングな情報を含む、トークノミクスの次のフェーズについてお話する予定です。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトークン・エコノミクスの「第2フェーズ」

この記事は、私たちのトークノミクスの様々なフェーズを概説する4部構成のシリーズの第2部です。
最初のトークノミクスの記事では、SWEATの基本原理、トークンの供給、そしてTGE直後に実施されるトークノミクス(フェーズ1)を紹介しました。

次は、今年中に予定されているフェーズ2です。
フェーズ2は、我々のコミュニティを、真にオリジナルで、エキサイティングで、やりがいのあるWeb3体験に迎え入れる瞬間なのです。

このフェーズのトークノミクスでは、Sweat Wallet Appの中でのユーティリティに焦点を当てます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の提供する、Sweat Wallet App(スウェット・ウォレット・アプリ)とは

アプリはユーザーにとってWeb3への入り口となります。
トークノミクスのフェーズ1では、アプリはSWEATを管理する場所であり、移動とステーキングによってより多くの収入を得るためのものです。

フェーズ2では、アプリは全く新しいWeb3体験のホームとなります。

  • SWEAT NFTsの仕組みの導入
  • SWEATや他の暗号資産を、クレジットカード/デビットカードで簡単に購入できます。

ダイナミックNFTs

SweatコミュニティはSWEAT NFTsを取得することができます。
NFTはSWEATを体験するための重要な鍵になります。

NFTは、Move to Earnのすべてのプロセスを楽しくするためにデザインされたもので、運動に対する報酬です。
SWEATのNFTは、あなたの運動に対する姿勢や参加度合いを表し、進化、アップグレード、減衰、ブースト機構を備えています。

法定通貨を利用できるように

これは簡単に言うと、ユーザーがアプリで米ドルやユーロなどの伝統的な通貨を入金できるようになることを意味します。
CEX/DEXとの統合が必要なことに加え、大手決済代行会社と連携し、カードや銀行口座などを使って簡単にSWEATを購入できるようにする予定です。

これにより、Sweat Walletアプリは、SWEATを管理する場所以上のものになります。
すべての暗号通貨を管理することができるようになるのです。

私たちは、ユーザーのWeb3体験をできる限りシンプルにしたいので、この機能を作っています。
暗号資産を大衆が受け入れるにあたり、その障壁の1つは、ウォレットのセットアップ、法定通貨の利用、および取引などの難しさです。
新機能によって、私たちは何百万人ものユーザーに、Sweat Wallet App自体を通じて直接暗号資産の世界にアクセスできるようにしています。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトーケノミクスの第3段階について

トークノミクスの計画は、すべてあなたのムーブメントの報酬を増やすことを目的としています。
フェーズ3では、SWEAT保有者に即時の報酬と実用性を提供すると同時に、我々の長期的な目標である「運動のオープンエコノミーの創造と発展」を高揚させるための土台を築き上げます。

フェーズ3は、2023年から24年にかけて実施される予定です。
フェーズ1とフェーズ2のブログ記事、または先週発表したSweatトークンのライトペーパーをご覧ください。

フェーズ3の概要

  • Sweat DAO
  • 暗号資産同士の取引所
  • NFTマーケットプレイス
  • 精選されたオファーによるマーケットプレイス
  • 段階的な取引手数料
  • 出資比率、保有比率、NFTの要素により、より高い紹介報酬が得られる。

Sweatcoinの構築するDAO

DAOとは「decentralized autonomous organization」の略で、「分散型自律組織」という意味です。
実際には、それほど複雑なものではありません。
共通の目標に向かって協力し合える人たちの集まりだと思ってください。
単一の権威があるわけではなく、メンバーは投票によって意思決定を行います。
投票権はガバナンストークンの保有に相関しており、私たちの場合はveSWEATがそれにあたります。
ブロックチェーン上のスマートコントラクトでルールがハードコーディングされているため、グループのメンバーは他の人を知ったり、信頼したりする必要はありません。

SWEATの保有者は、veSWEATでDAOを統治します(ガバナンスのためには、SWEATをロック)。
DAOは、様々な重要な決定に責任を持つことになります。

しかし、最も重要なのは、Sweat DAOのトレジャリーに保有される資金のガバナンスです。
私たちの使命の大きさと範囲、そしてユーザーの関与と動きをうまく収益化する創業チームの実証済みの能力を考えると、この資金は莫大なものになると予想されます。
ちなみに、今年の第1四半期だけで、$70Mの価値が交換されました。

これは、インフレで中央集権的なアプリ内通貨で達成されたことを忘れないでください。
オープンで、ボーダーレスで、デフレのメカニズムが組み込まれた暗号通貨の可能性を考えてみてください。

以下は、トレジャリーが計画している収益方法の例で、DAOが設立されるとその収益がDAOに支払われます。

ユーザーNFT
ユーザーはNFTをSWEATで購入しアップグレードすることができ、またSWEATを大量にステークすることでアップグレードすることもできます。
サードパーティのNFTプロバイダー
ユーザーベースにNFTを販売するためにSWEATで支払う必要があります。
DeFi機能
Sweat Wallet Appは、ユーザーに新しいWeb3体験を提供します。

  • 暗号資産の売買
  • 交換
  • ステーキング
  • 流動性提供

等です。
ユーザー数が多いので、蓄積された手数料はかなりのものになるでしょう。

利用者へのアクセス
トークンやNFTをSweatコミュニティに販売したいプロジェクトは、SWEATで手数料を支払うか、またはマーケットプレイスを通じてユーザーに無料/高割引の製品を提供する必要があります。
広告掲載
広告主は、SWEATの8000万人のユーザーにアクセスするために、SWEATでお金を払う必要があります。
これは、ブランドにとって非常に価値のあることです。
プレミアムサブスクリプションサービス
プレミアムサブスクリプションは、限定マーケット、NFT、ソーシャルチャンネルなどへのアクセスなど、多くの特典を含みます。
ユーザーは、このサービスを利用するために、SWEATで支払いを行う必要があります。

第4期では、

  • 代替運動検証ツール
  • データ分析

という、2つのSWEAT生成アクティビティが予定されています。

暗号資産同士の交換機能について

第3段階では、アプリとCEXs/DEXsの統合が予定されています。
これにより、ユーザーはSweat Walletアプリ自体で暗号と暗号を交換することができるようになります。

NFTマーケットプレイス

これにより、ユーザーはアプリ内でNFTを売買することができるようになります。

キュレーションされたオファーのマーケットプレイス

Sweatcoin Appは、すでにマーケットプレイスが盛んです。
この機能を強化し、ユーザーが様々な割引、商品、サービスを利用できるようにする予定です。

取引手数料の段階的な設定

取引手数料は、ユーザーのNFTのレベル、またはSWEATの保有量や保有株数に応じて設定される予定です。
高いレベルのユーザーは、DEX、入金、出金機能の取引手数料が安くなるメリットがあります。

段階的な紹介者報酬

現在、スウェットコインアプリの成長の20%は、紹介によるものです。
上記と同様に、ユーザーのNFT、つまりSWEATの保有量/ステーキング量によって階層が決まります。
高い階層は、紹介に成功するとより高い報酬を受け取ることができます。

第3段階は、進化し続ける最終段階である第4段階への布石となります。
これは、現在のロードマップでは最終段階かもしれませんが、私たちは新しい経済の始まりだと考えています。
この最終段階について、ぜひご期待ください。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトークン・エコノミクスの第4段階-「運動」のためのオープン・エコノミー

現在のロードマップの終わりは、まったく終わりではありません。

第4段階は、新たな章の始まりです。
それは、強固な基盤のもと、Sweat Economyが運動のオープンエコノミー全体をサポートできるようになる瞬間であり、あらゆる形態の運動に対して、ますます魅力的な方法で皆に報酬を与える方法です。

この新しい経済の展開を開始するために、トークノミクスの第4段階では、2つの重要な機能があります。

代替運動バリデーター

運動バリデーターは、ユーザーの動きを検証し、不正行為を検出し、ユーザーのSWEATを独自にミントするエンティティです。

あらゆるアクティビティトラッカーやウェアラブルが運動バリデーターとして機能することで、経済がより分散化されます。
また、新しい人口を招き入れ、新しい形の動きを取り入れることで、より強力なものになります。

運動バリデーターの具体的な仕組み

ムーブメント・バリデータとは、厳密に言えば、アクティビティトラッカーやウェアラブルを運営する組織であり、例えば、ジム機器を運営するテクノジムや、Peloton Bikeを運営するペロトンなどが挙げられます。
この組織は、相当額のSWEATをステーキングしなければなりません。
ステーキングされた資金は、バリデータのパフォーマンスが低い場合、あるいは悪意がある場合には、切り崩すことができます。

ムーブメントバリデーターは、その役割の見返りとして、出資したSWEATの中から手数料を受け取ります。
現在、SweatCo LtdのMovement Validatorは、ミントしたSWEATの0.5%を受け取っています。
これは、Win-Win の関係です。
ムーブメント・バリデータは、ユーザーに SWEAT を提供し、自分も SWEAT を獲得することができます。
Sweat Economy は、新しい人々や組織の顧客を迎え入れながら、そのコミュニティに新しい形の活動を提供し、SWEAT を獲得することで利益を得ます。

水泳、自転車、ヨガなど

自転車、水泳、ヨガ、ピラティス、ジムワークなど、自分の好きなように動いて報酬を得ることができるようにしたいと考えています。
これは、真のムーブメント・エコノミーを実現するための基本です。

このような動きをモニターし、追跡することに特化したプロジェクトや企業、組織が豊富に存在します。
Sweat Economyを通じて、彼らは顧客ベースを増やし、暗号資産を獲得し、新しい経済に参加するための「無理のない」インセンティブを提供することができます。

Sweatcoinが8500万人のユーザーの歩数を稼ぐとすれば、Sweat Economyが非常にオープンで幅広く、社会に深く根付き、10億人がSWEATで稼ぐために動くことができると我々が信じている理由がお分かりいただけるでしょう。

データ分析

スウェットコインはこれまでユーザーデータを販売したことはありません。
Sweat Foundationもそうするつもりはありません。
Sweat Economyでは、あなたが生産したデータはあなたのものです。

Sweat DAOは、ユーザーが選択すれば、このデータをマネタイズできるようにします。

個人は、自分の運動データへのアクセスにお金を払う健康保険会社と契約することができます。
これは、人々が健康保険の割引などを得るようになる一つの方法です。

また、ユーザーは、自分の個人データを集約されたデータプールに提供することを選択することができます。
詳細で高密度、かつグローバルな移動データには、無限の可能性があります。

例えば、投資家は世界の健康動向を示す指標を利用して、医療費に対するヘッジを行うことができます。
保険会社は、このデータを自社のビジネスモデルの一部にすることができるでしょう。
また、医師や学術機関は、分析に値する情報を得るためにこのデータを欲しがるでしょう。

このデータにアクセスしたい人は、お金を払わなければなりません。
報酬はデータをプールに提供した人に戻り、DAOはサービスを運営するための手数料を受け取ることになります。

暗号資産の仕組みは常に、所有権と自律性を個人に戻すことを目的としています。
SWEATでは、この結果、移動のインセンティブが加わります。

動きのあるオープンエコノミーを展開

なぜ、このプロジェクトが「Sweat Economy」と呼ばれているのか、不思議に思ったことはないでしょうか。
多くのプロジェクトはネットワークやエコシステムを名乗っていますが、それでは私たちのミッションの全容を把握することはできません。

このミッションは、ムーブメントに生来の経済的価値があるからこそ可能なのです。
Sweat Foundationは、この固有の価値を実現することと、ムーブメントにさらに報酬を与えるための新しいビジネスモデルや収益源に取り組むことの両方に専心しています。

運動が本来持つ価値は、サイクルトゥワーク制度にお金を出す政府、従業員のジム会員にお金を出す雇用主、保険料の割引やアップルウォッチを無料で提供する健康保険会社など、世界中で証明されています。
草の根のサッカーキャンペーンは、単に子どもたちの健康増進のためだけでなく、幸せなコミュニティや社会の貴重な構成員を生み出すための重要な要素であると考えられているのです。

このように、運動には、簡単には特定できないけれども、私たちが知っている計り知れない価値があります。
これは、オープンエコノミーの重要な促進剤です。
もし人々が動くことで気分が良くなれば、動きとスウェットは、すべての人に利益をもたらすポジティブなフィードバックループの一部になるのです。

Sweatcoin(スウェットコイン)を支える、Sweatファウンデーションとは

私たちのミッションは、世界を動かすことです。
私たちは、Sweatcoinでムーブメントに報酬を与え、このトークンが報酬、アプリケーション、ユースケースの活発なエコシステムを持つようにすることで、これを実現します。

このエコシステムはSweat Economyであり、商品やサービス、製品、パートナー、報酬、技術開発、統合、そして私たちのビジョンを共有する支持的なコミュニティが必要です。
当財団の役割は、このエコノミーを発展させ、維持することです。

私たちの使命は、ムーブメントには固有の経済的価値があるという事実に基づいています。
私たちの仕事は、その価値を解き放ち、ムーブメントに新たな価値をもたらすことができるビジネスモデルを構築することです。

Sweatcoin(スウェットコイン)のミッションの背景にあたる方法論

私たちは、ほとんどの社会で、肥満が栄養失調よりも大きな問題であることを知っています。
また、多くの人々が、費用やアクセス、モチベーションの問題から、運動することに苦労していることも知っています。

私たちは、運動が生活を向上させることも知っています。

運動習慣を変えるための方法として、私たちは財政的なインセンティブを提供しています。
SWEATは、人々がアプリをダウンロードし、より多く動くための理由です。
この報酬の価値は、定量的かつ客観的です。

しかし、私たちのミッションを十分に理解するためには、このインセンティブメカニズムの力学を掘り下げてみる価値があります。
金銭的な報酬は、アプリをダウンロードするきっかけになるかもしれませんが、その結果、より深く、より強力な何かが生まれるのです。
それは、数値化できない、主観的な価値です。
それは、個人が自分の動きに置く個人的な価値です。

ムーブメントに価値を見出す理由は、経済的な報酬だけではありません。運動は、それ自体が報酬をもたらすという単純な事実がある。ウォーキングやランニングは、身体の健康、心の健康、そして一般的な達成感やウェルビーイングに役立つのです。

これこそが、私たちのミッションの真の力です。
人々に運動に関心を持ってもらうことは、彼らのためにもなり、経済にとっても良いことです。
ウィンウィンの関係です。

  1. 無料で報酬を得られる
  2. 運動への関心が高まる
  3. 報酬を得るための関心が高まる

といった具合です。
これが、Sweatcoinがこれほどまでに成功し、愛されるアプリになった理由です。

Sweatcoin(スウェットコイン)による成功

財団にはSweatcoinの創設者全員が参加しており、その成功は改めて取り上げる価値があります。

  • 9,000万人以上のユーザー数
  • Sweatcoin(スウェットコイン)のアプリ内マーケットプレイスでの取引は、8ヶ月で1億6500万ドルを交換。
  • 45カ国で人気ナンバーワン・アプリ
  • アプリをダウンロードした後、ユーザーは20%以上アクティブになった

Web2 での成功が Web3 での成功を保証するものではないことは明らかです。
しかし、Sweatcoinから暗号資産を繰り出すというビジョンは、Web3の人気の高まりに対する軽率な反応ではありません。
その逆です。
Sweatcoinを作ったときから、暗号資産になることを想定していました。
だから、この名前なんです。

真のムーブメント革命を起こすには、暗号通貨が最適だと考えていたのです。
しかし、Vitalik Buterinとの会話で、利用可能なブロックチェーンは私たちが望むスピードとスケールを満たすことができないと警告されました。
そこで私たちは、中央集権的に構築し、ユーザーベースを獲得し、プロダクトを構築し、Web3へ移行するという計画を立てました。

Sweatcoin(スウェットコイン)の中心メンバーたち

オレグ
2012年以来、暗号資産の愛好家であり、当社のWeb3のビジョン、製品開発、および実行を先導しています。
彼は連続的・技術的な創設者とリーダーであり、Visa、BT、コカコーラで経験豊富なマーケターであり、BCGで戦略を担当しています。

彼のスウェットコインの旅は、頭をすっきりさせるためにジョギングに出かけたときに始まりました。
数百メートル走ったところで、息が上がってしまい、もっといい体型にならなければと思ったそうです。
そして、子供たちと『ウォール・イー』を観ているときに、フォークリフトで運ばれる肥満の人間というディストピアの未来の絵を目にしたのです。
このとき、彼はスウェットコインを作ることを決意したのです。

アントン
アントンはオレグと共に、10億人が使う世界的な通貨を作ることで地球をより健康にしようとスウェットコインを夢見ました。
アントンは、かつてReebokとKearney Sportsに勤務していたウェルネス業界のプロです。
コンピューターサイエンスの修士号、MBA、LBS、スタンフォード大学、バークレー校の学士号を取得しています。
エゴール
エゴールは、ソフトウェアエンジニア、UXデザイナー、技術的な共同創設者、CTOを経て、現在は技術的な第一人者です。
モバイルとハイテクビジネスの連続的な共同設立者でもあります。
ロンドン大学でコンピュータサイエンスを専攻。機械学習、エンジニアリング、プロダクト、グラフィックデザインで追加の称賛を得ています。
ヘンリー
BitfinexとTetherでの商業戦略。
ヘンリーは、トークンのローンチとエコシステムの開発を熟知しています。
以前は、DeliverooでMarket Launchesを運営していました。

Sweatcoin(スウェットコイン)のファウンデーションの役割

私たちは、SWEATの技術を作り、Sweat Economyのエコシステムを開発する責任を負っています。
これには以下が含まれますが、これらに限定されるものではありません。

  • NEAR上でのSWEATスマートコントラクトの構築
  • SWEATを新しいブロックチェーンに導入するためのブリッジング・ソリューションに取り組んでいます。
  • Web3におけるパートナーシップの構築 – 取引所、ブロックチェーン、NFTプロバイダー
  • Web2におけるパートナーシップの構築 – オンランプ、ブランド、広告主のための支払いプロバイダー
  • Sweat Walletアプリの開発
  • 製品、機能、マーケットプレイスの開発
  • Sweat DAOの設立
  • DAOで使用可能な資金の生成
  • サードパーティデベロッパーが新しいMovement Validatorを設立するためのコード開発

このリストは完全ではありません。
このリストは、私たちが今後数年に渡って行う作業の一例に過ぎません。
ロードマップにあるものはすべて、私たちの計画にあります。
より一般的には、SWEATがユーザーであるあなたのためにできるだけ多く使われるようにすることが、私たちの義務です。

分散化を目指した設計

私たちの仕事は、SWEATを立ち上げ、育て、その採用、開発、利用を支援するエコシステムを作ることです。

そして、私たちの仕事は、邪魔をしないようにすることです。
そして、常に、コミュニティは財団よりも多くの流動的なトークンを保有することになるでしょう。

運動のオープンエコノミーはオープンでなければなりません。
この経済が成功するためには、1つの財団が仲裁役として統治することはできませんし、この技術をグローバルに継続的に採用するためのボトルネックとなることもできません。

だからこそ、私たちはSWEATをオープンでパーミッションレスのトークンとして設計したのです。
やがて、DAOがコミュニティの重要な決定を下すことになるでしょう。
あるブランドがマーケットプレイスに参加したい場合、SWEATを購入することで参加することができます。
私たちの干渉は必要ありません。
ムーブメント・バリデータが運動結果を検証したい場合、SWEATをステーキングして技術的な統合を行うことでそれが可能になります。
データを要する関係者が、個人の移動データを購入したい場合は、個人がそれを選択し、Sweat DAOを通じてその対価を得ることができます。
私たちは関与する必要はありません。

むしろ、関わらないことが重要です。
分散化の目的は、まさにそれであり、それによって価値を生産する人に還元することです。
ネットワークを素晴らしいものにしている人たちに、価値を還元することです。

そして、これこそがSweat Economyなのです。
Sweat Economyは、より健康で豊かな地球を作るために貢献し、それにふさわしい報酬を見つけることができる、個々の活動家によって作られたネットワークなのです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の考える、「運動の経済的な価値」とは

あなたの運動には価値があります。
もし、汗水たらして働く経済が存在しなかったとしても、あなたの動きには価値があります。

その価値は、視覚や聴覚と同じように、生まれながらにして備わっているものです。

身体感覚に依存した価値ある産業を挙げることはできても、その価値全体を数値化することはできません。
例えば、音楽産業は聴覚に依存していますが、聴覚の価値というのは、ほとんどの人にとってかけがえのないものです。

動くことの価値も同じです。
経済的な価値の一部を示すことはできても、それは定量化できない根本的な価値の表現に過ぎないのです。
そのため、この記事は決して広範なものではありません。
むしろ、よく耳にするコメントへの回答として参考になることを意図しています。

「ムーブメントに何らかの価値があるのは分かるが、その方法がよく分からない」

この記事では、SWEATで捉えることのできる動きの価値について探っていきます。
これまでの記事やライトペーパーでは、「Sweat Economy」によって生み出せる価値に着目してきました。
この「捉える価値」と「生み出す価値」の両方が、私たちのミッションの一部なのです。

「動くこと」の価値

動くことの本質的な価値は、動くことが私たちをより幸せにし、生産性を高め、協力的にし、病気を少なくすることに貢献するという単純な事実に反映されています。
私たちが社会全体として、幸福、健康、生産性を達成するために何十億も費やしている製品を考えてみてください。

雇用主が従業員にジムの会費を払うのも、運動がもたらす価値によるものです。
政府が自転車通勤制度や草の根スポーツに資金を提供し、身体活動を一般に助成するのもそのためです。
健康保険会社が、身体的に活発な人に割引を提供するのもそのためです。
NHSがSweatcoinと提携したのもそのためです。

健康の原因

経済的な話に入る前に、因果関係について一言。

運動が健康の原因になるわけではありません。
研究では、運動と健康の間に関連性があることが実証されています。

つまり、一般的に、運動をしている人は健康である傾向がありますが、運動が健康の「原因」ではないのです。
健康は全体的なものであり、多くの要因によって決まりますが、運動はその一因であり、付随する要因に過ぎません。

例えば、運動と健康の関連性を説明する1つの方法として、運動はポジティブな姿勢を必要とし、それを強化する一方で、健康に対する大きな決定要因の1つであることがわかっているストレスを防ぐということがあります。

このことは、この記事の研究に重要な背景を与えています。
運動不足がもたらすコストと運動の効果について話すとき、運動だけが原因でも解決策でもないことを忘れないでください。
運動は単に1つの要因に過ぎないのです。

私たちは、運動が健康と関連していることが分かっているため、運動を奨励することで、ユーザーに健康をもたらす触媒となることができると考えています。

忘れてはならないのは、健康は常に全体的な視点でとらえるのがベストだということです。

つまり、罪悪感やもっと頑張らなければという気持ち、あるいは病気への恐怖から15,000歩歩くよりも、セルフケアと自分の動ける能力に感謝しながら1日5,000歩歩く方が、おそらく健康にとってより有益なのです。

病気を恐れて歩くより、気持ちいいから歩くというのはいかがでしょうか。

運動不足の代償

経済的な話をしましょう。
動くことに価値があることは明らかかもしれませんが、その価値を定量化することは困難です。
動くことの価値を示す総計はありませんが、その反対である「動かないこと」のコストを示すさまざまなデータがあります。

マッキンゼー社は、世界経済に与えるコストを年間2兆ドルと見積もっています。

正の外部性

あなたが活動するとき、あなたは正の外部性を生み出します。
これは、あなたが経験する個人的な利益よりも大きな利益を生み出すことを意味します。
外的な価値があり、それは捕捉することができるのです。

「大気の質、二酸化炭素の排出、健康と福祉、道路の混雑はすべて、今日の社会が直面している深刻な問題です。共通するのは、サイクリングとウォーキングへの投資は、それらすべてを改善することができるということです。」

健康的な運動習慣がもたらすプラスの外部効果の例をいくつか紹介します。

医療従事者
運動は医療費を下げることができる。
医療保険者
運動は医療費(および保険料)を削減することができる。
Vitalityのような保険会社では、すでにアクティブな顧客に対して報酬を与え、実質的に運動を購入している。
雇用者
運動は集中力と生産性を高め、病欠を減らし、メンタルヘルスを向上させることができます。
運動は、思考、判断、学習、創造性の質と関連しています。
雇用主が保険料を負担している場合、これもコスト削減につながります。
政府
政府にとってのメリットは、上記のグループにとってのメリットでもあります。
英国では、従業員の運動を促進する雇用主に対して多くの税制優遇措置があるのはそのためです。
さらに、政府が運動、スポーツ、フィットネスの取り組みに資金を提供するのは、それが一般的な生活の質、医療費の削減、社会の協力者を生み出すためにいかに重要であるかを知っているからです。
英国政府は現在、運動奨励策を試験的に導入しています。

運動によるメリットは、コスト削減と生産性の向上です。

その他のポイントとしては、以下のようなものも挙げられます。

渋滞のコスト
ウォーキング、ランニング、サイクリングをする人が増えれば、渋滞の発生率を下げることができます。
INRIXのトラフィックスコアカードは、「道路スペースの需要が供給を上回る」ときに、労働者が自動車で過ごす無駄な時間から生じる混雑のコストを示しています。
2019年の米国だけで、880億ドルが失われました。
この統計を塩漬けにしたとしても、雇用者、政府、従業員(特に時間給で稼ぐ人)にとって非常に現実的なコストであることが浮き彫りになっています。
公害の問題
ウォーキングやランニング、サイクリングをする人が増えれば、公害の発生率は下がります。
政府が汚染車への課税を強化し、電気自動車の導入を奨励する一方で、身体活動を奨励するという解決策もあります。
これはすでに、補助金付きの自転車ソリューションによって実現されています。
精神的健康
上記の通り、メンタルヘルスを改善することは、広範囲に及ぶ影響として認識されるに値します。
このことは、研究によって客観的に検証されているだけでなく、すぐに定量化できない点にも触れており、検討する価値があります。
体を動かすことで気分が良くなるなら、それは価値があることです。

保険料の割引や生産性の向上だけでなく、より抽象的な効果も考慮しなければ、運動の価値を十分に理解することはできません。

SWEATは、移動のトークン化です。
SWEATを通じて、移動を追跡し、検証し、その価値を交換することができます。
これは、ポジティブな外部性の価値を獲得する機会を提供するものです。

例えば、SWEAT DAOを通じて、個人が医療保険会社と契約し、保険料の割引を受けることができます。

Sweatcoin(スウェットコイン)が提唱する、健康「以外」の価値観

動きに基づく経済全体が存在します。
ナイキとアディダス、レアルマドリードとバイエルンミュンヘン、アップルウォッチとフィットビット、マラソンとジム会員、ウィンブルドンやオリンピックは何のためにあるのでしょう。

達成感。卓越性。貢献。団結。友情。愛国心。

それはすべて、人類の運動への愛に関連しています。

この動きの世界では、ブランド、投資家、機関に関連する経済が存在します。
Sweatcoinはすでに、市場でベンダーとして活動する多くのフィットネスブランドを巻き込んで、この経済に参入しています。

  • フィットネスウェアと機器(Reebok、Adidas、Pursue Fitness)
  • 健康食品と栄養補助食品(The Protein Works、MyProtein、Raze)
  • フィットネスアプリ(Daily Burn、Auro、FitOn)
  • 健康商品の定期購入(Dollar Shave Club、Lumin、Noom、Smile Direct Club)

これらのブランドにとって、誰が活動しているかを知り、それにアクセスすることは、彼らの要求の大きな部分を占めています。
歩数を測定するアプリは、活動的な顧客のネットワークを提供します。

2022年第1四半期にSweatcoinのマーケットプレイスで7000万ドル相当の商品とサービスがスウェットコインに交換されました。
なぜなのか?多くの要因がありますが、主にベンダーが顧客獲得のコストを節約できること、そしておそらく最も重要なのは、身体活動を要求するのではなく、それに報いる強力なブランドを作り上げることでしょう。

以上、移動の経済的価値について説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
ここで挙げた例は、広範囲に及ぶものではなく、移動が持つ様々な価値を説明するためのものに過ぎません。

しかし、上記はほんの一部に過ぎません。
経済学で定量化できる以上の価値が動きにはあるのです。

ムーブメントが人々の笑顔のために役立っているのです。

Sweatcoin(スウェットコイン)が提案する「Learn to Earn」とは

先日、Sweatcoin(スウェットコイン)のアプリでLearn to Earnのベータテストを実施しました。
その結果は素晴らしいものでした。

300万人がコンテンツを閲覧し、80万人以上もの人々が、コースを完了しました。

システムを改良し、バグを取り除き、より良い報酬を提供することで、より高いレベルの参加と関与が期待できます。
Learn to Earnは、合計約1000万人の暗号資産ユーザー(Sweatウォレットを作成した人)に紹介されました。
現在、クリプトユーザーは1,100万人に達しています。

このエンゲージメントは、パートナーとコミュニティの双方に利益をもたらす新しいビジネスチャンスの波をもたらします。

ユーザーとのエンゲージメントを促進する

Sweat Economyの成長は際立っています。
史上最速で成長しているDAppです。
過去最大のWeb3オンボーディングとして、すでに暗号資産ウォレット全体の約7%になると予測されています。

しかし、経済学的にスケールは何を意味するのでしょうか?
エンゲージメントのないユーザーボリュームは、ほとんど価値がありません。

Sweatcoinが1億人のユーザーに達したのは、エンゲージメントを促す楽しいアプリを作ろうとするチームの献身的な努力があったからです。
エンゲージメントは、ブランドにとって非常に価値のあるものです。
その価値をユーザーに還元することで、ユーザーの動きに応じた報酬を得ることができるのです。

これは、私たちの基本的な価値観であるフライホイールで実証されています。

Learn to Earnの仕組みは、多くのユーザーを、パートナーやそのコミュニティにとって真の価値に変換する方法です。

Sweatcoin(スウェットコイン)の「Learn to Earn」の仕組み

Web2 → Web3 のオンボーディングとしては現在最大規模であり、Web3 の教育は私たちのミッションの不可欠な部分です。

私たちのLearn to Earnの仕組みは、次のようになります。

  1. 1,000万人以上の仮想通貨ユーザーに対し、質問が提示されます。
  2. ユーザーは答えをタップします。
  3. 正解すると、くじ引きに参加し、報酬がもらえます。

この最初のLearn to Earnでは、質問はSWEATがどのブロックチェーン上に構築されているかというもので、私たちはスウェットコインの報酬を提供しました。
しかし、質問は何でもよく、報酬も何でもよいのです。

オンチェーン
この機能が次期Sweatウォレットアプリに移行されると、Learn to Earn機能は、ユーザーがオンチェーン活動に直接関与するのを見ることができるようになります。
これはユニークなことで、他のすべての主要なLearn to Earnプラットフォームはオフチェーンです。
パートナーシップ
80万人もの人々がブランドと関わることは、非常にパワフルです。
私たちは、Learn to Earnのスポンサーとなるパートナーを募集します。
パートナーは、何百万人もの人々に提示したい質問を選び、勝者に報酬を提供することができます。

ブランドにとって、これは非常に価値のあることです。
アプリで紹介されることで露出が増え、ブランドが認知されます。
また、報酬を提供することで、顧客を獲得することができるのです。

ユーザーへの報酬
Learn to Earnは、Sweatコミュニティに報酬へのアクセスを提供しています。
必要なのは、ほんの少しの時間と、新しいことを学ぶチャンスだけです。
これは、魅力的なWin-Winの関係です。

9月のTGEに向けて、Sweatcoinアプリで連続的にLearn to Earn体験を実施する予定です。
この機能は、暗号資産中心のアプリであるSweat Walletアプリが今後数ヶ月のうちにリリースされた際に、そちらに引き継がれる予定です。
新しいアプリについては、近日中に記事を公開する予定ですので、お楽しみに。

Sweatcoin(スウェットコイン)が、1,300万ドルの資金調達完了

世界で最もダウンロードされたヘルス&フィットネスアプリ「スウェットコイン」を支えるスウェットエコノミーチームは、Web3への移行を加速するため、プライベートトークンセールを含む1,300万ドルの資金調達を完了しました。
Electric Capital、Spartan Capital、OKX Blockdream Ventures、Swissborg Ventures、GSR Venturesといったブロックチェーンの有力投資家が多数加わりました。
既存の投資家であるグッドウォーター・キャピタルも参加しました。

この資金は、Sweat Economyのエコシステムを拡大し、健康やフィットネス愛好家のためのWeb3オンランプに変身させるために使われます。
Sweat Economyは、新しい暗号通貨SWEATで日々の身体活動に報酬を与えることで、次の10億人のユーザーを暗号に取り込みたいと考えています。

4月の発表以来、Sweat EconomyではWeb3アプリケーションへの期待が高まる中、1100万人以上のウォレットが作成されており、過去最大のユーザー流入となる可能性が非常に高くなっています。

これまでに総額1,300万ドルの資金調達が行われ、Electric Capital、Spartan Capital、Jump、GSR、NEAR Foundation、業界著名人のBjorn Wagner (Polkadot 共同創業者)、Sandeep Nailwal (Polygon 共同創業者)、Vinny Linghamなどが参加しました。

2015年に設立されたSweat Economyの目標は、人々の動きに対して報酬を与えることで、より健康的な生活をインセンティブとすることです。
現在、世界で最もダウンロードされているヘルス&フィットネスアプリで、1億人以上のユーザーがすでにスウェットコインを利用して、日々の動きに価値を与えています。
Web2アプリでは、「歩数分のエアマイル」と呼ばれる「スウェットコイン」を付与し、ブランド製品、デジタルサービス、チャリティ寄付と交換することができます。
ユーザーは、22年第1四半期だけで、7000万ドル以上の価値をスウェットコインに交換しました。

ユーザーが収入を得るために、最初の支払いやNFTの購入は必要ありません。
アプリをダウンロードするだけで、ユーザーの歩数はカウントされ、検証され、スウェットコインに変換されます。
TGEの日にユーザーが保有するすべてのスウェットコインは、暗号通貨であるSWEATとマッチングされ、これまで獲得したスウェットコインはそのまま保持されます。
TGE後、ユーザーの1日の最初の5,000歩はSWEATに変換され、1日の上限5,000歩を超える歩数は従来通りWeb2スウェットコインに蓄積されます。

Web3にオプトインを済ませた人は、無料のSweat Walletアプリをダウンロードし、SWEATをステーキングしてWeb3の各種キャンペーン、取引、パートナーからのインセンティブを利用したり、まもなく開始されるNFTサービスやロードマップにある多くのエキサイティングな機能を利用したりすることができます。
一方、オプトインを希望しないユーザーは、これまで通り、すべてのステップでスウェットコインを獲得することができます。

Sweat Economyの共同設立者であるOleg Fomenko氏は、次のように述べています。
「私たちは、この分野での深い経験と、ゲームを変えるようなスタートアップ企業への投資と支援で強力な実績を持つ、このような著名な投資家グループと提携できることを嬉しく思っています。これらのパートナーは、次の10億人をWeb3に導くという我々のビジョンを支持しており、Sweat Economyがその目標を実現する上で重要な役割を果たすと確信しています」

Electric CapitalのジェネラルパートナーであるAvichal Gargは、次のように述べています。
「私たちは、Sweatのエコシステムの急速な成長に感銘を受けています。彼らはすでに何百万人ものグローバルなWeb2ムーブメント・エコノミーを作り上げています。Sweatのエコシステムには簡単に参加できるため、世界中の何百万人もの人々が分散型Web3経済に参加できるようにすることができます。私たちは、彼らのミッションを推進するために協力できることを嬉しく思っています」

Spartan Capitalの共同創業者兼パートナー、CIOのKelvin Kohは、次のように述べています。
「Web3への参加は、多くの場合、急な学習曲線を伴うため、多くの人にとって困難なものです。Sweatcoinは、ユーザーに運動と収入を得る新しい方法を提供し、同時に参入障壁を下げ、技術的なノウハウを軽減しています。このチームは実績があり、私たちはユーザーにより良いインセンティブを提供し、次の1億人のユーザーをWeb3に導入するために彼らをサポートできることを嬉しく思います」

Sweatcoin(スウェットコイン)の「SWEATトークン」の供給について

わずか16週間で、Sweat Communityは1150万個のSweatウォレットを作成しました。

私たちは、SWEATをみんなのための暗号資産として設計しました。
運動によってミントされ、投資は必要ありません。

主流になることは、トークン経済にとって多くの意味を持ちます。
何百万人もの人々がSWEATを保有することになります。
何百万人もの人々が毎日SWEATをミントすることになります。

私たちは、トークンの実用性を高めるために、SWEATの供給を慎重に設計しています。

この記事では、以下を取り上げます。

  • ビッグバーン
  • TGEロックドロップ
  • SWEATの配布
  • SWEATのアンロック
  • SWEATのミント難易度上昇
  • 非活動費バーン

なお、以下に記載された数値は、現時点での予測に基づくものであり、変更される可能性があります。
更新があれば、適宜コミュニティにお知らせします。
これらの数値は、現在更新中のライトペーパーの数値よりも新しいものです。

Sweatトークンのビッグバーンについて

私たちは最近、45億スウェットコインという莫大な資金をバーンすることを発表しました。
TGEでは、現存するすべてのスウェットコインに相当する量のスウェットコインをミントするため、これはスウェットコインの大幅なバーンを意味します。
現在の予測では、このスウェットコインの消費により、TGEにおけるSWEATの供給量は約15%減少すると思われます。

TGEのロックドロップ

9月12日のToken Generation Event (TGE)では、コミュニティメンバーのSweatcoinと同量のSWEATを贈呈します。
これは暗号資産革命を始めるための一回限りのオファーです。

私たちは、エアドロップされるトークンの正確な数を予測することはできません。
これは、今からTGEまでの間にコミュニティがどれだけ歩むかによります。

エアドロップはまさに「ロックドロップ」です。
トークンの大部分は流動的ではなく、時間の経過とともに少しずつロックが解除されていきます。

TGEトークンの場合であれば、

  • 10%はTGEでアンロックされます。
  • 90%は次の24ヶ月間をかけて次第にアンロックされます。

トークン生成イベントでの流通量は、生成された総供給量の15%に過ぎず、そのうち16%はコミュニティの手元にあるに過ぎません。
つまり、TGEでアンロックされ、財団の手元にないトークンは、実質2.4%に過ぎません。

SWEATトークンのミント難易度の上昇

SWEATは時間とともに指数関数的にミントが難しくなっていきます。
SWEATの供給量には上限がないため、人々は永遠にSWEATをミントすることができます。

ミント難易度の上昇は、SWEATの希少性を高めることになります。
その効果は急速に、そしてリアルタイムで現れるでしょう。

ミント難易度の上昇は、時間ではなく、すでにミントされたSWEATの総量によってのみ決定されます。
このため、ミントの難易度は需要の変化に応じて変化します。

TGEは、ユーザーにとって非常にお得なシステムです。
1,000歩=1Sweatcoin、TGEでは1Sweatcoin=1SWEATなので、ユーザーは1,000歩で実質1SWEATをミントすることができるのです。

これは1回限りの取引です。
TGE以降、次のSWEATは、その前のSWEATよりも多くのステップを必要とするようになります。
この難易度の上昇はリアルタイムで行われます。
朝の散歩は、夜の散歩より価値があるわけです。

「運動をしないこと」によって生じる手数料

私たちはすでに、この手数料の導入を発表しています。
これは、世界をもっと動かすという私たちのミッションをサポートするだけでなく、流通する供給を減らすための重要な仕組みです。
ユーザーのアクティビティが一貫して所定の閾値を下回ると、受け取るSWEATの数が減ります。

これは、トークンの排出を減らすための方法です。
今後、SWEATの流通量を減らすためのメカニズムをさらに導入していく予定です。

Sweatcoin(スウェットコイン)の「Sweat」トークンへの需要に関する考察

SWEATの需要は、根本的な価値から来るものです。

ほとんどのengage to earn製品にはこの価値がありません。
これらのゲームでは、ユーザーはより多くのトークンを獲得するためにNFTを購入します。
なぜ、ユーザーはトークンをもっと欲しいのでしょうか?
NFTをアップグレードするためです。といった具合です。

SWEATは、これとは異なる設計になっています。
SWEATの需要の主なドライバーは2つあります。

  • ユーティリティ:報酬、プラットフォーム・トークンとしての利用、ダイナミックなNFTゲームプレイ(SWEATのゲームの原則は楽しむことであり、稼ぐ可能性は二の次です。)
  • バイ・アンド・バーン

バイ・アンド・バーンでは、Sweatファウンデーションが生み出した収益を使って、SWEATをセカンダリーマーケットで購入し、バーンするか、さもなければステーキングイールドとして配布する必要があります(これが、ステーキングイニシアティブがネットデフレになる理由です)。
この記事の最後に、私たちが購入と売却に使用する収益をどのように生み出すかの原理について詳しく説明しています。

この2つのドライバーは、SWEATの短期から中期の需要を表しています。
私たちのコミュニティにとって、これらのメカニズムを私たちの長期的な目標に従って文脈化することは有益なことです。

SWEATの長期的な需要は、より微妙なものです。
簡単に言うと、SWEATはムーブメントのトークン化であり、それゆえムーブメントの根本的な、固有の経済的価値の表現となりうるのです。
それが私たちのビジョンです。

これが私たちのビジョンであり、その実現方法です。

リワードとしてのSWEATのユーティリティ

Sweatウォレットアプリは、トークン・ユーティリティのハブです。
トークン生成イベント(9月13日)では、SWEATはあなたのSweatウォレットアプリでライブになります。

ユーザーは新しいアプリでSWEATをステーキングして、リワードにアクセスできるようになります。
リワードは階層化されており、より多くのSWEATをステークすれば、より良いリワードを受け取ることができます。
リワードは、あなたの動きに価値を与えるように設計されています。
より多く動けば動くほど、より多くの、より良いリワードを受け取ることができます。

私たちは、人々が本当に望むリワードを提供することに専念しています。
リワードのアイデアをお持ちの方は、ぜひ私たちのチャンネルにご連絡ください。

リワードの例としては、下記のようなものがあります。

  • アディダス、アマゾン、ナイキなどの一流ブランドのクーポン券や割引券
  • イベントのチケット:スポーツイベント、コンサートなど
  • ステーブルコイン(USDt、USDC)

NFTとゲームプレイにおけるSWEATトークンのユーティリティ

私たちは、Sweat Walletアプリで、カジュアルでダイナミックなNFTゲームを構築しています。
これはTGEのすぐ後に提供される予定です。

まず第一に、私たちはこのゲームを楽しいものにしたいのです。
ゲームを楽しむこと、そして健康のためになることが主な目標です。
ゲームでは、ユーザーは毎日の歩数、NFTレベル、ゲームプレイのスキルに影響されるピアツーピアのコンペティションに参加することになります。

需要としては、ユーザーはゲームをプレイする際にSWEATをステーキングします。
その結果、勝者がSWEATを獲得し、Sweat Foundationが手数料を徴収してバーンします。

プラットフォーム・トークンとしてのSWEATの効用

SWEATをステーキングすることで、ウォレットの機能がアンロックされます。
例えば、SWEATを多量にステーキングすると、プレミアム機能、NFTドロップへの優先アクセス、1日のミンティング制限の増加などにアクセスできるようになります。

このユーティリティは、Sweatウォレットアプリの機能が増えるにつれて、ますます価値が高まるでしょう。
例えば、TGEの直後にフィアットオンランプ機能を統合し、ユーザーが銀行カードでSWEAT(および他の暗号資産)を購入できるようにします。
この際、多量のSWEATトークンをステーキングしていれば、取引手数料が安くなる可能性があります。

アプリの機能は、私たちのロードマップに記載されています。

Sweatファウンデーションによる、バイ&バーン

Sweatファウンデーションは、収益の一部をセカンダリーマーケットでのSWEATの購入とバーン、またはSWEATの購入とステーキングイールドとしての配布に充てる予定です。
バイ&バーンの詳細については、近日中に公開いたします。

収益について

多くのengage to earn製品は、迂回的または反射的な価値提案に依存しています。
NFTはユーザーのトークン獲得能力を高めるため望ましいものであり、トークンはNFTをアップグレードし維持するために価値のあるものです。

当社の収益モデルは、NFTやPay to Playに依存するものではありません。
ユーザーエンゲージメント(B2B)と取引手数料(B2C)が当社の2つの主な収益源です。
どちらの収益源も、SWEATを補完するものであり、反射的なものではありません。
その理由は、Sweatエコノミーのバリューフライホイールモデルが証明しています。
SWEATの価値が上がれば、エンゲージメントが高まり、ブランドにとっての価値も上がり、報酬を提供する能力も上がります。

DAOメーカーでSWEATトークンセールに参加する方法

SWEATトークンセールは今週、DAO Makerで開催されます。
私たちのプロジェクトについてもっと知りたい方は、DAO MakerのSweat Economyの研究ページをご覧ください。

以下は、プロセスの概要です。

  • 選択肢としては、「パブリック・SHO (Strong Holder Offering)」と、「ギャランティード・アロケーション・DAO SHO」の、2つのオプションがあります。
  • 前者の登録は9月5日12:00UTCから始まり、9月9日12:00UTCに締め切られます。出資は9月10日12:00 UTCに開始されます。
  • 後者のコントリビューションは9月6日12:00 UTCから始まり、9月9日12:00 UTCに終了します。参加希望者全員に割り当てが保証されているため、登録期間はありません。
  • パブリックSHOへの登録は、販売への割り当て/参加を保証するものではありません。DAO SHOへの登録は、いくつかの割り当てを保証します。これはDAO Makerの新機能です。
  • KYCの完了:パブリックSHOの場合、当選するとKYCを完了するよう求められ、その後、割り当てのためにBUSDを拠出することができます。DAO SHOの場合は、SHOに登録する前にKYCを完了させる必要があります。

この2つの販売では、それぞれ100万ドルの資金調達を目指しています。
各オプションのプロセスは異なりますので、下記をよくお読みください。

何か質問がある場合は、DAOメーカーのFAQを確認するか、トークンセールで専門のサポートチームがユーザーをサポートする彼らのTelegramに参加してください。

【オプションA】パブリックSHO

パブリックSHOは、ノン・カストディアル・ウォレットに500ドル以上の資産を持っている人なら誰でも参加できます。
Ethereum、Avalanche、Binanceスマートチェーン、Fantom、Polygonチェーン上のトークンがスキャンされます。
DAOトークンをステーキングしているユーザーは、ステイクしたDAOをアセットとしてカウントして、パブリックSHOに参加することも可能です。

  1. 十分な資金があるEVMウォレット(例:Metamask)を接続します。
  2. TwitterとTelegramでSweatエコノミーをフォローする必要があります。
  3. あなたのトータルアセットスコアは、ポイントベースで計算されます。
    ウォレットに保有しているものが多ければ多いほど、スコアが高くなります。
    これは、割り当てを獲得するチャンスと、あなたが受け取る割り当ての量に影響します。
    販売登録後、あなたの「ライブ当選確率」を確認することができます。
    登録後にコネクテッドウォレットに資金を追加すると、チャンスが増えます。
    総資産スコアにカウントするためには、「当選者発表」までウォレットに資金があることが必要です。
  4. 紹介リンクを使用して、スコアを増やすことも出来ます。
    各ユーザーは、パブリックSHOのためのユニークな紹介者を持っています。
    紹介者と被紹介者の両方が、SHOの当選確率を上げるために、トータルスコアを上げる機会があります。
    紹介した友だちが多いほど、紹介した友だちのスコアの割合が多くなります。
パブリックSHOで割り当てを獲得したかどうかを知る方法

メール受信箱を確認してください。
また、DAOメーカーの「ポートフォリオ」の「マイ・パーティシペーション」タブにも、あなたの割り当てが反映されます。

パブリックSHOで当選した場合、どうすればいいですか?

割り当てを獲得した場合、あなたは実際の投資を行う前にKYCプロセスを完了する必要があります。

  1. アカウントにログインしてください。SHOに参加するために使用したアカウントでなければなりません。メールとパスワードでログインするのと、Googleアカウントのみを使用するのでは、2つの異なるアカウントであることを忘れないでください。
  2. 「入金」ボタンのあるポップアップが表示されますので、クリックしてください。
  3. SHOを獲得したウォレットを接続し、ネットワークをBSCに設定します。
  4. BUSDを承認し(まだの場合)、BUSDを送信します(これらは合計2つのトランザクションで、ウォレットで確認する必要があります)。

【オプションB】DAO SHOへの参加方法

DAO SHOは、DAOに出資している人だけが利用できます。
割り当てを受けたい人は誰でも受けられます。
そのため、パブリックSHOのような「登録」期間はなく、9月6日に開始されます。

参加方法は以下の通りです。

  1. 最低250DAOをステーキングする。
    この際、あなたのウォレットを接続する必要があります。(注:DAOトークンを持っていてもDAO SHOに参加する資格はありません。ベンチャー・イールド・コントラクトにトークンをステークする必要があります)。
  2. ステークするDAOの量に応じて、ティアが決まります。
    DAOパワーは、ユーザーがステークしたDAOの合計に、ティアに応じたボーナスを加えたものとなります。
    各ユーザーの割り当てはDAOパワーに比例するため、より多くのDAOトークンをステークすればするほど、保証される割り当てと最大入金額は高くなります。
ティア DAO
ティア0 250 DAO = 250 DAOパワー、0%ボーナス
ティア1 2000 DAO = 2100 DAOパワー、5%ボーナス
ティア2 4000 DAO = 4400 DAOパワー、10%ボーナス
ティア3 10000 DAO = 11500DAO Power、15%ボーナス
ティア4 25,000 DAO = 30,000 DAO Power、20%ボーナス
ティア5 50,000 DAO = 62,500 DAO Power、25%ボーナス
ティア6 100,000 DAO = 130,000 DAO Power、30%ボーナス (新規)
  • 例えば、2650 DAOを保有している場合、2650 × 1.05 (5%) = 2,782.5 DAOパワーになります。
  • ティア3のユーザーが15,460 DAOを保持している場合、そのパワーは15,460 × 1.15 (15%) = 17,779 DAOパワーになります。

あなたの個人的な保証割り当ては、以下のように計算されます。

(ユーザーのDAOパワー) / (全ユーザーのDAOパワーの合計) × (レイズの合計)

各ティアの推定保証配分幅は、DAO SHOの販売ページに表示されます。

*DAO/USDC のペアの流動性プロバイダーは、LPで提供されるDAOの部分に1.5倍の倍率が適用されます。

DAO SHOに参加するにはどうすればいいですか?
  1. Sweat Economyのリサーチページに行き、下にスクロールして、セールがライブになったら「Strong Holder Offering」カードの「Participate」ボタンをクリックします。
  2. 「Deposit」をクリックします。
  3. 出資したいBUSDの金額を最大入金額まで入力する
  4. 「承認」をクリックし、ウォレットで取引を承認します。
  5. 「確認」をクリックし、ウォレットで取引を承認します。
  6. 完了です。

入金限度額に達するまで、何度でも入金することができます。

もし、最大入金額/保証配分額を増やしたい場合は、より多くの$DAOをステークすることができます。
DAOのパワーが更新された後、さらにBUSDを入金することができます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトークンローンチ時のSWEATの割り当て

4月、私たちはトークン生成イベントで、これまでに生成されたすべてのスウェットコインと一致するように21BN SWEATをミントすることを予想しました。
しかし、9月12日(月)12pm UTCの時点で、これまでに生産されたスウェットコインは25.8BNであったことが分かっています。

しかし、私たちは皆さんに良いニュースをお届けします。

発売時にはまだ21BN SWEATだけをミントする予定です。
余った4.8BN SWEATは燃やされる予定です。

21BNの予測から25.8BNの現実にスウェットコインが増えたのは、ローンチが遅れたことと、約120Mのユーザーを持つスウェットコインアプリと13Mのユーザーによって作られたスウェットウォレットが前例のないほど普及したことによります。
8月だけで、その13Mのクリプトユーザーは、645、267、668kmを歩いたそうです。

一方では、この採用はコミュニティからの信任投票でもあります。
一方で、それは個々のトークンの価格を20%以上希釈するものです。

そして、これは皆さん、つまり私たちのコミュニティにとってフェアではないと考えています。
以下は、私たちがこの問題にどのように対処するかの詳細です。

トークンのバーン

私たちは、TGEでミントされたSWEATを21BNに戻すために、存在する4.8BNのスウェットコインをバーンしています。
これらのスウェットコインは、アクティブでないユーザーアカウントからバーンされます。

コミュニティ第一

このバーンは、Sweat FoundationとSweatCo Ltd.の犠牲の上に成り立っています。
これらの4.8BNのスウェットコインは、トークン生成イベントでのSWEATと同じで、(アカウントがアクティブでないため)引き取り手のないものだったでしょう。
そのため、未請求のSWEATはSweat Foundationに戻されることになります。

私たちは、コミュニティが私たちの予想した割合のSWEATを保有することを確実にするために、スウェットコインをバーンすることにしました。
そのため、コストは私たちだけが負担することになります。
コミュニティは希薄化について心配する必要はありません。

なお、付加的なメリットとして、これによりローンチ時にミントされたSWEATが18%減少することが挙げられます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の歩数認証と不正検知

SWEATは、ムーブメントによって直接ミントされる仮想通貨です。
そのため、私たちはSWEATのミントに使われるムーブメントの真正性を確保するために、大きな対策を講じています。

過去7年間にわたり、私たちは複数の防御層を持つ非常に洗練されたムーブメント検証システムを開発しました。
しかし、私たちが開発した検証システムは、不正行為を検出することに非常に長けており、同時に、不正行為を非常に高価にするためのミント制限など、不正行為に対するブロックを実装しているのです。

注目すべきは、あなたの新しい暗号資産ウォレットであるSweat Walletが、移動データに関して、不正検出そのものを扱っていないことです。

私たちは、Sweat Economyをそのように設計しました。
Sweat Walletは、ミントされたSWEATが保持され使用されるハブです。
SWEATを直接オンチェーンでミントするために使用される移動データは、別のアプリケーションから提供されます。
これにより、新しいMovement Validatorの加入を促進し、ネットワークを分散化させ、人々がSWEATをミントできるムーブメントの種類を拡大することができるのです。
しかし、これは数年先の話です。

今のところ、Sweatcoinアプリは歩数のためのMovement Validatorです。

最初の防御 – システム設計

ユーザーは、1日のうち最初の5,000歩でしかSWEATをミントすることができません。
TGE以降、ミンティングの難易度が指数関数的に上昇することを考えると、その5,000歩は、徐々に少ないSWEATをミンティングすることになります。
これは、私たちのスマートコントラクトにハードコードされています。

このモデルでは、詐欺師を志す者は、その活動を正当化するために、数百または数千のアカウントに水平にスケールすることを余儀なくされます。
Movement ValidatorであるSweatcoinは、AppleとGoogleの純正アカウントしか使用できず、各アカウントには固有のデバイスが必要なため、水平方向のスケーリングにはコストがかかるのです。

第二の防御 – 移動データおよびデバイスのテレメトリー

テレメトリーとは、基本的にスマートフォンの動きからデータポイントを不正検出サービスを運営するSweatCo Ltdに送信することです。
テレメトリーは、手動による介入とアカウントのレビューの必要性について、私たちのチームに強いシグナルを送ります。
詳細な情報を提供することはできませんが、これは攻撃を助けることになるからです。

第3の防御 – 動作検証モデル

Sweatcoin Step Verification Algorithm は、携帯電話によって登録された揺れや衝撃をフィルタリングするためにステップを検証し、それは本当のステップではないと同時に、不正行為も認識することができます。
アルゴリズムは、あなたの動作データを分析し、無効なステップを取り出します。
それが終わると、検証された残りのすべての歩数は、スウェットコインまたはSWEATに変換されます。

詐欺師や一般ユーザーでも「歩数」が増えることがありますが、必ずしもスウェットコインやSWEATへの変換が増えるとは限りません。

これは、防衛のために常に進化している部分です。
モデルは、すべてのユーザーから届くステップをひとつひとつ評価し、疑わしい場合は、手動調査のためにアカウントにフラグを立てます。
不正が確認された場合、そのケースはモデルへの入力として追加され、不正防止モデル(下記)へフィードされます。

第四の防御 – アンチ・フラウド・モデル

不正防止モデルは、第1、第2、第3の防御レベルからの入力を受け、不正行為を示す可能性のあるパターンと口座間のつながりを探します。
アカウントとアカウントのネットワークは、フォレンジック調査のためにフラグが立てられ、これに基づいて、レビューモデルがさらに改良されます。

3つ目の防御は、単一アカウントの分析であるとお考えください。
4つ目は、マルチアカウント分析、つまり木が悪さをしている森です。

第5の防御は、最も重要な防御であり、あなた方、つまり私たちのコミュニティです。
SWEATが本物の運動によってミントされ、運動の証拠なしに決して発行されないようにすることは、私たち全員の利益となります。

Ref Financで、SWEATに関するイールドファームを行う方法

9月14日(水)より、Ref FinanceはNEAR Protocolで最もインパクトのある流動性ファーミングプログラムの1つを開始します。
このプールでは、最初の2週間でファーマーに膨大な量の追加報酬が用意されています。

誰でもSWEATとNEARを購入し、プールへの流動性供給者となり、収入を得ることができます。
参加することで、あなたは2つの方法で収入を得ることができます。

  • あなたの流動性ポジションがスワップ手数料の収入になります。
  • 最初の2週間、Ref Financeはこのプールのファーマーに、520万SWEAT、1万5千NEAR、2万Refの報酬を分配します。

流動性供給とは、トークンを分散型取引所(DEX)に預け、トークンの交換を希望する人に流動性を提供するために使われる方法です。
その見返りとして、流動性提供者は利回りと報酬を受け取ります。

必要な仮想通貨をまだ持っていなくても心配しないでください。
多くの取引所でSWEAT(NEP-141であることを確認してください)とNEARを購入できます。

注意:DEXでの流動性供給は、インパーマネント・ロスにつながる可能性があります。

  1. まず、wallet.near.orgでNEARウォレットを作成してください。ただし、MyNEARWalletがNEARのウェブウォレットの役割を担うと予想されますので、このサービスを利用する方が賢明かもしれません。
    または、Senderを利用することも出来ます。
    MyNEARWallet と Sender の両方が、app.ref.finance WalletSelector で利用可能です。
  2. NEARウォレットをapp.ref.financeに接続し、SWEAT:NEARプールにアクセスします。
  3. 「LPトークンを取得する」をクリックし、「流動性を追加する」をクリックします。
  4. 流動性を提供する際に、スポット価格で互いに「バランス」するように、各トークンの十分な流動性を追加する必要があります。
  5. 「Farm in v2」をクリックし、ファームページに戻ります。
  6. 「Stake」をクリックします。
    ここでは、いくらステーキングするかを選択できます。
    この下に、あなたのLPトークン数等が表示されます。
    これは、あなたが受け取ることができるスワップからのファーム全体の収入の割合を決定します。
  7. ナビゲーションバーの「プール」>「SWEAT-NEAR」>「流動性の提供」>「ファーム」(v2であることを確認)>「SWEAT-NEAR」>「LPトークンのステーク」の順で選択します。
  8. 最後の画面はROI計算機で、あなたが受け取る各トークンの量とその価値、そしてそれに相当するROI(投資収益率)が表示されます。
  9. NEARウォレットで取引を承認してください。

Sweatcoin(スウェットコイン)からのコミットメント-50%の利益をバイ&バーンに

Sweat Foundationは、利益の50%をセカンダリーマーケットからSWEATを購入するために使用します。
このSWEATはバーンされるか、ステーキング収量として配布されます。

Sweat Foundationは、コミュニティがこのプロセスの透明性を確保できるよう、購入活動の証拠を公表する予定です。

Sweat Foundationがバイ&バーンを行う理由

トークンの実用性を高め、循環供給されるトークンを減らすことで希薄化を防ぐことができます。

Sweat Walletは、マスマーケット向けに独自に構築されています。
スマートフォンを持っている人なら誰でも、数秒でウォレットを作成し、歩数によってSWEATトークンをミントすることができます。

どんどん歩くユーザーベースが増えれば、トークンが高インフレになり、歩数の価値が薄れてしまうこともあり得ます。

トークンのバイ&バーンは、大人気と持続可能な経済性のバランスを取っています。
私たちのコミュニティが生み出した価値を、SWEATに還元してくれるのです。

持続可能な経済を実現するためにとったもうひとつの施策は、ミントの難易度の引き上げです。
すべてのSWEATは、その前のものよりもミントするのが難しくなります。
1年後には、1つのSWEATをミントするのが3倍難しくなると試算されています。

なお、繰り返しになりますが、このバイ&バーンは、トークンの実用性を高め、希薄化/インフレを防ぐためのものです。
Sweat Walletでは、ユーザーはSWEATをステーキングして、魅力的な%利回りを受け取ることができます。

セカンダリーマーケットで購入したSWEATでステーキングユーティリティを調達することで、財団は大規模なインフレの防止に貢献することができます。
多くのプロジェクトは、提供するステーキング商品に燃料を供給するためにトークンをより多くミントしなければならず、これは非常にインフレ的で持続不可能な可能性があります。

Sweatcoin(スウェットコイン)の利益はどこから出ているのですか?

Sweat Foundationは、主に2つの方法で収益を上げています。

ユーザーエンゲージメント(B2B)

巨大なSweat Walletのオーディエンスは、ブランドにとって貴重な存在です。
例えば、リワードの提供、NFTのマーケティング、広告、Learn to Earn(ベータ版のLearn to Earnには81万5000人の参加者がありました)の特集など、ブランドはアプリにお金を払って参加することができます。

取引手数料(B2C)

Sweat Walletアプリは、何百万人もの人々に仮想通貨を紹介しています。
その機能には、ステーキング、フィアットオンランプ(銀行カードによる仮想通貨の購入)、仮想通貨同士の交換、NFTゲーム、NFTマーケットプレイス、その他が含まれます。
コミュニティの規模を考えると、これらのアプリ内機能から得られる収益は莫大なものになると思われます。

トークンの詳細については、当社のトークンのウェブページでご覧いただけます。
最新情報については、Twitter、Discord、Telegram、Redditでぜひご確認ください。
暗号資産の世界に足を踏み入れるには、Sweat Walletアプリをダウンロードしてください(AndroidおよびApple)。

SWEATの特徴とは?

SWEATのユニークな点は、世界中に感動を与えるという目的をもっていることです。
SWEATの規模や採用は、この目的の効果、ミッションの検証に過ぎません。

SWEATの目的と規模は、トークンにユニークなコンテキストを提供します。
これは、トークンのデザイン、収益構造、そして財団の将来計画にも影響を与えます。

SWEATの広がり

SWEATウォレットは、SWEATのローンチ後の1週間で最も利用されたDAppでした。
それ以来、トップ5あたりを推移しており、このアプリが非常に若い製品であることを考えると、まだ信じられないことです。
このアプリは、ユーザーが自分のステップのためにSWEATをミントし、そのSWEATをステーキングに使用し、リワードにアクセスすることを可能にします。
機能や実用性が高まるにつれて、ユーザー数も増えていくことが予想されます。

SWEATのユーティリティ

SWEATは、ユーザーにとって根本的な価値があります。
アプリ内のステーキングは最大12%の利回りを提供し、魅力的であり、ネットデフレ機能として設計されています。
ステーキングは、Sweat Walletを通じて提供されるリワードによって補完されています。

Sweat Walletでは、FIFAワールドカップパッケージ(幸運な当選者の反応をご覧ください)、3000枚のアディダスギフトカード、6000枚のアマゾンギフトカード、Few and Farの10000NFTs、1ETHをユーザーに提供しています。
近々、ミント限度額の引き上げ、取引手数料の50%オフ、Sweatcoinプレミアム購読、ガバナンス権、Discordコミュニティへの独占アクセスなどが提供される予定です。
これは報酬の旅の始まりに過ぎません。

これはすべて、ユーザーが受け取っている魅力的な利回りの上にあるものです。

リワードを超えたユーティリティも登場します。
フィアット・オンランプはテスト中ですし、私たち独自のNFTゲームも今年後半に稼動する予定です。
SWEATは、最も基本的なレベルで、基本的な有用性を持っています。
そしてそれは、これからも広がっていくでしょう。

SWEATの収益の流れ

ユーザーエンゲージメント

ベータ版「Learn to Earn」には81万5千人が参加し、「Few and Far NFT」のオファーは200万人が見ています。
これらは、Sweat Walletのユーザーを取り込むためにお金を払う多くのプロジェクトにとって、素晴らしいマーケティング機会のほんの一例に過ぎません。

取引手数料

Sweat Walletは完全なウォレット機能を開発しており、ステーキングはすでにライブ、フィアットオンランプはテスト中、NFTゲームと仮想通貨同士の交換は間もなく登場します。
取引手数料から意味のある収益を上げるには、膨大なユーザーベースが必要です。
当社の製品とエコシステムのおかげで、それが可能になりました。

SWEATの購入・バーン、そして利回り

財団は利益の50%をセカンダリーマーケットでSWEATを購入し、バーンするか、さもなければステーキングイールドとして配布することを約束しています(これにより、ステーキングイニシアティブはネットデフレになります)。
バイ&バーン/イールドは私たちのプロジェクトに限ったことではありませんが、現在の大量トークン導入を補完するために必要不可欠な検討事項であり、必要な部分です。

SWEATトークン排出の設計

SWEATが誕生して2週間、すでにミントは5%難しくなっています(執筆時、1SWEATは1,050ステップ必要です)。

多くの人が、マスインフレの防止について問い合わせてきます。
SWEATには参入障壁がなく、ユーザーも指数関数的に増えているので、どうすればトークンの効用を保てるのか?

次のSWEATをミントするのがより難しくなるようにすることが鍵です。
ビットコインの半減期からヒントを得て、リアルタイムで、次のSWEATをミントするために必要なステップを増やしました(製造の限界コストを増加させるのです)。

Sweatcoin(スウェットコイン)の目的とビジョン

私たちが見ているスケールと採用は、私たちの目的とビジョンが証明されたものです。
しかし、これはまだ始まりに過ぎず、拡大する余地はまだたくさんあります。
例えば、今年の後半には、アジア市場全体でSweat WalletとSweatcoinをローンチする予定です。

今後、当財団では、分散化の原則を利用して、個人はもちろん、企業、ブランド、政府、医療機関など、誰もがアクセスできるオープンエコノミーを実現したいと考えています。

このビジョンの一例として、私たちがライトペーパーで示した、新しいムーブメント・バリデータのオンボーディングのための青写真があります。
これは、分散化と採用を促進するだけでなく、ユーザーが増え続ける活動(サイクリング、水泳など)に対してSWEATを獲得することを可能にします。
同様に、ユーザーが自分のムーブメントデータを収益化することを可能にするDAO構造の提案は、私たちがSWEATに抱いている長期的なビジョンの実証です。

Sweatcoin(スウェットコイン)運営チームによる大幅なインフレ抑制:ミント難易度アップ

Sweatcoin(スウェットコイン)運営チームは、「SWEAT」のミント難易度を400%引き上げることを決定しました。
この変更は本日(10月10日(月)12:00 世界協定時)より実施されます。

私たちは、持続可能な経済を実現し、皆様のトークンを将来にわたって保護したいと考えています。
現在保有しているSWEATや、Growth JarにステーキングしたSWEATは、この新しい措置の恩恵を受けることができます。
あなたの歩みの価値を高め、あなたのSWEATの力を高めることができるのです。

これは大きな決断です。
ウォーキングトークンの排出曲線を大幅に減少させることができます。
なお、この新しい計算式は適応可能なので、今後も微調整を続け、経済を最適化することができます。

トークン排出量の減少

1ヶ月前のローンチ以来、私たちはユーザーエンゲージメントやコミュニティからのフィードバックから多くのことを学び、常にそのことに感謝しています。

私たちは、需要を促進するユーティリティの作成と強化に取り組む一方で、歩くユーザーから来るトークン排出の供給を大規模に引き締める必要があります。

ミント難易度の大幅な引き上げは、これを達成するための第一歩です。
別の理解方法として、ミント難易度曲線があります。
これは、旧式と新式の比較で、時間とともに1 SWEATをミントするのに必要な歩数を示しています。

循環供給量の緩やかな上昇を実現するためにチームが取り組んでいる変更は、これだけではありません。

Sweatcoin(スウェットコイン)における変更点

私たちは以前から、次のSweatをミントするのが前よりも難しくなるようなモデルを確立してきました。
この仕組みは、人々が明日ではなく今日動けるよう支援するという私たちのビジョンを補完するものです。

今回の変更により、ミントの難易度は4倍/400%になります。
Sweat Walletのインターフェースの右上にあるミント難易度の数字が、約1,080から1,270前後に跳ね上がるのがすぐにわかると思います。

現在のミント難易度は1日あたり2.9歩の増加です。
新しいミント難易度では、1日12ステップ(1時間あたり0.5ステップ)になります。
インフレ率をさらに下げるために、さらなるモデルを開発中ですので、ご期待ください。
これはほんの始まりに過ぎません。

Sweatcoin(スウェットコイン)の一ヶ月:未来への礎

SWEATの最初の1ヶ月は、真のムーブメントの経済を創造するための基礎となるブロックでした。

いくつかの素晴らしいマイルストーンの成功がありました。

  • 1500万人のトークン保有者による史上最大のトークン生成イベント
  • 世界の主要な取引所への上場
  • NEARブロックチェーンは、最も活発なレイヤー1エコシステムのランキングで12位から5位に躍進
  • Sweat Walletアプリのアクティブユーザー数が最初の1カ月で350万人を突破
  • Sweat Walletがローンチ後1週間でクリプトで最も使用されるDAppに(DApp Radar)
  • Sweat Walletは51カ国でトップのファイナンスアプリに(App Magic)
  • ユーザーがアプリを通じて100M SWEATをステーキング
  • 17,530以上のリワードを配布

さらに、最初のトークンバーン(30M $SWEAT)、Moonpayによるフィアットオンランプの開始、より急なミント難易度の上昇によるトークン供給の厳格化(詳細は後述)など、多くのことがありました。
これらはすべて、最初の1ヶ月の間に行われたものです。
そして、これはまだ始まりに過ぎないことも分かっています。
私たちは暗号の新しい領域を開拓し、これまでにない種類の製品を作り、新しい経済を創造しています。
これは必然的な課題ですが、私たちはその一つひとつに迅速に対応し、解決してきました。

更新情報

私たちは、新しい状況への迅速な対応に注力してきました。

私たちの計算では、ムーブメントによってミントされるSWEATが高すぎることが予測されました。
そこで、インフレ率を大幅に低減するために、SWEATのミント方式を大幅に変更しました。
新しい計算式では、ミント難易度のレートが4倍になります。

製品面では、Growth Jarの表示に小さな問題がありましたが、これはNEARブロックチェーンにインデックスを付ける方法と関係がありました。
この問題は解決しました。

また、コミュニティからは、報酬の分配プロセスについてより明確にしてほしいという要望がありました。
私たちは、NFTやステイブルコインなどの報酬について、オンチェーンデータを提供することで対応しました。
オフチェーンでの報酬はより複雑です。
プライバシー上の理由からユーザーの電子メールアドレスを公開することはできないため、Sweatcoin/Sweat Walletのユーザー名を公開することを選択しました。
一方、製品チームはリワードの調整にも取り組んでいます。
新しいリワードをユーザーに知らせるプッシュ通知や、リワードの賞金抽選の結果をアプリで表示することなどです。

現在構築中の機能

私たちは、トークンの需要を高めるための機能やパートナーシップを構築しています。
SWEATの需要を促進し、バイ&バーンに還元するための収益を生み出す、他の多くのエキサイティングな取り組みの中でも、ラーン&アーン、仮想通貨同士の取引、SWEATダイナミックNFTゲームといった新機能の提供への取り組みを加速しています。
今後もご期待ください。

私たちは、素晴らしい報酬のパイプラインを構築しています。
ユーザーはすでにFIFAワールドカップ公式パッケージ、Macbook pro(当選者を参照)、Airpods、USDT、NFT、Amazonギフトカード、Adidasギフトカード、その他多くを獲得しています。
合計17.5Kのリワードが配布され、さらに多くのリワードが保留されています。
当選者の公開結果をご覧になりたい方は、Twitterでフォローしてください。

同時に、リワードのプロセスをより魅力的なものにするために、新しい機能を追加する作業も行っています。

ファインチューニング

最初の1ヶ月で、オープンエコノミーが持つ大きな可能性を証明することができました。
そして今、私たちは短期的・長期的なチャンスにさらに期待を寄せています。
私たちの責任は、この新しい経済を、コミュニティやパートナー、その他のステークホルダーのために繁栄するエコシステムに育てていくことです。

そのための一つの鍵は、私たちの対応力だと考えています。
この最初の1ヶ月は、信じられないような学びの連続でした。
そして、私たちの素晴らしいコミュニティの貢献と、ここまでのサポートに大いに感謝しています。
私たちは、人々が本当に好きな製品を作り続けることが待ち遠しいです。
これはまだ始まりに過ぎないことを忘れないでください。
私たちは、基本的な価値を持つ製品、真の実用性を持つトークン、そしてムーブメントのオープンエコノミーを、コミュニティと一緒に作り上げるこのエキサイティングな旅に、謙虚さと特権を感じているのです。

Sweatcoin(スウェットコイン)ウォレットのリワードとは

6週間前にSWEATを立ち上げて以来、24,426のリワードを配布してきました。

私たちは、今、Web3で最高のリワードを提供していると信じています。
しかし、私たちはあなたがアプリにどのようなリワードを望んでいるかを聞きたいと思っています。

リワードはこれまでSWEATのコアユーティリティの一つでした。
Sweat Wallet Rewardsの背後にある数字を見てみましょう。

新しい市場

Sweat Walletは、ブランドにとって製品を販売する場所を提供します。
これまでのエンゲージメントを概観してみましょう。

総インプレッション数
520万回
合計オプトイン数
120万回

Sweat Walletリワードとは何ですか?

私たちが提供する幅広いリワードは、SWEATが誰にとっても魅力的な仮想通貨であるという事実を反映しています。
ユーザーは、Growth JarにSWEATをステイクすることでリワードにアクセスします。
一般的に、価値の高いリワードはより高いステークを必要とします。

Amazonギフトカード、Sonosスピーカー、Macbook、それからUSDT、ETH、NFTなど、オフチェーンとオンチェーンの報酬が混在しています。

また、現在ライブ中のBTCリワード、FIFAワールドカップ公式パッケージ(5つ星ホテルやフライトを含む)、コールドプレイのコンサートなど、非常に価値の高いリワードが混在しています。
そして、10ドルのアマゾンギフトカード(3,000枚配布)のような、よりボリュームのあるリワードもあります。

このように、さまざまなリワードが混在しているため、SWEATは万人にアピールすることができるのです。

配布されたリワード

高ボリューム
  • パラスNFT 878
  • ファー・アンド・ファーNFT 10,000
  • 5ドル アマゾン 6,000
  • 10ドルアマゾン 3,000
  • 10ドル アディダス 3,000
  • 20ドルプリペイドVISA: 1,500
より高額なもの
  • Macbooks 15
  • Airpods: 11個
  • サッカーのサイン入りジャージ:6枚
  • ワールドカップ 5パック(10枚!)
  • ETH 1枚: 1枚
  • プランBの会議 10

配布されたリワードの数が当初公表されたものと異なる場合は、配布の遅れによるものです。
このリストは、実際に配布されたリワードです。
未配布のものはまだカウントされていません。

透明性の確保

当選者の透明性を高めるため、オンチェーンリワードについてはオンチェーンリンクを掲載し、配布されたことを確認できるようにしています。

オンチェーンおよびオフチェーンのリワードについては、すべての当選者がNotionの公開ページにNear Addressを掲載し、誰が当選したかをユーザーが確認できるようにします。

Sweatcoin(スウェットコイン)のSweatEconomy関連FAQページ和訳

下記の内容は、Sweatcoin運営元からの依頼・承諾に基づき、公開されているSweatcoin(スウェットコイン)のSweatEconomy関連FAQページの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。

なお、同FAQページの原文は、

https://help.sweateconomy.com/hc/en-us

↑こちらからご確認頂けます。

また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Sweatcoin(スウェットコイン)、SweatEconomy、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

なお、Sweatcoin(スウェットコイン)、及びSweatEconomyは、本記事の作成・翻訳作業に直接関与しておらず、その翻訳内容の正確性について、Sweatcoin(スウェットコイン)、及びSweatEconomyは保証する立場にありません。

Sweatcoin(スウェットコイン)のSweatウォレットへのログイン関係

Sweat Walletをダウンロードするにはどうしたらいいですか?

以下から簡単にダウンロードできます。

  • IPhone – AppStoreからダウンロード
  • アンドロイド – PlayStoreからダウンロード

その後、ログインが必要です。

Sweat Walletにログインするにはどうすればよいですか?

私たちは、他の暗号資産ウォレットよりもシンプルなログインフローを持つように努力しています。
主に2つの方法があります。

  1. Sweatcoinでログイン(最も早く、簡単です)
  2. 電子メールのリンクからログイン
Sweatcoinでログインする

これは最も簡単な方法です。
Sweat Walletの紹介ページで「Login with Sweatcoin」をクリックするだけです。
スウェットコインアプリにリダイレクトされるので、シェアリクエストを承認してください。
以上でログイン完了です。

スウェットコインで暗号化した後、アプリを削除したり、携帯電話を変えたりした場合は、オプション2を試す必要があります。

電子メールのリンクからログインする

Sweatcoinで仮想通貨にオプトインした際に、ログインに使用できるメールを送りました
メールの件名は、
『重要:SWEATウォレットのバックアップコード-削除や共有しないでください』
でした。
users@sweatco.in から送信されました。
メールの受信箱からこのメールを見つけるだけです。
一番下にある “Log into your Sweat wallet “のリンクを探し、クリックします。
サムスンをお使いの場合は、この問題に注意してください。

それでもうまくいかない場合は、support@sweateconomy.com、あなたの携帯電話のメーカーとバージョン、そしてあなたのスウェットコインのEメールを教えてください。

スウェットコインのアカウントを持っていないのですが、どうしたらいいですか?

スウェットコインアプリでは、あなたの歩数を確認することができます。
SWEATに歩数を入力するには、スウェットコインをダウンロードし、アカウントを作成する必要があります。
簡単で、1分もかかりません。

Sweatcoinアプリをダウンロードする
  • IPhone – AppStoreからダウンロード
  • アンドロイド・・・PlayStoreからダウンロード
スウェットコインアカウントを作成する
アプリの手順に沿って行うだけなので、簡単です。
Sweatにオプトイン
ホーム画面にSWEATという仮想通貨を宣伝するカードがあります。
オプトインしてアカウントを作成します。

これで完了です。

以上でSweatのアプリを入手し、ログインできるようになります。

なお、ステップ3のカードが見つからない場合、まだSweatが開始されていない国にいる可能性があります。

SWEATのサイトで無限ループに陥ってしまいます。

SWEATから送信されたメールに記載されているリンクからログインする際、以下のような場合、SWEATのウェブサイト上で無限ループに陥り、Sweat walletにログインできない場合があります。

  • Samsung、Mi、Operaのブラウザをデフォルトのブラウザとして使用している場合
  • メールブラウザでリンクを開いた場合(例:Gmail内)。
  • Android で、デフォルトで「サポート付きリンク」が無効になっている場合。
  • iOSで任意のブラウザを使用している

もしこれに遭遇したら、簡単に修正できます。

SamsungやOperaのブラウザ、またはメール内ブラウザを使用している
  1. メールに戻る(件名に「SWEAT wallet backup code」が含まれている)。
  2. 下部にある「Sweat walletにログイン」を見つける
  3. リンクをロングタップし、”URLをコピー “をクリックします。
  4. あとは他のブラウザ(Chrome、Firefox、Safariなど)でリンクを開くだけです。
「サポートされているリンク」はデフォルトで無効になっている場合
  1. お使いの携帯電話の “設定 “に移動
  2. “アプリ “を開く
  3. “Sweat Wallet” を検索して開く
  4. 下にスクロールし、”デフォルトで開く “をクリックします。
  5. “サポートされているリンクを開く “を有効にする
  6. “このアプリで開くリンク “の下に “wallet.sweateconomy.com “を追加してください。
  7. Sweat Walletを再読み込みし、ログインします。
iOSで任意のブラウザを使用している場合

Opera および Samsung ブラウザと同じ手順を試してください。
24~48時間待ってもうまくいかない場合は、お使いのデバイスが自動的にアプリ内でwallet.sweateconomy.comのリンクを開くようになります。
最後に、画面右上の3つの点をクリックし、「クロームで開く」をクリックし、ログインボタンをタップしてみてください。

それでもうまくいかない場合は、support@sweateconomy.com までメールでお問い合わせください。

「アカウントが見つかりません(ネットワークはメインネット)」のエラーが発生する

スウェットコインやアクティベーションメールでログインしようとしているのに、このエラーが出る場合は、弊社からのメールが複数届いている可能性があります。
もしこれに遭遇したら、簡単に解決できます。

  1. スウェットコインアプリを最新バージョンにアップデートしてください。
  2. 受信トレイで「重要: SWEATウォレットのバックアップコード」を検索してください。
    users@sweatco.in から送信されています。
  3. アクティベーションメールが1通しかない場合は、グループ化されている可能性があるので、メール内を見てください。
  4. 最新のアクティベーションメールを選択し、下部にある「Log into your Sweat wallet」リンクをクリックします。

それでもうまくいかない場合は、support@sweateconomy.com までメールでご連絡ください。
その際、携帯電話のメーカーとバージョン、スウェットコインのメールもお知らせください。

「公開鍵はアカウントにアクセスできません」のエラーが表示される

SweatcoinアプリでSWEATにオプトインしたばかりの方、またはNear Walletで2段階認証を有効にした方は、Sweatウォレットにログインしようとすると問題が発生する場合があります。
この問題は簡単に解決することができます。

SWEATにオプトインしたばかり、という場合
  1. 5分待つ
  2. SweatcoinとSweat Walletのアプリを再読み込みしてください。
  3. Sweat Walletにログインする
Near Walletで2段階認証を有効にした場合
  1. Near Walletに移動する
  2. 2段階認証を無効にする
  3. 5分待つ
  4. Sweat Wallet にログインする

それでもうまくいかない場合は、support@sweateconomy.com までメールでご連絡ください。
その際、携帯電話のメーカーとバージョン、スウェットコインのメールもお知らせください。

「アカウントを有効にするには、Sweatcoinをもう少し歩いてください」というエラーが表示される

スウェットコインであまり歩いていない場合、スウェットウォレットは機能しません。
この問題は簡単に解決することができます。

  1. 10分以上の散歩をおすすめします。
  2. 24時間待つ
  3. スウェットウォレットにログインする

それでもうまくいかない場合は、support@sweateconomy.com までメールでご連絡ください。
その際、携帯電話のブランドとバージョン、スウェットコインの電子メールをお知らせください。

Sweatcoin(スウェットコイン)のSWEATトークン関連の質疑応答

仮想通貨「SWEAT」とは

SWEATは、あなたの運動によって生成される新しいトークン(仮想通貨)です。
SWEATの作成はスウェットコインアプリからのみ可能です。
現在、SWEATを作成できるのは自分の歩数だけです。
そのうち、水泳、ジムワーク、サイクリングなど、SWEATを作成するアクティビティが増えるでしょう。

SWEATトークンはNearブロックチェーンにネイティブであり、イーサリアムや他のブロックチェーンに送信する前にブリッジする必要があります。
SWEATをSweatウォレットから他のチェーン上のアドレスに送ると、紛失してしまいますので、絶対に送らないでください。

仮想通貨「SWEAT」の価格はいくらですか?

これは私たちが決められることではありません。
オープンマーケットとは、Sweatファウンデーションがトークンの価格を決定せず、市場の需要と供給によって決定されることを意味します。

SWEATの「グロースジャー」のリスクとは

グロースジャーを利用する際には、リターンがリスクフリーではないことを理解しておく必要があります。
私たちはこれらのリスクからあなたのSWEATを守るために努力しますが、これらのリスクに対する完全な安全を保証することはできません。

ジャーを作成することで、これらのリスクを受け入れることになります。
このドキュメントに目を通し、どのように機能し、どのようなリスクがあるのかを理解してください。

リスク1: 仮想通貨の価格の変動

仮想通貨の価格は毎日大きく変動しています
あなたのSWEATの価値は、他の暗号通貨や従来の通貨、(米ドルやビットコインなど)に交換された場合、変化します。
価格が上がることも下がることもあり得ます。
私たちは将来の価格を保証または予測することはできません。

リスク2:財務的なリスク

私たちは倒産したり、SWEATの元本や利息を支払うことができなくなる可能性があります。

リスク3:ハッキングのリスク

お客様のSWEATは、悪意のある第三者によって盗まれる可能性があります。
例えば、悪意のある第三者がお客様のSWEATウォレットや当社のシステムにアクセスする可能性があります。
お客様のSWEATは、ステーキング期間が終了するまで弊社にロックされます。
グロースジャーにロックされたSWEATがハッキングされる可能性は低いですが、あり得ます。
この場合、資金の一部を返却できない可能性があります。

リスク4:法律上のリスク

SWEATの元金や利息を返済することが違法となった場合、返済ができなくなる可能性があります。
これは、あなたが詐欺に加担したり、違法な活動に資金を提供したなどの理由で起こる可能性があります。
また、Sweatファウンデーションは銀行ではないことをご理解ください。
あなたのスウェットやその他の資産は、保険や補償制度の対象にはなりません。
スウェットウォレットは銀行口座などではありません。

SWEATを稼ぐにはどうすればいいですか?スウェットコインをSWEATに移行することはできますか?

トークン生成イベント(2022年夏)にて、あなたのスウェットコイン残高とSWEATをマッチングさせます。
この際、スウェットコインが失われることはありません。
TGEの後、最初の5,000歩でSWEATを作成し、次の5,000歩でスウェットコインを獲得します。
この段階では、1日5,000歩の追加で獲得したスウェットコインをSWEATと交換することはできません。
ある時点で、交換が可能になる予定です。

TGE(トークン・ジェネレーション・イベント)とは?

トークン・ジェネレーション・イベントは、SWEATが正式にローンチする瞬間、2022年9月12日12:00(世界協定時)に行われる1回限りのイベントです。
TGEでは、財団がユーザーのスウェットコイン残高の「スナップショット」を取得し、1スウェットコインに対して1SWEATを与え、各ユーザーのスウェットウォレットに入金します。
このプロセスには24~48時間かかると思われます。

12:00(世界協定時)の時点でSweatにオプトインしていた人は全員SWEATを受け取ります。
TGEを作成する際にスウェットコインに害はありません。

SWEATトークンを1枚ミントするには、歩数が何ステップ必要ですか?

トークン・ジェネレーション・イベントの謳い文句はこのようになっています。
1スウェットコインは1SWEATに相当します。
つまり、1,000ステップで1つのSWEATを作ることができます。

しかし、トークン生成イベントの後、それぞれのSWEATはより多くの運動を必要とします。
だから、どんどん運動してください。

将来的にSWEATをミントするのに必要なステップ数の詳細については、ライトペーパーのトークノミクスセクションをお読みください。

なぜ1日の最初の5,000歩だけしか、SWEATを獲得することが出来ないのですか?

Sweatcoinアプリでは、1日の最初の10,000歩(Sweatcoin Premiumに加入している場合は50,000歩)が収入源となります。

仮想通貨を選ぶと、最初の5,000歩はSWEATに変換され、次の5,000歩はスウェットコインが作成されます。
これは、Sweatcoinプレミアムの方が若干高いです。

健康的な習慣を促進するために、体を動かしてほしいけれども、動きすぎてはいけないということで、全体の上限を10,000歩としました。
SWEATとスウェットコインの両方が繁栄する健全なエコシステムを維持するために、SWEATの上限を5,000歩としました。

なぜ私の地域ではSWEATを利用できないのですか?

2つの理由が考えられます。

まず、SWEATが初めて公開されるトークン生成イベントは、スウェットコインアプリのユーザーだけが利用できます。
アプリはこれらの国で利用可能ですが、私たちはアプリをグローバルに展開しているため、ご期待ください。

次に、米国など、仮想通貨に関連する規制のため、現時点ではローンチできない地域があるだけです。
他の多くの暗号資産プロジェクトも、同じ問題に直面しています。
我々は常に規制状況を監視し、任意の更新をお知らせします。
任意のアップデートを知るためにあなたの電子メールで購読していることを確認してください。

現在、SWEATを利用できない国としては、下記のような地域が挙げられます。

  • アルバニア
  • バハマ
  • バルバドス
  • ボツワナ
  • カンボジア
  • 北朝鮮
  • ガーナ
  • イラン
  • ジャマイカ
  • モーリシャス
  • ミャンマー
  • ニカラグア
  • パキスタン
  • パナマ
  • 中国
  • シリア
  • アメリカ
  • イエメン
  • ジンバブエ
  • パレスチナ自治区
  • ロシア
  • クリミア
  • キューバ
  • ベラルーシ
  • ウガンダ

自分の歩数はブロックチェーン上で見えるようになるのでしょうか?

真の暗号通貨として、SWEATはパブリックブロックチェーン上に構築されています。
私たちが構築しているオープンエコノミーは、透明である必要もあります。
これはブロックチェーンの性質であり、一部のデータが一般に公開されることを意味します。

私たちは、個人的なユーザーデータをオンチェーンで制限するために、可能な限りの手段を講じています。
以下はブロックチェーン上に載りません。

  • あなたの名前、スウェットコインのアカウント番号、その他の個人情報
  • 運動を実行した場所
  • 運動が実施された時刻

ただし、SWEATにオプトインした場合、あなたの歩数データの集計がブロックチェーン上に表示されます。
ブロックチェーン上に表示されるのは、以下のデータです。

  • 検証された歩数
  • 受け取ったSWEATの量
  • 歩数がSWEATに変換された時期
  • SWEATを受け取った人の公開鍵

つまり、誰かがあなたの歩数に関する基本的な情報を収集することが可能なのです。
ただし、あなたのウォレットアドレスを知っている必要があります(あなたの名前はブロックチェーンに表示されないため)。
また、この公開された情報によって、個人情報やプライバシーが著しく侵害されることがないことも特筆すべき点です。
私たちは、公に開示される情報の量を下げる努力を続けていきます。

すべての暗号資産・ブロックチェーン技術と同様に、他のすべてのSWEATの取引はブロックチェーン上で公に見えるようになることに注意してください。

SWEATとSweatcoinはどうつながるのか?

Sweatcoin、Sweat wallet、SWEAT tokenは、Sweat Economyの一部です。
これらは同じ開発チームを共有しています。

Sweatcoinは、仮想通貨にアクセスできない、あるいはアクセスしたくない人のための集中型アプリです。
スウェットコインアプリは、あなたの歩数をスウェットコインに変換します。
スウェットコインは、スウェットコインマーケットプレイスで商品やサービスと交換することができます。
また、様々なチャリティーに寄付することも可能です。

Sweat walletは、ユーザーがSWEATトークンや、将来的に他の資産を管理することができる自己完結型の仮想通貨ウォレットアプリケーションです。
SWEATは、あなたの運動の価値を解放するために作られた、新しい分散型仮想通貨です。

SWEATはどうすればいい?

TGE後にSWEATがアンロックされると、SWEATをステーキングして高利回りのSWEATを獲得することができます。
SWEATをGrowth Jarsにステーキングすることで、他のリワードを得ることもできます。

やがて、次のようなことができるようになります。

  • SWEATを使用してNFTをアップグレードする
  • ネットワークのガバナンスに参加する(トークン保有者は、投票や報酬など、ネットワークの運営に関連する特権を得ることができます)。
  • SWEATをオープンマーケットで販売する
  • 他の仮想通貨に交換する
  • 様々なユースケースに適用することができます。

SWEATは安全ですか?

SWEATは、NEAR上に構築されたSweatウォレットで保有されます。
NEARは高性能なブロックチェーンで、セキュリティに誇りを持っています。
これについての詳細は、同社のウェブサイトをご覧ください。

SWEATトークンのスマートコントラクトは、2つのセキュリティ会社によって独立的に監査されています。
QuantstampとPessimisticです。

ムーブメントのオープンエコノミーとは?

Sweat Economy は、「Open Economy of Movement」の創設団体です。

Sweat Economyは、身体活動をトークン化することで、SWEATというトークンを生成し、それを使って身体活動の価値を交換、検証、計算できる幅広い経済エコシステムを形成しています。

Sweat Wallet(スウェット・ウォレット)の各種機能関連

NEARを使い果たしたため、取引を完了することができません。

SWEATトークンはNEARブロックチェーン上で動作し、SWEATでの取引はNEARトークンの「ガス」を消費します。
ガスとは、ブロックチェーンの使用料であり、ネットワークの運営に必要な資金です。

TGEでは、各ユーザーに少量のNEARを渡し、最初の取引のかなりの部分を賄えるようにしています。
しかし、ユーザーによってはこの量が不足し始め、取引を継続するためにさらにNEARを取得する必要があります。

NEARが不足して取引を完了できない場合、Sweat walletが通知します。

NEARは、OKX、ByBit、Nexo、FTX、Bitfinex、KuCoin、Binanace、Coinbaseなどの主要取引所や、MoonPayなどのオンランププロバイダーで購入することが可能です。
また、Nearプロトコルは非常にスケーラブルで低コストのネットワークであり、ほとんどのニーズは0.5 NEAR以下でカバーできる可能性が高いです。

また、Nearを買った後は、あなたのウォレットに送る必要があります。
あなたのウォレットアドレスは、Sweatウォレットの「リクエスト」セクションで見つけることが出来ますので、それをコピーしてください。
取引所の送信機能を探し、上記のアドレスあてに、Nearチェーンで送信します。

スウェットウォレットへのログイン

ウォレットアプリを使用する前に、ログインする必要があります。
ログインはとても簡単ですが、もし問題があれば、適宜お問い合わせ下さい。

スウェットウォレットは「ホットウォレット」か、それとも「コールドウォレット」か

Sweat Walletはホットウォレットです。

一般的にホットウォレットとは、仮想通貨やトークンを受け取り、送信し、保管することができるデジタルな安全な場所のことを指します。
ホットウォレットによって、ある通貨/トークンから別の通貨への交換、出金、ステーキング、流動性提供などの機能性が異なります。
これらの機能の詳細と定義については、SWEATのFAQをご覧ください。

コールドウォレットは、「コールドストレージ」と呼ばれることもあります。
暗号資産をオフラインで安全に保持する、しばしばUSBメモリに似た物理的な物体です。

Sweatcoin(スウェットコイン)のよくある質問

Sweatcoin(スウェットコイン)の購入方法は?

2022年7月20日現在、Sweatcoin(スウェットコイン)の暗号資産(トークン)は、まだTGE(Token Generation Event)を迎えていません。
当然、トークンは、まだ、どこの市場にも上場していません。

このため、Sweatcoin(のトークン)を、外部の市場で購入することは、出来ません。
今後、SweatcoinがTGEを終え、トークンが予定通り発行され、その後、

  • Nearプロトコル(Sweatcoinの採用しているブロックチェーン)上のDex(分散型取引所。BNBチェーンにおける、PancakeSwapのような存在)に上場したり、
  • BinanceやBybit、Gate.ioなどといった、中央集権型の取引所に上場すれば、

そうした取引所を通じて、Sweatcoinのネイティブ・トークンを購入することも、可能となりましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトークンは、どこの取引所に上場しているのか

前述の通り、2022年7月20日現在、Sweatcoinは、まだTGEを済ませていません。
当然のことながら、Sweatcoinのトークンは、まだ、どこの取引所(分散型取引所+中央集権型取引所)にも、上場していません。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトークンは、いつ、取引所に上場するのか

取引所(分散型取引所、ないしは、中央集権型取引所)への上場日は、Sweatcoinのトークン・ジェネレーション・イベント(9月12日予定)の後、となります。

Sweatcoin(スウェットコイン)のトークンは、日本円に換算して、いくらになるのか

2022年7月20日現在、Sweatcoinのトークンは、まだ、どこの取引所にも上場していません。
また、Sweatcoinの運営側が、トークンを事前販売することもありません。
このため、Sweatcoinの発行するトークンが、日本円に換算して、果たして、いくらなのか、(=いくらになるのか)については、現状、未知数です。

Sweatcoinでは、結局、どれくらい稼げるのか

現状のSweatcoinで、coinの付与対象となる歩数は、1日あたり1万歩まで、という上限設定が為されています。
そして、現状、1,000歩あたり、1Sweatcoinが付与される仕組みとなっています。
また、Sweatcoinの付与にあたり、運営側が手数料の控除を行います。
このため、Sweatcoinの通常利用で稼ぐことのできるコインの量は、1日あたり、9.5Sweatcoinが上限となります。
一方で、前述の通り、1Sweatcoinが、日本円でいくらになるのか、については、現状、情報がありません(=CEXでも、DEXでも、取引が為されていないため)。
このため、「Sweatcoinを通じて、1日あたり、日本円換算で、どれくらい稼げるのか」については、現状、誰一人として、明確な回答は持ち合わせていない、というのが実情です。

稼いだSweatcoinの使い道には、どのようなものがあるのか

2022年7月20日現在、アプリ内で稼いだSweatcoinを、直接、

  • 他のトークンや、
  • 法定通貨(日本円や、米ドルなど)に、

交換することは、出来ません。

現状の、Sweatcoinの使い道としては、

  • Sweatcoinのアプリ内のショップで、商品にサービスに交換する
  • 同じく、Sweatcoinのアプリ内で、個人的に賛同できる慈善活動・チャリティイベントなどに対して、寄付をする、

といったところが主流となります。

※勿論、9月12日に予定されているTGEに向けて、Sweatcoinを貯めておく、という選択肢も可能です。

Sweatcoinの将来性はどうなのか

Sweatcoinの将来性に関する、ポジティブなポイント

  • 既に数年前から「Move to Earn」アプリとしてサービス提供をしており、膨大なユーザー数・基盤を抱えている。
  • 無料で始めることが出来る(Free to Earn)が提唱されている関係上、ユーザーとしても、初期投資無く参入することが出来る、というメリットがある。

Sweatcoinの将来性に関する留意点

  • 「トークンのユースケース」(=Sweatcoinの発行するトークンが、ゲーム内で消費・バーンされる仕組み)がしっかりと整備出来ない限り、「歩くだけで稼げるトークン」の価格は、基本的に、インフレしていくこととなる。そのインフレを抑制することが出来なければ、「取り組んでも、(法定通貨建てでは、)稼げないアプリ」と見做されてしまう恐れがある。
  • STEPNやRunBlox、Caloなど、Move to Earn領域には、既存のライバルが多い。Sweatcoinのトークンが本格流通し始めるころには、市場が既に飽和してしまっている恐れがある。

Sweatcoinの歩数計算が増えないのですが…

Sweatcoinでは、歩数のバリデート(検証)技術に、相当の投資をしてきている、とされています。
このため、スマートフォンやスマートウォッチが表示している「歩数」(例えば、iPhoneの場合、ヘルスケア情報から閲覧できるもの)と、Sweatcoinが「検証済である」として認めている歩数との間には、大きな差が生じることがあります。
Sweatcoinのアプリ内で、検証済歩数が増えない場合、こうした事情を考慮にいれて、運動内容を見直してみる余地があるかも知れません。

Sweatcoinのアプリ内に、トロイの木馬プログラムが存在する?

2022年6月のアプリ・アップデート以降、複数のユーザーが、
「セキュリティ・ソフトで確認したところ、最新版のSweatcoinアプリにおいて、トロイの木馬プログラムが検知された」
と報告しています。

不安な方は、Sweatcoinの公式Discordなどにて、最新情報をチェックして見ることをお勧め致します。

最後に・免責事項

本記事をお読み頂き、ありがとうございました。
本記事の内容が、少しでも、読者様のお役に立てたのであれば、嬉しい限りです。

なお、私ども、fill.mediaでは、Sweatcoinを始めとする、様々なブロックチェーン・プロジェクトや、WEB3.0プロジェクト、フィンテック等に関して、YouTubeチャンネルや、公式Twitter、LINE公式アカウント等にて、情報発信を行っております。

是非、上記もフォローして頂けると幸いです。

読者様の、今後益々のご活躍を祈念し、結びのご挨拶と代えさせて頂きます。


本記事の内容は、Sweatcoin公式サイト等に掲載されている情報を参考に作成したものであり、内容の真偽等に関して、如何なる保証等も行うことは出来ません。
本記事内で言及しているサービス等に関する一次情報については、必ず、 当該サービス提供元のサイト等を、読者様ご自身でご確認下さい。
本記事内の情報は、時間経過に伴い、有効性を失っている場合があります。最新情報に関しては、必ず、ご自身にてご確認下さい。
本記事は、一般的な情報提供のみを目的として作成しているものであり、いかなる暗号資産・有価証券・その他デジタルアセットの取得を勧誘するものではありません。また、それらの資産等の取得をしないように推奨する目的もありません。また、投資助言を目的としたものでもございません。
本記事内に掲載した情報によって起きた、いかなる直接的・間接的損害について、一切責任を負うことは出来かねます。
暗号資産投資やその他の投資にはリスクが伴います。
投資を行う際は、リスクを了承のうえ、ご自身の判断で行って頂きますよう、お願いを申し上げます。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。