ProjectXeno(PROJECT XENO)の始め方&稼ぎ方-メイウェザー氏コラボや人気YouTuberヒカル氏のアンバサダー就任で話題の新NFTゲームを検証

ProjectXeno(PROJECT XENO)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、ProjectXeno(PROJECT XENO)運営元からの承諾に基づき、公開されているProjectXeno(PROJECT XENO)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://project-xeno.gitbook.io/project-xeno-whitepaper/

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、ProjectXeno(PROJECT XENO)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

ProjectXeno(PROJECT XENO)とは



引用元:ProjectXeno(PROJECT XENO)公式サイト

PROJECT XENOは、GameFiとe-sportsの側面を持つタクティックゲームです。
NFTキャラクターを所有するプレイヤーは、このゲームをプレイすることでユーティリティ・トークン(UT)とNFTを獲得することができます。
また、アプリ内のウォレットとマーケットプレイスを通じて、NFTをシームレスに取引することができます。
獲得したNFTは、スワップ機能を備えたアプリ内の「General」アカウントに安全に保管されます。

ProjectXeno(PROJECT XENO)のビジョン

私たちは、以下のポイントに基づき、エコサイクル設計を構築しています。

  • NFTキャラクターの価値維持
  • トークンの価値を維持する
  • eスポーツの要素を取り入れる
  • 上記を維持した上で、最も稼げるGameFi
NFTキャラの価値維持

無制限ブリード機能(NFT第1世代)は、需要がないのにNFTを作り続けることで、NFTの将来的な価値を下げることになると考えています。
そのため、この機能は採用せず、NFTキャラクターの需要とシェアのバランスを保ち、市場におけるNFTの価値を維持します。
NFTキャラクターの発行数を制限するということは、プレイヤーの数も制限されるということです。
調整は、「健全な生態系の循環の確認」と「市場における新たな需要のバランス」によって決定されます。

ユーティリティ・トークン(仮想通貨)の価値を維持する

PROJECT XENOが発行するUTトークンの供給量は無限ですが、供給(ミント)と消費(バーン)のバランスが崩れるとトークン価値が低下し、結果として1トークンあたりの価値が下がります。
そこで、UT の需要(バーン)と供給(ミント)のバランスを保つためにソフトペッグを適用し、PROJECT XENO の市場価格を安定させます。

eSportsとしての側面の取り入れ

ゲームプレイの面では、戦略・戦術を重視したフェアなバトルをデザインすることをビジョンとしています。
そのため、特殊なキャラクターやアイテムを所持しているプレイヤーが常に勝つという状況にはなりにくいと思われます。
しかし、NFTの価値を維持するために、「上記の資産を所有しているプレイヤーの方が稼げるゲーム」になっています。

最も稼げるGameFiに

NFT、トークン(仮想通貨)の価格、及び獲得トークン量のバランスを取ることが、長期的かつ安定的に稼げる環境を作るために必要だと考えています。
また、プレイヤーが一時的に大きく稼ぐことができるGameFiでは、NFTやトークンの価値の低下は避けられないと考えています。
そのような事態を避けるため、上記の事項を最優先としながら、ユーティリティ・トークンへの期待値をさらに高めた稼げる環境を提供していきます。
プレイヤーが最も稼げる場として、チャンピオン大会を開催します。
なんといっても、ベストプレイヤーが最も稼げるように設計することが理想です。

優勝決定戦の報酬はガバメントトークンで、優勝決定戦ごとに総額は変わります。
予選を通過したプレイヤーは、戦果に応じてトークンを分配し、上位のプレイヤーが最も多くの報酬を得ることができます。

ProjectXeno(PROJECT XENO)のNFTキャラクター



引用元:ProjectXeno(PROJECT XENO)公式サイト

NFTキャラクターには、5つのクラスと40種類以上のパッシブスキルがあります(発売時)。
1キャラクターにつき1クラスと2パッシブスキルを持つため、合計で2,000人以上のユニークなキャラクターが生まれます。

NFTキャラクターの中には、ジェネシスというさらに限定された銘柄を持つ特別なNFTキャラクターも用意されています。
ジェネシスは見た目がわかりやすく、「効果的なトレーニングができる」「プレイヤーが稼げる額が増える」などの効果があります。
レアリティが高いので、主にオークションで出品されることになります。

NFTキャラクターを持っているプレイヤーは、トークン(仮想通貨)を獲得できるアリーナバトルに参加することができます。
アリーナで一定の条件を満たした方は、チャンピオン大会に参加することができます。

なお、キャラクターのクラス数、パッシブスキル数は発売後に追加予定です。

ProjectXeno(PROJECT XENO)のゲームで遊んで仮想通貨を稼ぐ方法

PROJECT XENOでは、主にPvPバトル(プレイヤー同士の対戦)でトークンを獲得することができます。

PvPには、「アリーナバトル」と「チャンピオンシップトーナメント」の2種類のバトルがあります。

アリーナバトル
参加条件
NFTキャラクターを所持している全てのプレイヤーが参加可能です。
主な報酬
  • ユーティリティ・トークン(仮想通貨)
  • NFTキャラクター
  • スキルカード
  • その他
チャンピオンシップ大会
参加資格
前掲のアリーナ・バトルにおいて、一定の条件を満たしたユーザーに参加資格が与えられます。
主な報酬
  • ガバナンス・トークン
  • その他

ProjectXeno(PROJECT XENO)のゲームの仕組み・始め方



引用元:ProjectXeno(PROJECT XENO)公式サイト

プレイヤーは、アリーナ・バトルに勝利することで、トレジャーを獲得することができます。
トレジャーからの報酬例としては、下記の通りです。

  • トークン(仮想通貨)
  • スキルカード
  • ゴールド
  • NFTキャラクター
  • NFTチャーム
  • NFT武器

プレイヤーはトレジャーから入手したアイテムを使って、スキルやキャラクター、パーティを育成し、アリーナバトルに挑みます。

闘技場では、プレイヤーの強さに応じてランクが設定されており、ランクが高いほど勝利時に獲得できるUTが多くなります。
一定のランク以上のプレイヤーは、定期的に開催されるチャンピオンシップ大会への参加資格を得ることができます。
チャンピオン大会では、入賞者が、ガバナンス・トークンのエアドロップを入手することができます。

準備段階(戦略)

プレイヤーはNFTのキャラクターを3体、バトルで使用する陣形に配置します。

各キャラクターにスキルカードを4枚ずつセットし、合計12種類のスキルをバトルで使用することができます。
各キャラクターには40種類のスキルのうち、4種類を装備することができます。
スキル数は発売時の予定であり、最終的には100種類を超える予定です。

バトルフェイズ(タクティクス)

プレイヤーは準備段階で設定されたスキルを発動して行動します。
スキルの発動にはエネルギーが必要で、毎ターン回復し、特定のスキルを使用することで入手できます。

スキルごとに発動に必要なエネルギーが設定されているので、効率よくエネルギーを管理して戦闘を進めるとよいでしょう。
ターン制限内でNFTキャラクターを守りながら、より多くのNFTキャラクターを倒した方が勝利となります。

育成フェーズ

戦闘に勝利した際にトレジャーから獲得できるアイテムを使って、キャラクターやスキルを育成します。
NFTキャラクターを育成することで、「キャラクターステータス」と「獲得能力」が強化されます。
スキルの育成により、「スキル効果」が強化されます。
育成して強くなると、アリーナの上位ランクに挑戦できるようになり、ユーティリティ・トークン(仮想通貨)の獲得数が増加します。

ProjectXeno(PROJECT XENO)のキャラクター&スキル



引用元:ProjectXeno(PROJECT XENO)公式サイト

キャラクター

NFTのキャラクターには、全部で5つのクラスが存在します。
それぞれにステータスの特徴があります。

ブレイカー
攻守のバランスが取れたアタッカー。
ガーディアン
高いHPを持ち、前線で他人を守ることが得意。
サムライ
高いATKを持ち、相手を倒すメインスコアラー。
サイキック
高いPSYを持ち、召喚や魔法で相手を撃破する。
忍者
スピードが速く、誰よりも早く行動できる
キャラクターのステータス
HP
ダメージに対する耐久力に影響
ATK
物理攻撃スキルの威力に影響
PSY
召喚や魔法の威力に影響
SPD
行動の順番に影響
LUCK
報酬に影響
キャラクターの育成(トレーニング)

アリーナバトルで勝利した際に獲得できるトレジャーから得られるトークン(仮想通貨)を使用して、NFTキャラクターをより強く、より収益性の高いものに成長させることが可能です。
キャラクターを成長させる要素としては、下記のようなものがあります。

  • バトル勝利時のトークン、レアトレジャーのドロップ率アップ
  • ステータスパラメータの強化
  • ジェネレーションのアップグレード
キャラクターの装備

キャラクターは武器、アクセサリー、コスチュームを装備することができます。

武器
キャラクターのステータスをアシスト
アクセサリー
パッシブスキルを付加
スキン
キャラクターの外見を彩る

今後のアップデートで発表される予定です。

ProjectXeno(PROJECT XENO)のスキル



引用元:ProjectXeno(PROJECT XENO)公式サイト

攻撃スキル、魔法スキル、召喚スキルがあります。

攻撃系スキル
直接攻撃系スキルは、キャラクターのATKの状態に応じて威力が変化します。
魔法スキル
遠距離攻撃スキルで、キャラクターのPSYの状態に応じて威力が変化します。
召喚スキル
様々なユニットを召喚し、自陣に配置することが出来ます。
スキルのトレーニング

プレイヤーは、各レベルに設定された同じスキルカードを必要数集めることでスキルをレベルアップさせることができます。
これにはゴールド(オフチェーン)が必要です。
スキルカードはショップで購入したり、バトルで勝利するとトレジャーから入手することができます。

ProjectXeno(PROJECT XENO)のマーケットプレイス&ウォレット



引用元:ProjectXeno(PROJECT XENO)公式サイト

マーケットプレイス

マーケットプレイスは、ゲーム内で使用されるNFTキャラクターやアイテム(ERC721)を売買することができるプラットフォームです。
PCのWebとモバイルアプリからアクセス可能です。
シンプルな購入ナビゲーション、検索フィルター、ソート機能などを実装しています。

ウォレット

PCゲームアプリにブロックチェーンウォレットを組み込むことで、お客様はゲームをプレイしながらシームレスに資産(トークン、NFT)を管理することができます。
シードフレーズのバックアップ/リカバーやセキュリティ対策(PINCODE認証など)を実装しているほか、

  • イーサリアム・チェーン
  • ポリゴン・チェーン
  • BNBチェーン(旧BSC)

などのマルチチェーンに対応します。

ProjectXeno(PROJECT XENO)のテクノロジー



引用元:ProjectXeno(PROJECT XENO)公式サイト

トークンは、イーサリアム・チェーンに加え、ポリゴン、BNBスマートチェーン(BSC)でも送金可能です。
マルチチェーン技術は、ユーザーが特定のチェーンに制限されることなく、シームレスに複数のチェーンでプレイできるようにするために採用されています。
NFT(ERC-721規格)はPolygonネットワークで管理され、データはIPFSプロトコル(分散型ストレージ)で保存されるため、いつでもアクセスすることが可能です。
当社のプラットフォームでは、自社開発ゲームに加え、サードパーティからのゲームも受け入れ、様々なNFTゲームをホストしています。
また、トークン提供、NFT管理、その他のカテゴリー(顧客、マーケティング、セキュリティなど)の管理をカバーする幅広いAPIセットを提供しています。
プラットフォームとして、GameFi独自の経済圏を構築することを目指します。

ProjectXeno(PROJECT XENO)の公式サイト等



引用元:ProjectXeno(PROJECT XENO)公式サイト

ホワイトペーパー日本語版
https://project-xeno.gitbook.io/project-xeno-whitepaper-jp
ホームページ
https://project-xeno.com/
Twitterグローバル
https://twitter.com/PROJECTXENO_GLB
ツイッター日本語版
https://twitter.com/PROJECTXENO_JP
テレグラム
https://t.co/uiRRLSo0xT
カカオトーク韓国コミュニティ
https://open.kakao.com/o/gv5zaPze

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。