タイ発祥の仮想通貨プロジェクト、Classcoin(Class coin)とは

Classcoin(Class coin)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Classcoin(Class coin)運営元からの承諾に基づき、公開されているClasscoin(Class coin)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://www.classcoin.io/download/whitepaper-en.pdf

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、Classcoin(Class coin)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Classcoin(Class coin)を運営するCLASS COFFEE社とは



引用元:Classcoin(Class coin)公式サイト

CLASS(クラス)は、2013年にナコンラチャシマに1号店「Jom Surang」をオープンして以来、8年間にわたり多くのコーヒーチェーン店を展開していることでも知られています。
これまでに、ナコンラチャシマ、ブリラム、コンケン、ウドンタニ、パトムタニ、ナコンパトム、バンコクの7県に、カオヤイ・カームフランチャイズ2店舗、ジュースバーフランチャイズ1店舗と、CLASS Cafe’ のチェーン店16店舗が設立されています。
合計で19のチェーン店が営業しています。
クラスカフェはこれまで、すべての人に香り高く濃密な味わいのコーヒーを提供し、夢を追いかける情熱を持ってもらうことを目標としてきました。
そのため、CLASS Cafe’は単なるコーヒーショップではなく、人々のアイデンティティを反映した活動や創作を行うミーティングスペースであることを理解し、そのような場所になることを目指しています。

また、「CLASS Cafe」は、あらゆるセクターの創造的な活動を促進することを目的としています。
CLASS Cafe’では、お客様が先に注文し、後に受け取ることで待ち時間を短縮することを目的としたCLASS Goアプリケーションや、事前に生産計画や商品在庫を作成するための気候・事故分析システムなど、テクノロジーを活用した事業運営を行っています。
CLASS Cafeは、エアアジア、SCB、Kbank、MSIG、SCG、Siam Innovationなどのビジネスパートナー、全国の主要大学、自治体、ボランティアグループと協力し、人々の違いに応じた創造的な活動や特別な場所づくりに取り組んでいます。
様々な人と接することで、CLASS Cafe’は適応能力を養い、あらゆる新しい技術をさらに応用することができるようになります。
そのため、CLASS Cafe’はブロックチェーン技術をビジネスに応用することに熱心で、決済に使用するためのデジタルトークンを開発しました。

Classcoin(Class coin)運営企業のビジョン
ブロックチェーンエコシステムを日常生活で完全に活用し、持続可能なビジネスリーダーになるためのビジネスを展開する。
ミッション
テクノロジーを駆使し、便利でフレンドリーなサービスを提供することで、新しいライフスタイルの創造的な場となること。

Classcoin(Class coin)のご紹介



引用元:Classcoin(Class coin)公式サイト

人々のコミュニケーション・ライフスタイルや、仕事や読書などでの接触は、コミュニケーションが多様化した場所やプラットフォームにおいて、伝統や規範、アイデンティティなどの共通性を持つ「コミュニティ」を形成しています。

CLASS Cafe’では、1+1=2である必要はない、という考え方をとっています。
人は、ただ帰るだけでなく、常に新しいものを創造し、ポジティブなインパクトに暫定的に貢献するために集まります。

その出会いが、違いを広く受け入れ、誰もが理解し、持続的に生きていけるような、より大きな社会、より良い環境をもたらすと信じています。
しかし、このような場は非常に少なく、人々の要望を満たすことができないため、地域や社会に創造性を生み出す機会を失っています。

CLASS Cafe’は、このようなコンタクトプラットフォームの不足を認識し、さらなる統合、ユーザー体験の創造、オンラインとオフラインのシステム間のリンクのためにCLASSコインを生成するアイデアを開発しました。

ブロックチェーン技術は、より良いエコシステムを生成するために利用されます。
CLASSコインは、今後開催される様々なイベントを通じて、人々とコミュニティの間のプラットフォームとして機能し、すべての人々を完璧に結びつけることができます。
このコインは、カフェのマーケティング効果やプラットフォームを向上させるのに役立ちます。

CLASS Coinはまた、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトプログラムの応用により、デジタル資産の形でオンラインとオフラインのシステムをつなぐ役割も果たします。
生成されたデジタルトークンは、タイの法律で使用することが認められ、透明性と信頼性を備えています。

Classcoin(Class coin)とは



引用元:Classcoin(Class coin)公式サイト

CLASS Coinは、クラスコーヒー社が作成したユーティリティトークンタイプのデジタルアセットです。
このコインは、商品やサービスの売買に利用することができ、売買によって所有権を変更することができます。
保有者は、CLASS Coffee Ltd.の所有するCLASS Coinを使って、商品やサービスの代金を支払うことができます。
コインはヴェラバースと呼ばれるオンラインコミュニティの中に存在し、NFTや土地と交換したり、コイン開発者が主催する様々なオンラインアクティビティに使用することができます。

CLASSコインは、商品・サービスの取引に利用されるだけでなく、その後のオンライン活動を多面的に支えるツールとも考えられています。
また、CLASSコインは、メタ・チェーン・ネットワークにおいて、商品・サービスの対価としてCLASSポイントに交換することができ、コインホルダーは、コインが提供されるとその権利を利用することができます。
また、クラスコインは、ヴェラバースという同じエコシステムの中でグループを作り、多くのコミュニティのつながりを促進します。

Classcoin(Class coin)の提供する、「Classポイント」とは

クラスポイントは、Meta Chain Networkでのみ利用可能であり、主に商品・サービスの取引に使用されることを目的としています。
これは、同ネットワークでの取引手数料が最も安価であるため、商品やサービスの日常的な取引に適しているためです。

クラスコインは、メタ・チェーン・ネットワークに接続することにより、1クラスポイント=1バーツでクラスポイントに交換することができます。

なお、クラスコインからクラスポイントへの交換レートは、その時の市場価格(需要・供給)に依存します。

Classcoin(Class coin)を支える技術

CLASSコインはBinanceスマートチェーン(BSC)とProof-of-Authority(PoA)コンセンサスシステムに基づいて構成されています。
Meta Chain NetworkはPoAシステムも適用しています。
これら2つのネットワーク間のブリッジは常に利用可能です。
両ネットワークともスマートコントラクト機能を持ち、Ethereum Virtual Machine(EVM)と互換性があることで知られていますが、取引にかかる時間は短く、ガス代もかなり低くなっています。

Classcoin(Class coin)のメタバース「Velaverse」とは

「Velaverse」は、Virtual Reality、Blockchain、Web3、Gamefiの各技術を応用して作られたメタバースです。
Velaverseは、デバイスの能力に応じて様々なデバイスからアクセスでき、現実の制約を受けずにオンラインで人々が出会い、ライフスタイルを送る創造的な場として利用できるように開発されています。
CLASS Cafe’は、CLASS Coffee Ltd.が保有するCLASS Cafe’やKhao Yai Calm、CLASS Juice Barなどのリソースをオフラインのシステムとし、メタバースであるVelaverseをオンラインのシステムとして、すべての人に新しい特別な体験を提供する準備が整っています。
CLASSコインは、この2つのシステムを繋ぎ、完全なエコシステムを構築します。

Classcoin(Class coin)のトーケノミクス(トークン・エコノミクス)



引用元:Classcoin(Class coin)公式サイト

トークン販売量の増加量は、CLASSコインが初めてローンチパッド(一次市場)で販売されてから5年の間、クラスコーヒー社による供給管理メカニズムに依存することとなります。
CLASSコインの需要が高まれば、ミントによりコインを増産し、その時のコミュニティの需要に見合うだけのコインをシステムに追加していきます。

トークンの配分

配分先 シェア
流動性 35%
Velaverse 20%
マーケティング 5%
経営陣 10%
カンパニー・リザーブ 10%
ビジネス機会 20%

トークンのバーン(消費)の仕組み

CLASSで購入したコインは、キャンペーン価格で購入した場合もそうでない場合も、すべてCLASSコインに変換され、その後バーン処理に入り、市場のコイン供給量が減少します。
この件に関する情報は、CLASSのメディアで発表されます。

CLASSコインの価格安定への取り組み

CLASSコインの価格安定を図り、高値掴みを回避するため、カンパニーリザーブに保管されているCLASSコインは緊急時にのみ使用し、CLASSコインの価格高騰を回避することを目的としています。
当社は、パンプ・アンド・ダンプの発生に反対し、コイン価格を適正な水準に保つために、この緊急用コインを使用します。

ローンチパッド・プラットフォームによるデジタル・トークンの一次市場割り当て

CLASSコインのIPO価格は、1コイン=3バーツ(約0.1米ドル)です(当時の価格)。
IPO当日のCLASSコインは、供給量の35%を占めます。
その一部は、5年以内に、ローンチパッド・プラットフォームを通じて、プライマリーマーケットに流通します。

Classcoin(Class coin)のトークン販売区分について



引用元:Classcoin(Class coin)公式サイト

CLASSコインは、プライベート・セールで初めて販売され、早期購入は、第1回サポーターグループ、ワーキンググループ、アドバイザリーチーム、パートナーを対象に、以下の条件で実施されます。

プライベートセール

プライベートセールでCLASSコインを購入したホルダーは、5年間、CLASSコインの所有権を他者に売却・譲渡することはできません。
この5年間に他の有価証券を売却または取引して得た追加のクラスコインは、プライベートセールセッションで購入したオリジナルのクラスコインに加えなければなりません。

アーリーバード(早期購入)

早割セッションでCLASSコインを購入したホルダーは、30日間、CLASSコインの所有権を他人に売却または譲渡することはできません。
この30日間に他の有価証券を売却または取引して得た追加のクラスコインは、最初に購入したクラスコインに加えなければなりません。
ホルダーは、この期間後、すべてのCLASSコインの所有権を売却または譲渡することができます。
プレセールは2021年12月25日から、パブリックセールは2022年1月11日以降となります。

Classcoin(Class coin)ホワイトペーパーに免責事項

Classcoinは、商品・サービスの購入に使用されるデジタルトークンであるため、購入日にコイン使用の特典が提供されます。
特典が変更された場合は、クラスコーヒー社が指定する連絡先に通知されます。

コインに関する実施計画やタイの法律の変更に対応するため、商品・サービスの購入におけるコインの使用リスクは、コイン保有者が責任を負うものとします。
本書で提供される情報に加え、クラスコインの購入は、有価証券の購入や株取引のような投資とは異なることをご承知おきください。

CLASSコインの保有者は、株式の所有権や管理権を持たず、ユーティリティ・トークンを購入し、CLASS COFFEE社の製品やサービスを購入できるようにすることのみを目的としたものです。
このコインは、ブロックチェーン技術に基づく電子バウチャーとみなされます。

クラスコーヒー社は、投資顧問や法律顧問ではなく、また、あらゆる種類の投資有価証券のアプリケーションを開発しているわけではありません。
この文書は、有価証券または金融資産への投資に関する購入提案とみなされるものではありません。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。