Byten(バイテン)の始め方-ツイートやクイズ、友だち招待で仮想通貨を稼ぐNFTゲーム

「指定されたハッシュタグを付けて、Twitterでツイートするだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになるかも知れない、と話題の、Byten(バイテン)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなByten(バイテン)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. ビットポイント 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませる

    ※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,500円相当のOSHIトークンをプレゼントするキャンペーン開催中

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、Byten(バイテン)の「ジェネシス・エッグ」購入等のためのノーリスクの原資を確保しておく
  3. Byten(バイテン)の公式サイト から、アカウント開設等を進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

Byten(バイテン)を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:ビットポイント公式サイト

Byten(バイテン)で、今後報酬が得られるようになった場合、その報酬は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、ビットポイント 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、Byten(バイテン)の収益がトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はByten(バイテン)。ツイート等で得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、ゲームで得た収益を(必要に応じ、間に他のトークンを挟んだうえで、)換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイント に口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント公式サイト

※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,500円相当のOSHIトークンをプレゼントするキャンペーン開催中


なお、ビットポイントでの口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、BITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、Byten(バイテン)への本格参入のための原資を確保する

Byten(バイテン)のようなブロックチェーン・ゲームの場合、本格的なプレイを始めるためには、何らかのNFTやトークンの事前購入が必要となるケースが一般的です。
※無料で始めることが出来るNFTゲームや、無料でもある程度のトークンを稼ぐことが出来るブロックチェーン・ゲームも存在しますが、その場合でも、本格的なゲームプレイのためには、NFT購入等が必要となるケースが大半です。

実際に、Byten(バイテン)の場合も、「Tweet to Earn」を本格的に始めるためには、「ジェネシス・エッグ」と呼ばれるNFTの取得が必要、とされています。

そして、そうしたNFTやトークンの価値は、ゲームの人気が高まれば、上昇していくこととなりますが、逆に、ゲームの人気が低迷すると、その価値は低下してしまうことが多くあります。
そのような高リスクなアセットを入手するために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

2024年6月22日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、16,000円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

AGクラウドファンディング

2024年9月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

COZUCHI

2024年6月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から投資家登録完了(無料)で、Amazonギフト2,000円分プレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年6月30日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

Funds(ファンズ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、新規口座開設完了で、500円分のAmazonギフト券をプレゼント。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年9月30日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

COZUCHI(Amazonギフト2,000円分プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規投資家登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト2,000円分プレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
COZUCHI (公式)

不動産クラウドファンディング業界の有名企業。
1口1万円から、現物不動産を投資対象とするファンドに小口投資できるサービスを展開中。
新規の投資家登録者限定で、Amazonギフト2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funds(Amazonギフト券500円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
Amazonギフト券500円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日まで
サイトURL
Funds (公式)

累計募集額400億円を突破した、「1円から投資できる」と話題の、ソーシャルレンディング・サービス。
期間限定で、新規口座開設を完了したユーザー全員に、500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

Byten(バイテン)概要・公式サイト等

公式サイト
Byten(バイテン)公式サイト
Twitterアカウント
https://twitter.com/BytenOfficial
概要説明ページ
https://gameplay.byten.io/
BNTチャート
https://dexscreener.com/aptos/pcs-392
APTチャート(コインマーケットキャップ)
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/aptos/

Byten(バイテン)の始め方・仮想通貨の稼ぎ方

ここでは、Byten(バイテン)の具体的な始め方、及び、仮想通貨の稼ぎ方として、以下の内容を確認して参ります。

  • Byten(バイテン)の始め方
  • Byten(バイテン)のジェネシス・エッグの購入方法
  • ジェネシス・エッグを孵化する方法
  • 「ツイート」で報酬を稼ぐ方法
  • 「招待コード」を入力して追加報酬を入手する方法
  • Byten(バイテン)に友達を招待する方法
  • Byten(バイテン)のクイズ(ナレッジ)への取り組み方
  • 「ロッタリー」の参加方法

Byten(バイテン)の始め方

まずは、Byten(バイテン)の公式サイト から、Byten(バイテン)の利用を始める際の手順から、確認して参りましょう。

Byten(バイテン)の公式サイトへ

最初に、Byten(バイテン)の公式サイト にアクセスします。

「プレイ」をタップ

Byten(バイテン)のホームページ画面右上に表示されている、「Play」のボタンをクリックします。

「ログイン」をクリック

「Log in」のバナーをタップします。

Byten(バイテン)とウォレットのコネクト

「Connect Wallet」のバナーをタップします。

Byten(バイテン)とコネクトするウォレットの選択

  • Petra Wallet
  • Pontem Wallet
  • Martian Wallet
  • Rise Wallet

以下の記事では、Petra(ペトラ)ウォレットを使用しています。
※なお、Petra(ペトラ)ウォレットの作成方法等については、以下の別記事をご覧下さい。


参考:
Petra(ペトラ)ウォレットの作り方・利用方法-Aptosラボ制作のウォレットアプリ

ウォレット側でByten(バイテン)との接続を承認

選択したソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がりますので、Byten(バイテン)との接続を承認します。

続いて、必要な署名(サイン)を済ませます。

Twitterアカウントの接続

ウォレットのコネクトが済んだら、次は、Byten(バイテン)とTwitterアカウントの接続を行います。

Byten(バイテン)に許可する内容の確認

Byten(バイテン)に許可することとなる内容をよく確認したうえで、同意する場合は、「Authorize App」のボタンをクリックします。

Byten(バイテン)の「ジェネシス・エッグ」購入方法

Byten(バイテン)のジェネシス・エッグを購入する際の手順は、以下の通りです。

ジェネシス・エッグ購入用のAPTの入手

Byten(バイテン)のジェネシス・エッグは、Aptosチェーンのネイティブ・トークンである「APT」建てで販売される予定です。
このため、Byten(バイテン)のジェネシス・エッグを購入するためには、あらかじめ、APTトークンを入手しておく必要があります。

APTは複数の中央集権型取引所、及び分散型取引所で取引されていますが、シンプルな手法のひとつが、Bybit(バイビット) でのトレードです。

Bybit(バイビット)上には、このように、APTを含む通貨ペアが取引されています。
※Bybit(バイビット)を用いた現物取引の仕方、及び出金方法等については、下記の別記事をご覧下さい。


参考:
Bybit(バイビット)の使い方・アカウント作成の方法

APTをByten(バイテン)とコネクト済ウォレットへと送金

入手したAPTを、Byten(バイテン)とコネクトしているウォレットに送金します。
前述のPetra(ペトラ)ウォレットを利用している場合であれば、上掲画像のように、Byten(バイテン)とコネクトしているPetra(ペトラ)ウォレットにAPTが着金すればOKです。

Byten(バイテン)の「ショップ」ページに移動

Byten(バイテン)のアカウント内メニューから「ショップ」ページに遷移します。

日本時間3月2日午後8時のジェネシス・エッグ販売開始に向けて、カウントダウンが表示されています。

購入したいジェネシス・エッグの数量を指定

購入したいジェネシス・エッグの数量を指定したうえで、「コンファーム」をタップします。

ソフトウェア・ウォレットでトランザクション承認

あとは、Byten(バイテン)とコネクトしたソフトウェア・ウォレットで、決済を承認すれば、ジェネシス・エッグの購入処理は完了です。

Byten(バイテン)の「ジェネシス・エッグ」を孵化する方法

購入した「ジェネシス・エッグ」を、Byten(バイテン)のDApp内で使用するためには、あらかじめ、孵化(=ハッチング。他のNFTプロジェクトでいうところの、「リビール」に相当します)を行う必要があります。
手順は以下の通りです。

「インベントリ」に移動

まずは、Byten(バイテン)のゲーム内メニューから「インベントリ」に移動します。

「エッグ」タブにアクセス

インベントリ内で、「エッグ」のタブに移動します。

孵化したいジェネシス・エッグの「ハッチング」をタップ

任意のジェネシス・エッグの「Hatching」のバナーをタップします。

孵化が完了し、バードが入手できる

ハッチングは即時に完了し、バードを入手できます。

ハッチングが済むと、「バード」タブに表示される

孵化(ハッチング)の済んだバードは、インベントリ内の「バード」タブに表示されます。

Byten(バイテン)の「ツイート」で報酬を稼ぐ方法

Byten(バイテン)では、特定の「ハッシュタグ」を付けたツイートを投稿することで、ゲーム内報酬を稼ぐことが出来ます。
実際の手順は以下の通りです。

ハッシュタグ「Byten」を付けたツイートを行う

Byten(バイテン)とコネクトを済ませたTwitterアカウントで、「#(ハッシュタグ)Byten」を付けたツイートを投稿します。

ツイートがカウントされ、「フィード」が減少する

  • ハッシュタグ「Byten」を付けたツイートを1回行うと、
  • それに応じて、保有しているバードNFTの「フィード」が、1個分、減少します。

ツイート報酬が付与されるまでは24時間の待ち時間がある

ツイートの投稿を済ませたあと、実際にツイート報酬が付与されるまでは、上掲画像のように、24時間の待機時間があります。

Byten(バイテン)の招待コード入力の仕方

Byten(バイテン)のゲーム内から、「招待コード」を入力することで、一度のツイートあたりの獲得ゴールド報酬を、増やすことが出来ます。
手順は以下の通りです。

「招待」メニューへ移動

まずは、Byten(バイテン)の「招待」(Invite)メニューへ遷移します。

「招待者を加える」をタップ

「Add Inviter」のボタンをタップします。

招待コードの入力

招待コードを入力し、「コンファーム」をタップします。
なお、Byten(バイテン)の招待コードをお持ちでない場合、

1633276

上記コードをご自由にお使いください。

招待コード入力後、「ゴールド」報酬が増える

招待コードを入力することで、コードの入力前と比較し、1回のツイートによる「ゴールド」報酬が増えていることが分かります。

Byten(バイテン)に友達を招待する方法

自分専用の招待コードを使用して、Byten(バイテン)に友達を招待したい場合、手順は以下の通りです。

「My Invite Code」からコードを確認できる

Byten(バイテン)の「Invite」メニュー内から、上掲画像の要領で、自分専用の招待コードを確認できます。
※なお、この「招待コード」は、あらかじめ前述の「Add Inviter」を行わないと、表示されません。

コード右横のアイコンをタップすると、そのままコードをコピー出来ます。

招待コード入りのツイートも自動作成できる

「Invite friends」のバナーをタップすると、このように、招待コード入りのツイート(ただし、英語)を自動作成することも可能です。

友達招待報酬の受け取り

友達招待が成功すると、BNT(トークン)報酬が付与されます。
実際に報酬を受け取るためには、「Claim」(請求)ボタンをタップします。

「紹介者報酬」が付与される

このように、Byten(バイテン)のアプリ内ウォレットに、紹介者報酬が入金されます。

Byten(バイテン)のクイズ(ナレッジ)への取り組み方

Byten(バイテン)のクイズ・コンテンツとしては、

  • 他のプレイヤーと賞品を山分けする「スペシャルコンテスト」と、
  • 少額ながら、正答数に応じてその場でゴールドを貰える「トレーニング・キャンプ」

の2タイプがあります。

「スペシャルコンテスト」への参加方法

まずは、Byten(バイテン)の「スペシャルコンテスト」クイズへの参加方法から確認して参りましょう。

「ナレッジ」メニューをタップ

まずは、Byten(バイテン)のゲーム内メニューから、「ナレッジ」を選択します。

「スペシャルコンテスト」をタップ

「プレイ」の箇所をタップします。

アイテムを使用するかどうかの選択

クイズに使用できるアイテムを所有している場合、ここで使用を選択することが出来ます。
「コンファーム」のバナーをタップします。

クイズの出題が始まる

すぐに、クイズが始まります。
回答は選択式となっています。

クイズに全問正解すると、ゴールドの山分けに参加できる

10問のクイズ、全てに正解することが出来れば、ゴールド報酬の山分けに参加することが出来ます。

「トレーニングキャンプ」への参加の仕方

続いて、Byten(バイテン)のもう1つのクイズ・コンテンツにあたる、「トレーニングキャンプ」への取り組み方を確認して参りましょう。

「トレーニングキャンプ」のサムネイルをタップ

Byten(バイテン)の「ナレッジ」ページの画面下部に表示されている、「トレーニングキャンプ」のサムネイルをタップします。

「フィード」の消費を確認

「トレーニングキャンプ」コンテンツに参加するためには、「フィード」を1つ、消費する必要があります。
「コンファーム」をタップします。

少し難易度が高めのクイズが出題される

実際にfill.mediaの編集メンバーが、「トレーニングキャンプ」のクイズに取り組んだところ、前述の「スペシャルコンテスト」の問題よりは、難易度が高いように感じました。

クイズに正解すると「ゴールド報酬」が貰える

「山分け」に参加してゴールド報酬を受け取る「スペシャルコンテスト」とは異なり、「トレーニングキャンプ」の場合、1問正解するごとに、少しずつ、ゴールド報酬の付与を受けることが出来ます。
※ただし、実際にゴールド報酬を受け取るためには、クイズを途中でやめず、最後まで取り組む必要があります。

Byten(バイテン)のロッタリー(宝くじ抽選)に参加する方法

Byten(バイテン)のくじ引き(ロッタリー)に参加したい場合、手順は大きく分けて、以下の通りです。

  • 自分の所有しているロッタリー・チケットの確認
  • 「ショップ」からロッタリーに参加

それぞれ、詳しく見て参りましょう。

自分の保有しているロッタリー・チケットの確認

自分が現在保有しているロッタリー・チケットの枚数等を確認したい場合、手順は以下の通りです。

「インベントリ」ページへ

まずは、Byten(バイテン)のDApp(分散型アプリ)から、「インベントリ」ページにアクセスします。

「アイテム」タブへ移動

デフォルトでは「バード」タブが表示されていますので、「アイテム」タブに表示を切り替えます。

「その他」からロッタリー・チケットが閲覧可能

その他(Other)ページに移動すると、所有しているロッタリー・チケットの枚数などが閲覧できます。

「ショップ」からロッタリー(くじ引き)に参加

ロッタリー・チケットの枚数等が確認できたら、以下の手順で、ロッタリー(くじ引き)に参加できます。

「ショップ」ページに移動

Byten(バイテン)のメニューから、「ショップ」ページにアクセスします。

ロッタリーのアイコンをタップ

上掲のスクリーンショットの要領で、ロッタリーのアイコンが表示されているので、タップします。

ルーレットを回す

「ラッキードロー」の箇所をタップすると、ルーレットが回り始めます。

賞品の受け取り

「Claim」(請求)のボタンをタップすると、当選した賞品を受け取ることが出来ます。

Byten(バイテン)のバードNFTのレベル上げ方法

Byten(バイテン)のバードNFTのレベル上げを行いたい場合、手順は大きく分けて、以下の通りです。

  1. レベル上げに必要なBNT、及びゴールドの確保
  2. レベル上げの実施

それぞれ、確認して参りましょう。

レベル上げに必要なBNT、及びゴールドの確保

2023年3月17日現在、レベル1のバードNFTを、レベル2へとアップグレードするためには、

  • 500 BNT
  • 500 GOLD

のコスト負担が必要となります。

日々のTweet to Earnや、クイズへの参加等で、BNT、及びGOLDが十分量、稼げていれば良いですが、そうでない場合は、別途、必要な量のBNT、及びゴールドを確保する必要があります。

レベル上げに必要なBNTトークンの確保

日々のツイート以外で、BNTトークンを入手する場合、最もシンプルなのは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用して、BNTトークンを他トークンとの交換により入手する方法です。
なお、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の詳しい利用方法については、以下の別記事にてご覧下さい。


参考:
PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方-人気のDEX(分散型取引所)の使い方を検証

レベル上げ用のGOLDトークンの入手

GOLDトークンは、Byten(バイテン)のTweet to Earnのほかに、ナレッジ(クイズ)、及びトレーニングキャンプに参加することで、入手することが出来ます。
それでも尚、レベル上げ用のゴールドトークンの量が不足している場合、Byten(バイテン)のウォレット画面から「Buy」のボタンをタップすることで、BNTトークンと引き換えに、GOLDトークンを購入することが出来ます。

バードNFTを選択し、レベル上げの実施

レベル上げに必要なBNTトークン、及びGOLDトークンの用意が済んだら、任意のバードNFTを選択し、「レベルアップ」のボタンをタップします。

レベル上げに必要なトークンの支払い

次画面で、レベル上げに必要なBNT、及びゴールドの支払いを行えば、レベル上げを実行することが出来ます。

Byten(バイテン)で稼いだ仮想通貨を出金する方法

Byten(バイテン)の利用で稼いだ仮想通貨を、外部のウォレットに出金する際の手順としては、以下の通りです。

Byten(バイテン)のウォレットページにアクセス

まずは、Byten(バイテン)のDApp画面右上に表示されているバナーをタップし、ウォレット画面へと移動します。

出金(引き出し)ボタンをタップ

出金したいトークンの「Withdraw」ボタンをタップします。

出金したいトークン量を指定

出金したいトークンの量(金額)を指定し、「引き出し」のバナーをタップします。

ソフトウェア・ウォレットで承認処理

Byten(バイテン)のDAppとウォレットアドレスとのコネクトに利用しているソフトウェア・ウォレットのポップアップが表示されるので、トランザクション手数料(ガス代)等の支払いを承認します。

出金完了

出金したトークンのトランスファーが、ソフトウェア・ウォレットにて、上掲スクリーンショットにて確認出来れば、OKです。

Byten(バイテン)から出金したトークンを換金する方法

Byten(バイテン)のDApp内から出金したトークンを、他の仮想通貨に交換(=換金)したい場合、手順は以下の通りです。

  • パンケーキスワップでネットワーク切り替え・ウォレットコネクト
  • 換金(=トークン・スワップ)内容の設定
  • 換金処理の実行

それぞれ、スクリーンショットを交えつつ、確認して参りましょう。

パンケーキスワップ公式サイトにアクセス

まずは、パンケーキスワップの公式サイトにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://pancakeswap.finance/

アクセス出来たら、上掲スクリーンショットで赤い四角にて囲っている、ネットワーク切り替えアイコンをタップします。

「Aptosチェーン」にネットワーク切り替え

Byten(バイテン)の各ゲーム・トークンは、Aptosチェーン上にデプロイされています。
このため、パンケーキスワップのネットワークを、「Aptosチェーン」に切り替えます。

ウォレットのコネクトを進める

ネットワークがAptosチェーンに切り替わっていることを確認したうえで、「コネクト」のバナーをタップします。

コネクトに利用するソフトウェア・ウォレットの選択

本記事では、Byten(バイテン)のDAppとのコネクトに使用したのと同様、Petraウォレットを選択しています。

ソフトウェア・ウォレットでコネクトを承認

前段で選択したソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がるので、パンケーキスワップのDAppとのコネクトを承認します。

交換元のトークンを、Byten(バイテン)のゲーム・トークンに変更

上掲スクリーンショットにて、「APT」と表記されている箇所をタップします。

Byten(バイテン)のゲームトークンのコントラクト・アドレスで検索

例えば、「BNT」トークンを、他のトークンに交換(換金)したいのであれば、検索フォームに、以下のコントラクト・アドレスを入力します。

0x7ffddc750d48072559a661caea2342a940bbc7df4553b322f08891a760f67822::BNT::BNT

検索結果に、BNTトークンが表示されるので、「インポート」をタップします。

このような注意画面が表示されるので、内容を確認のうえ、チェックボックスにチェックを入れ、改めて、「インポート」をタップします。

換金したいトークン量、及び交換先のトークンの指定

換金したいトークンの量(※今回は、Byten(バイテン)から出金したBNTトークンの全量を指定しています)、及び、交換先のトークン(今回は、Aptosチェーンのネイティブ・トークンにあたる、APTを交換先としてします)を指定し、「スワップ」(=換金)のバナーをタップします。

このような確認画面が表示されるので、内容をよくチェックしたうえで、「Confirm Swap」のバナーをタップします。

ソフトウェア・ウォレットで換金内容等を承認

パンケーキスワップとのコネクトに利用しているソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がるので、内容を確認のうえ、承認処理を行います。

Byten(バイテン)から出金したトークンの換金完了

Byten(バイテン)から出金したトークン(ここでは、BNT)が減り、その分、交換先のトークン(ここでは、APT)の量が増えていれば、換金処理は完了です。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞