クラウドポート社運営のソーシャルレンディングサービス【Funds(ファンズ)】投資口座開設・投資家登録方法図説

Funds(ファンズ)トップページへ。

Funds(ファンズ)のトップページ
引用元:Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)のトップページはこちらから。

Funds(公式)

「新規会員登録」をクリック。

Funds(ファンズ)の新規会員登録ボタン
引用元:Funds(ファンズ)

ぽちっと。

まずはメールアドレス&パスワードを設定。

Funds(ファンズ)の新規会員登録メールアドレス入力画面。
引用元:Funds(ファンズ)

普段使用しているメールアドレス、及び、パスワードを設定します。
それぞれ、入力が済んだら、

Funds(ファンズ)の新規会員登録画面遷移の様子。
引用元:Funds(ファンズ)

「新規会員登録登録する」をクリック。

Funds(ファンズ)からのメールを確認する。

Funds(ファンズ)が、確認メールを発信した、とのこと。
引用元:Funds(ファンズ)

確認メールを送ったよ、とのことなので、先ほど登録したメールアドレスをチェック。
すると、

Funds(ファンズ)からの確認メール。
引用元:Funds(ファンズ)より受信したメール

こんなメールが届きますので、メール内の「メールアドレスを確認」をクリック。
すると、

Funds(ファンズ)メールアドレス確認結果OK画面。
引用元:Funds(ファンズ)

こんな画面が出て、メールアドレスの確認が完了します。
引き続き、「口座開設をする」をクリック。

個人名義か、法人名義か、を選択する。

Funds(ファンズ)に開く口座の名義を選択する。
引用元:Funds(ファンズ)

私は今回、個人名義で投資口座を開設するので、そのまま「次へ」をクリック。

氏名等情報を入力する。

Funds(ファンズ)の、氏名など入力画面。
引用元:Funds(ファンズ)

淡々と入力を進めます。
入力が済んだら、「保存して次へ」をクリック。

重要書類への同意手続き。

Funds(ファンズ)の、重要書類確認画面。
引用元:Funds(ファンズ)

「クリックして確認」をクリックし、内容を確認したうえで、

Funds(ファンズ)の、重要書類確認画面の続き。
引用元:Funds(ファンズ)

「上記の内容を確認し、同意します」のチェックボックスにチェックを入れて、「保存して次へ」をクリック。

本人確認書類を提出。


引用元:Funds(ファンズ)

私は運転免許証で済ませました。
アップロードが済んだら、「保存して次へ」をクリック。

マイナンバー提出

Funds(ファンズ)へのマイナンバー提出画面
引用元:Funds(ファンズ)

私の場合、マイナンバーを入力し、「通知カード(写真なし)」のアップロードで済ませました。

※「マイナンバー確認書類が手元にない場合、スキップして後からご提出いただけます。」との記載もありましたが、どうせ口座開設完了のためにはマイナンバーは必須なので、後回しにする意味はないです。

アップロードが済んだら、「アップロードして口座開設のお申込みを完了する」をクリック。

口座開設完了画面がこちら。

Funds(ファンズ)の口座開設完了画面。
引用元:Funds(ファンズ)

ここまでくればOKです。
住所確認用のウェルカムレターが届く、とのことなので、待機します。

数日後、Funds(ファンズ)からメールが。

Funds(ファンズ)から、ウェルカムレターに関するメールが
引用元:Funds(ファンズ)より受信したメール

ウェルカムレターが無事に発送された、とのこと。
到着を楽しみに待ちます。

実際にFunds(ファンズ)から届いたウェルカムレターがこちら。

Funds(ファンズ)から実際に届いたハガキの表面

表面はこんな感じ。

Funds(ファンズ)から実際に届いたハガキの裏面

裏面はこのようになっています。
転送不要の書留、にて到着しました。

ハガキ受取後、Funds(ファンズ)から手続き完了メールが。

Funds(ファンズ)からの、手続き完了メール。
引用元:Funds(ファンズ)より受信したメール

これにて、全手続き完了です。

クラウドポート社運営のソーシャルレンディングサービス【Funds(ファンズ)】投資口座開設・投資家登録のまとめ

私は現在、国内23社のソーシャルレンディング事業者に、資金を分散投資しておりますが、
クラウドポート社が2019年から運営を始めた新サービス【Funds(ファンズ)】については、新たな主力投資先候補のひとつとして、注目しています。

Funds(ファンズ)のトップページ
引用元:Funds(ファンズ)

・「1円」から投資可能。
・東京証券取引所上場の有力企業等が組成するファンドへと出資出来る。

等と言った、強い特長のある事業者ですが、その分、個人投資家からの人気が加熱することが予想され、
特に、サービス開始当初においては、資金募集開始から、あっという間に、資金枠が埋まってしまう、というケースが多く発生する見込みです。

「いざ」という時の投資機会を逃さぬためにも、
あらかじめ、投資口座開設だけでも、済ませておくことをお勧めします。

同社の投資口座開設は、こちらの公式ページから手続き可能です。

Funds(公式)

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、各ソーシャルレンディン事業者に関する最新情報、マーケットインフォメーション等をお届けします。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks