Words.art(ワーズアート)の始め方-言葉(Words)を売買して仮想通貨を稼ぐWEB3プロジェクト

Words(ワーズ)の始め方・使い方・仮想通貨の稼ぎ方

ここでは、「言葉」を売買して仮想通貨を稼ぐWEB3プロジェクトとして話題の、Words(ワーズ)の具体的な利用手順等について、確認を進めて参ります。

Words(ワーズ)の始め方

Words(ワーズ)の利用を始める場合、その手順は、以下の通りです。

Words(ワーズ)の公式サイトへ

まずは、スマートフォンを用いて、Words(ワーズ)の公式サイトにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://www.words.art/

「共有」アイコンをタップ

ブラウザ画面の下部に表示されている、「共有」アイコンをタップします。

「ホーム画面に追加」をタップ

様々なシェア・メニューの中から、「ホーム画面に追加」を選択します。

PWAのタイトルを設定

任意のPWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)タイトル名を指定し、「追加」をタップします。

「ログイン」をタップ

インストールしたWords(ワーズ)のPWAを開き、「ログイン」のバナーをタップします。

任意のログイン方法の選択

好きなログイン方法をタップで選択します。

Words(ワーズ)とTwitterアカウントのコネクトを進める

「Link Twitter」のバナーをタップします。

Words(ワーズ)へ付与するアクセス権限の内容を確認

Words(ワーズ)のアカウント作成にあたり、付与が必要なアクセス権限の内容としては、以下の通りでした。

  • アカウントのタイムラインに表示されるツイート(非公開ツイートを含む)や、リストとコレクションを確認する。
  • このアカウントでプロフィール情報とアカウントの設定を確認する。
  • フォロー、ミュート、ブロックしているアカウントを確認する。

friend.tech(フレンドテック)のケースとは異なり、ユーザーに代わってツイートを投稿する権限の付与は、要請されていません。

※ただし、今後、要求されるアクセス権限の内容が、変更される可能性もあります。

Words(ワーズ)の利用規約等の確認

Words(ワーズ)の利用規約等の内容をよく確認したうえで、同意する場合は、「Accept」をタップします。

Words(ワーズ)のPWAからのプッシュ通知受信の許可・拒否設定

Words(ワーズ)のアプリ(PWA)からのプッシュ通知を受け取りたい場合は、「許可」を選択します。

Words(ワーズ)の基本的な使い方の表示

「Let’s Go」のバナーをタップします。

Words(ワーズ)の招待コードの入力

fillメディア編集部にて確認した時点においては、Words(ワーズ)の利用を始めるためには、招待コードの入力が必要でした(=完全招待制)。
SNS等を通じて友達等から入手した招待コードを入力し、「Redeem」のバナーをタップします。

Words(ワーズ)のホーム画面が表示される

このようなホーム画面が表示されれば、Words(ワーズ)の利用を始める準備は完了です。

Words.art(ワーズアート)概要・公式サイト等

公式サイト
https://www.words.art/
Twitterアカウント
https://twitter.com/wordsdotart

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。