仮想通貨「TonCoin」(トンコイン)とは-かつてテレグラムが開発を主導していたレイヤー1ブロックチェーンのネイティブ・トークン

TonCoin(トンコイン)に関する「よくある質問」

ここからは、TonCoin(トンコイン)に関して想定される「よくある質問」を、質疑応答の形式で、確認して参ります。

TonCoin(トンコイン)のコントラクトアドレスを教えて下さい

イーサリアム・メインネット、及び、BNBチェーン上の、TonCoin(※より正確には、ラップド・TonCoin)のコントラクトアドレスは、以下の通りです。

イーサリアム・メインネット
0x582d872a1b094fc48f5de31d3b73f2d9be47def1
BNBチェーン(旧:バイナンス・スマートチェーン)
0x76a797a59ba2c17726896976b7b3747bfd1d220f

情報の出典:
https://docs.ton.org/participate/crosschain/bridge-addresses#mainnet-ton-ethereum-toncoin-bridge

TonCoin(トンコイン)は、どこのブロックチェーン上にデプロイされていますか?

大元である、オリジナルのTonCoin(トンコイン)は、TONブロックチェーン上にデプロイされています。
一方で、

  • イーサリアム・メインネット、及び、
  • BNBチェーンには、

それぞれ、Wrapped TONCOIN(ラップド・トンコイン)が存在します。

「TON」の意味は、何ですか?

「TON」は、「The Open Network」(=開かれたネットワーク)の頭文字をとった略称です。

TonCoin(トンコイン)は、どこの取引所に上場していますか?

TonCoin(トンコイン)が上場している(≒他の仮想通貨銘柄との間で、流動性ペアが提供されている)取引所としては、以下のようなものがあります。

中央集権型取引所
  • KuCoin
  • Bitfinex
  • OKX
  • HTX(Huobi Global)
  • Bybit
  • Gate.io
  • Bitget
  • MEXC
  • その他
分散型取引所
  • PancakeSwap
  • Uniswap
  • Biswap
  • Nomiswap
  • DeDust
  • その他

TonCoin(トンコイン)とテレグラムの関係を教えて下さい

TonCoin(トンコイン)はもともと、人気チャットアプリ「テレグラム」の運営元が独自に開発していた、レイヤー1ブロックチェーンでした。
独自通貨「グラム」の発行等により、多額の資金調達も行っていたのですが、その後、米証券取引委員会から「米国証券法に違反した」として提訴される事態に。
これに対して、テレグラム社は当初、控訴し争う姿勢を見せていましたが、2020年5月、テレグラムの創業者とされるパーヴェル・ドゥーロフ氏は、自身のブログ記事で、TonCoin(トンコイン)開発の撤退を表明。

その後、TonCoin(トンコイン)の開発は現在のTON Foundation(TON財団)に後継され、現在に至ります。

TonCoin(トンコイン)概要・公式サイト等

公式サイト
https://ton.org/
ブリッジサイト
https://bridge.ton.org/
TonCoin(トンコイン)チャート(コインマーケットキャップ)
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/toncoin/
Twitterアカウント
https://twitter.com/ton_blockchain
テレグラム(アナウンス)
https://t.me/toncoin
LinkedIn
https://www.linkedin.com/company/ton-blockchain/
GitHub
https://github.com/ton-blockchain
TON Foundation
https://www.ton.foundation/
コントラクト監査(certik)
https://skynet.certik.com/projects/the-open-network
DeFi Llama
https://defillama.com/chain/TON
DappRadar
https://dappradar.com/dapp/the-open-network-ton
エコシステム内アプリ紹介サイト
https://ton.app/

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。