Pocket Universe(ポケットユニバース)の使い方-仮想通貨の詐欺被害を最大2,000ドルまで補償してくれるブラウザ拡張機能

Pocket Universe(ポケットユニバース)公式情報日本語訳

下記の内容は、PocketUniverse(ポケットユニバース)運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているPocket Universe(ポケットユニバース)の各種公式情報の一部、ないしは全部の日本語訳を試みたものです。
各情報の原文URLは、各コンテンツごとに記載しています。

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち、当社、弊社)は、PocketUniverse(ポケットユニバース)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、日本語への翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

なお、文中の太字箇所は、fillメディア編集部にて太字としたものです。

Pocket Universe(ポケットユニバース)の「保険」機能について

もし、PocketUniverse(ポケットユニバース)が警告していない詐欺のサインで資産を失った場合、失った資産の価値に応じてUSDCを取り戻すことができます。
ポケットユニバースユーザーは、取引額の50%を、無料で保険にかけることができます。

保険機能の有効化

保険の有効化は、Pocket Universe(ポケットユニバース)の拡張機能のインストール後のオンボーディングのステップ3で行うことができます。
または、ポップアップのバナーからアクティベートすることもできます。

取引額の50%、最高$2000までの保険に無料で加入できます。

なお、ポケットユニバースを友達に紹介すると、紹介されたお友達にも+10%の保険が適用されます。

保険の対象について

Pocket Universe(ポケットユニバース)のポップアップに「You’re insured」のバナーが表示されている取引は、補償の対象となります。
以下の場合はカバーされません。

  • 赤い警告が表示されたままサインを続けた場合
  • シードフレーズの流出、プロジェクトチームの不正行為、プロトコルのハッキング等に関する、Pocket Universe(ポケットユニバース)のポップアップがまったく表示されなかった場合。

Pocket Universe(ポケットユニバース)に補償を請求する方法

DiscordでPocket Universe(ポケットユニバース)に連絡し、チャンネル[#open-ticket]でチケットを開いてください。
何が起こったのか、特に資産を失ったウォレットアドレスと関連するトランザクションへのリンクなどの詳細を提供してください。

24時間以内に返信があります。
必要な調査の量にもよりますが、72時間以内の解決を目指します。

PocketUniverse(ポケットユニバース)の保険機能に関する詳細

要約すると、以下の場合に、PocketUniverse(ポケットユニバース)による補償の対象となります。

  • Pocket Universe(ポケットユニバース)により「安全」と確認された取引で、詐欺により資産を失った場合
  • ポケットユニバースを利用していて、損失が発生した取引の際も、Pocket Universe(ポケットユニバース)のポップアップが表示されていた場合(≒ポップアップ表示がブロックされていなかった場合)
  • 資産を失うことを示す警告や、シミュレーション結果が表示されなかった場合

Pocket Universe(ポケットユニバース)は、現在のところ、イーサリアム、ポリゴン、BSC、アービトラム、オプティミズムに対応しています。
我々は需要と技術的な実現可能性に基づいて、より多くのチェーンを継続的に追加します。

補償額は?

失われた資産の価値のX%を、最高$2000までカバーします。
補償率は50%から始まり、紹介プログラムによって100%まで引き上げることができます。
補償率は、拡張機能のポップアップのバナーから確認できます。

Pocket Universe(ポケットユニバース)によって補償されないもの

以下に起因する資産損失は補償の対象外です。

シードフレーズまたは秘密鍵の漏洩
例:マルウェア感染による漏洩や、他人にあなたのシードフレーズを自ら漏洩してしまった場合など
プロジェクト自体のラグプル
例:創業者たちが逃亡してしまった場合、等
ウォレット以外に生じた損害
例えば、あなたがデプロイしたスマートコントラクトや、Gnosis Safe(マルチシグ・ウォレット)からの損失など。
ポケットユニバースの警告を無視した場合
例:詐欺の警告が表示されたにもかかわらず、取引を続行した。
ポケットユニバースのポップアップ表示が為されなかった場合
例:拡張機能を無効にした、またはポップアップを邪魔する別の拡張機能をインストールしてしまっていた場合
ポケットユニバースを利用する前、またはポケットプロテクトトークンを取得する前に資金を失った場合
例:1年前に、ポケットユニバースを利用する前に資金を失った。

また、以下の場合、補償の支払いを拒否する権利を有します。

第三者の詐欺師によって資産が失われたのではないという証拠がある場合。
例:ご自身で詐欺を仕掛けた場合
資産が失われたという証拠が不十分な場合
例:Etherscanのリンクが提供できない。
ポケットユニバースが使用されたという証拠が不十分である。
私たちのサーバーに、ユーザーのウォレットからのシミュレーション結果がない
補償のための資金はどのくらいあるのか?

現在、Pocket Universe(ポケットユニバース)では、これらの損失をカバーするために10万米ドルの自己資金を投入しています。
時間をかけて増やしていく予定です。
万が一、資金が底をついた場合には、状況に応じて次のステップを発表します。

このリストに追加する質問があればお知らせください!


原文URL:
https://www.pocketuniverse.app/insurance

PocketUniverse(ポケットユニバース)に関する「よくある質問」

ここでは、Pocket Universe(ポケットユニバース)に関して想定される「よくある質問」を、質疑応答の形式で、確認して参ります。

PocketUniverse(ポケットユニバース)からの保険金は、どの仮想通貨で支払われるのでしょうか?



画像引用元:Pocket Universe(ポケットユニバース)公式サイト

PocketUniverse(ポケットユニバース)の公式サイトでは、

Get USDC back if you lose assets while under our protection.

引用元:https://www.pocketuniverse.app/insurance

上記の記載があります。
この文言を素直に読むと、Pocket Universe(ポケットユニバース)からの保険金は、ステーブルコイン「USDC」にて支払われるものと推察できます。

自分のウォレットの秘密鍵を他人に教えてしまい、その後、資産を抜き取られてしまいました。このような場合でも、補償の対象になりますか?

自分から自分のウォレットの秘密鍵やシークレット・リカバリー・フレーズを他人に教えてしまい、その後、ウォレット内の資産を抜き取られてしまった場合、仮にPocket Universe(ポケットユニバース)のブラウザ拡張機能をインストール済であったとしても、補償の対象にはなりません。
もとより、自分のウォレットの秘密鍵等を第三者に教えてしまうようなことは、決して無いよう、十分な注意が必要です。

詐欺的な目的を持ったDeFiプロジェクトに投資してしまい、提供した流動性が当該DeFiの運営チームに抜き取られてしまいました。こうしたラグプル案件の場合でも、補償の対象になりますか?

ラグプル案件の場合、PocketUniverse(ポケットユニバース)の補償の対象とはなりません。

Pocket Universe(ポケットユニバース)利用にあたってのリスク・危険性・注意点

ここでは、PocketUniverse(ポケットユニバース)を利用するにあたっての主なリスクや危険性、注意点、といった内容について、確認を進めて参ります。
なお、同サービスを利用する際のリスクや注意点、デメリット等は、下記に限定されるものではありません。
実際の利用にあたっては、必ず、読者様ご自身にて、十分に慎重にご検討下さい。

PocketUniverse(ポケットユニバース)が資金難に陥れば、保険金が支払われない可能性がある

Pocket Universe(ポケットユニバース)の拡張機能を適切に利用し、本来であれば保険金の支払い対象となるべき事由が生じたとしても、その時、PocketUniverse(ポケットユニバース)側に十分な保険金支払い原資が無ければ、結局、約束通りの保険金は支払われない可能性があります。



画像引用元:Pocket Universe(ポケットユニバース)公式サイト(https://www.pocketuniverse.app/insurance)

Pocket Universe(ポケットユニバース)の公式サイトでは、上掲スクリーンショットのように、
「現在、10万ドル程度の自己資金が、保険金支払いのためにコミットされている(≒確保されている?)」
と記載されていますが、fillメディア編集部にて把握している限りにおいて、当該資金が留保されているウォレットアドレスの具体的な情報は開示されていません。

また、仮に、保険支払い用の資金を保有しているウォレットアドレスが公開されていたとしても、そのウォレットの秘密鍵を、Pocket Universe(ポケットユニバース)の運営チームが単独で保有している場合、当該チームが任意で資金を他のアドレスに移動できてしまうため、保険金支払い能力の証明としては不十分、との指摘もあり得ます。

そもそも、「10万ドル」という資金量が、万が一のトラブルを考えた際に十分か、という点も、議論の必要があります。
Pocket Universe(ポケットユニバース)では、1事故・1ユーザーに対する保険金の最大額を「2,000ドル」としていますが、類似した事故が多発し、複数のユーザーに、最大補償額(2,000ドル)を支払うこととなった場合、10万ドルの資金量では、50人までしか、最大量の保険金を支払うことが出来ない計算となります。

友達紹介で補償率を「100%」まで上げても、保険金は最大で2,000ドルまで

Pocket Universe(ポケットユニバース)の補償率は、当初「50パーセント」からスタートし、その後、友達をPocket Universe(ポケットユニバース)に招待するごとに、10パーセントずつ、補償率が上がっていく仕組みが採用されています。
ただし、複数名の友達を招待し、仮に、補償率が100%まで上がったとしても、支払われる保険金の額には、「2,000ドル」という上限額が設定されています。

  • 補償率100%、という表現と、
  • 補償の金額は上限2,000ドル、という制限は、

ユーザーを混乱させる可能性があるため、注意が必要と言えましょう。

Pocket Universe(ポケットユニバース)概要・公式サイト等

公式サイト
https://www.pocketuniverse.app/
ディスコード
https://discord.com/invite/nVdz8tKkBr
Twitterアカウント
https://twitter.com/PocketUniverseZ
Chrome拡張機能
https://chrome.google.com/webstore/detail/pocket-universe/gacgndbocaddlemdiaadajmlggabdeod

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。