Moonshots(ムーンショッツ)の始め方-効率的な稼ぎ方や攻略法を徹底検証

Moonshots(ムーンショッツ)の始め方

farmgooの始め方

①BONESトークン、もしくは、Bananaトークンの入手

farmgooを使い始めるにあたっては、まず、

  • Moonshots(ムーンショッツ)のネイティブトークンである、BONESトークン、もしくは、
  • ApeSwapのトークンにあたる、Bananaトークン

を入手する必要があります。
それぞれのトークンのコントラクトアドレスは下記の通りです。

BONESトークン
0x08426874d46f90e5e527604fa5e3e30486770eb3
Bananaトークン
0x603c7f932ED1fc6575303D8Fb018fDCBb0f39a95

なお、BONESトークンも、Bananaトークンも、パンケーキスワップにて交換・入手できます。
※スワップが通らない場合、スリッページの許容率を高めると、スワップが通る場合があります。
2022年6月24日に、BUSD→BONESへとスワップした際は、スリッページを1.5%に設定したら、交換が通りました。

②ウォレットの接続

続いて、BONESトークン(ないしは、Bananaトークン)を入れてあるメタマスクを、Moonshots(ムーンショッツ)と接続します。
上記画像の「connect wallet」をクリックします。

③メタマスクにて確認処理

すると、メタマスク側で確認のポップアップが表示されるので、確認・承認を進めます。

④BONESトークン(ないしは、Bananaトークン)のステーク

事前に入手しておいたBONESトークン/Bananaトークンを、farmgooにステーキングします。

⑤ステーキングするトークン量を指定する

上記のような画面が出るため、ステークするトークン量を指定します。
今回は、事前に100BUSDから交換・入手した、約4288BONESをそのまま全量、ステークします。
なお、ステークしたトークンは30日間ロックされますので、価格変動・流動性等に注意が必要です。

⑥ステーキングが済むと、gooトークンのファーミングが始まる

BONESトークンのステーキングが済むと、このように、デポジット(≒ステーキング)しているBONESトークンの量と、その結果ファーミングされているgooトークンの量(1秒間あたり)が表示されます。

その他、画面上部にも、このように、

  • 目下保有している、gooトークンの量と、
  • 1秒間あたりの生成量
  • グローバル(=farmgoo全体)に対して占める割合
  • 入手が見込まれるBANANAトークンの量

等といった情報が表示されています。

⑦bone farmのレベル上げも出来る

ステーキングしているbone farmの「view upgrades」を確認すると、

このように、運用中のbone farmのアップグレードも可能です。
※なお、2022年6月24日時点で、Braveブラウザからの試行では、アップグレードの内容を選択して「buy」をクリックしても、メタマスクがポップアップしませんでした。
その場合、

↑このように、ブラウザの拡張機能アイコンに、承認依頼が表示されているケースもあります。

⑧gooトークンのデポジット

ファーミングしているgooトークンは、上記のデポジット・ボックスから、デポジットが可能です。
デポジットを済ませると、

↑このように、

  • デポジットしてある、gooトークンの量
  • 予想されるBananaトークンの分配量

が表示されます。

なお、gooトークンのデポジットによってBananaトークンを入手する場合、下記のような点に注意が必要です。

  • Bananaトークンの分配は、24時間ごとに実施されます。
  • 分配に回されるBananaトークンの量は、プライズプールの2%相当額です。
  • そして、プライズプールの2%相当額のBananaトークンを、gooトークンをデポジットしているユーザー全体で、デポジット額の大小に応じて、分け合うことになります。
  • デポジットしたgooトークンは、Bananaトークンの受け取りと引き換えに、バーンされる仕組みです。
  • デポジットしたgooトークンを、引き出すことは出来ません(2022年6月24日の確認状況に基づく)。追加のデポジットは可能です。
  • gooトークンのデポジット量は、デポジットの締め切り時刻が近づくにつれて、増加してきます=他のプレイヤーもどんどんデポジットしてきます(※デポジットした時間の長短は、Bananaトークンの付与量に対して影響しない模様です)。
  • このため、デポジットした際に表示される、Bananaトークンの予想分配量と、実際の分配量との間には、大きな差が生じる可能性があります。

キャラクター追加によるgooトークンのマイニング量強化

↑farmgooでは、このようなキャラクターをgooトークンで追加購入し、1秒間あたりのgooトークンのマイニング量を増やすことが可能です。
キャラクター別の、「1体目の(※)」取得コスト、及び、gooトークン採掘量への+効果は、記事執筆時点で、下記の通りです(※ただし、キャラクターのアップグレードは考慮しない場合)。

キャラクター名称 1秒間あたりのgoo採掘 取得コスト(goo) 投資回収までの時間
intern kitty 0.1 20 200秒
graduate gerbil 0.5 150 300秒
phd. ducks 1 400 400秒
prof. penguin 2 1000 500秒
biochem. badger 4 2400 600秒
hamster wheels 6 4000 670秒弱


表作成日;2022年6月24日

(※)上記のキャラクターは、1体目よりも2体目、2体目よりも3体目、3体目よりも4体目…といった具合に、取得のコストが上がっていく仕組みとなっています。
たとえば、intern kittyの場合、

  • 最初の1体を取得する時のコストは、20gooですが、
  • 2体目は40goo
  • 3体目は60goo

といった具合に、取得コストが上がっていきます。

キャラクターのアップグレード

キャラクターに関しても、gooトークンを再投資することで、アップグレードすることが可能です。
具体的には、

  • ベースとなる生産能力を向上させたり、
  • ユニットの追加取得に必要なコストを低下させたり、

といったアップグレード効果が期待できます。

Moonshotsのfarmgooを使った稼ぎ方

2022年6月24日現在、farmgooを利用して暗号資産を稼ぐ場合、下記のような点がポイントとなります。

Bananaトークン、ないしは、Bonesトークンの初期投資が必要

Moonshotsののfarmgooでファーミングをしたい場合、

  • Bananaトークン(0x603c7f932ED1fc6575303D8Fb018fDCBb0f39a95)、ないしは、
  • Bonesトークン(0x08426874d46f90e5E527604fA5E3e30486770Eb3)、

いずれかの初期投資が必要です。

まずは、gooトークンを稼ぐ

Bananaトークン、ないしは、Bonesトークンを投資してファーミングを開始する場合、まず入手が出来るのは、gooトークンです。
ただし、gooトークン自体は、市場に上場されておらず、ペア提供(流動性提供)も為されていませんので、gooトークンそのものを、売却し、他の暗号資産に交換することは出来ません。

  1. Bananaトークン、ないしは、Bonesトークンを初期投資して、
  2. gooトークンを入手し、
  3. そのgooトークンを、farmgooの中で再投資することで、1秒間あたりのgooトークン採掘量を上昇させる

ことが、farmgooのコア要素となります。

gooトークンの採掘量に応じて、Bananaトークンを入手できる

日々のBananaトークンの入手量は、全世界のgooトークン採掘量に対し、自分が、何パーセント相当を占めているか、によって上下することとなります。
当然のことながら、トータル・シェアに対して自分のアカウントが占める割合が大きければ大きいほど、日ごとのBananaトークン付与量は増加します。

↑このように、1秒間あたりの採掘量の上位者については、リーダーボードとして情報掲示されていますので、チェックしてみるといいでしょう。

gooトークンを用いた、設備・キャラクターのアップグレードが鍵を握る

gooトークンを再投資することで、ファームや、各種キャラクターのアップデート(キャラクターの場合は、追加購入も)が可能です。
これらの再投資をうまく活用し、1秒間あたりのgooトークン採掘量をいかに底上げしていけるか、が、farmgoo攻略の鍵となりましょう。

Bananaトークンで初期投資をするか、Bonesトークンで初期投資をするか、も、ポイントに

↑このように並べてみると分かりやすいのですが、Bananaトークンのファームと、Bonesトークンのファームとでは、1秒間あたりのgooトークン採掘量に、5倍の差があります(記事執筆時点)。

↑また、上掲画像のように、ファームのアップグレードの効果についても、トークンによって違いがあります。

そして、当然のことながら、

  • Bananaトークンと
  • Bonesトークンは、

互いに全く異なる暗号資産ですので、トークンの価格や値動きにも、大きな違いがあります。

このあたりをどのように考慮し、初期投資を行っていくのか、は、重要なポイントとなりそうです。

gooトークンを再投資に回すか、depositに回すか

採掘したgooトークンを、

  • ファームのアップグレードや、
  • キャラクターの購入、
  • キャラクターのアップグレードなどに再投資すれば、

1秒間あたりのgooトークン採掘量を押し上げることが可能です。

gooトークン採掘量に応じた、bananaトークンの分配の仕組み

上掲画像を見ると、プライズ・プールには、現状、2951bananaが存在することが分かります。
そして、毎日、プライズ・プールの8パーセントに相当するbananaトークンが、プレイヤーへの分配に回されます。
全プレイヤー合計での1秒間あたりのgooトークン採掘量は62百万gooトークン、そのうち、このアカウントの採掘量は73千gooトークンであり、これは、全体の0.117パーセントに相当します。
このため、当該アカウントが受け取ることの出来るbananaトークンは、

(プライズ・プールの)2951banana × 8パーセント × 0.117パーセント=0.27banana、となります。

gooのデポジットによる、bananaトークン分配の仕組み

一方で、gooトークンの「1秒間あたりの採掘量」に応じたbananaトークン分配とは別に、gooトークンのデポジット量に応じたbananaトークン分配も実施されます。
24時間ごとに、プライズ・プール内のbananaトークンの2%相当量が、deposit済み金額に応じて、プレイヤーに分配されます。
上掲画像を見ると、

  • プライズ・プールには、2953bananaトークンが存在し、
  • その2%に相当する、59.06bananaが、一定時間経過後に分配されることが分かります。

画像の時点では、

  • 総額で、272億gooがデポジットされており、
  • 一方で、このアカウントのデポジット額は、1億goo程度であり、
  • これは、全体量の0.367%程度に相当するため、

59.06banana×0.367%=0.21banana程度が、このアカウントに分配される予定である、ということが分かります。

総合すれば、上記のスクリーンショットの時点で、このアカウントは、

  • 「1秒間あたりのgooトークン採掘量」に応じた支払いとして、1日あたり0.27banana
  • 「gooトークンのデポジット量」に応じた支払いとして、1日あたり0.21banana

合計で、1日あたり、約0.48bananaの分配を受け取る、ということとなります。
なお、2022年6月24日時点で、1bananaは日本円で10円程度(ただし、交換ペア等によって差はある)ですので、1日あたりの円建て収益は、5円程度、となります。

※実際には、デポジットの締め切り時間が近づくと、gooトークンのデポジット量が増え、結果的に、デポジット量全体に対する個別アカウントのシェア率が低下しますので、付与されるbananaトークンの量は下揺れすることとなります。
また、参入者が増えれば増えるほど、自分のアカウントが全体に対して占める採掘量・デポジット量のシェアは低下していきます。

一定程度までgooトークンを再投資して1秒間あたりの採掘量を押し上げ、ある時点からは、デポジットに注力する

上記のアカウントは、

  • 100ドル分のbananaトークンと、(13,500円程度)
  • 100ドル分のbonesトークン、(13,500円程度)
  • 及び、当座のガス代として、0.05bnb(1,550円程度)

総額で(日本円建てで)28,550円を初期投資しています。
ひとまず、円建てで、1日あたり500円の収益を期待したい、と仮定します。
farmgooによって最終的に収受できるbananaトークンの対円レートが、1banana=10円、と仮定すれば、毎日、50bananaの受け取りが必要です。
基本的には、

  • ある一定の程度までの間は、デポジットにはgooトークンを回さず、マイニングによって入手したgooトークンは、出来るだけ再投資に回して、1秒間あたりのgooトークン採掘量を底上げし、
  • 一定の採掘量レベルに達した後は、資金を集中的にデポジットに回していく
  • ただし、自身の採掘量が全体に対して占める割合が、新規参入者や、既存プレイヤーのパワーアップによって低下してきたら
  • デポジットではなく、gooトークンの再投資へと資金を改めて振り分ける

という運用が基本にになってくるでしょう。

Moonshots(ムーンショッツ)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Moonshots(ムーンショッツ)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Moonshots(ムーンショッツ)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


Moonshots(ムーンショッツ)とは

Moonshots Farmは、トレンドの新トークンを1日おきに自由にファームする全く新しい楽しい方法です。
幅広いポートフォリオを受動的に構築し、コミュニティをフォローし、あなたのプロジェクトが次のSHIB/HEX/DOGEに成長するにつれて将来的に高いリターンが期待できる、とされています。

Moonshotsファームと同様に、私たちのプロジェクトは、FarmFomoや、要望の多いFarmGooゲームなど、楽しい類似のファームゲームのハブになることを目指しています。
将来的には、さらに多くのファームゲームを提供する予定です。

Moonshots(ムーンショッツ)の仕組み

投資家はCAKEトークンをMoonshotの自動調合Cake Vaultに預けるだけで、時間とともに投資家のCAKEトークンが成長し、その収益を使って1日おきに変わるトレンドのMoonshotトークン(通常はコミュニティによって選ばれます)をファーミングすることができるので、投資家には年間180以上のMoonshotが期待できる、とされています。

Moonshots(ムーンショッツ)のファーミングについて

Cake Vault情報

このファームは、自動的にCAKEを稼いでくれる自動調合金庫です。
CAKEの収穫量の半分は、一日おきに変わるトレンド/新しいムーンショットトークンのファームに使われます。
さらに、毎週ボーナスボーナスを獲得することができ、より高い収益を得ることができます。

  • 入金手数料: 0
  • 出金手数料:0.2%(BONESの流動性/買い戻し/焼却に使用されます。)

ファームドMoonshots情報

一度入金すると、Vaultコントラクトは自動的にあなたのためにムーンショットのファームを処理し、その後60日間ロックされ、x1000の可能性まで成長させます。
カウントダウンが終了すると、ファームされた金額を引き出すことができますが、30日以内に引き取る必要があります(その後、期限切れとなり、ファームボーナスaprに追加するBONESを購入します)。
30日間未請求の場合、ムーンショットが失効する理由は、プロジェクトの中には残念ながら0ドル近くになるものもあり、一人の投資家として請求する価値のないものもあるからです(BSCガス価格を考慮に入れる場合)。
しかし、一度失効した未請求分はまとめて一回の取引で無駄なく多くのBONESを調達することができます。
Moonshots Farmが稼動して2~3ヶ月経ったら、過去/現在のMoonshots Farmのパフォーマンスなどに関する統計や情報を表示したいと考えています。

Moonshots(ムーンショッツ)のBONESトークン

BONESはMoonshot Farmエコシステムのネイティブトークンで、Cake VaultなどのMoonshot FarmからBNBとして5%の利回りを得るためにステークすることができます。
BONESはまた、期限切れ/未請求のムーンショットトークンからの買い戻しの恩恵を受けます(この影響については、今後統計を追加する予定です)。

  • 最初の供給 420k
  • 最大供給量 6.9m
  • コントラクトアドレス:0x08426874d46f90e5e527604fa5e3e30486770eb3

BONESトークンの初期供給は、人々が取引できるように、流動性ドライブ(〜100 BNBの流動性でPancakeSwapをシードする)のためだけです。
ローンチ後、古いトークンはBONESと1:1で交換できるようになり、これは10%インスタントで、残りは60日かけて権利確定される予定です。

BONESトークンはもともとインフレ気味ですが(Moonshotsの投資家に毎週20kトークンのボーナスを排出)、6.9mのハードキャップを持っているので、報酬は時間とともに減少し、最終的に停止します。
これらの追加報酬は、ファームアップした他のムーンショットと一緒に60日間ロックされます。
最後にBONESトークンは1%の送金手数料がかかるように設計されていますが、これは低インフレを相殺するためにバーンされたものです。
前述の通り、期限切れになった未所持のムーンショットは(60+30日の未所持の後)BONESトークンの買い戻しとなり、ファーム報酬として分配されるか、さらなるインフレを相殺するために追加でバーンされます。

Moonshots(ムーンショッツ)のロードマップ

ムーンショット・ダッシュボード

Moonshots Farmを改善するために追加したい最初のアイデアの1つは、より高度な統計とトラッキングで、ファームするMoonshotトークンのパフォーマンスを測定できるようにすることです。
これらの統計は、私たちの収量がどの程度成長しているかを分析するのに役立ち、プラットフォームの促進に役立つ有益な洞察を提供します。

Farmgoo

旧プラットフォームから愛されているファームゲームを引き継ぐことも優先事項です。
FarmFomoは、「ハズレなしの宝くじ」というコンセプトと、クラシックな「Fomo3D」ジャックポットゲームを組み合わせたもので、タイマーが切れる前に最後の鍵を買うとジャックポットの報酬がアンロックされます。
プレイしたことがない方は、ぜひお試しください。このようなゲーム化されたファーミングのコンセプトを、今後Moonshotsにたくさん追加していきたいと考えています。

FarmFomo

もちろん、要望の多かったGooゲームもファームバージョンに作り直し、このエコシステムに取り入れる予定です。
もしあなたがGooを試したことがなければ、それは2018年4月に最初のバージョンだったEtherGooに遡る最初のCrypto Idle Gameで、それ以来、TronGoo、World War Goo、FragGoo & TronGoo2がありました。
ゲーミフィケーションされたファームバージョンがどのように機能するか、詳細をお楽しみに。

免責事項

  • 当サイトの掲載内容は、各公式サイト等を参考に作成したものであり、内容の真偽等に関して、如何なる保証等も行うことは出来ません。
  • 当サイト内で言及しているサービス等に関する一次情報については、必ず、 当該サービス提供元のサイト等をご自身でご確認下さい。
  • 当サイト内の情報は、時間経過に伴い、有効性を失っている場合があります。最新情報に関しては、必ず、ご自身にてご確認下さい。
  • 当サイト、並びに、当サイト内の各コンテンツは、一般的な情報提供のみを目的として作成・運営しているものであり、いかなる暗号資産・有価証券・その他デジタルアセット・その他アセット・資産等の取得を勧誘するものではありません。また、投資助言を目的としたものでもございません。
  • 掲載した情報によって起きた、いかなる直接的・間接的損害について、一切責任を負うことは出来かねます。
  • 暗号資産投資や、その他の投資には、リスクが伴います。
  • 投資を行う際は、リスクを了承のうえ、ご自身の判断で行って頂きますよう、お願いを申し上げます。

Author Info

暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。