【危ない?】IZAKA-YA(イザカヤ)の始め方・使い方-高利回り提示の仮想通貨レンディング・サービスとして話題

記事をご覧頂くにあたってのお願い

当サイト上の記事の作成には、AIが利活用されているケースがあります。
AIの利活用の有無に関わらず、記事の記載内容には誤りがある場合がございますので、必ず、読者様ご自身にて、各種一次情報等をご確認下さい。

仮想通貨レンディング・サービス、IZAKA-YA(イザカヤ)とは



画像引用元:IZAKA-YA(イザカヤ)

IZAKA-YA(イザカヤ)は、仮想通貨レンディングサービスとして、利用者にさまざまな利便性と投資の機会を提供しています。
このセクションでは、IZAKA-YA(イザカヤ)の基本情報について詳しく紹介します。
まず、登録手続きと本人確認のステップについて説明し、その後、提供される利回りや対象となる仮想通貨に触れます。
さらに、レンディングの仕組みや期間に関する詳細もご紹介します。
IZAKA-YA(イザカヤ)のサービスを初めて利用する方でも、安心してサービスを利用できるよう、必要な情報を分かりやすくお伝えします。
結論として、IZAKA-YA(イザカヤ)の利用方法や手数料に関する情報もこのセクションでカバーしますので、ぜひ参考にしてください。

IZAKA-YA(イザカヤ)のレンディングサービス概要



画像引用元:IZAKA-YA(イザカヤ)

このセクションでは、IZAKA-YA(イザカヤ)のサービス概要について詳しく説明します。
まずは、登録手続きと本人確認のステップを詳細にご紹介します。
次に、IZAKA-YA(イザカヤ)が提供する利回りや対象となる仮想通貨について触れます。
IZAKA-YA(イザカヤ)は、多様な仮想通貨に対応しており、その仕組みを理解することで、より効果的に投資を行うことが可能です。
さらに、レンディングの仕組みと期間に関する情報もお伝えします。
このセクションを読むことで、IZAKA-YA(イザカヤ)のサービス全体像を把握し、利用を検討する際の参考にしていただけます。

登録手続きと本人確認



画像引用元:IZAKA-YA(イザカヤ)

IZAKA-YA(イザカヤ)は、そのシンプルな登録手続きが特徴です。
以下の手順を踏むことで、簡単にアカウントを作成できます。

  • メールアドレス登録: ユーザーはまず、IZAKA-YA(イザカヤ)の公式サイトまたはアプリからメールアドレスを登録します。
  • パスワード設定: 次に、アカウントにアクセスするためのパスワードを設定します。
  • 確認メールの受信: 登録したメールアドレスに確認メールが送られます。
    そのメール内のリンクをクリックすることで、アカウント作成が完了します。

IZAKA-YA(イザカヤ)の大きな特徴の一つは、本人確認が不要な点です。
これにより、高い匿名性を維持したままサービスを利用することができます。
しかし、本イン確認が不要なために以下のリスクも存在します。

  1. 不正利用やマネーロンダリングのリスク: 本人確認がないことにより、不正な資金の流入やマネーロンダリングのリスクが高まる可能性があります。
  2. トラブル時の対応が困難: 万が一トラブルが発生した場合、IZAKA-YA(イザカヤ)がユーザーを追跡することが難しくなるため、迅速な対応が困難となる恐れがあります。
  3. 資金の分別管理の不透明さ: IZAKA-YA(イザカヤ)は金融庁に未登録のため、預けた資金がどのように管理されているかが不明確です。

このように、IZAKA-YA(イザカヤ)は手続きの簡便さと匿名性に強みがありますが、一方で上記のリスクを理解し、利用する際には慎重な判断が求められます 。

提供する利回りと対象仮想通貨



画像引用元:IZAKA-YA(イザカヤ)

IZAKA-YA(イザカヤ)の仮想通貨レンディングサービスでは、多種類の仮想通貨に対して高い利回りが提供されています。
以下のような仮想通貨が対象となっています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • テザー(USDT/TRC20)
  • テザー(USDT/ERC20)
  • ステラルーメン(XLM)
  • アーベイトラム(ARB)

IZAKA-YA(イザカヤ)の最大の特徴は、これらの仮想通貨で非常に高い利回りを提供している点です。
例えば、ビットコインとイーサリアムでは最大年利12%が期待できます。
一方、テザー(USDT/TRC20)、ステラルーメン、アーベイトラムは最大年利10%が提供されています。
テザー(USDT/ERC20)は比較的低めの最大年利8%となっています。

  1. ビットコイン(BTC)
    • 最大年利12%
    • 知名度と信頼性が高く、安定した投資先として人気があります。
  2. イーサリアム(ETH)
    • 最大年利12%
    • スマートコントラクト機能を持ち、幅広い用途があります。
  3. テザー(USDT)
    • TRC20:最大年利10%
    • ERC20:最大年利8%
    • ステーブルコインとして、法定通貨に価値を連動させています。
  4. ステラルーメン(XLM)
    • 最大年利10%
    • 迅速かつ低コストな国際送金のために設計されています。
  5. アーベイトラム(ARB)
    • 最大年利10%
    • レイヤー2のスケーリングソリューションとして注目されています。

このように、IZAKA-YA(イザカヤ)では多様な仮想通貨に対して高利回りを提供しており、投資先の選択肢が豊富です。
ただし、投資にはリスクが伴いますので、各仮想通貨の特性とリスクも十分に理解した上で利用することが重要です。

レンディングの仕組みと期間



画像引用元:IZAKA-YA(イザカヤ)

IZAKA-YA(イザカヤ)のレンディングサービスは、仮想通貨を一定期間預け入れ、その対価として利息を受け取る仕組みです。
具体的なレンディングの流れは以下の通りです。

  • ウォレットに仮想通貨を入金: IZAKA-YA(イザカヤ)のウォレットに対応する仮想通貨を入金します。
  • レンディングの設定: 預け入れる仮想通貨の種類と数量を選び、レンディング期間を設定します。
    レンディング期間は、3日から365日まで選択可能です。
  • 利息の受け取り: 設定した期間が経過すると、利息を含めた仮想通貨がウォレットに返還されます。

レンディング期間によって適用される利率は異なります。
長い期間を選択すると、より高い利率が適用されます。
以下は主な仮想通貨の利率の一例です。

  1. ビットコイン(BTC)
    • 30日ロックで年利8%
    • 365日ロックで年利12%
  2. テザー(USDT)
    • 30日ロックで年利6%
    • 365日ロックで年利10%

このように、レンディング期間を長期に設定することで、高い利回りを得ることが可能です。
ただし、ロック期間中は仮想通貨を引き出すことができない点に注意が必要です。
また、IZAKA-YA(イザカヤ)は金融庁に未登録のため、万が一の破産時には預けた仮想通貨が返還されないリスクも伴います。

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞