Mindland(マインドランド)とは-瞑想で暗号資産を稼ぐ「マインドフルネス to Earn」の仕組みを検証

Mindland(マインドランド)ライトペーパー和訳

下記の内容は、Mindland(マインドランド)からの承諾/依頼に基づき、公開されているMindland(マインドランド)のライトペーパーの翻訳(日本語訳)を試みたものです。
原文は、下記URLからご覧いただけます。

https://mindland.gitbook.io/litepaper/overview/introduction

ライトペーパーの内容は、更新・変更される可能性がありますし、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、以下の文中の一人称(例:私、私たち)は、Mindland(マインドランド)の運営元を指しており、当サイトの運営者とは無関係です。

Mindland(マインドランド)の紹介



引用元:Mindland(マインドランド)

アメリカでは75%以上の成人が日常生活でストレスを感じていると報告されています(https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT05217602)。
マインドフルネスは、ストレスを処理するための耐性を養い、ストレスを管理しやすくすることが示されています。
また、マインドフルネスは、感情のバランスを改善し、創造性や想像力の制限を取り除くなどの利点の中でも、より深く、より長く集中できる状態に到達するのに役立ちます。
しかし、マインドフルネスを習慣化するのは難しく、1年以上長く習慣化できる人は8%に過ぎないという研究結果もあります。
マインドランドは、マインドフルネスを簡単に習慣として身につけることができます。
世界中の人々が自分の瞑想状態を記録し、エビデンスに基づいたマインドフルネスを実行する未来を夢見ます。
マインドランドは、スマートフォンやその他の対応デバイスを使って、瞑想中のマインドフルネスの状態を測定します。
ウェアラブルデバイスとしては、心拍数を計測するフィットネストラッカー(Apple Watch & Fitbitなど)、脳波を計測するBCI(Brain-Computer Interface)などがあります。

なお、Mindlandは現在Pre-Alphaフェーズであり、Litepaperに記載されている内容は将来変更される可能性があります。

Mindland(マインドランド)のミッション

このアプリを通じて、私たちは下記を提供したいと考えています。

  • マインドフルな習慣形成
  • あなたの心の健康の詳細な分析
  • より幸せな精神状態になるためのオーダーメイドのアドバイス

私たちは、すでに存在する「X-to-Earn」プロジェクトに注目し、インセンティブとしてトークンを発行することで、人々がマインドフルネスを習慣として身につけることができるのではないかという仮説を立てました。
マインドランドは、その仮説を検証し、マインドフルネス実践者のコミュニティを育成することを目的としたアプリです。
また、「X-to-Earn」の仕組みを使って、バイオデータを収集するプロセスをスケールさせるという仮説も立てています。
そのデータを使ってAIを訓練することで、ユーザーの心の健康を理解するための詳細な情報を提供し、より幸せな精神状態に到達するためのパーソナライズされた推奨事項を提供する予定です。

Mindland(マインドランド)の始め方



引用元:Mindland(マインドランド)

  1. Mindlandのモバイルアプリをダウンロードする。
  2. メールアドレスを使用して登録する。
  3. Mindlandは、Solanaチェーン上のアプリです。ファントムウォレットをお持ちでない方は、ダウンロードし、新規に作成してください。
  4. ストアからNFTを購入します。
  5. フィットネストラッカーまたはBCIをアプリに接続します(スマートフォンを使用する場合は、ステップ6に進みます)。
  6. Startを押して瞑想セッションを開始します。
  7. セッションが終了すると、結果が表示され、マインドフルネススコアに応じてトークンがウォレットに付与されます。

なお、αバージョンはウェブブラウザおよびBCIデバイスでのみプレイ可能となる予定です。

Mindland(マインドランド)で利用できるデバイス(機器)について

Mindland(マインドランド)をプレイするには、お使いの

  • スマートフォン
  • フィットネストラッカー
  • BCI

を使用して、瞑想中の生体データを測定します。

取得したトークンの量は、以下の順(低い順)にランク付けされます。

スマートフォン < ウェアラブルデバイス < BCI

Mindland(マインドランド)で利用できるフィットネス・トラッカー

  • アップルウォッチ
  • フィットビット
  • Oura Ring

BCI

現在使用しているBCIデバイスはMuseです。
今後、さらにBCIを増やしていく予定です。
頭に装着するヘッドセット型の装置で、脳波と呼ばれる脳から発せられる電気信号を読み取って脳波を測定するものです。

なお、Museは非侵襲的なBCIデバイスですので、痛みや不快感などの体感はありません(もちろん、締めすぎたり、電極を頭に押し当てたりすると痛いかもしれませんが)。

Museは、カナダ・トロントのInteraXon社が提供しています。
現在、MuseにはMuse 2とMuse Sの2種類があり、どちらもマインドランドで使用することが可能です。
価格は以下の通りです。

Muse 2
187.49ドル https://choosemuse.com/muse-2/
Muse S
299.99ドル https://choosemuse.com/muse-s/

Mindland(マインドランド)のマインドフルネススコアの算出方法



引用元:Mindland(マインドランド)

取得したトークンの量を以下の順(低い順)にランキングしています。
スマートフォン < ウェアラブルデバイス < BCI

スマートフォンの場合

スマートフォンで測定する場合、お腹の中心にスマートフォンを当て、呼吸の収縮と拡張を測定するだけです。
アプリの指示と呼吸がどの程度合っているかでスコアが決まります。

フィットネストラッカーを利用する場合

フィットネストラッカーで計測する場合は、心拍数を計測します。
詳細なアルゴリズムは未定です。

BCIを利用する場合

BCIでプレイする場合は、脳波を計測します。
脳波は、アルファ波、ベータ波、シータ波、ガンマ波など、周波数で分けられます。
脳内のシータ波が増加することと、瞑想状態にあることに強い関係があるとする研究もあります。

なお、α版では、瞑想スコアは、測定時間のみを変数とした事前分布に基づくランダムなスコアとなります。

Mindland(マインドランド)のトーケノミクス(トークン・エコノミクス)



引用元:Mindland(マインドランド)

トークノミクスはまだ検討中で、近々発表される予定です。
私たちは、ゲーム経済を持続可能なものにすることに注力しています。

  • デュアルトークン
  • ソフトペッグ(安定した報酬システム)
  • シーズン制

といったファンクションを予定しています。

Mindland(マインドランド)の検討している、外部からの資金調達について

マインドランドは、外部資金を導入することで、持続可能なプロジェクトを目指します。

  • ウェアラブルデバイスメーカーやBCIメーカーとの提携
  • BCIで測定したデータの研究機関や企業への提供
  • 香水やマットレスなどの瞑想関連グッズとのコラボレーション
  • アニメやゲームなどのキャラクターIPとのコラボレーション

Mindland(マインドランド)

マインドフルネス・アンド・アーニングは、私たちのプロジェクトの第一段階に過ぎません。

第2段階:エビデンスに基づく瞑想を提供する

現在のNeurotechとMeditationのエコシステムでは、デファクトのEEGデバイスは存在しません。
毎年、多くの新しいデバイスが発表されています。
また、デファクトのEEG瞑想グループも存在しません。
人々は、十分な知識とエビデンスを持った中央のコミュニケーションスペースを求めています。

Mindland(マインドランド)は、デバイスニュートラルな生体データ分析プラットフォームとして、3500年の人類瞑想の歴史の中で初めて、デバイスを使った大量採用の瞑想を実現する予定です。

第3段階:脳波データのハブになる

瞑想に限らず、脳波データを収集していきます。
Mindland(マインドランド)は、脳波データだけでなく、ユーザーの心の状態の自己分析、体感パターン、食事パターンなど、他のデータとのパターンを探すAI研究プラットフォームとなる予定です。
私たちは、脳波データが人類にもたらす価値を信じています。

Mindland(マインドランド)の開発ロードマップ



引用元:Mindland(マインドランド)

  • 2022年5月 モックアップデザイン
  • 2022年6月 チームビルディング
  • 2022年8月 ハッカソン、クローズド・アルファ開催
  • 2023年1月 一般公開
  • 2024年 フェーズ2開始
  • 2027年 フェーズ3開始

なお、アルファ版では、アプリの機能性テストに重点を置き、収益には結びつかない予定です。

Mindland(マインドランド)のピッチ・デック和訳

下記の内容は、Mindland(マインドランド)からの承諾/依頼に基づき、公開されているMindland(マインドランド)のピッチ・デックの翻訳(日本語訳)を試みたものです。
原文は、下記URLからご覧いただけます。

https://docs.google.com/presentation/d/1G87wYC7NYduAKuHRXH0YkbNqAPfGd1Y7ykJJXk5NWds/

ピッチ・デックの内容は、更新・変更される可能性がありますし、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、以下の文中の一人称(例:私、私たち)は、Mindland(マインドランド)の運営元を指しており、当サイトの運営者とは無関係です。

Mindland(マインドランド)が提供するバリュー(価値)

  • 瞑想の習慣
  • ユーザーの心の健康状態の分析
  • より幸せな精神状態への最短経路の提案

Mindland(マインドランド)のスマートフォン・アプリの役割(フェーズ別)

フェーズ1
  • トークンインセンティブでマインドフルネスを習慣化させる(マインドフルネスによって稼ぐ)
  • マインドフルネス実践者のコミュニティを提供
フェーズ2
  • 脳波などの生体情報をAIが解析し、瞑想状態の深さを表示します。
  • AIレコメンデーションエンジンにより、より良い瞑想音楽やガイド付き瞑想セッションを推奨する
フェーズ3
脳波データと、ユーザーの自己分析による心の状態、体感パターン、食事パターンなど、他のデータとのパターンを探すAI研究プラットフォームとしての役割を担う。

Mindland(マインドランド)が提供するメカニズム



引用元:Mindland(マインドランド)

トークンのインセンティブ
「マインドフルネス to Earn」の提供
AIの正のスパイラル
データが増えれば増えるほど、AIは賢くなる。AIが賢くなればなるほど、サービスが良くなる。サービスが良くなればなるほど、アプリのデータ量が増える。
コミュニティのネットワーク効果
人々は瞑想体験や脳波データについて議論したい。

Mindland(マインドランド)の、サービス運営者としての特徴

WEB3スタートアップとして
  • アプリ利用者にガバナンストークンを配布し、最終的にDAOを目指す。
  • X2E(マインドフルネス&Earn)を通じて、ユーザー登録を促進させようとしている
  • 瞑想や心の科学的な理解を深めることに貢献したい人たちのコミュニティを持っています。
AI(人工知能)関係スタートアップとして
ユーザーの脳波などの生体データを解析し、より良い瞑想方法を提案します。
ニューロテック・スタートアップとして
毎日数十万件の脳波データを生成する、世界最大の脳波データベースを持つことを目指しています。

Mindland(マインドランド)が考える、エビデンスに基づく瞑想の現状・問題点

現状、「デファクト」と呼ばれるほどのレベルの脳波計は存在せず、毎年多くの新しい機器が発売されています。
また、脳波瞑想のフェイスブックグループの中には、「決定的」と言えるほど大規模な物がありません。
人々は、十分な知識とエビデンスのある、中央のコミュニケーションスペースを求めています。

私たちが提供するのは、デバイスニュートラルな生体データ分析プラットフォームです。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。