Hibiki Run(HibikiRun)とは-音楽を聴いて運動をして暗号資産を稼ぐ、新たなMove to Earn型ブロックチェーン・ゲームの始め方&稼ぎ方を検証

Hibiki Run(HibikiRun)の始め方・稼ぎ方

Hibiki Run(HibikiRun)のテスト用アプリの入手

テストアプリのダウンロード&インストール

チュートリアルがスタートすれば、インストール完了

Hibiki Run(HibikiRun)アプリからアカウント作成

「サインアップ」(=アカウント作成)をタップ

メールアドレス&パスワードを登録

認証コードの受信

アプリ内チュートリアルが始まれば、アカウント開設は完了

Hibiki Run(HibikiRun)から、テスト用のヘッドフォンNFTの受け取り

「ガシャポン」から、アイテムをタップ

開封すると、ヘッドフォンNFTが出現する

Hibiki Run(HibikiRun)の「Move to Earn」の始め方

ホーム画面の「スタート」をタップ

位置情報利用の許可

「モーションとフィットネスのアクティビティ」の情報利用の許可

実際のMove to Earnの様子がこちら

Hibiki Run(HibikiRun)で運動計測をストップする方法

運動中に、画面下部の一時停止ボタンをタップ

「Yes, end workout」で運動終了

Hibiki Run(HibikiRun)のヘッドフォンNFTのリペア方法

リペア(チャージ)したいヘッドフォンNFTを選択

チャージに必要なトークンコストを確認し、チャージ実行

Hibiki Run(HibikiRun)のヘッドフォンNFTのレベル上げの仕組み

レベルをあげたいヘッドフォンNFTを選択

レベル上げのコスト、及び必要時間を確認し、「Confirm」でレベルアップ開始

Hibiki Run(HibikiRun)のヘッドフォンNFTのアトリビュートを向上させる仕組み

ヘッドフォンNFTの「ポイント」の箇所をタップ

ポイントの振り分けを実施

Hibiki Run(HibikiRun)の「ガシャポン」の仕組み

画面下部で、引きたいガシャポンの数を指定して、タップ

ガシャポンのコストを確認して「Yes」をタップ

引き当てたガシャポンをタップ

ガシャポンの開封結果の確認

Hibiki Run(HibikiRun)のマーケットプレイスで、ヘッドフォンNFTを購入する方法

マーケットプレイスに出品されているヘッドフォンNFTのうち、任意のものをタップ

購入内容の確認

購入完了したヘッドフォンNFTは、一覧から確認可能

Hibiki Run(HibikiRun)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Hibiki Run(HibikiRun)運営サイドからの依頼/承諾に基づき、公開されているHibiki Run(HibikiRun)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://whitepaper.hibikirun.com/index/welcome/introduction

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、Hibiki Run(HibikiRun)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Hibiki Run(HibikiRun)の紹介



引用元:Hibiki Run(HibikiRun)公式サイト

内容は最新の情報を反映するために変更されることがあります。

Hibiki Run(HibikiRun)の概要

Hibiki Runは、音楽とくじ引きゲームによって、「移動して稼ぐ」ことを次のレベルへと導きます。
屋外を移動し、音楽を聴き、トークンを獲得し、ラッフルで遊んで、トークン、NFT(PFP、音楽など)、外部プロジェクトのホワイトリストなど多様な報酬を得ることができます。
これを数式で表すと
Hibiki Run(HibikiRun)=移動して聴いて稼ぐ+くじ引きシステム+オープンマーケットプレイスとなります。

Hibiki Run(HibikiRun)の発想の原点

「響」とは、日本語の「音」「響き」「調和」を意味する言葉です。
「いちごいちえ」などの東洋哲学や、「おまもり」などのオブジェクト、そしてユニークな美学を組み合わせることで、「動かして、聴いて、稼ぐ」楽しさと調和を追求しています。

Hibiki Run(HibikiRun)の主な特徴

動いて、聴いて、学ぶ

M2Eは、その持続可能性についての激しい議論にもかかわらず、そのポジティブなイニシアチブ、わかりやすいコンセプト、巨大なユーザーコミュニティにより、依然として最も効率的に人気を集める方法の1つとなっています。
しかし、私たちは、ウォーキングやジョギング、ランニングだけでは、あまり良い外部性を生み出さないことにも気づきました。
そこで、私たちは 多くの人にとって、音楽なしのウォーキングやランニングは、魂がこもっていないものです。
音楽は、ランナーのモチベーションを上げ、ペースを保ち、心の安らぎを与えてくれます。
響ランでは、ユーザーが集めたヘッドフォンの種類(金、電気、水、火)に応じて、ウォーキングやジョギング、ランニングの習慣に合った様々なジャンルの音楽を聴くことができます。

抽選報酬システム

ランニングのたびに$HUTを獲得して終わりではありません。
アプリ内の抽選システムを通じて、$HBK、NFT、ホワイトリストなど、さまざまな報酬を獲得するための始まりなのです。
ラッフルマシーンでプレイすると、プレイヤーに究極の驚きを与えます。
外部パーティやコミュニティから受け取ったNFT資産はすべて、公平性を保証するために人手を介さないロジックと方法でNFTラッフルプールに追加されるのです。
報酬のカテゴリーとしては、下記のような物があります。

  • HUT
  • HBK
  • M2E NFTアセット
  • ヘッドフォンの抽選
  • おまもりパーツ(開発中)
  • コレクションNFTアセット(画像、音声などの形式)
  • Hibiki Run(HibikiRun)マスコットNFTシリーズ
  • 外部プロジェクトのNFT
  • Hibiki Runアーティスト・ミュージシャンのNFTシリーズ
  • その他
Hibiki Run(HibikiRun)のオープンマーケットプレイス

Hibiki Run(HibikiRun)のマーケットプレイスは、アプリユーザーがNFTコレクションを売買するだけでなく、すべての外部プロジェクトがNFTを宣伝し、ロイヤリティと露出を受け取るためのオープンな発射台でもあります。

Hibiki Run(HibikiRun)の将来のビジョン/ロードマップ

PFP NFTフュージョン

MfersやAzukiを思い浮かべますか?
そうです、これらのクールなキャラクターの多くはヘッドホンを持っており、それが彼らをより生き生きとさせ、個性を与えています。
ヘッドホンはPFP NFTの完璧なアイテムです。
耳につけるか、首にかけるかはあなた次第。

音楽NFTの可視化と集計

インターネットが普及した現在でも、音楽業界は、一部のトップ・セレブが収益の大半を得る典型的な「勝ち組」市場であり(例:The Music Industry Is Built on Artists, but Shuns Creators)、インディ・アーティストも多くの中間業者に悩まされているのが現状です。

これらの問題を解決するために、多くのチームが音楽NFTを活用して現状に挑戦しています。
そのため、音楽NFTはプロフィール画像(PFP)NFTの次に大きなものだと考えられています。
しかし、それらは異なるプラットフォームでサイロ化されており、普遍的なシンボル化に欠けています。
そこで私たちは、Hibiki Runのヘッドホンを音楽NFTのアグリゲーターにすることにしました。

Hibiki Runのヘッドフォンは、音楽NFTのコンテナ/ラッパーとして機能し、視覚化可能なシンボルを与えることを想定しています。
人々は、好きなアーティストの理想のコンテンツを求めて様々なウェブサイトを閲覧する手間なく、所有権や著作権のためにヘッドホンを購入/レンタルすることができるのです。

アーティストやミュージシャンへの寄付

Hibiki Runチームは、中間マージンのような不公平感を大幅に軽減するために、寄付機能を製品ロードマップに載せています。
私たちのビジョンは、ユーザーが自分の好きなアーティストやミュージシャンに寄付する金額や方法を決めることができる、透明で合理的なアプリ内のシステムを作ることです。
このシステムは、アーティストやミュージシャンのモチベーションを高め、消費者とクリエイターのエコシステム全体を促進することになるでしょう。

Hibiki Run(HibikiRun)の始め方



引用元:Hibiki Run(HibikiRun)公式サイト

ドレミファソラシドと同じくらい簡単なはずです。

  1. Hibiki Run(HibikiRun)を公式サイトまたはアプリストアからダウンロードする。【近日配信開始】
  2. メールアドレスでアカウント登録します。
  3. コレクションでガシャポンを開き、ヘッドホンNFTを入手する。
  4. 音楽を聴きながらランニングを開始します。
  5. HUTを貯めて、くじ引きに使う。

Hibiki Run(HibikiRun)のよくある質問



引用元:Hibiki Run(HibikiRun)公式サイト

Q1:Hibiki Run(HibikiRun)がローンチするパブリックブロックチェーンは何ですか?

初回リリースはPolygonでローンチする予定です。

Q2:マルチチェーンは利用できますか、どのチェーンが優先されるのでしょうか?

はい、今後のリリースでは、他のL1チェーンへのHibiki Run(HibikiRun)の展開を検討しており、SolanaやNearが候補に挙がっています。

Q3:アルファテストはいつ行われますか?

アルファテストの予定日は7月末です。
シードユーザーを一括して募集する予定です。
50人、200人、1000人、5000人です。詳細は “Announcement “チャンネルで発表されます。

Q4: アルファテストはメインネットとテストネットのどちらで行われますか?

アルファテストの目的は、ユーザーのフィードバックを収集し、バグフィックスを提供することです。
ヘッドフォン、トークン、コレクションNFTなど、与えられたすべての資産はテストネットのみに置かれ、バックエンドのデータベースはアルファテストの後にリセットされます。
ただし、参加者全員にHibiki Run(HibikiRun)チームからマスコットNFTをプレゼントします(近日公開予定、ご期待ください)。

Hibiki Run(HibikiRun)の提唱する、「フリー・トゥ・プレイ」(=無料でのプレイ)



引用元:Hibiki Run(HibikiRun)公式サイト

Hibiki Run(HibikiRun)の価値観・ビジョン

Hibiki Run(HibikiRun)は、web2とweb3の両方のユーザーが友達や家族になれるような、持続可能で有機的なコミュニティーの構築を目指しています。
そのために、入口の垣根を取り払い、誰もが無料でゲームそのものを楽しめるようにしています。
とはいえ、ゲームとトークンの成果を次のレベルに進めるためには、たくさんの献身と努力が必要です。
そのため、ゲームのコアとなるロジックや機能を学ぶことは非常に重要であり、努力すれば必ずより多くの報酬を得られるはずです。

Hibiki Run(HibikiRun)のM2E

このガチャには、「Dope」のレアリティのヘッドホンが入っており、ミュージックランナーを始めることができます。
このガチャを使って、より高いレアリティのヘッドホンを購入することもできますし、マーケットプレイスでの取引や、ブロックチェーンウォレットへの出金も可能です。

くじ引きによる報酬

抽選機では、様々な報酬をユーザーに提供します。

  • HUT(Hibiki Runユーティリティトークン)
  • HBK(Hibiki Runガバナンストークン)
  • コアゲームヘッドフォン NFT
  • コアゲームアセット(おまもり、ガシャポンなど)
  • コレクション用JPEG NFT
  • 音楽NFTの回収
  • その他

Hibiki Run(HibikiRun)のランニング・セッション



引用元:Hibiki Run(HibikiRun)公式サイト

Hibiki Run(HibikiRun)の手順

  1. 新しいセッションのために、その時の気分に合ったジャンルのヘッドフォンを用意します。
    (1組以上お持ちの場合)。
  2. ランニングセッションを開始する
  3. [オプション] セッション中に再生ボタンをクリックすると、AudiusのWeb3ミュージックが自由に聴けます。
  4. 音楽を聴かずに走ると、通常のトークンが1回分もらえます。
  5. Audiusの音楽を聴きながら走ると、報酬が1.2倍になります。
  6. [オプション] セッション終了時にアプリ内で寄付を行い、Web3ミュージックコミュニティやインディーズアーティストへの報酬に充てることができます。
    (寄付機能は後日リリース予定)。

HUTの生成計算式に影響を与える変数は、以下の通りです。

  • G = 各セッションの生成量
  • S = 消費したスタミナ
  • Q = ヘッドホンのクオリティポイント
  • U = オマモリのクオリティバフ
  • α = システム値1
  • β=システム値2
  • γ=システム値3
  • X = 平均速度20km/hのとき0、それ以外のとき1
  • Y = バッテリー残量50%以上で1、50%未満で2 * バッテリー残量(バッテリーの範囲は1%から100%)。
    オマモリ装着時はZ = 1.05、それ以外は1
  • M = 非聴取時に1、web2音楽プラットフォームAPIから音楽を聴く時に1.1、web3音楽プラットフォームAPIから音楽を聴く時に1.2
  • BG = Black Goldヘッドフォン装着時は1.05、それ以外は1

Hibiki Run(HibikiRun)の抽選方式



引用元:Hibiki Run(HibikiRun)公式サイト

ラッフル報酬と外部NFTエアドロップのためのオールインワンプログラム

私たちが受け取るものは、私たちが無償で提供するものです。
最終目標は、すべての外部関係者(NFTプロジェクト、ファンアーティスト/ミュージシャンなど)がNFTラッフルプールやコミュニティに貢献するために参加することを歓迎する有機的なNFTプールとプログラムを確立することです。

リワードのカテゴリー

トークン
  • HUT
  • HBK
NFT
  • 外部プロジェクト
  • ファンアート
  • 音楽 NFTS
ホワイトリスト

外部プロジェクトによるカスタマイズされたポリシーとベネフィットの策定【TBD】

参加者と条件

のデイリーユーザー

トークン、NFT、プロジェクトのホワイトリストなど、様々な報酬を受け取ること以上にエキサイティングなことがあるでしょうか?
本当の戦利品ボックスは、あなたに驚きと興奮を与え続けるために、まだ開かれていないのです:)
毎日のユーザーは、各ラッフルのための一定量のHUTトークンを犠牲にして、毎日ラッフル・ゲームに参加することができます。
ラッフルマシンの要件/制限は次のとおりです。

  • Hibiki Runウォレットに十分なHUTトークンがあること。
  • 十分な日数分使用可能
Hibiki Run(HibikiRun)の外部プロジェクト[v2リリース]について

私たちは、すべての外部プロジェクトが私たちのラッフルシステムに参加し、彼らのNFTを促進することを歓迎します。
の手数料は、マーケットプレイスの取引ごとに参加プロジェクトに認可されます。
また、外部プロジェクトは、ラッフルシステムでホワイトリストを配布することにより、自身のプロジェクトを宣伝することができます。
より多くのアイテムを受け取ることで、ユーザーがあなたのプロジェクトを受け取り、注目する可能性が高くなります。

Hibiki Run(HibikiRun)のファンアーティスト/ミュージシャン

コミュニティから生まれたものは、コミュニティに還元されます。
ファンは私たちにとって家族であり、私たちはHibiki Runのアーティストやミュージシャンの可能性を見出したいと思っています。
Hibiki Runのテーマの範囲内で、ファンアート、音楽、または創造的なNFTを作成する技術を実証していると感じている人は、私たちはそれを聞き、話すのが大好きです。
私たちのDiscordに参加し、コミュニティ大使やリーダーとつながり、あなたの潜在能力を最大限に引き出してください。

Hibiki Run(HibikiRun)のマーケットプレイス



引用元:Hibiki Run(HibikiRun)公式サイト

Hibiki Run(HibikiRun)のアプリ内マーケットプレイスは、トレーダーとプレイヤーがラッフルマシーンで獲得したNFTを売買するための共通のプラットフォームです。

プラットフォーム利用料
1回の取引(Matic)に対して、Hibiki Runはプラットフォーム手数料の2%を徴収します。

ロイヤリティ

NFTの取引ごとに、Hibiki Run(HibikiRun)はすべての外部プロジェクトおよびHBKアーティスト/ミュージシャンにロイヤリティを提供します。

  • Hibiki Runチームから発信されたNFT(ヘッドフォン、ゲームアクセサリー、PFP NFT、音楽NFTなど)には4%のロイヤリティが発生します。
  • アプリ内の抽選プールに無料のNFT(jpeg、wav)を作成し寄付した外部プロジェクトやファンには20%のロイヤリティを提供します。

Hibiki Run(HibikiRun)の不正防止システム



引用元:Hibiki Run(HibikiRun)公式サイト

クロスムーブメント検証

目的
  • 異なるセンサーデータのソースを使用して、ムーブメントを検証する。
    例えば、GPSの経路は歩数計に基づく合理的なものである必要があります。
  • パスの信頼度に応じて、それに応じて稼動にペナルティを課す。
  • 偽の生成データを検出し、実際の経路を自動補正して精度を向上させる。
  • ペットのような他の種類の動きから人間の動きパターンを検証する。
入力項目
  • 人間の最大速度
  • 通常の人間の最大歩幅
  • センサー ジャイロスコープ、歩数計、加速度計。
  • 他の健康アプリからの潜在的なアプリデータ。
  • リアルユーザーモニタリング(RUM):アプリのインタラクション、寄付、評判。

パス(=運動時の移動ルート)の類似性分析

目的
  • 一回の運動で同一人物の複数のアカウントを検出する。
  • 複数のデバイスを持つウォーキング仲間と一人の人間の違いを見分ける。
  • エミュレータからのデータ再生を検出すること。
    検出が困難な不正行為として、エミュレータを使用して実際の経路をランダム化して再生し、移動の検証をパスすることが考えられます。
    私たちのアプローチは、以前の各経路のフィンガープリントを構築し、新しい経路が以前の経路のいずれかと一致するかどうかを検出することです。
入力
  • GPSの経路
  • ジャイロスコープ、歩数計、加速度計、といったセンサー類
  • リアルユーザーモニタリング(RUM):アプリのインタラクション、寄付、評判。

アプリ内ガバナンスコントロール

コントロール可能な投資回収期間(ROI)
  • 厳密なペナルティポリシーに基づき、ゲームを可能にするためにヘッドフォンNFTを初期購入する。
  • ペイバック期間のモデル化により、1日の収入に上限を設定する。
1日の新規アカウント登録数の上限を設定可能
  • 招待制による登録。
  • ユーザーのレピュテーションスコアとレベルに応じたインバイトコードの付与
評判システムで自動スケーリング
  • 悪質な活動や不正行為により、ユーザーのレピュテーション違反が発生し、各セッションのトークン結果が大幅にスケールダウンします。
  • レピュテーション違反の最大数に達すると、ユーザーのアカウントと関連する NFT 資産が無期限にロックされます。

Hibiki Run(HibikiRun)のレピュテーションシステム

我々は、アカウントホルダーの信頼性とWeb3コミュニティでの貢献をプロファイルする包括的なシステムを構築することを目指しています。
より高い評判のスコアとレベルは、セッションでより良いトークンの結果になります。

ファクター

セッション・トークンの寄付(開発中、後日リリース予定)

私たちは、web3音楽コミュニティに貢献した人に報酬を与えます。
すべての寄付は、評判のスコアの成長にカウントされます。

不正行為の適切な検出・対処

ゲーム環境とトークノミクスの持続可能性を維持するために、厳格なペナルティ制度が導入される予定です。
プレイヤーが悪意ある非倫理的な活動を行った場合、いかなる形であれ、レピュテーション違反が発生します。
一方、良い行動は常に報酬を得るべきです。

Hibiki Run(HibikiRun)のスタミナ

補給スケジュール

スタミナは6時間ごとに補充されます。
世界協定時(UTC)で、

  • 3:00
  • 9:00
  • 15:00
  • 21:00

です。

スタミナ関係の計算式

  • スタミナ = 10 + (ヘッドフォン数 – 1) * 2
  • 1日のセッション分数の上限=MAX(スタミナ×1、120)
  • スタミナの25%は、毎回のリフレッシュスケジュールの最初に補充されます。

Hibiki Run(HibikiRun)の抽選の制限

ラッフルリミットとは、ユーザーが1日に何回ラッフルマシーンをプレイできるかを示すものです。

ヘッドホン特性【快適性】

ラッフルリミットは、ヘッドホンの快適性と密接に関連しています。
快適性が高ければ高いほど、一日に遊べるくじの回数が増えます。

Hibiki Run(HibikiRun)のヘッドホン

Hibiki Run(HibikiRun)のコアアセットには、かなり特徴的なものがあります。
ヘッドホンはアプリ内のマーケットプレイスで購入可能で、移動とリスニングのセッションを始めるための必須アイテムです。
ヘッドホンはアプリ内のマーケットプレイスで購入できます。

ヘッドフォンのプロパティ

すべてのヘッドフォンは、これらのプロパティポイントを持っています。

品質
$HUTの生成に影響します。
感度
ラックレベルを決定します。
快適性
$HBKの生成に影響します。
耐久性
バッテリーの減衰速度に影響します。

ヘッドフォンの種類

各ヘッドフォンは、いくつかのユニークな音楽ジャンルに対応するこれらの特性のいずれかを持っています。

Electric
エレクトリック/ハウス
Water
ジャズ/R&B/クラッシック
Fire
ヒップホップ
ゴールド
すべてのジャンル

レアリティ

  • ドープ
  • 反乱軍
  • ミラージュ
  • ファンタム
  • ソウル
  • レジェンド
  • タイタン

なお、レベルに関しては、現段階では15までしか開放されていません。

ヘッドフォンのタイプ

ベース・ヘッドホン

M2Eを始めるにあたり、登録者全員にレアリティ「Dope」の「Base」タイプのヘッドホンを無料で差し上げます。

  • 「Rebel」以上にリミックスするまでは、オンチェーンウォレットに出金できません。
  • 「Rebel」以上になるまで、新しいヘッドホンをミントすることはできません。
  • 4つのプロパティはすべて値1で開始されます。
レギュラー・ヘッドフォン

M2Eゲーミフィケーションでは制限なく利用できます。

ジェネシス版ヘッドフォン
  • Hibiki Runのコミュニティ報酬で、ホワイトリストまたは特定のロールからしか入手できません。
  • M2Eゲーミフィケーションでは制限なく利用できます。
  • ヘッドフォンの詳細で「G」というユニークな識別子が確認できます。

ヘッドフォンを利用して行うことのできるアクション

ミント
ヘッドホン2個で、ガチャ・ボックスを「ブリード」し、そこから新しいヘッドホンを誕生させることができます。
レベルアップ
トークンを消費してプロパティーポイントを追加し、1日のトークン生成上限を増加させることができます。
チャージ
m2eセッションごとにヘッドフォンのバッテリーが消費されます。
リミックス
レアリティの高いヘッドホンを手に入れるには、レアリティの低いヘッドホンをおまもりと合体させるという方法があります。
Fuse
PFP NFTとヘッドフォンNFTの融合で、新しいPFPヘッドフォンNFTをミントすることが出来るようになる予定です。
装着
御守りには魂が宿っているため、装着すると使用期限がカウントダウンされます。

Hibiki Run(HibikiRun)のお守り

由来

御守とは、幸運をもたらす東洋のお守りのことです。
Hibiki Run(HibikiRun)では、ヘッドフォンのプロパティーポイントを大幅にアップさせることができます。
ただし、このお守りは永久に使えるわけではなく、一度身につけるとカウントダウンが始まります。

入手方法

おまもりは、マーケットプレイスで購入するか、くじ引きで出たおまもりのパーツを組み合わせることで手に入れることができます。
おまもりは、「鈴」「上結び」「下結び」「袋」「ラベル」の5つのパーツで構成されています。
くじ引きで異なるパーツを入手することができます。

UGC(開発中)

カスタマイズされたおまもりが登場し、隠れたブーストを発揮することが出来るようになる予定です。

使用期限のあるNFT

お守りには魂が宿っており、装備すると、カウントダウンが始まります。
現在、全てのおまもりの使用可能期間は、7日間に設定されています。
使用可能期限が終了すると、追加されたプロパティーポイントは消滅します。

Hibiki Run(HibikiRun)のヘッドホン・ガシャポン

戦利品としての役割を果たすヘッドホンガシャポンは、マジックが起こる場所です。
カラーは視覚的な満足感だけでなく、その下にあるヘッドホンの希少性を表現しています。

Hibiki Run(HibikiRun)の、外部のNFTプロジェクトとの協業

今後のリリースでは、外部プロジェクト向けにAPIを開放し、オンボーディングプロセスを提供する予定です。
NFTの世界に飛び込もうとしている個人から、ターゲットにリーチする新しい方法を探しているベテランクリエイターまで、私たちはあなたをカバーします。

Hibiki Run(HibikiRun)のアーティスト/ミュージシャン

私たちのコミュニティにはたくさんの才能があり、その数は増える一方です。
私たちにとって価値のある隠れた逸材です。
私たちは、あなたが輝くためのプラットフォームを提供します。

提供される報酬

あなたの作品は、需要の高い賞金プールに掲載されます。
また、アプリ内マーケットプレイスでの取引により、高いロイヤリティを受け取ることができます。

お願いしたいこと

Hibiki Runのテーマに沿ったオリジナルNFT(画像、音声)を募集します。

Hibiki Run(HibikiRun)のコレクションガシャポン

コレクションガシャポンには、ゲーム以外のNFTアセットやプロジェクトのホワイトリストが格納されています。
例:外部プロジェクトやHBKアーティスト/ミュージシャンから提供されたNFTなど。

Hibiki Run(HibikiRun)のHUTと$HBK

デュアルトークンモデルにより、バランスのとれた多様なHibiki Runを体験することができます。
Hibiki Runには2つのERC-20トークンが存在します。

  • Hibiki Utility Token ($HUT)
  • Hibiki Governance Token ($HBK)です。

発行上限なしのユーティリティー・トークン「HUT」

発行シーン
  • M2Eランニングセッション
  • ラッフルシステムによる報酬
消費シーン
  • 抽選機で遊ぶ
  • ヘッドホンの充電

発行上限50億枚のガバナンス・トークン「HBK」

トークンの発行シーン
  • ラッフルシステム報酬
  • NFTステーキング(開発中)
トークンの消費シーン
  • ミント
  • レベルアップ
  • リミックス
  • リデュースCD
  • PFPフュージョン(開発中)

Hibiki Run(HibikiRun)のリミックス

「おまもり」は単なる装飾品ではなく、ヘッドフォンのアップグレードにおいて欠かせない、重要なアイテムです。
リミックスには、レベル15になったヘッドホンと、特定の種類の「おまもり」が必要です。
お守りを消費することで、ヘッドホンが次のレアリティにアップグレードされ、レベルも1に戻ります。

Hibiki Run(HibikiRun)のウェアOmamori

Omamoriを身につけて、セッション・トークン生成量をアップすることが出来ます。

なお、各おまもりの使用可能期間は7日間で、ユーザーが装備した時点からカウントダウンが始まります。

装備している間はゲーム内の総合的な経験値がアップします。

  • 各おまもりは、装着しているヘッドホンの特性に合わせて、ランニングセッションの効果を高めることができます。
  • また、「おまもり」を装着することで、くじ引きシステムに関するヘッドホンの特性も総合的に向上します。

Hibiki Run(HibikiRun)のPFP+ヘッドホンフュージョン

背景と経緯

NFTのフュージョンは、新しい想像の世界を解き放ちます。
あなたのPFP NFTとあなたのHibiki RunヘッドホンNFTから、新しいNFTの絵を鋳造できたら素晴らしいとは思いませんか?
私たちは多くのPFP NFTプロジェクトとコラボレーションし、社会的地位の表現という本質を失わず、より視覚的に楽しいものにするために、そのポテンシャルを十分に引き出しています。

トークンの消費

PFP fusionの真の独自性を維持するために、私たちのエンジニアリングチームは、各ヘッドフォンの10以上のコンポーネントをデータベースにモデル化しています。
こうすることで、各ヘッドフォンは、異なる装着角度のための異なるデザインに独自に変換することができるのです。
NFTフュージョンを完成させるために、一定量のHBKが消費されます。

Hibiki Run(HibikiRun)の取引コスト

マーケットプレイスにおけるコストの種類

NFT取引にかかるコストは2種類あり、売り手が負担します。

  • 取引手数料 – 2パーセント
  • Hibiki Run(HibikiRun) NFTのロイヤリティ – 4パーセント
  • 外部プロジェクトおよびHBKアーティスト/ミュージシャンから寄付されたNFTのロイヤリティ – 20パーセント

なぜ、外部プロジェクトに高いロイヤリティを支払うのでしょうか?

Web2、Web3のすべてのユーザーに、無料で楽しめるゲームに参加してもらいたいので、参入障壁を低くすることを第一に考えています。
トークン報酬の質と量に妥協することなく、そのようなゲームシステムの普及と構築に努めます。
そのためには、多様なカテゴリーの報酬をユーザーに提供することが不可欠です。
現在、HUT&HBKトークン、M2E中心のNFT(ヘッドフォン&オマモリ)、外部プロジェクトやファンから生まれたNFT(JPEGや音楽)、プロジェクトのホワイトリストなどのカテゴリがあります。
高いロイヤリティは、Hibiki Runファミリーやコミュニティに貢献するために時間と労力を費やすコンテンツクリエイターやファンの収入を保証し、また、才能あるアーティストやミュージシャンがアートや音楽を制作し、Hibiki Run(HibikiRun) NFTプールへのフリーミントプレゼントに参加する動機付けとなります。

Hibiki Run(HibikiRun)の開発ログ

2022年8月2日

  • スタミナ補給のスケジュールを更新
  • 多言語版ホワイトペーパーページを追加

2022年7月17日

  • ラッフルシステムページを追加
  • コレクションNFTアセット」ページを追加
  • 外部NFTプロジェクトに支払うロイヤリティを含む取引コストの更新

2022年7月5日

  • アルファテストの時間を更新
  • スタートアップページを更新

2022年5月7日

  • デモフェーズを反映したマイナーな修正

Hibiki Run(HibikiRun)公式ブログ和訳

下記の内容は、Hibiki Run(HibikiRun)運営サイドからの依頼/承諾に基づき、公開されているHibiki Run(HibikiRun)の公式ブログの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://hibikirun.medium.com/

ブログ内容は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、Hibiki Run(HibikiRun)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

「Hibiki Run」音楽でMove to EarnゲームをアップグレードするWeb3アプリ

この記事では、このアプリがM2EとWeb3音楽コミュニティにもたらす新しくて楽しい要素を見つけ、Hibiki Runがなぜゲームチェンジャーであるかを理解します。

Hibiki Runは、Web3アーティストの楽曲を楽しみながら、屋外を移動することで、トークンを獲得することができます。
NFTは、アーティストが描いたヘッドフォンという形で、ユーザーシナリオや技術的な可能性を最大限に引き出し、NFTと音楽の総合力を発揮することを可能にしました。

「響」=ひびき/響、は、日本語で「音」を意味します。
また、「響く」「繋がる」という意味もあり、人間同士や大自然と繋がっているという東洋的な意味も込められています。
Hibiki Run(HibikiRun)が目指すのは、そんな「音と一緒に走る」ことです。

Hibiki Run(HibikiRun)のビジョン

M2EとWeb3ミュージックの融合は、次世代M2E体験のトレンドを牽引すると考えています。
そして、Hibiki Runは、次のようなミッションを持ってゲームに参加します。

  • 誰もが楽しく、身近で、簡単に手に取ることができるMove-to-Earnを実現します。
  • ウォレット、NFTマーケットプレイスなど、Web3サービスを促進します。
  • PFPのヘッドフォンNFT(プロフィール写真)とWeb3の音楽コミュニティで、より多くの価値を創造します。
  • 現実的な収益率+正の外部性を提供することで、プロジェクトの持続可能性を確保する。
  • ヘッドフォン、PFP、音楽コミュニティの架け橋となる。

Hibiki Run(HibikiRun)の特徴

Move to Earnと音楽の融合

M2Eは健康的なライフスタイルを提唱しており、トークンインセンティブはこの非常にポジティブなイニシアティブのおかげで最初のトラクションを得るのに効果的であると思われますが、激しい議論によってその持続性についての多くの懸念が明らかになりました。

この数ヶ月、M2Eプロジェクトはサイバースペース上に数多く存在し、活況を呈しています。
しかし、市場やユーザーからは、画期的なアイデアやオリジナリティが求められています。
響ランもM2Eを愛し、M2Eと音楽を融合させることで、M2Eをさらに発展させたいと考えています。

その理由は、以下の通りです。

  • オーディオ・音楽は、もともとウォーキングやランニングなどのスポーツの友。
  • 正しい音楽でトレーニングすれば、BPMに対応し、ペースを維持し、フィットネス効果を高めることができます。
  • ウォーキングやランニングは、情熱やコミュニティを形成するものであり、音楽はその役割を果たします。
  • 音楽によるM2Eは、SNSでより良いストーリーを伝えることができます。
PFPとしてのNFTを、ヘッドフォンで体現

MfersやAzukiのようなプロジェクトは、素晴らしいビジュアルハイライトの力を証明し、ヘッドフォンをつけたクールなキャラクターは、仮想世界でのユーザーの人格を強化し、排他性のタッチを追加しています。
ヘッドフォンは、PFP NFTのユーザープロファイルをカスタマイズし、どのようにでも装着することができます。

私たちは、NFTの融合、あるいはNFTのミントという未来のトレンドの構築を目指しています。
Hibiki Run(HibikiRun)では、ヘッドホンNFTは、あらゆるPFP NFTに適用可能な自然な装飾品となります。

音楽NFTと、可視化アグリゲータ

Web2インターネットは、創作の自由を失わせ始めています。
勝者がすべてを手にする業界では、多くのインディーズアーティストがオリジナル作品の完全な権利を主張できません。

このような現状を打破するために、多くの人が立ち上がりました。
音楽NFTは、PFP NFTの次に重要なものと考えられており、彼らの権利を守るための武器の1つとなっています。
しかし、彼らは異なるプラットフォームでサイロ化しており、このコミュニティを統一するための普遍的なシンボル化が危ぶまれています。
Hibiki Run(HibikiRun)は、多様な音楽NFTのアグリゲーターとして、インディーズアーティストとともに、より強く、より持続可能なWeb3音楽シーンを構築することを目指します。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。