Uniswap(ユニスワップ)の使い方・始め方-ウォレット・アプリの利用方法も検証

WEB3業界最大級の分散型取引所として著名な、Uniswap(ユニスワップ)。
投資家やブロックチェーン・ゲーマーから注目を集めるNFTプロジェクト等が、自身が発行するトークンの流動性提供先として、Uniswap(ユニスワップ)を選択するケースも多く、その関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなUniswap(ユニスワップ)への取り組みを始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。本日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、Uniswap(ユニスワップ)での流動性提供等に取り組むための、ノーリスクの原資を確保しておく

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

Uniswap(ユニスワップ)利用を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

Uniswap(ユニスワップ)は、一般的な中央集権型取引所とは真逆の立場に位置する、いわゆる「分散型取引所」であり、ユーザーは、KYC(本人確認)を省略し、

  • 手持ちのトークン(仮想通貨)を、流動性提供が為されている他のトークンに交換したり、
  • はたまた、他のユーザー・投資家がスワップを行うための「プール」に、自ら、流動性提供を行うことにより、手数料収入を得る

ことが出来ます。

当然のことながら、そんなUniswap(ユニスワップ)の利用を始めるためには、まずは手元に、何らかの仮想通貨を用意することが必要となります。
そして、暗号資産との関わりを始めるために、手元の「日本円」を暗号資産に交換するためには、原則として、金融庁から許認可を受けた、CoinTrade(コイントレード) 等の国内暗号資産取引所の口座が必要となります。

また、Uniswap(ユニスワップ)への流動性提供等により、何らかの手数料収入が得られた場合、その収入を日本円に交換する際にも、国内暗号資産取引所の口座は不可欠となります。

なお、CoinTrade(コイントレード) 以外にも、国内の暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はUniswap(ユニスワップ)。実際にDeFiプロトコルを利用し、トークンの交換や、流動性提供、手数料収受等を行ってみたい。そして、その結果、何らかの収益が得られるようになった場合、その収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • 運営会社や、その親会社がしっかりとした、「大手」が良い、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
東証プライム市場上場企業の子会社が運営し、口座開設はもちろん無料。
さらに、口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。本日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、Uniswap(ユニスワップ)本格参入のための原資を確保する

前述の通り、Uniswap(ユニスワップ)の流動性プールに対して資金を供給すれば、そのプール内での取引量等に応じて、Uniswap(ユニスワップ)から手数料収入を受け取ることが出来ます。
一方で、流動性ペアを構築している仮想通貨銘柄の値動き等によっては、資産の目減りが生じてしまう可能性も否めません。

そうした高リスクな取り組みのために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

本日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、17,500円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当のETH(イーサリアム)がもれなく全員にプレゼント。もらったETHは、同社のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年3月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年2月29日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

プレファン

2024年2月29日までに公式サイト から新規本会員登録完了でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年2月28日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のETHをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼント
キャンペーン期限
本日現在、期間限定にて開催中
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、本日現在、期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分のETH(イーサリアム)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったイーサは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年3月31日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月29日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

プレファン(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録完了(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月29日
サイトURL
プレファン (公式)

東京証券取引所スタンダード市場上場の株式会社プレサンスコーポレーションのグループ企業にあたる、株式会社プレサンスリアルタが運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
期間限定で、新規会員登録者向けに、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月28日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

Uniswap(ユニスワップ)概要・公式サイト等

スワップ(トークン交換)
https://app.uniswap.org/#/swap
NFTマーケットプレイス
https://app.uniswap.org/#/nfts
流動性プール
https://app.uniswap.org/#/pool

Uniswap(ユニスワップ)の使い方

Uniswap(ユニスワップ)の具体的な使い方としては、以下の通りです。

Uniswap(ユニスワップ)で仮想通貨の交換(トレード)をする方法

Uniswap(ユニスワップ)で、トークン(仮想通貨)の交換(スワップ)を行いたい場合、手順は以下の通りです。

Uniswap(ユニスワップ)のトークン交換ページへ

まずは、Uniswap(ユニスワップ)のトークン交換アプリにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://app.uniswap.org/#/swap

続いて、「ウォレットに接続」のバナーをタップします。

Uniswap(ユニスワップ)に接続するウォレットの選択

Uniswap(ユニスワップ)に接続出来るソフトウェア・ウォレットとしては、

  • メタマスク
  • コインベース・ウォレット
  • ウォレットコネクト

があります。

以下では、メタマスクをコネクトしています。

なお、メタマスクの使用方法の詳細については、以下の別記事をご覧下さい。


参考:
MetaMask(メタマスク)とは-人気の仮想通貨ウォレットのアカウント作成方法・使い方を解説

ブロックチェーン(ネットワーク)の選択

Uniswap(ユニスワップ)では、

  • イーサリアム・メインネット
  • ポリゴン・チェーン
  • オプティミズム
  • アービトラム・ワン

などといったネットワーク(ブロックチェーン)に対応しています。
任意のネットワークを選択します。

※以下の記事では、ポリゴン・チェーンを使用しています。

スワップ「元」のトークンを選択

ポリゴン・チェーンのUniswap(ユニスワップ)の場合、スワップ(交換)前のトークンとしては、同チェーンのネイティブ・トークンにあたる、MATICが選択されています。
変更するには、「MATIC」と記載のある箇所をタップします。

任意のトークンの選択

検索窓にトークン名やコントラクト・アドレスを入力し、検索をかけることも可能です。

スワップ「先」のトークンの設定

交換「前」のトークン選択が済んだら、次は、スワップ「先」のトークン指定を行います。
今回は、ブロックチェーン・ゲーム「キャプテン翼ライバルズ」のユーティリティー・トークンにあたる、「TSUBASAUT」を、交換先トークンとして指定してみます。

※キャプテン翼ライバルズの詳細については、以下の別記事をご覧下さい。


参考:
キャプテン翼RIVALS(ライバルズ)の始め方- 選手カードNFTでチームを作り仮想通貨を稼ぐブロックチェーン・ゲームの仕組みとは

スワップ元のトークンへのUniswap(ユニスワップ)のアクセスを許可

トークンのスワップ(交換)を行うにあたっては、交換「前」の原資産にあたるトークンに対して、Uniswap(ユニスワップ)のアプリケーションがアクセスすることを、許可してあげる必要があります。
「Approve use of (スワップ前のトークン名)」のバナーをタップします。

ソフトウェア・ウォレットで承認を行う

Uniswap(ユニスワップ)とコネクトしているソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がりますので、承認・署名を行います。

トークン・スワップの実施

原資産(交換前のトークン)へのアクセス許可の付与が済んだら、「スワップ」バナーをタップします。

スワップ(交換)内容の確認

取引内容をよく確認したうえで、「スワップの確認」バナーをタップします。
その後、ソフトウェア・ウォレット(例:メタマスク)のポップアップが改めて立ち上がりますので、トランザクション手数料(ガス代)の支払い等を承認します。

取引送信の完了

このような画面が表示されれば、スワップの取引送信は完了です。

トークン・スワップの結果の確認

トランザクション完了後、メタマスク等のソフトウェア・ウォレットでアセット内容を確認し、

  • 交換「元」の原資産が減り、
  • 交換「後」のトークンが増えていれば、

Uniswap(ユニスワップ)を用いたトークン交換は、無事に完了です。

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットの始め方・使い方

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットの具体的な始め方・使い方としては、以下の通りです。

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットの始め方

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットの利用を始める際の手順は、以下の通りです。

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットアプリのダウンロード

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットのテストフライト版アプリは、以下のURLから入手できます。
※ただし、テスト枠が一杯になっている可能性があります。

https://testflight.apple.com/join/0ItsJMzj

テスト版アプリに関するUniswap(ユニスワップ)チームからの説明を確認

内容をよく確認し、「次へ」をタップします。

「はじめる」をタップ

「Get Started」のバナーをタップします。

ウォレットの新規作成orインポート等を選択

  • ウォレットを新規に作成するのか、
  • 既存のウォレットアドレスについて、シークレットリカバリーフレーズを入れてインポートするのか

を選択します。

また、「View Only Wallet」(=見るだけ、のウォレット)を作成することも可能です。
※同機能については、別途後述します。

ここでは一旦、「ウォレットの新規作成」(=Create a new wallet)を選択します。

ウォレットのニックネームの設定

自分で分かりやすく管理するために、ウォレットに名前(ニックネーム)を付けることが可能です。
※デフォルトの「Wallet 1」のまま、にしておくことも可能です。

シークレットリカバリーフレーズのバックアップ方法の選択

  • iCloudを利用して、シークレットリカバリーフレーズのバックアップをとるか、
  • もしくは、通常のソフトウェア・ウォレット等と同様、自分自身でリカバリーフレーズを保管するか

の選択を行います。

※以下の記事では、後者を選択しています。

シークレットリカバリーフレーズの管理に関する注意事項の確認

シークレットリカバリーフレーズの保管・管理に関する注意事項をよく確認したうえで、チェックボックスにチェックを入れて「コンティニュー」をタップします。

シークレットリカバリーフレーズの表示

12個の英単語で構成されたシークレットリカバリーフレーズが表示されるので、内容を順番通り正確に、かつ、安全・確実な方法で保管します。

シークレットリカバリーフレーズを順番通りに再入力

前画面で確認・保管したシークレットリカバリーフレーズを、今度は、順番通りに選択・入力していきます。

リカバリーフレーズのバックアップ完了

シークレットリカバリーフレーズのバックアップ手続きが済んだら、「コンティニュー」をタップします。

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットからのプッシュ通知の有効化

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットからのプッシュ通知を受け取りたい場合は、「Turn on notifications」をタップし、

次画面で、アプリからの通知受け取りを許可します。

フェイスIDによるUniswap(ユニスワップ)ウォレットの保護設定

フェイスIDを用いた認証を「ON」にしておくと、トランザクションの際に、顔認証が必要となります。

顔認証(Face ID使用)はスキップも可

フェイスIDの利用をしない場合、このような確認画面が表示されるので、「フェイスIDをスキップ」のバナーをタップします。

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットの新規作成完了

このような画面(中央には、QRコード)が表示されれば、Uniswap(ユニスワップ)ウォレットの新規作成は完了です。
画面下部の「Let’s go」のバナーをタップします。

Uniswap(ユニスワップ)ウォレットのホーム画面がこちら

このようなホーム画面が表示されれば、Uniswap(ユニスワップ)ウォレットの利用を始める準備は完了です。


※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。