【図説詳細】Pocket Funding(ポケットファンディング)投資申し込み方法まとめ

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

Pocket Funding(ポケットファンディング)の募集中ファンド一覧へ

Pocket Funding(ポケットファンディング)投資申し込み方法まとめ01

マイページからでも行けますし、ポケットファンディングのトップページからでも入れますね。

気に入ったファンドを選び、「応募」をクリック。

Pocket Funding(ポケットファンディング)投資申し込み方法まとめ02

ぽちっと。

投資申し込み額を入力。

Pocket Funding(ポケットファンディング)投資申し込み方法まとめ03

この際、投資金額の入力は、【1,000円単位】ですので、注意しましょう。
例えば5万円の投資としたければ、【50千円】と入力する要領です。
一見不便なようですが、これ、実はちょっと画期的で、
基本的に、その他のソーシャルレンディング事業者の場合、投資は原則、1万円単位なのですが、
ポケットファンディングの場合、(最低投資額こそ、1万円~ですが)千円単位で投資額が設定できる、ということです。
地味なポイントではありますが、覚えておきましょう。

「このファンドに投資する」をクリック。

Pocket Funding(ポケットファンディング)投資申し込み方法まとめ04

約款、及び契約前交付書面を確認したうえで、
「ファンドの投資条件及び投資リスクを確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「投資する」のボタンをクリック。

「上記内容を確認のうえ投資する」をクリック。

Pocket Funding(ポケットファンディング)投資申し込み方法まとめ05

画面に表示のある通り、この後のキャンセルは原則できませんので、注意して最終確認のうえ、「投資する」をクリック。

投資申し込み完了画面がこちら。

Pocket Funding(ポケットファンディング)投資申し込み方法まとめ06

この画面が出れば、投資申し込み手続き自体は完了です。

Pocket Funding(ポケットファンディング)投資申し込み方法のまとめ

預託金口座が2ステップ構造になっている、など、一風変わった特徴もあるポケットファンディングですが、
投資申し込み手続き自体は、ごくスタンダードな内容でしたね。

※ポケットファンディングの預託金口座2ステップ構造については、こちらの記事をご覧ください。

【図説】Pocket Funding(ポケットファンディング)に、初めて、投資資金の振込入金を行いました。

それでは、本記事はここまで!
また次回の記事にて、お会い致しましょう!

追伸:
大手ソーシャルレンディング会社を、ファンド平均利回りや、ソーシャルレンディング事業者としての規模、初心者へのおすすめ度、といった指標で比較した、こちらの過去記事も、是非、ご覧になってみてください。おすすめです。

【厳選比較】投資家登録数・累計投融資額・年利平均…。国内の大手ソーシャルレンディング事業者を、異なるアングルから比較してみた結果、見えてきた真実とは。


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞