【図説】Pocket Funding(ポケットファンディング)に、初めて、投資資金の振込入金を行いました。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

Pocket Funding(ポケットファンディング)の「投資口座」の考え方をチェック。

Pocket Funding(ポケットファンディング)のマイページにログインすると、
こんな表示がありました。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金06

一応、クリックしてみましたところ、なかなか、おもしろい内容でしたので、本記事にて、簡単にご紹介いたします。

いわゆる「預託金口座」が、2ステップ構造になっている。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金07
引用元:Pocket Funding https://pocket-funding.jp/pages/starter#bank-description-anchor-point

↑こちらの図を見ながらご説明します。

  • まず、ほかのソーシャルレンディング事業者でもよく見られる、「預託金口座」。投資資金のデポジット口座ですね。
    これは、上図でいうと、わたしが赤丸で囲った、「みずほ銀行(マスター口座)」に該当します。
  • そして、それとは別に、マスター口座からワンステップ踏み込んだ先に、「ファンドタイプ別口座」があるとのこと。

おもしろいですよね。

実際のお金の流れは

わたしたち個人投資家のお金の流れとしては、

  1. まず最初に、わたしたちが普段使っている個人の銀行口座から、「マスター口座」に対して、振込入金をする。
  2. 実際にファンドに出資する場合、「マスター口座」から、「ファンドタイプ別口座」に資金を移動する(手数料ゼロ)。
  3. そして、「ファンドタイプ別口座」から、好きなファンドに、出資手続きをする。
  4. ファンドからの分配金は、「ファンドタイプ別口座」に入金される。元本の償還もしかり。
  5. 最終的に資金を出金したいときは、「ファンドタイプ別口座」から「マスター口座」に資金を移動し、その後、「マスター口座」から、わたしたちが日常的に使っている銀行口座へと出金する。

こんな流れになるそうです。

早速、「マスター口座」へと入金をしてみます。

何はともあれ、投資資金の入金、というのをやってみます。

まずはPocket Funding(ポケットファンディング)の振込先口座情報を確認。

マイページ内に記載がありますね。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金01

振り込みの際には、

  • 各投資家に付与される「お客様番号」と、
  • フリガナ名

を必ず入力する必要があるようなので、注意して振り込むことにしましょう。

さっそく振り込んでみます。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金02

↑こんな感じで、早速振込完了しました。
2018年4月12日 14時22分6秒 に振込完了、となっています。
「依頼人名」の箇所については、Pocket Funding(ポケットファンディング)からの注意書きの通り、

  • 各投資家に付与される「お客様番号」と、
  • フリガナ名

を、しっかり両方入力しておきました。
Pocket Funding(ポケットファンディング)側の着金確認を待ちます。

Pocket Funding(ポケットファンディング)から入金確認メールが!

こんなメールが届きました。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金03

そして、届いた時間は・・・

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金04

15時30分!
タイムラグとしては、1時間ちょっとくらいですね^^

マイページも見てみます。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金05

↑しっかりと残高が加算されていますね!

「マスター口座」から「ファンドタイプ別口座」へと資金を移動してみます。

わたしは、Pocket Fundingのソーシャルレンディングファンドに出資したいわけなので、
「マスター口座」から「ソーシャルレンディング口座」へとお金を移動するわけです。
早速やってみますね。

「口座資金間移動」をクリック。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金08

ぽちっと。

移動元・移動先、金額の入力。

  • 「マスター口座」から、
  • 10万円を、
  • 「ソーシャルレンディング口座へ」

ということで、
こんな感じで入力してみます。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金09

「移動する」をクリック。

確認画面で、「OK」をクリック。

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金10

ぽちっと。

これで移動完了!

Pocket Funding(ポケットファンディング)入金11

↑「マスター口座」の残高がゼロ円になって、かわりに「ソーシャルレンディング」のファンドタイプ別口座に、10万円の残高が表示されています。

これで、ソーシャルレンディングファンドに出資ができるようになったわけですね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。
一風かわった預託金口座構造ですが、

  • Pocket Funding(ポケットファンディング)側の着金確認は、非常にスピーディーですし、
  • その後、Pocket Funding(ポケットファンディング)のマイページ内での資金移動(「マスター口座」→「ファンドタイプ別口座」)も、ごくスムースです。

最初は一瞬戸惑うかも知れませんが、
そんなときは、本記事を参照してみてくださいね^^

次の記事では、
いよいよ、Pocket Funding(ポケットファンディング)での初投資!チャレンジしてみたいと思います。

※Pocket Funding(ポケットファンディング)の口座開設は、こちらの公式ページから。

Pocket Funding(ポケットファンディング)公式ページ

それでは、また次回の記事にて、お会いしましょう!

追伸:
国内の主要ソーシャルレンディング事業者を、利回りや、規模、担保設定や、投資のしやすさ、といった、複数の視座から比較した、こちらの過去記事も、おすすめです。是非、ご覧になってみてください。

【ソーシャルレンディング各社徹底比較】投資家登録数・累計投融資額・年利平均…。主要ソーシャルレンディング各社を7つの視座から横断比較してみた結果、見えてきた真実とは。


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞